相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2016年8月 | メイン | 2016年10月»

2016年09月30日

世界ランキングに見る日本の競争力
〜やはり革新性がキーワード

皆さんこんにちは井之上 喬です。

来週から10月。神無月ともいわれ出雲大社に全国の神様が集まって1年の諸々の事を話し合うため、出雲以外には神様が居なくなる月の意味という古来の言い伝えもありますが、各地の神社ではで収穫を祝う例大祭が行われます。

東京は雨模様の日が多いのですが、すっきりした秋空のもと日本伝統の行事に触れる良い機会ですね。

■世界競争力ランキングは8位に後退
ダボス会議主催で知られる世界経済フォーラム(スイス)は9月28日、2016年の世界競争力ランキングを発表しました。それによると残念ながら日本は8位で、前年の6位から順位を下げてしまいました。

調査対象は138の国・地域で、ランキングを見ると1位は前年と同じくスイス、2位がシンガポール(前年2位)、3位米国(同3位)、4位オランダ(同5位)、5位ドイツ(同4位)、6位スウェーデン(同9位)、7位英国(同10位)、8位日本(同6位)、9位香港(同7位)、10位フィンランド(同8位)となっています。

アジアでは他に台湾が25位、マレーシアが26位、韓国が28位、そして中国が28位と上位にランク入り。

日本経済新聞によるとこの背景として、2007年から終始5位以内に入っていた「技術革新」が8位に下降。投資家保護や企業倫理を含む「制度」が16位に3つ低下したことが響いたようです。

日本の総合順位の低下は東京電力・福島第1原子力発電所事故の影響が反映された2012年以来4年ぶりで、技術革新に含まれる小項目では「企業の研究開発投資」「研究機関の質」「産学連携」などで評価が下がったとしています。

また制度では、企業倫理や投資家保護に加え、知的財産の保護や政治家への信頼も落ち込んでいるとしていますが、企業倫理の欠落した東芝問題や知財戦略が脆弱な日本企業の諸問題がそれらの要因にあるのではないかと思います。

一方で同新聞は、「金融市場」は19位から17位へと上昇し、金融サービスの利用時の費用負担や、資金調達へのアクセスが順位を上げているとしています。

また「マクロ経済環境」は前年の121位から104位と大幅な上昇を示しているものの、「公的債務の大きさが足を引っ張る構図は変わらない」と日本の国際基準での評価を解説しています。

個人的には技術革新の評価が下がっているのには驚きましたが、投資家保護、企業倫理などでの低い評価が全体のランクを下げたのではないかと残念ながら納得してしまう部分もあります。パブリック・リレーションズ(PR)に求められる重要な要素である「倫理観」がキーファクターとなっているともいえます。

■Fortune誌の「世界を変える50企業(Change the World)」で伊藤園が18位になったというそんな中でちょっとうれしいランキングもありましたので紹介します。

2016年9月1日号Fortune誌の「世界を変える50企業(Change the World)」ランキングで日本企業が2社ランク入りしています。

1社は伊藤園で、日本企業では最高の18位、もう1社はパナソニックが39位にランクされています。

伊藤園は企業のCSR活動が当たり前になるなか、継続的かつ戦略的にCSR活動に取り組んでいる代表的な企業。その中核的な役割を果たしているのが常務執行役員CSR推進部長笹谷秀光さんです。

フォーチュン誌の選定基準は、重要な社会課題へのインパクト、業績、革新の程度で、伊藤園が経営戦略の一環として社会課題に独自に取り組む「茶産地育成事業」、「茶殻リサイクルシステム」などが高く評価されたとのことです。

ランキングされた企業は以下のURLを参照ください。
http://beta.fortune.com/change-the-world

Fortune誌選定理由「日本の混迷する農業セクターに新たな雇用創出」とし、ています。以下にその理由をそのまま紹介します。
「日本最大の緑茶飲料メーカーである伊藤園にとって、環境保全はゆるぎない信念である。この売上高4000億円の清涼飲料メーカーでは、2001年から茶産地育成事業に取り組んできた。この事業は、日本では耕作放棄地が40万ヘクタールもあるが、同社ではその活用と就農者の増加を図るものである。 地域の自治体と農家との契約により、伊藤園は栽培技術を提供し、1,000ヘクタールの緑茶原料用農地を確保してきた。また、伊藤園では、年間49,000トン発生する茶殻をダンボールなどに再利用している」
と事業をベースとした社会との新しいかかわり方を創出し継続的な取り組みを行っていることを評価しています。

