相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2011年6月 | メイン | 2011年8月»

2011年07月25日

デジタル全盛時代だからこそアナログにも目を
向けよう ?紙媒体の衰退とアナログTV終了に思う

皆さんこんにちは井之上 喬です。

今回のブログでは、最近のアナログ時代からデジタル時代への移行を象徴する2つの出来事を取り上げてみたいと思います。

■あの『ぴあ』もすべて休刊に
1つ目は7月21日に休刊した『ぴあ首都圏版』のことです。1972年7月の創刊から39年間、映画や演劇、音楽、芸術、スポーツなどの開催情報やチケット情報を提供してきました。

私も『ぴあ』を携えていろいろなイベント情報を入手したものです。首都圏版は1980年代に50万部を超す発行部数を誇っていましたが、インターネットの普及で最近は約6万部に落ち込んでいたようです。

首都圏版の休刊で全国すべての『ぴあ』が終了、今後はインターネットでの情報配信が事業の中心になるようです。

ぴあの休刊に関連し、タウン誌の研究で知られる東京経済大学名誉教授の田村紀雄氏が、毎日新聞の7月21日夕刊で、ぴあが出版界にもたらした2つの革新について触れています。

1つは「伝統的な流通を通さない直販方式」、これはその後のタウン誌のお手本になりました。

2つ目は「情報を分類して提供するディレクトリー化」です。このことによりぴあは、事件でもない生活情報を一覧にして提供、この手法は今や他のメディアでも定番になっています。

しかしミニコミ誌からメジャーな雑誌に成長したぴあも、インターネット時代の大きな流れの中で“紙”媒体からの撤退を余儀なくされました。

紙媒体の窮状は以前から指摘されており、出版や新聞業界が構造不況業種とのレッテルを貼られて久しくあります。

紙媒体は、新聞や雑誌が丸ごと手にできることで全体が無駄な時間をかけることなく簡単に把握できる利点があり、無くなることはないと思うものの、一方で最近のスマートフォンやタブレットPCの普及が新聞のデジタル版や電子出版の動きを加速させているのも事実です。

インクの匂いがする紙媒体、個人的にはとても愛着がありこれからも手放せないと思います。

■テレビもデジタル時代に突入
もう1つのアナログからデジタルへの移行は、地上アナログ番組放送の終了時刻が7月24日正午をもって、大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県を除き、デジタル化へ移行したテレビ放送です。

テレビのデジタル化は高画質の映像配信を可能にしたり視聴者が参加できる双方向サービスを可能にするほか、電波の有効利用にも貢献すると期待されています。

デジタル化により、ハイビジョンからスーパー・ハイビジョンへの高画質化の流れがさらに加速するとともに、テレビのインターネット端末としての役割も注目されており、ホーム・ネットワークの主役の座がテレビにとって替わる日もそんなに遠くはないでしょう。

紙媒体から電子媒体へ、アナログ・テレビからデジタル・テレビへ、このような流れはデジタル全盛時代を象徴する大きな動きですが、忘れてならないのはそれを支えているのはアナログだということです。

何を言っているのかと不思議に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、高度にデジタル化されたテレビにしても、現実のアナログの情報を取り込んでデジタル処理をして、最終的には人間の目に見えるアナログに戻し情報を配信するといった仕組みになっているのです。

こうしたシステムには高度なデジタル処理を行うデジタル半導体とともに、アナログ技術として入力部でのアナログ・デジタル変換、出力部でのデジタル・アナログ変換といった役割を果たす高度なアナログ半導体が必要とされています。

しかし、このアナログ半導体をリードしているのはTI、アナログデバイセズ、リニアテクノロジー、マキシム、インターシルなどほとんどが海外のメーカーという現実をご存知でしょうか。

以前は日本の半導体メーカーもアナログ技術者を多く抱え世界をリードしていましたが、デジタル時代の到来とともに各社右へならえと技術者をアナログからデジタルにシフト、アナログ技術の開発がおろそかになり現在のような状況になったようです。

今後、ますますデジタル化が進展する一方で高度なアナログ技術の重要性が増すという事実にも目を向けたいと思います。

媒体がデジタル化されても、伝えたいもともとの情報はアナログです。時代の流れとともに、伝えたい情報をいかにその時代の主流の媒体に合わせて発信するかが重要になってきます。

ここで大きな役割を果たせるのがパブリック・リレーションズ(PR)。伝えたい情報を、いかにさまざまな媒体をコミュニケーション・チャンネルとして駆使し、最終のターゲットやステークホルダーに正しく伝えるか。ますます私たちの果たす役割は大きいと肝に銘じたいと思います。

