相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2016年10月 | メイン | 2016年12月»

2016年11月24日

そろそろ師走
〜2017年のヒット商品は?

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

11月22日早朝の福島沖での地震と津波の報道には緊張感が走りましたが、仙台港に大震災以降最大の高さ1.4メートルの津波が到達したものの深刻な事態には至らなかつたようでなによりでした。

来週からは師走、クリスマスのお祝いや新しい年を見据えた今年の振り返りと2017年のビジネス、そして個人の1年間のプランづくりの時期でもあります。

皆さんにとって2017年はどんな年になりそうですか。

■激動の2016年、あなたの重大ニュースは
様々な雑誌の12月号に、今年をまとめる記事として紹介されています。

まず今年の振り返り記事で面白かったのが毎日新聞社が発刊しているジュニア向けニュース学習誌「Newsがわかる」12月号で「新世代につなぐ2016年 重大ニュース」特集がありましたので紹介します。

選択基準は、「後の世まで影響がありそうな10の重大ニュース」だそうです。第1位が天皇陛下生前退位のご意向、第2位が18歳選挙権が施行、第3位がリオ・オリンピック日本最多メダル、第4位イギリスEU離脱決定、第5位熊本地震震度7が2度、第6位オバマ大統領被爆地広島へ、第7位参院選で与党が大勝、第8位大隅良典さんにノーベル賞、第9位五輪費用、市場移転首都に難題つぎつぎ、第10位アメリカ大統領選出される(発行時点では結果は出ていない)、となっています。

10代の目で社会をしっかり見ているように思いますが、皆さんはどう感じられますか。

■2017年のトレンドは?人工知能など最先端技術が身近な商品に
もう1誌、日経BP社が発行する日経トレンディ(12月号)から、「2016ヒット商品ベスト30」と「2017ヒット予測ベスト30」の中からそれぞれベスト10を紹介します。

2016年のヒット商品ランキングでは、第1位が納得のポケモンGO、第2位が大ヒット映画君の名は、第3位が世界初の加熱式たばこIQOS、第4位は写真SNSのインスタグラム、第5位がフリマアプリのメルカリ、第6位スイーツデイズ乳酸菌ショコラ、第7位新型セレナ、第9位クッションファンで、第10位グリーンスムージー、となっています。

評価項目は、売れ行きに加え新規性、影響力。総評では「エンタメヒットが大豊作だった1年、共通するキーワードが『スマホ』と『若者』だった。日本メーカーの意地のヒットも多出、近年まれにみる激戦だった」としています。

「2017年のヒット予測ベスト30」からベスト10を拾ってみると、第1位がノールックAI家電、第2位が“魅せる”ミールきっと、第3位手ぶらで“旬撮”カメラ、第4位燃焼系ウエアラブルジム、第5位ドローンレーサー、第6位スポクラ(スポーツ専用クラウド)、第7位都市型ソーシャルランドリー、第8位シリーズ・ハイブリッドEV、第9位東西“極上”クルーズトレイン、第10位民旅(みんたび)、となっています。

10位以外でも11位に360度シアター、14位に新之助、16位にARクライミング、18位にFF15&バイオハザード7、垂直マラソン、3Dセリフィーメーク、“まるでクリーニング”マシン、ネオ秘境駅巡礼、トランポリンパーク、無限色ペンなど、商品名だけではどんなものかわからないものも多いですね。

こちらの選考基準は、新しい市場、売れる、生活の変化、追随商品。詳しくは雑誌をご覧いただきたいと思いますが、第1位の「ノールックAI家電」は、スマホフリーで存在を意識させないIoT(モノのインターネット)機器が家の内外で家電操作から買い物まで可能になるそうで、AI(人工知能)がいよいよ身近な家電製品にも本格的に実用化される時代になってきたのでしょうね。

まだまだ先のことと考えていた人工知能、IoT、仮想現実などの最先端技術が一般消費者に身近な存在になってきたといえます。

ヒット=売れることも当然大事ですが、パブリック・リレーションズ(PR)の視点からすると少子高齢化、環境問題、貧困問題などさまざまな社会課題に最終的に結びつくような商品開発、それも日本発の商品に期待したいところです。

投稿者 Inoue: 17:38

2016年11月18日

住んでみたい街(国内外)ランキング
〜関東では5年連続1位の「吉祥寺」が2位へ

皆さんこんにちは井之上 喬です。

「住めば都」という言葉があります。どんなに辺鄙な場所であっても、住み慣れれば都と同じように便利で住み心地がよいといった譬えです。

外国にも日本と共通する次のような譬えがあります。
To every bird his own nest is best.(どの鳥にとっても自分の巣が一番よい)
There is no place like home.(我が家にまさる所はない)

