相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2015年8月 | メイン | 2015年10月»

2015年09月25日

秋の展示会・イベントシーズン開幕!
〜エレクトロニクス、半導体など新しい取り組みの体験

皆さんこんにちは井之上 喬です。

シルバーウィークは存分に堪能されましたか?カレンダー通りに5連休の皆さんも多かったのではないでしょうか。

連休が終われば10月の声、2015年の締めの四半期に向け仕事のアクセルを踏み込みたいですね。

秋といえば食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋など何をするにも良い季節。私たちパブリック・リレーションズ(PR)業界にとって関わりのある"展示会・イベントの秋"といっても良いのではないでしょうか。

■CEATEC、モーターショー、ロボット展など大型展示会が目白押し
関東での主な展示会の予定を拾ってみますとIT Pro Expo 2015(9月30日から10月2日、東京ビッグサイト)、国際メガネ展(10月6日から8日、同)、国際福祉機器展(10月7日から9日、同)。

CEATEC JAPAN 2015(10月7日から10日、幕張メッセ)、クラウドコンピューティングEXPO(10月28日から30日、同)、IoT/M2M展(10月28日から30日、同)、東京モーターショー2015(10月29日から11月8日、東京ビッグサイト)。

鉄道技術展(11月11日から13日、幕張メッセ)、Inter BEE 2105(11月18日から20日、同)、2015国際ロボット展(12月2日から5日、東京ビッグサイト)、エコプロダクツ2015(12月10日から12日、同)、SEMICON Japan 2015(12月16日から18日、同)など様々な分野の展示会が目白押しですね。

私が経営する会社(井之上パブリックリレーションズ)のクライアントの中でも出展準備が佳境に入っているところもたくさんありますし、井之上PR自身も展示会の企画からプレスセンター周りのサポートなどいくつかの展示会関係のお仕事も近年増えています。

直近の展示会では「CEATEC JAPAN(シーテックジャパン、http://www.ceatec.com/ja/ )2015」に関し情報発信、会期中のプレスセンター運営支援なども行っています。

■従来のイメージではない新たな取り組みが随所に
皆さんはCEATEC JAPANに対しどのようなイメージを持っていらっしゃいますか。家電の見本市、とのイメージを持っている方々も多いのではないでしょうか。

最近のCEATECのご覧になった方々にはご理解いただけると思いますが単なる家電ショーではなく、様々な分野の最先端技術を集めた展示会に変貌しており、展示会は「最先端IT・エレクトロニクス総合展」の冠のもと今年のテーマは「NEXT‐夢を力に、未来への挑戦」となっています。

IoT(モノのインターネット)の拡大やビッグデータの活用の広がり、人工知能の進化などITエレクトロニクスの技術革新とリアル世界・サイバー空間の情報連携がもたらすサイバーフィジカルシステム(CPS)による、新たな情報化社会の実現に向けた最先端の取り組みが会場で体験できるとのことで今から楽しみです。

また、12月に開催される「SEMICON Japan 2015( http://www.semiconjapan.org/ja/ )」も半導体材料、製造装置の専門展示会から内容を大きく変貌させています。半導体製造の全体像を見渡す視点に加え、半導体のアプリケーションからの視点としてIoTのプレイヤーとSEMICONが融合し昨年スタートした特別展「WORLD OF IOT」。

また今年からはSustainable Manufacturing Pavilionで最先端技術とは別の視点から日本企業が得意とする200mmライン活用、環境安全、水平分業のソリューションを提案し、新たな日本企業の成長戦略を展示するとのことです。

エレクトロニクス、半導体技術はこれまで日本の経済成長のけん引役を果たしてきました。ビジネスのグローバル化の大きな流れのなかで様々な曲折はあるものの、今後も日本の経済成長を支える大きな柱であることに変わりはないと個人的には確信しています。

そのようなビジネスの新しい流れ、新しいビジネスの芽が展示会にはたくさんあると思います。経費節減などから展示会に足を運ぶのが難しい企業もあるかと思いますが、エンジニア、特に若手エンジニアの皆さんには最先端の展示会に足を運んでいただき、国内外の様々な分野の人々との人的交流の中から新たなビジネスのヒントをつかんでもらいたいと思います。

机の上でも世界中の情報が簡単に入手できる時代ですが、展示会ならではの生の臨場感を味わう良い機会ではないかと思います。会場での様々な発見や出会いで、きっと何かの刺激が得れるはずです。

