相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2014年7月 | メイン | 2014年9月»

2014年08月29日

新聞の電子版拡大に思う
読者に信頼される記事と真実を見極める読者の視点も

皆さんこんにちは井之上 喬です。

広島市北部で大規模土砂災害が発生してから1週間が経ちました。亡くなられた方が70名を超え、いまだ行方不明の方も10名を超えている(28日現在)とのこと。さらに約1400名の方々が避難生活を余儀なくされているようですが、被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。一日も早く平穏な日常生活に戻れることを心よりお祈りいたします。

お盆休みを終え東京には通常の通勤ラッシュが戻ってきました。自宅から会社までの通勤時間はさまざまな情報入手のために貴重な時間ですが、情報入手の方法は大きく様変わりしています。電車などで新聞片手の人が少なくなり、圧倒的にスマートフォン(スマホ)、タブレットが主流になっています。

■新聞の部数減が続く、読売新聞も大台割れ
新聞・雑誌の実売部数を調査する第三者機関である一般社団法人日本ABC協会がまとめた新聞発行社レポートによると、2014年上半期(1月から6月)の新聞部数は消費税率が8%にアップした影響もあってか前年同期比で部数を減らした社が多かったようです。

全国紙は5紙すべての本社・支社で部数が減少しており、読売新聞は前年同期比で31万部以上減少、1000万部の大台を割り956万部となっています。

朝日新聞は743万部で前年同期比約18万部の減、毎日新聞は332万部で同約7万部減、産経新聞は161万部で同約1500部減、日本経済新聞は276万部で同約11万部の減となっています。各紙とも大部数の東京、大阪での部数減少が響いているようです。

ブロック紙も同じ傾向で中日新聞は256万部で前年同期比約8万8000部減、北海道新聞は108万部で同約2万7000部減、西日本新聞は72万部で同約1万5000部の減。

ちなみに前年同期比でプラスだったのが河北新報、デーリー東北新聞、福島民報、福島民友新聞と山陰中央新報と5紙ありますが、消費税率アップが要因だけでなく以前からの全体的な部数の減少傾向は続いているようです。

■新聞の軸は電子版、世界の流れに乗り遅れるな
そのようなデータの一方で8月12日の日経産業新聞には「欧米新聞の軸 電子版移行へ」とする見出し記事がありました。

それによると、欧米の新聞大手は電子版を成長の軸に据えた「デジタル・ファースト戦略」で成果を挙げ、会員数の順調な拡大で電子版が新たな収入源として機能し始めているとのことです。

電子版の契約者数をみると、米国ニューヨーク・タイムズ紙が6月末現在で有料会員数が83万1000名、前年同期比19%増で2011年3月の電子版立ち上げから拡大傾向とのことです。

英国フィナンシャル・タイムズ(FT)は6月末時点の電子版の契約者数が45万5000件、前年同期比で33%増、紙と合わせた契約者数の67万7000件は同社126年の歴史の中で過去最高だそうです。

またドイツのアクセル・シュプリンガー傘下の大衆紙ビルトと高級紙ウェルトの電子版会員数も合計で26万名を超え順調に拡大しているようです。

米国ニューズ・コーポレーション傘下のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の電子版会員数は3月末時点で92万4500名と順調に拡大。

日本の全国紙の中で唯一、電子版の会員数を定期的(半年ごと)に公表している日本経済新聞の7月1日時点によると、電子版有料会員数36万3492名(前年同月比約19%増)のうち、電子版単体会員数の比率は51.5%、2014年1月に初めて50%を超えてから順調に拡大しているようです。

ただし無料登録会員を含む電子版会員数は234万2697名(同20.5%増)でまだまだ電子版は無料との読者感覚も強いのではないでしょうか。

新聞報道に関しては従軍慰安婦問題、政府の福島原発事故調査方向書などを巡り新聞、週刊誌などで様々な論争が展開されているのは皆さんもご存じのことと思います。

日本の新聞業界は、宅配制度など長い歴史の中で構築された日本独自のシステムの上に成り立っています。

つい先日、ネット書店最大手アマゾンが電子書籍の販売条件で出版社の「格付け」発表を行い業界に激震が走りましたが、新聞電子版への移行は大きな業界の流れとなっています。

