相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2015年6月 | メイン | 2015年8月»

2015年07月30日

日本の「祭」
〜人気トップは、青森ねぶた祭

暑中お見舞い申し上げます。

先週は、夏の風物詩を代表する「花火」について書きました。今週もやはり日本の伝統文化を代表する「祭」を紹介します。こうしてみると、四季のある日本は素晴らしいですね。

さて、お祭を見に行きたい旅行先を都道府県別に尋ねたJTBの最近のアンケート(複数回答)では、東北を代表する夏祭りの一つ「青森ねぶた祭」が人気を集め青森県がトップになったといいます。調査は5月7?14日にインターネットで実施され、2,508人が回答。

■青森、京都、北海道がベスト3
青森県を選んだのは、全体の3割弱に当たる702人。大半の人が青森ねぶたを挙げ「一緒に参加したら楽しそう」(30代女性)、「勇壮、美麗で郷土色が強い」(50代男性)とその魅力を語っていたそうです。巨大な人形灯籠で知られる「五所川原立佞武多(たちねぷた)」への関心も高かったといいます。

奇しくも1986年(昭和61)の今日7月30日は、東北自動車道の浦和?青森間674kmが全線開通した記念日にあたります。こうした新たなアクセスが青森県をトップに押し上げた要因になっているのではないかと思います。

第2位は京都府(561人)。「祇園祭」や「葵祭」、「時代祭」だけでなく京都ならではの観光に対する人気も高かったようです。

第3位の北海道(304人)では「さっぽろ雪まつり」に加え「あばしりオホーツク流氷まつり」などを推す意見もあったようです。4位は、福岡県「博多どんたく港まつり」で5位は徳島県「阿波踊り」の順。

「祭」に誰と一緒に訪問したかについては、1位が「夫・妻」で、2位が「家族」、3位は「友人」、4位は「1人」、5位は「その他」となっています。その他の回答は「職場旅行で」や「出張の際に祭りを見に行く」「恋人と行く」などが寄せられたといいます。

■「ねぶた」と「スター・ウォーズ」のコラボ
去る7月11日、イタリア・ミラノ国際博覧会(万博)で、日本の文化を紹介するジャパンデーが催されました。目玉行事として、東日本大震災の復興支援への感謝を込めて東北各県の祭りが集結する「東北復興祭りパレード」が挙行されたといいます。

参加したのは、青森ねぶた祭、秋田竿燈(かんとう)まつり、盛岡さんさ踊り、仙台七夕まつり、山形花笠まつり、福島わらじまつりなど東北6県を代表する祭りに加えて、福島県内からの四つの祭り。

この日、万博会場では数百人の踊り手たちが行進。「東北の元気を届けたい」(実行委員会)との願い通り、威勢のよい掛け声や華麗な踊りが披露され、会場からは割れるような拍手と「ブラボー」と称賛の声が響いたといいます。

青森市とウォルト・ディズニー・ジャパン(東京)は、今年8月の青森ねぶた祭に、人気SF映画スター・ウォーズを題材にした小型ねぶた4台を登場させると発表しています。今年4月に同社から青森市に正式な打診があって実現にこぎつけたとのこと。

4台は前夜祭(8月1日)で、特設会場でお披露目されます。関係者によると、そのうち1台は、最新作に登場する新キャラクターを題材に制作中だとのこと。2日(日)?7日(金)の期間中は、運行はせずに市の観光施設「ワ・ラッセ」に展示するようです。

これは、12月に公開される映画の最新作に合わせ、伝統文化のねぶた祭と融合させ、海外に発信することが狙い。市観光課は「海外に青森ねぶたを知ってもらえる。多くの人に来てほしい」と期待を込めたコメントを出しています。

青森の夏の夜をダース・ベイダーやR2?D2、ヨーダといったキャラクターが彩ることになりそうです。どのような光景が観られるか、楽しみですね。

ミラノ万博での称賛や「スター・ウォーズ」とのコラボなどは、まさに日本の「祭」が観光資源として世界的に評されている何よりの証左と言えます。

前回のブログでも記しましたが、海外で日本独自の様々な文化が高い評価を受けているなかで、パブリック・リレーションズ(PR)の力によって、地域に根づいた伝統文化が観光資源としてインバウンド拡大に大きく寄与することに期待が高まっています。

投稿者 Inoue: 20:11 | トラックバック

2015年07月23日

夏の風物詩「花火」
〜徳川家康も伊達正宗も観た!

