相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2014年2月 | メイン | 2014年4月»

2014年03月27日

桜咲く
?北上ではなく南下する桜前線

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

都心で22.3度と5月上旬並みの暖かさとなった3月25日、東京で桜の開花宣言がでました。

周知の通り、東京の桜の標本木があるのは靖国神社境内。25日にソメイヨシノの花がほころび始め、午後2時半ごろに気象庁の担当者が「5輪咲いているのを確認できました」ということで東京都心の桜の開花が発表されました。平年に比べて1日早い宣言になったとのこと。

3月18日の高知市の桜の開花宣言を皮切りに桜前線は本州へ渡り、静岡と名古屋で24日、大分や広島では25日、27日には大阪も開花し、来週の中頃にかけて中国地方から関東地方は桜の開花ラッシュが続く見込みです。

その後も桜前線は北上を続け、新潟と仙台で4月10日頃、盛岡が20日頃、青森が30日頃、そして札幌が5月10日頃と予想されています(日本気象協会3/26発表)。

■桜の「春化作用」
東京の桜の標本木はソメイヨシノですが、沖縄で開花の観測に用いられている桜はカンヒザクラ(寒緋桜:写真)。

1月に入ると沖縄本島(沖縄県名護の開花の平年値は1月2日)から開花が始まって徐々に八重山諸島(与那国島の開花の平年値は1月31日)まで南下するといいます。

もともと桜の開花は北へ北へと向かうはずが、なぜこのような南下が起こるのか不思議な感じがします。桜が開花するためには花の芽をつくるために寒さ体験が必要となります。

寒さ体験をした後に平均気温が10度以上になると開花するとされていて、この寒さ体験が「春化作用」と呼ばれているものです。

つまり、沖縄地方では開花に必要な寒さをもたらす冬の寒波の南下につれて桜は、寒さ体験の早い北の島から開花となり、与那国島へと桜前線が向かうという仕組み。

逆に本州以北の桜は、寒さ体験は十分なのですが、平均気温が10度に上がるのを待って開花となるため、桜前線はどんどん北上していくということになるそうです。こうした桜の開花メカニズムには驚かされます。

■世界の桜名所スポット
米国ワシントン州のポトマック河畔の桜並木は、世界の名所の一つになっています。開花シーズンには盛大な「桜まつり」が催され、全米から観光客が訪れるそうです。

この桜は明治45年(1912年)に、第27代大統領ウィリアム・ハワード・タフトの夫人の希望により、当時東京市長であった尾崎行雄がプレゼントしたもの。日米親善の証として桜はその後、多くの人々の熱意によって守られ、見事に成長し、今ではワシントン市民にとって、なくてはならない存在となっています。

ポトマック河畔の桜並木以外でも、桜は世界の名所スポットとして多くの人々を楽しませてくれています。

海外旅行などでタイミングが合えば外国でお花見を楽しむのも一興かと思い、いくつか世界の桜名所スポットを紹介しましょう。

米国マンハッタンのセントラルパーク。大都会の中心で咲き誇る桜の花はニューヨーカーの癒しの場となっています。桜のトンネルの下で散策を楽しむのも素晴らしい旅の思い出となるはずです(見ごろは4月上旬?下旬)。

大自然と大都会が共存し、世界で最も住みやすい都市と称されるバンクーバー。街中の公園が春になるとサクラ色に染まるといわれます(見ごろは3月下旬?4月中旬)

スイス中央部に位置するトゥーン湖は、アルプスから流れる綺麗な水と雄大な景色で人気の観光スポット。奈良県から贈られた100本の桜が咲き誇る様は圧巻とのこと(見ごろは4月中旬?下旬)。

パリと並ぶ花の都として有名なイスタンブール。古代から文化の交流地点として栄えたこの地では、桜に限らず実に多くの花を楽しむことができます。(見ごろは3月中旬?4月上旬)。

