相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2014年1月 | メイン | 2014年3月»

2014年02月28日

グローバルビジネス学会、第2回全国大会を京都で開催 ?統一テーマは、世界に広がる日本のおもてなし

こんにちは、井之上喬です。

私が副会長を務める学術団体グローバルビジネス学会(The Society of Global Business)は、「日本型クリエイティブサービスのグローバル化―世界に広がる日本のおもてなし」を統一テーマに3月22日と23日両日にわたって京都大学を会場に第2回「全国大会」(大会実行委員長:小林潔司京都大学大学院教授)を催します。京都大学経営管理大学院が共催します。

同学会は、グローバルビジネスに関する研究発表、知見や知識の交換、会員相互および内外の関連学会と連携強化を図ることにより、国内経済の活性化はもとより、世界経済の発展に寄与する人材育成を目的に2012年4月に設立されました。

第1回「全国大会」
は「多極化におけるグローバリゼーション」を統一テーマに、昨年3月、2日間にわたって早稲田大学の井深大記念ホールを会場に開催されています。

■京都ならではのプログラム
第2回「全国大会」の初日(3/22)は、京都市の「京都観光おもてなし大使」を務める妙心寺退蔵院の松山大耕副住職による基調講演。続いて統一テーマに合わせ、パネルディスカッション「関西流おもてなしとグローバル市場」では、公文教育研究会やサントリー、ユー・エス・ジェイなどからのパネリストによるディスカッションが行われます(モデレーター:前川佳一 京都大学経営管理大学院特定准教授)。

また丹羽宇一郎前伊藤忠商事会長・前中国大使やグレゴリー・クラーク多摩大学名誉学長、田中秋人 アジアフードビジネス協会理事長(前イオン専務)など各界を代表して内外で活躍する有識者の講演が行われます。

そして京都ならではのプログラムとして、坂田優子さんと舞妓の紗月さんによる「祇園のおもてなし」も組まれています。

■「日本経済とTPP」
2日目は、学会員による「研究発表会・特別セッション」が行われます。まず研究発表のテーマは大きく「エネルギー問題とグローバル化」や「ものづくりのグローバル展開」、「グローバル化時代におけるエンタテイメント」、「地域・文化のグローバル化への影響」、そして「投資・社会制度とグローバル化」などに大別され、12名の発表者による発表が行われます。

学生から豊富なキャリアをもつ内外のビジネスマン、学者まで、多彩な顔ぶれによるユニークで斬新な発表が期待されます。

一方、環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する12カ国による閣僚会議は、25日、妥結時期の目標を設定できないまま閉幕しましたが、2日目にはこうした停滞するTPP交渉や日米対立などの現実を踏まえた「特別セッション」も行われます。

このセッションは、昨年9月に当学会の常設研究会でスタートした、「国際経済連携協定研究会」(別称:TPP研究会)によるもので、テーマは「日本経済とTPP」。

研究会座長の近藤剛氏(元道路公団総裁)や副座長のローレンス・グリーンウッド氏(元APEC米国大使)、顧問の林康夫氏(元JETRO理事長)などが登壇し、活発な議論が期待されています。なおこのセッションのモデレーターは私が務めます。

<詳細プログラムと参加費(定員制) >
今大会の詳細プログラムと組織体制については( http://s-gb.net/nationalcon_2nd/ )、
また、参加申込みは同学会のホームページ( http://s-gb.net/form_nc_jp/ )の「申込みフォーム」をご利用ください。
《参加費》
・一般:大会参加費10,000円/懇親会5,000円
・会員:大会参加費5,000円/懇親会5,000円
・学生:大会参加費 無料/懇親会3,500円

この時期の京都は天候にもよりますが、桜が楽しめるかもしれません。皆さん、この機会に是非京都に出向かれませんか? 心よりお待ち申し上げています。

投稿者 Inoue: 16:31 | トラックバック

2014年02月20日

家族力大賞から『きずなづくり大賞』へ
?家族と地域のリレーションシップ・マネジメント

こんにちは、井之上喬です。

毎年この時期になると、社会福祉法人東京都社会福祉協議会(古川貞二郎会長:元内閣官房副長官)が主催するエッセイ・コンテストの表彰式が行われます。今年は2月12日、昨年と同じ京王プラザホテル43階「ムーンライト」を会場に催されました。

