相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2016年11月 | メイン | 2017年1月»

2016年12月22日

本社を移転しました
〜時計台のあるビルへ15年ぶりの復帰

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

師走もなかばを過ぎ、新年の足音も近づくこの時期に本社を移転しました。12月20日(火)より新オフィスで「気分一新」、業務を始めています。

移転先の新住所は、「東京都新宿区四谷4-28-4 YKBエンサインビル12F」。これまでのオフィス新宿御苑前アネックスから100メートルほど四谷4丁目交差点へ行ったところ。電話もFAX番号も変わりません。地下鉄丸ノ内線の新宿御苑前駅、四谷三丁目駅 からいずれも徒歩5-6分の距離です。

■新たな時を刻む
石の外壁で覆われたビルの屋上には、時計台(写真)があり、四谷4丁目の交差点から見ることができますので来社いただく際の目印になります。年が明けて落ち着かれた頃に、またお近くにお越しの節は、お気軽に私たちの新しいオフィスにお立ち寄りください。

20161222-1.jpg

実はこのYKBエンサインビル12F、2001年6月まで本社を置いていたところでした。最上階のペントハウスで広いテラスがあり、とても気に入っていたオフィスでしたが、この物件を所有していたオーナーが倒産し公的機関に所有権が移ったことで競売物件となり、断腸の思いで移転を余儀なくされました。

こうした事情もあり、クリスマスを前に15年ぶりにYKBエンサインビルに復帰を果たせたことは、私にとって望外の喜びです。先ずは当社50周年(2020年)に向けて新たな時を刻んでいきたいと思っています。

私が大変気に入っているエントランスのデザインは(写真)、様々なステークホルダーとの関係構築を行なうパブリック・リレーシヨンズを日本の伝統的な漆喰と凹凸のあるイタリアンタイルで市松模様に仕上げ表現されています。

20161222-2.jpg

新オフィスの内装デザインを今回担当いただいた磯久五郎建築士(株式会社ゴーロク設計舎代表取締役)によると、「東福寺方丈庭とカジミール・マレーヴィチの『白の上の白』に造形上の着想を得て、西洋タイルと漆喰の二元対比で構成しました。つるつるピカピカしたイタリアンタイルは世界中のプロジェクトやステークホルダーを表し、それにパブリック・リレーションズの意味を込めました」とのこと。

■「あなたの中の最良のものを」
今週末から3連休、クリスマスを迎えますが、この時期にはインドを拠点に世界中で助けを求める人びとに寄り添い、路傍の人の手を握り、彼らの声を聞き、語りかけるなど慈愛の活動を実践してきたカトリックの修道女マザー・テレサを思い起こします。

ノーベル平和賞の受賞(1979年)は、マザーの活動を世界中に知らせることになりました。そしてその後、世界各地で人道的支援をめざす市民による支援活動が盛んに行われるようになります。

1997年9月5日。マザーは87歳の生涯を閉じますが 彼女の死を悼む人々は、「私たちの母が亡くなった」と語りました。

私たちの母、マザー・テレサが残した多くの珠玉の言葉の中から、クリスマスを前に『本当のクリスマス』(ドン・ボスコ社 p.23-27,33)より「あなたの中の最良のものを」を紹介したいと思います。


人は不合理、非論理、利己的です
気にすることなく人を愛しなさい

あなたが善を行うと、
利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
気にすることなく、善を行いなさい

目的を達しようとするとき、
邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい

善い行いをしても、
おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい

あなたの正直さと誠実さが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう
気にすることなく、作り続けなさい

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく、助け続けなさい

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい
けり返されるかもしれません
でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい



今回のブログが今年最終号となります。この1年間、井之上ブログをご愛読いただき誠にありがとうございました(新春は1月4日発行となります)。来年も「平和で希望のある社会づくり」を目指し、さまざまな視点でパブリック・リレーションズ(PR)をとり上げ、より充実したブログにしていきたいと考えています。

