相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2017年1月 | メイン | 2017年3月»

2017年02月22日

五七五の川柳に見る世相
〜SNS時代のクールな日本文化として定着

皆さんこんにちは井之上 喬です。

気温30度のキューバに訪問中の先週、東京では春一番を記録したようですが、カレンダー上でも来週から3月、春はもう目の前ですね。

■第30回の「サラリーマン川柳」
この時期恒例のイベントとして第一生命保険が主催する「第一生命のサラリーマン川柳コンクール」の発表があります。
第30回の節目の年になる今年は、2月13日に全国のサラリーマン・OL・主婦など幅広い層から、2016年9月?11月に応募のあった作品の中から選ばれた全国優秀100作品が発表になりました。

今年で30回目を迎えるこのサラリーマン川柳コンクールは、社内広報誌がきっかけだそうです。赤裸々な本音で詠まれた川柳が多く寄せられたことから、1987年から広く作品の募集を開始、これまでに実に延べ110万句以上の作品が寄せられたとのこと。

今回は第10回(1996年)以来20年ぶりに応募数が5万句を突破する5万5,067句(前年39,551句)が寄せられたそうですが、世相を反映してか今年は、「職場」や「上司・部下」にまつわる句が多く、その中でも「働き方改革」に象徴される働き方の変化を描いた句が目立っているようです。

「ノー残業」「効率化」といったキーワードを切り口に、サラリーマンの悲哀を表現したもの、また、働く女性が増えるなか、女性応募者による働き方にまつわる句の入選も目立ったようです。

入選作品100句は同社ホームページ上で発表されていますので是非ご覧ください。
http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/

また2月13日?3月17日、全国傑作100選の中から今年のサラリーマン川柳ベスト10を決める投票も受け付けており、投票結果は5月下旬に発表予定とのことですが楽しみにしたいですね。

■こちらも20回目の「ものづくり川柳大賞」
一般化した川柳はさまざまなコンテストも行われていますが、1月に発表された日本能率協会コンサルティング(JMAC)の「2017ものづくり川柳大賞」を紹介します。こちらのコンテストも今回が20回の記念の年だったとのことです。
http://www.jmac.co.jp/news/news/info20170116.html

今回の応募総数は786句で大賞は国立印刷局王子工場山下泰央さんの「不具合を 見つけたその眼 神ってる!」だそうです。ほかにも優秀賞には、サントリービール京都ビール工場浜田寛さんの「金めざし ボルトばかりを 磨いてる」と、デンソー幸田製作所鶴賀敏昌さんの「設備保安 このひと手間が I LOVE 油」の2句が。このほか北海道石油共同備蓄北海道事務所福井敏雄さんの「肉厚を 測る対象 今や腹」が特別賞に、旭化成川崎製造所平賀縁さんの「古い機器 かすれた表示に 君の名は…?」が審査員賞に選ばれています。

そもそも江戸時代に始まった川柳とは、俳句と同じ五七五の音数律を持ちますが、俳句にみられる季語や切れの約束がなく、字余りや自由律や駄洒落も見られるなど、規律に囚われない、そして短文ながら急所をはずさない言葉遊びの要素も少なくないのが特徴となっています。

Wikipediaによれば、「サラリーマン川柳」からブームとなった一般公募による川柳は、投稿者も若年世代から老人まで幅広く、一流の川柳家を選者とした公募川柳作品では、単なる「語呂合わせ川柳」と呼ばれる域を越えて、新しい表現分野になりつつあるとし、またこれらは作者の個人名とは離れたペンネームを始めとする無名性の高い作風であり、この背景にあるのは、「大衆」の〈共感〉が作品評価のベースになっていることである、としています。

短い文章の中に言いたいことを的確に盛り込み、情報発信する。まさにSNS時代のクールな新しい日本文化として俳句や自由度がより高い川柳は今後ますます盛んになることが考えられますが、こうした動向がパブリック・リレーションズ(PR)を行う上でのストーリーテリングにどのような影響があるのか興味深いところです。

