相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2014年4月 | メイン | 2014年6月»

2014年05月29日

「ゴジラ」実現にかけた坂野義光さんの思い
〜誕生60年、日米でリメーク版公開

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

戦争と核の恐怖を背景に「ゴジラ」がスクリーンに登場して60年。今年リメーク版(3D)がハリウッドで完成し、5月16日に日本を除く全世界で公開されました。初日興行収入が3850万ドルに達し、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の3690万ドルを上回り、2014年の初日興行成績の最高に記録を塗り替えたとのことです。

アイアンマン、ソー、ハルク、キャプテン・アメリカなど世界を沸かせたスーパーヒーローたちが共演した『アベンジャーズ』の続編となる『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』よりもゴジラの人気や迫力が勝っていたようです。

■『ドラえもん』に次ぐ『ゴジラ』人気
封切約一週間の5月25日時点での興行収入は1億4877万ドル。全世界では3億1537万ドルに上り、世界中に大きな話題を振りまいています。製作費も当初の80億円を大幅に上回り160億円という大規模の映画になりました。

日本でも7月25日に公開される予定。日本でのリメイク版公開を記念して、ゴジラの原点とういうべき第一作のデジタルリマスター版を6月7日から全国の劇場で上映するほどの張り切りようです。

1998年に米国で公開された『GODZILLA(ゴジラ)』は、いざ公開されるとその姿はエイリアンとティラノサウルスを掛け合わせたようなビジュアルで、これまでの日本版ゴジラにはほど遠く、世界中のゴジラファンの怒りを買い、さんざんな酷評を受ける結果となったようです。

今回、ハリウッドによるリベンジともとれる異例の再リメイク版では、ストーリーはともかくゴジラがどのようなビジュアルとなって登場するのかが大きな見どころとなっています。

これまで日本でゴジラは、1954年から2004年の間に28作品製作され、キングギドラやモスラなど数々の怪獣を登場させています。国内の観客動員数は累計9975万人で、邦画のシリーズ物では『ドラえもん』に次ぐ興行実績を残しているとのこと。

たしか私がまだ小学生の頃、兄たちと一緒に地元の映画館へゴジラを観に行った記憶があります。水爆実験で目覚め、安住の地を追われ日本に出現したゴジラが、東京の街を破壊し尽す映像を思いだします。

■坂野さんなしでは実現しなかった作品
日本人にとって嬉しいことは、今回のハリウッド版新ゴジラ製作に『ゴジラ対ヘドラ(1971年)』を監督し、環境問題にいち早く警鐘を鳴らした坂野義光さんがエグゼクティブプロデューサーとして名を連ねていることです。

映画を製作したハリウッドの「レジェンダリー・ピクチャーズ」は10年間で「ダークナイトシリーズ」や「インセプション」など30本を超える映画を製作する全米の急成長企業。

坂野さんは若い東宝時代、海外でも人気の高い『蜘蛛巣城』『どん底』『隠し砦の三悪人』などの黒澤明映画で助監督をつとめた日本映画界の重鎮ですが、2004年に東宝から「ゴジラ」の映画化権を取得した後、レジェンダリーのトーマス・タル会長と協力してこのプロジェクトを実現させました。偶然タル会長が幼年時代に坂野監督の『ゴジラ対ヘドラ』を観て深い感銘を受けたことから話が進んだといいます。

また、渡辺謙さんも出演日本発のオリジナルゴジラの映画化を盛り上げています。先日の朝日新聞(5/25朝刊)では、『ゴジラ』(1954年)第一作で主演を務め、その後も多くのゴジラ映画に顔を出している俳優の宝田明さんが往時を語っていたのが新作に期待を持たせています。

坂野さんは公開に先立って今月8日、ハリウッドで催された米国版ゴジラの試写会「ワールドプレミア」に招かれたそうです。映画では原発事故シーンも描かれていて、まだ30代のイギリス人の気鋭ギャレス・エドワーズ監督の「人間はコントロールできないものを扱うべきじゃない」とのコメントに強い共感を持ったとのことでした。

現在、東電福島第一原発事故が引き越した汚染水漏れで第2の「ヘドラ」が登場する「ヘドラ対ミドラ」という「ゴジラ対ヘドラ」の続編を企画中です。

実は、坂野さんと私は25年来の友人です。四半世紀前の話になりますが、オーストラリアに住むやはり私の友人ジル・ジャーマン(故人)から『源氏物語』の国際合作映画を製作する企画を聞き、大変興味を持ちました。

