相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2014年10月 | メイン | 2014年12月»

2014年11月27日

燃料電池車(FCV)が拓く新産業に期待
?水素社会実現に向け日本が世界をリードしよう

皆さんこんにちは井之上 喬です。

先週は自動車業界そしてエネルギー業界にとって、エポックメーキングな出来事がありました。
それは「究極のエコカー」とも称される燃料電池車(FCV)で世界に先駆けトヨタ自動車、本田技研工業が相次いで発表したことです。

FCVの実用化は単に自動車に留まる話しではなく、水素を使った新しいエネルギー社会、新しい産業が創出される可能性が大きく広がったことを物語っているともいえるからです。

燃料電池や水素の活用は、自動車だけでなく家庭向けの定置型燃料電池や水素発電などにも期待できます。究極のクリーン・エネルギーといわれる水素は水を電気分解して作りだめすることが可能で、またコークスや下水道の汚泥を使って作るなど、多様な製造方法でエネルギーを安定的に確保することが可能になると言われています。

電気は貯めておくことはできませんが、水素は貯蔵することが可能で今後のエネルギー政策上も重要な存在だと思います。その水素社会のきっかけになるのが、今回のFCVかもしれないと考えています。

■トヨタ、ホンダが世界をリードするFCV開発
トヨタ自動車は11月18日、日本科学未来館(東京都江東区)で世界に先駆けFCV「MIRAI(ミライ)」(写真左)を12月15日に一般向けに販売開始すると発表しました。その前日の17日には、ホンダも2015年度中にセダン型のFCV(写真右)を発売する、と発表しました。


トヨタの加藤光久副社長は記者会見で「ミライはハイブリッド車(HV)プリウスを超えるイノベーションだ」と語ったそうです。ホンダの伊東孝紳社長も「2030年ぐらいには(FCVが)たくさん走っている光景を夢見ている」とハイブリッド車、電気自動車(EV)に続く次世代のエコカーとしての期待の高さを表していました。

まずFCVとはどのような自動車なのでしょうか。わかりやすくまとめると、ガソリン車のエンジンとガソリン燃料タンクの代わりに、モーター、そして水素から電気を作るFCVの心臓部ともいえる燃料電池スタック、水素貯蔵タンクを搭載した自動車です。

水素と空気中の酸素を化学反応させ生成した電気をモーターとバッテリーに伝え、クルマを動かす力になり、車外に排出されるのは水だけで、排ガスは一切発生しない仕組みが「究極のエコカー」といわれる所以です。

トヨタ、ホンダ、日産など日本勢に加えドイツのBMW、ダイムラー、米国のゼネラル・モーターズ(GM)、フォードそして韓国の現代自動車なども開発にしのぎを削っていますが日本勢が先行した形になっています。

トヨタが発表したミライは、4人乗りのセダン型で価格は723万6000円(税込)ですが政府の購入補助金(約200万円)を充てると、購入者負担は約521万円になります。さらに東京都は約100万円を購入者に補助する予定で、その場合は約400万円強で購入出来ることになります。

10年前には1台1億円とも言われたFCVですが、研究開発の成果で短期間に性能、価格を市販できるレベルまでに引き上げた日本企業の底力には改めて敬意を表したいと思います。

発表によると、ミライの国内販売目標は2015年末までに400台、2015年夏以降に米国市場にも投入、2017年末までに3000台以上としています。欧州は2016年頃までに50?100台を販売する計画だそうですが、「全く新しい車なので立ち上がりは1台1台を丁寧に造り込んでいく」(加藤副社長)と成熟したガソリン車の生産とは異なる取り組みになるようです。

■FCV周辺も含め新産業創出への期待
デロイトトーマツコンサルティングの調査では、FCVの国内市場は2020年に約5万台となり経済波及効果は約8000億円、それが2025年には約20万台で同2兆2000億円、そして2030年には約40万台の市場規模になり経済波及効果はなんと約4兆4000億円に急拡大すると予測しています。価格も2025年には約350万円とハイブリッド車並みに下がるとみています。