投稿者 Inoue: 12:43

2017年02月10日

米国で細る日本語教育
〜日本語学習者数の世界上位3か国でも大幅な減少

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

安倍首相は昨夜、トランプ米大統領との首脳会談のため政府専用機で米国に向けて出発しました。現地時間10日午後(日本時間11日未明)にワシントンのホワイトハウスで初の首脳会談に臨みます。

会談後、両首脳はトランプ氏の別荘のあるフロリダ州パームビーチに移動し、ゴルフや食事をともにする予定とのこと。ほぼ2日間にわたり長い時間で関係を深めるといった異例な歓待ぶりです。

先月20日の就任後、次々と大統領令に署名するトランプ大統領。その一つ一つが世界に大きな波紋を起こしています。

その一つとして、イスラム圏7か国から米国入国を制限する大統領令を認めないとした米控訴栽の決定を国内各紙夕刊(2/10)が大きく一面で報道しています。また、この打撃を回復するためトランプ政権は、法廷闘争を続ける構えで、連邦最高裁まで持ち込まれる可能性が高まっているとしています。

こうした背景の中で催される日米首脳会談のなり行きが大いに注目されます。

■日本語教育の衰退は日米関係の弱体化を招く
米国で細る日本語教育について関係者の間で危機感が高まっているといいます(日本経済新聞ワシントン支局吉野直也記者)。

5年前、10年前と比べて日本語の学習者が減少、地区によっては日本語プログラムを廃止する動きがあるようです。今まで草の根から日米同盟を支えてきた日本語教育の衰退は両国関係の弱体化につながりかねない出来事。

前記の日経吉野記者が先月下旬、全米日本語教師会の支部に当たる中部大西洋岸日本語教師会や関係者に、米国での日本語教育の現状についてアンケート取材をしたそうです。

このアンケート取材は、小学校から大学まで日本語教育に携わっている人を対象に実施したもので、5年前や10年前と比べて日本語の学習者がおよそ40%減となっているとのことです。

アンケートではその要因として日本語は中国語などほかの外国語プログラムと競争しており、日本語を勉強する将来的な利点をうまく説明できないこと。また、日本語を教える先生の深刻な不足という構造的な問題や労働資格である査証(ビザ)取得の問題もあるようです。

米国で日本語を学んだ生徒は日本のよき理解者になる。将来にわたって安定した日米関係を築くには、こうした日本語教育の衰退に歯止めをかけたいものです。

日米首脳会談を控え、安倍首相の指導力による状況改善に期待する声も多いといいます。

■教育課程の改定などが要因
国際交流基金は、海外における日本語教育機関の状況を把握するために、3年に1度「海外日本語教育機関調査」を実施しています。

その調査によると教育機関で日本語を学ぶ学習者数が、世界上位3か国(2012年度調査で全世界の学習者数の約7割)の韓国、インドネシア、中国において前回調査と比較して大幅な減少が見られたとしています。その主な要因は次のように分析されているようです。

まず韓国においては、韓国全体の日本語学習者のうち約8割を占める中等教育の教育課程改定(2011年)により第二外国語が必修科目から外され、中等教育における学習者が大きく滅少したことと、少子化の影響もあり約28万人もが減ったといわれます。

インドネシアでは、高等教育では日本への文化的な関心などから日本語を履修する学生が増加し、前回比25%以上の学習者数の増加があったといいます。

しかし、中等教育においては2013年の教育課程の改定により、第二外国語が選択科目になり、インドネシアにおける日本語学習者の大半を占める中等教育において約16%の減少がみられ、全体として約13万人の学習者が減少したといわれています。

中国では、2001年に「全日制義務教育英語課程標準」(目本の学習指導要領に相当)が制定されて以降、全国的に広く初等教育における英語導入・強化が進み、中等教育においても外国語科目として英語を選択する機関が増加したとのこと。

