相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2016年7月 | メイン | 2016年9月»

2016年08月25日

金メダル余聞
〜リオ五輪閉幕、日本はメダル最多41個

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

南米大陸で史上初めて開催されたリオ五輪は、21日夜(日本時間22日朝)、マラカナン競技場で閉会式が行われました。来月7日からは障害者スポーツの祭典となるパラリンピックが同地で開幕され、18日まで22競技で熱戦を繰り広げることになります。

リオ五輪では、205カ国・地域から1万1千人を超す選手(日本からは331人)が参加し、17日間にわたり28競技306種目で熱戦が繰り広げられました。2020年に東京五輪を控える日本は今大会では、「金」12個、「銀」8個、「銅」21個を獲得。前回ロンドン大会の38個を上回り、メダル総数は史上最多の41個となりました。

昨日(8/24)、リオ五輪の選手団がオリンピック大会旗と共に帰国。史上最多の41個のメダルを獲ったこともあって、晴れやかな表情が印象的でした。

■リオ五輪の「重い」金メダル ?
桐生祥秀選手はインタビューに、「メダルは思っていたより重かった」と応え、「めちゃめちゃ重たい」。これは、リオ五輪で体操男子団体と個人総合で金メダルに輝いた内村航平選手のコメントです。

他のメダリストも同様で、価値の重みだけでなく、物理的な意味で「リオ五輪の金メダルは重い」と口を揃えています。直径8.5センチメートル、重さ500グラムと近代夏季オリンピックとしては最大・最重量サイズとなったようです。

国際オリンピック委員会(IOC)は、金、銀、銅メダルに細かなルールを定めているようです。少なくとも直径6センチ、厚さは3ミリ以上。また、メダルには対象となる競技と種目も明記しなければならないとのこと。こうしたルールを満たしたうえで、各大会の組織委員会がメダルのデザインを決定するようです。
金メダルは純金製と思っている方も多いのではないでしょうか。金のオンライン取引大手、英国のブリオンボールトによるとリオ五輪の金メダルの素材構成比率は銀が91.4%、銅が7.4%で金はわずか1.2%で6グラム程度しか含まれてないといいます。

国際的な金の調査機関であるワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は、リオ五輪で使う金メダルに関するリポートをまとめ、配合する金属の相場などから物質的価値を試算すると、1個の金メダルはおよそ600ドル(6万円強)になると算出。
また、リオ五輪の金メダルに使った金の採取にあたっては、環境汚染の原因となる水銀を一切使わなかったというのもアピールポイントのようです。


■東京五輪で廃スマホから金メダル量産計画
2020年の東京五輪・パラリンピックのメダルを廃棄されたスマートフォン(スマホ)や携帯電話などから作ろうとする試みが始まっているという報道記事が目に留まりました(08/19 日経産業新聞 )。

持続可能な未来をめざす「東京2020運営計画への連携プラン提案」検討会合が都内で開かれたのが6月10日。参加したのは東京五輪・パラリンピック組織委員会や環境省、東京都の関係者に加えてNTTドコモ、田中貴金属工業やリサイクル会社の幹部も顔を連ねたとのこと。

12年のロンドン大会のメダルで使われた金属は金が9.6キログラムで銀は1210キログラム、銅が700キログラム。一方、14年に日本国内で小型廃家電の回収で得た金属の量は金が143キログラムで銀は1566キログラム、銅が1112トン。計算上は必要な金属を確保できるという見通しが出ています。

国立研究開発法人物質・材料研究機構は昨年夏から、小型廃家電によるメダル製造の実現可能性を調査し、家電の回収から金属精錬までの現状を分析。

「日本の場合、ゼロから回収網などを作るわけではない。日本全体で合意が得られれば既存の仕組みでメダルは作れる」と都市鉱山大国にふさわしいコメントを発しています。

しかし、その実現は容易ではないようで、計算上は現在の回収量でメダルは作れるとはいえ、小型廃家電から得た金属の多くはすでに電子部品の材料として再利用されています。

特に銀は需給が逼迫しており、メダルに回せる分を確保できるかどうかは微妙なようです。小型廃家電リサイクルへの関心を高め、回収量を増やすことが何によりも必要としています。

日本では環境問題への意識が高い消費者が多く、例えば、牛乳パックやペットボトルのキャップなど直接の利点が消費者になくてもリサイクルが進んでいる商品は沢山あります。

私たちパブリック・リレーションズ(PR)の専門家として、リサイクルや環境問題への意識をこれまで以上に高めていく取組みを通し、東京五輪のメダル作りにも寄与していきたいものです。

投稿者 Inoue: 14:02

2016年08月18日

技術革新生み出す環境ランキングで日本は16位
〜この分野でもメダルを!

