相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2016年9月 | メイン | 2016年11月»

2016年10月28日

「原子力の日」に思う
〜地産地消型のエネルギー政策への転換を

皆さんこんにちは井之上 喬です。

秋も深まり紅葉本番のニュースが届く一方で、北海道は雪、関東以西は夏日など寒暖の差が激しい不順な天候が続いていますが、体調管理には十分注意しましょう。

■核燃料サイクルの終焉
10月26日は「原子力の日」です。

1963年10月26日、茨城県東海村の日本原子力研究所で日本初の原子力発電に成功したことを記念し、1964年7月31日に閣議決定されたものです。

原子力は資源に乏しい日本のエネルギー源として開発がすすめられ、政府は最終的には高速増殖炉「もんじゅ」(福井県)を中核に核燃料サイクルの確立をもくろんでいました。

しかし、東日本大震災とそれにともなう東京電力福島第1原発事故で核燃料サイクル構想は大きな転換期を迎えているのは周知のとおりです。

2016年10月現在、稼働しているのは九州電力川内原発2号機と四国電力伊方原発3号機となっています。日本の原発は北海道から九州まで計57基、現在稼働しているのは2基だけです。

その一方で政府が年内に廃炉を含む抜本的な見直しをするとした高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、報道によると水落敏栄文部科学副大臣が10月24日、福井県庁で報道陣に「極めて重要な問題。場合によっては延びるかも知れない」と述べ、廃炉の結論が年明けになる可能性を示した、とのことです。

それに対し原子力規制委員会の田中俊一委員長は10月26日の記者会見で、もんじゅの運転期間や出力にかかわらず例外的な再稼働は認めない考えを示し、文部科学省が検討している短期間の試験運転を否定した形となっています。

国民の税金1兆円超を費やしたもんじゅの廃炉も含め、核燃料サイクル、原子力政策を見直すべきではないでしょうか。トラブル続きのもんじゅに「これまで1兆円も使ったのだから」といって実験を続行させる考えはこの際捨てるべきだと思うのです。

ちなみに自然界に存在するウラン235の半減期は約7億年、ウラン238の半減期は約45億年だそうです。気の遠くなるような時間の流れです。

■身近な自然エネルギーに目を向ける
大型の原発を地方に建設し都市に電力を供給する、といった一昔前のエネルギー政策はすでに破たんしています。

地方選挙の結果でも10月16日の新潟県知事選では、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重な姿勢を示して米山隆一氏が初当選。初登庁の記者会見でも「原発再稼働問題については、まずは徹底的な検証を進め、県民の命と暮らしが守られない現状においては、再稼働は認められない」としています。

これまでこのブログでたびたびエネルギー問題を取り上げてきましたが、これからは太陽光、風力、地熱などの自然エネルギー、再生エネルギーのバイオマス、そして水素エネルギーを使った燃料電池などによる地産地消型の小型の発電が主流になりつつあるのではないでしょうか。

加えて世界の年間石油消費量の10万年分が海中に眠っているとされる、マグネシウムエネルギーにも注目が集まっています。

このように原発がなくても電力供給に不都合は生じていないのが現状ですが、CO2対策には人間の英知と実行力を期待し、日本は原発以外のクリーンな自然エネルギーに力点を置くべきだと考えています。

そして次世代につけを回さない脱石油、脱原発によるサステナブルな社会の実現のために、パブリック・リレーションズ(PR)を活用することが重要だと思うのです。

10月26日が、人の知恵ではコントロールできないエネルギー源からの脱却、そして改めて電気のありがたさを考える日になると良いですね。

投稿者 Inoue: 12:27

2016年10月21日

歳時記
〜全国、関東の紅葉ベストスポット

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

朝夕は大分涼しくなり、時には寒さを感じる時節となりました。こうした季節の変わり目には、何よりも健康管理が大切。皆さんご留意ください。

例年この時期になりますと、紅葉の話題に接する機会が増えてきます。今年の全国各地の紅葉の見ごろ時期は、平年並みの所が多いようです。

全国主要都市における「紅葉前線」を追うと、札幌が10月下旬で、そろそろといった感じ。仙台が11月下旬で、平年より少し遅いようです。

新潟は11月中旬、東京は11月下旬でいずれも平年並みとのこと。名古屋は11月中旬、大阪が12月上旬、京都は11月下旬、広島は11月中旬となっています。さらに南下すると、高松は11月中旬で、福岡が11月下旬と発表されています。