自動車完成品だけでなく自動車部品を中心とするエレクトロニクス、炭素繊維に代表される素材、化学、そしてプラントなど周辺産業への波及効果も見込んでいます。

その新しい市場に向けて11月には、岩谷産業がFCV向け水素の販売価格を1Kg当たり1100円とハイブリッド車並みの燃料価格にすると発表、東レはFCV向けに炭素繊維の供給を発表、川崎重工も水素を大量輸送しやすくするための水素液化設備を開発した、と発表するなど周辺産業も大いに盛り上がりを見せています。

しかし普及にはハードルも多く、まずは水素インフラの整備が不可欠になってきます。特に現時点で約40カ所の設置しか決まっていない水素ステーションの拡充が急務。これに対しては政府も1カ所あたり5億円程度かかる建設費の半分を補助、水素ステーションの設置加速を後押しする方針です。この分野でも岩谷産業やJX日鉱日石エネルギーが商用ステーションの設置を発表、インフラ整備も進みそうです。

2020年にオリンピック開催を控えた東京都も、11月14日に発表した2014年度の補正予算案にFCV購入や水素ステーション設置に対する補助などに40億円を計上しています。都では2020年までに都バスを含めFCVを都内で6000台、水素ステーション設置35カ所をそれぞれ目標にしており、オリンピックを契機に環境都市東京のイメージを世界に向けて発信するとしています。

水素は、水を電気分解してつくる水素(CO2ゼロ)やナフサや天然ガスと水の水蒸気改質よりつくる水素、石油精製、製鉄プロセスやソーダ工業などから抽出される副生水素、また木片,ゴミや下水汚泥などのバイオマスを使って取り出す水素など、多様な水素製造方法があります。

究極のエネルギー水素は、エネルギー小国の日本が初めて膨大なクリーンなエネルギーを得る可能性を持つ夢のエネルギーです。私の経営する会社井之上パブリックリレーションズでは、5年半前に1日も早い水素社会の実現を願って「水素研究会」をスタートさせました。

自社のCSR活動の一環として立ち上げたこの研究会のメンバーには、同じ思いと考えを共有する水素開発専門家に加えジャーナリスト、企業で再生エネルギーや水素関連事業を担当するエグゼクティブなど、十数名の個人の資格で参加する人たちで構成され、2カ月に一度、開催されています。

いまFCVの開発で世界をリードする日本には「水素社会」の実現に向け、欧米各国と連携しリードしていくことが求められているのではないでしょうか。

水素エネルギーは資源に恵まれない日本にとって、新たな産業の創出も含め大きな可能性を秘めていると思います。水素社会の実現に向けた国を挙げての取り組みが今まさにスタートラインに着いたと言っても良いのではないでしょうか。パブリック・リレーションズ(PR)の専門家として夢の実現のためにその役割を果たしてまいりたいと思います。

投稿者 Inoue: 14:39 | トラックバック

2014年11月20日

食欲の秋を「食育の秋」に!
?「和食の日」を前に食習慣のチェックをしてみてはいかがですか

皆さんこんにちは井之上 喬です。

一気に寒さが増してきましたが、この季節は食欲をそそる、美味しい食材がたくさんありますね。
会社近くの居酒屋さんからは「鮟鱇(アンコウ)鍋始めました」の手紙も届いていました。
旬の食材を最も美味しい旬の時期にいただくのはうれしいものですね。

■思わぬ「和食ブーム」効果も
11月は農林水産省が推奨する「和食月間」だそうです。昨年、「和食」はユネスコの無形文化遺産に登録され、15日は「こんぶの日」そして24日は「和食の日」と続き、和食に関連するさまざまな取り組みが全国各地で行われているようです。

2013年10月に「和食」文化の保護・継承国民会議(略称:和食会議、会長:熊倉 功夫静岡文化芸術大学学長)が、一般社団法人日本記念日協会の認定を受けた「和食の日」である11月24日は語呂合わせで「いいにほんしょく」となっています。