皆さんこんにちは井之上 喬です。

19日午前11時、気象庁は「関東甲信地方は梅雨明けしたとみられる」と発表しました。梅雨が明け、早速、連日の猛暑が続きますが、熱中症など体調管理にはくれぐれもご留意ください。

明後日の夜(25日19:05?20:30)は、夏の風物詩を代表する隅田川花火大会です。昨年は95万人の人出で賑わったそうです。粋な浴衣に団扇をもって歩く若者の姿を楽しむのもいいものですね。

この隅田川花火大会は、江戸中期の1733年(享保18年)に始まり、関東随一の伝統と格式を誇る花火大会といわれています。隅田川で2つの会場(桜橋下流?言問橋上流と駒形橋下流?厩橋上流)に分けて打ち上げられます(小雨決行、荒天時は翌日に延期)。両会場合わせて、約2万発の花火を楽しむことができるとのこと。

■花火のルーツは?
花火のルーツを辿ると古くは紀元前3世紀の古代中国に、火薬の基本となる硝石が発見されてからといわれています。

日本での歴史上の記録に残る花火の第1号は、それから約2000年後の天正17年(1589年)7月、伊達正宗が観賞したのが最初ともいわれます。

また、慶長18年(1613年)8月駿府で徳川家康に、英国人ジョン・セリーヌが、同行の中国人の手で花火を見せたという記録もあるようです。

その後、江戸に興隆してきた町人文化に支えられてきた花火人気は衰えることがありませんでした。江戸以外でも三河・近畿・信州・越後・九州といった地方で盛んだったといわれます。

明治のはじめ頃、西洋からの輸入により、塩素酸カリウムやストロンチウム、バリウムなどの彩色光剤を得て、日本花火の歴史上最大の躍進の時期を迎え、今日の世界一といわれる日本花火の基礎がつくられたといわれています(以上出典は日本煙火協会)。

日本花火が世界一といわれる背景には、花火を愛でる日本の文化と、何よりも観客に大きな感動を与えるために切磋琢磨する花火師たちの弛まない努力が挙げられます。

Yahoo!ランキング( http://hanabi.yahoo.co.jp/ranking/craftsman/ )では、プロの花火師が選ぶ「絶対に見逃したくない美しい花火大会」2015年版10選を次のように紹介しています。

現在、日本三大花火大会と呼ばれているのは、「長岡まつり大花火大会」(新潟)と「全国花火競技大会 大曲の花火」(秋田)、「土浦全国花火競技大会」(茨城)の3つ。そして、これらがYahoo!ランキングのベスト3を占めているとのこと。

第1位の「長岡まつりの大花火大会」(今年は8月2日と3日)。この大会は、新潟県長岡市・信濃川で毎年2日間にわたって開催され、100年以上続いている伝統的な花火大会。見どころは600m上空に打ち上げられる巨大な「正三尺玉」や5箇所から5色で登場する「ワイドスターマイン」などだそうです。

私の会社(井之上パブリックリレーションズ)で、この夏休みに「長岡の大花火大会」を観に行く社員がいます。休み明けに花火大会の感想を彼から聞いてみたいと思っています。

第2位は、「秋田:全国花火競技大会 大曲の花火」(同8月22日)。この大会は、1910年(明治43)に始まり、「全国花火競技大会」と言えば大曲の花火を指すほど、規模、権威ともに日本最大の花火大会だといわれています。

第3位の「茨城:土浦全国花火競技大会」(同10月3日)は、秋に開催されるということで花火師にとって総決算ともいえる競技会とされ、1年間創意工夫してきた技を存分に盛り込んだ、質の高い花火が見られるのが特長だといいます。

