相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2016年5月 | メイン | 2016年7月»

2016年06月24日

2つのランキングに見る国家戦略の違い
〜喫緊の若い世代による世界挑戦への体制づくり

皆さんこんにちは井之上 喬です。

6月21日は二十四節気の夏至(げし)でしたね。北半球ではこの日が1年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が長い日です。

梅雨模様ですが、晴れ間には太陽の恵みを満喫しながら夏に備えたいものです。

そんな夏至の日のニュース報道の中に、中国の躍進を象徴するような2件の“ランキング”がありました。1つは「アジア大学ランキング2016」、もう1つはスパコンランキングの「TOP500」でいずれも中国の躍進に驚きました。

■東京大学が国際性の欠如でトップから陥落
まずは「アジア大学ランキング2016」から見てみましょう。発表した英国タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)のアジア大学ランキングの評価基準は、「教育の質・学習環境」、「生徒と教員の国際性」、「研究の質」、「論文被引用数」などで、THE世界大学ランキングと同じ13項目となっており、アジア諸国をはじめ、トルコ・中東を含めた22カ国の大学を対象に調査し、上位200大学を決定しています。

現地時間の6月20日に発表した最新データによると、調査開始以来3年連続で1位を保っていた東京大学が今回は7位になっています。

1位は77.4ポイントでシンガポールのシンガポール国立大学、2位には72.9ポイントで南洋工科大学(シンガポール)と北京大学(中国)が並び、4位は香港大学(香港)、5位は清華大学(中国)となっています。国内首位の東京大学は67.8ポイントで7位にランクイン、そのほかでは京都大学が11位、東北大学が23位になっています。

特に中国の大学は上位100校以内に日本の14校を上回る22校が入り大躍進。

2016年のアジアトップ50にランクインした国内大学は7位東京大学、11位(前年9位)京都大学、23位(同19位)東北大学。24位(15位)東京工業大学、30位(同18位)大阪大学、34位(同32位)名古屋大学、46位(同48位)筑波大学、48位(同58位)九州大学、49位(同63位)北海道大学の9校でトップ50に入った大学はすべて、文部科学省が推進するスーパーグローバル大学創成支援でタイプA型(トップ型)に分類されています。

東京大学は教育の質では全体の1位だったものの、学生と教員の国際性では何と70位となっており順位を押し下げた要因になったとしています。

報道によれば日本がランクを下げた原因として、シンガポールや中国の政府が大学に潤沢な資金を投入し優秀な人材を集めているのに対し、日本では「20年間にわたって大学が資金の制約を受けており世界の大学との競争や国際化のための支援が少ない」と指摘しています。

何とも残念な、そして国として危惧すべき現状が露呈した形になっています。

ちなみにTHE世界大学ランキングTOP100(2015?2016年度版)のトップ5は、1位がカリフォルニア工科大学(米国)、2位がオックスフォード大学(英国)、3位がスタンフォード大学(米国)、4位がケンブリッジ大学(英国)、5位がマサチューセッツ工科大学(MIT)(米国)となっています。

世界大学ランキングの100位以内にランクインした日本の大学は、43位の東京大学と88位の京都大学のみ。その他の日本の大学は 200位以内にもランクインしていません。

この結果がすべてとは言い切れないかもしれませんが、日本の教育現場の現状を評価する1つの指針として直視しないといけませんね。

■スパコンランキングで純中国産が1位に
もう1つのランキングは、このブログでも何回か触れているスパコンランキングの「TOP500」です。

それによると世界のスパコン性能ランキングを年2回掲載している「TOP500」で、6期連続でトップを走り続けていた中国の「Tianhe-2」(天河二号)が1位の座を同じ中国の「Sunway TaihuLight」(神威太湖之光)に譲り渡したとのこと。

神威太湖之光は中国の国家並列計算機工程技術研究中心(NRCPC)が開発した高性能プロセッサを採用、製造は上海にある国家高性能集成電路設計中心で行なわれ、OSも独自開発を採用した純中国産のスパコンとして注目されています。

