相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2012年8月 | メイン | 2012年10月»

2012年09月24日

暑さ寒さも彼岸まで
〜「芸術の秋」の訪れ

こんにちは井之上 喬です。

「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句を皆さんもご存知のことと思います。冬の寒さ(余寒)は春分頃まで、夏の暑さ(残暑)は秋分頃までには和らぎ、凌ぎやすくなるという意味です。 実際、気象庁の観測データとこの慣用句とは概ね重なるようです。

先週末は秋分の日でした。あの猛暑も何処かへ行ったように暑さも和らぎ、虫の音にも秋の訪れを感じる今日この頃。今回は「芸術の秋」をテーマにお話します。

■この1年、芸術鑑賞した人は67%
日経産業地域研究所のインターネット調査によると、この1年間で美術展や映画、演劇などを鑑賞したことがある人は全体の67.0%だったとのことです。

1年間に1回は施設に足を運んで鑑賞したと答えた人の中で最も多かったのは映画館で50.9%。美術展が27.8%、そしてポピュラー音楽が18.9%という順でした。

映画館やポピュラー音楽は若い世代ほど行った人が多く、逆に美術展は60代の42.0%が行ったと答えるなど、年齢が上がるほど美術展へ行く人の比率が高まる傾向を示しています。

芸術鑑賞の頻度については美術展や映画、演劇など各分野とも前年に比べて「変わらない」が最多でしたが、「減った」は「増えた」より多い回答がありました。これは昨年の東日本大震災後に公演の中止・延期が相次いだことが影響しているようです。

芸術鑑賞した人が1年間に支払った入場料の合計は平均でおよそ1万6000円。分野別では「演劇・ミュージカル」が1万8430円と最も高い数字を示しました。

「今後、芸術鑑賞に行く機会を増やしたいか」の質問に対しては、60代の積極姿勢が目立ったとのこと。芸術鑑賞の頻度は全体的に低下傾向にあるものの、シニア層を中心に関心は高いようです。

■故・淀川長治さんは最高のPRパーソン
前々回のブログで、高倉健主演の映画「あなたへ」を紹介しました。夫婦の愛の深さや感動的な出会い、そして画面いっぱいに拡がる抑制のきいた秋の季節感など、今でも鮮明な印象とともに想い起すことができます。

こんなに素晴らしい感動を与えてくれた映画産業も長年の不況から脱しきれずにいます。日本映画製作者連盟の調べによると、2011年の日本の映画興行収入は約1811億円。前年比で20%程度減となり、過去5年間で最も低い水準に落ち込んでいます。

この1年間に映画館で映画を鑑賞した人は全体の45.3%にとどまっています。また、1年以内に鑑賞した映画本数が前年に比べてどう変わったかについては、「増えた」が全体の10.3%にとどまったのに対して「減った」は3倍の29.9%という結果だったとのこと(以上gooリサーチ)。

10年には「アバター」をはじめとする3D(3次元)作品が映画館でこそ楽しめるコンテンツとして集客力を発揮したが、11年以降は消費者を映画館まで引き込むコンテンツ不足が要因ではないかと分析しています。

私たちの時代には、ヨドチョーさんの愛称で親しまれ、その独特の語り口からサヨナラおじさんと呼ばれた淀川長治さん(1909-1998)や「いやぁ、映画って本当にいいもんですね〜」のセリフで知られる水野晴郎さん(1931-2008)といった映画評論家が映画を本当に楽しく紹介してくれました。

私たちパブリック・リレーションズ(PR)専門家の視点からは、淀川さんも水野さんも映画と大衆とのリレーションシップを拡げ、かつ高めたインフルエンサー、そしてPRパーソンとして位置づけることができます。

その後、淀川さんや水野さんのような魅力ある人材が映画界に登場してこなかったことも映画産業が不況に陥った要因の一つではないかと私は思っています。

年間の芸術鑑賞者67%という数字は、逆に約三分の一の人が美術展や映画、演劇などを鑑賞したことがないことを指しています。

私のブログで今年1月、2012年は美術展の当たり年で、「美術展の10年に1度の当たり年」と専門家のコメントを紹介しました。この秋は美術展に限らず「芸術の秋」を多くの方に楽しんで欲しいものです。