投稿者 Inoue: 11:15 | トラックバック

2015年09月18日

シルバーウィーク国内旅行動向
〜大型5連休は6年ぶり

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

先週は、記録的な豪雨による茨城県常総市での鬼怒川の堤防決壊や東京湾を震源とするM5.2、最大震度5弱の大きな地震が発生するなど不安な事が続きましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

19日からシルバーウィーク大型5連休(9月19日?23日)がスタートします。当然、旅行客も平年に比べて多く、実際に予約状況を見ると、ルックJTBは80%増、エースJTB(首都圏発)は188%増で推移しているといいます。

(株)リクルートライフスタイルは、旅行サイト『じゃらんnet』上におけるシルバーウィーク期間(2015年9月19日?9月27日)の宿泊予約状況や国内旅行に関するアンケート結果よりシルバーウィークの国内旅行の動向についてまとめたデータを公表しています。

皆さんは、この6年ぶりに訪れたシルバーウィークをどのようにお過ごしになりますでしょうか。今回のブログではシルバーウィークの国内旅行の動向についていくつかご紹介しましょう。

■旅行先第1位は今年も「北海道」
先ずは、シルバーウィーク期間の人気旅行先ランキング・トップ10です。1位「北海道」、2位「東京都」で3位は「沖縄県」と昨年の順位と変わりません。

以下4位は「大阪府」(2014年5位)、5位「千葉県」(同4位)、6位「静岡県」
(同7位)、7位「神奈川県」(同6位)、8位「長野県」(同9位)、9位「兵庫県」(同11位)、そして10位が「京都府」(同8位)という結果となっています。

シルバーウィーク期間の旅行目的についてトップは、「地元の美味しいものを食べる」(41.0%)。次いで「温泉や露天風呂を楽しむ」(35.5%)、「宿でのんびり過ごす」(27.7%)、「自然や風景を楽しむ」(27.7%)、そして「名所・旧跡の観光」といった順となったそうです。

世代別の傾向を見ると、若年層とシニア層では、大きな相違が認められます。
若年層では、「宿でのんびり過ごす」、「買い物、アウトレット」、「テーマパーク(遊園地、動物園など)」が多く、シニア層:「温泉や露天風呂を楽しむ」、「自然や風景を楽しむ」、「名所、旧跡の観光」が多かったようです。

■「シルバーウィーク」の由来
「シルバーウィーク」(SW)とは秋の大型連休のことで、ゴールデンウィーク(GW)にあやかってできた造語で「秋のゴールデンウィーク」とも呼ばれるそうです。

「シルバーウィーク」の誕生については、一部の国民の祝日を月曜日に移動させ、土曜・日曜とくっつけて3連休にしようとするハッピーマンデー制度の恩恵によるようです。以前は9月15日に固定されていた「敬老の日」を第3月曜日に移動したことが引き金になっています。

そして、23日(水)が「秋分の日」に当たるため、「敬老の日」と「秋分の日」に挟まれた22日(火)も「国民の祝日」となり、5連休が生まれたということです。

というわけで、このシルバーウィークは毎年来るわけではなく、「敬老の日」と「秋分の日」のカレンダーの並び次第ということになります。この嬉しい大型シルバーウィークが次に現れるのは11年後の2026年だそうです。

「敬老の日」が含まれているから「シルバーウィーク」って呼ばれていると思っている方もいるようですが、その由来を下記します。

さて、「シルバーウィーク」の由来ですが、ハッピーマンデー制度の導入で、2009年に秋の大型連休ができるとなった際に三菱ビルテクノサービスが「連休の名前」をどうするかというアンケートを公募した結果、「シルバーウィーク」が選ばれたとのことです。

この結果、「シルバーウィーク」がテレビやインターネットで流され、旅行会社などがツアー特集でこの言葉を使い始め、人々の耳目に触れるようになったということのようです。

ちなみに、このアンケートの2位以下はオータムウィーク(2位)、プラチナウィーク(3位)、秋休み(4位)、そしてスペシャルウィーク(5位)の順だった 
そうです。

夏休み明けて間もなく訪れるシルバーウィーク。食欲の秋、行楽の秋とも称されるこの時期、大いにお楽しみください。

投稿者 Inoue: 12:48 | トラックバック

2015年09月10日

第4次産業革命の先に「シンギュラリティ(技術的特異点)」
コンピュータは人間の知性を上回れるか?