日本伝統のお茶文化が、今やシリコンバレーをはじめ海外ではクールな日本文化として急速に普及しているのもうなずけますね。

取り上げた2つの世界ランキングに共通するものは何でしょうか。私は“革新性”だと考えています。

技術の革新性だけでなく、ビジネス、社会とのかかわりなどの革新性、常に社会を意識しながらサステナブルに変わり続け新しい企業価値を創造する。難しいことですが挑戦する価値は大いにあると思います。

常に外部環境に変化を読み取る、パブリック・リレーションズ(PR)がここにも求められています。

投稿者 Inoue: 13:48

2016年09月23日

12年ぶり、29作目の和製『ゴジラ』
〜ゴジラ史に足跡を刻んだ『ゴジラを飛ばした男』

皆さんこんにちは 井之上 喬です。

昨日(9/22)は秋分の日でした。国民の祝日は、あらかじめ月日が決まっていますが秋分の日と春分の日は前年の2月1日に、それぞれの日付が書かれた「暦要項(れきようこう)」が官報に掲載されることによって、正式決定となるようです。

これは、地球の運行状態などが要因とのことです。地球の運行状態は常に変化しているため、観測した結果が必ずしも計算結果の通りになるとは限りませんが、東京五輪が催される2020年の春分の日は3月21日(月)、秋分の日は9月23日(金) になると推計されているようです。

皆さんは秋分の日、春分の日の日付が実はあらかじめ決まっていなかった、ということをご存じだったでしょうか。

さて、今回は皆さんご存知の『ゴジラ』のお話です。

■62年間に及ぶゴジラ史を一変
東宝映画『シン・ゴジラ』は、公開1カ月で興行収入が53億円を超え、今年の邦画1位にランクされたとのこと。人気アニメ『エヴァンゲリオン』で知られる庵野秀明さんを総監督に起用し、固定ファン頼みだった62年間に及ぶゴジラ史を一変させたといいます。

私の会社(井之上パブリックリレーションズ)でも多くの若手社員が『シン・ゴジラ』を観に行っています。

このように新しいファン層を拡大させたのは、商業的に不可欠といわれる恋愛要素などには目もくれず、すべての面でリアリティーにこだわり続けた総監督を務めた庵野さんの演出にあるようです。

過去の作品では破壊される街はミニチュアでしたが、今回は実景などCGを駆使し、でゴジラの移動ルートを全て現実に合わせ詳細に描いています。ゴジラも着ぐるみではなくやはりCG。

1998年には海外で初めて米国のトライスター・ピクチャーズ提供による『GODZILLA』が制作されました。興行収入的には成功を収めたものの、世界のゴジラ・ファンからは「あれはゴジラではない!」と不評を買いました。

そして2014年、再びアメリカでワーナー・ブラザーズ提供、レジェンダリー・ピクチャーズ製作による『GODZILLA ゴジラ』が公開されました。

こうした経緯から「日本でも再びゴジラを!」という声が高まり、約12年振りとなるゴジラシリーズの新作『シン・ゴジラ』が制作されることになったといいます。

■ゴジラは空を飛べるか?
日本映画の"伝説"ともいうべき作品『ゴジラ』。1954年に社会問題となっていたビキニ環礁の核実験に着想を得て『ゴジラ』は生まれました。世界で唯一の被爆国である日本だからこそ作ることができた映画といえるでしょう。

以前のブログ(2014年5月29日)にも書いたように、私がまだ小学生の頃、兄弟と一緒に地元の映画館へゴジラを観に行ったときに、水爆実験で目覚め、安住の地を追われ東京の街を破壊尽くしたゴジラが私のゴジラとの最初の出会いでした。

また同じブログでゴジラ・シリーズ第11作目の『ゴジラ対ヘドラ』を監督された坂野義光さんを紹介していますが、85歳にしていまだ衰え知らずの映像クリエイター坂野さんは、この7月に自身の半生記となる『ゴジラを飛ばした男』(フィールドワイ発行)を出版しています。

坂野さんは『ゴジラ対ヘドラ』で、禁断とされたゴジラの飛翔を敢行し、以来ゴジラ・ファンの間では「ゴジラを飛ばした男」として知られた人。

逃げるヘドラを追って、ゴジラが口からの熱線を放射する反動で後ろ向きに空を飛ぶというシーンで当時関係者の間に激しく賛否両論を呼んだようです。

同書で、さまざまなエピソードとともに、70年代後半?80年代に米国から見た日本映画の捉え方や評価が坂野さんの目を通して語られている部分は興味深いものでした。

私のブログでも紹介したように、2014年の『GODZILLA ゴジラ』の実現は、レジェンダリーのトーマス・タル会長が世界ワースト映画50(米国にて)に選ばれた「ゴジラ対ヘドラ」を少年時代に観て感動したことがきっかけとなっています。

