相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 「サステナビリティ」に関する国際シンポジウムから
〜1400余年も前から持続性は日本の伝統文化
| メイン | 第44回東京モーターショー2015から
〜自動車からハンドルがなくなる、免許証が不要?!»

2015年10月29日

輝きの40代
〜来年のセ・リーグ監督の平均年齢は43.7歳

皆さんこんにちは井之上 喬です。

秋晴れの日が続いており、仕事にレジャーに様々な活動をするのには良い季節ですね。
ただ秋の花粉症には要注意。花粉症というと春のスギ花粉、ヒノキ花粉を連想しますが、ブタクサ(豚草)、ヨモギ、カナムグラなどの雑草やイネ科の花粉が飛ぶ「秋の花粉症」にもご用心ください。

秋と言えばスポーツの秋でもあり、ラグビーや野球、体操などの話題が毎日ニュースで流れています。

■若い感性に期待
プロ野球は日本シリーズたけなわですが、こうした中で来季に向けてすでに始動しています。

今年のストーブリーグでは、セ・リーグの新人監督人事が注目されました。顔ぶれを見ると、阪神の金本知憲新監督(47歳)、DeNAのアレックス・ラミレス新監督(41 歳)、そして巨人は高橋由伸新監督(40歳)の就任会見が10月26日に行われました。

これにより来季のセ・リーグ監督は、続投のヤクルト真中満監督(44歳)、広島の緒方孝市監督(46歳)、中日の谷繁元信監督(44歳)と6球団の監督全員がなんと40代、平均年齢43.7歳というフレッシュな陣容になっています。

ちなみにパ・リーグは楽天の梨田昌孝新監督(62歳)が最年長で、ソフトバンクの工藤公康監督(52歳)、日本ハムの栗山英樹監督(54歳)、ロッテ伊東勤監督(53歳)、オリックス福良淳一監督代行(55歳)、最年少の西武の田辺徳雄監督(49歳)も来年5月で50歳となり、平均年齢は54.2歳となっています。

企業の経営者も若返りが進んでおり、文字通り40代は働き盛り!といったところでしょうか。

40代で最近注目した人物に将棋の羽生善治四冠(45歳)がいます。

■知見と経験で潮目を読み切る!
10月26日に将棋・第63期王座戦五番勝負最終局が行われ、羽生善治四冠が佐藤天彦八段(27歳)をくだし、見事に4連覇を達成しました。これで羽生四冠は名人、棋聖、王位、王座と現在保持するタイトル全てを防衛したことになります。七大タイトル獲得は通算94期目で、相変わらずの強さには敬服します。

今回王座戦で対戦した佐藤八段は、今期最も勢いがある棋士とも言われており、対局前はさすがの羽生さんも危ういだろうと言われていたようですが、昨年と同じく最終局で勝負を制しました。

日本経済新聞で解説の豊川孝弘七段は、「シリーズを通して佐藤八段が押していたようにも見えたが、終わってみれば羽生善治。さすがの勝負強さというほかない」とコメントしています。

プロ野球、将棋と勝負の世界での40代を紹介しましたが、ビジネスの世界にも当てはまる要素があるのではないでしょうか。

私が生業にしているパブリック・リレーションズ(PR)の世界でも、日々の勉強と経験を生かし大きな潮目を的確に読み切り、一気呵成に攻めに転じることが重要です。

PRパーソンには幅広い知見や経験そして森羅万象を読み取る力が求められますが、40代の働き盛りの皆さんに負けないように、PRを通してよりよい社会の実現のために、これからも前に進んでいきたいと思っています。

投稿者 Inoue: 2015年10月29日 18:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.inoueblog.com/mt/mt-tb.cgi/1091