ところで某国の総理大臣にも、バランスの良いアナログ/デジタル変換技術が備わっていれば、国民との双方性コミュニケーションもずーっとスムーズになるのかもしれませんね。


――――――――――――――――――――――――――
井之上パブリックリレーションズ(井之上PR)は5月12日に地方自治体など公的機関向けに「ツイッターマニュアル」を無償で提供することを発表しました。ご興味のある公的機関の皆様は是非、お問い合わせください。詳しい情報はWebサイトでご覧になれます。

            ◇

日本パブリックリレーションズ研究所(JPRI)では、東日本大震災で風評被害の深刻な影響を受けた観光業界、とりわけ自治体観光局や観光関連団体に対し、「風評被害を避けるための情報発信方法」の無料相談を5月25日より開始しました。詳しい情報はWebサイトでどうぞ。

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…
FacebookTwitter始めました!
━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 09:42 | トラックバック

2011年07月18日

『小川の辺(ほとり)』に久しぶりの映画をみた
 ?藤沢周平の世界

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

猛暑のなか、休みを利用して7月2日から都内で封切上映されている藤沢周平の『小川の辺』(2011年 配給:東映 監督:篠原哲雄、主演:東山紀之、菊地凛子)を見に行きました。

この作品は、藤沢作品のなかでも評価の高い「海坂藩大全」(文藝春秋刊)の一編「闇の穴」を劇場映画化したもので、山形の大自然を背景に、武家の兄妹に訪れた過酷な運命と、藩への忠誠心や正義と友情のはざまで葛藤する武士の苦悩とを交差させて描いています。

山形県出身の小説家藤沢周平(1927-1997)は鶴岡市の農家に生まれました。山形師範学校(現在の山形大学)を卒業し地元の中学校で教師を経験するものの結核を患い東京での長い療養生活を送ります。そしていくつかの業界新聞の記者を経て作家となった苦労の人。

私が藤沢作品に鮮烈に遭遇したのは、2002年NHKドラマの『蝉しぐれ』(出演:内野聖陽、水野真紀)がはじめてでした。

その後同年映画化された、『たそがれ清兵衛』(配給:松竹 監督:山田洋次 出演:真田広之、宮沢りえ)、2004年の『隠し剣 鬼の爪』(配給:松竹 監督:山田洋次 出演:永瀬正敏、松たか子)、そして2005年の市川染五郎主演の『蝉しぐれ』や2006年の木村拓哉主演の『武士の一分』など、映画化された大半の藤沢作品を鑑賞しています。

■日本人の精神をみる
藤沢周平のさまざまな体験が、江戸時代を舞台にした庶民や下級武士の哀歓を描いた時代小説を数多く残したのでしょうか。

侍もので藤沢作品に共通するものは、潔さや清廉性、そして真面目さや粘り強さなど日本人が本来持っている精神性です。

とりわけ全集となった、架空の藩「海坂藩(うなさかはん)」を舞台にした一連の藤沢作品は、高い精神性をもった主人公が描かれて映画化され人気を博しています。

物語の展開は、家老(笹野高史)からの藩命により主人公の藩士・戌井朔之助(東山紀之)が藩政を批判し脱藩した親友の佐久間森衛(片岡愛之助)を討つことになります。しかし佐久間の妻田鶴(菊地凛子)は朔之助の実の妹。

戌井家の家長である朔之助は藩命と親友・妹との間にはさまれ心を揺れ動かします。そんな朔之助に、直心流の使い手で兄妹に剣術を指南した、父忠左衛門(藤竜也)は妹を斬ってでも主命に従えと諭します。

兄妹の間に起きるであろう悲劇的結末に涙を流す母の以瀬(松原千恵子)。妻の幾久(尾野真千子)は朔之助の身を案じながらも気丈に振る舞います。

翌朝朔太郎は佐久間を討つために、幼少の頃から兄弟のように育った若党の新蔵(勝地涼)と共に、遠く100里先の脱藩夫婦の住む江戸にほど近い行徳を目指します。

目的地で見つけた佐久間の隠れ家は、兄妹と新蔵が幼い頃に遊んだような小川の辺にありました。

朔之助と親友の佐久間は、その川のほとりでついに向き合うことになります。
今回の作品もそうですが、藤沢作品には毎回夫を支える、おとなしくも芯が強い主人公の妻が描かれています。ペンネームの藤沢周平(本名:小菅留治)が妻の実家の地名(藤沢)や親族の名前(周平の周)から由来していることを見ると、長女(展子さん)を産んだ後28歳で他界した同郷の亡き妻(悦子さん)への強い思慕を感じとることができます。