この中国が国産技術で独自に開発したスパコンは、日本の「京」より約10倍速かったとのこと。

2位にも中国の「天河二号」が入っており、3位は「Titan」(米国オーリッジ国立研究所)、4位が「Sequoia」(米国ローレンス・リバモア国立研究所)と続き、日本の理化学研究所の「京」は5位。日米欧が上位を占めてきたスパコンの勢力図は大きく変わったといえます。

注目したいのは国家戦略です。中国は2000年以降に心臓部となるCPU(中央演算処理装置)の独自開発に着手し、国家戦略として技術力を磨いてきており、今後もこの方向性に変化はありません。

この国家戦略をもとにした世界最速スパコンの開発は国威発揚の手段でもあり、多額の研究開発投資を実行しているのは明らかです。

識者や専門家は、「スパコンは国家の科学技術水準や企業の競争力、軍事力にも大きく影響する」、「中国はハードやソフトすべての技術が大きく進歩し、日米欧に肩を並べた」、「今後、中国がスパコン関連技術を海外に輸出する可能性も十分ある」と評価、国家安全保障や軍事産業面だけでなく、宇宙開発やいわゆるビッグデータ解析などハイテク分野でも中国の存在が無視できないものになっているのは確実です。

以前政府の予算仕分けで、次世代スーパーコンピュータ開発予算について「なぜ2番じゃダメなんでしょうか?」と、ある議員(仕分け人)が発言しましたが、科学技術開発では、目標は第1位に置き頂上を目指すべきです。結果として1番で登頂できなくても、最初から1位を目指さず頂上を極めることは熾烈な競争下においては不可能なことではないでしょうか。

ランキングにこだわるわけではありませんが、何の分野にしても高みを目指す志と情熱がなければ成果は出てこないと思います。

若い世代がさまざまな分野で世界を舞台に挑戦できる教育システム、最先端分野への研究開発体制づくりに日本政府は本気で取り組むべきだと思うのです。

今やらないと後々に大きな禍根を残すことになると思います。皆さんは今回ご紹介したランキングをどのように感じましたか?

投稿者 Inoue: 08:42

2016年06月16日

新元素の名称を「ニホニウム」と決定
〜アジアで初めて命名権を得ていた113番の新元素

皆さんこんにちは井之上 喬です。

梅雨入りをしたものの降水量が少なく、首都圏の水がめである利根川水系のダムの貯水率が低下しているため、流域の1都5県は本日(16日)から10%の取水制限を行うことになりました。今のところ生活に大きな影響はありませんが、節水への協力が求められています。

さて、理化学研究所の森田浩介グループディレクター(九州大学教授)らが発見し、昨年12月に日本だけでなくアジアでも初めてとなる命名権を得ていた113番の新元素の名称が「ニホニウム」と決定し、発表されました(6月9日)。

テレビ、新聞などマスメディアで大きく報道された113番「ニホニウム」と同時に他の三つの新元素の名称案(115番モスコビウム、117番テネシン、118番オガネソン)も公表され、現在発見されている118番まですべての元素(特定の原子番号をもつ原子によって代表される物質種)の名前が出そろったことになります。

新元素ニホニウムの英語表記は「nihonium」で元素記号は「Nh」となります。

■科学力の底上げにつなげたい
発表したのは、各国の科学者を代表する国内組織の連合である国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry、IUPAC)で、国際本部は、スイスのチューリッヒ。

「ニホニウム」は森田氏らが2004年に30番の亜鉛の原子を83番のビスマス原子に衝突させ、核融合を起こすことで作ったといわれます。

原子力のエネルギーにもなる92番のウランまでは自然界に存在しますが、93番以降の元素は、人工的に作る競争が繰り広げられているようです。113番は米国とロシアの共同チームも発見を報告していましたが、IUPACは実験精度の高さなどから理研を発見者と認めたとのこと。

今回の発表について森田氏は「人類の知的財産である周期表に日本の発見した元素が載ることは大変光栄だ」とのコメントを寄せています。

周期表については、「元素の物理・化学的性質は,その原子番号の増加とともに周期的な変化をくりかえしていくという化学の根本的な法則。これを表の形で表したものが周期表である」と世界大百科事典は紹介しています。

