相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2018年1月 | メイン

2018年02月22日

日本企業の世界ブランド価値
〜産業の新陳代謝が進まない日本の経済構造

皆さんこんにちは、井之上喬です。

平昌オリンピックでの日本勢のメダル獲得数は冬季五輪史上最多の長野オリンピックを既に上回り、連日熱い報道が続いています。それにしても金メダルに輝いた羽生選手の演技、小平選手の滑走、パシュートの健闘は圧巻でしたね。

■相変わらず自動車や電機企業が上位独占
ブランドコンサルティング会社の米インターブランドは、「日本企業のグローバルブランド価値ランキング2018」を発表しました(2/15日経産業新聞)。

首位は10年連続でトヨタ。2位にホンダ(17年は2位)、3位に日産(同4位)、9位がスバル(同10位)と自動車メーカーが、トップ10に4ブランド入る結果となりました。

4位はキヤノン(同3位)、5位がソニー(同5位)、7位にパナソニック(同7位)と電機業界からのランクイン。他は6位にMUFG(09年はベスト10外)、8位にユニクロ(同ベスト10外)、そして10位に任天堂(同ベスト10外)となりました。

ランキングの公表を始めた09年当時から自動車や電機企業が上位を占め続けています。こうした状況に対してインターブランドジャパン(東京・渋谷)の並木将仁社長は「世界と比べ、産業の新陳代謝が進まない日本の経済構造が浮き彫りになった。世界と比べ産業の広がりが狭い」と指摘しています。

■アマゾンがグーグルを抜き1位に
同じようなタイミングで英国のブランドファイナンスが、企業ブランド力を数値化したランキング「ブランドファイナンス Global 500 2018」を発表(2/1)。アマゾンが、昨年1位だったグーグルと2位のアップルを抜いて首位に輝いたと伝えています。

調査では財務やブランドが消費者の購買に与える影響などを分析し、ブランド価値を金額に換算しているとのこと。財務も重視するため、業績が好調な企業が高い評価を得る傾向があるようです(岩戸寿さん談)。

1位のアマゾンのブランド価値は昨年比42%増で、1,500億ドルを超えたとのこと。2位は昨年と同じくアップルで、3位には昨年首位だったグーグルがランクイン。5位のフェイスブックは昨年の9位から順位を上げ、昨対比45%と飛躍。

アパレル関連企業では「ナイキ(Nike)」が昨年に続いてトップとなったが、昨年の27位から40位へと順位を下げたようです。また、「H&M」は72位で「ザラ(Zara)」が82位と上位100位以内にランキング入りしたとのこと。

500位以内には「アディダス(Adidas)」103位、「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」145位、「カルティエ(Cartier)」159位、「ロレアル(L'Oréal)」161位。日本企業ではユニクロが昨年の142位から202位と大きくランクダウン。資生堂は429位だったとのこと。

近年は中国企業の躍進が目立っており、中でも「アリババ(Alibaba)」12位、「テンセント(Tencent)」21位、「ウィーチャット(WeChat)」49位、「Moutai」56位、「バイドゥ(Baidu)」57位といった企業が牽引しているようです。

中国企業はベスト100社中23社がランクイン。これに対して日本企業はトヨタの16位をトップにNTT(20位)、三菱(43位)、ホンダ(52位)、日産(68位)、そしてau(91位)の6社のみ。

世界ではアップルやグーグル、アマゾン、フェイスブックなど新しい価値を生み出す企業が上位に出現。これに比べ日本企業の世界ブランド価値では、相変わらず自動車や電機企業が上位独占し、「ブランドファイナンス Global 500 2018」では低迷しています。

グローバル市場ではブランドが競争力の一つとなっています。世界の強豪と熾烈な競争を続ける日本企業は、さらにブランド力を高め、世界で成功するためには、何よりもリレーションジップ・マネジメントをコアとするパブリック・リレーションズ(PR)の活用が必須となります。

最後に、毎年こうしたランキングをみるにつけ日本企業にはハイパー化するグローバリゼーションのなかで自らビジネスモデルを考案し、それを事業に結びつけ、新しい産業を創造するといったダイナミズムが著しくかけているのではないかと思うのです。

日本が抱える深刻な問題として、パブリック・リレーションズを駆使した新しい国家戦略の構築が求められているのではないでしょうか?

