相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2013年10月 | メイン | 2013年12月»

2013年11月28日

訪日外国旅行客、10月に年間最多更新
?年間訪問者1000万人、消費額1兆円達成へ

皆さんこんにちは井之上 喬です。

先週から「バンコク・ホーチミンマーケット視察ツアー」に参加して、昨日戻りました。現地の事業家や現地で開催された和僑会の世界大会参加の方々との交流などを通して、タイやベトナムにおけるビジネス拡大の可能性を強く体感する有意義なツアーでした。このツアーについては後日、私のブログで紹介したいと思っています。

今回は、外国からの日本への旅行客をテーマにお話します。

日本政府観光局(JNTO)は20日、日本を訪問する外国人旅行客が今年1?10月の累計で既に865万9600人となり、2カ月を残して年間の過去最多を更新したと発表しました。

円安や観光査証(ビザ)の発給要件の緩和など追い風となって、台湾や東南アジアからの旅客が大幅に増えことが要因。政府の年間1千万人の目標達成がいよいよ視野に入ってきました。

■10カ月累計でタイは64%増、台湾が53%増
これまでの最多は2010年の861万人。今年1?10月の累計は前年同期比23%増えたことになります。全体の20%を占める台湾が53%増。東南アジア5カ国もビザの発給要件の緩和を背景に好調で、タイは64%増、シンガポールは31%の伸びたとのこと。

尖閣問題で落ち込んでいた中国からの団体旅行も戻ってきたようです。1?10月の累計は前年同期を15%下回りましたが、10月だけでみると前年同月比74%と急増。アウトレットや百貨店への売り上げにも好影響を与え、消費回復を下支えしているようです。

一方で韓国からの客足は鈍いようです。訪日旅行者全体の4分の1を占める韓国は、反日感情の高まりや福島第一原発の汚染水漏れの影響もあり10月で6%減り、昨年2月以来1年8カ月ぶりの減少。

政府は小泉政権時に、「観光立国」を成長戦略のひとつに位置づけ、2010年までに年間1000万人の外国人旅行者の誘致を目標に掲げましたが、さまざまな障害を乗り越えようやくその数字を達成しようとしています。

■外国人の消費金額も過去最高に
観光庁は、外国人旅行者が日本滞在中に買い物や宿泊などで使った金額を推計して3カ月ごとにまとめています。

それによると外国人が日本での滞在期間中に「買い物などで使う金額」も増加傾向にあるようです。今年は、3年前に統計を取り始めてから最も高い水準で推移していて、1月から9月までの累計は8925億円と、去年の同じ時期を1700億円余り上回り、年間では1兆円を超え過去最高を更新する可能性が高まっています。

特に、7月から9月までの3カ月間は3253億円で、3カ月間の統計としてこれまでで最も多くなっています。この期間中の1人当たりの平均金額はおよそ11万7000円と、前の年の同じ時期に比べて4%ほど増加。購入商品としてはカメラや時計が人気のようです。

外国人による買い物をさらに増やそうと、旅行会社やデパート各社は、ことし9月に協議会をつくり、外国語表記や接客方法を充実させるなどの取り組みを進めています。
来月には、東京・大阪・福岡の1万2000店舗が行う外国人向けのセールも予定されていて、業界では外国人の消費拡大に向けた機運を高めたい考えです。

また、政府は外国人旅行者の日本国内での消費を増やすため、2014年度から旅行者を対象にした消費税の免税措置を拡大する予定。現在の家電品やカメラなどに加え、需要が大きい化粧品や菓子、日本酒などに広げる方向を打ち出しています。

政府は30年までに外国人旅行者数を現在の3倍超の3千万人に増やす計画で、地方経済の底上げと雇用拡大につなげていく方針。このため財務省と国土交通省などが来年度の税制改正に向けた具体的な協議を始めた模様です。

東京オリンピック・パラリンピック開催の2020年まであと7年ほど。今回の開催決定により「東京」が、「日本」が、これまでにも増して世界からの注目を集め、世界中から訪問者を受け入れることになり、2030年の3千万人の目標達成に向け絶好な機会です。

その目標達成のキーとなるのが、世界の人々と訪日観光拡大に取り組むすべての関係者(観光庁、東京都庁、観光関係企業、日本オリンピック委員会をはじめとする各種スポーツ競技団体、各地方自治体、そしてマスメディアなど)との望ましいリレーションシップ・マネジメント(関係構築)を戦略的に実現するパブリック・リレーションズ(PR)の活用となります。

投稿者 Inoue: 15:44 | トラックバック

2013年11月21日

2013年あなたのヒット商品は何?
?業績好調な今こそ戦略的PRを!