「紅葉の見ごろ」は、気象庁が制定している「生物季節観測指針」における紅葉の基準に基づき、「カエデの木の大部分の葉の色が紅色になった状態」としているようです。

■全国の紅葉ベスト10
2016全国紅葉/全国観るなび (日本観光振興協会)では、全国の紅葉ベスト10
について以下のように紹介しています。

1.日光(竜頭ノ滝):栃木県日光市
2.軽井沢(雲場池):長野県軽井沢町
3.奥入瀬渓流:青森県十和田市
4.嵐山:京都府京都市右京区嵐山
5.国営昭和記念公園:東京都立川市緑町
6.磐梯吾妻スカイライン:
 福島県福島市町庭坂〜土湯温泉町
7.上高地(涸沢方面):長野県松本市、安曇上高地
8.栂池自然園:長野県小谷村栂池高原、栂池自然園
9.日光(中禅寺湖湖畔):栃木県日光市中宮祠
10.上高地(大正池、河童橋周辺):
 長野県松本市、安曇上高地

東京にお住まいの方は、立川市にある「国営昭和記念公園」が、全国5位にランクされています。最盛期は11月上旬から下旬とのこと。都心からも至近距離にあり、出かけてみてはいかがでしょうか。

■関東の紅葉ベスト10
続いて関東の紅葉ベスト10です。皆さんにとって馴染みのスポットもランクインされているのではないでしょうか。

1.箱根 芦ノ湖(神奈川):富士山も見渡せる贅沢な景観
2.日光 いろは坂(栃木):
 山裾の紅葉を車中から楽しめる日光の名所
3.養老渓谷(千葉):
 多数の紅葉スポットをハイキングする
4.那須高原(栃木)
5.高尾山(東京)
6.長瀞(埼玉)
7.谷川岳(群馬)
8.六義園(東京)
9.袋田の滝(茨城)
10.明治神宮(東京)

私の会社(株式会社井之上パブリックリレーションズ)から徒歩3分で新宿御苑へ行けます。新宿御苑は桜の名所として知られますが、紅葉もまた十分に楽しめます。紅葉する樹木の種類が多く、時期をずらして紅葉が始まり、10月下旬から12月上旬まで長期にわたって、色彩の異なる様々な樹木の紅葉を楽しむことができます。

年末に向けてなにかと仕事にドライブのかかる時期。時として都会の喧騒を忘れ、紅葉狩りを楽しむといった余裕も欲しいものです。

投稿者 Inoue: 13:57

2016年10月13日

サステナビリティと「人を活かす会社」
〜女性活用中心にダイバーシティ施策に高い評価

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

注目のアメリカ大統領選挙まで1カ月を切りました。
今週行われた第2回のテレビ討論会をご覧になった方も多かったのではないかと思いますが、皆さんはどのように感じられましたでしょうか?

政策論争がない中傷合戦に終始、個人的には非常に残念でした。アメリカ国民が最終的に誰を選ぶのか注目したいと思います。

■多様な人材が成長のカギ
先ごろ日本経済新聞社がまとめた2016年の「人を活かす会社」調査のランキングが発表になりました。連結従業員1,000人以上の上場企業とそれに準ずる非上場有力企業462社の人事・労務担当者を対象に、アンケート調査を実施しています。

一経営者として、人を活かす経営という視点は常に意識するところで、このランキングに注目してみました。総合ランキングでは、ジョンソン・エンド・ジョンソングループが初の首位となっています。

トップテンを見てみますと1位(昨年順位18位)ジョンソン・エンド・ジョンソングループで総合得点460.17。2位(同5位)イオンの454.60。3位(同1位)SCSK、453.95。4位(同6位)東京海上日動火災保険、451.31。5位(同13位)花王グループ、450.24。6位(同9位)ネスレ日本、447.30。7位(同12位)損害保険ジャパン日本興亜、446.68。8位(同8位)サントリーホールディングス、440.13。9位(同7位)アサヒビール、437.62。10位(同16位)三井住友海上火災保険、437.52となっています。

