相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2013年4月 | メイン | 2013年6月»

2013年05月27日

ダイエットは、より自然に賢く
?ダイエット派は約60%で増加傾向に

皆さんこんにちは、井之上喬です。

食生活や余暇活動などさまざまな分野に影響を及ぼしているダイエットについて、日経産業地域研究所による調査結果が日経MJの紙面(5月15日)で紹介されました。

この調査によると、ダイエットを意識して生活する人が増え、現在は全体の約6割を占めているとのこと。また、ダイエットにおいて「無理なく続く」「健康」「手軽・簡単」といった要素が重要視される傾向にあるとしています。

ダイエットについて私も、これまで摂取カローリーを調整したり、サプリメントを利用したり、電車通勤にしたりと、さまざまなことを試みましたが、持続させることは大変で、結局、どれも満足いく結果に繋がっていません。

こうした体験も踏まえ、私にとってダイエットは、関心の高いテーマのひとつとなっています。

これまで私のブログで、「レコーディング・ダイエット」、「ダイエットブームが曲がり角に」といった内容を紹介してきましたが、今回は、「無理なく」重視 ?実践者の6割「中身変わった」という日経MJの記事のあらましを皆さまにお伝えします。

■健康重視のやせ方を模索
調査は、インターネットで実施。全国20?60代の男女1030人からの回答を集計・分析しています。

日常生活でダイエットを「強く意識」「やや意識」しているダイエット派の割合は合計59.4%。2年前のダイエット派の割合(46.5%)を13ポイントも上回る結果となりました。

また、2年前からダイエットを実践している人のうち約6割が「中身が変わった」と回答。本格的な運動や食事制限から、手軽に無理なく続けられるコトやモノに比重が移り、関連商品の消費にも影響を与えているようです。

それではどのように中身が変わり、どのような影響を消費に与えているのでしょうか?

「中身が変わった」と回答した人にどのような要素を重視するようになったか、複数回答で聴いたところ「無理なく続く」が39.2%と約4割でトップ。男女ともにこの項目が最多となりましたが、女性は44.6%と男性を12ポイントも上回りました。

2位は「健康にいい」で30.4%。健康ブームを背景に、単にやせればいいとは考えず「健康を損なわないやせ方」を模索する人が増えているようです。3位は「手軽、簡単」(29.7%)で、4位は「楽しみながら」(13.5%)でした。

こうしたダイエットの意識変化に伴って、これまでのスポーツクラブや自宅で器具を使った運動といった本格的な運動やダイエット食と銘打った食品・飲料は後退し、食べる楽しみを確保しながらメニューを工夫したり、無理のない範囲で運動したりする人が増えているようです。

■「美容のため」(日本人)と「健康のため」(アメリカ人)
次いで日米女性のダイエットに関する意識・実態の違いを見てみましょう。この調査は、日本人(日本在住)とアメリカ人(米国在住)の20代?40代 でダイエット経験のある女性それぞれ250名を対象に実施されたものです(楽天リサーチ)。

この調査では、はじめに、回答者に身長と体重を聴いています。日本人回答者の平均身長は「159.3cm」で、平均体重は「53.4kg」。一方、アメリカ人の平均身長は「163.6cm」、平均体重は「74.4kg」でした。

身長、体重とも、アメリカ人が大きく上回ったというだけではありません。肥満度測定の指標となるBMI(Body Math Index)指数を両者について算出すると、日本人は「21.0」で、アメリカ人は「27.8」。BMI指数では、25を超える値は「肥満」と定義されますので、日本人に比べ、アメリカ人はかなり肥満傾向にあるようです。

こうした体型の違いは、ダイエットに対する両国女性の意識の違いにも現れています。

「ダイエットを始めた時の理由」を複数選択で聞くと、日本人女性に多かった理由の上位3項目は「太ってしまったから」(64%)、「美容のため」(54%)、「健康のため」(48%)が占めました。

