相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2018年6月 | メイン

2018年07月21日

スパコンの次は量子コンピューター!
〜世界2位じゃなくて、「世界一」を目指す

皆さんこんにちは井之上喬です。

7月なのに体温を上回るような記録的な猛暑が日本列島を襲っています。くれぐれも熱中症などにお気を付けください。

人工知能(AI)がもはやブームではなく、ビジネスなどへの応用が進んでいるなかAI、IoT(モノのインターネット)AR(拡張現実)VR(仮想現実)、5Gそして自動運転など、最先端技術に関するメディア報道はこのところ過熱しています。

これらの最先端技術を現実のものにしているのはコンピューティング能力の飛躍的な向上だと思います。かつてのスーパーコンピューターの能力が、今や私たちの手の平のスマホの中に実装されているのです。

■スパコンランキングで米国が5年半振りにトップに
ドイツのフランクフルトで開催された「International Supercomputing Conference 2018 (ISC 2018:国際スーパーコンピューター会議)」で6月24日(ドイツ時間)、スーパーコンピューター(スパコン)の処理性能ランキングである「TOP500」の2018年6月版が発表されました。

今回のTOP500ランキングでは、米国オークリッジ国立研究所(ORNL)に設置され、2018年6月より稼働を開始したIBM製AIスパコン「Summit」が1位を獲得しました。米国のスパコンが世界一を獲得するのは約5年半ぶりとのこと。

2位には、これまで4期連続 (2016年6月版から2017年11月版まで)首位を守ってきた中国National Research Center of Parallel Computer Engineering & Technology (NRCPC)の「Sunway TaihuLight (神威・太湖之光)」、米国勢は3位にも米国エネルギー省ローレンス・リバモア国立研究所の「Sierra」が新たにランクインと躍進しています。4位は中国の「天河2号(Tianhe-2)」。また、5位には日本の産業技術総合研究所の「ABCI」がランクインしています。

上位5システムのうち4システムが新規稼働もしくはアップグレードによる性能向上を果たすことで、高い性能を達成したとのことです。

これらの高性能スパコンを支えるのが半導体です。

7月10日から12日にかけて米国サンフランシスコで開催された半導体製造装置・材料関連の展示会「SEMICON WEST」に合わせ、主催団体のSEMIが発表した世界の半導体製造装置市場予測でも2018年は過去最高だった2017年に比べ約11%成長し627億ドルに拡大、その勢いのまま2019年も約8%増の676億ドルと予想しています。

地域別では国を挙げて半導体産業育成に取り組んでいる中国の躍進が目覚ましく、2019年には韓国を抜いて半導体製造装置販売額でトップに躍り出ると予測しています。

SEMICON WESTでの注目もAIだったようです。世界トップの半導体製造装置メーカーであるアプライドマテリアルズは、初めての試みとしてゲイリー・E・ディッカーソンCEOが登壇し「AI Forum」を会期中に実施、注目を集めたとのことです。

AIや5G、自動運転などを支える高性能半導体、そしてそれを製造するための半導体材料、製造装置の需要はこれまで言われてきたシリコンサイクルに依存するのではなく、社会基盤を支えるインフラとして確実に成長していくと予測されます。

■スパコンを凌駕する新しいコンピューターが日本上陸!
そんななか7月16日号の日経ビジネスでは「ついに来た!量子コンピューター Google、IBMの野望」との特集を組み、IBM製の量子コンピューターの頭脳となるチップを冷却するクリスタル細工のような装置が表紙を飾っていました。

特集のリード部分を引用してみますと「2018年、コンピューターの歴史が転換点を迎える。夢物語とされてきた量子コンピューターが、ついに実力を解き放つのだ。「超越性」を手に入れた機械は、世界最速のコンピューターを凌駕。IT業界だけでなく、製造業や医療、科学の世界に大きなインパクトを与える。・・・」

量子コンピューターの要素技術を開発したのは日本人ですが、カナダのベンチャー企業Dウェーブ・システムズが製品化、それが2019年にいよいよ日本に上陸することになるようです。

Dウェーブ製のマシンは通常のパソコンの1億倍の処理能力、圧倒的な省エネ性能などの特徴を持っており、さまざまな分野での高速ビッグデータ解析による新しいビジネスの創出が期待されています。

一方でこの夢のコンピューターを巡る覇権争いも一気にヒートアップしています。Google、IBM、マイクロソフト、ムーアの法則で半導体業界をけん引してきたインテル、そして中国政府をバックにしたアリババ集団などが研究開発投資、量子コンピューター関連ベンチャーへの出資を一気に加速しています。

日経ビジネスは、このような大きな可能性を持った量子コンピューター関連技術に投ずる日本政府の年間平均予算が45億円と米国の220億円に比べ1桁少ない、とお寒い現状を指摘しています。