歴史と文化の街、慶州市は、春になると世界有数の桜の街に姿を変えます。まさに一面桜、桜、桜。そしてこの時期には「慶州・桜マラソン&ウォーク大会」が開催され、延々と続く桜並木を1万人が走るといいます(見ごろは3月下旬?4月中旬)。

このようにグローバルな広がりを見せる桜は、日本と世界の国々や都市とのリレーションシップ・マネジメントのキーファクターの一つとして、重要な役割を担っています。

投稿者 Inoue: 13:20 | トラックバック

2014年03月20日

日本の超高層ビルの変遷
?大阪「あべのハルカス」が高さ日本一へ

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

今年の桜(ソメイヨシノ)の開花は、東京では3月末と予想されています。春の足音が日々高まるようですね。

今月7日、高さ300メートルで日本一となる超高層ビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)が全面開業しました。この大阪の新たなランドマークは、近畿日本鉄道が総額1300億円を投じて建設したもので百貨店やホテル、美術館、展望台、オフィスなどさまざまな機能が詰まった複合ビル。

最上階60階の高さは地上288メートル。1周175メートルの回廊は一面ガラス張りで、壁伝いに歩けば「空中散歩」が味わえるとのこと。天候に恵まれると、大阪城はもとより六甲山や生駒山、明石海峡大橋などまで一望できるといいます。

2012年から京都大学経営管理大学院で「パブリック・リレーションズ論」を講義しており、関西方面へ訪問する機会も増えており、「あべのハルカス」開業は私にとって身近に感じる話題でもあります。折をみて「空中散歩」を楽しみたいものだと思っています。

「あべのハルカス」の初年度の来場者数は全館で約4740万人を見込んでいます。開業1週間の来場者数は1日平均15万人ペースと好調で目標を約2万人上回り、初年度目標は達成できるとみているようです。

都内で屈指の人気スポットとなっている六本木ヒルズの2012 年度における来街者数は約4,100 万人(平日10 万人、休日13 万人)と公表されています。オープンから10周年を迎えた2013年度も前年度と同等の来街者数であったようです。

「あべのハルカス」が初年度目標として掲げた来場者数約4740万人を達成することになれば、高さだけでなく、人気の点でも日本一の2冠を手中にすることになります。

今回は、横浜ランドマークタワー完成から約20年ぶりとなる高さ日本一を更新した「あべのハルカス」の全面開業を記念して、1960年台から現在に至る高さ日本一ビルの変遷を紹介します。

■東京オリンピックに合わせ開業した日本初の超高層ホテル
ご存知だったでしょうか?日本初の超高層ビルは、東京オリンピック開催に合わせて1964年に東京(千代田区)にオープンしたホテルニューオータニ (17階・高さ73m )。それまでの28年間、日本で最も高い建造物だった国会議事堂(中央塔65m)を抜いて 日本一となりました。

超高層の夜明けはこのビルからはじまったといわれるのが68年に完成した「霞が関ビル」(東京都港区:36階・163m)。翌年5月には、映画『超高層のあけぼの』が公開されました。監督は関川秀雄さんで池部良さんや木村功さん、そして新珠三千代さんら今は故人となられた当時の人気スター多数が出演しています。私もこの映画のことは憶えています。

70年に世界貿易センタービル(東京都港区:40階・179m)が日本一となったあたりから超高層ビルの建設が本格化し、高さ日本一も頻繁に更新されるようになります。

71年の京王プラザホテル(東京都新宿区:47階・210m)、74年新宿住友ビル(東京都新宿区:52階・225m)、同年新宿三井ビル(東京都新宿区:55階・240m)、78年サンシャイン60(東京都豊島区:60階・43m)、1991年東京都庁第一本庁舎(東京都新宿区:48階・296m)と続きます。

93年には、「みなとみらい21」のシンボル的存在となった横浜ランドマークタワー(神奈川県横浜市西区:70階・296m)が完成し、20年にわたって日本一の座を守り続けましたが、今年3月、僅か4mの差で惜しくも日本一の座を「あべのハルカス」に明け渡すことになりました。

