相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2015年11月 | メイン | 2016年1月»

2015年12月31日

2015年のM&Aは過去最高、世界のビジネス環境激変の予感
〜新たな企業価値の創造と情報発信がより重要に

皆さんこんにちは井之上 喬です。

きょうは大晦日、この年の瀬をいかにお過ごしですか。新しい年2016年ももうそこまで来ていますが、大掃除や年賀状の準備などは万端でしょうか。

さて皆さんは、来る2016年をどう予測しますか?

ビジネス誌の多くは年末年始の合併号で、恒例の「2016年予測」を特集していましたが各誌の表紙を見てみましょう。

週刊ダイヤモンドは、「2016 総予測 再加速か停滞か」の大見出しで経済、産業、国際、政治・経済、地方、働き方、消費、スポーツ・文化の各分野を取り上げています。また、週刊東洋経済は、「2016 大予測」として、2016「まさか」のシナリオ、社長の先読み術、キーパーソンを直撃、政治・経済・産業、新年に買える株、生活・文化・テクノロジーの各項目をピックアップ。そして週刊エコノミストは、「世界経済 総予測2016」で2016年の世界経済はこう動く!米国、中国、欧州、株・為替、原油、となっています。それぞれの内容についてはこれから読み込むのを楽しみにしたいと思います。

年末年始に、来るべき2016年を各界の識者がどう見ているかビジネス誌を通し、じっくり読んでみるのもいいですね。

■2015年のM&A金額は過去最高に
個人的には2015年に世界規模で吹き荒れたM&A(企業の合併・買収)の動きが、2016年にはどうなるのか注目しています。

年末も押し詰まった12月29日の日本経済新聞朝刊1面の左に、「アサヒ、米飲料大手を買収」との見出しで、アサヒグループホールディングスが500億円で米飲料大手のトーキングレイン買収の方針を固めた、との記事が目を引きました。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、12 月 22 日付けで「2015年を振り返る 企業のM&Aが過去最高に」とのタイトルでM&Aに関する2015年の振り返りをしています。

それによると、企業のM&Aはそれまで金融危機以降低調であったものが、2015年の世界企業が結んだ買収契約では金額にして4兆6000億ドル(約557兆円、1$=約120円換算)に上り、これまで最高だった2007年を超えて史上最高になった、としています(調査会社ディールロジックの調査資料)。また、この増加をけん引したのは米国企業で、2兆3000億ドルの契約が結ばれ、こちらも史上最高記録となったそうです。

そして注目すべきは、買収金額が100億ドルを超えた件数が実に58件に上ったことです。従来の最多記録が2006年の43件だそうですから、それを大幅に上回っておりM&Aの大型化の傾向が見られます。

■世界規模での新たな買収戦略
また、2015年の特徴として同一業界内の企業が関わるM&Aが増加していることです。当然のことながら業界に大きな影響を及ぼし、少し前まで「同一業界で生き残れるのはトップ3」と言われる時代はすでに終焉し、世界規模で競争の質が大きく変化してきたともいえます。

2015年の世界の企業買収トップをみると、製薬業界での米国ファイザーのアラガン(アイルランド)買収が148.6B(10億)ドル(約17.8兆円)、ビール業界でのベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベイブのSABミラー(英国)買収が105.6Bドル(約12.7兆円)の2件が100Bドル超えで、欧州石油最大手の英国とオランダに本社を置くロイヤル・ダッチ・シェルの英国BGグループ買収が69.8Bドル(約8.4兆円)、米国デルの米国EMC買収が66Bドル(約7.9兆円)などとなっています。

また、分野別ではヘルスケア分野が687.5Bドル、テクノロジー分野が607Bドル、リアルエステート分野が381.1Bドル、石油&ガス分野が370Bドル、テレコム分野が328.7Bドル。

WSJは記事の中で、こうした合併のなかには、別の動きを起こすまでの1つの通過点に過ぎないものもあるとしていくつかの例を挙げています。その例としては、ヘルスケア分野でのファイザーのアラガン買収の案件は、買収後に企業が分割され、製薬業界に新たな大手プレーヤーが誕生する可能性を、また、総合化学大手の米国ダウ・ケミカルとデュポンの合併では売り上げ規模で約1300億ドル相当の価値を持つ企業が誕生するが、その後3つの新会社に分割することを明らかにしている、との例を挙げています。