4位以下10位までは、「赤川花火記念大会」(山形)、「ふくろい遠州の花火(静岡)」、「豊田おいでんまつり花火大会」(愛知)、「常総きぬ川花火大会」(茨城)、「古河花火大会(茨城)」「熊野大花火大会」(三重)、そして水戸黄門まつり花火大会(茨城)の順になるようです。

■花火の褒め方は?
夜空に拡がる花火を観て、「ワァー素敵!」とか「素晴らしい!」、「凄い!」といった感嘆の声を良く耳にします。ここでは、花火通や玄人受けする花火の褒め方をいくつか紹介しましょう。

先ずは「座り」について。花火玉が筒から打ち出されて、最高点に達し、落下はじめる境を「座り」というそうです。この時点での花火の開花が理想とされています。

「この玉は座りが良い」あるいは「悪いね」といったように使われます。座りを良くするためには、打上火薬量や打上筒と花火玉の隙間、導火線の長さなどの微妙なバランスが要求されるとのこと。

打ち上げられた花火玉が開花し、中の星が飛び出し描かれる円を「盆」といいます。四方八方からみても真円に見え、大きく均整がとれたものが良いとされています。

「この玉は盆が大きくて良い」とか「盆が小さいからあまり良くない」といったように使われます。「盆」を大きく、美しくするには花火玉の総合的なバランス(割薬、星の精度、玉貼りなど)が不可欠となるようです。

花火が開花し、中の星が燃え尽きた状態を「消え口」といいます。約200個から300個の星が同時に着火し、 同時に消え、残り火を出さないのが良いとされています。「もっと消え口を良くしないといけない」とか「この玉は消え口がよい」 といったように使われます。

このところ衣食住に限らず日本独自の様々な文化が海外で高い評価を受けていいます。「花火」もまた、地域に根づいた伝統文化として、インバウンド拡大に大きく寄与する観光資源であり、こうした分野でもパブリックリレーションズ(PR)の役割が期待されます。

投稿者 Inoue: 15:42 | トラックバック

2015年07月16日

「インフラ ウォーズ」って?
〜日本の優れたインフラ技術を世界に輸出!

大型で非常に強い台風11号が日本の南海上を北上し、西日本に上陸のおそれがあるとのこと。予想進路に近い地域にお住いの方々は、くれぐれも急な天候の変化にお気を付けください。

■大型連載企画の意図するものは?
そんな今週、日経産業新聞を見て驚きました。7月14日から新しい連載企画「インフラ ウォーズ」がスタートしました。第1部のテーマは異次元の総力戦。この連載企画はこんな文章で始まっていましたので少し引用してみます。

「世界のインフラビジネスで未曽有の総力戦が始まった。最前線で新旧、官民が入り交じり、国境や業種を超えて火花を散らす。国家の威信も試され、もはや過去の流儀にとらわれては勝てない。その危機感に多くの日本企業が突き動かされ、世界を駆ける。・・・・」連載のタイトルもそうですが、記事冒頭の文章からもこの企画への記者の強い思い入れが感じられました。

私も常々、情報通信、鉄道や空港などの交通、発電などのプラント、道路や上下水道など日本のインフラ技術の素晴らしさを実感、さまざまな機会でそのことに触れてきました。日本のインフラは新興国を中心とした世界的な人口増加と都市化が抱える大きな社会的な課題への解決策として、そして国の新たな輸出産業としての両方の側面を持つインフラ技術は日本の成長や世界での存在感を高める上でも重要だと思っています。

わずか150年前に明治維新を経験した日本には、西洋の科学技術を吸収しながら自国や戦前の満州国や台湾、そして戦後のODAと連携した海外での豊富なインフラ整備の知見があります。

この連載企画をスタートさせた理由をある関係者に聞いたところ、真っ先に日本のインフラ輸出が新たな段階に入ったことをその理由に挙げていました。

とりわけ安倍政権になって、官民一体の動きが活発になり、発電所、鉄道、水処理、港湾、通信網などの分野での大型受注を勝ち取ってはいるものの、一方では欧米企業や韓国・中国企業との競合も激化し、入札で競り負けるケースも少なくないとしています。

