相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2018年3月 | メイン

2018年04月21日

世界最大の自動車技術学会SAEから
〜化石燃料自動車のソリューションとなる水素技術

皆さんこんにちは、井之上喬です。

4月10日-13日の間、私は米国デトロイトに滞在していました。この地で4月10日から3日間にわたって開催された世界最大の自動車技術学会SAEの世界大会に参加するためです。

■化石燃料自動車の販売禁止への流れ
参加者1万5千人を超える大会に、日本からは水素研究の第一人者である山根公高博士(水素エネルギー研究所代表)が最終日の13日、将来の内燃機関水素自動車をテーマに発表しました。山根先生は私が主宰し、2009年にスタートした「水素研究会」の主要なメンバーです。

3月には伊ベネチアで「変化への対応:地球温暖化と脱炭素社会」をテーマに催された国際シンポジウムにキーノートスピーカーとして招かれ、私もご一緒しました。
世界13億台の自動車のうちの4分の1が商業自動車(トラック・バス)。その大半がディーゼル燃料を使用していると言われています。

ドイツ、フランス、イギリス、オランダ、ノルウェー、インド、中国などは次々と深刻な環境問題を背景に、近い将来のディーゼル燃料を初めとする化石燃料自動車の販売禁止を発表しています。

そうした中、山根さんはクリーンでCO2を排出しない水素を燃料とする商業車用水素車について大胆な提案を行いました。40年に及ぶ研究の集大成とした、山根さんの満を持した発表は会場に大きなインパクトを与えました。

会期中米国NEC社長の池野昌宏さんが多忙にも拘らず駆けつけてくださいました。ポール・ラバラ事務局長はじめグローバルビジネス学会メンバー4人が奇しくもデトロイトの夜を楽しむこととなりました。

デトロイトに先立って、ニューヨークではTwoSigmaのデビッドシーゲル共同会長やNYU大学院でPRを学ぶ教え子と再会したり、ボストン大学訪問では久しぶりに、パブリック・リレーシヨンズ(PR)の教鞭を執るDon Wright教授やOtto?Lerbinger教授らと旧交を温めました。

全世界の自動車関係者が一堂に集まる2018年度World Congress Experience(主催:米国自動車技術学会)での山根さんの発表について、ご本人からの情報に基づいてその背景と概要を記します。


■日本発水素技術「山根モデル」
山根さんは、「2000年に入って、地球上の気候変動現象がより厳しい方向に向かっていることを強く感じている。この現象は地球温暖化問題と国家安全保障にも直結するもので、その深刻化は世界で大きな注目を浴びるようになった」としています。

また、「自動車メーカの最新の技術を持っても、ガソリンやディーゼルを燃料とする従来の化石燃料自動車の継続利用は不可能となる。今後さらに厳しくなる燃費規制、排気規制に如何に対応するかが大きな課題となる」と新しい取り組みの背景を語っています。

「日本が40年以上の歳月をかけて研究開発してきた最も新しい水素内燃機関技術を紹介して、世界の自動車エンジニア全員が協力して我々が目指す地球温暖化問題と国家安全保障問題を早期に解決すべく取り組みたい」と次のような具体的な考えを熱く訴えました。

1.水素内燃機関がその目的を達成できる理由と必然性

2.課題となっている水素燃料価格の低減とステーション数の増加を可能にする方法の提案

3.社会的な話題となっている燃料電池自動車や電気自動車に比べ、これまで水素内燃機関への関心が何故低かつたかの理由

山根さんは、「最先端の技術を利用した水素内燃機関自動車は、その性能において現在世界の商業車の90%を占めるディーゼル自動車と比べ、同等以上の優れた製造ができる。また、同じ水素を燃料とする燃料電池自動車と協働して、水素の社会的インフラ整備を加速させることが可能になる」としています。

写真左からポール・ラバラ事務局長、筆者、山根博士

2018年度World Congress Experienceで発表された「山根モデル」は地球温暖化と化石燃料枯渇化両方のソリューションとなる大きな可能性を持ちます。私たちパブリック・リレーションズ(PR)の専門家にとっても、大きな変革期を迎えた自動車業界がリレーションシップ・マネジメントを主体としたパブリック・リレーションズをどのように機能させ、その有効性を実証していくか、チャレンジングな課題となっています。

