相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2017年5月 | メイン

2017年06月21日

SDGsご存知ですか?
〜2020以降の持続可能性をグローバルな視点で考える

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

梅雨入りは早かったですが、夏のような天気が続いていますね。今年の梅雨も集中豪雨型になるのでしょうか。すこし心配です。

■世界標準のSDGs、グローバル目標は17
皆さんは「SDGs」(エスディージーズ)をご存知でしょうか。

持続可能な開発目標と日本語に訳されており、英語ではSustainable Development Goalsです。2015年9月の国連総会で採択された「我々の世界を変革する: 持続可能な開発のための2030アジェンダ」と題する成果文書で示された具体的行動指針で持続可能な開発のための17のグローバル目標と169のターゲット(達成基準)からなっています。

詳しくは国際連合広報センターのホームページを参照ください。

http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

17の目標は以下のような内容となっています。
1)貧困をなくそう
2)飢餓をゼロに
3)すべての人に保健と福祉を
4)質の高い教育をみんなに
5)ジェンダー平等を実現しよう
6)安全な水とトイレを世界中に
7)エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
8)働きがいも経済成長も
9)産業と技術革新の基盤をつくろう
10)人や国の不平等をなくそう
11)住み続けられるまちづくりを
12)つくる責任つかう責任
13)気候変動に具体的な対策を
14)海の豊かさを守ろう
15)陸の豊かさも守ろう
16)平和と公正をすべての人に
17)パートナーシップで目標を達成しよう

地球規模でのサステナブルに対する取り組みで、日本政府も2016年9月にSDGsの実施指針を定め、具体的な政策を進めることにしていますが、まだまだ日本企業の取り組みは進んでいない感じがします。

■新たな持続可能な経営と企業価値の創出に向け
CSR(企業の社会的責任)CSV(共通価値の創造)などが注目され企業価値が大きく変化している中で、世界的には中長期の投資価値の評価に非財務情報を重視する傾向が当たり前になっています。

つまりSDGsに沿った形でビジネスを展開することが、持続可能な企業経営に結び付くとともに、SDGsの目標達成に貢献し企業価値も高まるという新たなサイクルが出現しているのではないでしょうか。

サステナビリティをテーマにした国際シンポジウムは、昨年10月日経ホールで、ベネチア国際大学、早稲田大学、日本経済新聞、伊アルカンターラの共催で開催されましたが、日本企業でこの面で先行しているのが伊藤園の取り組みです。

同社常務執行役員CSR推進部長笹谷秀光氏を中心にまとめた、サステナビリティレポート2016「サステナビリティ新時代?世界課題に対応する伊藤園のCSR?」は一読するに値すると思います。

https://www.itoen.co.jp/files/user/pdf/csr/report/sustainability_report_all_2016.pdf

SDGsの目標を自社の企業活動に当てはめてみてください。何らかのつながりが見えてくるはずです。

日本中が2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みが中心になっていますが、世界の注目がこれまで以上に日本に集まる機会を活用、今こそ2020年以降に向けた世界基準での持続可能な企業経営に向けた取り組みを本格化する絶好の機会だと思います。

そして伊藤園の笹谷さんが提唱する「発信型三方良し」ではありませんが、SDGsへの取り組みそして成果をしっかりと世界に向けて情報発信するパブリック・リレーションズ(PR)力が日本企業に求められているのではないでしょうか。

投稿者 Inoue: 17:45

2017年06月12日

国税庁によるお酒の安売り規制強化がスタート
〜“町の酒屋さん”の救いになるか?