新聞各社にはこの流れを的確に読み、従来のシステムに胡坐をかくことなく、まずは本来の使命である読者の信頼を得られるような記事掲載を期待します。

同時に、読者である私たちにも事件や事故の真実をさまざまな情報から見極める視点と力が、紙であれ電子版であれ必要だと思うのです。

投稿者 Inoue: 12:03 | トラックバック

2014年08月21日

日本人の平均寿命がいずれも過去最高を更新
?男性の平均寿命も初の80歳超え

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

夏休みはユックリ過ごされましたでしょうか。私は毎年恒例となった、愛媛県「弓削島」で束の間のスローライフを楽しみました。

8月7日の立秋を過ぎて残暑から納涼、そして向秋へと、だんだんと涼しげな季語に移っていくのですが、各地を襲う集中豪雨とこの暑さはいつまで続くのでしょうか。

■長寿要因は「3大死因」克服と食生活・住環境の改善
2013年の日本人の平均寿命は男性が80.21歳で、女性が連続世界一で86.61歳。いずれも過去最高を更新し、男性が初めて80歳を超えたことが厚生労働省の調査で分かりました(7月31日)。

ちなみに男性の平均寿命の1位は香港(80.87歳)、2位はアイスランド(80.80歳)、日本は3位のスイス(80.50歳)に次いで世界4位になったとのこと。5位は僅差でシンガポール(80.20歳)。

女性は2位が香港(86.57歳)で3位はスペイン(85.13歳)、4位フランス(85.00)、5位スイス(84.70歳)の順になりました。

平均寿命が女性だけでなく男性も80歳を超えたのは、世界でも香港やスイスなど一部の国や地域に限られているようです。このような長寿の要因として厚労省は「3大死因」とされる、がん・心疾患・脳血管疾患の治療や診断技術の向上に加え、食生活や住環境の良さなどがあるとしています。

世界保健機関(WHO)は2014年版「世界保健統計」の中で、世界の平均寿命は70歳で、女性は73歳、男性は68歳としています。男女合わせた平均寿命が最も低かったのは西アフリカのシエラレオネで46歳。レソトが50歳、アンゴラ、中央アフリカ、チャドがそれぞれ51歳とサハラ砂漠以南のアフリカ諸国で平均寿命の低さが目立っています。

平均寿命について誤解されている方も多いようです。平均寿命は、その年に生まれた0歳児が平均で何年生きるかを予測したもので、つまり、平均寿命とは0歳の平均余命のことなのです。

この人口統計は終戦後の1947年(昭和22年)からはじまっており、その時点では男性が50.06歳で、女性は53.96歳でした。この数字からすると戦中派の私は、随分と長生きしたことになります。

それともう一つ、平均寿命の平均値についてです。これは2013年生まれの約103万人(総務省統計局推計)の半数(50万人)が80歳以上生きられるということではありません。65歳まで生きられるのは男性88%、女性93.9%。90歳まででは男性23.1%、女性47.2%と試算され、こうした試算から平均値が設定されているとのこと。

 
■健康のため「何もしてない」が46%
長寿化により医療費などの増大は避けられず、厚労省は「病気なく生きられる『健康寿命』を延ばすことが喫緊の課題だ」とコメントしています。

国民の健康管理に関する実態について厚労省は20?80代の5千人を対象にインターネット調査を実施。その結果が閣議(8/1)に報告され厚生労働白書に盛り込まれたとしています。

健康第一といわれているけれど、実際は健康のため「何もしてない」が46%で、国民の健康管理に関してはなんともお寒い結果になったようです。

普段から健康に気をつけるよう意識しているかどうか質問したところ、「積極的にやっていることがある」が17.2%、「生活習慣に気をつけている」が36.7%で「何かしている」派は約54%。

また、「何かしている」派の具体的な行動(複数回答)は、「食事・栄養に気を配る」(69.2%)、「睡眠、休養をとる」(55.6%)が多かったようです。

一方、「病気にならないよう気をつけているが何もやっていない」が32.5%、「特に意識せず、何もやっていない」が13.5%で、「何もしない」派が約46%にのぼったようです。

