相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2017年8月 | メイン | 2017年10月»

2017年09月20日

「敬老の日」に思う、65歳以上の総人口比率過去最高の約28%
〜高齢者の経験、知見そしてネットワークを活用しよう

皆さんこんにちは、井之上喬です。

日本列島をほぼ縦断する形の台風18号は各地に大きな爪痕を残しました。被災された皆さんに1日も早く、平穏な日々が戻ることをお祈りいたします。

■65歳以上の就業者数も過去最高
9月18日は「敬老の日」でした。それを前にした9月15日の厚生労働省発表によると、国内の100歳以上の高齢者は、6万7824人になったとみられるようで、昨年から2132人増え、47年連続で過去最多を更新したそうです。うち女性の比率は87.9%だそうです。

ちなみにこの統計の起点になっている1971年の100歳以上は339人だったそうですから、46年間で200倍以上と驚きの数字になっています。

そのほかの数字を拾ってみても、敬老の日を前に総務省が9月17日に発表した人口推計では、90歳以上の人口が9月15日時点で1年前より14万人増えて206万人となり初めて200万人を突破、また総人口に占める65歳以上の割合は27.7%と前年より0.5ポイント上がり、過去最高を更新しています。

報道によるとこの背景には、「医療技術が進歩し、長生きできる人が増えている。老齢人口が増えるだけでなく、個人の長寿化が目立ってきた」としています。

その一方、労働力調査によると、65歳以上の就業者数は2016年に770万人と過去最高になったそうです。総務省は高齢者の働く意欲が高いことが背景としていますが、老後資金の蓄えとともに、元気な老人が増え高齢者の就業数も増えているのではないでしょうか。

最近は、高齢者が自ら起業したり、高齢化社会に向けた異業種からの参入も含めた新しいビジネスモデルの創出に関する報道も多くみられますね。

■社会課題解決のカギはダイバーシティ
2025年には65歳以上が人口の30%を超えると推計される(総務省)超高齢化社会日本で重要なことは、如何に高齢者に生きがいのある環境を提供するかだと考えています。

今年8月17日の朝日新聞(夕刊)にも紹介されていましたが、岩手県大槌町で活動するNPO法人ソーシャルハーツの川上 誠代表は、ひとり暮らしの高齢者を対象に自立支援活動を行っています。

川上さんは以前このブログでも紹介していますが、ハイテク業界からの転職組で私が経営する会社(井之上パブリックリレーションズ)のコンサル先の元外資系企業のトップ。

ソーシャルハーツは、2013年2月以来、東日本大震災の被災地である大槌町を活動拠点に自立支援活動を継続的に行っています。

その一環として3年ほど前から脳の活性化を促し、認知症予防に効果があるといわれる数独を活用し、隔週で脳トレ「シニアハーツ教室」を地元の高齢者支援センターなど数カ所で実施、年間累計で1200人の参加者を数えています。

そして、9月9日(数独の日)には全国初の「第1回数独技能認定試験」(日本数独協会主催、NPO法人ソーシャルハーツ共催)を大槌町で開催、大槌町外からの受験者27人を含め合計107人が参加したそうです。

代表の川上さんは、ソーシャルハーツによる活動を通して、「心の復興」支援活動を大槌町で継続的に行い、そこで培った脳トレの「成功事例」を岩手県北上市や横浜市などで水平展開していきたいと語っています。

今後の活躍と活動の広がりに期待したいところです。

パブリック・リレーションズ(PR)はそれ自体社会性の高い活動です。
井之上パブリックリレーションズは、企業ミッションとして「パブリック・リレーションズを通し、平和で希望のある社会づくりをめざします」を掲げています。

今後深刻さを増す高齢化問題について、井之上パブリックリレーションズでは将来定年制の撤廃を視野に入れた人事制度のありかたも考えています。

日本は少子化、高齢化、環境問題、財政問題など多くの課題を抱えています。この難局を乗り越えるためには女性の登用、外国人の登用などダイバーシティの実現が不可欠ですが、そのなかに豊富な経験と知見、そしてネットワークを持つ元気な高齢者の登用は、AI時代の高度な社会に活力を与えるものと思うのです。

投稿者 Inoue: 14:11

2017年09月10日

スポーツの秋にうれしいニュース
〜桐生選手、陸上100mでついに10秒の壁破る!