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

気象庁は先週(6/7)、四国、中国、近畿、東海、関東甲信地方が一斉に「梅雨入りしたとみられる」と発表しました。関東甲信は、昨年より2日遅い梅雨入りだそうです。

昨年、関東以北は7月29日頃に梅雨明けしたようです。これから鬱陶しい日々が続きますが、体調管理などには十分ご留意ください。

■ビールが1割程度値上がり
国税庁によるお酒の安売り規制強化が6月1日から始まりましたね。これは昨年6月3日に公布された改正酒税法に基づいたもので、採算を度外視するような過度な安売り業者に対し、酒類販売免許の取り消しなど厳しい処分を規定しています。

これには大手スーパーやディスカウント店の安値攻勢で苦しむ“町の酒屋さん”を救う狙いもあるようです。

これまでの安売りの背景には、ビール各社がスーパーなど量販店に対して支払われてきた販売奨励金(リベート)があったようですが、小売り各社はこの奨励金などを原資に赤字覚悟でビールを「目玉商品」として安く売り、集客を図っていたとのことです。

アサヒビールが発表した5月のビール類(発泡酒と第3のビールを含む)販売数量は、前年同月比で16%増加。6月のお酒の安売り規制強化を控えた駆け込み需要により、大幅に伸びたようです。同様にサッポロビールの5月の販売数量も9%増加。

規制強化から1週間経過した段階では、スーパーや量販店では安売りの“目玉商品”としていたビール類が1割程度値上がりしたといいます。

流通業界に詳しい日本経済大学の西村尚純教授は、消費者の節約志向は根強く駆け込み需要の反動減からのビール需要回復が遅れる可能性があると指摘しています。(6/8産経ニュース)

■多様化するノンアル飲料
これまで私のブログの中でノンアルコール(ノンアル)飲料について何度か触れてきました。昨年3月31日のブログでは、「ノンアル市場が大きく伸びたきっかけは、アサヒビールの『ドライゼロ』などが発売された2012年からといわれ、その後も着実に成長を続け、ビール飲料の出荷量が11年連続で減少しているのと対照的な結果・・・」と記しています。

ノンアル飲料は、もちろん「ビール」だけではありません。カクテルや清酒風味の商品も相次いで登場し、ノンアル飲料市場を広げているといいます。

サントリースピリッツの「のんある気分」には、レモンやグレープフルーツ、カシスオレンジなど9種類の定番商品があります。今年4月からは、青リンゴや白桃など果汁を使った期間限定商品も登場。いずれもカロリー・糖質が「ゼロ」で、女性を中心に人気だそうです。

また、サントリーは、昨年以降、仕事中のサラリーマンらが飲めるようにオフィス向けのノンアルビール専用自販機の設置を進め、需要の掘り起こしを図っているとのこと。

チョーヤ梅酒の「酔わないウメッシュ」は、和歌山産「南高梅」を使用。爽やかな香りを引き出した梅酒風味のノンアル飲料。月桂冠は2015年から、日本酒独特の奥深い香りや味を引き出したノンアルコールの「月桂冠NEWフリー」を販売しているようです。

ベビー用品チェーン「赤ちゃん本舗」は、多くの店舗で、妊娠や出産後の授乳期でアルコールを飲めない女性向けにノンアル飲料の販売コーナーを設けるといった異業種の動きもでてきているといいます。

こうしたノンアル飲料の新製品の登場や販路の多様化、異業種からの市場参入といった要因に加え、酒離れや健康志向の高まりを背景にノンアル市場は今後も伸長していくと見られています。

私の経営する会社(井之上パブリックリレーションズ)の新オフィスのテラスには、バーカウンターを設置し、仕事のあとのリラクゼーションでアルコールも提供していますが、このところノンアル飲料の人気が高まっているようです。

また車通勤していることもあり、日頃からノンアルビールにお世話になっています。ノンアル飲料の多様化は、私にとっても楽しみなことです。

投稿者 Inoue: 13:32

2017年06月01日

人工知能(AI)活用をブームで終わらせず実用化の加速を
〜「COMPUTEX Taipei」でも注目はAI

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

夏のような暑い日が続いていますが体調を崩したりしていませんでしょうか。
このまま夏になるとは思えませんが、春、夏、秋そして冬の日本の四季の移ろいにメリハリがなくなっているように感じます。

■天気予報の精度は格段に向上
6月1日は「気象記念日」だそうです。1875年(明治8年)6月1日、東京・赤坂に現在の気象庁の前身である日本初の気象台として東京気象台が設置され、東京で気象と地震の観測が開始されたことを記念する日です。