2007年にスタートした「家族力大賞」は7回目を迎える今回から、家族に留まらず、人と人、家族と地域とのきずなやつながりの体験をより多くお寄せいただきたいとの願いをこめて新たに、「きずなづくり大賞」と改称しました。

新呼称のもとで、広く体験談を募集したところ、今回も多くの心あたたまる作品が寄せられました。

古川会長はエッセイ・コンテストの役割について、「作品には家族や地域の新しい関係を築くための多くのヒントが含まれていると感じました。これらの貴重な体験と実践が、家族や地域のあり方を考え、地域の力をより一層高める一助となれば幸い・・・」と述べ、寄せられた作品を通して得られた多くの気づきやアイディアが、今後の福祉行政に活かされることへの期待を表明していました。

今回は、入賞13作品の中でも私の心に強く残った2つの作品を紹介したいと思います。

■学び塾「猫の足あと」
先ずは、東京都知事賞に輝いた岸田久恵さん(西東京市)の『学び塾「猫の足あと」』。

「4月、玄関先に顔を見せた修介君(仮名)は、はにかんだ笑顔で自分のお小遣いで買ったチョコレートの箱を差し出し、お礼の言葉とともにぺこりと頭を下げて。」という文章から始まる「猫の足あと」塾は、都立高校を志望する、塾に行っていない中学3年生を対象とした無料学習塾のことです。

作者の岸田さんは小学校教師。子供の貧困問題に関わるようになって、「お金がなくて学校へ行けない」実態に強く心を痛めることになったといいます。

ちょうど保険証がなくて病院に行けない子供、給食のない夏休みに痩せてしまう子供のことが報道された頃のこと。

教材費や給食費が払えない、修学旅行の費用が出せなくて参加しない、入学金や授業料が払えず進学を断念する子供や学生のことも知ります。経済格差が教育格差につながっていることも実感します。

教師として学校の中だけでできることの限界を感じていた岸田さんは、家族全員で話し合いある決心をしたのでした。

2011年、岸田さんが代表で、大学2年生の娘さんが副代表、そして中学校数学教師の旦那さんが顧問というように、一家総出の自宅での学習塾がスタートします。

名称は大学受験を目指す息子さんの発案で猫に関係のある名前の学び塾「猫の足あと」と決定。

2人の塾生で1対1の勉強会がスタートしますが、やがて5人になり娘さんの友達も教師に加わります。週1回が基本の塾は、受験が近づくと3-4回行います。そして勉強の合間に夕食を一緒に食べます。

塾生の一人修介君(仮名)は、知り合いの先生から「ぜひお願いしたい」と紹介された市内の中学3年生。

修介君は、学校での集団授業が合わず理解が進まないこと、不況やお父さんの病気が重なり通学が経済的に厳しい状態にありました。

塾で学んだ修介君は都立の定時制高校への進学を果たします。

この学び塾を通して岸田さんの息子さんは将来自分の進む道が決まったといいます。現在大学で教師を目指して勉強しているとのことです。

■『みんなで子育て あずかりあい「あいあい」』
2つ目の作品は東京都社会福祉協議会会長賞のなかから前田京子さん(品川区)の『みんなで子育て あずかりあい「あいあい」』です。

商業ビルの建ち並ぶJR大井町駅のすぐ近くに品川区立大井倉田児童センターはあります。その一室で行われているのが2004年からママさんたちの自主的な活動として続いているあずかりあい相互支援自主サークル「あいあい」です。

来年で10年を迎えるこの活動は、当時3歳の子どもを育てていた前田さんの孤独な子育て体験から産み出されたものでした。

子育てに日々悪戦苦闘するそんな時に、カナダのプレイグループについて書いた本(『地域から生まれる支えあいの子育て―ふらっと子連れでDrop・ln!』小出まみ著)に出合いました。