米国企業を中心に2015年は、世界のビジネス界の環境を大きく変化させる動きが顕在化した潮目の年なのかもしれません。

■戦略的な情報発信がより重要な時代に
このような世界規模でのビジネス環境の大変革のなか、日本企業はどのような戦略をとるのか注目されます。

企業価値を見る1つの指針として時価総額がありますが、2015年11月末時点での世界時価総額ランキングでは、日本企業の最高位は23位のトヨタ自動車で195.76Bドル(約23兆円)、残念ながら50位までの日本企業は1社のみのランクイン。

米国企業を中心に規模の追求が進むなか、日本企業はどこに企業価値を見出すのか、何を目指すのか。こんな時こそパブリック・リレーションズ(PR)における、企業のレピュテーション・マネージメント(品格・評判の管理)がますます重要になってくるのではないでしょうか。

レピュテーション・マネージメントは、企業イメージや製品イメージだけでなく、企業収益、株主への配当額、CSR(企業の社会的責任)CSV(共有価値の創造)へのかかわりや企業の将来性などさまざまなファクターが関係しあって構築され、それをいかに戦略的に情報発信していくかが企業価値を高めるうえで重要となります。

規模も大事ですが単に規模だけではない、日本発のグローバル・ビジネスモデル、世界に通用する企業価値があるのではないかと考えます。

2016年はグローバルな視点を持ったパブリック・リレーションズへの取り組みをさらに加速したいと思っています。

皆さん、今年もご愛読いただき誠にありがとうございました、穏やかで良い年をお迎えください。

投稿者 Inoue: 10:13

2015年12月24日

クリスマスにちなんだ聖書の言葉
〜今日はクリスマスイブ

皆さんこんにちは、井之上喬です。

明日25日はイエスキリストの誕生をお祝いするクリスマスの日です。

今日はクリスマスイブですが、ここでキリストの誕生について聖書の言葉をご紹介したいと思います。

20151224.jpg

写真は、東京カテドラルに設置されている「馬小屋」



(以下、ルカ2・1-20より)

<イエズスの誕生>

2 1そのころ、全世界の人々を戸籍に登録せよという勅令(ちょくれい)が、ローマ皇帝アウグストゥスによって発布(はっぶ)された。2この登録(とうろく)は、クレニオがシリアの総督(そうとく)であったときに行(おこ)なわれた最初(さいしょ)のものであった。3人々は皆登録のために、それぞれに自分の町に帰って行った。

4-5ダビデ家とその血筋に属していたヨセフも、登録のために、すでに身ごもっていたいいなずけのマリアを伴って、ガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。6ところが二人がそこにいる間に、マリアはお産の日が満ちて、男の子を産んだ。7そして、その子をうぶぎにくるみ、あいばおけに寝かせた。宿屋には、彼らのために場所がなかったからである。

<羊飼いたちのイエズス訪問>

8さて、羊飼いたちが、その地方で野宿をして、夜どおし羊の群れの番をしていた。9すると、主の使いが羊飼いたちのそばに立ち、主の栄光が羊飼いたちを覆(おお)い照らしたので、彼らはひどく恐れた。

10み使いは言った。「恐れることはない。わたしは、すべての民に及ぶ大きな喜びのおとずれをあなたがたに告げる。11きょう、ダビデの町に、あなたがたのために、救い主がお生まれになった。このかたこそ主メシアである。12あなたがたは、うぶぎにくるまれて、かいばおけに寝ている乳飲み子を見るであろう。これがしるしである」。13すると突然、み使いに天の大軍が加わり。

14「いと高き天においては神に栄光、地においてはみ心にかなう人々に平安」

と、神を賛美した。

15み使いたちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行って、主が知らせてくださったその出来事を見て来よう」と互いに語り合った。16そして、急いで行き、マリアとヨセフと、かいばおけに寝ている乳飲み子を捜しあてた。17それを見て、羊飼いたちは、このみどり子について自分たちに告げられたことを人々に知らせた。18羊飼いたちが語ったことを聞いたものは皆、不思議に思った。19しかし、マリアはこれらのことをことごとく心に留めて、思いめぐらしていた。20羊飼いたちは、見聞きしたことがことごとく自分たちに告げられたとおりであったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。



幼子イエス・キリストのご降誕の恵みが、皆さんとまた皆さんのご家族そして皆さんの愛するすべての人の上に豊かにありますように。

メリー・クリスマス!

