相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2016年1月 | メイン | 2016年3月»

2016年02月25日

4月から電力小売り自由化スタート
〜市場開放、経済活性化のためにも賢い消費者になりましょう

皆さんこんにちは井之上 喬です。

寒い日があったりで本格的な春の訪れにはまだ遠い感がありますが、暦の上では雨水も過ぎ三寒四温を繰り返しながら、来週からは弥生・3月を迎えます。

■来週開催の「スマートエネルギーWeek」でも電力小売り自由化が大きなテーマに

日本にとって年度替わり、節目の月である4月には、戦後60年以上続いた大手電力会社による電力小売り市場の独占が崩れ、電力小売りの自由化がスタートするのは皆さんご存知の通りです。

2011年3月11日の東日本大震災とそれにともなう東京電力福島第1原子力発電所の事故がこれらの大きな変革のきっかけになった事実も忘れてはならないことだと思います。

「電車の定期とセットで電気料金がお得に」
「都市ガスとセットでお得」
「ガソリンが1リットル10円引き」
「携帯電話とセットで5%お安く」といったように、消費者の気持ちを引くような電気料金の新プランに関する広告が年明け以降目立っているように、皆さんも感じませんか?

電力小売り自由化にともない事業参入のために“新電力”に登録した企業数はガス会社、石油元売り会社、携帯電話事業者、民間鉄道会社など約170社に上るそうです。

私たち消費者は賢く電力会社を選び、市場開放による料金値下げの恩恵を受けたいものですね。

電力小売り自由化を目前した来週3月2日(水)から4日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)でバイオマス発電展や電力自由化 EXPOなど新エネルギーに関連する9つの専門展示会を集中開催する「スマートエネルギーWeek 2016」が開催されます。
http://www.wsew.jp/ 

主催は日本最大の国際見本市主催会社であるリード エグジビション ジャパン(石積 忠夫代表取締役社長)で、井之上パブリックリレーションズは、開催期間中のプレスセンターの運営などパブリック・リレーションズ(PR)に関する支援を行っています。

「スマートエネルギーWeek 2016」のなかで開催される第2回となる「 電力自由化 EXPO」では、注目の電力会社や新電力事業者による電力小売りサービスをはじめ、顧客管理などの事業支援システム、電力比較サービスなど、新電力ビジネスに関連する製品・技術・サービスや新電力から一括で見積をとれるサービスなどが出展されるとのことです。

皆さんの時間が許せば、会場で電力小売り自由化に関する情報を入手し、賢い選択をしてはいかがでしょうか。

■情報を選別しまずは1人1人の行動が大切に

各メディアも電力小売り自由化を前に特集記事を組んでいます。電力小売り自由化で先行するイギリスやアメリカなどの事例を紹介しながら、我々の生活に不可欠なインフラである電気のこれまでとこれからについて考える良い機会を与えてくれていると感じています。

大手メディアのエネルギー担当記者に電力小売り自由化に関し期待と課題、明と暗、などについて意見交換しましたが率直な感想はこうでした。

「電力という20兆円の巨大エネルギー市場が開放されることで、新規参入企業が増え、消費者には料金値下げやサービスの向上というメリットが期待できまる。その一方で、早くも新規参入を断念した新電力会社が表面化するように、電力事業者として自社で発電設備を保有していないと事業継続が困難になるなど事業としての難しさも改めて浮き彫りになっているのではないだろうか」

また、「このような状況はアメリカなどでも顕在化したことだが、結果として一部の大手企業しか参入できない状況が生まれ、これが自由化という理念に即したものであるかとの疑念払拭できない」と取材に基づく冷静な分析をしています。

こうした一方で、都市ガスの小売り全面自由化も2017年予定されており、旧態依然とした大手電力、大手ガスのみが牛耳る市場構造は確実に変化するのではないでしょうか。エネルギーの自由化は日本経済全体にとっても新たな雇用や設備投資を促す機会になり、単なる価格だけではなく、サービス向上に向けた異業種提携も増えていくことが期待されています。官制の安定した状況に胡坐をかいてきた産業界への警鐘と変革への期待もされています。

そして大切なことは、1人の消費者としてできることはまず試してみるということではないでしょうか。「大した値引きでもないし、今のままでいいや」というのは、変革を好まない日本社会が構造的に抱える問題といえなくはありません。
電気やガス、鉄道など我々の日常生活に当たり前になっているインフラ。しかし、東日本大震災などでも明らかになってように、ひとたび大きな災害に見舞われてしまうと、それまで当たり前であったサプライチェーンが崩壊し私たちは何もできなくなってしまう現実があるのも事実です。