天気予報は私たちの身近な存在になっており、朝出かける前にテレビや新聞、オンラインの天気情報を確認して出かける方も多いのではないでしょうか。

最近の天気予報の精度は素晴らしいと思います。広域だけでなく局地的な天気の変化を的確に予想し、旅行やゴルフの準備に役立っています。

この背景には気象衛星、GPS機能、通信ネットワーク、インターネット網、画像解析、ビッグデータ解析そして最近は人工知能(AI)などの最先端技術を駆使したシステムが構築されているからだと思います。

■最先端技術展示会に見る世界のトレンド
最先端のIT技術に関しては5月30日から台湾でアジア最大級のITC関連展示会である「COMPUTEX Taipei 2017」(以下COMPUTEX)が6月3日まで、台北市にある台北貿易センター(TWTC)、台北国際会議センター(TICC)、台北南港国際展示場(TWTC Nangang)などで開催されています。

写真:オープニング・セレモニー(上)と賑わいを見せる会場(下)


COMPUTEXの出展社は1600社以上、出展小間数が約5000、来場者数が約13万人という規模で、「AI&ロボティクス」「IoTアプリケーション」「イノベーション&スタートアップ」「ビジネスソリューション」そして新設の「ゲーミング&VR」の5テーマをメインに最新の製品・サービスが展示されています。

今年から私が経営する会社(井之上パブリックリレーションズ)がCOMPUTEXの日本市場向けパブリック・リレーションズ(PR)業務を担当しており、弊社の担当者も会期中、日本から取材に現地に飛んでいるメディアの方々のサポートのために出張しています。

■多くのスタートアップ企業が出展
台北からの報告によると今年のCOMPUTEXの特徴は、AI、IoT(モノのインターネット)、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)などの最先端技術とそれに関連する多くのスタートアップ、ベンチャー企業の出展がみられ、主催者側は新しいビジネス創出に向けたビジネスマッチングが大きな目玉、と発表しています。

事実、出展社1610社のうちスタートアップ企業は272社(主催者発表)に上り、イノベーションとスタートアップにフォーカスした「InnoVEXエリア」は若きエンジニア、若き経営者そしてベンチャーキャピタル関係者などで大変な賑わいだったようです。

その姿は米国シリコンバレーを想起させ、COMPUTEXがアジア版シリコンバレーの起点になるのではと感じるような熱気に満ち溢れていたようです。

■AIの活用で新規ビジネス創出と社会課題の解決を
COMPUTEXでは、第3次AIブームと言われ私たちの身近なところでも実用化が進んでいるAI技術に関しては、IBM、マイクロソフト、Google、アマゾンなどから産業、医療、自動運転、農業など様々な分野での応用例と今後の取り組みが会場内で発表されていたとのこと。

AIの応用で面白いと思うのが農業分野ですね。すでにさまざまな取り組みが進んでいますが、私が思い描く日本の農業の近未来の姿としては、最新の気象情報データを解析し、その年の日照時間、気温の変化などを予測し最適な作物と収穫量を計画する。

そしてドローンによる土壌の解析と肥料の散布、自動運転トラクターによる耕作と収穫ロボットの活用、自動化された集荷、選別を経て最適な時期に世界に出荷する。

この一連の流れにより日本の農業の特徴である安全、安心の農産物が安定的に供給され世界規模で競争力を持つ、日本農業の「産業化」が実現するのではないでしょうか。

政府の成長戦略の中でも、農業の6次産業化が重要課題の1つになっていますが日本の農業の高度化にはAIをはじめとする最先端技術を早急に導入することと産業化が必要だと思います。

農業の産業化は今後予想される世界規模での人口増加、それにともなう食糧の安定確保の面からも重要だと思います。

パブリック・リレーションズ(PR)の仕事を通じ、スタートアップ、ベンチャー企業をはじめとする優れた技術を世界に向けて情報発信、そして企業規模を問わない最適なビジネスマッチングによる新しいビジネスの創出こそが、世界的が抱えるさまざまな社会的課題を解決する1つの方向性だと考えています。

投稿者 Inoue: 20:42