皆さんこんにちは井之上 喬です。

各地から紅葉のニュースが届いていますが、東京のイチョウなどの街路樹も少しづつ色づいてきました。

■身近なものから豪華寝台列車まで多様化するヒット商品
2013年のカレンダーも残り少なくなりましたが、年末になって恒例なのがその年のヒットランキング。

今回は日経トレンディ12月号(発行:日経BP社)とDIME1月号(小学館)から2013年のヒット商品、そして2014年のヒット予測をひろってみました。皆さんの身近なところにもヒット商品があるのではないでしょうか。

まず日経トレンディの「2013ヒット商品ベスト30」の、トップ10を見てみると1位がコンビニコーヒー、2位がパズル&ドラゴン(パズドラ)、3位がアベノミクス消費、4位が半沢直樹、5位が伊勢・出雲、6位Nexus7&iPad mini、7位あまちゃん、8位レイコップ、9位ノンフライヤー、そして10位がグランフロント大阪となっています。

一方のDIMEでは「2013小学館DIMEトレンド大賞」が2020東京オリンピック・パラリンピック招致。

家電・IT部門ではマイクロソフトSurface、ソニーのサイバーショットRX1、フィリップスのノンフライヤー、ライフスタイル部門が花王のヘルシアコーヒー、セブン&アイ・ホールディングスのセブンゴールド、パナソニックの頭皮ケア家電、レジャー・エンターテインメント部門がグランフロント大阪、JR九州のななつ星in九州、特別賞が半沢直樹と壇蜜、そして話題の人物賞があまちゃんの能年玲奈となっています。

アベノミクス効果で景気回復が鮮明になってきた今年、身近なコンビニコーヒー、油を使わず揚げ物ができるノンフライヤーから豪華寝台列車まで日本人のちょっとしたこだわりが窺えるヒット商品が多かったように思えます。

そして、テレビのヒット番組ではあまちゃん、半沢直樹、停滞気味の日本人のマインドを一気に高揚させるようなワクワク感が受けたのかもしれません。

消費税引き上げがどのように消費に影響を及ぼすか心配されますが、2014年のヒットの予感として、DIMEはウェアラブル、4Kテレビ、ハイエンドミラーレス、ハイレゾオーディオ、EV(電気自動車)、軽オープンカー、スーパー三輪車などを挙げています。

また同様に、日経トレンディのヒットを読み解く最新キーワードとして王道追求=基本性能レベルアップを追求した4Kテレビ、快適生活を演出する楽ティブ、少量デラックス、濃密系、発展型コラボなどを挙げています。

記事を読んでいて、多様性が求められる環境にあって2014年も多くのヒット商品が出てきそうな予感がしました。

■企業収益回復傾向が鮮明に
そうしたなかで11月19日の日本経済新聞1面トップにこんな見出しが躍っていました。「最高益企業 危機後で最多 今期経常益 6社に1社」上場企業の収益回復が鮮明になっており、2014年3月期の連結経常利益が過去最高となる企業は266社(3月期決算企業1647社対象)と、2008年秋の金融危機以降では最多になると見通しています。

アベノミクス効果からか為替の安定、内需の回復などに加え、事業の合理化や再編などの企業努力も相まって大企業から中堅企業にも業績の回復機運が高まっているようです。

経常最高益見通しの主な企業としては、ソフトバンク、KDDI、日本たばこ産業、デンソー、JR東海、富士重工、丸紅、クボタ、ヤフー、いすゞ自動車が名を連ね、通信、自動車、インターネット関連、商社など幅広い業種分野で企業収益が改善していることがわかります。

