相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2017年3月 | メイン | 2017年5月»

2017年04月22日

第3次AIブーム、私たちも脳を鍛えよう
〜注目される、岩手県大槌町から誕生した『じぃじとばぁば ようこそ数独!』

皆さんこんにちは井之上喬です。

東京は桜のピークが過ぎたかと思えば、一気に夏日になるなど相変わらず気候の変化が激しいですね。

慣れない新生活で体調を崩してはいませんか。その日の体調、気温などに柔軟に対応しGWを迎えたいものです。

最近、新聞、雑誌やテレビ、オンラインニュースでもAI(人工知能:Artificial Intelligence)を取り上げる機会が急激に増え、街なかの広告でもAIの文字を普通に目にするようになっていますが、今回は現在進行中の第3次AIブームについてお話ししたいと思います。

■AIとは?そしてどう付き合っていくか
これまでのAIブームを辿ってみますと、第1次AIブームが1950?60年代と言われパズルや簡単なゲームは解けたが実用性には程遠い状態でした。

続く1980年代の第2次AIブームは、専門家の知識をコンピュータにルールとして教え込み、問題解決するエキスパートシステムの研究が中心でした。私のAIとの出会いはちょうどこの時期80年初頭に米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)人工知能研究所のシーモア・パパート博士と当時の教育用AI言語LOGOの開発に関わった時のことでした。しかしこの当時も応用範囲が限定されブームは徐々にしぼんでいきました。

そして2013年ごろから始まった第3次AIブームでは、先進的な「機械学習」の実用化が注目され、コンピュータに大量のデータを学習させ、人間のように音声や画像を認識したり最適な判断が可能となるなど技術進歩によりブームは本格的なものになっておりAIは一気に私たちの身近な存在となっています。

いまや機械学習は検索エンジン、医療診断、市場予測、音声認識や文字認識、ゲーム、ロボットなど幅広い分野に応用されています。さまざまなAIの専門書、解説書も出版されていますので興味のある方はGWに読んでみてはいかがでしょうか。

AIの進化を印象付けた出来事に、AIソフトが囲碁、将棋の世界トップクラスの棋士を次々に破っている現実があります。

そのようななかで羽生善治三冠(王位、王座、棋聖)の年頭の日経ビジネスの対談記事が印象に残っていますので紹介します。

「将棋の世界では、AIが新しい発想やアイデアのきっかけになるということがすでに起こっているんですよ。今、膨大な数のソフトが日々、対戦しているのですが、その中から創造的な作戦や戦法とかが生まれているんです」とのこと。

そしてAIと人間の関係については「人間がより賢くなるためにAIの力を使うことが出ればすごくいいなと。AIを脅威に感じている人も多くいるでしょうが、そう考えれば怖くなくなるかもしれませんね」と結んでいます。

将棋の世界ではAI世代ともいわれる若手棋士が活躍していますが、その一番手が史上最年少でプロになった藤井聡太四段でしょう。プロデビュー以来13連勝と記録更新していますが、ついに羽生さんとの対局が実現しますね(4月23日放映:Abema TV)。

■自分の脳の活性化を図ろう
人間の脳のメカニズムについては、いまだに解明されていない領域が圧倒的に多いと言われていますが、実際、私たちは人の脳が持つ能力の10%も使っていないと言われています。

いま脳を活性化する様々な取り組みがなされていますが、東北でのある興味深い活動をご紹介します。

これは日本数独協会( http://sudokujapan.com/ )と株式会社ニコリ、そしてNPO法人ソーシャルハーツ(川上 誠代表)の取り組みで、4月20日に高齢者の認知症一次予防および生涯学習を目的とした数独問題集である 『じぃじとばぁば ようこそ数独!』が株式会社ニコリから出版されました。

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県大槌町で、高齢者の認知症一次予防および生涯学習に取り組むNPO法人ソーシャルハーツと数独協会、ニコリなど3者が連携し高齢者にも分かりやすい数独書籍が誕生したのです。

本書の売上の2%は、被災地の復興支援として岩手県大槌町に寄付されるとのことです。

また今後は、岩手県大槌町での取り組みをモデルケースとして、生涯学習への数独活用を全国各地へ展開したいとのこと、あわせて、2017年5月にも大槌町で「数独認定試験」を開催し全国各地へ展開することで、数独を通じた高齢者の生涯学習支援を進めていきたいとのプランを持っているようです。