この影響は高等教育にも及んでおり、今回の調査においても、英語科目の重視が日本語科日の運営に影響を及ぼしていると回答する機関が多かったようです。こうした英語志向の高まりを背景に日本語専攻の学科・学生数が減り、全体として学習者数が約9万人減少したとのこと。

このように世界的に日本語教育の衰退が認められますが、日本語を学ぶことは日本文化を理解することにも繋がります。

こうした現象に歯止めをかけ日本の国際的プレゼンスを回復していくためにもパブリック・リレーションズ(PR)の機能を有効活用すべきと考えます。

投稿者 Inoue: 19:06

2017年02月01日

「beyond 2020」のロゴマーク決定
〜2020年以降を見据えた日本文化の情報発信プログラムに注目

皆さんこんにちは井之上 喬です。

2月4日は暦の上では立春ですが、この時期は1年でも最も寒さが厳しい時期。まだまだインフルエンザも下火になってはいないようです。体調には十分気を付けたいものですね。

■期待高まる東京オリンピック・パラリンピック
1月29日に競泳の男子200メートル平泳ぎで早稲田大学の渡辺一平選手(19歳)が世界記録を樹立したのには驚きました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を前に、大いに期待できる若手選手が登場しましたね。学生時代に水泳でオリンピックを目指していた私としては、自分のことのようにうれしいニュースでした。

東京オリンピック・パラリンピックに向けて準備はいよいよ本格化することでしょうが、この大会の成功を心から祈りたいと思います。

1月27日には「beyond 2020」のロゴマークが決定しました。このプログラムは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに、和食や祭りなどの日本文化を世界に発信しようというもの。政府が認証した事業や活動に今回決定したロゴマークが付与されることになります。

ロゴマークは政府が芸術系の大学生から公募していたもので、寄せられた39の作品の中から、横浜美術大学3年生の菅原みこさんの作品が選ばれた、と発表されました。

beyond 2020

横浜美術大学ホームページより

  
ロゴマークは朱色を使い、「いいね」を意味する親指を立てたジェスチャーや、beyond 2020の頭文字の「b」などをイメージしているそうです。

報道によると発表式に出席した丸川珠代オリンピック・パラリンピック担当大臣は「東京大会を文化でも盛り上げていく。日本全国でマークが見られるような展開をしていきたい」と期待を述べていたとのこと。

認証を行う組織(認証組織)は、内閣官房オリパラ事務局ですが今後は都道府県、政令市、商工会議所などにも拡大していくとしています。

事務局ではさまざまな日本文化を世界に発信する事業や活動の受け付けを始めていて、すでに20件ぐらいの申請があるとのこと。

■日本の魅力を国内外へ
beyond 2020プログラムの先行事例としては、大相撲beyond 2020場所(内閣官房)、東北六魂祭パレード(東京都ほか)などがあります。

大相撲beyond 2020場所では両国国技館の枡席を外国人客で埋め尽くし、外国語対応が可能な和装スタッフによる対応、英語での解説などを通じ多様性に応じた導線の在り方、案内の仕方などの運営データを整備するとともに日本文化や大相撲の魅力を国内外に発信するとのことです。

今は東京オリンピック・パラリンピックの開催だけがクローズアップされていますが、多くの人が危惧していることはオリンピック後の不況の到来です。

オリンピック特需で活性化した経済が祭りの終焉と共に萎え、不況に襲われることを誰もが心配する中、beyond 2020プログラムはオリンピックのモメンタムを持続させるために実によく考えられたプランだと思います。2020年以降を見据えたこの文化プログラムに注目したいと思っています。

今まさに春節休暇中の中国からの観光客も、これまでのショッピング目的から日本の文化、芸術、食文化などを体験するために訪れる観光客も急速に増えているようです。

日本には全国各地にそれぞれの素晴らしい多様性に富んだ文化がありますが、まだまだ国内外への情報発信は不十分だと感じています。

2020年以降を見据えた日本文化の情報発信の中心に、パブリック・リレーションズ(PR)をしっかりと機能させたいと思っています。

投稿者 Inoue: 18:45