競争がなく安定供給されてきたインフラに頼る時代は終焉しているのではないでしょうか。遠くの大規模発電所から長い距離を経て供給される電力から、地産地消型の小規模発電による安定的な電力供給へ、私たち消費者が今こそ考え方を変え行動すべき時なのかもしれません。

そのためにパブリック・リレーションズ(PR)が果たす役割は大きいと思っています。

投稿者 Inoue: 21:59

2016年02月18日

秋田国際教養大学での集中講義
〜「International Liberal Arts」という新しい教学理念

初夏のような陽気だったり、急に冷え込んだりで体調管理が難しい時期ですね。
インフルエンザも流行っているようですが、皆さんお元気ですか。

さて私は、今年から、1月、2月に国際教養大学(AIU:秋田県秋田市)で「Practical Public Relations」の集中講義を行うことになりました。毎週金曜と土曜の2日間、現地に滞在しそれぞれ6教程(6時間)の講義を行っています。

以前、私のブログ(2012年07月23日)で日本経済新聞社が主要企業の人事責任者(人事部長以上)を対象に行った「人事トップが求める新卒イメージ調査」の結果を紹介したことがあります。

この調査の「人材育成の取り組みで注目する大学」については、秋田県の公立大学「国際教養大学」(AIU)がNo.1に選ばれて大きな話題となりました。2位は東京大学で3位は立命館アジア太平洋大学でした。

これがきっかけとなって私は「AIUはどんな教育をしているのだろうか、またどんな学生が学んでいるのだろうか」など強い関心を持っていたところ、偶然仕事で秋田に立ち寄った際に、以前から知己のある元慶応大学教授で現在同大学の教授で大学院グローバル・コミュニケーション実践研究科科長を務めておられる伊藤陽一教授をお訪ねし、学内を案内いただいたことがあります。それがご縁で今回客員教授として教鞭を執ることになったのでした。

キャンパスを散策すると、国際教養大学創設に深くかかわられた中嶋嶺雄初代理事長・学長の熱い思いが伝わってきます。

■「英語を学ぶ大学」ではなく「英語で学ぶ大学」
AIUは、「国際教養( International Liberal Arts)」という中嶋学長の新しい教学理念を掲げ、英語をはじめとする外国語の卓越したコミュニケーション能力と豊かな教養、グローバルな視野を伴った専門知識を身に付けた実践力のある人材を養成し、国際社会と地域社会に貢献することをその使命としています。

経済同友会が昨年4月に「これからの企業・社会が求める人材像と大学への期待」をレポートしていますがその中で、大学へ期待することとして「アクティブ・ラーニング(課題解決型の能動的学修)の導入によるコミュニケーション能力の向上」を真っ先に挙げています。

AIUの「国際教養( International Liberal Arts)」という新しい教学理念は、まさにグローバル化を加速させる日本の経済・産業界のニーズにミートしたものでした。

AIUでの講義はもちろん、テキストも副教材もすべて英語。これまで海外の大学で英語の講義は何度となく行ってきましたが、私にとっても大変新鮮な経験となりました。

ご参考までに、本講義の目的として下記の4項目を設定しました。

【Objectives】

1. Learn comprehensive ways of thinking that are strategic overviews of the big picture from a global perspective, and through them learn the practice and timing of PR, in order to be able to understand just how essential it is to for organizations to integrate Public Relations methods into management.

2. Based on the PR lifecycle model, learn the basic concepts of Public Relations, which is necessary to survive in a drastically changing global age, and master the concepts of "ethics", "two-way communications", and “self-correction", that are required to achieve objectives.

3. Learn how to read changing circumstances, understand the importance of relationship management accompanied by strategy and speed, and be able to grasp the essence of the practice of Public Relations.

4. Encourage self-awareness as global professionals, and become able to grasp how to include Public Relations in business, as is required of independent, strategically prepared, knowledgeable, and dynamic 21st century leaders in all fields.

20160218-1.jpg

写真は雪中のAIU正面入り口から大学を見たもの。例年に比べて雪は少ないようです。

■知の源泉は24時間365日開館

20160218-2.jpg

5万冊に及ぶ洋書の文献の数では日本一の図書館。いつでも勉強できる環境を提供したいとの大学側の思いもあって24時間365日開館しています。

この図書館は「本のコロセウム」をテーマに、半円のユニークなデザインの木造と鉄筋コンクリートの複合建築物(2008年4月竣工)。美しい杉に囲まれた空間は、安らぎと落ち着きを利用者に与えてくれます。

