相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2017年4月 | メイン | 2017年6月»

2017年05月22日

4月、訪日客単月で最多257万人、
〜爆買いから「コト消費」への傾向が顕著に

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

GWも終わり、一気に夏の到来を思わせるような暑さが続きますが、皆さん熱中症にはお気をつけください。

先日、「4月に日本を訪れた外国人観光客が単月としては過去最高となる257万人に上った」と、日本経済新聞(5/18夕刊)の一面で報じられていました。

■日本人には当たり前のことが観光資源に
「コト消費」の拡大やクルーズ船の寄港数の増加などが寄与し、前年同月比で23・9%増え、訪日客単月で過去最多の257万人を示したと同紙は伝えています。

国・地域別では、韓国が55万人と前年同月比で56・8%増えたほか、香港が20万人と64・6%の伸び。台湾など13の国・地域で訪日客数が過去最高を記録したといいます。

昨年は3月中だったイースター休暇が4月に移行し旅行客を押し上げたほか、大型クルーズ船や格安航空の利用が増えたのが要因だと報じています。

観光目的としては、中国人観光客の買い物「爆買い」中心だった従来の傾向から、「コト消費」へのシフトが観光客の増加をけん引しているようです。

「コト消費」とは体験を楽しむことを重視する消費を指します。具体的には遊園地や音楽ライブなどのレジャー、着物体験や農業体験などがあるようです。

例えばアジアの人々の人気を集めるのは雪。小説や映画でしか雪を知らず、あこがれを持つ人が多いようです。

日本の美容院も丁寧な接客が好評を得ているとのこと。イチゴ狩りやお花見などその人気の要因を探ってみると、日本人にとっては当たり前のことが思いがけなく観光資源にもなり得ることに気づきます。

■「次世代インバウンド」への対応
財務省の国際収支統計によると、外国人が日本で使うお金を示す1?3月の旅行収支の受け取り分は8874億円。四半期ベースでは最高を更新しているとのこと。

中国人の爆買い縮小で1人当たりの消費単価は低下傾向にあるものの、観光客数の拡大で消費総額は伸びているようです。

観光庁によると、2016年の訪日外国人旅行者の総消費額は15年比7・8%増の3兆7476億円と過去最高だったものの、1人当たり旅行支出は15万5896円と同11・5%減ったといいます。

中国人客らが家電などを大量購入する「爆買い」は、国境を越えたインターネット通販の発達などで沈静化した影響とみられています。

政府はこのように経済波及効果が大きい観光の振興を成長戦略と位置づけ、東京五輪が開かれる20年の訪日外国人客数を現在の約7割増の4千万人、30年には6千万人を目指しています。

しかし、観光大国への道のりはまだ遠いようです。世界最大の観光客数を誇るフランスは6600万人の人口に対して、1年間で約1・3倍にあたる8400万人が訪れるといいます。

日本では訪日外国人客は人口比で約2割にすぎず、世界順位も16年5月時点で16位にとどまっています。

訪問先も多様化しモノからコトへと変化する「次世代インバウンド」。人口減による経済の衰退が避けられない状況の中で、日本を「丸ごと観光資源化」するための更なる工夫と強化が求められています。

増え続ける訪日旅行者と多様化する国内訪問先との双方向性コミュニケーションがますます重要になってきます。こうした分野でも、私たちパブリック・リレーションズ(PR)の専門家への役割が期待されいます。

投稿者 Inoue: 10:48

2017年05月11日

Appleが時価総額で過去最高を更新
〜中国勢も躍進でAIなどに積極投資

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

長かったGWが終わりましたが、ギヤをビジネスモードに切り替えられない方も多いのではないでしょうか?

