相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2018年4月 | メイン | 2018年6月»

2018年05月21日

日本の研究開発費の増額と効率化をのぞむ
〜人材育成も含め日本はIoT、AI時代に取り残される?

皆さんこんにち、井之上喬です。

新緑が美しい季節ですね。私が経営する会社(井之上パブリックリレーションズ)のオフィスに近い新宿御苑の緑も目にまぶしいほどの輝きを見せています。

近くにおお出かけの際は是非、お立ち寄りください。

■国際競争の激化と「日本製鉄」の社名復活の意図するものは
最近気になった報道記事をいくつか見てみます。
その一つは69年振りの「日本製鉄」の社名復活のニュースです。

新日鉄住金は5月16日、2019年4月1日に社名を「日本製鉄」に変更すると発表するとともに、傘下の日新製鋼を完全子会社化し、2019年4月に両社のステンレス鋼板事業を統合することも発表しました。新社名の英文表記は「NIPPON STEEL」、遅きに失した感はありますが国際競争に勝ち抜く姿勢を鮮明にしたとも取れます。

しかし、世界規模でみると粗鋼生産量で見るとまだまだ厳しい状況に変わりはなく、グローバルな戦略的なM&Aの流れから見ると何とスピード感のない動きと感じざるを得ません。

そんななか5月3日の日本経済新聞では、日本企業の研究開発費の伸びが海外企業に劣っているとのショッキングな記事がありました。

それによると、2007年から2017年まで10年間の研究開発費伸び率はアジア4.1倍、米国の86%増に対し、日本は僅か12%増にとどまり、AI(人工知能)などIT(情報技術)分野で米国勢を中心に投資が盛り上がり、第4次産業革命が進むなか研究開発の遅れが日本の産業競争力を損ないかねない、と指摘。まさにその通りだと感じました。

■AIへの研究開発投資に全力を
記事では過去10年の研究開発費を、東証1部上場企業と米S&P500種株価指数、欧州のストックス600、日経アジア300指数の構成企業で比較した結果、世界100位までに日本勢は17社と10年前の24社から減少し、かつ世界3位だったトヨタ自動車は研究開発費をドルベースで26%増やしたが、順位は10位に落ちた、と分析しています。

世界の研究開発費上位メンバーも10年で自動車や医薬品などからITに様変わりしたと指摘。世界最大の研究開発企業は米アマゾン・ドット・コムで226億ドルと10年前の28倍となっています。特にAI(人工知能)の開発人員は2017年に5,000人と1年間で5倍増の勢いだそうです。

さらにアジアでは、研究開発投資はこの10年間で4倍増で世界3位のサムスン電子(韓国)に加え、中国の電子商取引アリババ集団の伸びが目立ち、アリババは2017年、米中ロなど7カ所に研究施設を設置し今後3年で研究開発に合計150億ドルを投じると発表しています。

総務省によると、政府なども含めた日本全体の研究開発費は2015年に1800億ドルと、米国の5,000億ドル、中国の41,000億ドルに次ぎ世界3位となっており、国内総生産(GDP)比で3.6%と米国の2.8%、中国の2.1%を上回り、規模では日本は依然として「研究開発大国」となっています。

しかし、研究開発の土台、基礎研究では特に伸び悩みが顕著で懸念は多く、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などのキーワードが将来から現実のものになった時点の日本の研究開発体制の質量が懸念されてなりません。

我々がスマホで何の苦労もなく使っているサービスの多くは、長年の基礎研究に基づくものですし、それを支えているのは研究成果に基づく技術だと思います。

鉄腕アトム、ドラえもんがマンガで描いていた技術が現実のものになってきています。

私たちの国は本気でそして一刻も早く研究開発に、新しい流れに対応できる有意な若者を登用する仕組みを作らないと世界から後れを取ることになってしまうと思うのです。

一例として中国は、IoT、 AIそしてデータセンタ、クラウドを支える半導体分野に巨額の投資を表明しています。開発のための技術者は若者です。

潮目を的確に読み切って、どこに投資をするのか今まさに、未来に向けての重大な決断を下す時ではないでしょうか。私が関わる、グローバルビジネス学会の第4回全国大会(7月7日、8日早稲田大学国際会議場など)のテーマは、「AI」で、各界のAI専門家が参加し、将来の日本のAIの在り方について討議します。