これまで元素の発見と命名は、近代科学が発祥した欧米諸国の独壇場だったようですね。欧米やロシア以外の国による命名は今回が初めという画期的な出来事。基礎科学における日本の研究能力の高さを示すものです。

見つかった新元素そのものは、すぐに何かに役立つものではありません。しかし、基礎科学の研究成果は発見当時には思いもつかない恩恵を後になってもたらすことがしばしばだといいます。

例えば日常生活に不可欠な全地球測位システム(GPS)は、アインシュタインの一般相対性理論がなくしては実現しなかったともいわれているようです。

■ノーベル賞より難しい命名権獲得
「命名権獲得はノーベル賞より難しい」と指摘する専門家も多いようです。1895年にX線の発見の功績により1901年、第1回ノーベル物理学賞を受賞したヴィルヘルム・レントゲン以来、2015年度までに874の個人と26の組織がノーベル賞を受賞しています。

内訳をみると1位がアメリカ合衆国(339)、2位イギリス(110)、3位ドイツ(82)で日本は7位(22)となっています。

これに対して113番目に初めて日本が命名権獲得したという事実に鑑みても、「命名権獲得はノーベル賞より難しい」ということが実感できます。

113番の新元素が日本名を冠した「ニホニウム」と命名されましたように元素の名称は国や地名、科学者の名前などにちなんで付けられることが多いようです。

新元素の発見チームに命名権を与える組織である前述のIUPACにおいても命名には国や地名などにちなむといった歴史的なルールがあり、語尾の音は「イウム」となる例が多いといいます。

国名や地名に由来する名前ではドイツにちなんだゲルマニウム(原子番号32)のほか、フランシウム(87)、アメリシウム(95)などが挙げられます。

偉大な科学者に敬意を表して付けられたのはキュリウム(96)、アインスタイニウム(99)などがあります。今回の113番元素でも、日本の原子核物理を切り開き、元素発見にも挑んだ理研の仁科芳雄博士にちなんで「ニシナニウム」にするのではという予測もあったようです。

世界の先端研究は優れた頭脳を引き寄せ、次代を担う科学者が育つ素地ともなります。このノーベル賞より難しいといわれる命名権獲得が日本の科学力の底上げに繋がることを期待しています。

投稿者 Inoue: 19:26

2016年06月09日

日本の賃金ランキングは世界19位にダウン
〜世界で勝負できる日本企業を1社でも多く!

皆さんこんにちは井之上 喬です。

先週末に東京を含む関東地方も梅雨入り。しばらくは湿度の高いじめじめした過ごしにくい天候が続くと思いますが、スカッとした夏空をイメージしこの季節を乗り越えていきたいものです。

■2014年賃金ランキングで韓国、スペインにも抜かれる
そんな梅雨空の日曜日、朝日新聞が毎月第1日曜日に発行している「朝日新聞グローブ」(6月5日号)の見出しは衝撃的でした。

「給料の話 おいてけぼりのニッポン」の見出しで、日本の賃金ランキングが1991年の9位から2014年はなんと19位に落ち込んだというものでした(経済協力開発機構(OECD)調べ)。

「この間、賃金水準は横ばいで、スペインや韓国にも追い抜かれた。グローバル化やIT化などはあるにせよ、あくせく働いても暮らし向きが良くならないこの現実、どうにもならないのか」と記事は続いている。

安倍首相がこの記事に目を通したかはわかりませんが、アベノミクスの大きな目標の一つになっている、利益の好循環による所得増からは程遠い現実が垣間見れます。

記事によると、OECDの統計では日本においてフルタイムで働く人の平均賃金は1997年の459万円をピークに下がり続け、2014年には400万円を割り込んだそうで、これだけ長く賃金が上がらないのは主要国のなかでも珍しい、としています。

昨年末に厚生労働省が発表した「雇用の構造に関する実態調査」によると1994年の同調査開始以来、初めて、非正規社員(パート・アルバイト・派遣社員・契約社員・嘱託など)の率が4割台を記録したといいます。

非正規社員の増加傾向の中で、さらにワーキングプアやシングルマザーについても社会問題化してきており、これらの対策を怠ると、さらに日本のランキングは落ち込むのではないかと心配しています。