そんなGW明けの5月8日の日経平均株価が年初来高値を更新し1万9895円を記録しました。

その要因としてはフランス大統領選挙でマクロン氏が勝利し、市場で懸念されていた欧州の地政学的リスクがひとまず回避されたことに、先行きの円安期待も加わり機関投資家が日本株に対し買いを入れてきた、と分析するアナリストが多かったようです。

■iPhone発売10年の節目に記録更新
そんななか米国時間の5月8日にApple(アップル)の時価総額が、株式市場開始時点で7767億ドルと株式公開企業として過去最高記録を更新したとのニュースが飛び込んできました。

The Wall Street Journalによると、Appleの時価総額は2015年2月に記録した7747億ドルが最高だったそうですが、これを上回ったことになります。

2017年はAppleが「iPhone」を発売して10年目を迎えますが、それを記念して9月にも発売されると噂されている「iPhone 8」への期待をますます大きくする効果もありますね。

4月末の世界の時価総額ランキングを見てみますと、1位がAppleで7536億ドル(1位、カッコ内のランキングは前月)、2位がGoogleの持ち株会社であるAlphabetで6327億ドル(2位)、3位はMicrosoftで5285億ドル(3位)、4位はAmazon.comの4421億ドル(4位)で上位4社の順位に変動はありませんが、5位にFacebookが前月の6位からワンランクアップし4342億ドル、6位に7位からアップしたExxon Mobilで3385億ドル、7位には8位からアップのJohnson & Johnsonが3350億ドル、8位には5位からダウンのBerkshire Hathawayが3234億ドル、9位にはJPMorgan Chaseが3107億ドル(9位)とアメリカ勢がランクインしていますが、10位には中国のテンセント・ホールディング(Tencent Holding)が2969億ドルで前月の11位からランクアップしトップテン入りしています。

テンセントは日本では馴染みがあまりないかもせれませんが、モバイルチャットアプリ「WeChat」を運営、アクティブユーザー数は何と8億8900万人を超えているほか、電子商取引事業、ゲームなどを展開し急成長しています。

11位には12位からアップした中国のアリババ・グループ・ホールディング(Alibaba Group Holding)が2857億ドル、12位には14位からランクアップの韓国サムスン電子(Samsung Electronics)が2744億ドルで続いており、中国企業の躍進が目立ちます。

50位以内の中国企業を見ても、15位(16位)に中国工商銀行(Industrial and Commercial Bank of China)2455億ドル、22位(20位)に香港のチャイナ・モバイル(China Mobile)2183億ドル、24位(26位)に中国建設銀行(China Construction Bank)2031億ドル、
28位(38位)中国銀行(Bank of China)1915億ドル、48位(48位)中国農業銀行(Agricultural Bank of China)1555億ドルと50位以内に中国・香港企業は7社がランクインしています。

■世界の時価総額ランキングで日本は唯一トヨタが44位
日本企業はと言えば、44位に前月からワンランクダウンしたトヨタ自動車が1642億ドルで唯一ランクインしているにとどまっています。

アジア勢の中でも中国企業の躍進が目立ちますが、時価総額の拡大を背景に注目の人工知能(AI)分野への取り組み強化にも動いています。

中国が国家戦略として注力している最先端、最重要分野の1つとして半導体などと並び人工知能を挙げていますが、それに呼応する形で前述のテンセントは、米国シアトルにAI研究所を開設することを表明、豊富な資金力をバックに優秀な人材確保に積極的に動いています。

AIは今後、さまざまな産業分野で大変革をもたらすと期待されていますが、これまでは欧米企業そして日本企業がリードしていました。しかし、国を挙げて中国が本気に乗り出した今、従来の勢力図がどうなるかは予断を許さない状況になっていると言えます。

私も4月に中国を訪問、テンセントやアリババグループ企業など、最先端を行く中国のインターネット企業や大学の関係者と話しをする機会を得ましたが、そのスピード感には圧倒され正直驚きました。

これまでもパブリック・リレーションズ(PR)を通じ欧米の最先端のビジネスモデルを展開する多くの企業と仕事を一緒にしましたが、投資判断、意思決定の速さはいままで経験したことのないスピード感でした。

日本はこれまでにも半導体などハイテク分野で、韓国や台湾企業の追い上げを受け結果的に地位を失ってきた痛い歴史を経験しています。

大きな可能性をもつAI分野などの最先端技術分野でも、同じ轍を踏まないように、日本企業、そして国の最先端技術開発に関する明確な戦略と人材を含めた投資戦略が世界的な視点で問われているのではないでしょうか。

パブリック・リレーションズは外部環境をいちはやく読みとり、戦略構築によって様々なステークホルダーとのリレーションシップ・マネジメントを通し最短で目標達成を実現する手法です。日本の大企業にはパブリック・リレーションズの一日も早い本格的導入が急がれています。

投稿者 Inoue: 10:13

2017年05月02日

歳時記
〜新茶シーズン到来!

