相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2013年5月 | メイン | 2013年7月»

2013年06月27日

夏を前にビール戦線が熱い
?好調に売上を伸ばす第三のビール

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

これからはビールの美味しい季節ですね。このところ私は、ギネスの黒ビールに嵌っています。時折、若手社員や管理職を誘って、私の会社の近くにある洋風居酒屋に飲みにいっています。このお店には飛び切り美味しい生の黒ビールがあります。

ギネス黒ビールの深みのある琥珀色、ホップの香り、微細でクリーミーな泡と独自な苦味が、量を飲めない私を楽しませてくれます。

夏を前にビール戦線が熱いようです。

国内ビール業界の売上推移を見ると、平成16年以降はほぼ横ばいで平成23年の主要な対象企業5社の合計売上高は2兆6,043億円となっています。この背景には少子高齢化や若年層のビール離れといった要因があるようです。

ビール、発泡酒の出荷量・販売量が年々減少する一方で、比較的安価な第3のビールは伸び続け出荷数量で3割を超え、発泡酒を上回るほどの伸長を示しています。また、ノンアルコールビールや糖質ゼロといった健康志向のビールも登場し、新たな市場を形成しています。

■ビールと発泡酒、第三のビールの違いは?
まずビールと発泡酒は、大雑把にいうと「麦芽の使用率」が違うようです。ビールは、麦芽の使用率が原料の3分の2以上で、発泡酒は麦芽の使用率が原料の3分の2未満(または、3分の2以上であっても酒税法で定めた副原料を使用していない)ということになります。

これに対して新ジャンルとなる「第三のビール」は、麦芽の代わりにエンドウたんぱくや大豆たんぱく、とうもろこしなどといった豆系原料を使用しており、スッキリとした味わいが特長で、「発泡酒」に比べて税率が低いため、低価格で販売されています。

ちなみに缶ビール1本(350ml)のそれぞれの標準的な小売価格を比較してみましょう。先ずビールは218円(税額77円含む)で、発泡酒は145円(税額46.9円含む)、そして第三のビールは、125円(税額28円含む)となります。

大手4社(キリンとアサヒ、サッポロ、サントリー)が発売している第三のビール12ブランドに対する評価を日経リサーチが調査し、その結果が5月に公表されました。調査サンプルは、日本経済新聞社の「小売業調査」の対象になっているスーパー142社。

このブランド調査によるとキリンビール「のどごし〈生〉」が「ブランド力」や「リピート購入率」、「味(喉越し)」、「テレビCMなどの広告・宣伝」で圧倒的な支持を集め、ブランド総合評価でトップになっています。

2位はサントリーの「金麦」。「テレビCMなどの広告・宣伝」、「パッケージ」などでは1位となったが、他の採点項目で「のどごし〈生〉」に差を付けられています。

3位以下は、アサヒビールの「クリアアサヒ」、4位も同じくアサヒビールの「プライムリッチ」、5位はサッポロビールの「麦とホップ」という順番になりました。

ビール愛飲家にとって肝心な味(コク・苦味/喉越し)の順番についても概ねブランド調査と同様な結果となっているようです。

■ポテトチップがおつまみトップに
もうひとつ、自宅でお酒を飲む際に欠かせないおつまみランキングについて紹介しましょう。これはマイナビがニュース会員の20代?40代男女を対象にインターネットログイン式アンケートを行い、昨年2月に公表したものです。

「自宅で飲むときによく買うおつまみを教えてください」(複数回答)という設問に対し、男性(334名)の回答に1位は「ポテトチップなど甘くないお菓子」で以下5位まで「柿の種」、「チーズ」、「ピーナッツやピスタチオなどの豆類」と「さきいか」が同率で「サラミ」の順となりました。

一方、女性(535名)の1位は「ポテトチップなど甘くないお菓子」で以下5位まで「チーズ」、「チョコなど甘いお菓子」、「柿の種」、そして「ピーナッツやピスタチオなどの豆類」の順となりました。

「チョコなど甘いお菓子」(女性3位)を除くと「柿の種」、「チーズ」、「ピーナッツやピスタチオなどの豆類」などおつまみの定番ともいえるものが並び、男女間で大差がないように思えました。

皆さんが自宅でお酒を飲まれる時のおつまみと、このランキングは一致していますか?