そこには、数人のお母さんが協力することで、当番のときには数人の子どもを預かるけれど、自分が当番じゃないときには子育てから一瞬解放され自由な時間が持てる―こんな素敵な活動が紹介されていたのです。

これを読んだ前田さんの中にピーンとひらめきが走り、日本版プレイグループあずかりあい「あいあい」の誕生に繋がったといいます。

活動をさらに大きく広げていきたい、と思っていた矢先、前田さんの夫の転勤で東京を離れなければならなくなりました。

その後6年間、東京を離れていた前田さんが縁あって再び東京に戻ってきたところ…「あいあい」は若いお母さんたちに見事に引き継がれて、続いていたのです。

前田さんがはじめた「みんなで子育て」は、コミュニティ活動としてしっかり根付いていたのです。

紹介した2作品の他にも深い思いや共感、連帯感、更にはさまざまな課題に立ち向かう力強さなど感銘するストーリーが沢山ありました。

例えば、息子さんの結婚式に際し、子育ての時に自主保育で助けあった血縁のない仲間達が祝福に駆けつけてくれ、家族的な結びつきを実感した作品(東京新聞賞:小山澄子さんの『親族代行作戦』)。

団地の空き店舗を借りて、地域の子どもから高齢者までが集える居場所づくりに取り組んだ作品(東京都社会福祉協議会会長賞:吉?洋子さんの『地域の空にはばたけ!「コミュニティスペース・つばさ」』)などです。

きずなを感じさせてくれた話の中に、ソチのオリンピックでのジャンプの葛西選手やスケートの羽生選手の言葉があります。

銀メダルに輝いた葛西選手は「僕を産んでくれた両親、いつも僕を支えてくれた一番大事な母、母が亡くなってから僕を支えて応援してくれた姉、妹にもメダルを獲って恩返しがしたいと思っていた」とインタビューに応えています。

また、日本に金メダルをもたらせた羽生選手は、「たくさんの方々に応援していただいて最高の結果を残せた」と謝意を述べています。

これまで何度かこのブログの中で、パブリック・リレーションズ(PR)は、主体(企業・組織・個人)を取り巻くさまざまなステークホルダー(パブリック)との間のリレーションシップ・マネジメントと紹介してきました。

「きずなづくり大賞」の入賞13作品においても、また、葛西選手や羽生選手のコメントにおいても、家族や地域社会の協力と支えが目標達成に大きな力となっている様子が窺えます。換言すれば、インターナル・リレーションズやコミュニティ・リレーションズの成功事例ともいえます。

投稿者 Inoue: 21:32 | トラックバック

2014年02月13日

“晴耕雪読”もよし
?今年の「本屋大賞」にはどの作品が選ばれるか?ノミネート10作品発表

皆さんこんにちは井之上 喬です。

東京は先週末、記録的な大雪で都心でも30cm近い積雪を記録しました。慣れない雪かきで筋肉痛の方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

そんな天候のときは無理な外出は避け、家で読書を決め込み晴耕雨読ならぬ“晴耕雪読”を楽しんだ方もおられたのではないでしょうか?

■何冊読みましたか?
読書と言えば今年も恒例の「本屋大賞」ノミネートが発表されました。2014年本屋大賞にノミネートされた10作品は以下の通りです(作品名五十音順)。

『教場』長岡弘樹(小学館)、『去年の冬、きみと別れ』中村文則(幻冬舎)、『さようなら、オレンジ』 岩城けい(筑摩書房)、『島はぼくらと』辻村深月(講談社)、『聖なる怠け者の冒険』森見登美彦(朝日新聞出版)。

続いて、『想像ラジオ』いとうせいこう(河出書房新社)、『とっぴんぱらりの風太郎』万城目学(文藝春秋)、『村上海賊の娘』和田竜(新潮社)、『昨夜のカレー、明日のパン』木皿泉(河出書房新社)、『ランチのアッコちゃん』柚木麻子(双葉社)

本屋大賞とは、全国の書店員有志で組織するNPO法人本屋大賞実行委員会が運営するもので、ノミネートのための1次投票は昨年11月1日より本年1月5日まで行われ、全国479書店605人が投票。さらに2次投票(1/21-2/28)が行われ4月8日に大賞作品が発表されます。

