相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2017年2月 | メイン | 2017年4月»

2017年03月22日

海外が注目する日本の桜前線
〜桜はリレーションシップ・マネジメントのキーワード

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

昨日(3/21)、靖国神社(東京・千代田)の標本木(ソメイヨシノ)で5輪以上の開花が確認され、気象庁から開花宣言がでました。これは平年より5日早く、昨年と同日だったとのこと。また、約1週間後に満開になる見込みとのことです。

私の経営する会社(株式会社井之上パブリックリレーションズ)では、新宿御苑に近接していることもあって御苑でのお花見は恒例行事化していて、社員の楽しみにもなっています。

昨年のお花見は3月31日に催し、丁度、満開時と重なり春爛漫の風情を満喫できました。今年の予定は4月7日。ソメイヨシノの見頃から外れるものの、園内には約65種1100本の桜が植栽され、2月のカンザクラから4月下旬のカスミザクラまで、長い期間にわたって桜を愛でることができます。

今年も首相主催で、皇族や各国駐日大使、衆参両院議長、特別招待者ら約1万人を招待する「桜を見る会」は新宿御苑で4月15日に開催されます。長い期間にわたって桜を愛でることができる新宿御苑ならではのイベントともいえますね。

■対象は「今、日本に興味がある外国人」
皆さんは、japan-guide.comを閲覧したことがありますでしょうか。日本の旅行情報や生活、文化情報を集約した世界No.1の訪日外国人向け日本情報ポータルサイトといわれ、毎月およそ160万人のユーザーが訪れるそうです。

実際、数カ月以内に訪日旅行を予定している外国人の方をはじめ、日本に興味があり、まだ予定はないがいつか日本を訪れたいと考える外国人などが主な閲覧者だとのこと。

また文化面に関しても、日本の伝統芸能からポップカルチャーまで網羅しているため日本文化に興味のある学生も集っているといいます。「今、日本に興味がある外国人」が集まる総合日本情報サイトといっても過言ではないようです。

なかでもjapan-guide.comの名物企画は「桜リポート(Cherry Blossom Reports)」で2009年にスタートし、今年で9シーズン目を迎えます。

「この桜リポート」は、このサイトを運営するエクスポート・ジャパン株式会社(本社:大阪市中央区)の複数社員が同時に全国各地でさくら情報を取材し、毎日リポートをアップデートしているとのこと。その情報量はかなりのもので、外国から日本のお花見を楽しみにやってくる観光客のために、最新の生情報を伝えることを最大の使命としているようです。

今や、「桜」人気は世界に拡がっています。海外旅行などでタイミングが合えば外国でお花見を楽しむのも一興かと思い、世界の桜名所5選を紹介しましょう。

■日本から世界へ! 海外の桜の名所5選
先ずは、皆さん良くご存知のワシントンDCポトマック川の入江「タイダルベイスン」の桜並木で、日米友好の証として知られています。20日には、毎年恒例の「全米桜祭り」もはじまり、期間中には100万人を超える人出も予想されているようです。

カナダの桜といえばバンクーバーが有名ですが、トロントのハイパークにも見事な桜並木があるようです。桜の時期には日本の花見と同じように、地元市民の方々が桜の下でピクニックを楽しむ光景がそこかしこで見られるとのこと。

スゥエーデンでストックホルム市民の憩いの場となっているのが「王立公園」。冬場に大人気の園内のスケート場の氷が溶けると、次のお楽しみは日本から送られた桜観賞のようです。王立公園はとても小さな公園ですが、スウェーデン王立オペラも近く、周囲にはカフェや桜の木や噴水や彫刻などが並び花見客を誘っているとのこと。

アジア地域では先ず、阿里山(台湾、嘉義県)。阿里山は、台湾の中部エリアにある石水山、尖山、大塔山、小塔山など18の山々から成る国定公園。台湾山桜のほかに、ソメイヨシノやチシマザクラ、オオシマザクラなど、さまざまな品種の桜の彩が魅力だとのこと。