また「インフラ関連企業は長く国内に偏った体制をとってきたが、日本は海外での営業や企業連合の組み方で新機軸を打ち出す必要に迫られている」とコメントしています。

そして、中国が主導し、欧州勢も巻き込むアジアインフラ投資銀行(AIIB)設立がどのように日本や米国にも影響を与えるのか、日本企業の取り組みの最前線を追うかたちで、インフラ輸出を巡る新たな潮流を読み解き、競争に勝つための方策を示したいとしています。

皆さんは世界のインフラビジネスの市場規模はどれほどのものか考えたことはありますか?

この企画では経済協力開発機構(OECD)がまとめた試算として、2030年までの世界のインフラ投資は累計でなんと53兆ドル(約6500兆円)を超すこと、さらにアジア開発銀行(ADB)の予測では2010年から20年に8兆ドル(約1000兆円)の投資がアジアだけで見込まれると紹介、その規模の膨大さを示しています。

この大きな潮目に日本企業が乗り遅れないようにと警鐘を鳴らすのにも、今回の大型企画の役割は大きく個人的にも応援したいと思っています。

そして、B to B分野でのパブリック・リレーションズ(PR)の重要性がますます高まってくるでしょう。なぜなら競争が激しさを増せばますほど、リレーションシップ・マネジメントを駆使するパブリック・リレーションズが有効になってくるからです。

■スパコン「京」ビッグデータ処理能力ランキングで首位奪還!
この大型連載が始まったまさにその当日、富士通と理化学研究所(理研)が共同開発したスーパーコンピュータ「京(けい)」が、ビッグデータの処理能力ランキングである「Graph500」で第1位を獲得したとの発表がありました。

スーパーコンピュータの性能ランキングには、演算処理能力を競う「TOP500」と「Graph500」のカテゴリーがあり、単なる演算ではなく、複雑なデータを分析するグラフ解析能力で2014年6月以来、約1年ぶりに京が首位を奪還したとのこと。京のシステム全体をより効率的に利用するためのアルゴリズム改良などの成果とのことです。

詳しい分析は専門の方々にお任せするとして、ビッグデータ解析能力でトップの評価を得たことは大いに称賛されることだと思います。

このような断片的な情報をいくつか並べる中でふと思いついたのは、これら世界に誇れるインフラ技術を組み合わせ、日本オリジナルの新しく高度なシステムの創造が可能なのではないかということです。

身近なところでは短時間ごとの、狭い地域での天気予報は今でも実用化されていますが、例えば京のビッグデータ分析をベースにある地域の自然災害の被害予測を分析、それに基づく道路、上下水道など災害に強い都市整備計画そのものを輸出する、など。

日本ではものづくりの世界を中心に、良いモノ、良いサービスを提供すれば黙っていても世界中どこでも売れる、と言った幻想にまだまだ囚われているのではないでしょうか。

しかし、日本と同じようにものづくりにこだわり続けているドイツは、IoT(モノのインターネット)時代の大きな流れのなかで新しい概念であるIndustry 4.0を掲げ、メルケル首相も先頭に立って世界標準のインフラ基盤でイニシアティブを確保するための戦略的な取り組みを行っています。

安倍首相には日本経済の持続的な経済成長のために、より強いリーダーシップと世界に向けたわかりやすいメッセージ発信をともなう、パブリック・リレーションズ(PR)に重要なトップのストーリーテリングを期待します。