また、かつて世界一の演算性能を実現した「京」の元開発責任者である井上愛一郎氏の興味深いコメントも載せています。

要点はこうです、「コンピューターの世界は技術の黎明期から取り組み、トレンドを生み出した企業が圧倒的に優位だ。先が見えない段階から始めておかないと、いざという時には手遅れになる。」

そして、「量子コンピューターはIT業界を確実に変える。新たなプラットフォーム争いで日本が「不戦敗」のまま終わって良いのか。改めて「世界一」を目指して取り組む必要がある」、と「量子コンピューターでも2位じゃダメ」と、国を挙げての研究開発への取り組みの必要性を訴えています。

2045年にはコンピューティング能力が人間の脳を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)に到達するといわれて久しいですが、世界の大きな潮流をリードするような取り組みを日本が国策で緊急に実施することが必要だと思います。

まずはやってみる、そして中途半端な研究開発費ではなく世界中から優れた人材が日本に流入するような大胆な投資が量子コンピューターのような大いなる可能性を持った最先端技術の実現には必要ではないでしょうか。
私たちの未来のために、政府の英断をのぞみます。

技術革新には大きな波があるように思います。1980年代、井之上パブリックリレーションズがMITの人工知能研究所と関わりがあったことは以前このブログでも紹介していますが、天才的エンジニアのダニエル・ヒリスを開発責任者としてMITが1986年に発表した、世界初の6万4千個のCPUを繋げた並列処理コンピューター、シンキングマシンを同ラボで目のあたりにした時の感動と興奮が蘇ってくるようです。

投稿者 Inoue: 17:03

2018年07月13日

変化の速度に驚くばかり
〜中国最大級国有企業との業務提携

皆さんこんにちは、井之上喬です。

西日本各地に甚大な被害を与えた記録的な豪雨で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

私は先月(6月20日?23日)、私の会社(井之上パブリックリレーションズ、以下井之上PR)の幹部4名と一緒に中国を訪問しました。

1年2か月ぶりに訪れた北京でまず実感したのは、大気に特有のにおいもなく、着実に空気がきれいになっているということでした。街を走るバイクはすべて、電池で動く電動バイクが義務付けられ、スマホのアプリでレンタルするシェア自転車が、通りのあちこちにありました。中国の変化のスピードはすさまじく早いとあらためて感じました。

今回中国訪問の目的は2つあり、ひとつは昨年6月に客座教授(客員教授)に就任した中国伝媒大学(コミュニケーション大学)への訪問でした。もうひとつは、中国最大級国有企業中信国安グループPR広告部署と業務提携です。

■中国伝媒大学を訪問
昨年6月に客座教授(客員教授)に就任した中国伝媒大学(コミュニケーション大学)を初めて訪問しました。

中国伝媒大学は、中国の新聞、放送、映画をはじめ、メディアに関する最高レベルの大学です。学生数はおよそ1万5000人。テレビ新聞学院をはじめメディア関連の多くの学部が設置されていて、これまでに多くの記者、編集者、アナウンサー、脚本家、放送技術者等を育成しています。また、日本のNHKをはじめ海外からの留学生を受け入れています。
広告学院はその学部の一つで、広告・宣伝、プロモーション、映画・演劇、ツーリズムといった幅広い分野が研究対象となっていて、その中でパブリック・リレーショズの役割に関心が集まっているということでした。

訪問した6月20日はちょうど卒業式の当日で、広大なキャンパスを歩いてみると、学生たちが思い思いの卒業パフォーマンスを繰り広げていました。学生たちから受けた雰囲気はこれまで私が想像していたよりも、自由で、ひとりひとりが個性豊かに大学生活を楽しんでいる姿が見られ、とても印象的でした(写真1)。

去年の客座教授就任にあたっては、メールで連絡をいただいたのですが、今回の訪問で、中国伝媒大学広告学院の張副主任から、正式な「客座教授任命書」が直接、授与されました(写真2)。

今回は卒業シーズンのため実現できませんでしたが、今年1月に中国の東方出版社から私の著書「パブリックリレーションズ(第2版)」の中国語版が出版された機会でもあり、次回の訪問ではぜひ伝媒大学でパブリック・リレーションズの講義をおこなって、学生たちとの意見交換ができればと考えています。

■目的は日中間の最適なビジネスマッチング
井之上PRは中国最大級国有企業中信国安グループPR広告部署(本社:中国北京、以下中信国安)との間で、中国市場へ参入を目指す企業の最適なビジネスマッチングのコンサルティング強化を目的にMOU(了解覚書)を現地で締結しました。