しかし、企業を取り巻く経営環境はグローバルでますます厳しくなるのは明らかで、いかにヒット商品を生み出せるか、またより快適なサービスを提供できるかなど、それぞれの企業の価値をわかりやすく国内外に発信していくことが重要になってきます。

そこで威力を発揮するのがパブリック・リレーションズ(PR)です。私は「人」「モノ」「金」「情報」に続く第5の経営資源として「PR」を位置づけています。

PRは攻めにも守りにも有効に機能するいわば万能の経営ツールだと考えています。

企業を取り巻くさまざまな経営環境を的確に読み取り、潮目を読んで一気呵成に攻めるときは攻め、守りに転じるときはしっかりと守り抜く、そんな新たな経営資源を日本の多くの企業が持ち合わせれば、2014年も世界を舞台に活躍する日本企業がたくさん出てくると期待できます。

流行語的に言えば、戦略的PRを実行するのはいつ?「今でしょ!」

投稿者 Inoue: 11:00 | トラックバック

2013年11月14日

「植田正治」生誕100周年の記念写真展
?親子で創り上げた植田正治の世界

皆さんこんにちは井之上 喬です。冷え込みが急に厳しくなりましたが、元気にお過ごしでしょうか。

今回は日本を代表する世界的な写真家、植田正治(1913-2000年)さんのお話です。

植田さんは今年、生誕100周年。100周年を記念する写真展「植田正治のつくりかた」が新装なった東京駅にある、東京ステーションギャラリーで開催されています。

植田さんは、生地(鳥取県境港市)を離れず、山陰地方を生涯の拠点として独特な演出写真で絶大な人気を誇る写真家。日本だけでなく海外においてもその演出写真は「植田調」として知られ、写真誕生の地であるフランスでも日本語表記そのままに「Ueda-cho」として紹介されているほどです。

今回の写真展「植田正治のつくりかた」では、一連のユニークな作品が生まれた背景、手法や作品の変化を通して砂丘の写真家という固定されたイメージを払拭し、親しげな印象の反面で一筋縄ではいかないこの写真家を見直す、といった意図があるようです。会場では、代表作約150作品を展示。開催は来年1月5日まで。

■植田正治さんと植田充さん
植田正治さんを語るとき、息子の植田充さんを語らずにはいられません。

私と植田正治さんとの出会いは、植田さんの息子で不世出のアートディレクター、植田充(1940-2003年)さんとの縁によるものでした。父の死後、後を追うように亡くなった息子の充さんと私は、充さんが亡くなる2003年まで、30年に及ぶ親交がありました。

植田充さんは、国内はもとより日・米アートディレクターズクラブ主催による日本グラフィック展(於ニューヨーク)で、それまで日本人が受賞できなかったゴールドメダルやシルバーメダルを数回にわたって受賞した実績のある方でした。

また、彼はファッションデザイナーとして著名な菊地武夫さんのブランド(MEN'S BIGIやTAKEO KIKUCHI)のアートディレクターとして、ファッション界で名を馳せていました。

植田正治さんをファッション写真分野に引きずり込んだのは息子の充さんでした。最初の作品も、充さんがディレクションをとり、鳥取砂丘を巨大なホリゾントに見立てて制作した菊地武夫さんのコレクション・カタログでした。その成果は『TAKEO KIKUCHI AUTUMN AND WINTER COLLECTION83-84』にまとめられ、植田正治さんはADC写真家賞を、充さんはディレクター賞を受賞することになります。

これを契機に、植田正治さんは80年代後半以降、充さんのディレクションでファッションブランドやファッション誌のグラビア撮影に精力的に取り組んでいくことになりますが、写真展ではこうした時期の作品にも会うことができます。

私の会社(井之上パブリックリレーションズ)では、私が日本楽器製造(現ヤマハ)の仕事をしていた駆け出しの頃、さまざまなポスターやパンフレット、そして当時ヤマハが開催し、吉田拓郎、井上陽水、中嶋みゆきなどを輩出した「ポプコン」のシンボル・マークなどのデザインを充さんにお願いしていました。その後の半導体、パーソナルコンピュータなどのハイ・テクノロジー分野のカタログ、パンフレットや広告デザインなども充さんが手掛けたものです。