安倍政権の政策にも反映されていますが、女性や外国人の管理職登用、多様な人材の活用に力を入れている企業が順位を上げているのが目を引きます。

グローバル競争が激しくなるなか、各企業は社員の活力を高めるさまざまな仕組み作りを急いでいるのがわかります。

この調査は、「雇用・キャリア」、「ダイバーシティ(人材の多様性)経営」、「育児・介護」、「職場環境・コミュニケーション」の4分野に分けて分析、仕事と家庭の両立を促す制度や、人材活用への取り組み、健康・職場環境の対策など約100項目について評価、点数化しています。

主な評価ポイントを記事から拾ってみると、昨年の18位からトップに躍り出たジョンソン・エンド・ジョンソングループは、部長職以上は率先して連続2週間の有給休暇を取得するなど、社員のワークライフバランス(仕事と生活の調和)を支える取り組みに注力。2015年度の1人当たりの年間総実労働時間は2014年度に比べ72時間減ったとのこと。

また、性的少数者(LGBT)への対策として通称の使用、戸籍上と異なる性別での処遇を認めるなど、先進的な職場環境改善の取り組みを進めているのが注目されます。

2位にアップしたイオンは、「女性の働きやすい環境づくりに力を入れ、2014年10月時点では19%だった女性管理職比率は22%に上昇し、転居を伴わない地域社員で初の女性店長も誕生したそうです。また、4月には総合スーパー内で初めての事業所内保育園を設置し、育児中の従業員が働きやすい取り組みを進めています。

大きな流れとしては女性の登用を中心に、社員が生き生きと働ける施策を行っている会社が高い評価を得ているようです。社員を活かす会社が、激変する経営環境の中で事業継続=サステナビリティに優れた会社ともいえるのかもしれません。

■日本で「サステナビリティと企業価値」国際シンポジウム開催
10月17日(月)には井之上パブリックリレーションズがコンサルテーションしている伊・アルカンターラ社が中心となって、第 3 回「サステナビリティと企業価値」国際シンポジウムを開催します(日本経済新聞社、早稲田大学、ベネチア国際大学との共催、グローバルビジネス学会後援、日経ホール)。

アルカンターラ社はイタリア企業として初めてカーボン・ニュートラル認証を取得した、世界的にみてもサステナブル経営に積極的に取り組んでいる会社です。

シンポジウムに合わせて来日するアンドレア・ボラーニョ会長兼 CEOが、欧州発のサステナブル経営とは、そして日本企業に対しどのようなメッセージを発信するのか楽しみです。

この国際シンポジウムは過去2回、イタリア・ベネチア国際大学で開催されており、日本では初めての開催。

私も昨年のべネチアでのシンポジウムで、サステナビリティの実現には、パブリック・リレーションズ(PR)が不可欠になるといった主旨の講演を行いましたが、今回はプログラム最後のパートで会議全体を締めくくるお話しをさせて頂きます。

皆さんも是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。詳しくは以下のURLをご参照ください。

http://esf.nikkei.co.jp/e/event.asp?e=02289

投稿者 Inoue: 19:30

2016年10月06日

井之上ブログ600号記念
超高齢社会のソリューションとなる「IWAOモデル」
〜課題解決先進国としての取組みを

皆さんこんにちは井之上 喬です。

日本社会にパブリック・リレーションズ(PR)を根付かせたいとの一念で、2005年4月にスタートしたこのブログも読者の皆さまの熱意に後押しされて今回、600号を迎えることができました。

週一度のペースで発行してきた井之上ブログ。いつもご愛読いただき誠にありがとうございます。これからも平和で希望ある社会づくりを目指すパブリック・リレーションズの一環として、引き続きブログの発行に注力して参ります。これからもご支援くださいますようお願いいたします。

これまでのマイルストーンとなる記念号では、どのようなことについて記してきたか、そのテーマを紹介しますと、次のようになります。

100回記念(2007年2月17日)ではパブリック・リレーションズ(PR)の先進国、米国で1952年に発刊され、半世紀以上を経た今日も世界中で愛読されて第10版を重ねる『Effective Public Relations』の紹介。

200回記念(2009年1月17日)では日本文化とパブリック・リレーションズの接点として「絆(きずな)」の紹介。

300号記念(2011年1月24日)では、政府や国民、政治家と有権者とのリレーションシップ構築の象徴ともいうべき「マニフェスト」について。

400号記念(2012年10月1日)では、このブログがスタートしてからの7年半の間に起きたさまざまなことに触れました。内外の経済、政治の移り変わり、そして東日本大震災福島原発事故