第10回目の昨年は本屋大賞に『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)が選ばれたのを記憶されている方も多いのではないでしょうか。

本屋大賞のホームページをみると、「全国書店員が選んだ、いちばん! 売りたい本、本屋大賞」の設立は、書籍、雑誌とも年々縮小傾向にある出版市場において、「売り場からベストセラーをつくる!」とし、商品である本と、顧客である読者を最も知る立場にいる書店員が売れる本を作り、出版業界に新しい流れをつくることで業界を現場から盛り上げていくことを目的にしたものです。

4月8日にはどの作品が選ばれるのか今から楽しみです。

■2013年度「日本PR大賞」にも選ばれた実行委員会
私が経営する井之上パブリックリレーションズが加盟する公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会(略称:日本PR協会)は、1月21日、2013年度日本PR大賞「シチズン・オブ・ザ・イヤー」に本屋大賞を運営するNPO法人本屋大賞実行委員会を選定しています。

選定理由は、「長い出版不況が続く中、本と読者を最も良く知る書店員が一番売りたい本を投票によって選ぶ賞として2004年有志による「本屋大賞」を創設、2005年以降はNPO法人化。2013年で10周年を迎えた。受賞作品はいずれもベストセラーになると同時に、隠れた作家の魅力を発掘することにも役立っている」としています。

また、従来の出版社が自社の売りたい本をPRするというやり方から、現場の書店員が「読んで面白い」「お客様に勧めたい」本をPRする本屋大賞は、出版PRの新しい発想であるとし、国民の支持を広く得ていることを高く評価したものです。

私たちパブリック・リレーションズ(PR)の専門家から見ても、出版分野における新たな手法として高く評価できるものです。

活字離れが言われて久しい中での地道な書店員の取り組みが評価されたもので、書店が大好きな私にとってもうれしいことでした。

ちなみに現在私が読んでいる本は、これらノミネート作品とは無縁の『タムガ村600日‐キルギス抑留の記録』(宮野泰著)で、終戦後ソ連のキルギスに抑留された著者が綴ったドキュメンタリー作品です。戦前満州国立建国大学の学生から18歳で応召し、捕虜として終戦を迎えたある兵士の3年に及ぶ抑留生活が描かれています。

書店に足を運び、静寂の空間でお気に入りの1冊を手にする至福の時間は、人々の心を和ませてくれます。

ノミネートされた10作品のうち半数は電子書籍での購入も可能なようです。これも時代の流れでしょうか。変化の激しい時代にあって、心の安寧を保ち豊かな人生を過ごすためにも、本に触れる時間を増やしたいものです。

投稿者 Inoue: 13:32 | トラックバック

2014年02月06日

花粉症が気になる季節に
?期待される花粉の少ない森づくり

皆さんこんにちは井之上 喬です。

インフルエンザが拡大していますので気をつけましょう。厚生労働省は先月末、東京都も第4週(2014年1月20-26日)には、「流行警報基準」(定点あたり患者数が30.0人超)を上回ったとし流行警報を発令しています。

流行はインフルエンザだけではありません、毎年この時期には花粉症の季節が到来します。

■花粉症対策のトップ3
気象情報会社のウェザーニューズは関東の1都6県が1月26日に花粉シーズン入りしたと
発表。

同社によると、首都圏の飛散量は大量の花粉が飛んだ昨年と比べると少ないものの、平年比でみると80?120%と予測。環境省が発表したスギ・ヒノキ花粉の飛散予測によると、関東のピークは昨年より10日前後早い3月上旬になりそうだとのことです。

花粉症の症状を自覚している人は全体の49.8%とほぼ半数に相当するそうです。女性は52.6%と男性(47.0%)を5%程度上回っています。

これらの人に今春、どんな対策を実施するか聞いたところ首位はマスクで65.7%。以下目薬(35.5%)、うがい(23.5%)と続きました。

今年も対策のトップ3は「昨春実施したこと」と同じ結果になったようです(日経産業地域研究所調べ)。

一方、対策費を昨春より「増やす」「やや増やす」と答えた増額組は全体の19.5%に達したとのこと。また「変わらない」と答えた「維持組」が77.3%と大半を占めるものの、「減らす」「やや減らす」と答えた減額組は3.2%。対策費は20?30代を中心に増加傾向にあるようです。