私の周辺では、ビールと発泡酒、第三のビールの原料の違いや価格、味覚評価などについてほとんどの人が知らない様子です。皆さんはご存知でしたか。

生産者と消費者との間では情報の共有が大事なことになります。こうした分野でもパブリック・リレーションズ(PR)の役割が求められます。

そういえば、先日グローバルビジネス学会の会合で、早稲田大学と京都大学の先生たちの間で、両校が共同開発した「ホワイトナイル」というビールが話題に上がりました。

名前から連想されるように、「ホワイトナイル」は、古代エジプト研究で著名な吉村作治さん(早稲田大学名誉教授)が、ピラミッドの壁画に描かれていたビール(アルコール飲料)の製法を解読し、ビール会社がその復元をはかったもの。そして、エジプトの古代小麦の種を提供したのが、京大農学研究科・栽培植物起源学研究室。

2006年4月より製造元の黄桜株式会社から発売され、マイナーブランドでありながら、小瓶(330ml)1本450円という高額商品にもかかわらず人気は上々だそうです。

投稿者 Inoue: 09:29 | トラックバック

2013年06月20日

日本に強く求められる女性パワー!
?世界規模で大和撫子が活躍できる基盤作りを早急に

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

梅雨らしいと言えばそれまでですが、とても蒸し暑い天候が続いています。
これまではクールビズと言ってもノーネクタイでビジネス現場に向かう習慣はあまりありませんでしたが、さすがのこの蒸し暑さ。

このところノーネクタイで失礼することが多くなりました。今年から思い切ってクールビズを取り入れようと思います。

■新たな成長戦略に女性の力が不可欠
6月14日に安倍総理大臣は新たな成長戦略である「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」を策定。

日本経済の再生に向け、1)大胆な金融政策、2)機動的な財政政策、3)民間投資を喚起する成長戦略という3つの政策を、「3本の矢」として同時展開していくことを発表しました。

3本の矢の実施を通じ、今後10年間の平均で名目国内総生産(GDP)成長率3%程度、実質GDP成長率2%程度の成長の実現を目指し、1人あたり名目国民総所得(GNI)は10年後には150万円以上増加することが期待されるとしています。

そのための成長への道筋の中に、これまでこのブログで何回も触れてきた女性の力の重要性を謳っています。

人材こそが日本が世界に誇る最大の資源であると位置づけ、その中で女性の力は日本の最大の潜在力であってこれを最大限発揮できるようにすることは、少子高齢化で労働力人口の減少が懸念される中、新たな成長分野を支えていく人材を確保していくためにも不可欠、としています。

まさにそのとおりであると思いますし、一刻も早く女性が活躍できる社会基盤の整備に取り組んでもらいたいものです。

■Forbesの「世界で最も影響力のある女性 2013」に日本人はゼロ
女性の力と言えばフォーブス(Forbes)が「世界で最も影響力のある女性 2013」(The World's Most Powerful Women 2013:5/22Forbes.com)を発表しています。

資産額やメディア露出度、影響力をもとにランク付けしたとのことですが、トップ100人には著名な政治家や企業経営者、富裕な活動家、セレブたちに加え、次世代の起業家やメディア専門家、技術者、慈善活動のリーダーなども肩を並べています。

5月30日の日本経済新聞デジタル版のサマリー記事からいくつか特徴を紹介しますと、フォーブスが選んだのは、政界・経済界の実力者といった従来の分類の枠を超えた女性たち。