2014年11月に開校10周年を記念して、故・中嶋嶺雄の業績を顕彰して「中嶋記念図書館」と命名。そういえばこの図書館、どこかのコマーシャルに登場していますね。

20160218-3.jpgこの写真は、私の講義風景です。学生は日本人が半数で他は米国、ノルウェー、中国からの留学生です。

この日(2/12)は、第6週の最初の授業で、メラビアンの法則やリチャード・ルイスの「3つの文化モデル(Lewis Model)」などを講義しました。

その後は3グループに分かれあらかじめ設定されたテーマでPRプロポーザルのプレゼンテーションを行いました。

講義の後は、秋田市内の居酒屋へ招待されました。地元の新鮮な食材をふんだんに使った様々な料理と日本酒は冬国秋田を十分に堪能させてくれました。全員参加してくださった学生の皆さんとの想い出深い一日となりました。

私のパブリック・リレーションズ(PR)の講義を通して彼らがグローバルなコミュニケーション能力を身につけるとともに強い「個」を確立し、グローバルリーダーへと成長していってくれることを、今から楽しみにしています。

投稿者 Inoue: 22:10

2016年02月12日

「STEM」ご存知ですか?
〜新たな教育への取り組みが成長分野開拓のキーワードに

皆さんこんにちは井之上 喬です。

春節を前にした2月6日、台湾南部地震が発生しました。被災された皆さんにお見舞いを申し上げますとともに、1日も早く平穏な日々が戻りますよう心よりお祈りいたします。

■欧米が先行するSTEM教育
最近気になった言葉に「STEM」があります。

ご存知の方も多いかと思いますがSTEMは Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の頭文字をつないだ言葉でステムと読みます。

インターネット、クラウド、ビッグデータ、SNS、IoT、Industry 4.0など我々を取り巻く情報環境はこの数年で大きく変貌。いまや企業の膨大な消費者の行動データを収集、分析し新しいビジネスを提案し続けることが、企業成長に不可欠になっています。

そのために産業界ではエンジニアや研究者などSTEM関連の職種の需要が急増しており、数年後にはSTEM関連の人材不足が深刻になるとの予測もあるようです。

米国ではオバマ政権が2012年にいち早く、今後10年でSTEM関連の人材を100万人増やすとの数値目標を掲げて教育環境の充実などを進めているのは知られています。

また、EUでも新たな経済成長のためにSTEM人材の育成に取り組んでおり、加盟各国が連携して授業方法の改革や同分野を進路に選ぶ女子学生の底上げを進めているようです。

一方、理系離れが言われて久しい日本ですが、やっとSTEM教育への取り組みが本格化してきたようです。

■理系離れを止めるのはリケジョ
1月20日付けの日本経済新聞では具体的なSTEM教育の取り組みが紹介されていました。

大阪府立大学では、人間社会学や経済学など従来あった文系学部に理系の一部を加えて2012年に発足した「現代システム科学域」で統計学基礎が必修科目のほか、基礎数学も大半が履修しているとのこと。

埼玉大学のSTEM教育研究センターでは、ロボットづくり・を通じて地元の小学生が工学やプログラミングに親しむ機会を提供するとともに、小中学校などでSTEM教育を行なえる理科好きの教員育成に取り組んでいるようです。

また東京都町田市にある玉川学園では、幼稚園児から大学院生まで同じキャンパスで学ぶ利点を生かし、学園全体でSTEM教育を実践しているとのことです。

理系に興味を持ってもらい、日本のものづくりを強くしたいとの動きはメディアでも見られますが、その1社に日刊工業新聞があります。

新聞とオンラインサイト「ニュースイッチ」では理系で活躍する女性にフォーカスした「リケジョ」シリーズを連載、企業や大学などで活躍する理系女性を紹介しています。

理科系と言えば男性のイメージが強いですが、STEM教養を身に着けたリケジョの活躍なくしては日本の新たな成長はおぼつかないのではないでしょうか。

日本の教育制度では、STEMの要素がバラバラに教えられており、知識を総合的に活用できる人材が少ないとされています。

しかし、技術進歩のスピードが加速し続けるとともに、様々な技術の融合が進み、その結果としてロボット、ヘルスケアなど今後の成長産業で必須となる教養がSTEMと言えるでしょう。

パブリック・リレーションズ(PR)の仕事を通じ、様々な分野で素晴らしい女性に出会うことが多くあります。

PRの視点からそのような女性の皆さんをメディアを通じ広く紹介し、ダイバーシティを実現、多くの女性が活躍できる社会づくりに貢献することが、明るい日本の未来を創造していくことにもつながるのではないかと考えています。


投稿者 Inoue: 11:38

2016年02月04日

AIの進化でコンピューターが囲碁でも人間に勝利
〜開発したグーグルが時価総額でトップに躍り出る!