映画の内容は、11世紀と現代をパラレルで進行させるという極めて独創的な内容。ジャーマン氏の急逝で企画はまだ実現していませんが、日本での製作責任者になっていただいたのが坂野義光さんでした。

また、ある企業の創業10周年を記念した短編映画製作プロジェクト(シナリオ、監督、俳優を公募し、5作品を製作)では、まとめ役を引き受けていただくなど、私に映画の世界を垣間見させてくれたひとです。

こうした坂野さんとの関わりもあり、7月25日の日本公開を今から楽しみにしています。『源氏物語』の国際合作映画の製作の夢が一歩近づいた感じがします。

投稿者 Inoue: 18:18 | トラックバック

2014年05月22日

「5月病」
?生活環境の変化が要因

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

ゴールデンウィークも過ぎて仕事や学校が再開したこの時期になると、「5月病」という言葉を良く耳にするようになります。

今の時期に「何もやる気にならない」、「食欲が無いし、なんだかとても疲れる」、「会社や学校に行きたくない」、「イライラ感がある」、「ふさぎこむ」といった症状を感じたら、もしかしたら5月病の症状かもしれませんね。

「5月病」は、特に新社会人や新入生など生活環境が変わった人で、新しい職場や学校に適応させようと頑張ってきた人に多く現れる症状だそうです。

また、この時期は本格的な梅雨入りを前にお天気も不安定で、こうした気候の影響もあるようです。

■芭蕉的な対処法
先週の5月16日(金)は「旅の日」でした。これはかの有名な俳人・松尾芭蕉が『奥の細道』へと旅立った日に由来するそうです。

『奥の細道』は、芭蕉が約5カ月間という長旅の道中で残した俳句を集めた作品集。その道中で芭蕉は、山中温泉(石川県)や有馬温泉(兵庫県)、草津温泉(群馬県)などの温泉地に足を運んだことをつづっています。

山中温泉に立ち寄った際に芭蕉は、「山中や 菊は手折らじ 湯の匂い」と詠むなど、さまざまな温泉地に立ち寄りながら名句を残しているといわれます。

温泉は五感に刺激を与え、ストレス解消や心身疲労の回復にも効果が期待できるとされています。ひょっとして、芭蕉が温泉地で名句を残すことができたのは、温泉の効果があったのかも知れませんね。

もし5月病で悩んでいる方がいらっしゃったら、芭蕉に倣って転地効果のある温泉に浸ってみるのも一計かもしれません。

■イギリスでは1月病
イギリスには、「5月病」ではなく「1月病」と呼ばれる、“January blues”( ジャニュアリー・ブルー)という現象があるようです。

これは、クリスマスパーティやニューイヤーなど楽しい気持ちで過ごしていた休暇が終わり、仕事や学校に復帰した後に憂鬱な気分になることだそうです。

日本の5月病は新入生や新入社員特有のものですが、この“January blues”は誰にでも起こりうるようです。5月病よりもたちが悪そうですね。

5月病、1月病のいずれにしても環境の変化に伴う心身の負担、ストレスが主な原因のようです。したがって5月病は、適切な知識と対策で乗り切ることが出来るといわれています。一般的に5月病の改善に効果がある対策について下記のことが紹介されています。

まずは、しっかりと体を休めること。そのためには睡眠と栄養バランスの執れた食事が大切となります。不規則な食生活、偏った食事内容は脳内の栄養不足を招き、とりわけ感情をコントロールする神経伝達物質「セロトニン」が不足しがちになるといいます。

悩み事や心配事がある場合は一人で抱え込まず職場や学校の同僚、同期、そして家族や友人などと積極的なコミュニケーションの機会をつくることも大切です。悩みを話すことでストレス解消になります。

気分をリフレッシュさせるために、例えば見たい映画を観賞する、好きな音楽を聴く、大好きなお酒を飲みに行くなどして気分転換することも効果的だとのこと。

オフの日は自分の好きなことに時間を費やし、仕事のことは忘れましょう。体を動かすこともストレス解消法の1つ。ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動も感情をコントロールする神経伝達物質「セロトニン」の分泌が促されるようです。