----------------------------------------------------

井之上喬著「パブリックリレーションズ」(2006年3月、日本評論社刊)は、おかげさまで5月30日付で第6刷が発刊されました。ご愛読ありがとうございます。

----------------------------------------------------

「グローバルビジネス学会」会員のお申し込みは下記アドレスで受付けています。
皆さんの入会をお待ちしています。


http://s-gb.net/admission/form1/

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥……
FacebookTwitter始めました!
━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥……


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 17:09 | トラックバック

2012年09月17日

敬老の日、先人のチャレンジ精神に思いを馳せる
?好奇心を忘れずに新しいことに挑戦し続ける

こんにちは井之上 喬です。

今日は敬老の日。今年は特に残暑が厳しいですから、お年寄りの皆様にはどうぞご自愛ください。前回のこのブログでは、今年81歳になる高倉健さん主演の映画「あなたへ」での人間の情について触れましたが、今回は先人の知恵の偉大さについて考えてみました。

その前に少し高齢化社会に関する最近のデータをいくつか拾ってみましょう。7月26日に厚生労働省が平成23年簡易生命表の概要を発表し、日本の男性の平均寿命が79.44歳で前年の79.55歳から0.11年減少、女性は同じく85.90歳で86.30歳から0.40年減少したと発表しました。

その結果、国ではありませんが女性の平均寿命で香港が86.7歳と日本を上回り女性の平均寿命で27年ぶりに世界一から転落したとのこと。男性も前年の4位から8位にランクダウンしており、厚労省は東日本大震災が大きく影響したとしています。

■「私は100歳、65歳なんてまだ若い」。
しかし高齢化の流れはますます進展しており、9月14日の厚労省の発表では100歳以上の高齢者数が過去最多の5万1376人となり、前年より3620人増え1963年の調査開始以来、初めて5万人を突破したとのことです。

男女の内訳は、女性が87.3%の4万4842人、男性が12.7%の6534人となっており、圧倒的に女性の比率が高くなっています。

また、都道府県別では東京の3329人をトップに大阪2694人、神奈川2648人と大都市圏が上位に顔をそろえていますが、人口10万人当たりの100歳以上の人数(単位人)の比率では1位が高知で2位が島根、続いて山口、鹿児島、沖縄となっています。

皆さんのまわりのお年寄りの様子はいかがですか?「え?、そんなお歳には見えません」と言った、元気な高齢者が多いのではないでしょうか。

朝日新聞9月15日の夕刊に「団塊も65歳」との見出しの敬老の日を前にした記事が掲載れていました。その記事の中に聖路加国際病院理事長の日野原重明さんの談話が紹介されています。

「私は100歳、65歳なんてまだ若い」。今でも立ったままで熱く講演される日野原さんは、「会社員生活が終わっても、社会に貢献できる次の仕事が待っている」とし、ユダヤ人の哲学者マルチン・ブーバーは「始めることさえ忘れなければ、人はいつまでも若くある」と言う言葉を紹介しています。

そして、新しいことに挑戦している姿を若い世代に見せてほしい、とコメントしています。このような先人の挑戦があってこそ今の私たちがあることを改めて思い知らされました。

■次世代に伝える「機械遺産」
先人の知恵と言えば「機械遺産」があるのをご存知でしょうか。これは日本機械学会が2007年6月に創立110周年を迎えたのを記念し、歴史に残る機械技術関連遺産を大切に保存し、文化的遺産として次世代に伝えることを目的に、日本国内の機械技術面で歴史的意義のある「機械遺産」(Mechanical Engineering Heritage)として認定しています。

2007年からこれまでに認定された機械遺産としては、豊田自動織機、ブラザーの麦わら帽子製造用環縫ミシン、マツダのロータリーエンジン、コマツのブルドーザー、YS11、札幌市時計台の時計装置、オムロンの自動改札機など、なるほどと納得するものが多いのではないでしょうか。

また、実際に見学できるものも多いので機会があったら実際にご覧になってみてはいかがでしょうか。

今年2012年の機械遺産に認定されたのは、TOTOのウォシュレットG(温水便座)、卓上複写機リコピー101、池貝工場製第1号旋盤、ステンレス鋼製車両群(東急5200系と7000系)、そして吉野山ロープウェイの5件でした。