厚労省では医療や介護費を減らすため、日常に支障なく生活できる「健康寿命」を2020年までに1歳以上延ばす目標をかかげていますが、まず足元の意識改革が課題となりそうです。

「平均寿命をどう読む?」(弘前大学研究会、2011年)の著者、中路重之弘前大教授(予防医学)は著書のなかで、「平均寿命の男女差は大きい。その理由の一つに、生活習慣病につながる肥満や飲酒、喫煙などの男女差が挙げられる」とし、生活習慣を改善することで日本人の平均寿命はさらに延びる可能性があり、男性の世界一もあり得ない話ではないようです。

また、「医療の進歩で治療実績も上がっているが一人一人が健康に対する正しい知識や考え方である『健康教養』を身に付け、病気を予防するために実践することが何より大切だ。」とアドバイスしています。

長寿男女世界一を目標に、国民の健康管理に関する意識向上を図っていくことも私たちパブリックリレーションズ(PR)実務家に課せられた役割ではないでしょうか。

投稿者 Inoue: 17:29 | トラックバック

2014年08月14日

あれから69回目の夏
?文学者の「日記」に見る終戦

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

8月15日は、69回目の終戦記念日。昭和57年(1982年)4月の閣議でこの日は、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」と定められましたが、私にとっては、「終戦記念日」とか「敗戦の日」といった従来の表現のほうに馴染みがあります。

最近、ドナルド・キーン(Donald Keene)氏の『日本人の戦争?作家の日記を読む』(2011、文藝春秋:角地幸男翻訳)を読む機会がありました。

同氏は、2011年に日本国籍を取得しましたが、当時のメディアインタービューで国籍取得の理由を熱い思いで語っていたのを覚えておられる方も多いと思います。

キーン氏は、米国コロンビア大学教授時代から日本文学研究家として知られ、戦後京都大学でも学び、2008年には文化勲章を受章、そして日本国籍を取得後、現在は日本に永住されています。主な著書には『日本文学史』、『明治天皇』などがあります。

太平洋戦線では情報士官として米国海軍に属し、日本語の通訳官を務めた経歴をもつと著書のプロフィールに紹介されています。

『日本人の戦争?作家の日記を読む』は、近代・現代日本文学を飾る多くの著名な作家や文化人(永井荷風、高見順、伊藤整、山田風太郎、吉田健一、徳富蘇峰、大佛次郎、平林たい子、内田百?、石川達三、高村光太郎、徳川夢声や古川ロッパら)が開戦から終戦後のおよそ5年間につけた日記の抜粋によって構成されています。

「比較的短い期間につけられた日記にも、勝利と敗北の日々の作家たちの生活が見事に活写されている。」また、「極めて多彩な視点と方法で書かれた数々の日記は、日本の歴史の重大な時期における日本人の喜びと悲しみを暗に語っていると信じる。」とは序章における筆者のコメントです。

このブログでは、これらの日記の中から大佛二郎と高見順の日記を紹介します。


■大佛次郎の『終戦日記』
往年の人気作家大佛次郎(1897- 1973年)が、太平洋戦争末期から終戦直後にかけての日々を綴った日記には、戦局の悪化に伴い、作家としての仕事は減り細々と書きつつも、ロシア文学を読みふけり、文士仲間と交友し酒も酌み交わす日常が描かれています。

時が進むに連れ、物価が高騰し、徐々に物が手に入らなくなっていく様が克明に記されており、当時の生活を知る史料としても価値のあるものだといわれています。

終戦前夜(8月14日)、大佛の日記には「蒸暑い日が続く。敵襲も依然としてやまず。夕刻、岡山東(三社聯盟)来る。いよいよ降伏と決まったので記事を書いてくれという。書けぬと答えたが遂に承知。(中略)9時のニュウス明日正午に重大発表があると報道す。」