また同書では、「ゴジラ対ヘドラこそ、最初に環境問題を訴えた価値ある映画」と米国の学生が評した話など、これまで書かれなかった秘話も入っていて70年代後半以降の昭和の日本映画の状況を知る上で面白い本だと思います。

坂野さんとは何年か前の夏、私の母の郷里弓削島(愛媛県)に招待したときに、今治の彼の生家に立ち寄ったことがあります。『シン・ゴジラ』公開を機会に、ゴジラ史に足跡を刻んだ『ゴジラを飛ばした男』、一度是非お読みください。昭和世代の方には懐かしさがこみあげてくるはずです。

投稿者 Inoue: 18:20

2016年09月15日

NHK大河ドラマ余談
〜「関ヶ原を1分で終わらせた」三谷幸喜さんの脚本

皆さんこんにちは井之上 喬です。

400余年も前の今日(1600年9月15日)は、徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍とで関ヶ原の戦いが行なわれた歴史的な一日でした。

奇しくも4日前の11日(日)にNHKの大河ドラマ『真田丸』第36回の「勝負」では、日本史上で最も有名な合戦の1つである「関ヶ原の戦い」が放送されました。

■NHKの看板番組の制作費は?
しかし、「関ヶ原に」に関係するシーンは、真田家の忍びである佐助(藤井隆)が真田昌幸(草刈正雄)に「東軍が勝利した」と報告するだけで終わらせています。

ORICON STYLEによると、三谷幸喜さんの脚本に対してSNS上で「超高速関ヶ原」、「関ヶ原を1分で終わらせた」、「何この斬新すぎる大河ドラマは!」などといった書き込みとともに、余りにも異色なストーリー展開に衝撃が広がったといいます。

三谷さんの脚本では、信繁(堺雅人)や真田の人々が見ていないこと、体験していないことは、歴史上の重要な出来事であっても、あえてすべてを見せないようにしているとのこと。第4回「挑戦」で、「本能寺の変」を炎の中で鎧が崩れるイメージショットとナレーションだけで終わらせたのもその一環だったようです。

大河ドラマは朝の連続テレビ小説と並ぶNHKの看板番組。歴代瞬間最高視聴率は、53%を記録した『赤穂浪士』だったそうです。かつては30%超えが当たり前だった大河ドラマ(独眼流政宗、武田信玄、春日局、太閤記など)も、近年視聴率の点で苦戦を強いられているといわれます。

毎週金曜日の日経MJの2面(エンターテインメント)では、映画、CD、文芸単行本の週間ランキングと一緒に、テレビドラマの視聴率も掲載されています。テレビドラマでは、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK総合)と真田丸(NHK総合)とが常時1位と2位にランキングされています。直近の視聴率はそれぞれ24.2%と17.3%でした(8/1?7日ビデオリサーチ調べ)。

大河ドラマの30%超えは、現実的にはなかなか難しいようです。特に近年は、本放送だけでなく、NHKBSプレミアムで同日の2時間前(18:00?)に放送されたり、再放送や録画して都合の良い時間に見るといった多様な視聴スタイルもあるなど、視聴の選択肢が増えたことで、本放送の視聴率を下げている要因ともなっているようです。TV関係者よると、現状で17?18%の視聴率がとれれば、まずは合格点といえるとのこと。

また、こうしたNHKの看板番組の制作費がどれくらいか、気になるところです。これについても、前述のTV関係者から「NHKは年度毎の『収支予算と事業計画の説明資料』に詳細が公開されている。それを見ると番組1回当たりの制作費が分かる」と教えられました。

http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/yosan/yosan28/pdf/siryou.pdf

早速、平成28年度の説明資料を当たってみると、収支予算と事業計画について40ページを超える詳細情報が載っていました。

その7ページ目に〈ジャンル別の番組制作費〉が紹介されていて、ドラマ(大河ドラマ、BS時代劇、連続テレビ小説)の1回当たりの制作費が9.9?58.3百万円となっています。下限の990万円は連続テレビ小説で、上限の5830万円は大河ドラマのそれぞれ1回分の制作費に相当するようです。

パブリック・リレーションズ(PR)活動において情報公開は、企業経営の透明性を示すうえで重要な要素となっています。NHKの「収支予算と事業計画の説明資料」を目にして、公共放送として適切な情報公開をしているなという印象をもちました。

■大河ドラマの経済波及効果
日本銀行は定期的に大河ドラマ(新選組)の放送による経済波及効果を調査し、発表しています。

放送開始前の昨年、日本銀行松本支店は特別調査「長野県における大河ドラマ『真田丸』の放送に伴う経済効果」を発表しています。調査によると、県内・県外からの観光入込客数の増加効果は約113 万人、これに伴う観光消費増加額は約161 億円、経済波及効果は約200 億円となると試算されたそうです。