今、当たり前のように使っている製品が実は画期的な技術・製品だったことに改めて気づかされます。これで認定は55件になっています。

そのなかに2010年に認定された「たま電気自動車」があります。横浜の日産グローバル本社で展示されていますが、終戦直後のガソリン供給がままならない1947年に苦肉の策として開発し発売されましたが、石油供給が安定した1950年に生産中止になっています。

なんとこの技術が今まさに注目されている電気自動車の原型ともいえるのですから、興味深いものがあります。

常に好奇心を持って挑戦し続ける、これが人間そして国にも言える老化防止の秘訣ではないでしょうか。

パブリック・リレーションズ(PR)の専門家にも、いつも好奇心をもち挑戦的であることが求められます。

20世紀前半、米国でPRを体系化したエドワード・バーネイズや1歳年下のスタンフォード大学でPRの教鞭を執っていたレックス・ハーロウも好奇心やチャレンジ精神が旺盛だったといわれています。現役を長く続けると長生きできるのでしょうか、2人ともそれぞれ103歳、101歳まで長寿を全うしています。

----------------------------------------------------

井之上喬著「パブリックリレーションズ」(2006年3月、日本評論社刊)は、おかげさまで5月30日付で第6刷が発刊されました。ご愛読ありがとうございます。

----------------------------------------------------

「グローバルビジネス学会」会員のお申し込みは下記アドレスで受付けています。
皆さんの入会をお待ちしています。


http://s-gb.net/admission/form1/

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥……
FacebookTwitter始めました!
━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥……


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 15:59 | トラックバック

2012年09月10日

高倉健の『あなたへ』
?妻が夫に伝えたかったものとは

こんにちは井之上喬です。

先日、前評判の高い高倉健主演映画「あなたへ」を観に映画館に足を運びました。

この映画の企画は、2008年に亡くなった市古聖智が遺した原案を映画化したもので、監督は今作品で20本目のタッグとなる降旗康雄監督。

「あなたへ」( http://www.anatae.jp/ )は高倉健にとって6年ぶりの映画で、降旗監督が、市古さんの原案を脚本家・青島武とともに再構築し練り上げたオリジナルストーリー。

今年で81歳になる高倉健の俳優としての集大成ともいえるこの作品は、富山から長崎平戸までの1200キロの旅を、そこで出会うさまざまな人々とのふれあいをワンカットワンカット精緻にそして慈しむように撮影し夫婦の愛の深さを表現しています。

■手紙に秘めた妻の想い   
ある日、富山にある刑務所の指導技官・倉島英二(高倉健)のもとに、亡き妻洋子(田中裕子)が残した1枚の手紙が届きます。

そこには1羽のスズメの絵と共に「故郷の海を訪れ、散骨してほしい」と妻の言葉が記されていました。

その手紙の中で洋子は、もう1通は「局留め郵便」として、彼女の故郷・長崎県平戸市の郵便局で受け取れることを記していました。受け取り期限まであと10日しかありません。

「妻はなぜ生前自分に伝えてくれなかったのか?」。

長く連れ添った妻とは、お互いを理解していたと思っていたのに、なぜ妻は生前にその思いを伝えてくれなかったのか。長年の同僚の塚本夫婦(長塚京二・原田美枝子)の心配をよそに、英二は妻の遺言を果たすために、そして妻の遺言の真意を知るために、妻洋子の故郷に行くことを決心するのでした。

生前洋子と一緒に旅をするために自作したキャンピングカーで、富山を発った英二は旅の途中で、同じようにキャンピングカーで旅をする元中学教師杉野(ビートたけし)や各地を転々としながらイカ飯の実演販売をしている田宮(草彅 剛)と南原(佐藤浩市)らと出会います。

杉野とは彼が影響を受ける山頭火について旅や放浪を語り合い、田宮達とは彼らの家族への想いや悩みなどを語り合うのでした。

富山からはるばる目的の地平戸にやってきた英二は郵便局で2枚目の絵手紙を受け取ります。そして洋子が子供のときに過ごした町並みを歩き、静かに想いを巡らせるのでした。

人生一期一会。さまざまな人の人生とさまざまな想いを胸に、英二は「自分の骨を故郷の海に散骨して欲しい」と言い残した妻洋子の遺言の意味を理解します。

そして、地元薄香の漁港で船頭をしている吾郎(大滝秀治)の協力を得て、粉々に砕いた洋子の骨を自ら海中に手を入れて葬るのでした。

■その完成された映画作り  
この映画は、200本を超える作品に出演した高倉健の「大人の映画を作りたい」という映画への熱い想いと降旗監督の想いが一つになった作品といわれています。