投稿者 Inoue: 21:27

2015年12月18日

今年生まれた赤ちゃんの名前ランキング
〜親の想いや時代を反映

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

師走の定番ともいうべきベートーヴェンの交響曲第9番(第九)が日本で初めて演奏されたのは、およそ100年前の1918年(大正7年)。

第1次世界大戦で敗れ捕虜となったドイツ兵らによって初めて演奏されたといわれています。その舞台となったのが、徳島県鳴門市に置かれた「板東俘虜(ばんどうふりょ)収容所」でした。

故国から遠く離れた「板東俘虜(ばんどうふりょ)収容所」にいて、彼達はどのような想いで演奏し、歌ったのでしょうか。テレビやラジオ、街中で第九を聴く度に彼達への想いが私の中で膨らむことでしょう。

さて、今回のブログでは、「今年生まれた赤ちゃんの名前ランキング」を紹介します。生まれる子供への想いだけでなく、名前ランキングは時代や社会の変化を映し出す鏡ともいわれています。今年はどんな傾向が見られたのでしょうか。

■最多は男の子が「大翔」で女の子は「葵」
恒例の「今年生まれた赤ちゃんの名前ランキング」(明治安田生命保険調べ)がこのほど発表されました。

男の子の最多は「大翔」(ひろと=主な読み方)、女の子は「葵」(あおい)が、それぞれ1位になったとのこと。

「大翔」は2007年から11年まで5連覇の後、ランク落ちしていて4年ぶりの首位返り咲き。夢や希望に向かって羽ばたく雄大なイメージの強い「翔」に、人気が集まっているようです。

周知の通り北海道日本ハムの大谷翔平選手や中田翔選手のほかにも、人気グループ「嵐」の桜井翔さん、俳優の哀川翔さん、歌手の綾小路翔さん(氣志團)ら「翔」が付く名前の有名人はかなり多く、彼らの活躍が影響を与えているといいます。

また、今年の干支は「未(ひつじ)」(羊)。つまり、羊へんの漢字でもある「翔」の字が縁起が良いという理由もあるようです。

女の子の「葵」は、今年、「徳川家康公 薨去四百年」という節目の年にあたることから、徳川家の「葵」の御紋の効果が、「葵」人気にプラスしたのかも知れません。

男の子の2位は悠真(ゆうま)、3位が蓮(れん)と陽太(ようた)。女の子は2位が陽菜(ひな)、3位は結衣(ゆい)でした。

■「歩」は、256位から33位へと大幅にランクアップ
また、ラグビーの五郎丸歩選手の「歩」は、男の子の昨年の256位から33位と飛躍的にランクアップしたようです。

こうした名前ランキングを見ると、まさに時代や社会の変化を映し出す鏡ともいえますね。

私の生まれたのは、終戦間際で富国強兵が叫ばれていた時代です。時代を反映して、勝利(かつとし)や剛(つよし)、攻(おさむ)といった名前の友人・知人がおり、名前が時代や社会の変化を映し出す鏡といわれていることを実感します。

一方で、同じ表記でも読みが多様多種で混乱を招いているようです。例えば、今年の人気ランキングトップになった「大翔」の読みは「ひろと」「やまと」「はると」「おうが」「だいと」「たいが」「つばさ」など。

皆さんは、「大翔」をどのように読みましたでしょうか?