皆さんこんにちは井之上 喬です。
9月:長月に入ってスポーツの秋はこれからが本番。身近なところでは小・中学校の運動会のシーズンでもありますね。

■東京オリンピックに向け大きな弾みに
そんな9月9日、陸上界で待望の大記録が誕生しました。
桐生祥秀選手(東洋大)がついに陸上100mで日本人として初めて9秒台の9秒98(追い風1.8m)を記録しました。本当におめでとうございます!

桐生選手と言えば、京都・洛南高校3年生の2013年織田記念国際で当時日本歴代2位の10秒01をたたき出し、9秒台に1番近い選手として注目されてきました。

希代のスプリンターは9秒台の大本命でありながら、大学進学後はケガや挫折を味わってきたことは皆さんもご存知のことと思います。最近でも、2016年夏のリオデジャネイロオリンピック100mでも日本勢でただ1人、予選落ちの憂き目をみたり、今年6月の日本選手権では4位に沈み、100mでの世界選手権代表の座も逃しています。学生時代最後の試合で、アフリカ系以外は数人だけという9秒台達成の喜びはひとしおだと思います。

多くのライバルの台頭、周りからのプレッシャーもあったことは想像に難くなく、その意味からも日本の陸上短距離界をリードしてきた桐生選手が日本人として初めて10秒の壁を破ったことは大いに称賛されます。

これをきっかけに9秒台予備軍の日本人選手もプレッシャーがほぐれ、桐生選手に続く9秒台ランナーが出てくるのではないでしょうか。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け大きな弾みになるのは確実です。

■若者よ自分の限界に挑戦しよう!
実は私もかって水泳で前回の東京オリンピックを目指していた一人でした。スポーツに取り組んでいると、様々な壁や障害に直面することが多いと思います。

挫折しそうになることも多々あると思いますが、人生で目一杯自分の限界に挑戦できる機会は若い時期に限られると思います。

苦しいことも経験すると思いますが、目的をしっかり持ち、その達成のために自らを極限状態におく体験はその後の長い人生のなかで大きな糧となるはずです。私も高校時代のスポーツ経験があってこそ現在の自分があると考えています。若者よ恐れずに自分の限界に挑戦しましょう。

9月10日の朝刊の桐生選手のうれしいニュースの一方で、パブリック・リレーションズ(PR)に携わる一人としてすこし気になる報道に関する印象もあります。

翌9月11日は、あの2001年の衝撃的な「アメリカ同時多発テロ事件」から16年、そして東日本大震災・東京電力福島第1原発事故から6年半の節目でもあります。特にアメリカの同時多発テロ事件については、いまでも様々な説が語られており真相は謎のままです。

そんな9月11日の月曜日は一斉の新聞休刊日に当たります。業界の決め事なのでしょうが、個人的には違和感があります。

9.11そして3.11を風化させてはいけないと改めて強く感じた9月10日の日曜日でした。


投稿者 Inoue: 12:16

2017年09月04日

「未来の先生展2017」から
〜国内最大級、未来の教育を描く150に及ぶセッション

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

東京都心は8月22日、8月に入って初めて雨が降らず、連続降水日数は21日間で途切れました。これは観測史上2番目の長さだったとのこと。最長期間は22日間(1977年8月6日-27日)の記録だそうです。

さて8月26日(土)と27日(日)の両日、体験型“未来の教育 ショーケース”を目指した「未来の先生展2017」がお台場にある武蔵野大学有明キャンパスで開催されました。

期間中、「公教育」や「私教育」、「国内」・「国外」の枠を超えて、教科教育からスポーツ、芸術、そして学校の枠にとらわれない21世紀型授業や国際系教育、オルタナティブ教育そしてICT、親子向けプログラムなど、未来の教育を描く150に及ぶセッションが20の教室で組まれました。内外から約2500名が参加した国内最大級のイベントには、教育実践家や関係者が集い、未来の教育について語り合う熱い2日間となりました。

会場環境を次期学習指導要領の要となる、“主体的・対話的で深い学び”を子どもから大人まで体験できるようにしつらえ、前川喜平前文部科学省事務次官も27日午後のセッションに特別ゲストとして参加。 「多様性を受け入れる学校づくり?マイノリティ当事者の声から、できることを考える」というテーマで、引きこもりや性的マイノリティ問題についてディスカッションしました。