投稿者 Inoue: 22:48

2018年04月10日

米大リーグ大谷翔平選手活躍の衝撃
〜新天地で頑張る皆さんに贈るパブリック・リレーションズの視点

皆さんこんにちは、井之上喬です。

新年度に入り街中には新入社員、新入学生と思われるフレッシュマンの姿がたくさん見られます。
新しい環境に戸惑うことも多いかもしれませんが、大いなる可能性に挑戦してください。

私は今ニューヨークに来ています。デトロイト訪問の機会を利用して、ボストンなど東部の友人たちと旧交を深めるために彼らとの再会を楽しんでいます。

■柔軟性と
新天地での挑戦と言えば、日本ハムから米大リーグのエンゼルスに移籍した大谷翔平選手が衝撃的なデビューを飾り、日本だけでなく米国でもニュースなどで衝撃的に紹介されています。

大谷選手は4月6日(日本時間7日)までの打者として3試合連続本塁打に加え、8日(同9日)のアスレチックス戦では本拠地で初先発し、なんと12三振を奪い、7回1安打無失点で投手として2勝目を挙げました。

その内容も7回先頭打者までパーフェクト投球という衝撃の内容で、160キロに迫るストレートとキレの良いスプリットで三振の山を築く圧巻の投球でした。MLB公式ツイッターが動画付きで速報するほどの衝撃だったようです。

ボールやピッチャーマウンドの状態の異なることもあったと思いますが、オープン戦で苦戦した大谷選手に対して、米国メディアは辛口の評価をしていましたが、周りの雑音も気にせず環境に合わせ自己修正をし、きちっと開幕に間に合わせた彼の柔軟さには舌を巻くばかりです。
米大リーグは9日(現地時間)、週間MVP(2?8日)を発表し、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平選手(23)が初受賞したと伝えています。投打の「二刀流」をこなす選手の受賞は、同リーグが週間MVPを選び始めた1975年以来、初めてのことだそうです。

シーズンはまだ始まったばかり。日本とは違う生活環境、野球環境のなかで体調管理も大変だと思いますが、是非、日米で“二刀流”で活躍してほしいと心から願っています。

■新入社員への社長からのメッセージ
新天地に飛び込んだ新入社員へ社長からのメッセージ、あなたの会社ではいかがでしたか。
新聞報道などから拾ってみますと、トヨタ自動車の豊田章男社長は「AI(人工知能)や自動運転の進化で今、車の定義が大きく変化している、次の100年も車が移動手段の主役であり続けるかはわからない」と危機感とともに、こうした時代を生きるため、トヨタのカンバン方式などに加え、自分らしさを磨いてほしいと新入社員に求めています。

また、楽天の三木谷浩史社長は英語で「AIやメディア、教育などあらゆる領域で社会が根本から変わろうとしていて、10年から15年後の世の中は全く違うものになっている」と変化の時代のなかで新入社員には「革新性、創造性、そして、起業家精神を持って一緒に走ってほしい」と激励していました。

ソフトバンクの孫正義会長は「これからは多くの変化がある。シンギュラリティが到来した社会では、今の仕事の多くがAIやスマートロボットに置き換わり、人間はもっとクリエーティブで、お互いが心を通い合わせ、感謝し合うような、より高付加価値のある仕事に取り組んでいくことになる。ソフトバンクグループが目指すのは、情報革命ただ一つ。同期の桜として一緒に素晴らしい人生を過ごしましょう」とちょうど満開の桜にたとえに新入社員の門出を祝っていました。

■「倫理観」、「双方向性コミュニケーション」、「自己修正」の3つのキーワードをあなたに
新天地に飛び込み頑張っている皆さんへ、私が経営する井之上パブリックリレーションズが考えるパブリック・リレーションズ(PR)に関する3つのキーワードを贈ります。この考え方は、個人や組織体に共通する普遍的なものだと考えています。

それは倫理観に支えられた双方向性コミュニケーションと自己修正機能をベースとしたリレーションズ活動である、という考えです。

経済、政治、文化においてハイパー化するグローバリゼーションが加速するなかで、民族や文化、言語、宗教、国境を超えてステーク・ホルダー(利害関係者)とのリレーションシップ・マネジメントを実践するパブリック・リレーションズがグローバルビジネス、そしてグローバルな視点で挑戦し続ける皆さんにとっての基盤になると確信しています。

