相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2015年3月 | メイン | 2015年5月»

2015年04月30日

「ニュース検定」をご存知ですか?
〜情報感度を高め"PRの潮目"を的確に読む

皆さんこんにちは井之上 喬です。

いよいよGW突入!皆さんはどのような計画を立てていますか?
まとめて休みを取れる良い機会です。新緑の中で有効に時間を使いたいですね。

私はカレンダー通りですが、5月2日から6日までの5連休はエキソサイズや読書をするなど、久しぶりにゆっくり過ごす予定です。

■新年度の目標に検定へチャレンジ
新年度がスタートして1カ月が過ぎました。新たな目標を設定し頑張っている方も多いのではないでしょうか。さまざまな資格・検定取得も目標設定には良いですね。

その中の1つに「ニュース検定」があります。
正式には「ニュース時事能力検定」で、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会をはじめ、株式会社毎日教育総合研究所および全国の新聞社や放送局が共催しています。

新聞やテレビのニュース報道を読み解くための「時事力」を認定するもので、「時事問題」の理解に欠かせないキーワードや、社会の仕組みと流れについての知識を小学校中高学年から中学校1年レベルの5級から、程度の高い1級まで6段階に分けて測定する唯一のニュース検定試験です。

同協会のホームページによると、ニュース検定の5つの特徴として、1)第一線のジャーナリスト、学識経験者らで構成されたスタッフが、今を読み解くために必要なテーマを厳選して出題しているとしています。

また、2)政治、経済、暮らし、国際問題、社会・環境の5テーマからバランスよく出題され、総合的な時事力を測ります。3)検定級は6段階に分かれており、学生から社会人まで各受検者の到達目標に合わせた受検が可能。4)受検者全員に「結果通知」が送付され、全ての問題の正誤表や解答をもとに受検者が復習したり、弱点の克服が容易となります。5)使いやすさに配慮した公式テキストや問題集を使って自学自習も可能で、「どのように勉強したらよいかわからない」といった不安を解消し、学びやすい教材となっています。

また、「時事力」が基盤を固め、情報感度を高めるとし、時事力については、歴史の縦軸、世界の横軸の中心に自分を置き、様々なテーマを自分の問題としてとらえる習慣が身につくことで備わる能力としています。

この時事力は、激変する現代社会で求められる力の土台となり、また膨大な情報から必要な情報を取捨選択して社会で活用する「情報感度」の中核を構成するとし、検定に挑戦し、自分の時事力の客観的把握をとおして「情報感度」の高まりを実感することを促しています。

ニュース検定の全国の累計志願者数は、2007年の第1回から2014年度までで小学生から高齢者まで22万人以上に達しているとのこと、2015年度は6月21日(日)と11月22日(日)に一般受験を実施予定とのことでから今から準備を進めチャレンジしてはいかがでしょうか。

■的確な情報分析で外部環境を把握する
パブリック・リレーションズ(PR)の仕事では、基本的なイロハのイとして新人社員がまず覚えるのがクライアントの動向を中心とした記事のモニタリングです。

朝、出社すると多くの新聞、雑誌そしてオンラインの媒体に目を通し、クライアントに関連する記事情報を取捨選択し報告します。

この作業は毎日続き一見地味な仕事ですが、記事の内容を分析することが、次のPR戦略を立てる上で重要なことは言うまでもありません。

クライアントについての直接関連情報だけではなく、時には競合情報、そしてグローバルを含めた業界全体の動向を把握、ひいてはクライアントを取り巻く外部環境の変化を把握することで、最適なPRコンサルテーションが可能になるからです。

毎日の情報収集と分析をベースに、タイミングを見極めて戦略的なPR活動を実行に移しPRの目的を最短で実現する。このようなダイナミックなPR活動の"潮目を読む"ためにも、日々の膨大な情報を的確に分析する能力がPRパーソンには求められているのです。

情報感度を高め外部環境を把握することは、ニュース検定の目的と相通ずるものがありますね。

投稿者 Inoue: 19:57 | トラックバック

2015年04月23日

リニア、世界最速の時速603キロを達成
〜ギネス世界記録に登録を申請

皆さんこんにちは井之上 喬です。

JR東海の発表によると、2027年の開業(品川-名古屋)を目指すリニア中央新幹線の走行試験で4月21日、鉄道の有人走行として世界最速となる時速603キロを記録したとしています。

■半世紀を超える研究の成果
リニアモーター推進浮上式鉄道の研究を開始したのが1962年(昭和37年)で、今日まで半世紀を超える歳月が流れています。

研究開始から10年後(72年)に超電導磁気による浮上走行が成功。87年には有人走行で時速400.8kmを達成しています。その後、99年に552キロ、03年には581キロを出し、今月16日には時速590キロに達していました。