高倉健は寡黙な役者です。映画では間を大切にし、内面を表すための沈黙がある一方、観客に時間の経過を感じさせないテンポがあります。間合いと速いテンポ、この2つを両立させるのは極めて難しいと思われるからです。

その映画作りはワンカットワンカットが計算されつくしていて、撮影技術だけではなく編集技術の秀逸性も加わり、かつてある映画プロジェクトに関わっていた私にとっては完璧な作品でした。

車で旅をするシーンでは風光明媚な自然を味わうことができます。新緑の季節を選ばず、秋の季節の抑制のきいた自然が画面いっぱいに描かれています。

なかでも兵庫県朝来市和田山にある竹田城址でのシーンは圧巻。とりわけ雲の上にある山城を見事に遠景で捉え、雲海に浮かんだ天空の城として幻想的に描かれています。

また、映画の中でアクセントとなっているのが「星めぐりの歌」です。童話作家で詩人の宮沢賢治(1896?1933)が作詞・作曲したもので、洋子が刑務所や竹田城址で歌い、哀愁を帯びて演奏されています。

映画ではビートたけし演じる話好きの杉野と寡黙な英二の対比を面白く見せています。

この映画は多くの名場面を残していますが、私の心に一番触れた情景は目的地の平戸で英二がひなびた写真館の前にたたずむ場面です。

そこで妻洋子の幼い頃の写真と思われる色あせた写真をみて「ありがとう」とつぶやくシーンに、私は思わず涙しました。この写真に洋子の手紙の答えがあるように感じたからです。

人生一期一会。さまざまな人たちの人生とさまざまな想いを描きながら最後の目的地で散骨する英二の姿。その時、彼の心に届いた洋子の本当の想いとは何だったのでしょうか?

寡黙な俳優高倉健の存在感に圧倒されます。体全体からにじみ出るオーラは、この映画のテーマと重なり、ただそこにいるだけで特別な空間を作っています。

私はこれまで映画鑑賞で続けて2回同じ映画を見たことはありませんでした。

しかし今回、休日の朝一番の映画館が混み合い、本編5分遅れで入場する羽目になり、終演後、最初の5分を観るために再度切符を購入。5分で退席するつもりが、そのまま画面に釘付けになり2本目も最後まで観ることになってしまったのです。この映画の空間にもっと浸っていたいという思いがそうさせたのでした。

これまで高倉健主演の映画はせいぜい10本ぐらい。健さんの熱狂的なファンではない私が、これほど熱心に語れるのは、作品、キャスト、スタッフと、観客を魅了させるさまざまな要素をこの映画が持ち合わせているからに違いありません。

早くもカナダのモントリオール世界映画祭で審査員特別賞「エキュメリカル賞」を受賞したようですが、この夫婦愛を描いたロードムービーは、人種、宗教、言語を超えて世界中の人々を魅了することでしょう。カンヌやベルリンなどの国際映画祭にも積極的に出品して欲しいものです。

皆さんには是非、時間を作ってでもこの映画を観に行くことをお勧めします。

----------------------------------------------------

井之上喬著「パブリックリレーションズ」(2006年3月、日本評論社刊)は、おかげさまで5月30日付で第6刷が発刊されました。ご愛読ありがとうございます。

----------------------------------------------------

「グローバルビジネス学会」会員のお申し込みは下記アドレスで受付けています。
皆さんの入会をお待ちしています。


http://s-gb.net/admission/form1/

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥……
FacebookTwitter始めました!
━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥……


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 10:17 | トラックバック

2012年09月03日

熱きオリンピックは続く!
?技能五輪全国大会が10月に長野で開催

皆さんこんにちは井之上 喬です。

9月に入りましたがまだまだ残暑が厳しいですね。体調に気を付けて充実の秋に向けて準備を怠りなくしたいものです。

ロンドンオリンピックに引き続き、夏季パラリンピック第14回大会のロンドンパラリンピックが9月9日までの予定で開催されています。

シドニーパラリンピック以来、3大会ぶりに知的障害者が出場する競技が復活したり、20競技503種目に、初参加の北朝鮮などを含む史上最多の164の国と地域から約4,280人の選手が参加しています。