和食会議のホームページを見ると、日本の食文化について見直し、「和食」文化の保護・継承の大切さについて考える日、となっています。

そして「和食」文化の特徴としては、1)多様で新鮮な食材と素材の味わいを活用、2)バランスがよく、健康的な食生活、3)自然の美しさの表現、4)年中行事との関わり、の4点を挙げています。「和食」を料理そのものではなく、自然を尊ぶという日本人の気質に基づいた「食」に関する習わしと位置付けているのは非常に興味深いですね。

文化としての「和食」に加え栄養バランスのとれた健康的な和食は、世界的なブームとなっています。

その和食ブームが思わぬ経済効果を起こしているようです。貿易収支(通関ベース)で大幅な赤字が続くなかで、1月から9月までの食品輸出は約3360億円で前年同期比9%の増加、過去最高だった前年の輸出額4360億円を超える勢いを見せているようです。なかでも農林水産物の輸出の約4割を水産物が占めており、海外での和食ブームを背景に魚介類の輸出が拡大しており、国内市場の縮小に悩んでいた水産物業界には和食ブームが大きな追い風になっているようです。

特にアジアでの和食ブームは顕著で、農水省によれば2013年のアジアでの日本食レストラン数は約2万7000店で3年前の1.7倍という大きな伸びだそうです。また、文化遺産登録効果もあってかJETROの調査では東南アジアなどで好きな外国料理の1位に和食がランクされているようです。

海外から安価な農産品を輸入して、高付加価値のある食品加工をすることで、ドイツやオランダのような食品輸出大国になるのも夢ではありません。また農業製品が多少高くても、他を寄せ付けない和食の提供で成功するチャンスもあるはずです。

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)で農業自由化が論議されていますが、思い切った関税自由化で日本の農業・食品産業の構造改革が実現できるのではないでしょうか?

■子供のころからバランスのとれた食習慣を
私が経営する会社ではこの季節に健康診断を実施しており、つい先日私も受診しました。詳細の結果はまだですが検査の最後に問診したお医者さんからは、「油っぽい食べ物は控えましょうね」とアドバイスをいただきました。

年齢もあるのでしょうが、食事の傾向がちょっと洋風に偏っていたかなと、反省させられました。本当に食習慣の大切を実感しました。

毎日新聞社が発行する「10歳からのニュース百科 月刊Newsがわかる 12月号」では表紙にハンバーガーとジュースを食べる少年のイラストと「その食べ方でいいの? 老化は子どものころから始まる」とのショッキングな見出しが躍っていました。

この『食育』に関する7ページの巻頭特集では、世界の3人に1人が太りすぎと指摘、先進国の子どもや若者で1990年代に肥満が急増、肥満大国アメリカに加え経済成長が著しい中国やインドでも肥満が増えると予想。世界保健機関(WHO)は2025年に肥満増加を止める目標を掲げているが達成できるかわからないと、世界の肥満事情を解説しています。

その中で肉ではなく魚を中心とした日本本来の食生活を見直そうとし、特集の最後のページにはご飯とみそ汁、白身魚の煮つけといった典型的な和食の献立、秋刀魚を3枚におろす女性の写真には「日本人は古来、魚を食べて健康を保ってきた」の説明がされていました。

戦後の日本人の食習慣の欧米化による弊害は多方面から指摘されてきました。すべてを元に戻すのではなく、バランス良い食習慣を身に付けることが何より重要ではないでしょうか。

そのためには子供のころから和食に親しむ機会を増やすなどの教育現場の取り組みとともに、適切な情報提供がますます重要になってきますね。

投稿者 Inoue: 15:47 | トラックバック

2014年11月13日

見応えがあった「チューリヒ美術館展」
〜文化、芸術でのコミュニケーションも言葉に加え重要

皆さんこんにちは井之上 喬です。

仕事の合間を縫って東京・乃木坂にある国立新美術館の「チューリヒ美術館展」(9月25日から12月15日)に行ってきました。

「印象派からシュルレアリスムまで」と題しモネ、シャガール、ピカソ、ムンクなど各時代を代表する74点の絵画、彫刻が展示されていました。展示会場を出てきたときの感想は、「見応えがあった!」の一言に尽きます。