今回の記録達成は7両編成でJR東海社員49人を乗せ、21日午前10時48分に時速603キロに到達した。600キロ以上で10.8秒間、1.8キロを走ったといいます。


世界第2位はフランスの高速鉄道TGVで、07年の試験車両による時速574.8キロ。JR東海は、ギネス世界記録に登録を申請するとしています。

営業時の最高時速は500キロですが、今回の試験は高速走行時の設備のダメージを探り建設コスト低減につなげるためのもの。高速域でのデータ収集にめどがついたとして、これ以上高速での走行試験は考えていないとのこと。

JR東海では、この世界記録の達成を契機に政府が成長戦略に掲げるインフラ輸出の一環として米国への売込みに注力していく方針としています。

高速鉄道分野ではカナダのボンバルディア、仏アルストムや独シーメンスなどライバルも多く、競争優位性を確保していくためにも戦略的なパブリック・リレーションズ(PR)が不可欠となります。

こうした国際競争分野へも、私たちパブリック・リレーションズ実務家の果たすべき役割が拡がっています。
 
■飽くなきスピードへの挑戦
リニアが今回達成したスピード(時速603キロ)と他の交通手段(乗物)と比較してみましょう。

先ずは旅客機。旅客機の巡航速度は、時速約800?900kmといわれますが、世界最速の旅客機はどれくらいのスピードで飛んでいたのでしょうか。

世界一のスピードを誇るのは、03年に27年にわたる運航の歴史に幕を引いた超音速機「コンコルド」です。その最大速度はマッハ2.4(時速約2450km)で、ロンドン?ニューヨーク間を3時間45分で運航していました。これはジャンボ機の2倍以上のスピードにあたります。

次いで東海道新幹線(東京―新大阪)の「のぞみ」。92年の登場以来、時速270キロで走行していましたが、今年3月のダイヤ改正から最高速度を285km/hへ、23年ぶりにアップしています。この高速化は「うまく曲がり、早く止まる技術」を追求し続けた成果だといわれています。

三番目は船舶。船は、一般に遅い乗物というイメージがありますが、現在営業航海しているフェリー船を例にとると時速30ノット程度(50?60km)が最速といわれているようです。

陸・海・空の代表的な交通手段(乗物)を紹介してきましたが、いずれも研究者やエンジニアの飽くなきスピードへの挑戦で生まれたものです。どこまで最速記録が伸びるのか、これからも楽しみに見守っていきたいと思います。

投稿者 Inoue: 16:20 | トラックバック

2015年04月16日

大型GWに印刷博物館の「ヴァチカン教皇庁図書館展」はいかが
〜人類の遺産を後世に伝えるCSV活動にも注目

皆さんこんにちは井之上 喬です。

もうすぐゴールデンウイーク(GW)。今年は4月30日、5月1日、そして7日、8日に休暇を取るとしたら何と12連休も可能なカレンダーですね。

なかなかそう上手くはいかないでしょうが、貴重なお休みを有効に使いたいものです。

■テーマは「書物がひらくルネサンス」
GW直前の4月25日(土)から東京で興味深い展覧会が開催されます。印刷博物館での「ヴァチカン教皇庁図書館展? 書物がひらくルネサンス」で7月12日(日)まで開催されます。

印刷博物館で、ヴァチカン教皇庁図書館をテーマにした企画展が開催されるのは、2002年の「ヴァチカン教皇庁図書館展―書物の誕生」以来で今回が2回目だそうです。

前回の展示では、グーテンベルクが発明し15世紀に登場した活版印刷によって、書物が写本から印刷本へと変遷していった過程を展示していましたが、今回はルネサンスをテーマに、ルネサンスという大きな文化運動の流れの中で、印刷書物がどのような役割を果たしたかを展示するようです。

ホームページに見ると、ヴァチカン教皇庁図書館所蔵の中世写本、初期刊本、地図、書簡類計21点を中心に、印刷博物館および国内諸機関所蔵の書物を加えた計69点を展示し、ルネサンス精神の比類なき生き証人としての書物の魅力に迫るとしています。

デジタル版より"紙派"の私としては、印刷書物がどのような形で人間の歴史に貢献してきたのか足を運んで体験してみたいと思っています。

それにしてもポスターがゴージャスですから、皆さんも是非ご覧になってはいかがでしょうか。

この印刷博物館は、2000年に凸版印刷が設立100周年記念事業の一環で開設したもので、印刷文化に関わる資料の蒐集や研究活動、活版印刷などの印刷を実体験するなどの実践・啓発活動を行っているユニークな博物館です。

■何とヴァチカン3000冊の手書き文献をデジタル化
ヴァチカン教皇庁図書館の関連で、ユニークな取り組みを行っているのがNTTデータのヴァチカン図書館デジタルアーカイビング事業です。