これは、2001年?2014年に放送された大河ドラマ(14本中11事例)を参考に観光入込増加客数を設定し、これに観光消費額単価を掛けて観光消費増加額を求めるなどして経済効果を算出するとのこと。

「真田丸」による観光消費増加額約161億円の内訳は、土産代や買い物代などが約53億円、宿泊費が約45億円、飲食費が約30億円、交通費が約21億円、入場料、娯楽費が約12億円を見込んでいるといいます。

観光入込増加客数は約113万人のうち宿泊客は約36万人、日帰り客は約77万人と推計しています。

その後、日銀松本支店は「上田城跡公園に開設された大河ドラマ館には当初の予定を大幅に上回る入館者が訪れている。また長野市松代町(真田宝物館)も前年比の7倍の観光客が来る日があるなど、これまでになかったくらいの観光客が来てお金を落としていることは間違いない」とコメントしているとのこと。

地方経済の視点から大河ドラマを視聴するというのも面白いものですね。

投稿者 Inoue: 22:24

2016年09月09日

「日本人もやるじゃないか!」
〜2人のプロ野球選手に見る日本人の可能性

皆さんこんにちは井之上 喬です。

台風が毎週のように日本列島を襲い、大雨の被害も各地で九州、北海道、東北など全国各地で起こっています。被災された方々に対しては、心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早く復旧されることをお祈りしています。

秋は台風だけというのも困りますが、○○の秋と称される中に、「スポーツの秋」があります。

リオ・オリンピックでの日本選手団の活躍は記憶に新しいところですが、日本時間の8日からは第15回夏季パラリンピック・リオデジャネイロ大会が開幕、約4300人が22競技に参加。

日本からは17競技に選手132人に加え、マラソンの伴走者など競技パートナー15人も出場する予定とのこと。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに弾みをつけるためにも、リオ・パラリンピックでの日本選手の活躍が期待されます。

オリンピックイヤーの今年、スポーツに関する国民の関心は非常に高まっています。

■今シーズン記録ラッシュだったイチロー選手
スポーツ分野ではプロ野球もいよいよ終盤を迎え、セパ両リーグのペナント争いも激しさを増しています。セ・リーグは25年ぶりの優勝となる広島がラストスパート、一方のパ・リーグはソフトバンクと日本ハムが熾烈な首位争いを展開しています。

チーム争いも興味深いですが、日米で活躍する2人のプロ野球選手に注目してみました。

1人は米国メジャーリーグ・マーリンズのイチロー選手、そして日本のプロ野球ではヤクルトの山田哲人選手。2人とも走攻守三拍子そろった素晴らしい選手ですね。

イチロー選手は今年、安打数の世界最多記録や、メジャー通算3000本安打、さらにはメジャー通算500盗塁と、次々に偉業を成し遂げてきましたが、日本時間の7日、代打で出場し今シーズン第1号の2ランを放ち、オリックス時代の1993年から日米をまたいで続けている連続本塁打記録を24年に伸ばしたとのこと。

ちなみに、イチロー選手の日米通算24年連続本塁打という記録は、日本では今季現役引退した谷繁氏とあの野村克也氏に次ぐ歴代3位、MLBでは伝説のタイ・カッブ氏に並ぶ歴代2位タイの記録だそうです。

安打製造機のイメージが強いイチロー選手のちょっと意外な記録だとは思いませんか。

■2年連続トリプルスリーの偉業達成目前の山田選手
一方、ヤクルト山田哲人選手は、昨年の流行語大賞にもなった「トリプルスリー」(打率3割、30本塁打、30盗塁)の2年連続達成という偉業達成の条件を6日のDeNA戦で盗塁を決め満たしました。達成すれば、2年連続はプロ野球史上初の快挙。心から敬意を表したいと思います。

ちなみにメジャーリーグのトリプルスリーはこれまで22人いるそうですが、複数回は3人だけで2年連続となると長いメジャーリーグの歴史にはないのだそうです。

前人未到の領域を追い求め、達成している2人ですが、体格的には決して秀でているとは言えず、偉業達成の裏に秘められた様々な工夫と努力は想像に難くありません。

日本人は体格の面でスポーツでは不利と言われ続けてきました。とりわけ陸上競技の短距離では肉対的な壁が大きく立ちはだかっていましたが、リオ・オリンピックでのこれまでの常識を覆す男子400メートルリレーでの銀メダル獲得は、「日本人もやるじゃないか!」そう世界に印象付けたはずです。