この教育イベントには、グローバルビジネス学会(SGB)も文部科学省、武蔵野大学と共に後援に名を連ね支援。 SGB提供のセッションタイトルは、「グローバル・ローカル時代を生きる個を育む教育」(27日午前)で人材育成をテーマに私も講演・パネリストとして参加しました。

http://lamp.design-comp.info/mirai/pdf/27/global-local_katamen_0824.pdf

■幼児教育からの「絆(きずな)教育」
パブリック・リレーションズ(PR)は、いうまでもなく主体を取り巻く様々なステークホルダー(パブリック)との間のリレーションジップ・マネジメントです。

したがってその遂行においては双方向性をもつ異なった視点が求められます。これにより異なった言語、宗教・文化・歴史をもつ人々の間での相互理解が可能となるのです。多様性が求められるグローバル環境では、コミュニケーション能力を持ち、世界の人々と心の通った相互理解ベースでの交流を行うことができる、「個」の確立した人間力を有するグローバル人材の育成は不可欠なこととなります。

私は2004年からこれまでいくつかの大学・大学院でパブリック・リレーションズを教えてきましたが、高等教育からの教育では手遅れであることを痛感しています。とりわけネット社会の急速な成長によりグローバリゼーションがハイパー化するなか、パブリック・リレーションズの根幹をなす「関係づくり=絆(きずな)づくり」をベースにした教育は喫緊の課題になっています。

これまで長年にわたって、幼児教育に始まり初頭、中等教育での「絆教育」が教育現場に必要ではないか、また教師養成も含めたシステムづくりが必要ではないかと訴えてきました。

講演(写真)では、こうした視点から私が考えるパブリック・リレーションズ(PR)や「絆教育」について述べ、それがグローバルビジネス人材に不可欠な要素であることを強調しました。

このセッションの参加者(講演・パネリスト)は、「百ます計算」で有名な蔭山英男さん(陰山ラボ代表、元大阪府教育委員会委員長)や前早稲田大学総長の白井克彦さん(日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)理事長)、そしてパネルデスカッションのファシリテーターは、脇阪嘉明さん(朝日学生新聞社長)。パネルディスカッションではそれぞれ異なる専門分野を背景にパネリストによる真摯な議論が交わされたのでした。

「未来の先生展2017」の会場となった武蔵野大学有明キャンパス(写真左)は、2012年の開設。未来の日本の教育について語り合う国内最大級のイベントを実施するうえで、環境・設備とも申し分ないものでした。

写真右は、27日特別ゲストとして参加した前川喜平前文部科学省事務次官と筆者。

■コミュニケーションの基本を学ぶ絵本
前川さんにはお忙しい中、私が関係するもう一つのセッション(27日16:20?17:50)「絵本でコミュニケーションを学ぼう!」を覗いていただきました。

このセッションは、子供が他者と絆(きずな)をつくり、グローバル社会で生きていくためのコミュニケーションの基本について絵本を使って学ぶプログラム。

『リスおばあちゃんのふしぎなうた(仮題)』という絵本(サンプル版)を読み聞かせた後、セッション参加の皆さんで「仲たがいした二人が、どのようにして仲直りするか」をテーマに2コマの絵本づくりに取り組んでもらう、といったワークショップ形式のものでした。

『リスおばあちゃんのふしぎなうた』は、他者とより良い関係を構築し、最短距離で目標を達成するパブリック・リレーションズ(PR)の方法論を用いて幼児・子供向けに企画・編集された絵本です。

この絵本は、パブリック・リレーションズに欠くことのできない目的達成のための3つの要素である「倫理観」「双方向性コミュニケーション」そして「自己修正」を抱合した私が提唱する「自己修正モデル」の研究をベースに私が監修するものです。

主催者の「未来の先生展実行委員会」の委員長の宮田純也さんは早稲田大学時代の教え子。8月最週末の2日間のイベントは成功裏に無事終了したのでした。

*「未来の先生展2017」の詳細は下記ホームページをご参照ください。

http://www.mirai-sensei.org/


投稿者 Inoue: 09:11