この事業はヴァチカン図書館に所蔵されている、貴重な手書き文献を後世に残し永続的な文化の継承を実現する目的で行われているもので、NTTデータは、この人類への貢献ともいえるヴァチカン図書館の取り組みに賛同し、2014年4月からデジタルアーカイブ事業に参画、約3,000冊の手書き文献を4年間でデジタル化するために自社技術で貢献しています。

活動内容としては、文献のデジタル画像化作業や電子化された文献画像データの長期保存システム、画像公開用の閲覧ビューワーを含むデジタルアーカイブシステムの構築だそうです。

その結果、2014年10月20日より、デジタル画像化したデータを高機能閲覧ビューワーで閲覧することが可能となり、ヴァチカン図書館のウェブサイトから直接アクセスできるようになっています。

このビューワーは、高精細・高操作性を備えるとともに、PCだけでなくスマートフォンやタブレット端末などからの閲覧にも対応しています。

これにより世界中の人々が、時間や場所を問わず、高精細にデジタル画像化された手書き文献を閲覧することが可能となり、ヴァチカン図書館の貴重な人類資産の学術、美術、教育分野などにおける活用促進が期待できる、とNTTデータのホームページで紹介しています。

この取り組みは、このブログでも何回か触れていますが、まさにハーバード大学ビジネススクール教授マイケル・E・ポーター氏が、CSR(企業の社会的責任)に代わる新しい概念とし提唱しているCSV(Creating Shared Value:企業の共通価値の創造)そのものですね。

CSV活動を通じ世界の文化遺産を後世へ継承する。多くの日本企業が、このような世界規模での社会貢献活動が展開できるよう期待したいところです。これこそパブリック・リレーションズ(PR)の醍醐味だと思います。

投稿者 Inoue: 15:41 | トラックバック

2015年04月10日

東京五輪を技術見本市に
〜政府・都が1000社募集

桜に皆既月食。桜に雪。寒の戻りと椿事が続きましたが、皆さんお元気にお過ごしですか。

政府は2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、東京都と共同で、競技会場や街なかで使う自動運転のバスや水素エネルギーの活用など最新技術の開発に乗り出すとのこと(4/9日経夕刊)。

日本企業が得意な技術を下記9分野にわけ、開発に参加する企業の募集を始めるとしています。

■新技術開発の9分野
1.車や信号機などが互いに通信し、自動制御する
 「次世代都市交通システム」
2.英語や中国語、アラビア語などの多言語に対応
 した音声翻訳システム
3.環境負荷の少ない「水素社会」のモデル
4.高度な分析技術を持つ監視カメラシステム
5.障害者の競技観戦を補助したり、パラリンピック
 競技者のトレーニングに使う支援ロボット
6.ゲリラ豪雨などを予測する気象予測技術
7.映像技術
8.エボラ出血熱などの感染者探知技術や
 情報収集・分析システム
9.夏でも花を長持ちさせるバイオ技術

競技会場内で使う製品は五輪のスポンサー企業の提供によるものの、それ以外では参加企業が実際に製品や技術を納入できる可能性が高いといいます。

募集企業数は1000社規模を想定しており、東京五輪を日本の最新技術の見本市とし、世界にアピールするとともに、ビジネスチャンスを拡大したいとしています。

1964年の東京オリンピックでは、会期に合わせて東海道新幹線や東京モノレール、首都高速などの交通・社会インフラの整備やカラーテレビの普及など、その後の日本経済発展の起爆剤にもなっています。

こうしたことが、今回の最新技術の開発プロジェクト取組みの背景になっているのではないかと思います。

社会インフラに幅広く関わるシステムが多いため、政府や東京都、様々な業界の企業がオールジャパンで開発にあたり、4月中にも民間企業の募集を始め、実用化を早める方針を打ち出しています。

■加速する水素社会の到来
私が特に関心をもった開発項目は、「3. 環境負荷の少ない『水素社会』のモデル」です。

日本各地の太陽光や風力など再生可能エネルギーでつくった電気から水素をつくり、大型タンカーなどで首都圏へ運ぶ。都内の水素ステーションに蓄積し、競技会場や選手村、燃料電池車で使う電気にあてるとしています。このため安全で大規模な運搬技術や電池の開発が課題となるようです。

このブログでも何度か紹介しましたが、私の経営する会社井之上パブリックリレーションズでは、ちょうど6年前の2009年4月に、1日も早い水素社会の実現を願って「水素研究会」を立ち上げました。

自社のCSR活動の一環として立ち上げたこの研究会のメンバーには、同じ思いと考えを共有する水素開発専門家に加えジャーナリスト、企業で再生エネルギーや水素関連事業を担当するエグゼクティブなど、十数名の個人の資格で参加する人たちで構成され、2カ月に一度、会合をもち議論を重ねています。