投稿者 Inoue: 15:00

2018年02月12日

アジア大学ランキング、トップテンの8位に東京大学
〜「ハイパー・グローバリゼーション」のなか教育改革は喫緊の課題に

皆さんこんにちは井之上喬です。

いよいよ平昌冬季オリンピックが開幕、選手の皆さんには悔いのないようにベストを尽くしてもらいたいものです。

暦の上では立春も過ぎましたが、北陸地方を中心とする豪雪では大きな被害が出ましたが、これ以上被害が拡大しないことを祈りたいと思います。

この時期は入学試験もピーク、受験生の皆さんの健闘を祈ります。

そんななか、英国タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(Times Higher Education、THE)が現地時間の2月6日、アジア大学ランキング2018(Asia University Rankings 2018)を発表しました。

■アジア大学ランキング発表、総合1位は3年連続でシンガポール国立大学
それによると総合1位は3年連続でシンガポール国立大学、2位は清華大学(中国)、3位北京大学(中国)、4位香港大学(香港)、5位香港科技大学(香港)、5位南洋理工大学(シンガポール)、7位香港中文大学(香港)、8位東京大学(日本)、9位ソウル大学校(韓国)、10位KAIST(韓国科学技術院)(韓国)となっており、東京大学は2017年から1位ランクを落としています。

このランキングの評価基準は、THE世界大学ランキング同様に「教育の質・学習環境(教育力)」「学生と教員の国際性」「産業界からの収入」「研究の質(研究力)」「論文被引用数(研究の影響力)」の5分野13指標。

2018年はアジア25カ国・上位350大学(2017年は24か国300大学)の結果を公表しています。

全ランキングのうち、もっとも多くの大学がランクインした国は日本で、2017年の69大学から89大学に増加、中国63大学、インド42大学などとなっています。

東京大学のほか、総合トップ100位には京都大学が11位(2017年14位)、大阪大学が28位(同32位)、東北大学が30位(同26位)でその他では東京工業大学33 位、名古屋大学35位、九州大学48位など100位以内には11大学がランクインしています。

日本の大学のランキングに関し物足りなく感じるのは私だけでしょうか?
評価基準になっている、教育力、国際性、産業界との連携など日本の大学、そして日本の教育をグローバル視点で変革する取り組みは喫緊の課題だと思います。

■世界に通用する新しい日本の教育システム構築を
文部科学省の新学習指導要領により、2020年から小学校で英語が教科化、そしてプログラミング学習が必修化されますが、時代の趨勢に合わせ、従来の「読み書きそろばん」に加え「英語とプログラミング」が次世代の子供たちに不可欠といったところでしょうか。

インターネット時代を生きるこれからの子供たちは、ソーシャルネットに代表されるコミュニケーションツールの進化や人工知能(AI)など最先端技術の進歩により、これまでに私たちが経験したことのない「ハイパー・グローバリゼーション」のなかで世界規模の競争を生きていかなければなりません。

そのような時代には、単に知識を詰め込むだけでなく、知恵を使い、知識を使いこなすことで目標を達成するための実践教育を行うことが求められます。

そのためには自分を取り巻く様々な存在との関わりの中で、知恵や知識を自由に使いこなすことでステークホルダーとのコミュニケーションを通した良好な関係構築が重要となります。

日本はその大きな流れの中で遅きに失した感さえあります。国もやっと動き出したようですがそのスピードが気になるところです。

幼児教育から中等教育、そして高等教育まで一貫した新たな日本の教育システムを構築していかないとますます世界から取り残されてしまうかもしれません。
パブリック・リレーションズ(PR)の教育はその一つのソリューションとなると考えています。