「肥満は万病のもと」といいますが、アメリカ人女性では「健康のため」(77%)、「太ってしまったから」(59%)、「美容のため」(58%)の順。

外形や美容を重要視する人が多い日本人女性に対して、アメリカ人女性にとっては、「健康のため」がダイエットの目的のようです。

次に、「特に痩せたい(引き締めたい)体の部位がありますか?」との質問にこれに対して、上位3項目は「お腹」、「太もも」、「ウエスト(腰)」となり、日本人女性とアメリカ人女性の間に大きな違いは見られませんでした。

また、ダイエットのために使っている金額は、日本人の1カ月当たり平均「4,312円」に対し、アメリカ人の平均は1カ月当たり「80ドル67セント」。1ドル=100円で換算すると、アメリカ人は日本人の1.8倍以上ものお金をダイエットのために使っていることになります。

保険制度の違いなどによる影響もあるでしょうが、肥満気味の体型の人が多いアメリカでは、ダイエットの持つ重要性は日本以上。お金をかけてでも痩せなければならない。こうしたダイエットへの取り組み方が、アメリカをして、「ダイエット大国」、「フィットネス大国」たらしめているのかもしれませんね。

無理をして短期間で大きな効果をあげるための「苦行」「難行」という従来のイメージが薄らぎ、健康に配慮しながらより自然に賢いダイエットへと移行していく様子が日経MJの記事から窺えました。

こうしたダイエットの最新情報がどれだけダイエットを実践されている人たちに共有されているか、気になるところです。まだまだ「苦行」「難行」を続けている人も多いのではないでしょうか。

ターゲット層に適切なダイエットを伝えていく、こうした面でもパブリック・リレーションズ(PR)の役割が求められています。

投稿者 Inoue: 09:15 | トラックバック

2013年05月20日

蘇った一枚の写真
?90年前の写真が繋いだ2つの家族

皆さんこんにちは、井之上喬です。

先日、私のブログのinfoに中間敬弌(なかま けいいち)という方からメールが入りました。

「井之上理吉という人はあなたの父上ですか?」に始まったこのメールには、発信人である中間敬弌さんの父、中間敬介さんが遺した1枚の写真のことが語られていました。

写真に一緒に写っている相方に井之上理吉の名前が記されていて、もしかしたらあなたの父ではないかというものでした。

■90年の時空を超えて
何回かのやり取りの中で送られてきた写真。そこには紛れもなく私の父の姿がありました。一瞬タイムスリップしたようで、懐かしさがこみあげてきます。裏に書かれている文字はたしかに父の筆跡です。

写真の中には90年前の学生時代の父がいました。袴姿で椅子に座り、右手に帽子と手ぬぐいを握りしめ、膝の上に置き、伏せがちに薄目を開いた無表情な父。その後ろに立つ青年は、袴姿に学生帽の敬弌さんの若き父、敬介さん。

写真左側:井之上理吉  右側:中間敬介(1923年5月20日撮影)

この衝撃的な写真はPDFファイルで送られてきました。写真は当時の東京にあった「亀甲館」という写真館で撮影されたようで、セピア色に変色し90年の時を感じさせるに十分なものでした。

写真には大正12年5月20日の撮影日付が記されており、表紙付きの写真の表紙の裏には父理吉の筆跡があります。生前の父の話と写真に書かれている内容から、21歳の時に父が当時の国家試験「高等文官試験(高文)」に合格し、それを記念してこの写真館で、一つ下の中間さんの父敬介さんと一緒に撮影したことが推察されます。

写真の父の筆跡は「大正十二年五月二十日撮影 高等試験令第七條に依る試験合格記念 二十一才井之上理吉(座セルモノ) 二十才中間敬介君(立テルモノ)」と記され、敬介さんの字で「日本大学入学記念」とあります。