既成の産業構造を一変させてしまうかもしれないハイパー・グローバリゼーション。その流れの中で、目的・目標達成のために様々なステーク・ホルダーとの良好な関係の構築は不可欠となります。パブリック・リレーションズ(PR)の主柱となるリレーションシップ・マネジメントの重要性はますます高まっています。

投稿者 Inoue: 09:49

2018年05月11日

交通渋滞は何故起きるのか
〜「渋滞学」の第一人者と渋滞予報士に聞く

皆さんこんにちは、井之上喬です。

ゴールデンウイーク(GW)はどのように過ごされましたか?
JTBはGWの宿泊旅行の動向調査では海外・国内旅行を合わせた総旅行人数が過去最高の2443万人になる見込みを発表。国内の旅行人数は前年比1.0%増の2384万人で、海外への旅行者数は前年比0.7%増の58.5万人を予測していました。

今年のGWでは最長9日の休みを楽しまれた方もいらしたかと思いますが、多くの方は前半3日、後半4日と分断された連休となりました。こうした日程の関係もあって旅行者数の大きな伸びにつながらなかったようです。

私は、今回のGWでは珍しくクルマを利用せずに新幹線で長野を往復しました。現地では合流した友人のクルマを利用でき、そのため往復の交通渋滞ストレスから解放されて、いつもよりリラックスした休暇を過ごすことができました。

■渋滞イライラ解消術
テレビ朝日(5/3)の「羽鳥慎一モーニングショー」を見ていたら、「渋滞学」の第一人者、東京大学の西成活裕教授を招き交通渋滞ストレス解消術について放送していました。私も大学時代からクルマのヘビーユーザで、休日や連休の交通渋滞には悩まされてきたこともあって興味深く視聴しました。

西成教授は、渋滞イライラを解消法の一つとして音楽を取りあげています。
1分間に70ビート前後の音楽は心拍数と同じで、リラックス効果とともにストレス解消ともなるといいます。最適な曲は平井堅の「瞳をとじて」だそうです。

オペラを歌うこともストレス発散になるようです。逆にドライブで危険な曲はワーグナーの「ワルキューレの騎行」で音数の多さなどで心拍数と血圧を上げる要因となるとのことでした。

そして渋滞解消のポイントについて「車間距離を開ける」ことを挙げています。実際、クルマを使った実験でも車間距離を開けることで最後尾の車は速度を保ち、早く渋滞を抜けることが出来たとのこと。必要な車間距離は最低40mだそうです。

また、西成教授の見解によると渋滞には2種類あって、1つは「起きなくてもいい渋滞」、もう1つは「どうやっても起きる渋滞」だそうです。後者はいわゆるキャパオーバーの状態でどうしようもなく、諦めるしかないようです。ただ、「起きなくてもいい渋滞」については対応の仕方で回避できるはずだといいます。

例えば、数年前に起きた東名高速の40キロ渋滞。この原因は、たった一台のクルマの追い越し車線への割り込みが原因だったといいます。

このクルマが無理矢理割り込んだ時に、追い越し車線の車がブレーキを踏んで、それが結果として40キロの渋滞になったとのこと。そのドライバーが割り込みをせずに我慢できていれば、渋滞は起きなかったかも知れないといいます。

■日本で史上最長の渋滞は154km
NEXCO東日本で「5代目渋滞予報士」を務める外山敬祐さんによると、高速道路における渋滞の定義は「時速40km以下で低速走行あるいは停止発進を繰り返す車列が、1km以上かつ15分以上継続した状態」とのこと。

ちなみに日本で史上最長の渋滞と記録されているのは、1995年12月27日に名神高速道路・秦荘PAから東名高速道路・赤塚PAにかけて発生した154kmだそうです。

渋滞予報士とは、気象予報士のようにオフィシャルな資格を持っているわけではないそうですが、名前の通り渋滞予測に関しては間違いなくエキスパートで、その予想的中率は80%にもなるといわれています。

外山さんは、渋滞の発生原因は様々だが、交通集中によって発生するものが最も多いのだといいます。その中でも、大半は「サグ」と呼ばれる箇所が発生地点になるといいます。

「サグ」とは、“たわみ”や“たるみ”を意味する言葉で、下り坂から上り坂に差し掛かる凹部のことを指します。ドライバーが上りに気付かない程度の緩やかな坂であっても無意識な速度低下は発生しがちであり、そこから渋滞が生まれるのだそうです。