■日本一は世界166番
世界の超高層ビルのベスト5を紹介すると次のようになります。第1位はサウジアラビアのジェッダに2019年完成予定のキングダムタワーで167階、高さは1007mにもなります。
第2位はブルジュハリファ(アラブ首長国連邦のドバイ:163階・828m)で既に2011年に完成しています。

第3位は2016年完成予定の平安金融センター(中国の深セン:115階・660m)、第4位は2017の完成予定の武漢グリーンセンター(中国の 武漢:125階・636m)、そして第5位は2012年に完成した上海タワー(中国の上海 :128階・632m)となります。

新たに日本一となった「あべのハルカス」は、世界ランクでは166位で、「横浜ランドマークタワー」は193位。それでも1931年に完成した米国ニューヨークのエンパイア?ステート?ビルディング(102階・381m)は、いまだに50位と健闘しています。

超高層ビルとは異なりますが、エジプト第4王朝のファラオ、クフ王の墳墓として紀元前2540年頃に建造されたと考えられている大ピラミッドは、完成時の高さ146.6mあり、14世紀以降にヨーロッパの教会建築がその高さを超えるまで世界で最も高い建造物であったといいます。

大ピラミッドと同じ程度の高さをもつ大阪の「なんばパークスタワー」(2011年完成/28階・150m)が世界ランク3601位であり、これから類推すると大ピラミッドは世界ランク3600番台となるのでしょうか。世界の都市のいたるところに高層ビルが立ち並ぶ中で、4500年以上も前の建造物が、それも3600番台にランクされるというのは凄いことだとは思いませんか。

バベルの塔は、旧約聖書の「創世記」に登場する巨大な塔として知られています。有力な説では、バベルの塔は7階建て、高さは90mで最上階には神殿があったといわれています。
また、完成した階数は地上298階・地下5階、高さは1250メートルもあったなどさまざまな説があるようです。

古くはエジプト王朝の頃から今日に至るまで、高層建造物の変遷の中に改めて人類の限りないロマンを感じます。日本のような地震国では建築の高さに限界があるかと思いますが、世界ではどこまで高層化していくのか楽しみなことです。

投稿者 Inoue: 14:06 | トラックバック

2014年03月13日

震災あの日から早くも3年
〜日本政府に求められる待ったなしの復興策!

皆さんこんにちは井之上 喬です。

3月11日。あの東日本大震災から3年目を迎えました。


ちょうど3年前の3月11日、海外からの来訪客と一緒に会議をしていた最中、突然の揺れに戸惑う彼らに、平静を装いながらすぐにテーブルの下にもぐるよう話したことを昨日のように思い出します。

この日を前に新聞、テレビはこぞって東日本大震災そして東京電力福島第一原発事故から3年の特集企画を展開、皆さんも改めて被災地の現状に触れる機会を得たのではないでしょうか。

その中で印象深い記事の一つをご紹介します。3月2日(日)の朝日新聞社会面左肩の記事です。そこには「福島の闇 首都の光」とした見出しで、社機で高度1万3000メートルから東電福島第一原発を撮影した写真が掲載されていました。

そして写真の下の記事には「帰還困難区域になっている周辺は闇に包まれ、汚染水対策と廃炉作業に追われる福島第一原発だけが光を放つ。南に福島第二原発やいわき市街、さらには東京へと続く首都圏の赤い光が広がって見えた」と記されています。

福島だけでなく宮城、岩手などを中心とする被災地の復興はまだまだこれからです。特に原発事故に見舞われた福島では、累積被ばく線量による熟練作業者不足、他の原発再稼働現場への移籍者の増加、そして東京オリンピック開催などをにらんだ公共投資による首都圏への作業員の移動などで福島原発事故への対応がなかなか進んでいないようです。