投稿者 Inoue: 10:01

2018年02月01日

日本列島を覆う強力寒気団
〜48年ぶりの都心マイナス4度

先週は日本列島を「数年に一度」の強い寒気が覆っていました。寒さが続くなか、皆さん元気にお過ごしでしょうか。

私は2016年から、1月、2月に国際教養大学(AIU:秋田県秋田市)「Practical? Public Relations」の集中講義を行っています。毎週木曜と金曜の2日間、現地に滞在しそれぞれ6教程(6時間)の教鞭を執っています。

先週は第3週の講義がありましたが、降雪のため秋田便が欠航となり、急きよ秋田新幹線で向かいました。在来線に乗り継ぎ結局、大学には午後の4時過ぎに到着。そのまま教室に入り夕刻まで講義を行いました。

時間さえ気にしなければ都会人にとって、列車から見る雪景色は格別な趣があります。秋田へ向かうこまち17号の車窓に広がる景色は、とりわけ盛岡を過ぎたあたりから雪深い白一色の世界。

特色ある国際教養大学のキャンパス(写真右:中央が筆者)も一面銀世界のなかで、幻想的な光景を楽しませてくれました。

■北海道旭川市では氷点下41度
前日25日午前6時20分に都心の最低気温は48年ぶりとなる氷点下4度まで下がったといいます。私の会社(井之上パブリックリレーションズ)の創業も、丁度48年前(1970年)で、都心の最低気温を記録した年と奇しくも重なることになります。

東京の府中市では観測史上最も低い氷点下8.4度を記録。これは、東京で観測史上気温が最も下がった約140年も前の1876年(明治9年)の氷点下9.2度に迫るものだとのこと。このほか東京都八王子市で同8度、埼玉県所沢市では同6.4度など関東各地で今シーズン一番の冷え込みとなったようです。

広い範囲で今季最強寒波となり、なかでも北海道の虻田郡喜茂別町では、氷点下31.3度と今季全国最低気温を観測したとのことです。

喜茂別町は、北海道の中西部にあり、札幌から約66キロの距離に位置し、内陸にあるため寒冷な気候で知られる土地だそうです。ちなみに日本におけるこれまでの最低温度は、1902年1月に北海道旭川市で観測された氷点下41度だそうです。

冷蔵庫の庫内の温度はどのくらいかご存知でしょうか? 各室の目安の温度範囲は、冷蔵室が約2℃?6℃、製氷室と冷凍室が約-20℃?-18℃。業務用の冷凍庫は、?20℃??30℃という温度設定が一般的だそうです。

北海道の虻田郡喜茂別町記録した氷点下31.3度は、業務用の冷凍庫の設定温度よりも低く、町民の方々は大変な経験をされたことと思います。

■雪道や凍結道路の歩き方
強い冬型の気圧配置の影響は寒さだけでなく、降雪も車や電車、空の便などの交通機関に大きな打撃を与えました。

22日の大雪の影響で、1日約98万台が利用する首都圏の「大動脈」である首都高速道路では一時、通行止め区間が全長の7割に当たる計230キロに達したといいます。路肩が狭く雪を寄せられないという首都高特有の構造もあり、除雪作業が遅れるなど雪害対策の不備を露呈しています。

気象庁によると、25日午後6時までの24時間予想降雪量は、北陸100センチ、東北と関東甲信70センチ、東海と近畿50センチなどと異例なことだったとのこと。

まだまだ路面凍結などがみられるなか、西日本の太平洋側では2月1日(木)の昼ごろにかけて、関東地方は1日の深夜から2日の午前中にかけて雪の降る地域があり、東京でも積もる可能性があるとのことです。

毎日新聞に「ビジネスパーソンの大雪対策、北国の知恵に学ぶ 」といった見出しの記事が載りました(1/22)。次の降雪の機会に、少しでも皆さんのお役にたてばと思い情報共有させていただきます。
?
・歩幅は小さく、そろそろ進む
・重心を前に置き、足の裏全体を路面につける気持ちで
・携帯電話、スマホのながら歩きは厳禁
・帽子で頭をガード
・「転ばないように」と意識する
・酒に酔って歩くのはNG
・身を縮めないように手袋、マフラーで冷気を防ぐ
・荷物はなるべく手に持たず、手ぶらで

皆さん試してみてはいかがでしょうか。

投稿者 Inoue: 18:59