中信国安は、中国国務院直轄で中国最大級の金融コングロマリットである中国中信グループ傘下の一員。中信国安グループは1987年に創設され、業務領域は、情報産業、衛星通信、ネットワークシステム、電気通信付加価値サービス、不動産ディベロッパー、ハイテク、エネルギーなどを含め、中信グループ傘下の最大級の総合実業企業集団です。

一方、井之上PRは、2017年からは、特に中国市場をターゲットに新規事業開発部を設置し、中国市場に進出、または進出を計画している日本のベンチャー企業や日本市場に関心を持つ中国大手企業を対象にPRコンサルティングサービスを提供してきました。

今回の提携を契機に両社のパブリック・リレーションズ(PR)分野での知見を統合し、両国の市場ニーズと顧客ニーズの最適なマッチングを図り、当面は新たに中国市場へ参入を目指す企業向けにコンサルティングとパブリック・リレーションズサービスを提供していきます。

投稿者 Inoue: 15:19

2018年07月02日

人類の宇宙(そら)への憧れ果てしなく
〜夏の夜空に思いをはせる

皆さんこんにちは、井之上喬です。

関東地方では過去最も早い6月中の梅雨明けとなりました。
猛暑と水不足が心配されますが、元気に夏を楽しみたいものです。

7月と言えば七夕、町のあちらこちらで短冊に願いを込めた七夕飾りを目にします。

澄み切った冬の星空を楽しむのも良いですが、涼を求め夏の夜空に目を向けるのもまた一興ですね。

■2つのニュースに宇宙への憧れを見る
宇宙関連では最近、明暗を分けるニュースがありましたね。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに到達したことと、実業家の堀江貴文氏も設立にかかわったベンチャー企業インターステラテクノロジズの観測ロケット「MOMO(モモ)2号機」の打ち上げ失敗のニュースです。

ロケット開発スタートアップのインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)は、6月30日の早朝にMOMO2号機を打ち上げましたが、直後にロケットは落下、炎上し残念な結果になったのは皆さんもテレビなどの報道でご存知かと思います。

民間単独で国内初の宇宙への到達を目指したプロジェクトは、成功が期待されていましたが、昨年7月に打ち上げたモモ初号機が高さ約20kmに到達したものの、飛行中に機体が破損し宇宙空間に届かなかったのに続き、今回も宇宙への夢は次回の挑戦に持ち越されました。

世界各国で民間のスタートアップによるロケット開発が加速していますが、ロケットの研究開発から事業化は非常に困難でビジネスで成功しているのは実業家イーロン・マスク氏が率いる米国スペースX社ぐらいなのも現実でしょうか。

■生命誕生の謎を探る
MOMO2号機に数日先立つ6月27日、JAXAは記者会見を開催し2014年12月に打ち上げた「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに到着したことを発表しました。

はやぶさ2はこの日、リュウグウ探査の"ベースキャンプ"となるホームポジション(リュウグウから約20kmの地点)に到着したそうです。

JAXAのはやぶさ2プロジェクトのホームページも「リュウグウまであと0.00km」と到着を示しています。これでいわば往路は完走となり今後は、小惑星に関する様々な調査運用が始まることになります。

3年半もかけて小惑星を目指したのは、生命誕生の謎に迫る有機物や水を含む岩石があるとみられるからだそうです。

プロジェクトチームは、2020年末に岩石を地球へ持ち帰る「サンプルリターン」を目標にしているようです。

持ち帰った岩石から、我々人類の生命誕生のなぞの一端が示されるかもしれないと思うとワクワクしますね。

今後はやぶさ2は、リュウグウから20kmのホームポジションから、7月末には5kmまで近づき、水を含む鉱物が表面のどこにあるのか、太陽光が当たったときの温まりやすさで岩や砂利、砂地を見分けたりする調査を実施。

そして、9月から10月に予定される最初の着地では、あらかじめカメラで黒く見える場所などを探し、有機物の採取を計画しています。調査が順調に進むことを祈るばかりです。

宇宙、空へのあこがれは地球上の人間、誰もが持っている共通のものではないのでしょうか。

七夕に合わせ星空に目を向けるのも良い機会だと思います。

7月7日の七夕の日を中心にその前後に全国各地で天文や宇宙の講演会が実施され、日本天文学会主催の「全国同時七夕講演会」が計画されています。(共催:天文教育普及研究会、後援:日本学術会議)
http://www.asj.or.jp/tanabata/2018/

皆さんも最寄りの講演会場に足を運び、一緒に七夕講演会を楽しんでみてはいかがでしょうか。

未来には、はやぶさシリーズの後継機と天の川銀河の邂逅、などという夢物語りの実現もあるかもしれませんね。

そして夢と可能性には限界はないのかもしれません。

投稿者 Inoue: 14:19