投稿者 Inoue: 16:53 | トラックバック

2015年07月09日

世界シェア調査から。
〜日本勢は、素材・部品で存在感を示す

皆さんこんにちは井之上 喬です。

平年、関東甲信地方の梅雨明けは21日頃といわれています。まだ2週間ほど憂鬱な天候が続くようですが、体調管理にご留意ください。

■首位は米国で、日本は欧州に続く3位
日本経済新聞社が実施した世界の「主要商品・サービスシェア調査」(世界シェア調査)の結果が7月6日の紙面で紹介されました。

この世界シェア調査の対象は、50品目(自動車、パソコン、半導体製造装置、風力発電機、造船、中小・大型液晶パネル、スマートフォン、タブレット、複写機・複合機、医療用医薬品、化粧品、炭素繊維、冷蔵庫、洗濯機、デジタルカメラ、産業用ロボット、炭酸飲料、たばこ、紙おむつなど)に及び、世界規模でそれらのシェアを調査・発表するものです。

ハードウェア品目だけでなく、検索サービス、セキュリティー対策ソフト、音楽ソフト・配信などのソフトウェアもカバーされています。

記事によると、首位は米国企業の16品目が最多で、日本は9品目で欧州の10品目に続き第3位を占めたといいます。韓国は8品目で、中国が6品目だったとのこと。

調査によると日本が首位を占めた9品目について次のように紹介されています。

先ずは、東レの炭素繊維(36.9%)。航空機用など高機能品が得意な東レは品ぞろえ拡充で首位の座を盤石にしています。

ソニーはスマートフォン(スマホ)での撮影に使う「CMOS(相補性金属酸化膜半導体)イメージセンサー」(39.5%)でシェアを拡大。米アップルなどスマホ大手が軒並み採用し、スマホ市場の拡大で出荷が増えたことが首位となった要因とのこと。また、ソニーはゲーム機器でも42.9%を占め、2位のマイクロソフト(29.2%)に大きな差をつけています。

工場の組み立て工程で使う産業用ロボットはファナックが首位(16.6%)。消費者向けではデジタルカメラ(31.4%)とレンズ交換式カメラ(43.3%)の2品目でキヤノンが首位を占めたとのこと。

その他には、自動車品目でトヨタ自動車(11.4%)、マイコン品目でルネサスエレクトロニクス(21.5%)と白色LED品目の日亜化学工業(25.4%)が首位の座を占めています。

BtoC分野において日本勢は、巨大な母国市場を持つ米国や中国企業の後じんを拝しているものの、BtoB分野でその存在感を示すことができたようです。

■世界シェアと国際特許出願数との相関
国連の世界知的所有権機関(WIPO:World Intellectual Property Organization)が、国際特許出願制度の利用状況に関する調査結果を発表(2015年3月)しています。

特許協力条約(PCT:Patent Cooperation Treaty)に基づく昨年の国際特許出願件数を国別にみると、米国が最も多く、出願件数は6万1,492件(全体に占めるシェアは28.7%)となったと発表。

2位は日本の4万2,459件(シェアは19.8%)。3位の中国は2万5,539件(シェアは11.9%)だったとのこと。

4位以下はドイツ(17,968件)、韓国(13,119件)、フランス(8,247件)、イギリス(5,261件)、オランダ(4,204件)、スイス(4,091件)、そして10位はスウェーデン(3,912件)の順となりました。

一般的に特許出願が多くなされている国は、企業などの研究・開発が活発であるといえます。加えて外国出願・登録件数が多い国は、将来的な海外生産拠点、市場の確保に対し積極的な戦略を展開していると考えられます。

世界シェアと国際特許出願のランキングをみると米国と日本、韓国、中国の4国がいずれも上位を占め、両者に見事な相関が認められ興味深く感じました。

それにしても日本、中国、韓国の東アジアグループの躍進には目覚ましいものがあります。その出願件数は上位10か国の実に半分に迫りつつあり(43.5%)、数字を見る限り世界経済の重心が東アジアを中心としたアジア圏に移動してことを印象づけています。

投稿者 Inoue: 18:14 | トラックバック

2015年07月02日

もうすぐ夏休み!
〜子供たちにニュースに親しんでもらいましょう

皆さんこんにちは井之上 喬です。

早いもので今週から7月ですね。梅雨明けはもう少し先でしょうが、あと2週間ちょっとで夏休みを心待ちにしている小中学生も多いのではないでしょうか。

時間がたっぷりある夏休みに元気に外で遊ぶのと同時に、毎日、新聞に目を通すことを薦めてはいかがでしょうか。活字離れが言われて久しい日本ですが、まだ多くの家庭では新聞が宅配されています。