権威や権力といった我々の持つ概念自体、こうした変革を進める人物たちの活躍によって変わってきており、その過程で、世界はより生き生きと活気に満ちた方向に変容している、と女性の力の影響力の大きさついてコメントしています。

2013年の100人には、1位に選ばれたドイツのアンゲラ・メルケル独首相など9つの国のリーダーがおり、該当する国の国内総生産(GDP)を合計すると11兆8000億米ドルに上るそうです。

また選ばれた24人の最高経営責任者(CEO)が経営する企業の年間売上高は合わせて8930億ドル、そのうち16人は自分の企業を立ち上げています。

ちなみに上位の10人と言えば前述のアンゲラ・メルケルの1位に続いて、2位がジルマ・ルセフ(ブラジル大統領)、3位がメリンダ・ゲイツ(ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同会長)、4位がミッシェル・オバマ(米大統領夫人)、5位がヒラリー・クリントン(前・米国務長官)で以下、シェリル・サンドバーグ(米フェイスブック最高執行責任者)、クリスティーヌ・ラガルド(IMF専務理事)、ジャネット・ナポリターノ(米国土安全保障省長官)、ソニア・ガンジー(インド国民会議派総裁)、インドラ・ヌーイー(米ペプシコCEO)と続いています。

アジアでは政治でトップに就く女性が多く、新顔では朴槿惠韓国大統領が11位にランクされたほか、ミャンマーの反体制活動家で国会議員のアウン・サン・スー・チーさん(29位)、ジュリア・ギラード豪首相(28位)、インラック・チナワットタイ首相(31位)がランクインしています。

ほかにも技術畑リーダーや女性起業家の台頭、セレブ達の新たな役割などを分析しています。

詳細についてはForbesなどの関連サイトを参照してみてください。残念ながらトップ100に日本人はランクインしていませんでした。

このようなランキングにランクインすれば良いというものではありませんが、ランクインに値する大和撫子もたくさんいると思いますが、発信力つまりストーリー・テリング力、パブリック・リレーションズ(PR)力の問題も多分にあるのではないかと考えています。

梅雨のさなか首都東京では6月23日の投開票で都議会議員選挙が真っ盛りです。7月の参議院選挙への影響も多いと言われる都議会議員選挙ですが立候補者253人のうち女性は現職22人を含め53人。

「女性の立候補者数は過去最高」(東京都選挙管理委員会)のようですが、政治の世界でも女性の活躍は不可欠。あなたはどう思われますか?

投稿者 Inoue: 12:00 | トラックバック

2013年06月13日

パブリック・リレーションズで「個」を強くする
?サッカーでも「強い個の自立が必要」(本田選手談)

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

日本のワールドカップ(W杯)5大会連続出場を決めた6月4日のアジア最終予選B組第7戦となるオーストラリア戦は、ロスタイムに本田圭佑選手が同点PKゴールを決め、劇的な幕切れとなりました。

TV中継(テレビ朝日系)の平均視聴率が38.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、今年放送された全ての番組の中で最高の視聴率を獲得。瞬間最高視聴率は試合終了時点の午後9時23分に記録した46.3%だったということです。

緊迫感あるゲームをテレビ観戦で楽しまれた方も皆さんの中に多数いらっしゃるのではないでしょうか。それにしても、終了間際のPKでみせた集中力と気迫は凄かったですね。ゴールを決めたシュートは圧巻でした。

■本田選手のコメントに驚く
私にとってゲーム内容にも増して強く印象に残ったのは、翌5日の記者会見における本田選手の「個」の自立についてのコメントでした。

私は常日頃から、グローバル競争が激化する環境の中で、日本で強い「個」をもった人材を排出することの必要性を訴えてきました。

2004年から早稲田大学で、また昨年から京都大学経営管理大学院で始めたパブリック・リレーションズの授業も「個」の確立した人間力ある人材を育成するためでした。このブログはもとより、講演や執筆など機会を見つけては強く訴えてきました。