そして最後に紹介する桜の名所が、汝矣島公園(韓国、ソウル)。ソウルの中心地にある汝矣島公園には、約2キロに渡って1600本の桜が並びます。4月上旬に開催される桜祭りは、ショーやパフォーマンスなどが盛大に催され、600万人以上の花見客が訪れる一大イベントとなっているとのこと。

このようにグローバルな広がりを持ち、人気も高い「桜」は、日本と世界の国々や都市を繋ぐリレーションシップ・マネジメントのキーワードの一つとして、重要な役割を担っているようです。

ところで西日本では知られていますが、積善山(せきぜんざん)三千本桜で有名な愛媛県上島町岩城島「いわぎ桜まつり」が4月2日?9日で開催されます。3千本を超える桜並木がふもとから山頂まで天女の羽衣のように続き、さまざまな桜は山頂への山道沿いで人々を楽しませてくれます。

岩城の桜は東日本の人にはほとんど馴染みがありませんが、亡き母の郷里弓削島から2つ隣の島で、島全体に1万数千本の桜があるといわれています。今年は時間を作って岩城島の桜を楽しみたいと思います。

投稿者 Inoue: 20:59

2017年03月11日

東日本大震災、福島第一原発事故から6年
〜課題先進国Japanの役割を再認識する

皆さんこんにちは、井之上喬です。

今日は3月11日、東日本大震災そして東京電力福島第一原子力発電所事故の発生から6年になりました。

震災当日、ちょうど私は東京のオフィスの会議室で外国からの訪問客を迎えていました。突然の激しい揺れで、とっさに驚いた客人をテーブルの下にもぐるように叫んだことを今でも鮮明に覚えています。

警察庁のまとめでは、3月10日現在で東日本大震災による死亡が確認された方は12都道県で1万5893人、行方不明者は6県合わせて2553人。今でも行方不明になった家族を探し続ける人々の姿が報道されるたびに心が痛みます。

■まだ道半ばの復興
復興庁によると2月13日時点で避難生活を余儀なくされている方々はまだ12万3168人もいらっしゃるとのことです。

また、大震災発生から2016年9月末までに避難生活による体調の悪化などで亡くなった「震災関連死」と認定された人は10都県で少なくとも3523人になっていると発表しています。

そして津波などで自宅などを失い、自力で再建できない人のための災害公営住宅の建設は今年1月末現在で78%が完成したものの、22%は未完成とのこと。

かさ上げ工事などによる住宅用地の整備では、岩手、宮城、福島3県合わせて計画の60%にとどまっているとのことで、6年経ったものの復興はまだまだ道半ばといった感じがします。

東京電力福島第一原子力発電所事故があった福島県では、4月初めにかけて帰還困難区域を除く多くの地域で、避難指示が一斉に解除されますが、報道を見ると放射線への不安、生活基盤の整備の遅れなどから、帰還を希望しない住民も多数いるとのこと。

いまだ汚染水漏れ対策や廃炉問題など遅々として進まない多くの課題を抱えており、これからも想像を絶する時間がかかりそうな気がします。

■日本の体験を世界に伝える
2011年3月11日に起こった歴史上類を見ない大災害の経験と現在を、私たち日本人は世界に向けて情報発信し続けなければならないと思います。

また、この東日本大震災は、私たちに世界はグローバルに繋がっていることを示してくれた出来事でもありました。翌年春に設立されたグローバルビジネス学会は、こうした背景の中でスタートしたのです。

今でも続く世界の多くの国々や人々から受けた温かい支援や励ましに応えなければなりません。

この地球では、環境問題、エネルギー問題、人口問題などさまざまな問題が噴出し、これらの課題をどう解決していくかまさに人類の英知が求められています。

そのなかで日本は、超高齢化社会、環境問題と省エネ、原発問題などなど課題先進国としてそのソリューションを提供できる多くの経験を重ねてきています。これが私が考える「The Japan Model」構築のベースとなっています。