スイス政府観光局では、ローマ時代からの歴史を誇るスイス最大の都市であるチューリヒ市にあるチューリヒ美術館について、「1787年に始まる長い歴史を誇る美術館には、ホドラーなどスイス芸術家の有名作品のほか、後期ゴシックやイタリア・バロックの名作、レンブラントなどのオランダ絵画、ルーベンスなどのフランドル絵画から、マネ、モネ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンなどのフランス印象派絵画、ムンクやココシュカなどの表現主義絵画まで、各時代を代表するような巨匠の名画がそろっています」と紹介しています。

今年は日本とスイスが国交を樹立して150年の節目の年。上野の国立西洋美術館でも「フェルディナント・ホドラー展」(10月7日から2015年1月12日)が開催されています。

■心にのこる1枚はどれ
会場はセガンティーニの部屋から始まり、モネ、ポスト印象派、ホドラー、ナビ派、ムンク、表現主義、ココシュカ、フォーヴィスムとキュビスム、クレー、抽象絵画、シャガールそしてシュルレアリスム、最後にジャコメッティの彫刻で締めくくられています。

主催の1社である朝日新聞は10月30日の夕刊で、鑑賞を終えた1795人に出口で聞いた「あなたが選ぶベスト1」の結果を紹介していました。

1位は159票でフィンセント・ファン・ゴッホの「サント=マリーの白い小屋」(1888年)、2位が93票のマルク・シャガール「婚礼の光」(1945年)、3位が83票のクロード・モネの「国会議事堂、日没」(1904年)、4位が80票のルネ・マグリットの「9月16日」(1956年)、5位が78票のアウグスト・ジャコメッティの「色彩のファンタジー」(1914年)、6位は66票でパウル・クレーの「スーパーチェス」(1937年)、サルバトール・ダリの「バラの頭の女」(1935年)、マルク・シャガールの「パリの上で」(1968年)、クロード・モネの「睡蓮の池、夕暮れ」(1916?22年)、そして10位が63票でピート・モンドリアンの「赤、青、黄色のあるコンポジション」(1930年)となっています。

私の印象に残ったのは、やはりゴッホの「サント=マリーの白い小屋」で空の青と壁の白、そして草の緑などの色彩のコントラストは見事でした。

ホドラーの「日没のマッジア川とモンテ・ヴェリタ」、オスカー・ココシュカの「モンタナの風景」、ポール・セザンヌの「サント=ヴィクトワール山」、シャガールの「窓から見えるブレア島」など自然を題材にした作品も印象に強く残りました。

■海外の文化に目を向けよう
一枚のキャンバスに描かれた絵画を通して、その時代や作者からの強いメッセージが伝わってきます。作品を見て回るだけでもスイスをはじめヨーロッパの芸術、文化そして自然に触れた感じがしました。

私が経営する会社が比較的外資系企業との仕事が多い関係もあり、パブリック・リレーションズ(PR)を通じ多くの海外の皆さんとご一緒する機会があります。それぞれの企業や仕事内容を理解することは当然ですが、その会社やそこで働く人が育った国に目を向けることも大切です。

母国の文化や、芸術、スポーツなどに関する話から、仕事が一気にうまく運ぶこともこれまでの経験で多々あります。

ビジネスのグローバル化ダイバーシティ化が加速するなかでともすれば、その国の言語を話せるだけで、その国を理解したような錯覚に陥ることも多いのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

今週ミーティングする海外からの来訪客の母国について、早速、インターネットでリサーチしてみようと思います。

投稿者 Inoue: 13:18 | トラックバック

2014年11月06日

「ESD」ってご存知ですか?
?国連ESDの10年を締めくくる「ESDユネスコ世界会議」が開催へ

皆さんこんにちは井之上 喬です。

11月2日の「世界とつながる日曜版 朝日新聞グローブ」の終面に文部科学省の「ESDに関するユネスコ世界会議」に関する全面広告が掲載されていました。気が付いた方も多かったのではないでしょうか。