8月15日。「晴。朝、正午に陛下自ら放送せられると予告。(中略)予告せられたる12時のニュウス、君ヶ代の吹奏あり主上親らの大詔放送、次いでポツダムの提議、カイロ会談の諸条件を公表す。台湾も満洲も朝鮮も奪われ、暫くなりとも敵軍の本土の支配を許すなり。覚悟しおりしことなるもそこまでの感切なるものあり。」

「夜の総理大臣(鈴木貫太郎)放送も大国民の襟度を保ち世界に信義を失わざるようと繰返す。その冷静な良識よりも現実は荒々しく、軍には未経験のことに属す。阿南陸相責を負い自刃と3時の報道あり。杉山元も白刃したと伝えられしが虚報らし。」

玉音放送は、世間の多くの人々にとっては全くの不意打的な出来事であり、これらの人々は全く反対の何か朗報が放送されることを期待していたといわれます。こうした背景もあり、大佛次郎の『終戦日記』には当時の混乱ぶりが綴られています。

■高見順の『敗戦日記』
また高見順(1907-1965年)は、8月15日について次のように記しています。「警報。情報を聞こうとすると、ラジオが、正午重大発表があるという。天皇陛下御自ら御放送をなさるという。かかることは初めてだ。かつてなかったことだ。何事だろう。」

「12時、時報。君が代奏楽。詔書の御朗読。やはり戦争終結であった。君が代奏楽。つづいて内閣告諭。経過の発表。遂に敗けたのだ。戦いに破れたのだ。夏の太陽がカッカと燃えている。服に痛い光線。烈日の下に敗戦を知らされた。蝉がしきりと鳴いている。音はそれだけだ。静かだ。」

街の噂。「鈴木首相が少壮将校に襲われたという。首相官邸と自宅と、両方襲われたが、幸い鈴木首相はどちらにもいなかった。そして自宅に火を放たれ、焼かれたという。少壮将校団が放送局を朝、襲って、放送をしようとしたが、敵機来襲で電波管制中だったため、不可能だった。」

8月16日。「朝、警報。小田の小母さん来たり、その話では世田谷の方に日本の飛行機がビラを撒いていた、特攻隊は降伏せぬから国民よ安心せよと書いてあったという。-------勃然と怒りを覚えた。北鎌倉駅を兵隊が警備している。物々しい空気だ。円覚寺、明月院の前、建長寺にも、これは海軍の兵隊が銃を持って立っている。」

「新聞売場ではどこもえんえんたる行列だ。」、「黒い灰が空を舞っている。紙を焼いているにちがいない。」、「電気が切れた。どこかで電熱器を使っていてヒューズが飛ぶらしい。」など、高見順の『敗戦日記』にも大佛次郎と同様に当時の混乱ぶりが見えてきます。

ドナルド・キーン氏は、「あとがき」で次のように記しています。「当初、わたしは昭和20年(1945年)のことだけを書こうと考えていました。日本にとって正に歴史的な、この年には忘れがたい事件が続発し、国民には絶望と希望が交差します。」

「この一年を取り上げるだけで充分、一冊の本になり得る資料がありますが、ここに至る過程で起きた幾多の出来事を知らなければ、変化の大きさを把握することが難しいと判断して、あえて前5年も含めて書きました。日本という国が生れてから今日までの歴史の中で、もっとも劇的な5年間です。」(2009年5月)

キーン氏の著書や大佛次郎の『終戦日記』、高見順の『敗戦日記』を読むにつけ、読者に時代の大転換期の社会の有様や人間模様が鮮烈に伝わってきます。そして、終戦・敗戦を単に歴史上の出来事として風化させてはならないことを改めて痛感しました。

私がこのブログで記した内容は、いうまでもなく3人の著書のほんの一部を切り取って紹介したにすぎません。皆さんも夏休みの機会に終戦関連の本を何か一冊読んでみてはいかがでしょうか。

投稿者 Inoue: 17:44 | トラックバック

2014年08月07日

2014年盛夏! 高校生が活躍するさまざまな「甲子園」
?69年前のあの夏を若い世代にどう継承するか?