皆さんこんにちは井之上 喬です。

リオ五輪、甲子園球場での夏の高校野球も佳境を迎えています。
特にリオ五輪での日本選手の活躍、連日のメダル獲得のニュースに一喜一憂する毎日です。

皆さんはどの競技のどんな選手に感動しましたか。パラリンピックも含め人間が高みに挑戦する姿には崇高ささえ感じます。

日本をはじめオリンピック、そしてパラリンピックに参加している選手、陰で支えるコーチやスタッフそしてご家族の方々に改めて拍手を送りたいと思います。

■WIPO調査に見る日本の強さと弱さ
私たちのまわりには様々なランキング情報がありますが、8月15日には知的財産に関する国際機関WIPO(世界知的所有権機関)が毎年発表しているイノベーションが起きやすい国ランキング「グローバル・イノベーション・インデックス2016」の発表がありました。

さて日本は何位にランキングされているのでしょうか?
スイスが昨年に続いて1位を獲得し、日本は昨年から3ランク上げて16位に入っています。

WIPOは、特許などの知的財産の保護と利用の促進に取り組む国連の機関で、特許の数など80を超えるさまざまな指標を基にイノベーションを生み出す環境が最も整っている国や地域はどこかを毎年調べて発表しています。

2016年の1位はスイス、2位はスウェーデン(2015年3位)、3位は英国(同2位)、4位は米国(同5位)、6位はフィンランド(同6位)となっています。

アジアの国々を見ますと、トップはシンガポールの6位(同7位)、続いて韓国が11位(同14位)、香港14位(同11位)という顔ぶれで、中国が25位と、初めてベスト25にランクインしこの分野でも躍進しているのがわかります。

中国は2015年の29位からのランクアップで、教育や研究への投資に加え、特許などにつながる開発の促進が奏功したようです。

また新興国では、インドが昨年の81位から66位に大きく順位を上げているのも注目されます。

スイスが6年連続で1位となった理由として、WIPOは、イノベーションの成果による新たな商品やサービスを多く提供していて、国内の経済の成長にもつながっていることなどを挙げています。

ご存知のようにスイスの人口はわずか834万人で日本の15分の1程度ですが、
2位のスウェーデンや3位英国、そしてフィンランドなど人口の少ない国ほど大国よりより自由度が高く、スピードと小回りのきく、技術革新をもたらす環境にあるのかも知れませんね。
出典:IMF - World Economic Outlook Databases (2016年4月版)

日本については、ニュース報道によると「研究開発の質が高く、特許の数も多いが、その割りに新たな商品やサービスにつながっているものが少ない」とWIPO担当者の手厳しいコメントを挙げていました。

■これまでの枠を超えた新しい組み合わせが革新を生む
また今年の調査結果全般については、「全く新しい技術を1つ開発することよりも、複数の技術の組み合わせで新しいサービスをつくり出すことのほうが、経済の成長につながる傾向がある」と分析しているとのことです。

ビッグデータという言葉に象徴されるように、さまざまな大量の情報が氾濫しています。それを分析しビジネスに結び付けるのには、従来の思考では難しい気がします。

ましてや日本にはその傾向がまだまだ強いですが、何かにつけて動きの遅い大企業主体で物事を進めるには限界があると思います。

8月17日付けの日本経済新聞にもこんな記事が載っていました「イノベーションの主導権は企業ではなく顧客が握っている----MITエリック・フォン・ヒッペル教授」また「2012年の経済産業省の試算では、ユーザーが製品をゼロから創造したり、改良したりしたことで生まれた経済価値は2兆1676億円」とのデータも引用しています。

企業規模ではなく、例えば人工知能(AI)技術にたけたベンチャー企業とビッグデータ解析にたけた個人や企業などとのパートナーシップなど新たな知恵の連携こそがイノベーションを生み出す土壌ではないでしょうか。

パブリック・リレーションズ(PR)の立場から、これまでも水素研究会など新たな技術革新の実現に向けた取り組みを行ってきていますが、さらに活動の幅を広げ社会に役立つビジネスの創出に少しでも関わっていきたいと考えています。

投稿者 Inoue: 18:49

2016年08月12日

リオ五輪所感
〜平和だからこそオリンピックを楽しめる!