想定している対策費用は「1000円未満」が36.7%と最多。「1000円以上3000円未満」が31.7%で続き、3000円以上は31.6%と、それぞれ三分された結果になったそうです。マスクは店頭価格が1枚当たり10円程度の商品も多く、目薬と合わせてもそれほど大きな出費にはならないようです。

1500億円を超えるといわれる花粉症対策市場を取り込むために、花粉が特に多かった昨年の重装備に代わり、手軽さや便利さが売り物の商品の品揃えを強化するなど企業のさまざまな工夫が見られます。

そんな中で、自治体では花粉の少ないスギやヒノキの普及に力を入れています。

■脱花粉症を目指した企業、自治体の取組み
花粉症は職場での生産性にも影響を与えていますが、紳士服チェーンのAOKIは、花粉が付着しにくい「花粉症対策コート」を発売。眼鏡店「JINS」でも花粉症対策メガネ「JINS花粉カット」を発表し出足も好調のようです。花粉が目に入る量を眼鏡なしのときと比べて最大98%抑制できるといいます。

家電量販店大手のビックカメラでは加湿機能がついた高機能タイプが人気で1月11?13日の空気清浄機の販売額は前年同期比6割増。家具専門店のニトリでも花粉対策カーテンの販売が12月中旬から1月中旬に前年比1割伸びたといいいます。

衣料分野では三陽商会は花粉が付着しにくい生地や、アレルギー原因物質の働きを抑える生地の衣料を展開。

花粉対策マスクも進化が続いています。ユニ・チャームは「超快適マスクす?っとミント」に爽快な香りが特徴のハッカ油を配合した新商品を発売。一方、フマキラーのイオン成分を顔にスプレーして目や鼻への花粉の侵入を防ぐ「アレルシャット 花粉 イオンでブロック」も話題を集めています。
 
また、厚生労働省は最近、口に薬液を含む新しいタイプのスギ花粉症治療薬を初めて承認しました。承認されたのは「シダトレンスギ花粉舌下液」(鳥居薬品)で、6月以降に処方薬として発売される見通しとのこと。

そして自治体では、直接のアレルギー原因となるスギやヒノキ花粉を根本からなくそうと、花粉の少ない品種育成への取り組みが広がってきています。長期的な取り組みとなりますが、これは毎年花粉症に悩む人にとっては朗報といえます。

神奈川県自然環境保全センター(厚木市)は昨年12月、全国で初めて無花粉ヒノキを発見したと公表。種苗法に基づく品種登録が完了する6?7年後に、まず年間数百本の苗木の出荷を目指すとのことです。

東京都は06年度から青梅市や八王子市など多摩地域で花粉の少ない森づくりを進めています。通常のスギを伐採し、花粉量が100分の1以下のスギに植え替える作業で、現在までに東京ドーム約45個分にあたる215ヘクタールが完了したといいます。15年度までに775ヘクタールまで対象地域を広げる計画のようで面白くなりそうです。

千葉県でも花粉の少ないスギを増やしています。花粉の少ないヒノキを育て始め、15年の春ごろから植え付けが始まりそうです。さらに県農林総合研究センター森林研究所では花粉を飛ばさない無花粉スギも開発中とのこと。

一方埼玉県は、花粉の少ない4品種のスギの普及を進めています。県全体の面積の3分の1が森林で、杉林が森林面積の約3割を占める同県は、「数十年がかりで花粉の少ない品種に切り替えていく」(農林部)考えを示しています。

こうした自治体の取り組みが効を奏すれば、花粉症の悩みからどれだけ多くの人々が解放されることでしょうか。

しかし、脱花粉症を目指す自治体の地道な努力は残念ながらあまり知られていないようです。こうした分野においてもパブリック・リレーションズ(PR)の導入は重要なこととなります。

投稿者 Inoue: 11:58 | トラックバック