こうした対策をとっても症状が改善されない場合は、躊躇なく専門の医師(心療内科や神経内科)に診てもらうことが勧められています。症状が長引けば長引くほど、治療が難しくなるとのこと。

元来5月病のもつ意味合いにはネガティブ性が強いですが、反面日本の5月は、自分を見つめなおすのにはいい月なのかもしれません。

投稿者 Inoue: 11:43 | トラックバック

2014年05月16日

「国際博物館の日」に悠久の歴史に思いをはせるのも ?企業博物館も含め身近な博物館・美術館などに足を運ぼう

皆さんこんにちは、井之上 喬です。
5月も半ばを過ぎ新緑が目にまぶしいさわやかな気候になってきました。

1年を通じてさまざまな記念日があります。個人では誕生日や結婚記念日などなど。デスクの上に置いてあるカレンダーを見ると、今週は12日が介護の日、13日がカクテルの日、14日が温度計の日、15日がヨーグルトの日、16日が旅の日など連日何かの記念日になっています。

■「国際博物館の日」には全国で記念事業が
日曜日の5月18日は「国際博物館の日」だそうです。国際博物館の日は、国際博物館会議(ICOM)が1977年に制定したもので、博物館の社会的な重要性についての普及啓発を行うことを目的にし、日本では2002年から実施しているようです。

2014年の世界共通テーマは「コレクションは世界をつなぐ」で、日本でも日本博物館協会とICOM日本委員会が中心となって5月18日を中心に北は北海道の平取町立二風谷アイヌ文化博物館から南は沖縄の浦添市美術館まで、全国271の博物館や美術館などで記念事業が展開されています。

またこれらとは別に企業が運営する企業博物館と言われる施設も全国各地にあります。これらは企業コミュニケーション活動の一環として地域社会に事業内容を身近に感じてもらうことや、CSR(企業の社会的責任)活動の意味合いも大きいですね。

いくつか挙げてみますと鉄道博物館(JR東日本)、NHKスタジオパーク (NHK)、産業技術記念館(トヨタグループ)、松下資料館(パナソニック)、インスタントラーメン発明記念館(日清食品)、食の文化センター(味の素)、TOTO歴史資料館(TOTO)など枚挙にいとまがありません。

この機に近くの博物館、美術館などに足を運んでみてはいかがでしょうか。

東京・上野の東京国立博物館では4月22日から5月18日まで特別展「キトラ古墳壁画」の展示が東京初公開で行われており、会場は連日大勢の来場者でにぎわっているようです。

特別史跡の奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀から8世紀初め)の極彩色壁画を、明日香村以外で公開するのは今回が初めてだそうです。四神のうち朱雀(すざく)、白虎(びゃっこ)、玄武(げんぶ)を、また獣の顔と人の体を持つ十二支のうち子(ね)、丑(うし)を展示しています。

私が経営する井之上パブリックリレーションズ社内で鑑賞した社員の感想を聞くと、まず人の多さにびっくりしたことで2時間待ちだったそうです、それと展示については極色彩に驚いたこと特に赤の鮮明さが印象的だったそうです。

千年以上前にもかかわらず鮮やかな極彩色の輝きが色褪せていない不思議さ、これが多くの人を魅了してやまないのでしょうか。これからもこの美しさを維持保存し後世に残すことも現代の我々の使命かもしれません。

遠い歴史に想いを馳せる時、私はいつも「主の御前では一日は千年のようであり、千年は一日のようです・・・」という新約聖書のペテロの一節を想起します。私が、キトラ古墳の極彩色壁画に出会った時は、きっと時空を超えて、それが昨日描かれたことのような錯覚に陥るに違いありません。

■オリンピックの前年の2019年に京都で世界博物館大会を招致
世界博物館大会(ICOM大会)は3年ごとに開催され昨年8月にはブラジルのリオデジャネイロが開催地で世界103カ国から約2000人の博物館関係者が参加しました。

次回開催地は2016年7月のイタリア・ミラノの予定ですが、ICOM日本委員会ではミラノの次となる2019年の第25回大会を京都で開催すべく立候補の準備を本格的に進めることになったとのこと。

開催地の決定はパリの本部で2015年6月。2020年の東京オリンピック開催招致活動同様にうれしい結果を期待したいところです。

そういえば20世紀フォックスが、映画「ナイトミュージアム」の最新作となるナイトミュージアム3を2014年12月公開予定で製作を進めています。ナイトミュージアムは第1作が2006年に公開され舞台はニューヨークのアメリカ自然博物館、2009年の続編はワシントンのスミソニアン博物館に舞台を移し、動き出す展示物に遭遇する主人公の様子をコミカルに描き、大ヒットを続けています。