究極のエネルギーとういうべき水素は、エネルギー小国の日本が初めて膨大でクリーンなエネルギーを得る可能性を持つ夢のエネルギーです。

東京五輪に向けた国を挙げての取り組みが、水素社会の到来を加速するものと期待できます。パブリック・リレーションズ(PR)の専門家として夢の実現を後押ししてまいりたいと思います。

投稿者 Inoue: 17:07 | トラックバック

2015年04月02日

新入社員はロボットのワトソン君!
〜身近になる人工知能型コンピューター

皆さんこんにちは井之上 喬です。

新年度がスタート。皆さんの会社にもフレッシュな新入社員が配属されたのではないでしょうか。

新入社員の皆さん、何事にも好奇心を持ち常にチャレンジ精神を持ち、グローバルな視点で新しいビジネスを開拓してください!

近未来のオフィスの朝、「山田社長、おはようございます。今日からお世話になりますワトソンでございます。どうぞよろしくお願いいたします」。このような日常的な日本のオフィス、でも挨拶したのがロボット人工知能としたらどんな感じがしますか?

日本経済新聞電子版の3月20日付に「ついに人工知能が銀行員に「内定」IBMワトソン君」の見出しの記事がありました。

ビッグデータ分析でコールセンターの概念を覆す人工知能活用法
それによると「人の言葉を理解する米IBMの認知型コンピューター「ワトソン」。米国生まれで母国語は英語だが猛勉強によって日本語を習得し、三井住友銀行から「内定」を得た。クイズ番組に興じていたワトソン君が、年内にも銀行マンとして日本で働き始める」と言うもの。

記事を見ると「ワトソンは利用者が入力した文章を自然言語処理の技術で解釈し、ビッグデータ分析などの技術によって質問の答えを導き出す。三井住友銀行のオペレーターが顧客から受けた質問をキーボードで入力すると、ワトソンは5つの回答候補を瞬時に出す。回答は確からしい順に、その確率を付けて表示する。オペレーターは候補と確率を参考に、顧客に応答する」と言うもの。

同行は、2014年9月から年末までに行われた入社試験にあたる技術検証の結果、実用化の手応えをつかんだようです。応対スピードをストップウオッチで測定したところ、人間と五分五分だったというから驚きです。

また、経験の浅い人でもベテラン並みのサービスができるなど、顧客対応の標準化と底上げができることも期待されているようです。オペレーターにも「膨大な資料を調べなくても答えが得られる」などと評判だということです。

メガバンクでは、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行もワトソンの導入を進めているようです。ワトソンを本格導入するには数億円以上かかるようですが、顧客対応などのサービス品質を引き上げたり人手に頼っていた複雑な業務を効率化したりできるため、投資以上の効果があると試算されています。

銀行員のコールセンター以外にも、新たな仕事の依頼が舞い込んでいるようで、日本郵政の西室泰三社長は、2月18日の記者会見でかんぽ生命保険の保険金の支払業務に「日本の保険会社として初めてワトソンを導入する」と発表しました。

また、ワトソンの国内展開で日本IBMと提携したソフトバンクは、予備校と組んで学生の成績などから苦手分野を見つけ出すサービスなどの検討をしているようです。人工知能の進化には目を見張るものがあります。

■人工知能=ロボットも人とコミュニケーションできる?
人工知能の進化により、ロボットの仕事が増え人間の仕事が減るとの調査結果がボストン・コンサルティング・グループなど様々な調査機関から出されています。ロボットは今や人間にとって脅威の存在なのでしょうか。

別の見方もできませんか?日本のような少子高齢化が進む国では新たな働き手としてロボット:人工知能を活かす方法もあるのではないでしょうか。労働力不足をロボットで補完し、さらに人工知能でこれまでの匠の技を継承していく。

結果、国内に工場が戻ってきたり、新たな雇用の場が創出され、新産業の誕生の可能性も高まってくるのではないでしょうか。人とロボットがコミュニケーションできる時代はまだまだ先の話しでしょうが、労働力不足と言う社会的な課題を解決する1つの解になるかもしれません。

12月2日からは2年ごとに開催される「国際ロボット展」が東京ビッグサイトで開催されます。従来の工作機械としてのロボットに加え、介護や福祉などのサービスロボットに関する情報にも注目したいと思います。

人工知能といえば1980年代、MIT(マサチュセッツ工科大学)の人工知能研究所所長のシーモア・パパート教授パブリック・リレーションズ(PR)の仕事の関係で何年か深く関わっていました。

あれから30年、人工知能がこのような形で社会と関わりを持つようになってきたことに、人間の英知の素晴らしさに驚嘆するとともに、科学技術の重要性を考えずにはいられません。

投稿者 Inoue: 17:02 | トラックバック