さて、今回のブログでは、最近公表された国内外の「住んでみたい街」ランキングをテーマにしています。

■初の総合1位は吉祥寺を抜いて「恵比寿」
関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)の居住者を対象に実施した「2015年版みんなが選んだ住みたい街ランキング関東版」(Web調査:リクルート住まいカンパニー)によると、前回まで5年連続1位の「吉祥寺」は2位とランクを下げ、2010年の調査開始以来、初の総合第1位を獲得したのは「恵比寿」と発表しています。

恵比寿は、恵比寿ガーデンプレイスをはじめ、有名レストランや海外から上陸した飲食店など話題スポットが多いこと、また、今春、駅前にアトレの新館ができ、話題となったことが1位となった要因としています。

第3位は、昨年と同様に横浜。第4位は武蔵小杉(昨年5位)と自由が丘。「自由が丘」は、昨年12位から4位に躍進。もともとの好感度の高さに加え、2015年に注目のファッション、グルメの新店が続々とオープンし、女性人気がさらに上昇したことが要因のようです。

他に注目されるのは、昨年17位から9位に上昇した「東京」と昨年15位から10位にランクアップした「二子玉川」。「東京」は、駅前再開発や周辺の日本橋・室町・京橋の再開発でエリア全体の魅力が上昇してきたことによるようです。

日本経済新聞Web刊のスペシャルリポート(11/8)によるとシティブランド調査「住んでみたい自治体」の第1位は札幌市で、以下京都市(2位)、横浜市(3位)と知名度が高く人口も多い地方都市が上位に名を連ねたようです。

第4位以降は、鎌倉市、那覇市(5位)、福岡市(6位)、神戸市(7位)、石垣市(8位)、函館市(9位)、そして10位が軽井沢でした。

この「住んでみたい自治体」調査では、その選択理由も聞いています(3つまで複数回答)。それによると多かった項目は「自然環境が豊かなこと」(31.3%)、「街並みや景観が美しいこと」(24.2%)、「観光、仕事などで訪れたことがあり良い印象を持っている」(22.5%)となっています。

■世界で最も住みやすい都市は?
いつかは海外に住んでみたいと思っている方もいらっしゃるかと思います。世界では何処の都市が住みやすいと評価されているのでしょうか。

この点について英経済誌「エコノミスト」の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」は、「世界の都市の住みやすい都市ランキング」を発表しています。

このランキングは、世界中の140の都市を安定度、保健医療、文化・環境、教育、インフラの5つのカテゴリーの評価をもとにランク付け。

そして世界で最も住みやすい街ランキング1位に輝いたのが、「メルボルン」(オーストラリア)。オーストラリアのスポーツ、流行、文化の中心であり、多様な文化が溶け合うセント・キルダ・ビーチや、グレート・オーシャンロードなど観光スポットも多いことなどが挙げられているようです。

第2位は、モーツァルト生誕の地としても知られているオーストリアの「ウィーン」。第3位は、カナダのブリティッシュコロンビア州南西部にある都市「バンクーバー」でした。

第4位のトロント(カナダ)以下は、アデレード(オーストラリア)、カルガリー(カナダ)、シドニー(オーストラリア)、ヘルシンキ(フィンランド)、パース(オーストラリア)、そして10位がオークランド(ニュージーランド)の順となっています。

私はこれまで国内も、海外の都市もプライベートで、また講演や仕事の関係で随分訪問していますが、これまで紹介された都市にはそれぞれ素晴らしい特徴があります。

住んでみたい街は年齢によっても差異が生じると思いますし、現役で仕事をしている人にとっての住んでみたい街と、リタイア・セミリタイアしている人にとっての街でも異なってくると思います。

皆さんは、どの街に住んでみたいですか? 