しかし、ESDってなに?と思った方も多かったのではないかと思います。

■持続可能な開発のための教育
文部科学省のホームページによる『ESDは、Education for Sustainable Developmentの略で「持続可能な開発のための教育」と訳されています。

現在、世界には、環境・貧困・人権・平和・開発といった様々な地球規模の課題があります。

ESDとは、地球に存在する人間を含めた命ある生物が、遠い未来までその営みを続けていくために、これらの課題を自らの問題として捉え、一人ひとりが自分にできることを考え、実践していくこと(think globally, act locally)を身につけ、課題解決につながる価値観や行動を生み出し、持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。

つまり、ESDは持続可能な社会づくりの担い手を育む教育と説明されています。

2005年からユネスコ主導で取り組んできた「国連ESDの10年」の最終年となる2014年は、11月に名古屋市(10日から12日)と岡山市(4日から8日)で「ESDに関するユネスコ世界会議」が開催され、ユネスコ加盟の世界195カ国から約2000人が参加を予定、日本で開催されるユネスコ関連の会議では過去最大規模になるとのことです。

来週11月10日(月)から12日(水)に名古屋で開催される閣僚級会合および全体のとりまとめ会合では、過去10年の取り組みを総括し、次のステップ「ESDに関するグローバル・アクション・プログラム(GAP)」を発表することになっています。

一般参加者の募集期間は11月7日までとなっています。名古屋近郊の方は足を運んでみてはいかがでしょうか。
http://www.esd-jpnatcom.jp/

■世界のティーカンパニーを目指すある企業のユニークな取り組み
このESDユネスコ世界会議併設のイベントとして「お?いお茶」で知られる株式会社伊藤園が、11月11日にシンポジウムを開催します(場所は名古屋国際会議場1号館3階、時間は14時30分から16時)。
http://www.itoen.co.jp/csr/

テーマは「みんなで学ぶ 食と農のOMOTENASHI(おもてなし)・MOTTAINAI(もったいない)・SATOYAMA(里山)のこころ」。

パネリスト(50音順)には、熊倉 功夫氏:「和食会議」会長、静岡文化芸術大学学長。馬越 恵美子氏:異文化経営学会会長、桜美林大学教授。松浦 晃一郎氏:第8代ユネスコ事務局長。マリ・クリスティーヌ氏:元国連ハビタット親善大使、あいち海上の森センター名誉センター長。鷲谷 いづみ氏:「田めになる学校」校長、東京大学教授が名を連ね進行役は中嶋美年子氏:元アナウンサー、三菱地所? 開発推進部マネージャー、そしてプレゼンター・ファシリテーターは、伊藤園常務執行役員CSR推進部長の笹谷秀光氏が務めることになっています。

伊藤園はトリプルSを経営に取り入れたユニークな「伊藤園モデル」を展開しており、以前から私も注目していました。トリプルSとは、1つ目は企業が社会から信頼を得られるための「CSR」、2つ目は企業と社会の双方の利益になる「CSV」(共有価値の創造)そして「ESD」の3つのSとなっています。

このトリプルSを経営に取り込み、本業に紐付く活動として茶産地育成事業、茶殻リサイクルシステム、茶文化の普及を目指したティーテイスター制度、俳句募集といった企業、社員そして社会(消費者)を巻き込んだ活動を展開しています。

今回もESDユネスコ世界会議開催に合わせ応援メッセージ(自由俳句)を募集、応募1997句の中から選ばれた環境大臣賞など計6句を掲載したパッケージの「お?いお茶」が10月中旬から店頭に並んでいます。

ビジネスのグローバル化、ボーダーレス化がますます加速するなか、パブリック・リレーションズ(PR)の視点から企業の社会に対する関わり(CSR活動)は、ビジネスマンの名刺交換のようなものだと思います。

伊藤園の例にみるような本業に紐付いたユニークな社会貢献活動を継続する企業が1社でも増えることを願います。

投稿者 Inoue: 16:25 | トラックバック