どうぞよいお年をお迎えください。

投稿者 Inoue: 10:20

2016年12月09日

OECDの15歳学力調査結果に見る日本の教育の一端
〜社会とのかかわりを重視した新しい教育システムが不可欠に

皆さんこんにちは井之上 喬です。

師走に入り何となく街中があわただしくなってきた気がします。
この季節、受験生にとっては来年の本番に向けて重要な時期ですね。

■OECD学力調査結果発表、読解力が低下
12月6日に経済協力開発機構(OECD)が2015年の学習到達度調査(PISA)の結果を発表しました。

今年もテレビや新聞など多くのメディアが取り上げていましたが、今回解答には初めてコンピューターが使われましたが、日本の15歳は科学的応用力と数学的応用力で国際順位が上昇し、知識の活用力が比較的高いことがわかった一方で、読解力は順位を下げています。

また、科学に楽しさを感じる生徒が依然低い割合にとどまるなど、多くの課題も浮かんだと各メディアは報道しています。

この学習到達度調査は、OECDが2000年から各国・地域の15歳を対象に行っている学力テストで、問題は世界共通。義務教育を終えた段階の知識を、実生活の具体的な場面でどの程度活用できるかを評価しています。

今回の調査では、日本は全国198の高校などの1年生約6600人がテストを受けたとしています。

また調査は、世界72カ国・地域の15歳約54万人を対象に実施され、科学的応用力を重点的に調査したとしています。

詳細は省きますが、平均得点でみた日本の国際順位は科学的応用力が2位、数学的応用力が5位で、ともに前回の2012年調査を上回り、トップレベルの水準を維持しているようです。

報道によると、日本の「科学」と「数学」の順位は2006年を底に3回連続で上昇しているようです。

その一方で読解力は8位で順位は前回より4つ下がっています。

同じく11月に公表された、国際教育到達度評価学会(IEA)が行う小・中学生を対象とした国際比較教育調査、2015年国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)でも、日本の小中学生の国際順位は過去最高を更新しており、「ゆとり教育」の転換後、理数系学力の回復傾向が続いていることが確認されたとしています。

しかし、個人的には読解力の低下が心配されるところです。文部科学省は今回のPISAでは初めて、手書きではなくPCを使って解答する方式で行われ、解答方式の変更が主な要因と考えているようです。

つまり特に文字数の多い読解力の問題で、紙の試験に慣れた日本の生徒が混乱したようだ、との判断だそうですが、キーボードに慣れ親しんだ若者ですからその理由だけではなさそうな気がします。

■PRの経験を生かした新しい教育システムの導入を
日本にとって教育問題は重大かつ喫緊の課題だと認識し、私なりの取り組みをスタートしています。

パブリック・リレーションズ(PR)の専門家として従来から日本の教育に必要なのは人間関係構築能力、つまりリレーションシップ・マネージメントだと強く感じています。

どのように社会、そしてグローバルな視点を持って世界とかかわり、よりよい人生を送れるかと言った考え方を幼児教育から取り入れることが不可欠であると考えています。

それを実現するために、絵本を通じた幼児教育の取り組みに始まり、小学校から高等学校、大学(大学院)、そして教職員向けのパブリック・リレーションズ(PR)教育導入プロジェクトを始動させました。

このような社会とのかかわりを意識しながら個人が自主性や個性を発揮できる教育の必要性は世界的な潮流になっており、国の中央教育審議会(中教審)の審議のなかでも新しい学びに関する方策を探る機運が一気に高まっています。

この流れは短期的な視点ではなく、2020年の東京オリンピック・パラリンピック以降の2020年代の様々な日本が抱える課題を解決する大きな動きになるものと思います。

これまでのパブリック・リレーションズ(PR)の経験を活かし、少しでも子や孫の世代にとって有益でサステナブルな教育システムの構築に貢献できればと考えています。

投稿者 Inoue: 15:19

2016年12月02日

新語・流行語大賞2016
〜年間大賞には「神ってる」

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

昨日(12月1日)午後5時、恒例の「新語・流行語大賞2016」が発表されました。この賞は、この1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を顕彰するものといわれています。