父理吉の筆跡からこの写真が、父の試験合格を記念して郷里の後輩の敬介さんにプレゼントされたことが想像されます。

父は幼少の頃に父親(私の祖父)を亡くし、旧制中学に行かず鹿児島から上京し、働きながら夜学に通い、3人兄弟を抱える郷里の母に仕送りを続けていました。

逆境の中、21歳で試験(現在の司法試験と国家公務員1種試験)に合格するには想像を絶する過酷な体験をしたことが容易に考えられます。また父は生前、高文に合格したときは、「17貫(約64キロ)あった体重が13貫(約49キロ)を切った」と語っていましたが、写真に写っている姿はその言葉どおり、精根尽き果てたようにも見えます。

■写真が繋げた2つの家族
これまで父の独身時代の写真は、兵役時代に撮られた写真1枚だけでした。それだけにこの写真は、私や私の家族にとって鹿児島から上京して苦学する学生時代の父の唯一の写真になります。

中間家によって90年を経た今でも大切に保管されている写真。この写真は私や私の家族にとって父への思慕を深める貴重なものとなっただけではなく、37歳で世を去った中間敬介さんのご家族にとっても、数少ない宝物の一つであったのに違いありません。

大阪で講演中の中間さんの父、敬介さん(当時商工省の官吏で亡くなる1年前の写真:1940年撮影)

7歳で父の敬介さんを亡くし、小学校6年生で母を亡くした中間敬弌さん。戦後、17歳で大阪に行き苦学して大学に通い、49歳で関西大学の教授になられたようです。
現在は関西大学名誉教授で、イリノイ大学留学時代の経験を生かし同大学専門職大学院で英文契約の授業を非常勤講師として教えていらっしゃいます。

先日初めて現在宝塚に住む中間さんと電話で話をしました。初めての電話でしたがもう何年も前からの知り合いのような不思議な感覚にとらわれました。

息子の敬弌さんとのメールのやり取りで次々と2つの家族の繋がりが見えてきました。父の理吉と中間敬介さんは鹿児島の日置郡の伊作の出身で同じ小学校(花田小学校)に通っていたようです。同じ日本大学を卒業し、敬介さんは商工省、父は内務省(戦後行政監察庁から弁護士)と別々の道を歩みましたが、二人は強い絆で結ばれていたのではないでしょうか。

あるとき中間さんに、どのようにしてこのブログにたどり着いたのか聞いたことがあります。中間さんはGoogleで「井之上理吉」を検索し、「役人」がキーワードになりこのブログにたどり着いたと言います。

私の知らせで早速、偶然同じ宝塚に住んでいるすぐ上の兄(幸治)と中間さんが現地で会うことになったようです。8月の夏休みには、私は宝塚を訪問し中間さんとお会いする約束をしました。

そういえば、今日は2013年5月20日。あの写真が撮られた日はちょうど90年前の1923年5月20日。父理吉と中間さんの父敬介さんが結び付けてくれたのでしょうか?

90年も前に、西郷隆盛や、大久保利通たちと同じように夢を追いかけて鹿児島から上京した二人の若者。

一枚の写真が私たち2つの家族に与えたものは計り知れません。違った人生を歩んだもう一つの家族。一人のひとの想いが一層私に感動を与えてくれたのでした。

中間さん、これからもよろしくお願いいたします。

投稿者 Inoue: 17:09 | トラックバック

2013年05月13日

朝食事情:自宅でとるか、外でとるか?
?懸念される若年層の食スタイル

皆さんこんにちは、井之上喬です。

今年のGWは、JTBが事前に国内旅行者数を過去最高の2,223万人(前年比1%増)と予測したように東阪の大型施設を中心に国内のレジャーが活況だったようです。初のGWを迎えた「東京スカイツリー」、大阪駅北側の再開発施設「グランフロント大阪」なども集客は順調だったようです。

一方、前半の3連休と後半の4連休に分かれ、日並びの悪かったこともあって海外旅行が不振。過去最高だった前年から5%の落ち込みが予想された海外旅行は、日航の国際線の利用客数が1.1%減、全日空が4.2%減と公表されています。