安倍総理も新たな復興策を発表しましたが、被災地での復興への取り組みは最優先されるべき大きな政治的課題であると強く感じました。

私が経営する井之上パブリックリレーションズの関連する多くの企業や個人も、それぞれが被災地に足を運び復興に向けた様々な取り組みを継続しています。

■放射線機器のプロから見た現地情報
今回はその中から2人の方の取り組みをご紹介します。1人はベラルーシの放射線機器メーカーの日本法人に勤務の方、もう1人は東日本大震災復興支援で震災直後からたびたび現地入りしているボランティアの方です。

まずは放射線機器メーカーの方のコメントです。

彼は今年2月に福島県相馬市に通算で10日間滞在したとのこと。「最近は間違った知識や、センセーショナルな捏造情報はかなり少なくなり、しっかりした放射線の知識に基づき事実を書いた記事が増えてきたと感じる。重要なことはいくつかあるが、例えばセシウム137は半減期が30年。まだ、10%の減衰しかしておらず、90%の力が残っている」

「事故現場周辺の完全除染は物理的に難しく、帰宅困難区域の多くのエリアは、残念ながら100年単位での放射線減衰MAPが必要になるだろう」と語っています。

さらに、「福島第一原発では、新たな大気への放射線放出はほとんどないと思うが、地震や爆発、メルトダウンによる汚染物質の地下への流出は継続している。これは深刻な事態だ」「住民帰還に関しても現実的な話が聞かれるようになったが、原発依存の地方財政のなか住民が帰還しても、どのようにして就業、収入を確保できるのだろうか。政府には、専門家の知見に基づいた世界が正しいと認識できる、後世に評価される50年、100年先の計画を作る義務があると思う」と自分の考えを率直に語っていました。

また、放射線のプロとしての立場から「放射線に関しての正しい知識を広げることが重要。是非、 http://www.polimaster.jp/about_radiation を参考にしていただきたい」
と会社のURLを示しています。

さらに、福島以外の人が、放射線のことを正しく知り、危ない食品、問題ない食品を正しく理解し、福島産の農作物を積極的に購入することが必要とし、風評被害に苦しめられている地域の人たちの心をおもんばかりマスコミが不適切な推測情報で危機感をあおるのではなく、不正確な情報に対しては、言論の自由を尊重しながらも知見者がちゃんと反駁していかなければならないことを強調していました。

私たちにも報道内容を見極める努力が必要ですね。

■被災地の定点撮影に見る3年の時間
もう1人の方は震災発生後ただちに石巻に入り、ITを用いて被災者の視点で被災情報を配信し、その後も毎年現地に入り定点撮影を行っています。

その当時を振り返り「津波の力は想像を絶するもので、震災直後に現地に行ったときは車や船が通常ありえないところに流される凄まじい光景を目にした。自然の大きなうねりの力を前にし、ただ呆然とシャッターを切っていた記憶がある」と語ってくれました。

彼は直後から毎年同じ場所で、被災地約30カ所の定点撮影をしています。今回、定点撮影約30カ所のうち2011年3月-2014年3月における6カ所の写真を提供してもらいました。

以下のURLにアクセスしてみてください。「石巻・南三陸 定点撮影」(提供:テレーザ)
http://www.tereza.co.jp/311/20140311.pdf

最後に彼は「東京から年1-2回しか東北に行かない私から見ると、ゆっくりと確実に復興は進んでいると感じる。しかし、被災地にお住いの方から見ると、決してそうとはいえないのかもしれない」と語ってくれました。

被災地の復興はまだまだ緒に就いたところであると思います。政府には待ったなしのより実効ある復興策を強く望みます。

投稿者 Inoue: 21:04 | トラックバック

2014年03月06日

桃の節句に「なでしこ銘柄」発表
?成長戦略に女性のパワーが不可欠

皆さんこんにちは、井之上喬です。

今週の月曜日3月3日は上巳(じょうし/じょうみ)の節句、一般的には桃の節句として知られています。女の子はこの日に合わせ幸せを祈り、健やかな成長を祈る儀式をするしきたりになっていますね。現在は、ひな祭りとも言われ雛人形を飾りますが、もともとは人形が身代わりになって邪気を祓うと信じられていたことから、流し雛の儀式が起源となっているようです。