本田選手が、奇しくも私と同じ考えを持っていたということだけでなく、それを強く訴える彼の姿勢に驚きさえ感じました。以下は本田選手のコメントです。

「シンプルに言えば個だと思います。個というのは、昨日GKの川島選手がしっかりと1対1を止めたところをさらに磨く。今野選手がケーヒルに競り勝ったところをさらに磨く。佑都と真司がサイドを突破したところ、そこの精度をさらに高める。ボランチの2人がどんな状況でも前線にパス出せるように、そして守備ではコンパクトに保ち、ボール奪取を90分間繰り返す。岡崎選手や前田選手が決めるところはしっかり決める。」

「結局、最後は個の力で試合が決することがほとんどなので、むろん日本のストロングポイントはチームワークですが、それは生まれ持った能力なので、どうやって自立した選手になって個を高められるか、というところです。」

■強い「個」でチームワークを組む
グローバル競争を生きる企業を例に本田選手流にコメントすると、「社長は、自社ブランド高めるためのストーリーテリング力をさらに磨き、製造部門は他社に競り勝てる技術力をさらに高め、広報部門ではどんな状況においても的確な行動がとれるよう危機管理能力をさらに高める」といったことになるのでしょうか。

混迷する日本には普遍的な価値基準を持ち、高い志を持つ個の確立した強いリーダーが求められています。

しかしどんな強いリーダーがいても、リーダーを支える周辺が個の確立しない、人間力のない人たちでは組織が有効に機能しません。それぞれ個性を持った人材がチームを構成して初めて目的が達成できるのではないでしょうか。

また彼は以前、勝利するための「準備」の必要性について語ったことがありますが、確立した個を支えるためには準備が伴うことも忘れてはならないことだと思うのです。

私はこれまでさまざまな場で、パブリック・リレーションズ(PR)が「人」、「モノ」、「金」、「情報」というこれまでの4つの経営資源を個々に強化し、それらを統合する第5の経営資源であり、究極のマネジメントシステムを完成するものであることを語ってきました。

また「人」では、企業のレピュテーションを高めることによって有能な人材を集めたり、倫理教育や従業員との良好な関係性において相互理解を深め「個」を強化し、最短距離での目標(目的)達成を可能にすることも訴えてきました。

記者会見で個の自立を強調する本田選手の言葉の中に、リーダーとしてのストリー・テリング力の重要性についても気づかせてくれました。

パブリック・リレーションズ(PR)はさまざまな相手と良好な関係構築づくりを行うリレーションシップ・マネジメントに通じます。目的達成には個の確立した人材が求められているのです。

投稿者 Inoue: 12:55 | トラックバック

2013年06月03日

今日は「測量の日」、最近紙の地図を使っていますか?
?便利なツールを支える最先端技術に目を向けよう

皆さんこんにちは井之上 喬です。

関東地方は平年より10日早く梅雨入り。紫陽花の季節到来ですが、暫くはじめじめした蒸し暑い天気が続くと予想されます。体調管理には留意し元気で夏を迎えたいものです。

今日6月3日は「測量の日」だそうです。この記念日は国土交通省が、測量法が昭和24年6月3日に公布され、平成元年に満40年を迎えたことを機に、測量の意義と重要性に対する国民の理解と関心を高めることを目的に制定したものです。

国土交通省のホームページによると測量の有用性について、「地域に関する情報と地図をコンピュータで結合させて検索・解析・表示するGIS(地理情報システム)が注目を集めるなど、測量の成果である地図に対する国民のニーズは、高度情報化社会の進展に伴って、より高度かつ多様になってきている」と説明しています。

また「マイカーへのカーナビゲーションシステムの普及、携帯電話への地図情報の提供など、測量は国民の日常生活の様々な場面に深く浸透してきています」と、測量=地図がより身近な存在になっているとしています。

確かにトラディショナルな紙の地図に接する機会は少なくなっていますが、ITを使ったカーナビやPC、スマホなどで訪問先を検索し地図を表示させることなどはこれまで以上に日常化しています。

■驚異の誤差1センチの位置測定技術
便利な時代になったものです。登山などでコンパスと紙の地図を使い、自分の位置と目的地を確認し進路を決定するといったアナログの手法はすでに時代遅れということでしょうか。今流行の山ガールはどのようにしてルートを見極めているのでしょうか?