皆さんこんにちは井之上 喬です。

9月の声とともに一気に涼しくなったと思いきや、東京は台風18号の影響で大雨に見舞われました。しばらくは不順な天候が続きそうですね。

■第4次産業革命真っ只中
メディアに登場するバズワードで産業界の最近の注目は、IoT(モノのインターネット)、Industry 4.0、先進運転支援システム(ADAS)などでしょうか。

日本経済新聞は9月6日(日)から紙面と電子版連動で大型特集企画「新 産業創世記」を開始しました。それによると現在を、1780年ごろの蒸気機関による第1次産業革命、電気エネルギーによる大量生産も可能になった1870年ごろの第2次産業革命、半導体技術が発達しコンピュータによるIT(情報技術)が浸透してきた1970年ごろの第3次産業革命に続く第4次産業革命の時期と位置付けています。

ビッグデータ人工知能(AI)、自動制御、クラウドと言った革新的な技術が次々と登場し、さまざまな産業分野の進化を加速しています。そして進化の速度は過去の産業革命時に比べケタ違いに速く、その影響も広く深いと現在を評しています。

確かにクラウドコンピューティング、AI、スマートデバイスを駆使したさまざまなサービスが登場し市場を席巻、成長する企業の大きな要素であるスピード感はますます増幅しています。

その代表格としてテスラ。モーターズの名前を挙げ、その株式時価総額は3兆円台後半に達し日産自動車に迫りつつあると紹介しています。さまざまな業界地図が一気に塗り替わる可能性を秘めた時代とも言えますね。

■「2045年問題」、ご存知でした?
特集の中で注目した言葉が「シンギュラリティ(singularity)」です日本語では技術的特異点と訳されています。

解説では、米国未来学者レイ・カーツワイルが提唱した「コンピュータが人類の知性を超える」とする説について触れ、米インテル創業者の一人であるゴードン・ムーアが提唱した「ムーアの法則」を紹介し、コンピュータの演算処理速度は今後30年で10億倍と指数関数的に高まり、2045年に“その日”が訪れると予測。現在技術では予想不能な未来が訪れるとしています。

「2045年問題」については最近シリコンバレーのパブリック・リレーションズ(PR)関係者と意見交換する中でたびたび耳にすることがあります。一部のこの世界のギークの間では以前から話題になっていたようですが、最近になってこの話が現実味を帯びてきています。

確かにグーグルやソフトバンク、アマゾンなどは人工知能を活用した検索システムやロボットなど革新的な取り組みを現実のものにしています。

人間の持つ智慧の奥深さと広がりを機械が代替することなどありえないと信じる私にとって、コンピュータが人間の知性を上回るなどにわかには信じられませんが、コンピュータと人間の脳で思い浮かんだのは将棋の「羽生善治」(王座、名人、王位、棋聖)スーパーコンピュータ「京」です。

羽生名人は44歳と棋士としてのピークは過ぎたなどと言われた時期もありましたが、現在もさまざまなタイトル戦の常連で、若手棋士の挑戦を退けながら多くのタイトルを維持し続けています。我々には想像できないところで、羽生さんの脳は進化し続けているのでしょうか。

一方の「京」は、ご存知のように理化学研究所(理研)と東京工業大学、アイルランドのユニバーシティ・カレッジ・ダブリン、九州大学、富士通による国際共同研究グループが開発したスーパーコンピュータ。

本ブログ(7/16号)でも紹介しましたが、今年7月にはビッグデータ処理(大規模グラフ解析)に関するスーパーコンピュータの国際的な性能ランキングGraph500で、2014年6月以来の1位を奪還しました。

大規模グラフ解析の性能は、大規模かつ複雑なデータ処理が求められるビッグデータの解析において重要となるもので、今回のランキング結果は、「京」がビッグデータ解析に対し世界的にみても高い能力を持っていることを実証しています。

シンギュラリティが話題になりそうな今、日本古来の将棋の「名人」とコンピュータの「知性の進化」を“ゆっくり”観察したいと感じた秋の初めです。


----------------------------------------------------

『パブリックリレーションズ』(第2版:5月発刊)
好評発売中!

パブリックリレーションズ複雑化するグローバル時代にあってリレーションシップ・マネジメント機能をもつパブリック・リレーションズ(PR)を正しく理解するための啓発書。また、最短距離で目標を達成する「戦略広報」の重要性を企業経営者や広報関係者へ説く内容となっている。