読みでは人気の名前に収束し、表記では個性を競うように多様化が進む――。最近の名前の流行にはこうしたメカニズムが働いているようです。

この「今年生まれた赤ちゃんの名前ランキング」の中からパブリック・リレーションズ(PR)に関係する漢字を探してみました。

例えば、リレーションシップ・マネジメントであれば、「絆」や「信」、「結」、「和」などが連想されます。

男・女の人気漢字ベスト25を見ると、男の子については「和」と「結」が同じ23位に、女の子については「結」が6位にランクされていました。

このように、「今年生まれた赤ちゃんの名前ランキング」は、さまざまな視点から読み取ることができ、個人的にも興味あるデータでした。

投稿者 Inoue: 09:00

2015年12月11日

ノーベルウィークに思う
〜日本人が持つ伝統技術と最先端技術の融合

皆さんこんにちは井之上 喬です。

12月7日は大雪(たいせつ)、山間部だけでなく平野にも降雪のある時節ということで、冬本番といったところですね。

私が経営する井之上パブリックリレーションズでは、定期健康診断を実施しており私も今週受診してきました。体のメンテナンスをしっかりして、新年に備えたいものです。

■2015年も2人の日本人がノーベル賞受賞
今週はノーベル賞の授賞式を中心とする各種の式典が催されるノーベルウィーク。スウェーデンの首都ストックホルムにノーベル賞受賞者が集まり、ノーベル賞の創設者であるアルフレッド・ノーベルの命日にあたる12月10日に授賞式が行われるほか、晩餐会、ノーベル賞受賞者による記念講演などが行われます。

2015年も北里大特別栄誉教授の大村智(おおむら さとし)氏が、寄生虫によって起こる、感染症の治療法の発見でノーベル医学生理学賞を、東京大宇宙線研究所長の梶田隆章(かじた たかあき)氏が素粒子のひとつニュートリノに質量があることを観測によって証明したことでノーベル物理学賞を受賞。

昨年、青色発光ダイオードでノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏に続く日本人の連続受賞は、同じ日本人として誇らしい限りです。本当におめでとうございます。


■「天然物化学」ご存知でしたか?
今年の受賞者の中で気になった言葉は大村氏の専門分野である「天然物化学」です。天然の微生物や動植物から薬になる有効成分を見つけたり、分子の構造を調べて人工的に合成したりする有機化学の一分野だそうです。

大村さんが開発した、寄生虫病の特効薬イベルメクチンでも、もとになる物質を静岡県伊東市のゴルフ場近くの土にいた放線菌から見つけた、との逸話が新聞などでも紹介されていましたが、天然物から有用物質を見つけるのは、砂山から砂金を探すような気の遠くなるような地道な作業ですが、日本人研究者が世界で活躍してきた研究分野でもあるそうです。

なぜこの分野で日本人が活躍してきたのか?

その背景としては、日本の自然環境が生んだ味噌や酒、醤油、納豆など微生物を使った伝統的な食品開発が、日本の天然物化学の発展を支えてきたというのです。

生き物が持つ物質を上手に見つけて善玉菌だけを増殖する、天然物化学と共通する日本の伝統の技と日本人が持つ特性の一つである粘り強さが天然物化学で日本人が数々の成果を生み出している要因になっているようです。

2012年には京都大学iPS細胞研究所所長・教授の山中伸弥氏がiPS細胞でノーベル医学生理学賞を受賞しましたが、日本で開発されたiPS細胞のような最先端技術と日本の伝統技術に根付いた天然物化学技術の組み合わせは医学分野での新たな可能性を秘めているような気がします。

安倍政権の成長戦略のなかにも、iPS細胞に代表される再生医療研究が盛り込まれていますが、日本人が手掛けた最先端技術、伝統に基づいた革新的な技術が、少子高齢化など世界が抱える社会的課題解決の糸口になれば素晴らしいですね。

私もパブリック・リレーションズ(PR)の視点から、様々な分野で世界規模での社会的課題を解決できるような、最先端技術と伝統技術の融合による革新的動きを見逃さないように感覚を研ぎ澄ませていきたいと思います。

投稿者 Inoue: 11:00 | コメント ( 0) | トラックバック

2015年12月03日

世界に類のないお年玉つき年賀はがき
〜時代を反映する賞品の数々

皆さんこんにちは井之上 喬です。

師走を迎え、年賀状づくりに余念のない方も多いことかと思います。今年の年賀状の引受開始は12月15日(月)からで、地域によって違いはありますが25日(木)までに投函すると元旦に配達されるということです。私の会社では、年賀状のデザインも決まり、丁度、印刷があがってきたところです。

以前のブログ(2011年12月6日)でも年賀状の「むかし」と「いま」を紹介しましたが、今回はその続編的な内容で、お年玉つき年賀はがきの変遷を中心に紹介したいと思います(出典:フタバ株式会社が運営するサイト「年賀状博物館」)。