国内外への旅行でGWを楽しまれた方も、自宅でのんびりと英気を養われた方も、これからの梅雨や熱い夏に向けて体力づくりと健康維持が大切になります。体力づくりや健康維持に切っても切れないほど深い関わりのあるのが食事。

今回は、食事のなかでも一日のスタートとなる朝食についてお話します。

■旅館での朝ごはんが理想形
厚生労働省では、理想的な朝ごはんを「主食・主菜・副菜がバランスよく含まれている食事」としています。主食はごはんやパンなど、主菜は肉や魚、卵、豆・大豆製品などのたんぱく質源となる食品を含むおかずで、副菜は野菜、海藻、きのこなどを使ったおかずになります。

つまり、さまざまな食品をバランスよく摂取するのが理想の朝ごはん。ごはん+味噌汁+焼き魚+野菜のおひたし+漬物……と旅行先の旅館の朝ごはんに出てきそうな食事が理想形のようです。

100歳の現役医師の日野原重明さん(聖路加国際大学理事長、名誉院長)といえば朝食健康法で有名。

朝食はコーヒー、ジュース、ミルク、オリーブ油を摂取されています。ちなみに昼食は、ミルクとクッキー2個で、夕食は茶碗半分ほどのご飯、たっぷりの野菜、それにヒレ肉か魚で1日1300キロ・カロリーに制限しているといいます。

朝食の採り方は年代によってさまざまなようですね。

朝食――「毎朝必ず」63%。これは5月8日付の日経MJ「1000人の家計簿」欄(4面)の見出しです。全国の20?60代男女1000人を対象に4月上旬に実施したインターネット調査結果を載せています。

■平日に「毎朝必ず食べている」のは20代が最低で45.0%
朝食を自宅でとるか、自宅外でとるか------。

日経産業地域研究所の調査によると、全体では自宅派が多数を占めています。20代でも自宅でとるとの回答が増えたものの、その実態は、コンビニやファストフード店で購入した食品を自宅でとるといったことのようです。

平日に「毎朝必ず食べている」と答えた人は63.4%で、年代別にみると20代が最低で45.0%。
また、20代については、「ほとんど食べない」が12.0%、「食べないときの方が多い」17.5%で、いずれも全年代中で一番高い数値を示しています。

この1年間に平日の朝食を自宅外で済ませたことのある人は65.3%。そのうち「週1回以上」は12.6%で、これについても若年層の数値は高くなり、20代男性でみると「増えた」(26.6%)が「減った」(17.9%)を大きく上回り、外食傾向が強まっています。

自宅外でとる場合に多い食物や飲料(複数回答)は「パン類」(69.2%)がトップ。「コーヒー」(45.1%)、「ご飯類」(37.6%)、「サラダ・生野菜」(23.9%)が続く。「ご飯類」は20代でも37.8%と支持率は結構高く、意外な結果です。

利用する店は「コンビニで買って食べる」(41.4%)、「ハンバーガー店」(35.6%)、「セルフ式コーヒー店」(22.7%)が多い。自宅外での朝食で出費する1回あたりの金額は平均502円。60代が586円と最高で、40代以下は400円台にとどまっています。

皆さんの朝食スタイルはいかがですか。ビジネスの最前線で激務をこなしている20代の方の朝食の実態を知って少し心配になりました。私の会社(井之上パブリックリレーションズ)でも時々、若い社員がパソコンを立ち上げ、モニターを見ながらコンビニで買ってきたパンと飲みもので朝食を摂っている様子を目にします。

文部科学省の平成23年度体力・運動能力調査では、男女ともに6歳頃から年齢とともに体力水準が向上するものの、男性では17歳頃に、女性では14歳頃にピークに達し、男女ともに20歳以降は加齢に伴い体力水準がゆるやかに低下する傾向にあるとしています。

体力水準が低下をはじめる時期に、十分な朝食を摂らないのは心配です。若年層にかかわらず国民レベルの体力づくりや健康維持といった観点からも健康生活をアピールするためのパブリック・リレーションズ(PR)が必要となります。