■中身が濃い子供向けニュース解説誌
毎日の新聞は、テレビ欄とスポーツ欄だけでなく社会、経済、政治、文化、技術などの情報に触れる良い機会だと思います。一般紙をそのまま読むのは難しいと思いますが、小中学生向けにニュースをやさしく解説する、朝日新聞出版の1からわかるニュースマガジン「月刊ジュニアエラ」、毎日新聞の10歳からのニュース百科「Newsがわかる」などの雑誌を活用してみるのはどうでしょうか。

ちなみに月刊ジュニアエラ7月号の特集は「女と男はどこが違うの?」、他の目次を拾ってみると、新銀行「AIIB」で存在感を増す中国、沖縄・辺野古から日本を考える、明治の産業革命遺産が世界文化遺産に、など。

同じくNewsがわかる7月号は、自動車未来へGO!、TPPのなぜ?、軍艦島など世界遺産へ、大阪都構想に「ノー」、ドローン急浮上、など両誌とも実にタイムリーなニュースを取り上げてわかりやすく解説を加えています。

いくつか誌面から紹介すると、ジュニアエラの特集「女と男はどこが違うの?」では、どうして女性と男性がいるの?からはじまり、「性別分業」は高度成長期に定着した、性的少数者って知ってる?誰もが生きやすい社会にするためにどうすればいいの?と8ページの特集記事が組まれています。

性に関する根本から始まり、日本社会が女性の活躍する環境で遅れた歴史的な背景、そして少子高齢社会でのダイバーシティの重要性を世界男女平等ランキングなどのデータを駆使して説明しています。

Newsがわかるの「自動車未来へGO!」では、今注目の自動運転について7ページを割いて特集。センサーを駆使した自動ブレーキや白線検知システムなどの技術解説とともに、最近の交通事故による死者数で高齢者の死亡事故が目立ってきている傾向をデータで示し社会問題になっていることを指摘。

ご存知のように自動運転には人工知能が搭載されていますが、自動運転技術を活用することで、運転が楽になり高齢者の事故も激減し行動範囲も広がると、社会問題とその解決策の一端を紹介しています。

ニュースのテーマ自体は、まさに私たち大人が日常的に注目しているもので、少年期からのこうした利用は、選挙権が18才に引き下げらた今こそ政治への参画意識を高めることに貢献することになるのではないでしょうか?

■わかりやすく説明することの難しさ
もし子供たちに「TPPって何?」、「AIIBって何?」、「大阪都構想って何?」などと聞かれたときに、あなたはどこまでわかりやすく説明できますか?

パブリック・リレーションズ(PR)のプログラムの1つに、スポークスパーソンのためのメディアトレーニングがあります。その中で必ず触れるポイントとして、「インタビューは1対1でも、記者の後ろには何十万人、何百万人と言う読者、視聴者がいることを忘れず、出来るだけ専門用語は避けてわかりやすく説明しましょう」と強調しています。

自分の立ち位置だけを意識し情報発信を行うとき、当たり前に使っている専門用語、社内用語が相手に通じないと感じることがあります。ましてや世界で通じるかと言われるとちょっと不安になる方も多いのではないでしょうか。

誰もがわかりやすく、かつタイムリーに情報を伝える、そのための解は夏休みの宿題にしようかと思います。

ところで私が経営する井之上パブリックリレーションズは7月4日で満45歳を迎えます。これまで事業を継続できたのは国内外の素晴らしいクライアントや関係者に恵まれたこと、そして何よりも優秀な社員に恵まれたことが大きいと感じています。

これからも切磋琢磨して、パブリック・リレーションズ(PR)を通じより良い社会の実現に向けて頑張ってまいります。皆さん、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿者 Inoue: 20:02 | トラックバック