日ごろの練習の成果をいかんなく発揮するとともに、紛争の絶えない世界にあってスポーツを通じた国際交流が期待されるところです。

■2013年にドイツで技能オリンピック開催
オリンピックと言えば「技能オリンピック」があります。

以前このブログ(2011年10/17号)でも紹介しましたが、ロンドンでは2011年10月に第41回技能五輪国際大会(技能オリンピック)が開催され、日本からは40職種に45人の選手が参加し、金メダル11個、銀と銅はそれぞれ4個の計19個のメダルを獲得しました。

金は前回の約2倍で金メダル数は第1位の韓国に続き2個差の2位。メダル数も韓国に次いで2位の好成績をあげています。

「日本のものづくりが苦境に立たされている」とする報道が多い中で、日本の技術復活のニュースは日本人を勇気づけました。

技能オリンピックは2年に1回開催され、次回は2013年にドイツ・ライプティヒでの大会が決まっています。

その代表選考会も兼ねる技能五輪全国大会(青年技能者技能競技大会)が来月10月26日から長野で開催されます。

今回の技能五輪大会は50回の節目を迎えます。若者のものづくり離れが進む中で、満23歳(職種分野によっては24歳)以下の技能者を対象に、多方面の職種に及ぶ技能五輪全国大会の意義は大きいと思います。

今回は長野での開催と言うこともあり、時計修理をデモンストレーション職種とし全体で40職種に1118人の参加が予定されているとのこと(前回は参加1066人、うち女性は206人:中央職業能力開発協会)。

日本が得意としてきた家電、半導体、パソコン、携帯電話などは、今まさにものづくりの在り方が問われています。日本の若き技術者の奮闘にこころからエールを送りたいと思います。

■ものづくりのキーワードは「リケジョ」?
前回のロンドン技能五輪国際大会では、日本選手45人のうち9人が女子選手でした。

女子選手が参加したのは、ビジネス用ITソフトウェアソリューション、印刷、洋裁、洋菓子製造、レストランサービスなどで、印刷と洋菓子製造で金メダルを獲得しました。

一般的に女性が得意とする技能分野への参加が多く、ロンドンオリンピック日本選手団の半数以上が女子選手であったのと比べると、まだまだ技能の分野は男の世界なのかもしれません。

ものづくりの現場でも、女性の力がますます重要になっていると思います。政府も理系の女子学生「リケジョ」を増やすために大学などと連携しさまざまな取り組みを行っています。

その狙いは、理系の職種で男女共同参画を進めることや女性技術者や研究者を増やし技術開発の視点や発想を多様化すること、そして少子化が進むなか男女を問わず優秀な人材を確保することなど、いまさらと思われることにようやく本格的に取り組みだしたと言えましょう。

総務省統計局によると、日本の女性研究者は2011年3月末時点で約12万3200人、研究者全体の13.8%で残念ながら先進国の中では最低水準にとどまっています。

政府は第4期科学技術基本計画(2011年度から2015年度)に、助教・講師以上の大学教員に占める女性比率を2009年度末時点の24.2%から30%に引き上げる方針を盛り込んでいます。

その一環として文部科学省の予算で科学技術振興機構(JST)が、女子中高生の理系進学を支援するプログラムを実施。今年度は東京大学、東京農業大学、東洋大学、東京理科大学、奈良女子大学、鈴鹿高専、米子高専などで女子向けのオープンキャンパスなどさまざまなイベントを実施しています。

理系の「リケジョ」だけではありません、日本の元気のためには女子力が必要なことは以前もこのブログで何回か触れていますが、新しい成長のためのキーワードである「ダイバーシティ」、なかでも女子力の活用は最優先課題だと思います。

女子力活用のためには出産や育児など女性の負担を軽減する環境整備も不可欠になってきます。

まずは生業であるパブリックリレーションズ(PR)の立場からできることに、1つずつ取り組んでいきたいと思います。


----------------------------------------------------

井之上喬著「パブリックリレーションズ」(2006年3月、日本評論社刊)は、おかげさまで5月30日付で第6刷が発刊されました。ご愛読ありがとうございます。

----------------------------------------------------

「グローバルビジネス学会」会員のお申し込みは下記アドレスで受付けています。
皆さんの入会をお待ちしています。


http://s-gb.net/admission/form1/

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥……
FacebookTwitter始めました!
━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥……


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 09:54 | トラックバック