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

このブログを書いている今日(8/11)は、新たに国民の祝日に制定された「山の日」。夏休みの旅行先や家庭でリオからの五輪中継に一喜一憂されている方も多いのではないでしょうか。

リオ五輪では開催前からの大統領の職務停止、スタジアムなど競技施設工事の遅れやインフラの未整備、宿泊施設不足、国家的な財政問題、そして治安や伝染病感染リスクなど、ネガティブな情報が大きく報道されていました。

■オリンピック難民チーム
開催さえ危ぶまれたリオ五輪の開会式で私が感動するシーンがいくつもありましたが、紙面の関係もあり2つだけ紹介します。

一つは、選手団の入場行進。選手が手にした「種」を一人ずつ会場に置かれた銀色のオブジェに植えていく行動が見られました。やがて葉を茂らせた木々が現れ、緑の五輪マークが夜空の下に浮かび上がりました。

この映像による演出を手掛けた映画監督のF・メイレレス氏は「地球全体が、人類が(自然破壊の)脅威にさらされている。自分たちの星を攻撃することはやめなければいけない。それがメッセージだ」と話したといいます。環境問題に真正面から光を当てた演出はとても新鮮でした。

二つ目は、今回初めてとなるオリンピック難民チーム、略してROT(Refugee Olympic Team)の登場。難民チームは。国際問題となっている難民問題への働きかけの一環であり、十分な環境がない難民となっている選手を支援し、世界のすべての難民に希望のメッセージを送ろうと構成されたチーム。

参加選手は10名で南スーダン、シリア、エチオピア、コンゴ民主共和国から参加している。オリンピック大会旗を掲げた難民チームがスタジアムに入場すると、大きな歓声と拍手とともに会場中で力強く温かいスタンディングオベーションが巻き起こりました。

開会式に出席したP・グランディ難民高等弁務官は、次のような趣旨のコメントを残しています。

「この巨大なスタジアムの大観衆が、難民の選手たちを一体どんなふうに迎えるのだろうかという期待と不安があった。しかし、選手団の入場が3か国語でアナウンスされると、人々は皆立ち上がって拍手を送ったのです。それは世界中の連帯の力強さを物語るものであった。」

感動的な開会式の余韻にひたる間もなく、8月21日までの17日間に及ぶ競技がすでに始まっています。様々な思いを胸にリオ五輪に臨んだ難民チームの一人一人にエールを送るとともに、その競技ぶりをこれからも見守っていきたいと思っています。

■過去3回の夏季オリンピックが戦争で中止
今回のリオ五輪は31回目の夏季オリンピックとなります。そのうち3回は戦争で中止となったため実質28回目の開催となるとのこと。

1916年の開催予定だった第6回ベルリン(ドイツ)大会は 第1次大戦のため中止。1940年には第12回東京大会が 日中戦争を理由に開催を返上。続いて1944 年の第13回ロンドン大会が第2次大戦で中止となった歴史があります。

夏季五輪だけでなく冬季五輪についても1940 年の札幌大会と1944 年のコルチナ・ダンペッツオ(イタリア)大会が、いずれも 第二次大戦のため中止となっています。

また、東西冷戦下にあった1979年12月のソ連によるアフガニスタン侵攻を受けて、ソ連と政治的に緊張関係のあった米国のカーター大統領が、翌80年7月20日から始まるモスクワ五輪のボイコットを西側諸国に呼びかけるということもありました。

この結果、最終的な参加国数は80カ国(84年のロサンゼルス五輪は140カ国)となり、スポーツと政治の関わりが鮮明になる契機となった点も含め、近代五輪の歴史上の汚点として残っています。

オリンピック憲章「オリンピズムの根本原則」の2では、「オリンピズムの目的は、人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会を奨励することを目指し、スポーツを人類の調和の取れた発展に役立てることにある。」と宣言しています。

世界の現況を俯瞰すると、タリバンやイスラム国(IS)による相次ぐテロ事件、トルコのクーデター、紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカから欧州へ流入を続ける難民、そして米国では相次ぐ警察官による黒人射殺事件が頻発しています。

日本においても尖閣諸島沖での中国公船の活動や北朝鮮のミサイル発射実験などもあり、一触即発の危機を孕む事象が世界を覆っています。

日本は、リオ五輪の会期中の来週15日に71回目の終戦記念日を迎えます。終戦記念日が「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とされているように、オリンピック憲章においても平和な社会を奨励することを目指しています。