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

ゴールデン・ウイークの最中ですが、毎年この時期に連想させるものの一つに新茶がありますね。

「夏も近づく八十八夜?」ではじまるこの歌は、立春から数えて88日目に当たる八十八夜(今年は5月2日)に茶摘みをする光景を歌っています。

「走り新茶」や「大走り新茶」と呼ばれる新茶は、5月2日よりもずっと早い3月中旬に摘まれ、煎茶の市場ではプレミアム感が増すようです。

では、日本で一番早く新茶がとれるのはどこかご存知ですか? 

■新茶前線と桜前線
エキサイトニュースによると茶の樹は亜熱帯原産のため、世界的にみても赤道をはさんで北緯45度から南緯45度の間で栽培され、日本では桜前線と同じように日本列島の南の暖かい地域から北へ、新茶前線は駆け抜けていくとのことです。

意外かもしれませんが日本で一番早い走り新茶の産地は沖縄県北部の国頭村奥で生産される新茶だそうです。

沖縄以外にも走り新茶の産地としては、鹿児島県の種子島や屋久島のお茶も多く見かけます。ちなみに、日本で商業的にお茶の栽培をしている北限地域は日本海側で新潟県村上市(村上茶)、太平洋岸では宮城県石巻市(桃生茶)といわれています。

新茶初取引は4月11日の鹿児島を皮切りに、宮崎、静岡と続き、八十八夜のゴールデン・ウイークごろにかけてピークを迎えます。摘みたてのフレッシュな新茶が市場に出回り、店頭やオンライン販売でも購入できるようになります。新茶販売会やイベントなどが各地で行われるのも、この時期の楽しみの一つといえます。

熟成してまろやかになったお茶も美味しいですが、この時期だけの、ワインでいうところのボジョレー・ヌーヴォーに例えられる摘みたてのエネルギー溢れる新茶を味わってみてはいかがでしょうか。

■茶寿は108歳
先日(4月24日)の静岡新聞に「新茶初取引、史上最高値108万円」の見出しの記事が掲載されていました。

静岡茶市場で4月24日に行われた新茶初取引で、単価としては史上最高値の1キロ当たり108万円の商談が成立したという内容。富士宮市のJA富士宮茶業委員会が、わせ品種の「さえみどり」を手摘みし、手もみで仕上げて1キロ限定で出荷したものです。

初取引では例年、手もみ茶は出ず、機械でもんだ茶に「八十八夜」にかけて1キロ当たり8万8千円、8万8800円などの最高値をつけていたようです。
市内の生産者でつくるJA富士宮茶業委員会が、初取引に向けて昨年から準備を進め、108歳を表す「茶寿」にちなんで希望価格を108万円で上場したとのこと。

一方、機械でもんだ茶は、静岡市清水区の両河内茶業会の茶が1キロ当たり8万8800円で、38年連続で最高値がついたと報じられています。

古代中国の書物「神農本草」には、農業を司る神農が1日百草を噛んでみて72の毒に当たったけれど、茶を飲んで毒を消したという逸話が書かれているそうです。現在でも「ストレス」や「不眠」効果などさまざまな緑茶パワーが紹介されています。

江戸時代の代表的な俳人のひとり、小林一茶(1763-1828年)は、生涯で2万句も詠んだともいわていますが、お茶を詠んだ句も多く、150句ほどあるそうです。

その中の一つが、「新茶の香 真昼の眠気 転じたり」。
新茶の良い香りに昼間の眠気がすっきり目覚めてしまった、といった意味合いでしょうか。

日頃からパブリック・リレーションズ(PR)の業務で多忙な時間を過ごしている私たちにとって、新茶を一服する余裕が欲しいものですね。


投稿者 Inoue: 16:06