対策としては、車間距離を常に確保することや、むやみな車線変更を控えることなどが挙げられています。高速道路では、混雑が始まると少しでも先を急ごうとするドライバー心理が働き、多くのクルマが追い越しをすることでさらに悪化させる場合も多いそうです。

西成教授と外山さんのお話から、ドライバーが車間距離を常に確保し、むやみな車線変更、割り込み、追い越しを避けることで、交通渋滞はかなり緩和されるとのこと。

簡単なことのようですが、たった一台のクルマの追い越し車線への割り込みが40キロ渋滞の原因となったように、渋滞解消のためにはドライバー全員がルールを守ることが条件となります。

今年もこれから夏休み、シルバーウィーク、そして年末年始休暇など交通量の増える時期が続きます。私も含め皆さんがこの渋滞解消のルールを念頭に運転することで、ストレスの少ないドライブが可能となるのではないかと思います。

投稿者 Inoue: 20:48

2018年05月02日

新緑の時期の楽しみNHK技研の一般公開
〜2020年に向けAI、ARなどとの融合が進む放送技術に注目

皆さんこんにちは、井之上喬です。

ゴールデンウイーク(GW)真っ只中、皆さんはいかがお過ごしですか?
何をするにもよい季節、9連休をとる方も多いのではないでしょうか。このチャンスを逃さず有効に過ごしたいものです。

■今年は5月24日から一般公開が開催
5月に私が毎年楽しみにしている、1つのイベントがあります。
それは緑豊かな砧公園の近くにあるNHK放送技術研究所(東京世田谷区砧)の一般公開です。この「技研公開2018」、今年は「よりリアルに、スマートに、あなたとつながる」をテーマに、より臨場感・実物感の高いコンテンツ制作、AI(人工知能)による番組制作支援、インターネットの活用など、新しい放送技術とサービスの創造に向けたさまざまな研究成果の展示・発表が5月24日(木)から27日(日)の4日間開催されます。詳しくはホームページ ( https://www.nhk.or.jp/strl/open2018/ )をご覧ください。

今年の12月にはNHK技研で20年以上かけて研究開発が進められていた超高精細映像システムが、4K・8Kスーパーハイビジョンとして本放送が開始され、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け弾みをつけると期待されています。

今年1月に公表されたNHK経営計画(2018から2020年度)では、放送を太い幹としつつ、インターネットも活用し、正確で迅速なニュースや質の高い多彩な番組を提供し、放送と通信の融合時代にNHKが「情報の社会的基盤」としての役割を果たしていくとしています。

■わくわく、感動を与える放送技術の創出を
2回を迎える今年の技研公開では、より臨場感・実物感の高いコンテンツを伝えるための「リアリティイメージング」や、インターネットを活用してユーザー体験を向上させる「コネクテッドメディア」技術、そしてAI活用でより効率的に番組を制作する「スマートプロダクション」技術などを展示、2020年以降を見据えた新しい放送技術とサービスの未来像も提案するとしています。

毎年注目している大型シアターでは、今年は講堂の8Kシアターでフルスペック8K対応レーザープロジェクターによる超高精細映像と、22.2マルチチャンネルによる3次元音響で、最新の8Kコンテンツを紹介するとのことです。期待したいと思います。

私たちに身近なメディアであるテレビは、発明から一貫して技術進歩を継続しています。

イロハのイから始まったテレビは、街頭放送から家庭の中心的存在へ、そしてカラーテレビの登場、ブラウン管から液晶、有機ELへの技術進歩による薄型化、大型化・高精細化などに見られるように、身近で最先端の情報発信ツールとして進化し続けています。

これからはインターネット、AI、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)などさまざまな最新技術と融合し私たちに新たな体験をもたらすことでしょう。

何年か前に、NHK技研で初めて8Kテレビジョンを見たときの衝撃は今でも忘れられません。戦後一貫して世界のTV機器をリードしてきた日本の近年の凋落には目を覆うものがありますが、これを起爆剤に頑張ってもらいたいものです。

パブリック・リレーションズ(PR)の立場としては、こうした技術の進歩を上手に活用し、最終的には私たち人類に有益な情報発信の中核としてNHK技研が役割を果たしていくことを願っています。

NHK技研を中心とする日本の放送技術から、わくするような感動を世界中に伝える役割を担い続けてほしいと思います。その意味からも2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、スポーツのみならず技術競争の面での大舞台になるのは確実です。頑張れニッポン! 力が入ります。

投稿者 Inoue: 09:04