投稿者 Inoue: 15:25

2016年11月11日

国際PR協会(IPRA)のGWA授賞式でカタールへ
〜アルジャジーラ本社訪問の機会を得て思うメディアの存在

皆さんこんにちは井之上 喬です。

米大統領選挙は、共和党のドナルド・トランプ氏が民主党のヒラリー・クリントン氏を大接戦の末破り勝利しました。

経済、政治の面で多少の混乱があるかもしれませんが、今後の動向に注視したいと思います。

■IPRAゴールデンワールドアワード(GWA)を受賞
11月5日(現地時間)に国際PR協会(IPRA)のGolden World Awards for Excellence 2016授賞式に参加するためカタールのドーハに出張しました。

7月に井之上パブリックリレーションズのホームページでも紹介いたしましたが、今回、ファイナンシャルサービス&インベスター・リレーションズ部門で日本で初めて最優秀賞を受賞したプロジェクトは、株式会社コンカー(本社:東京都千代田区、三村真宗代表取締役社長)と井之上PRによる「領収書電子化に関する規制緩和活動(Successful Deregulation Campaign Relaxes Japan’s Rules on Management of Expense Receipts)」です。

ホームページ http://www.inoue-pr.com/info/481/

授賞式には世界各国から受賞者が集まり、華やかな雰囲気の中で式典は進みました。

残念ながら1997年にアジアで初めて「自動車部品規制緩和プログラム」でのグランプリ受賞に続く、2度目のグランプリは逃しましたが、世界でパブリック・リレーションズに日々取り組んでいるPRパーソンとの情報交換は刺激的で非常に有意義なものでした。

次回はクライアントとともに良い仕事を持続させ、2度目のグランプリを目指したいものです。

■急成長アルジャジーラ本社のスタジオに足を踏み入れて
授賞式の翌日、思わぬプレゼント?をいただきました。

地元要人の紹介で「公正で政治的圧力を受けない、中東で唯一の報道機関である」と謳っている衛星テレビ局アルジャジーラ(Al Jazeera)の本社を訪問することができました。

ドーハ中心部から車で30分ほどの郊外に建つアルジャジーラ本社に入ると、壁に囲まれた広大な敷地内に多くの建物と多数の自動車、そしてパラボラアンテナが目に入ってきました。

最新の放送機器を配置した英語放送のスタジオ、アラビア語放送のスタジオ、そして1996年に放送開始した当時のスタジオなどを見学。

Wikipediaによると、社名は定冠詞のアルとアラビア語で「島」を意味する「ジャジーラ」に由来し、アラブ地域ではアル・ジャジーラとはアラビア半島を意味するのが一般的だそうです。

アラビア書道における書体のひとつで、日本の書道における草書体にあたるディーワーニー体で雫状に「アルジャジーラ」と書かれているロゴデザインが印象的です。

1996年11月1日、カタール首長であるハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニーより5億カタール・リヤル(1億3700万USドルに相当)の支援を受けて設立されたとされ、収益の多くはNHKや海外メディアからの映像使用料が占めているとのこと。

訪問したときは、ちょうど数日前に開局20周年のお祝いをしたとのことで、ガバメント・リレーションズ担当の方が、20年を振り返って親切に約2時間局内を案内してくださいました。

アル・ジャジーラ本社ビルの中には、これまで戦場や紛争地で命を落とした10名ほどの報道カメラマンと記者の写真や犠牲となった現場に残された遺品が展示され、この地域の特殊性を強く感じさせてくれました。

現在職員数は約4000人(うち国内3000人)、記者の数は約500名で世界73の支局で報道活動を行っているようで、BBC、CNNと並ぶ世界3大ネットワークと説明しています。

職員数は世界一といわれる日本のNHKは放送法に縛られ、海外への発信には制約があるようですが、急成長するアルジャジーラは積極的にアラブの顔としてその存在感を増しています。

カタールは、欧米諸国に対しては、イラク戦争では基地を提供する程度で比較的穏健な姿勢を保ち、また、パレスチナ自治政府の汚職などの問題を追及したり、イスラエル人が出演してヘブライ語で話すなど、他のアラブのメディアがやらなかったようなことも積極的に取り上げ注目されています。

報道姿勢は国際的な評価も高く、英国の検閲に関する問題を扱う雑誌Index on Censorshipでは、2005年に「アラブ諸国における自由な情報交換を促進し、検閲を拒否する勇気」の一例として紹介され、アメリカでも1999年のニューヨーク・タイムズ紙に「アラブ諸国で、最も自由で最も広い観点を持つテレビネットワーク」と評されています。

中東地域は、私たち日本人にとって歴史的にみても馴染みの薄い地域ですが、同地域の実態を報道を通して世界に伝えるアルジャジーラの役割は今後ますます増大するものと強く感じました。

中東地域はカタールをはじめ、サウジアラビア、UAEなどのアラブ主要国が脱石油、脱CO2を掲げ積極的な新産業育成を行っていますが、日本にとって地域の発展に様々な形で貢献できるのではないか、パブリック・リレーションズ(PR)の専門家として力になれるのではないか、そんなことを考えながらアルジャジーラを後にしました。