私が経営する井之上パブリックリレーションズでは、このような洋の東西を問わず季節毎の催し物を風化させないためにも会社の受付にその時その時の飾りをするようにしています。先週末からは、この時期恒例の菱餅と雛あられが飾られています。

■連続選定企業は東レ、日産自動車、ニコンなど7社
桃の節句に合わせ、経済産業省は東京証券取引所と共同で、2回目となる2013年度の「なでしこ銘柄」として東証1部上場企業の中から業種ごとに26社を選定し発表しました。

選定対象は、女性人材の積極的活用や育児支援、役員・管理職に積極的に女性を登用している企業。

選ばれたのは以下26社(業種順で◎印は2年連続の選定企業):
国際石油開発帝石(鉱業)、カルビー(食料品)、東レ(繊維製品◎)、武田薬品工業(医薬品)、ブリヂストン(ゴム製品)、旭硝子(ガラス・土石製品◎)、ジェイ エフ イー ホールディングス(鉄鋼)、住友金属鉱山(非鉄金属◎)、LIXILグループ(金属製品)、IHI(機械)、日立製作所(電気機器)、日産自動車(輸送用機器◎)、ニコン(精密機器◎)、トッパン・フォームズ(その他製品)、大阪瓦斯(電気・ガス業)、東京急行電鉄(陸運業◎)、日本郵船(海運業)、ANAホールディングス(空運業)、KDDI(情報・通信業◎)、三菱商事(卸売業)、ローソン(小売業)、三菱UFJフィナンシャル・グループ(銀行業)、野村ホールディングス(証券、商品先物取引業)、東京海上ホールディングス(保険業)、オリックス(その他金融業)、ツクイ(サービス業)。

経済産業省ホームページから見えてくるのは、なでしこ銘柄は女性活躍推進に優れた企業を選定・発表し、投資家に紹介する取り組みで、安倍政権が「成長戦略の中核」とする「女性活用推進」を各社に促し加速させるものであるようです。

また、女性活躍を推進する企業のすそ野を広げるという点では、経産省が昨年度より進めている「ダイバーシティ経営企業100選」と表裏一体をなす取り組みのようです。

東証1部の上場企業と言うことである程度限定されてはいますが、顔ぶれをご覧になってどのような感想を皆さんはお持ちになったでしょうか?
各社の取り組みについては東証ホームページに公表されているので参考にされてはいかがでしょうか。
http://www.tse.or.jp/news/31/b7gje6000004boir-att/b7gje6000004bok0.pdf

■まだまだ少ないが女性社長も増加傾向に
帝国データバンクは、2013年12月末時点の企業概要ファイル(約144万社収録)から「株式会社」「有限会社」の代表を務める社長延べ113万6383人のデータを抽出し、2013年の1年間における社長の交代状況のほか、社長の年齢、性別などの属性データを分析し発表しています。

その中で全体に占める女性社長企業の比率は、さまざまな取り組みを反映してか年々上昇を続けており、諸外国に比べるとまだまだ低いですが1990年の4.5%から2013年は7.3%と過去最高を記録したそうです。業種別では、とりわけサービス業、不動産業の上昇が目立つとのことです。

このブログでもたびたび触れていますが企業の成長のためには女性の役割が不可欠です。

しかし女性の社会進出をいくら声高に叫んでも、環境が整備されていないとどうにもなりません。
子育て一つとっても、保育所やそこで働く保育士の拡充など、さまざまな子育て支援策が地域社会で網の目のように張り巡らされて初めて安心して女性が組織で活躍できるのではないでしょうか。

1月にラスベガスで開催されたインターナショナルCES 2014の基調講演でも、Yahoo社長兼CEOであるMarissa Mayer氏が登壇、会場に入れない人が出るほどだったようです。ストーリー・テリングがきちっとできる女性経営者。パブリック・リレーションズ(PR)の立場から日本でも切望されます。

投稿者 Inoue: 15:41 | トラックバック