初めて行われたのは1984年で、自由国民社が主催するものでした。数年間は金・銀・銅といった各賞を選定していたようです。現在のような年間大賞という選定方法は第8回の1991年から開始されたといいます。

また、2003年からは(株)ユーキャンと提携することとなり、以降正式名称が「ユーキャン新語・流行語大賞」となったようです。

■世相を反映するベスト10
今回ノミネートされたのは、ゲスの極み乙女ボーカルの川谷絵音さんとタレント・ベッキーさんの週刊文春による交際報道で話題になった「ゲス不倫」、社会現象となった「ポケモンGO」、歌手ピコ太郎さんの「PPAP」。
これらの他に、お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の「斉藤さんだぞ」や25年ぶりのセ・リーグ優勝を果たした広島東洋カープの緒方孝市監督が鈴木誠也選手に対して語った「神ってる」、大ヒット映画の「君の名は。」、「シン・ゴジラ」、政治関係では、SNSに書き込まれた「保育園落ちた日本死ね」や豊洲市場移転問題や東京五輪に絡んだ「盛り土」、「レガシー」などの30語が候補に入っていたようです。
選考委員会は、姜尚中(東京大学名誉教授)、俵万智(歌人)、鳥越俊太郎(ジャーナリスト)、室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター)、清水均(『現代用語の基礎知識』編集長)で構成されているといいます。

既にTV報道やインターネットを通じて、ご存知の方も多いかと思いますが、「新語・流行語大賞2016」には「神ってる」(広島緒方孝市監督、広島鈴木誠也外野手)が選ばれました。

年間大賞を除くトップ10には「ゲス不倫」、「聖地巡礼」、「トランプ現象」、「PPAP(パイナッポーアッポーペン)」、「保育園落ちた日本死ね」「(僕の)アモーレ」、「ポケモンGO」、「マイナス金利」、そして「盛り土」でした。

今年の大賞2016の「神ってる」は鈴木選手を指したもののようですが、私には米国メジャーのヤンキースから日本に戻り古巣で広島勝利のために大きく貢献した、黒田博樹投手の存在があっての「神ってる」だったように思います。

■第1回の金賞は「オシンドローム」
第1回(1984年)の新語部門金賞は「オシンドローム」で受賞者はジェーン・コンドンさん(雑誌『タイム』フリー記者)だったと記録されています。

これは当時、超人気番組だった朝のNHK連続テレビ小説『おしん』に因んだ新語。日々の苦労に必死に耐え、それでも明るさを失わず他人に優しい主人公「おしん」の姿は、戦後を働き抜き、豊かさを手に入れた日本人の心情に大きな共感を与えました。

その状況を、全国民の感情が同一にシンドローム化しているとして、『タイム』誌上で「おしんドローム」と表現されたのが受賞につながったようです。この「ことば」は、私もよく覚えています。

過去5年間の流行語大賞を並べてみました。まだ記憶も新しく、当時の世相を想いおこします。

2011年は「なでしこジャパン」(小倉純二=日本サッカー協会会長)。2012年は「ワイルドだろぉ」(スギちゃん)。2013年は流行語大賞の当たり年で、「今でしょ!」(林修=東進ハイスクール講師)、「お・も・て・な・し」(滝川クリステル)、「じぇじぇじぇ」(宮藤官九郎、能年玲奈)、「倍返し」(堺雅人、TBS「半沢直樹」チーム)と4つが大賞を受賞しています。

2014年は「ダメよ〜ダメダメ」(日本エレキテル連合)と「集団的自衛権(受賞者辞退)」。2015年は「トリプルスリー」(ソフトバンク柳田悠岐、ヤクルト山田哲人)と「爆買い」(羅怡文=ラオックス社長)でした。

皆さんは、どの「ことば」が強く印象に残っていますか。

投稿者 Inoue: 17:39