前述のように、過去に戦争のため何回もオリンピック中止の憂き目を見てきましたが、いうまでもなく世界が平和であるからこそ、私たちはオリンピックを楽しむことができます。

私の会社(井之上パブリックリレーションズ)のミッションステートメントには、「パブリック・リレーションズ(PR)を通し、平和で希望のある社会づくりをめざします。」という一文を掲げています。

私たちは、パブリック・リレーションズ(PR)の専門家として2020年の東京五輪がより平和的な環境の中で実施できるよう寄与していきたいと思います。

投稿者 Inoue: 19:25

2016年08月04日

夏休み真っただ中!
〜子供たち向けの体験型イベントに注目

皆さんこんにちは井之上 喬です。

西日本を中心に猛暑が続いています。熱中症などに注意し日本の夏を楽しみたいものです。

18歳選挙権を初めて適用した国政選挙として注目され、7月10日に投開票された第24回参院選は、結果、与党の自民、公明が圧勝。続く東京都知事選挙では無所属で出馬した小池百合子氏が幅広く無党派層の支持を得て圧勝、「東京大改革」を掲げ8月2日に女性初の都知事に就任しました。

そして3日には女性3名を含む第3次安倍第2次改造内閣19名が皇居での認証式を経て、正式に発足、熱き2016夏政治イベントは一段落といったところです。

皆さんは一連の日本の政治の流れをどう感じられたでしょうか。一人の国民として日本の政治が良い方向に動いていくことを祈りたいと思います。

■世界に誇る日本のインフラ技術「下水道」技術
イベントといえば夏休みの子供たちを対象にしたユニークな展示会も多いですね。先週も名古屋のポートメッセなごやで29回目を迎える「下水道展」が277社・団体が出展し開催されました。

日本が誇るインフラ技術の1つである下水道関連技術を見ようと、会場は連日多くの来場者でにぎわっていたようです。私が経営する井之上パブリックリレーションズは、このブログでも紹介しましたが、下水道展のプレスまわりを中心にパブリック・リレーションズ(PR)業務を支援しています。現地でサポートした社員の話しでは、夏休みの課題研究の一環でしょうか家族連れや子供同士の来場者も多かったとのことです。

今年の展示では、ビッグデータ解析によるゲリラ豪雨対策、IT(情報技術)を駆使した下水道維持管理システム、そしてIoT(モノのインターネット)やクラウドサービスなど最新テクノロジーを活用した下水道設備の効率化などが目立ち、日本の下水道技術の高さを物語っていたようです。

来場した子供たちにも、日常当たり前の技術の素晴らしさ、有難さが伝わったのではないかと思います。

■プログラミング体験も大好評
同じく子供向けのユニークな体験型のイベントとして「夏休み2016 宿題・自由研究大作戦」(主催:一般社団法人日本能率協会)が仙台(7月29、30日)、東京(7月21-23日)で開催され、8月4日から6日までの会期で大阪(インテックス大阪)でも開催されています。

このイベントは、企業・団体などが、小学生を対象としたモノづくり体験や仕事体験などの学習プログラムを提供し、体験を通じ夏休みの宿題・自由研究に役立ててもらおうという趣旨だそうです。

井之上パブリックリレーションズのクライアントである株式会社ブロードリーフ(東証1部)も初出展。東京会場ではプログラミングを通じて、子どもたちにコンピュータの楽しさやその可能性を伝える目的で、低学年向けプログラムに『ビジュアルプログラミング言語「Viscuit」であそぼう!』、そして高学年向けプログラムとして『ビジュアルプログラミング言語「Scratch」を使ってアプリを作ろう!』を実施、大好評だったとのことです。

夏休みは子供たちが日頃は接することの少ない、最先端技術や伝統技術など日本が持つ世界に誇れる素晴らしい技術を体験してもらう良い機会だと思います。

子供心に日本の技術の素晴らしさを認識してもらい、一人でも多くの好奇心あふれる日本人が増えることを願ってやみません。そのためにも私たち大人はそれぞれの立場で、子供たちが様々な文化、技術、伝統に触れる機会を積極的に創っていく必要があると思います。

資源に乏しい、課題先進国日本が頼れるものはやはり“ヒト”だと思います。そしてそれを支えるのは教育です。

私もパブリック・リレーションズを通じ、これからの日本の教育の重要さを多くの人に訴えていきたいと思っています。

投稿者 Inoue: 18:19