投稿者 Inoue: 11:39

2016年11月03日

「IWAOモデル」その2
〜緩和ケアの臨床教育・研究拠点「まごころの杜」が名古屋で開所

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

今日は文化の日。昭和23年(1948年)に「国民の祝日に関する法律」を制定するにあたり、1946年 11月3日の日本国憲法公布の日を記念して「文化の日」を定め,47年5月3日の同憲法施行の日を「憲法記念日」と定めたとのことです。またこの日は、文化勲章の授与が行われることでも知られていますね。

私のブログの600号記念で、超高齢社会のソリューションとなる「IWAOモデル」について紹介しました。今回はその続編となります。

■「IWAOモデル」を具現する「まごころの杜」
今週月曜日(10/31)に名古屋へ出張してきました。「IWAOモデル」を具現する「まごころの杜」(名古屋市熱田区幡野町)の開所式/記者発表会に参加するためです。

「まごころの杜」は、3階建てのフロア構成で1階は、外来と訪問診療を行うクリニックと訪問看護・介護ステーション、リハビリ室などが配置されています。要介護者の住居部分は2、3階。1部屋約18平方メートルで全40室あります。

「まごころの杜」では、がん患者を主体に痛みの管理、理学療法、言語聴覚療法などの緩和ケアを提供します。そのため、がん末期のスペシャリストである経験豊かな内科医と外科医、精神科医など5人の専門医師に加え、看護師、介護士、リハビリ専門職など医療・介護に係るほぼ全職種のスタッフを配置しているとのこと。

何よりも驚いたのは入居費が低く抑えられていることです。毎月5万円から7万円(共益費1万円)の費用で入居できるとし、生活保護者でも安心して入居できるよう配慮していることです。新設の施設でこうしたことが実現する「IWAOモデル」に感動すら覚えます。

写真は、開所式のメインイベントとなるテープカット(写真)。中央左が「IWAOモデル」を推進する医師で藤田保健衛生大学教授、名古屋大学院特任教授の岩尾聡士教授。中央右は医療法人陽明会の理事長で、「まごころの杜」を運営する岩尾康子院長。左端は、アイカ工業の小野勇治社長です。同社は2009年に名古屋大学に寄附講座を開設して以来、同モデルの実現を支援してきた企業です。

名古屋にはNHKをはじめ民放TVが5局あります。このうち「まごころの杜」にはNHKをはじめ5局からの取材カメラが入り、開所式は大いに盛り上がりました。こうした現場を見るにつけ、医療・看護・介護が日本社会にとっていかに大きな問題となっていて、地域社会の関心を集めているのかを改めて実感させられました。

「まごころの杜」では、循環型の施設として地域の病院や訪問看護ステーションと連携し、在宅療養時の急性増悪時や退院後の一時受け入れも行なう計画といいます。

■終末期医療を先進国並みへ
テープカットの後は、会場を2階に移して岩尾教授による記念講演(写真)と記者発表会が行われました。

岩尾教授は記念講演で「これまでわが国は、高度経済成長と国民皆保険により医療・介護をすべての人が等しく受けられるよう努力してきたが、近年の財源不足により困難な状況を迎えている。今後は、ソーシャルビジネス的手法により最後の看取りを街で看る仕組み作りが求められている。英国で緩和ケアは、慈善団体の寄附により全額無料で安心して受けることが出来るが、わが国でも先進国にふさわしい最期をよりよく生きるための仕組み作りを創生していくことが必要になる。」と述べています。

また岩尾教授は、「現在、日本では2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなっている。しかし、医療・介護分野では、平均在院日数の急速な短縮もあり、癌末期の対応が手薄になっているのが実情。こうした背景もあってがん患者を主体に緩和ケアを提供する施設として、『まごころの杜』を開所した」と語っていました。

記念講演の後は、プレス向けの発表会、そして参加者全員が一堂に会し、懇親会が催されました。

終了後プレスツアーが組まれ、「まごころの杜」を専用バスに乗車して出発。先ずは、アイカ工業名古屋支店に常設されている「IWAOギャラリー」を視察し、次いで陽明会が運営する聖霊陽明ドクタータワー(サービス付高齢者向け住宅を視察しました。

年間40兆円を超える医療費は、迎える超高齢化時代で破たんをきたしつつあります。こうした医療・介護の最前線に接する機会を持ち、私たちパブリック・リレーションズ(PR)の専門家がこの分野でかかわるべき課題の多さを再認識させられました。

投稿者 Inoue: 12:41