最新作の舞台は明らかにされていないようですが、日本のどこかの博物館が舞台なんてこともあるかもしれませんね。

投稿者 Inoue: 10:37 | トラックバック

2014年05月08日

13年度の乗用車保有率は82.0%と過去最高
?輸入小型車がダウンサイズ志向を牽引

皆さんこんにちは井之上 喬です。

GWはいかが過ごされましたか。車で外出された帰りに道路渋滞に巻き込まれ、大変な思いをした方も多いのではないかと思います。

日本自動車工業会(JAMA)が隔年に実施している乗用車市場動向調査によると2013年度(2013年4月?14年3月)における全世帯に占める乗用車の国内保有率は82.0%と過去30年間で最も高い水準となったようです。大型連休での道路渋滞は止むえないことかも知れませんね。

乗用車は、リーマンショックによる大幅な需要減となった09年度を除けば、1983年以降の保有率はほぼ右肩上がりで伸び続けているとのこと。特に保有の伸びは地方で顕著に表れ、13年度における首都圏での保有率は71.0%にとどまったのに対し、車が足代わりとなっている地方全体では87.9%と高い数値を示していました。

また、同調査によるとユーザのダウンサイズ志向も顕著になっているとのこと。こうしたダウンサイズ志向を牽引しているのが輸入小型車。そういえば最近、オシャレなデザインの輸入小型車を街で見かける機会が多くなりました。

■輸入車シェアも過去最高の8.8%
日本市場での輸入車販売台数は増加傾向にあるようです。JAMAの調査によると2013年度の輸入車の新車登録台数は前年度より何と22.9%も増加し、30万2018台。

この結果、軽自動車(排気量660cc以下の三輪、四輪自動車)を除く乗用車の販売台数に占める輸入車の割合は8.8%と過去最高の数字を示したとのことです。景気の停滞や若者の自動車離れで自動車市場が縮む中で、輸入車が健闘している理由として次のことが挙げられています。

ひとつは消費増税前の駆け込み需要。ふたつめとして日本の自動車市場の二極化が挙げられています。

13年度に日本で売れた乗用車の約4割は軽自動車。車そのものの値段だけでなく、ガソリン代や税金といった維持費も安く、車に実用性を求める人が普通車から軽自動車に乗り換えていく傾向が顕著となってきているようです。

■輸入小型車のユーザは新たな富裕層
こうした経済性を求める層が増加する一方で、「値段が高くてもいい車に乗りたい」という富裕層が増え二極化の傾向をを強めているとしています。アベノミクスで株式などの資産を増やし富裕層が300万円台の「プレミアムカー」と呼ばれる輸入車を買っているのです。

かつて、「輸入車は燃費が悪い」といわれてきましたが、最近では輸入車の燃費もかなり改善され、国産車との差も縮まってきているようです。また、燃費の改善だけでなく販売やサービス拠点の拡大、残価設定ローンの導入など高い車を買いやすくする努力が効を奏しているともいわれます。

円安傾向は輸入車にとって逆風ですが、ブランド力のある輸入車は円高の時にもあまり価格を下げなかったので、ここにきてもダメージはさほどないというのも強みですね。

13年度において販売台数を伸ばしている輸入車メーカーのベスト5を紹介すると、第1位はフィアット(前年比54.3%増)で、続いてメルセデス・ベンツ(同39.5%増)、ボルボ(同29.7%増)、フォルクスワーゲン(同25.2%増)、BMW(同20.7%増)という順になっています。

オバマ米大統領が来日した先月、TPPを巡り甘利明経済財政・再生相と米通商代表部(USTR)のフロマン代表との間で深夜から明け方まで異例ともいえる厳しい協議が続きました。皆さんもご存知のように日本が牛肉と豚肉にかける関税と自動車の安全基準を巡って協議は平行線のまま終わっています。

自動車分野においては、米国は米国車をそのまま日本に輸出できるように日本の安全基準を緩めることを求めてきましたが、日本側は「安全基準を緩めることは国の主権にかかわる」と慎重な対応に終始していました。