またこれらの活躍は、少子高齢化に象徴される課題先進国日本で、若者を中心に活力に欠けるイメージの強かった日本人の印象を覆す出来事だったのではないでしょうか。

私も若き頃、水泳でオリンピックを目指したことがありました。体を存分に鍛える時期は、若い時に必要だと思いますし、それが後々の個々人の体にとって文字通りの財産になると思います。

2020年は東京に世界中から人々が集まってきます。「日本人もやるじゃないか!」スポーツ分野でも、日本人の存在を世界にアピールできる、そんな期待を抱かせるような出来事でした。

投稿者 Inoue: 12:53

2016年09月01日

瀬戸内の島の過疎問題
〜変容する弓削島

皆さんこんにちは、井之上喬です。
猛暑続きだった8月も終わり今日から9月。皆さんいかがお過ごしですか?

今年も毎夏訪れる亡き母の生まれた弓削島で休暇を過ごしました。
弓削島のある弓削町の現在の町名は上島(かみしま)町。2004年に、周辺の岩城、生名、魚島の3つの村と統合し名前を上島町と変更。2つの斜張橋(つり橋)で3つの島(弓削、佐島、生名)を結び、7つの有人島と18の無人島からなる町は、「しまなみ海道」からも外れ、世俗から離れた固有の風土を有する場所です。ちなみに生名島はやり投げの村上幸史選手の故郷。

私にとって弓削島は幼少時から馴染の深い島ということもありますが、海と空、松の木々と白い砂浜、それに瀬戸内のゆったりした人情など、自然の恵みを一杯に受けた佇まいは、都会人にとってはまるで天国の島です。

■過疎化対策
弓削島を含めた上島町の人口は現在約6,900名、10年前は約8100名、20年前は9300名とそれぞれ10年で1000名以上の人口が減っていることになり他の地域と同様に深刻な問題を抱えています。

島には小学校、中学校、高等学校、に加え弓削商船高等専門学校がありますが、近年弓削高校に入学する学生数は人口減が影響を受け廃校ボーダーラインの20名を割る年もあるようです。県の規定では2年連続して学年で20名を割ると廃校になるようですが、そうならないように他県の中学生に呼びかけるなど様々な努力がなされているようです。

人口減を止めるには、出生率を上げるか外から移住者を求めるか2つの方法しかありませんが、出生率は全国平均の1.46(厚労省2015年人口動態統計)を少し上回る程度で深刻な状況のようです。

自然減は毎年100名前後に対し、社会増減はこれまで数十人のマイナスであったものが、直近の2014年度に初めて46名のプラスとなっています。この現象は町の外からの移住者が増加した結果としています。他県から安住の地を求めて退職した年配者が主要のようですが、この頃は若い層が子育てやIT時代の新しい生き方を模索するために島を訪れるといいます。

これらに加え、近年は岩城島をはじめとし造船や漁業関連の研修生など約280名がアジアから家族を伴って居住しています。

人口減を止め如何に増やすか弓削島に役場を置く上島町は、2013年には上島観光協会を設立し観光客誘致に力を入れたりレモン産地の利点を生かした「レモンポーク」(岩城島)や「弓削塩」作りなどにみる地場産業育成などの様々な取り組みを行っているようです。

■空き家を如何に有効活用するか
観光客誘致やとりわけ外からの定住者受け入れなどを実現させるためには、生活の基盤となる住まいの確保の問題があります。

全国的に800万戸を超える空き家をどのように活用するかは、これからの日本の活力を増強する上で重要な課題となります。

空き家活用による経済の好循環は、情報を把握している行政とのパートナーシップなしでは実現できません。

上島町役場に勤める小林宣貴さんによると、弓削の空き家はおよそ数百戸で、そのうち利用可能な住宅は約100戸あるとしています。

こうした空き家を行政が仲立ちすることで、お風呂や台所など一部を改装しても安価な家賃で十分に快適な生活ができるようです。

地元の知り合いの一人は隣の因島で月額1万円の家を借り、お風呂を改修し4LDKの家に住み快適な生活をしています。

行政がこうした知恵を使うことで、介護施設の拡充や介護士・保育士などの生活の向上、民泊やセカンドハウス需要の喚起など過疎地域が抱える様々な課題解決が現実味を帯びてくるように思います。

島がこうしたインフラ整備を通して飛躍的に人間の往来を頻繁にし、活力ある地域に変貌させることが期待されます。

こうしたプロジェクトにもリレーションシップ・マネジメントとしてのパブリック・リレーションズ(PR)力が求められます。

投稿者 Inoue: 13:42