日本の組織内で繰り返される様々な不祥事は、パブリック・リレーションズが組織体に組み込まれていないことによると考えています。忖度や同調圧力などは、日本のハイコンテクスト文化に根差しているのはもはや明確です。

これからの日本社会を変革するのは若い皆さんです。3つのキーワードを頭に入れて、社会人として自らの信ずる道を進んでください。皆さんが豊かな人生を歩んでいくことができるよう心より祈っています。


投稿者 Inoue: 15:02

2018年04月02日

新年度スタート
〜今年の新入社員のタイプは「パシュート型」

皆さんこんにちは、井之上喬です。

先週は沖縄の石垣島に行っていました。
本島から400km離れた八重垣諸島にあり、長い日本列島の南西端にかくも広域にまたがる限りなく常夏の島々があることに驚きを禁じ得ませんでした。いずれも初めてのことでしたが石垣島に加えて、小浜島、西表島、竹富島、由布島などを訪ねました。

折しも、天皇皇后両陛下の沖縄訪問(3月27日?29日)とも重なり沖縄の歴史をかみしめながらの旅となりました。

東京に戻ったら既に桜は満開。今年の東京(靖国神社)の桜の満開は3月24日で、気象庁が統計をとりはじめた昭和28年(1953年)以降では、平成14年(2002年)の3月21日、平成25年(2013年)の3月22日に次ぐ3番目の早さでの満開だとのことです。

■桜前線「異状あり」
桜の季節が年々早まっているといわれます。今年は東京都心で平年より10日早く満開を迎え、花見ツアーに予約変更が殺到するなど関係者は対応に苦慮。開花時期はこの半世紀で5日ほど前倒しになっているようです。

気象庁のデータを分析すると、東京だけでなく開花時期は名古屋で6日、大阪で4日、福岡では7日も早まり、満開日もほぼ同様の傾向にあるようです。同庁担当者によると「全国的に10年で1日早くなっている」とのことです。

また、こんな懸念を語るのは九州大の伊藤久徳名誉教授(気象学)。「桜はつぼみが冬の低温にさらされて眠りから覚める休眠打破が引き金となり、春の気温上昇で一気に開花する。開花が早まっているのは地球温暖化が原因の一つ」と指摘。「さらに温暖化が進めば休眠打破が不十分になり、同じ樹でもダラダラと開花して一斉に咲かなくなる。満開の桜が楽しめなくなるかもしれない。」
入学や就職など、新生活や年度初めの風物詩として親しまれてきた桜ですが、その歳時記に異変が起きつつあるようです。

■日本生産性本部から産労総合研究所発表へ
いよいよ新年度、希望に満ちた新入社員、新入学生の姿を街のあちこちで見られるのは嬉しいものです。私の会社(井之上パブリックリレーションズ)でも新体制でスタート。パブリック・リレーションズ(PR)理論を備えた実務家集団としてコンサルテーション志向をさらに追求して参ります。

日本生産性本部は、新入社員を対象に就労意識をテーマとする調査を2003年以降実施し、その年ごとの新入社員の特徴やデータの経年変化を毎年3月に発表してきました。この時期の恒例の楽しみのひとつで、このブログでも取り上げています。昨年の新入社員のタイプはポケモンGOが大ブームだったこともあり「キャラクター捕獲ゲーム型」でした。

平成28年度の新入社員のタイプは「ドローン型」、平成27年度は「消せるボールペン型」、平成26年度は「自動ブレーキ型」といったように、時代や世相を巧みに切り取る表現を面白く感じていました。

実は、この本生産性本部が発表する「新入社員のタイプ」は残念ながら昨年で終了してしまいました。といった事情もあり今年度は、人事労務分野の情報機関である産労総合研究所の発表を紹介させていただきます。

同研究所が3月26日に発表した今年度の新入社員のタイプは、「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」。

オリンピックで金メダルを獲得した女子チームパシュート。3人が順序を入れ換えながらリンクを疾走する姿が皆さんの記憶にも残っていることと思います。今春の新入社員は、「少数の仲間同士でSNSを活用し、綿密な情報交換で協力関係を構築し、内定というゴールをめざした」といった共通点から選ばれたようです。

チームワークは勿論大事なことですが、新入社員の方々には社会人として幅広い人たちとの良好な関係性を構築していく、すなわちリレーションシップ・マネジメントの能力を高めていって欲しいと思います。

投稿者 Inoue: 16:40