パブリック・リレーションズ(PR)は日々新たな出会いの連続です、個人的にも脳の活性化を促進しAI時代の最新技術とこれまでの知見を駆使したPRコンサルテーションを行っていきたいと思っています。

投稿者 Inoue: 08:28

2017年04月14日

国内人口、2053年に1億人割れ(厚労省推計)
〜高齢化が進み「騎馬戦型」から「肩車型」に

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は10日、長期的な日本の人口を予測した「将来推計人口」を公表しました。

一人の女性が生む子供の数が今と変わらないとした場合、2053年に国内人口は1億人を割り、65年には15年比3割減の8,808万人になると予測しています。65歳以上の高齢者の人口は3,387万人から50年後に3,381万人とほぼ横ばいですが、全人口に占める割合は26.6%から38.4%に高まり、人口の5人に2人が高齢者となります。

■全国で15万床以上の入院ベッドを削減
現在の日本は20歳から64歳までの人たちが2.1人で一人の高齢者を支えており、「騎馬戦型」の社会といわれています。少子高齢化の進展で、65年には1.2人で高齢者一人を支える「肩車型」になるといいます。

一方で2025年の医療の提供体制を示す「地域医療構想」が各都道府県でまとまり公表されました。4月2日(日)の朝日新聞(朝刊)1面トップ記事として紹介されましたので、多くの方が注目されたかと思います。

「地域医療構想」では全国で計15万床以上の入院ベッドを減らす計画が示されました。医療費負担を減らすため入院患者を在宅医療に移す流れを受けたものですが、全国で1割以上の削減が必要だとしています。

また、団塊の世代がすべて75歳以上になって高齢化がピークを迎える25年時点で必要となる入院ベッド数が示されています。その結果を集計すると、計約119万床となったとのこと。13年に出された予測値、約135万床に比べ15万6千床余り少ない結果となっています。

これまでも、このブログで「2025年問題」について触れてきましたが、人口に占める75歳以上の割合は15年の12.8%から25年には18.1%と急増し、2,179万人になると推計されています。

政府にとって入院ベッドを削減せざるを得ない背景として、年間40兆円を超える国民医療費のうち4割を占める入院費を減らすことは大きな課題となっているとしています。政府は18年度の診療報酬改定でも入院患者を在宅医療に移す流れを促していく方針とのこと。

こうした一連の流れが「医療難民」、「介護難民」といった言葉を生み出し、国民生活に暗い影を落しています。

■「姥捨て山」とならないために?
先日(4/12)、医師で老年学分野の第一人者でもある高齢社会街づくり研究所代表を務める岩尾聡士教授が日本記者クラブの催す「チェンジ・メーカーズに聞く」の講師として招かれました。岩尾教授が提唱する「IWAOモデル」については、このブログでも何度か紹介してきました。

この講演で岩尾教授は、「日本は世界に類を見ない超高齢社会を迎えようとしている。こうした中で、医療・介護の効率化と質的向上を目的に地域レベルで介護と医療をシームレスに統合する「IWAOモデル」は、有効なソリューションとなる」と熱く語っています。

その際の映像がYouTubeにアップされ、日本記者クラブのHPトップページから視聴することができます。

日本社会が抱える超高齢化社会の問題点について、どのような対応が求められているのか、そして「IWAOモデル」が、何故有効なソリューションとなりうるのかなど、岩尾教授の生のプレゼンテーションを視聴いただき、是非、皆さんと情報共有ができればと思います。


https://www.jnpc.or.jp/archive/conferences/34812/report
?

確実に訪れる超高齢化社会は、「姥捨て山」となるのか?このような近未来予測を日本社会における危機管理のイッシューマネジメントとして捉え、私たちパブリック・リレーションズ(PR)の専門家は、それぞれの視点からこの問題に対するソリューションを真剣に考えていくべき時を迎えています。

【追記】
岩尾教授は大学時代、アマチュアボクサーとしてバルセロナ・オリンピックを目指していたそうです。選手としてオリンピックには行けなかったのですが、先日、大阪で開かれた日本アマチュアボクシング連盟の医事委員会で東京オリンピックのドクターに選任され、医師として参加することになり、大変喜んでいるとのことです。