また、経済の停滞とデフレが続いた日本は、国内総生産(GDP)が伸び悩んできましたが、GDPや企業の利益は平均賃金のように減ってはいないとし、生産性が上がっても、その分け前が働き手に分配されにくくなっている、といった指摘もあります。

つまり適正な利益還元がなされていないのです。

他国の状況を見てみるとまず米国では、「平均賃金が上がり続けている米国でも、高所得層が全体を大きく押し上げ、普通の働き手には果実が回っていない。」としています。

一方、中国やインドなどの新興国については、「賃金労働者が次々に生まれている。国際労働機関(ILO)によると、2013年に世界全体で賃金は2%増えたが、その半分は中国一国の賃金上昇によるものだった」としています。

また興味深い内容として米国ニューヨーク市立大学の経済学者ブランコ・ミラノビッチ氏のコメントを紹介、それによると「ベルリンの壁崩壊からの20年間で、世界の人々の所得がどれだけ増えたかを調べた。すると、「超リッチ層」(世界の所得上位1%)と、「新興国の中間層」(上位30?60%)はともに所得が6割以上増えていた。これに対し、先進国の中間層にあたる人々(上位10?20%)の所得は1割以下しか増えていなかった」と分析しています。

最近よく指摘されることですが所得格差、特に若者を中心とする所得格差の拡大は危惧されるところです。

ビジネスのグローバル化を加速することも重要ですが、働きやすい会社、世界規模で成長し続けられる会社、そんな日本企業の登場が待たれています。

■世界ICTサミット2016での企業トップの講演を聞いて
そんな中、6月6日、7日に日本経済新聞社と総務省主催の「世界ICTサミット 2016」が開催されましたテーマは「デジタルトランスフォーメーション?ビジネスが変わる・ものづくりが変わる」でした。

私が経営する井之上パブリックリレーションズが関係する企業トップとしてノキアのリスト・シラスマ会長、アカマイ・テクノロジーズのトム・レイトンCEOなどが来日し講演を行いました。

特に印象に残ったのは最初に登壇したノキアのリスト・シラスマ会長でした。「破壊的な変革」という非常に刺激的な言葉を何回か使っていました。150年の歴史をもつノキアのトップとして最近も、かつては世界ナンバーワンであった携帯電話部門を売却し、戦略的なM&Aを決断・実行し短期間で世界の通信機器大手の一角に復活、「3年前よりノキアは大きくなった。この半年間で企業価値は20倍になった」と力強く話しをしていました。

また「競合は業界の外から参入してくる。全く異なる業界から突然、参入してくる。それを意識することが重要だ」と語り、グローバル化、IT化でますます競争が激化する世界で経営者の従来の認識を変える必要性も強調していました。

IoTIndustry 4.0AIロボット自動運転などさまざまなキーワードがメディアを飛び交っていますが、これから何年後かにはこれらの技術を取り込んだ全く新しいビジネスが生まれ、全く新しい企業が勃興することでしょう。

願わくはそんな企業が日本から巣立ってもらいたいものです。そして新たな雇用を創出し成長し続ける、そんな梅雨空を振り払うような動きをパブリック・リレーションズ(PR)を通じて支援したいと強く思っています。

投稿者 Inoue: 19:03

2016年06月02日

日本人2名のエベレスト初登頂
〜世界の最年少記録は13歳で最年長は80歳

皆さんこんにちは井之上 喬です。

先週は、日本で8年ぶりとなる主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)が催され、無事に閉幕。そして5月27日には現職のアメリカ大統領としては初めて、オバマ大統領が被爆地・広島を訪問し、世界中の注目を集めました。

日本経済新聞社の世論調査(5/29)によれば、オバマ米大統領の広島訪問について「評価する」が92%に上り「評価しない」は4%にとどまったといいます。また、欧米メディアも総じて好意的に報道し、米国の現職大統領として初の広島訪問は国際規模で強い支持を集める結果となったようです。

さて日本中がサミットの報道で沸き返っている中で、もう一つのサミット、エベレスト登頂に関する2つのニュース(5/27付)が目を引きました。

■19歳女性と聴覚障害登山家(51歳)
1つ目のニュースは、早稲田大の女子大生、南谷真鈴さん(19歳)が5月23日に世界最高峰エベレスト(8848メートル)登頂に成功したというニュース。