そう言えば先日、「GPS誤差1センチ、精度世界最高 2018年にも実用化、車や鉄道の無人運転に道」との見出しで、画期的な日本発のGPS技術を紹介する日本経済新聞の記事(5/31朝刊1面)がありましたね。

記事によると「三菱電機とNEC、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は次世代衛星を使う世界最高精度の位置測定技術を共同開発した。現在の全地球測位システム(GPS)と比べ位置の測定誤差を1000分の1の1センチ程度にできる」としています。

また、この測定技術が自動車や鉄道の無人運転など、次世代交通システムの基盤技術となり、2018年には企業が国内でサービスを始めるとしています。安倍政権が力を入れている日本のインフラ輸出の切り札としても期待できそうです。

政府も2018年に衛星や基地局設備などを整え、民間企業が高度な位置情報サービスを24時間提供できるようにするため、今年7月には東芝やホンダなど約200社が参加するGPS関連の協議会を発足させ、参加各社は用途開発で世界に先行し成長事業に育てる方針も出しているようです。

記事では「自動車や鉄道車両に位置情報を受信するチップを組み込めば、道路の渋滞を避ける信号の制御や交通案内のほか、鉄道車両の自動運転も可能になる。車道のレーン識別もできるため、将来の自動車の無人運転の基盤技術になる。建機や農機の操作の無人化にも役立つ」と応用分野が幅広いことを示しています。

農業分野への応用では、穀物などの育成状況が把握でき、農薬散布やより効率的な収穫が可能になるようです。

またスマホなどに専用チップを搭載することで、自分の位置をより正確に確認し目的地にたどり着くことができ、災害時には人の流れを正確に把握し、避難ルートを的確に指示できると多方面での可能性を示唆しています。

■まさに「半導体は産業のコメ」
1センチ単位でのGPS精度には驚くばかりですが、応用範囲が広いこの技術は、鉄道、通信システム、発電システム、放送技術などの日本のインフラ輸出に新たな付加価値を付けてくれそうです。

私が経営する会社は長く半導体業界の有力企業のパブリック・リレーションズ(PR)活動の幅広いサポートをおこなっていますが、最近のクライアント企業のプレス・リリースを見てみますと新技術が製品開発に大きく関わっていることがよくわかります。

たとえばFPGA(フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ)で世界の最先端を走るザイリンクス社。同社が次世代のFPGA製品化に16nm(ナノメートル:10億分の1メートル)プロセスを採用したり、グローバルファウンドリーズ社が20nm以降の微細化投資に積極的にとり組むなど、技術開発へのあくなき取り組みへの姿勢が見えますが、これらが実現することで革新的な応用技術が生まれます。

最先端技術を支える半導体など電子部品技術開発は、前述した誤差1センチのGPSシステムなど世界で競争力のある最先端システムの基盤をなすものといえます。半導体が「産業の米」とはよく言ったものです。

日本のもつさまざまな分野での技術力を有効に活かすためにも官民挙げての戦略的な取り組みが不可欠ではないでしょうか。

常に先端技術で世界をリードし、高付加価値製品を生み出すことで韓国や中国製品との差別化をはかれば怖いものなどありません。

それにしても私たちが普通に使っている身近で便利なツールは、とてつもない最先端を走る日本の技術力に支えられていることを改めて認識させられました。頑張れ日本のエンジニア!

投稿者 Inoue: 13:18 | トラックバック