投稿者 Inoue: 18:08

2017年04月04日

新年度スタート
〜今年の新入社員は「キャラクター捕獲ゲーム型」

皆さんこんにちは井之上 喬です。

井之上パブリックリレーションズ本社近くにある新宿御苑の桜が見ごろになってきました。
4月に入り大型バスで多くの海外からの観光客が苑内に入る姿を見ることが多くなりました。

是非、日本の自然や文化の素晴らしさに触れて、良い思い出をもってもらいたいものです。

■新入社員の特徴にみる時代の流れ
4月1日は日本では新年度の始まり。節目の時になっています。
希望に満ちた新入社員、新入学生の姿を街のあちこちで見られるのは嬉しいものです。

この時期の恒例になっていますが公益財団法人日本生産性本部が平成 29 年度の新入社員の特徴を発表しました。今年の新入社員のタイプは「キャラクター捕獲ゲーム型」だそうです。昨年大ヒットした任天堂のゲーム「ポケモンGO」型ということになるのでしょうか。

プレスリリースの解説を紹介しますと「キャラクター(就職先)は数多くあり、比較的容易に捕獲(内定)出来たようだ。一方で、レアキャラ(優良企業)を捕まえるのはやはり難しい。すばやく(採用活動の前倒し)捕獲するためにはネット・SNS を駆使して 情報収集し、スマホを片手に東奔西走しなければならない。」としています。

そして、「必死になりすぎてうっかり危険地帯(ブラック企業)に入らぬように注意が必要だ。はじめは熱中して取り組むが、飽きやすい傾向も(早期離職)。モチベー ションを維持するためにも新しいイベントを準備して、飽きさせぬような注意が必要(やりがい、目標の提供)」とのこと。

昨今の若者気質をうまくとらえるとともに、世相をわかりやすく反映していますね。

日本生産性本部の発表を続けて紹介すると、「コンピュータゲームといえばインドアのものだが、昨夏はスマホ片手に外に出て歩き回るゲー ムが大流行した。採用が増え、氷河期から売り手市場へと変化しても、就職活動は学生にとって 大きな負担だ。リクルートスーツを着てスマホで情報収集しながら説明会から説明会へ、インターンシップからインターンシップへと歩き回る姿は、このゲームに熱中した人々の姿を思い起こさせる」とあり、なるほどと思わせました。

また「レアキャラ(優良企業)を探し求める情報収集能力と、どこへでも出向くフットワークのよさを是非仕事でも発揮してほしい。」とアクティブさが期待されています。

そして、「ただし、このゲームは電池や通信量がかさむのでやりすぎに は注意が必要だ(ワークライフバランス)。世界中で取り組まれたこのゲームのように、ボーダー レスに世界を股にかけて活躍して欲しい」とグローバル人材への期待がにじみ出たものになっています。

この調査をまとめた方も相当ポケモンGOをやりこんでいるのではと推察されました。

■パブリック・リレーションズの視点がより重要に
この調査は昭和48年に開始されていますがその年の新入社員は「パンダ型」(おとなしくかわいいが、人になつかず世話が大変)だったそうです。(平成14年までは現代コミュニケーション・センターが命名・発表)

その後の特徴をいくつか拾ってみますと、「ムーミン型」「たいやきクン型」「テレフォンカード型」「バーコード型」「四コママンガ型」「形態安定シャツ型」「ブログ型」「ETC型」と続き、最近は「ロボット掃除機型」「自動ブレーキ型」「消せるボールペン型」そして昨年の「ドローン型」と続いています。

各年の新入社員の特徴に関するコメントが絶妙なので是非、ホームページにアクセスしてみてはいかがでしょうか。http://www.jpc-net.jp/

井之上パブリックリレーションズも4月から日本を含む3か国から新しい社員を迎えます。トランプ大統領の登場、英国のEU離脱など、世界はハイパー化したグロ―バリゼーション時代を迎え混とんとしています。

このような時代にこそ、『倫理観』に支えられた『双方向性コミュニケーション』と『自己修正』をベースとしたリレーションシップ・マネジメントを実践する、パブリック・リレーションズが不可欠だと確信しています。

新入社員の皆さんには、グローバルなパブリック・リレーションズの視点をもって皆さんが持つ能力を存分に発揮してもらいたいと思っています。

投稿者 Inoue: 10:51