500号記念(2014年10月16日)として今私が日本の将来にとって最も重要と考える教育、それも「幼児教育」をテーマに採り上げました。

さて日本は、後期高齢者の爆発的な増加に伴い世界でも類のないほどの高齢化社会を迎えようとしています。今回の600号記念ブログでは、こうした背景を踏まえ、進行する超高齢社会のソリューションとなる「IWAOモデル」を紹介します。

■岩尾教授との出会い
「IWAOモデル」を推進する方は医師で藤田保健衛生大学教授、名古屋大学院特任教授の岩尾聡士教授です。

岩尾教授とは昨年8月、名古屋市主催の「地方創生に係る意見交換会」にそれぞれ講師で呼ばれた際にお目にかかったのが最初でした。

その時、これまで知ることのなかった、医療と介護を取り巻く様々な問題が危機的な状況にあることを知り愕然となりました。

以来、グローバルビジネス学会のセミナーや研究発表会でIWAOモデルの紹介や研究成果を発表いただいたり、危機感が募る医療・介護分野において、如何にIWAOモデルを広く日本に普及すればいいのか話し合ったものです。

岩尾さんのもう一つの顔はボクサー。28歳からボクシングを始め、国体や全日本社会人選手権(3位)などに出場し、バルセロナ・オリンピックを目指したほどの実力者。

医療と介護問題を抜本的に改革するには思い切った規制緩和と強力な推進力が必要となりますが、岩尾さんのボクシングで培われたバイタリティで日本が抱える未曾有の難局を乗り越えられるものと確信しています。

元外科医である夫人の岩尾康子さんは、医療法人陽明会理事長をつとめ、実践現場を支えています。現在では600程度の患者を有する陽明会はIWAOモデルの実行機関として車の両輪役を果たし、モデルの普及にも努めています。

■「IWAOモデル」とは?
団塊世代が後期高齢者(原則75歳以上)となる「2025年問題」が現実味を帯びる中で、看護師、介護士不足や破綻状況にある高齢者医療制度などの要因もあり、病院、介護施設での高齢者ケアは限界をきたしています。

今後、都市部を中心に2025年には全国で43万人もの要介護高齢者が病院を追われ、介護施設へも入居できない医療難民や介護難民が急増するといった最悪な事態が予測されています(2015年6月:日本創成会議調べ)。

こうした最悪な事態を回避するため、地域社会と産・官・学・医が連携を深め医療と介護、人材教育を統合し、「街全体で高齢者をケアする」仕組みづくりとなるのが「IWAOモデル」です。

先日(9/20)、「IWAOモデル」を日本社会へ紹介することを目的に、同モデルの推進をサポートするアイカ工業(東証・名証1部)と共同で記者懇談会を日本外国特派員協会(FCCJ)で催しました(写真)。

この記者懇談会において岩尾教授は、「日本は世界に類を見ない超高齢社会を迎えようとしている。こうした中で、医療・介護の効率化と質的向上を目的に地域レベルで介護と医療をシームレスに統合する『IWAOモデル』は、有効なソリューションとなる」と述べていました。

以前、私のブログ「ジャパン・モデル」(2011年6月6日)で、「世界が抱える課題に対して日本は、課題解決先進国としてそのソリューションを提供しうる多くの経験を重ねてきている」とし、「このことが、筆者が考えるジャパン・モデル構築のベースとなっている」ことを記しました。

日本がこれまで経済、政治、社会分野で経験した、あるいは今後経験するさまざまな出来事は、他の国々が好むと好まざるとにかかわらず、これから経験するであろう事象ともなります。

同ブログで高齢化問題を採りあげ、「日本の人口は現在1億2千7百万人で現在全人口に対し65歳以上の人口比率は23%(世界平均は7.6%)を超え、2020年には29.2%(同9.3%)になると予測される。日本ほど急速な高齢化社会を迎えている国は世界にない。」と書きました。

この600回目の記念号を執筆するなかで、今後「IWAOモデル」をジャパン・モデルのキーファクターの一つとしてパブリック・リレーションズ(PR)により、広く世界に提示していくことは、PR専門家である私の責務でもあると改めて考える機会となりました。

投稿者 Inoue: 17:13