著者:井之上 喬
井之上パブリックリレーションズ社長/京都大学大学院特命教授

投稿者 Inoue: 17:17 | トラックバック

2015年09月03日

戦艦ミズーリ艦上での降伏文書調印式
?マッカーサー元帥の5本のペン

皆さんこんにちは井之上 喬です。

東京は涼しい日が続き、秋の気配すら感じられる時節になりました。あの猛暑は何処へ行ってしまったのでしょうか。

8月13日の私のブログでは、8月15日の終戦記念日にあたって、終戦70周年特集を組ませていただきました。

1941年12月8日(ハワイ時間7日)の日本軍による真珠湾攻撃に始まり、45年8月6日の広島、9日の長崎への原爆投下、そして14日のポツダム宣言受諾を経て戦争は終結しましたが、今回は、続編ともいうべき戦争終結後の降伏文書調印のお話です。

丁度、私が原稿をしたためている70年前の今日(9月2日)、東京湾上の米戦艦ミズーリ号の甲板で降伏文書の調印式が行われたのでした。

この歴史的な調印式の舞台としてミズーリ号が選ばれたのは、当時の米国大統領トルーマンの出身州であるミズーリに因んでいるようです。同艦は1999年からハワイ州パールハーバーに保存されています。

■外交史料館で「降伏文書」原本を公開
日本がポツダム宣言を受諾した2週間後の1945年(昭和20)8月28日、米軍進駐部隊が神奈川県の厚木飛行場に到着。その2日後には連合国最高司令官のダグラス・マッカーサー元帥が厚木飛行場に降り立ったのです。

サングラスをかけ、コーンパオプを咥えて専用機のタラップを降りるマッカーサー元帥の写真を記憶されている方も多いことと思います。

そして9月2日には、東京湾上の米戦艦ミズーリ号の甲板で降伏文書の調印式が行われました。日本側の全権団は重光葵外相、梅津美治郎参謀総長らで、これを迎えたのがマッカーサー元帥をはじめとする戦勝国からの代表者でした。

降伏文書が調印されたことにより、足かけ5年にわたる太平洋戦争は公式に終了したのでした。

以後、51年(昭和26)9月の対日講和条約(サンフランシスコ講和条約、対日平和条約ともいわれる)調印まで、日本は連合国の占領下に置かれることになりました。

外務省は8月31日、米戦艦ミズーリ上で調印した「降伏文書」の原本(写真:共同通信)を東京・麻布台の外交史料館で9月12日まで公開しています。複製は常設展示しているが原本の一般公開は約20年ぶりとのこと。この機会に閲覧してみてはいかがでしょうか。

■調印式にまつわるエピソード
まず、ミズーリ号が停泊していた場所は、遡ること90年前にペリーが黒船ポータハン号を停泊させた位置とほぼ同じでした。米国は日本を開国に導いただけでなく、戦争にも勝利したということを90年越しに強調したかったのではないかといわれています。

ミズーリ艦甲板にはためいていた二つの星条旗。一つは、往年のペリー提督が用いた旗で、もう一つは真珠湾攻撃の際にホワイトハウスにあったものだそうです。

マッカーサー元帥は5本のペンを取り出して交代で文書に調印。彼の部下や陸軍士官学校、海軍兵学校に1本ずつ贈り、最後の1本は彼の妻のジェーンに残したという有名な話があるとのこと。

日本側の代表者重光葵大臣は、降伏文書にアメリカのペンは使いたくないというこだわりがあって秘書官のペンを借用したとも伝えられています。

70年前の9月2日、米戦艦ミズーリ号に乗り組んでいたアート・アルバートさん(現在88歳)は「署名が行われた机は一般兵の食堂で使われていた2メートル40の長テーブルだった」ことを明かしています(読売新聞:9/2朝刊)。
また、「自由と寛容と正義の完成を目指す世界が生まれてくることを望む」といったマッカーサー元帥の声を聴いたといいます。

日米関係だけでなく近隣国との経済的相互依存が深化する一方、さまざまな政治課題や主権を巡る摩擦や対立が増すなかで、甚大な被害や犠牲者を生んだ大戦直後のマッカーサー元帥のメッセージに真摯に耳を傾けるべき時ではないでしょうか。

フラグメンテーション化する時代にあって、平和な世界を希求し持続させるうえで、パブリック・リレーションズ(PR)の専門家の果たす責務はますます大きくなるのではないかと感じています。


----------------------------------------------------

『パブリックリレーションズ』(第2版:5月発刊)
好評発売中!

パブリックリレーションズ複雑化するグローバル時代にあってリレーションシップ・マネジメント機能をもつパブリック・リレーションズ(PR)を正しく理解するための啓発書。また、最短距離で目標を達成する「戦略広報」の重要性を企業経営者や広報関係者へ説く内容となっている。

著者:井之上 喬
井之上パブリックリレーションズ社長/京都大学大学院特命教授

投稿者 Inoue: 12:38 | トラックバック