■「当面の間」中止となった年賀郵便
今では、当たり前になっているお年玉つき年賀はがきの制度が始まったのは、1949年(昭和24)。前回のブログでも記しましたが、このお年玉つきという発想は、「官ではなく、民から」でたものだそうです。京都在住の林正治さん(当時42歳)のアイデアによるもだといわれています。

その背景には、1940年(昭和15)に、年賀郵便の取扱いが「当面の間」中止となり、翌41年(昭和16)の太平洋戦争突入以降は、さらに自粛の声が高まり、逓信省自らが「お互に年賀状はよしませう」と自粛を呼びかけるほどの状況がありました。終戦の年(昭和20)の正月には、どの家にも年賀状はほとんど届くことはなかったそうです。

林さんは、年賀状に賞品の当たるくじをつける、料金には寄付金を付加し社会福祉に役立てるといったアイデアをもとに、自ら見本となるはがきやポスターまでつくり、郵政省に持ち込んだといいます。

郵政省の会議では「国民が困窮している時代に、送った相手に賞品が当たるなどと、のんびりしたことを言っていられる状態ではない」との反論もあったそうですが、紆余曲折を経た後、採用が決定。世界にも類を見ない制度はこうして実現することとなったのです。

発売と同時に、この初めての年賀(専用)はがきは大きな話題を呼び、大ヒットします。戦後復興に向ける国民の思い、そして、伝統的な日本文化に基づく新年への祝賀の思い、そんな希望に満ちた気分に、この「夢のお年玉」はフィットしたのでしょう。

この年、年賀状の取扱量は大きく伸びます。これが起爆剤となり、年賀郵便の取り扱いは急伸し、1955(昭和30)年には戦前の記録を更新。その後も、同じペースで増え続けて1997年(平成9)には約37億通とピークを迎えることになります。

■来年は最高額(10万円)の賞品
以前のブログにも記しましたが、第1回(1949年)のお年玉つき年賀はがきの賞品は特等が「ミシン」で1等が「純毛洋服地」、2等が「学童用グローブ」、そして3等が「学童用こうもり傘」でした。

この時代の庶民の夢のひとつに、ホームメイドで洋服をつくることがあって「ミシン」や「純毛洋服地」が賞品に選ばれたようです。当時の収入に比べ、既製服が高価だったということなのかも知れませんね。

また、「学童用グローブ」や「学童用こうもり傘」のように視線が子供に向けられているのも、ベビーブームの反映と考えられているようです。

その後、毎年の最高賞品(1966年以降は特等が廃止になり、1等が最高賞)を見ていくだけでも、時代の移ろいを感じることができます。

1956年(昭和31)には電気洗濯機、60年(昭和35)にはフォームラバーマットレス、65年(昭和40)以降はポータブルテレビや8ミリ撮影機・映写機セットなどが続き、84(昭和59)年には電子レンジが、86年(昭和61)にはビデオテープレコーダーが登場します。

平成に入ってからは、海外旅行や最新式テレビ、パソコンなど数点の中から1点を選ぶ形式に変わります。バブル景気とその崩壊、そして、その間に進行した消費の多様化を反映した結果でもあるようです。

80年代に入ると写真年賀状の普及が進み、印画紙に家族などの写真と賀詞をいっしょに現像したはがきが急増します。

平成に入っても増加を続けた年賀郵便は1997(平成9)年の約37億通をピークに、微減傾向が続いています。これは、景気の長期低迷が続いたことやインターネットの普及で電子メールが盛んになったことなどが、その理由が挙げられています。

しかし、現在でも国民1人あたり約35通の年賀状が出されているというのは驚きですね。

ちなみに来年のお年玉年賀はがきの賞品は、1等が旅行・家電・現金(10万円)などで2等がふるさと小包など、そして3等はお年玉切手シートとなっています。

年賀状は、長い日本の伝統を背景に、日本の大衆が育ててきた文化ともいうべきものです。また、パブリック・リレーション(PR)の視点からは、関係者とのより良い関係性を維持、発展を図るリレーションシップ・マネジメントの有用なツールとして捉えることもできます。

投稿者 Inoue: 19:53 | トラックバック