1984年に世界同時発表されたマッキントッシュのポスターや広告デザインを日本で最初に手掛けたのは、実は植田充さんでした。私の会社には、IBM東京基礎研究所ガイド(IBM宣伝広告賞最優秀賞受賞)やシチズン、シーラスロジックの会社案内など充さんのこだわりの作品が多数残されています。

これは、ある企業の創業10周年を記念した短編映画製作プロジェクトでシナリオ、監督、俳優を公募した際の息子の充さんが制作したポスターです。

植田正治さんの作品の中でも私が特に好きな写真のひとつ、「パパとママとコドモたち」(1949年)を使わせていただきました。

最初にこの写真に接したとき、私の中に戦慄が走りました。それは戦後間もない貧しい時期、粗末な小道具で撮られた写真であるにもかかわらず、時代を超越した、「普遍性とみずみずしさ」を感じたからです。

ちなみに家族全員がモデルとなったこの写真の、右端のお母さんの左隣でピストルを構えているのが、幼少時代の充さん。

植田正治さんの写真を使い、充さんがデザインしたこのポスターは、なんと贅沢なことでしょうか。

■相反する二重性の魅力
植田正治さんの写真の魅力について古谷利裕さん(画家、批評家)は、東京新聞(11月1日朝刊7面)の美術評で「植田正治さんは写真というメカニズムそのものに興味を持ち、撮影と同じくらい暗室作業を重視したという。それは、垂直と水平、日常とその切断・再構成とを同じくらい重視したということでもあろう。」

「そして、植田の作品が一方で山陰の風土や自らの家族という身近なモチーフを好み、しかし他方で、砂丘のような抽象的な空間や演出による人工的な操作という自然な文脈の切断を好んだという二重性とも深く関係するだろう。現実の家族に架空の家族を演じさせるという不思議な二重性。この点に植田の写真の魅力がある。」と述べています。

植田正治さんとは息子の充さんを通じて何回かお目にかかる機会がありました。この偉大なるアマチュア写真家は、いつも謙虚で親しみやすく、温かさが感じられました。こうした植田さんの人格そのものが作品に反映され、私にとって作品の魅力にもなっています。

私はこれまで、植田正治さんの写真を展示作品として、写真集のなかで、そして伯耆大山の中腹に開館(1995年)した植田正治写真美術館の収蔵室でも見てきました。誰よりも多く植田さんの作品に接してきたと自負していました。

しかし、今回の150に及ぶ作品の中では、カラー作品など初めて見る写真も多く、これから先も未知の作品を沢山楽しめるのではないかと思い、嬉しくなりました。

「植田調」の演出写真といえば、モノクロかモノトーンをイメージしますが、現在確認されている最も古いカラー作品は1955年以降とされているそうです。

1981年に植田さんは、淡く甘美なソフトフォーカスによるカラー写真集「白い風」を発表しています。その中から3点の写真が展示されていますが、30年以上も前に撮影されたにも関わらず、その映像には新鮮な試みさえ感じることができます。

私の人生に豊かな彩りを加えていただいた植田正治さんと植田充さん。この親子と出会えたことに改めて深く感謝したいと思います。皆さん、お時間があるときにでも是非一度東京ステーションギャラリーへお立ち寄りください。


追記:
植田正治さんの生誕100周年を記念する写真展は、故郷の鳥取県境港市で「植田正治と境港」(11月25日まで)が、植田正治写真美術館では、パリと山陰でそれぞれ同時代に活躍した写真家ロベール・ドアノー(1912-94年)さんと植田正治さんの作品を紹介する企画展が催されています(11月30日まで)。また東京では「植田正治とジャック=アンリ・ラルティーグ 写真であそぶ」が東京都写真美術館で11月23日-2014年1月26日の間、催されます。