今こそ日本からの発信力を強め、この素晴らしい地球を、私たちの子孫に残していく責務があると思うのです。

あの大震災から6年。突然襲った地震や津波は地域の崩壊と多くの人々に深い傷跡を残し、その痛みはいまだ癒えていません。当時の被災者の今日に至る様々な体験談がテレビ、新聞、SNSといったメディアで大きく報道されています。あの時が風化しないようにこれからもパブリック・リレーションズ(PR)を通じ世界に伝え続けていきたいと思います。

つらい体験を乗り越え、大震災の語り部となった方の子供たちへの語りかけが心に残ります。

「『行ってきます』と言って朝、家を出かけたら、『ただいま』と言って家に帰ってくる。どんなことがあってもこうでなくてはだめだよ』」

被災された方々へこの場をお借りして哀悼の意を表したいと思います。
合掌。

投稿者 Inoue: 13:57

2017年03月03日

歳時記
〜雛人形の市場規模は514億円

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

今日(3月3日)は「ひな祭り」。広辞苑によるとひなまつり(雛祭り・雛祭)は、「3月3日の上巳(じょうし)の節句に、女児のある家で雛壇を設けて雛を飾り、調度品を具え、菱餅、白酒、桃の花などを供える祭り」と紹介されています。

上巳の節句とは中国から伝わった五節句の一つで、三月上旬の巳の日に、草や藁で作った人形(ひとがた)で自分の体を撫でて穢れを移し、それを川に流すことで厄払いや邪気祓いを行う風習がありました。

江戸時代になると人形作りの技術が向上したことで、川に流すのではなく家で飾るように変化し、これが現在のひな祭りの由来となったといわれています。

今回のブログでは、簡単に雛人形の変遷や種類、そして市場規模などを紹介します。

■京雛と関東雛の違いは?
前述したように雛人形は紙や草、藁で作った人形(ひとがた)から始まり、江戸時代には、家で飾る現在のタイプのひな人形へと移っていきます。

江戸時代の初期のタイプは、「立ち雛」が主流だったとのこと。また、古くから飾る人形タイプは高価なため、公家や武家など富裕層だけのもので、庶民は流し雛やつるし雛というタイプだったようです。

京都で作られる雛人形を京雛といい、関東で作られる雛人形を関東雛といいます。主な違いは以下の点です。

京雛は、1)目はやや細め、2)京頭といわれる独特のおっとりした顔立ち、3)向かって右側にお殿様が座っている。一方、関東雛は、1)顔ははっきりした目鼻立ち、2)向かって左にお殿様が座っているといった違いが見られます。

京雛では向かって右がお殿様、関東雛では向かって左がお殿様です。京雛の位置は、御所における玉座の位置に基づいているといわれます。

関東雛は、向かって左にお殿さまがお座りになっていますが、これには大正天皇が関係しているようです。大正天皇が即位の礼で、洋装の天皇陛下が西洋スタイルで皇后陛下の右に立たれた事からこの風習が広まったとされています。

雛人形は、1月10日頃から飾り始めて3月3日が済んで、気候がよい日にしまうのが良いとされています。3月3日を過ぎても雛人形を片付けないと、嫁にいき遅れるなどは根拠のないいい伝えのようですね。

■雛人形の平均価格は約14万円
伝統文化の啓蒙と振興のために活動している日本人形協会の調査(2016/3/3)では、2012年に誕生した女児は、約50.5万人。2013年は、2.6%減の約49.2万人で、そのうち長女の割合は70%程で家庭での雛人形購入意欲は90%あったと報告されています。

この「節句と節句人形に関する意識調査」では節句人形の購入経験があり、かつ0?5歳の子供を持つ20?40代の既婚女性500名を対象にしたものでした。

雛人形の平均価格は約14万円。雛人形に加えて、贈答ケースなど周辺を含めると市場規模は514億円程度と推計されているようです。

私たち日本人は、四季折々の節句を通じて、家族や祖父母、親戚の人たちが集う中で人と人との絆、つまりパブリック・リレーションズ(PR)の根幹ともいえる人との繋がりをハイコンテクスト型の環境の中で無意識のうちに築いてきました。

こうした日本の伝統文化を次代に伝えていくことの大切さをパブリック・リレーションズの視点からも改めて感じた一日でした。

投稿者 Inoue: 18:31