皆さんこんにちは井之上 喬です。暑中お見舞い申し上げます。

8月に入って四国や九州での記録的大雨、関東を中心とする猛暑など“ニッポンの夏”をめぐるさまざまなニュースが流れていますが、本当に地球が病んでいる気がします。

夏と言えば皆さんは何を思い浮かべますか? 

社員に聞いてみたところ花火、スイカ、カキ氷、お盆、そして甲子園・・・・などの答えが帰ってきました。それぞれの夏を存分にご満喫ください。

■野球、俳句、映画などなどの「甲子園」
さて夏の風物詩の一つ、全国高等学校野球選手権大会は今年96回目を迎えます。高校生の熱戦の模様は毎年多くの日本人の心をとらえ、多くの感動を残してきました。

今年の大会は8月9日から23日までの15日間、阪神甲子園球場を舞台に熱戦が繰り広げられます。

日本高等学校野球連盟の調べによると、硬式野球部員数は2014年5月末現在17万312人で昭和57年以降では過去最高となっています。サッカーなどに押され気味のイメージがありますが、“野球小僧”はいまだ健在といえます。

あなたの心に残っている選手、試合がきっとあるのではないでしょうか。甲子園球場を沸かせた選手として私の脳裏に浮かぶのは王貞治(当時ピッチャー)、桑田真澄、清原和博、荒木大輔、ゴジラ松井、松坂大輔、そして最近では斎藤祐樹、田中将大、大谷翔平など多くの顔が浮かびます。時代と共に甲子園からプロ野球、そして米国大リーグへと多くの若者が飛躍しています。

甲子園と言えば野球だけではないようです。主なものをネットで拾ってみましたが、「俳句甲子園」「映画甲子園」「ファッション甲子園」「数学甲子園」「高校生ダンス甲子園」「フラガールズ甲子園」「写真甲子園」などなどユニークな甲子園で高校生たちが熱戦を繰り広げ「暑さに負けずファイト!」の精神で競う姿には勇気づけられます。

■ヒロシマ・アーカイブに見る高校生の関わり
また、8月は日本人が忘れてはいけない歴史的な月でもあります。

69年前の8月、6日に広島、9日に長崎に原子爆弾が投下され多くの市民の命が犠牲になり、15日には終戦(敗戦)を迎えることになります。

8月6日の日本経済新聞社説では「核廃絶への関心高めたい」との見出しで、核廃絶への道筋がいまだ見えない中、被爆体験者の高齢化が進み被爆体験を語れる人が急速に減っている、と警鐘を鳴らしています。

被爆体験者が19万2719千人(14年3月現在)と20万人を切り、平均年齢も79.44歳と一段と高齢化したようですが、原爆体験を風化させないための取り組みが求められています。

8月5日の日本テレビNEWS ZEROでは、「ヒロシマ・アーカイブ」について触れていました。

ヒロシマ・アーカイブとは、広島平和記念資料館や広島女学院同窓会、八王子被爆者の会をはじめとする提供元から得られたすべての資料を、デジタル地球儀「Google Earth」上に重層表示した「多元的デジタル・アーカイブズ」(ヒロシマ・アーカイブのHPより)。

1945年当時の体験談、写真、地図、その他の資料を、2010年の航空写真、立体地形、そして建物モデルと重ねあわせ、時空を越えて俯瞰的に閲覧でき、被爆の実相に対する多面的・総合的な理解を得ることができます。詳しくは http://hiroshima.mapping.jp/ をご覧ください。

ZEROでは、地元の高校生が、高齢化が進む被爆体験者をインタビューしその映像を編集、webアップする一連の作業への取り組みが紹介されていました。

唯一の被爆国である日本が核の恐ろしさ、悲惨さを忘れないこと、そして被爆者の声を後世に残すためにもナガサキそしてヒロシマ・アーカイブの役割は極めて大きく、このようなプロジェクトに高校生が関わっていることの意義は大きいと思います。

パブリック・リレーションズ(PR)を通し、あの夏の悲劇を繰り返さないような取り組みや世界に向けた情報発信の支援など、機会があれば積極的に取り組みたいと強く感じました。

投稿者 Inoue: 15:09 | トラックバック