投稿者 Inoue: 10:13 | トラックバック

2013年05月06日

富田勲、初音ミク、宮沢賢治の異次元コラボに感動
?既成概念を超えた新たな発想と組み合わせが新しい文化を創造

皆さんこんにちは井之上喬です。

今年のGWはおおむね好天に恵まれ、皆さんそれぞれの休みをエンジョイされたことと思います。

終盤にはいり空港、鉄道、そして高速道路での交通渋滞は各地で激しさを増しているようですが、どこへ出かけても混雑が激しいからと身近なところで楽しみを探したり、じっくり読書や映画鑑賞などをリッチに楽しんだ方も結構いらっしゃったのではないでしょうか。

みどりの日の5月4日(土)、NHK EテレでETV特集「冨田勲のイーハトーヴ交響曲?初音ミクが歌う賢治の世界?」というタイトルで興味深い番組が放送されました。

■80歳でも衰えない情熱
富田勲さんはご存知のように、作曲家で1970年代初めに真っ先にシンセサイザーを取り入れ、数々の名作とともに世界的な評価を得ているアーチスト。

80歳を迎えられた現在でも積極的に作曲家活動に取り組んでいらっしゃいます。

そんな富田さんは以前から宮沢賢治の不思議な世界を音楽で表現することを考えていたようです。

きっかけとなったのが親戚関係にある、元東北大学学長の西澤潤一さん。「賢治の詩に音楽をつけてみたら」と西澤さんの一言で取り組むことになったというから面白いですね。

以来富田さんは、音楽で賢治の世界をどのように表現するかずっと悩んでいらっしゃったようですが、人工的に合成した歌声で歌うCGキャラクター「初音ミク」に出会ったとき、その賢治の世界観を描きだすには「これしかない!」と直感したようです。

ここから初音ミク、富田勲、そして宮沢賢治の異次元コラボレーションが実現することになります。

これまでの表現法にとらわれない富田さんの柔軟な感性がこのコレボレーションを誕生させたともいえるでしょう。

■既成概念を脱して新しい文化創造を
誕生までの悪戦苦闘の様子は4月27日のETV特集で描かれていますが、別荘に1カ月こもりっきりで譜面に手書きで音符を書き込む富田さんの姿はとても80歳とは思えないエネルギーに満ち溢れたものでした。

オーケストラの指揮者に合わせて、初音ミクがスムーズに踊り、歌うように、新たにプログラム作りに関わったスタッフには5カ月の試行錯誤があったとのこと。

賢治の不思議な世界を音楽で表現するという壮大なプロジェクトの裏には多くの時間と労力が費やされていたことが痛いほどわかりました。

完成したイーハトーヴ交響曲の演奏は、2012年11月23日に東京で披露されました。その模様がETV特集で放送されたわけですが、第1楽章の岩手山の大鷲から始まり剣舞/星めぐりの歌、注文の多い料理店、風の又三郎、銀河鉄道の夜、雨ニモマケズそしてエンディングの岩手山の大鷲へと続く全編はオーケストラと合唱、

そして初音ミクのコラボレーションでは、これまで体験したことのない不思議ななかにも心地よい世界が音楽を通じ表現されていました。

このようなユニークな番組制作に取り組むNHKは今年放送開始60周年を迎えました。

公共放送としてNHKには新たな役割が求められています。これからも質の高いさまざまな番組の配信とともに、東日本大震災の被災地の今を発信し続ける役割やスーパーハイビジョンなど世界最先端の放送技術に関する研究開発の拠点として、NHKには民放にできない多くの役割と責任が課せられていると思います。TV好きの私としてはNHKに改めて期待とエールを送りたいと思います。

パブリック・リレーションズ
(PR)の専門家には外部環境の変化を読み取る力が求められます。時代の流れを巨視的に捉えることで、新しい変化を正しい方向へ導くことができるよう日頃の準備を怠らないようにしたいものです。

投稿者 Inoue: 13:35 | トラックバック