投稿者 Inoue: 13:08 | トラックバック

2013年11月07日

プロ野球楽天の日本一で感じたこと
?3回目の冬を前に東北の被災地に元気を

皆さんこんにちは井之上 喬です。

今年のプロ野球日本シリーズは、皆さんご存知のようにパリーグの楽天が球団創設9年目でセリーグの巨人を4勝3敗で下し、日本一に輝きました。星野仙一監督は、選手時代そして中日、阪神の監督として日本シリーズに進出しましたが今回が初めての日本一、それも彼が宿敵とする巨人を倒しての日本一ですから、感慨深さは計り知れないものがあるのではないでしょうか。

■球団社長は元証券マン
星野監督が楽天の監督に就任した2011年に東日本大震災が発生し、球団の本拠地がある宮城県などが大きな被害を受けましたが、監督をはじめ選手が一体となり、「被災地東北のために」を合言葉にさまざまな被災者サポート活動を継続しているのはよく知られています。

日本一を決めた翌日(11月4日)の各メディアは、楽天の日本一で「元気をもらった」と被災地東北のようすがレポートされ、まだまだ大震災の爪痕が深く残る復興途上の東北に久しぶりに脚光が当てられていました。

大震災からもうすぐ2年8カ月、3度目の冬を迎える被災地の皆さんにとっては久しぶりの明るい話題だったのではないでしょうか。

11月5日の日本経済新聞にはその楽天球団社長の立花陽三氏(42歳)が紹介されていました。見出しは「証券マンから転身、楽天を日本一に導いた球団社長」。

元証券マンから2012年8月に楽天の球団社長に就任。チームの長期的強化を担当する戦略室を設置し、その部署を中心に独自のデータシステムで弱点などを分析するなどし、1年余りで球団を日本一に導いた手腕は大いに評価されるべきでしょう。

また、ドラフトでは注目の神奈川・桐光学園高の松井裕樹投手を5球団競合の中、クジで引き当てるなど、来期以降の球団づくりに明るい話題を提供しています。

この立花氏を球団社長に招聘したのが楽天の会長兼社長の三木谷浩史氏(48歳)です。球団経営と企業経営はどこか似たところがあるのかもしれませんね。

■ストーリーテリングできる経営者に歳は関係ない!
三木谷氏は皆さんもご存知の通りで2012年には新経済連盟の代表理事に就任するなど、今や日本を代表する経営者の一人です。

10月に開催された日本経済新聞社主催の「世界経営者会議」でもゼネラル・エレクトリックのジェフリー・イメルト会長兼CEO、エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼CEO、旭化成の藤原 健嗣社長、富士フイルムホールディングスの古森 重?会長兼CEOなどとともに講師として登壇。

三木谷氏は「楽天市場を開設した当初は売上が月々約30万円でそのうち20万円を買っていたのが私です」など楽天創業当初の1997年当時のエピソードを交え語っていました。

そのなかで、インターネットの進化によるイノベーションをフルに活用した新たなビジネスモデルを創出しそれを海外に輸出したい、そのためにも英語を公用語化する必要があったなど、常に変革を続ける経営者の強い意欲をにじませていました。

今年の世界経営者会議で私が注目したもう一人の経営者は堀場製作所の堀場雅夫最高顧問です。

「おもしろ おかしく」を社是として、全社一丸となって、ベンチャービジネスのモデルともいえる堀場製作所を作りあげた稀有な企業家。

何年か前、堀場さんと初めて京都でお会いした際、そのたぐいまれなる創造性に対する強い探究心には驚かされたものですが、大正13年生まれで来年90歳を迎える堀場さんのユーモアを交えた講演は立って行われ、聴衆の心をひきつけていました。

パブリック・リレーションズ(PR)の視点から経営者に求める大きな要素の一つに、ストーリーテリング(story telling)があります。

会社がどこに向かっているのか、どんな会社を目指すのかなど、経営者自らがさまざまなステークホルダーに向けてきちっとメッセージを発信することが必要とされているのです。

今回の世界経営者会議の堀場氏、三木谷氏の講演を聴いて、持っている人には年齢は関係ないことをつくづく実感させられました。

投稿者 Inoue: 12:26 | トラックバック