例えば点滅ランプ。日本では車両保安基準で点滅するランプは、橙(だいだい)か黄色と決められており、米車の方向を指示する赤いウィンカーは使用できません。

また、米国は米国車の輸入台数の目標も求めており、これに対して日本側が反発するのは当然のことだと思います。

オバマ大統領自身が口にした「政治的事情」をかさに、例え米国の無理押しが通ったとしても日本の市場ニーズを的確に反映したローカリゼーションや安全基準などが満たされないかぎり、国内ユーザは米国車を歓迎しないはずです。

パブリック・リレーションズ(PR)の先進国でもある米国は、日本市場で欧州車を凌駕し、優位性を確保できるよなPR戦略やマーケティング戦略を急ぎ構築する必要があるのではないでしょうか。

投稿者 Inoue: 16:37 | トラックバック

2014年05月01日

東京の空の玄関口、羽田空港にみる国際化
?国際交流促進へ人材育成を強化しよう

皆さんこんにちは井之上 喬です。

ゴールデンウィーク(GW)真っ只中ですね。私は残念ながらカレンダー通りです。皆さんのご予定はいかがですか。

■GW期間の旅行者数は海外、国内ともに減少?
4月上旬に今年のGWの旅行者数の見込みが発表になっていました。それによるとJTBは、GWの旅行者数が前年同期に比べ3.8%減り2243万人になると予想していました。

前年割れは3年ぶりでその理由としては、前半が飛び石連休となることに加え、円安傾向で海外旅行が低迷、国内旅行も消費税増税の影響を受ける、などの要因を挙げています。

この調査は4月25日?5月5日の期間に1泊以上の旅行をする人を対象にしたもので、JTBの販売状況と航空会社の予約などから他社を含めた業界全体の動向を推計しています。

海外旅行は11.4%減の47万人で、アジア方面の旅行の不振が目立つとのこと。内訳をみると中国が11.7%減、韓国も23.7%減、非常事態宣言が解除されたタイも17.1%減となっています。

国内旅行も3.6%減の2196万人にとどまる見通しで、平均費用は3万4400円で4.2%減となり消費税増税に備え、耐久消費財などの購入を優先したことが国内旅行の減少にも現れているのではないかとしています。

人が移動することの経済効果が大きいだけに、GW明けの最終的な集計結果が注目されるところです。

人の移動と言う面で注目されるのはやはり2020年の東京オリンピック開催ですね。開催に向けたインフラ整備が各方面で着手されていますが、東京の空の玄関口である羽田空港では国際線ターミナルの拡張が進んでいます。

■拡張ターミナルにできた「祈祷室」
羽田空港国際線旅客ターミナルがオープンして3年半が経過しましたが、3月30日に拡張した新施設が供用を開始しました。飛行機が駐機するスポットが増え、これまで深夜・早朝便がメインだった羽田の国際便の昼便が拡充されました。

また、就航地もこれまでのアジア中心から欧州、米国などの長距離便も増え、ルフトハンザ航空もミュンヘン、フランクフルト便の羽田就航を開始。

この拡張により年間6万回だった羽田空港の国際線発着数は9万回へと大幅に増加するそうです。

拡張ターミナルビルの片隅には24時間利用可能な「祈祷(礼拝)室」が新しく設置されています。

以前ドイツのフランクフルト空港でトランジットした折に、空港内でカトリック、プロテスタント、イスラムなどの礼拝室を目にしましたが、今回の羽田での設置はハブ空港化をめざし、多様性を重視した、真の国際空港への取り組みの1つとも考えられます。

さまざまな国の人々が出入りする国際空港では当たり前のことかもしれませんが、世界の宗教、文化に目を向ける新たなきっかけになると良いですね。

これからの日本にとってグローバル化は大きなテーマになっています。それぞれの立場で国際化に取り組むことが必要だと思いますが、とりわけ昨年やっと1000万人を突破した訪日外国人の数をさらに2倍、3倍と増やす目標を掲げている日本政府にとっては、ハード面の整備に加え人材を含めたソフト面の施策強化に取り組んでほしいものです。

パブリック・リレーションズ(PR)の世界でも、国際化、グローバル化は以前から大きな流れになっています。

私が経営する会社でもそのような大きな流れに対応できる人材の育成に取り組んでいますが、PR業界としても新たな取り組みを強化しなければ世界から取り残されてしまうと強く感じています。

投稿者 Inoue: 13:59 | トラックバック