「日本ヒマラヤ協会」(福島市)によると、これは日本人最年少の登頂になるようで、それまでの記録は1週間前の19日に登頂を果たした東京経済大学3年の伊藤伴さん(20)だったそうです。

南谷さんは本人のフェイスブックで「なんだか自分でも信じられません。友人や家族をはじめ感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントしています。

南谷さんは昨年10月には、ネパールにある世界第8位のマナスル(8163メートル)の登頂に成功。これも日本人最年少での8000メートル峰を登頂し、女性では世界最年少の同山登頂を達成したとのこと。

さらに今年1月には、南極大陸最高峰のビンソン・マシフ(4897m)の頂を踏み、そのままスキーで南極点にも到達したという、何とも凄い女子大生ですね。

2つ目のニュースは聴覚障害を持つ登山家の田村聡さん(51歳:東京都立川市在住)が5月21日にエベレスト登頂成功というもの。 

この登頂は、立川市によると耳が聞こえない人の登頂は世界で初めてだとか。また全日本ろうあ連盟は、海外のケースは分からないが日本人では田村さんが初とみられるとしています。

田村さんは登山歴37年で、3回目の挑戦で成功。立川市を通じ「酸素マスクのトラブルがあり、苦しい登頂でしたが、全力を尽くしました。ただ生きて下山することに精いっぱいでした」とのコメントが寄せられています。6月初旬に帰国予定とのことです。
 
世界の初登頂記録を見ると、2010年5月に米国の当時13歳の少年が登頂に成功し世界最年少記録を更新。14年にはインド人の当時13歳の少女が中国チベット側から登頂し、女性世界最年少記録となったとAFP通信が報じています。

■日本人のエベレストへの挑戦
エベレストに世界で初めて登頂に成功したのは、1953年5月29日午前11時30分(ネパール時間)のことで、ニュースは世界を駆け巡り少年時代の私の脳裏にも強く残っています。

人類初となる快挙を成し遂げたのは、ニュージーランド出身の登山家、冒険家であり養蜂家のエドモンド・ヒラリー(2008年1月没)とチベット人シェルパのテンジン・ノルゲイ(1986年5月没)でした。

ヒラリー卿が、世界最高峰を極めて以来、登頂成功者は5,100人を超えるといわれます。登頂者数を国別に見ると、第1位はネパール(2,264人)、以下 米国 536人)、中国 (299人)、 英国 (264人)、そして第5位が 日本の168人。

日本人の初登頂は、ヒラリー卿の世界初登頂から17年後の1970年5月11日のことでした。

日本人のエベレスト(8848メートル)初登頂は松浦輝夫さん(2015年11月没、81歳)と世界で初めて五大陸最高峰を登り、その後マッキンリーで消息を断つことになる植村直己(1984年2月没、43歳)によって実現されたのでした。

この歴史的な登頂にあたり、頂上直下で7歳後輩の植村さんが「松浦さん、頂上を先に踏んでください」と譲った話は山男の美談として語り継がれています。

これまで日本人の登頂者は、168人(延べ213人)で、男女別に延べ人数を見ると男性196人で女性17人、登頂者の平均年齢 は、41.5才程度。これまで、登頂者のうち8人(男性6人、女性2人)が急性高山病や転落などで亡くなっているとのことです。    

日本人はエベレスト登頂について3つの輝かしい世界記録を有しています。プロスキーヤーで冒険家の三浦雄一郎さんの世界最高齢記録(登頂時80歳)と登山家の田部井淳子さんが1975年に達成した女性として世界初となる登頂、そして前述した聴覚障害を持つ登山家の田村聡さんです。

日本人が初登頂1970年は、丁度、私の経営する会社(株式会社井之上パブリックリレーションズ)の創業年にあたります。パブリック・リレーションズ(PR)は、すそ野が広く、高度な知見が求められます。

今後とも、パブリック・リレーションズを通し、平和で希望ある社会づくりを目指し、より高みを極めていきたいと思います。

投稿者 Inoue: 15:49