皆さんこんにちは井之上 喬です。

今週は2月3日が節分、翌日が立春で暦の上では冬から春へ。皆さんは、「鬼は外、福は内!」豆まきをされましたか。

そして来週は中華圏では最も重要とされる祝祭日である春節を迎えます。新暦の正月に比べ盛大に祝賀され、中国や台湾のみならずシンガポールなどでは数日間の祝日が設定されています。

私が経営する井之上パブリックリレーションズのクライアントでも、来週1週間は休業といったケースが結構あるようです。改めて新年が良い年でありますように。

■ついに囲碁の世界でもコンピューターが人間に勝利
その1週間前に非常に興味深いニュースを目にしました。米国グーグルが米国時間の1月27日、同社傘下の人工知能(AI:Artificial Intelligence)ベンチャーであるDeepMindが開発したAIシステム「AlphaGo(アルファ碁)」がコンピュータープログラムで初めて囲碁のプロ棋士に勝ったことを明らかにし、詳細な論文を英国の科学雑誌「Nature」で発表したとのこと。

以前このブログでも紹介したように、コンピューターと人間の頭脳対決では、1997年に米国IBMのスーパーコンピューターDeep Blueがチェスの世界チャンピオンに、将棋では2010年に女流棋士にそれぞれコンピューターが勝利しています。しかしながら正式なルールの囲碁でプロ棋士にコンピューターが勝ったのは今回が初めてだそうです。

ニュース解説によると、囲碁はチェスや将棋に比べて盤面が広く、局面の数は10の360乗に達するといわれ、天文学的な数の局面をすべて計算し予測するのはさすがの最新のコンピューターでも勝つのは不可能とされ、プロ棋士に勝利するのは早くて10年先とみられていたようです。

今回は、従来のAI手法だけではなくディープラーニング(深層学習)を組み合わせたアプローチをとったとのこと。

つまり盤上の石の配置などを情報としてインプットし、12層のニューラルネットワーク(神経回路網)によって、次に打つべき手を判断する。人間同士の対局の3000万手についてトレーニングしたのち、新たな戦略を見つける訓練や、ニューラルネットワーク同士で戦わせるなどの強化学習を重ねたそうです。

結果、アルファ碁は2015年10月に英国ロンドンで欧州チャンピオンのプロ棋士ファン・フィ氏に挑み、5戦すべて勝利したとのこと。この勝利に続き、3月には韓国ソウルで世界トップと言われるイ・セドル九段との5回戦に挑む予定だそうです。

その結果やいかに!

AIの研究開発は、1950年代に米国でスタート、半導体技術の進化でコンピューターの処理能力が飛躍的に成長したことが開発を後押してきました。

1980年代に、私もMITの人工知能研究所とかかわりを持ちましたが、当時は人間の脳がまだ勝っていました。しかし2000年代に入って人間の脳の働きをまねた情報処理方法ディープラーニングが開発されたことで人工知能は一気に進化し実用化が進んできました。

AIはゲーム以外にも自動運転、人協調型ロボット、医療など幅広い分野への応用が可能で新たな産業を生み出す原動力として期待されています。IBMはあのAIワトソンをビジネスに活用するサービスを始めるなど、商用にも動き出しており、世界的にAIの研究開発が盛り上がると期待されています。


■ついにグーグルが時価総額でアップルを抜いた
そんななか2月1日のニューヨーク株式市場の時間外取引で、グーグルを傘下に持つ米国アルファベットの時価総額が約5700億ドル(約69兆円)に上昇し、2011年夏以降、トップを守ってきた米国アップル(約5350億ドル)を抜いて、世界首位に躍り出たとのこと。

時価総額ランキングでこれまでトップを独走していた感のあるアップルの時価総額は、主力のスマホiPhoneの販売が鈍っていることへの懸念から同社株が売られ、このところ6000億ドルを割って推移していました。

一方、グーグルの持ち株会社であるアルファベットは、主力の広告関連事業が好調で、売上と純利益ともに四半期ベースで過去最高を記録、これが好感され、買いが集まり初めて時価総額でアップルを上回ったようです。

なお米国メディアによると、2月1日時点での米株式市場での時価総額ランキングは、3位がマイクロソフト(約4350億ドル)、4位エクソンモービル(約3240億ドル)、5位フェイスブック(約3200億ドル)と続き、エクソン以外の4社はすべて新興勢力。

豊富な資金力をバックにグーグルは次々と企業買収を行っていますが、M&Aをてこに自動運転やロボットなど成長分野でのビジネス創出を着々と進めているのは皆さんもご存じのとおりです。

自動車、そしてロボットと日本が世界をリードしているといわれている分野でのグーグルの脅威。今こそ日本の英知を結集しクラウド、IoT、Industry 4.0そしてAIなどの分野での新産業創出競争を勝ち抜きたいものです。

積極的なパブリック・リレーションズ(PR)の導入が急がれています。

投稿者 Inoue: 19:02