■日本の原風景を満喫
映画の中では心に沁みる、東北の山河の透き通るような自然をふんだんに感じ取ることができます。庄内地方の緑深い森や山そして澄み切った透けるような川といった、東北の豊かで美しい自然が描写されています。

特にこの映画の製作には、県知事や山形市長も映画に登場するなど、地元のフィルムコミッションやメディアも全面的にバックアップ。特に地方に設置されているフィルムコミッションには、地域の観光振興との連動を考え積極的に支援している様子が窺えます。

東北山形が舞台のこの作品は、東日本大震災で苦境にある被災者への思いも重なり私にとって印象深く、映画に出てくる主人公や彼を取り巻く人たち、美しい東北の自然など、ついつい被災地のイメージとダブらせながら見てしまいました。

映画の舞台となった山形は学生時代演奏旅行で山形市や鶴岡市などを訪問したり、数年前に山形市の山寺を訪ねるなど、私にとっては想い出深いところです。

新幹線が開通してからも自然を大切にした、昔からの日本の伝統的な風情を味合わせてくれるところです。

藤沢周平が愛した庄内地方を舞台にした『小川の辺』。日本人の絆を感じさせるこの映画は見る人の心を癒してくれます。武部聡志の音楽や効果音も抑制のきいた一級品に仕上がっています。

そんなこともあってか、103分の映画が終了しても清新な余韻が胸内に深く残り、すぐに座席を立つことをためらわせました。

主演の東山紀之が好演する『小川の辺』は8月はじめまで上映されています。皆さん是非このチャンスに足を運んでみてはいかがでしょうか?


*このブログを書いている最中、サッカーの女子ワールドカップ決勝戦で日本は延長戦2?2から、PK戦で世界ランク1位の米国を制した(3?1)瞬間をTVで見ました。壮絶な戦いを制した、奇跡のなでしこジャパンの粘り強い最後まであきらめない精神力は多くの日本人を勇気づけることでしょう。


――――――――――――――――――――――――――
井之上パブリックリレーションズ(井之上PR)は5月12日に地方自治体など公的機関向けに「ツイッターマニュアル」を無償で提供することを発表しました。ご興味のある公的機関の皆様は是非、お問い合わせください。詳しい情報はWebサイトでご覧になれます。

            ◇

日本パブリックリレーションズ研究所(JPRI)では、東日本大震災で風評被害の深刻な影響を受けた観光業界、とりわけ自治体観光局や観光関連団体に対し、「風評被害を避けるための情報発信方法」の無料相談を5月25日より開始しました。詳しい情報はWebサイトでどうぞ。

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…
FacebookTwitter始めました!
━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 10:54 | トラックバック

2011年07月11日

七夕の日に思ったこと
?坂本九とスペースシャトルからのメッセージ

こんにちは、井之上 喬です。

東日本大震災から今日でちょうど4カ月が経ちました。

雪の映像が流れた被災地も今は夏、時間は確実に流れていますが、政治の不能と福島原発事故の影響で復興には長い時間が必要とされています。被災された皆さん、特にお年寄りやお子さんは健康維持にくれぐれも留意していただきたいと思います。

さて7月7日は七夕(たなばた)。中国の故事にある織姫と彦星が「天の川」で1年に一度会える日とされています。東京の多くの商店街や駅頭、ホテルのロビーなどには、さまざまな願いを込めた短冊や七夕飾りで彩られた笹が飾られていました。大震災からの、1日も早い復興を願う多くの人たちの短冊も全国で飾られたことでしょう。

七夕といえば有名なのが仙台七夕。仙台商人の心意気を示す豪華な笹飾りで毎年多くの観光客を誘致しています。今年は開催が危ぶまれましたが、8月6日から8日まで「復興と鎮魂」をテーマに開催され、175万人の人出を予想しているとのこと。

暑い夏、いつもの季節より夜更かしをして星空に目を向ける方も多いのではないでしょうか。

■夜空に坂本九が甦った
東日本大震災後、テレビやラジオなどは被災地の報道を流し続けていましたが、そんな中で注目されたのが歌手坂本九の「上を向いて歩こう」や「見上げてごらん夜の星を」でした。

私の世代には何とも懐かしい歌ですが、その優しさと詩にこめられた坂本九のメッセージにはこれまで多くの人が勇気付けられてきました。今回も震災後のラジオやテレビのCMソングとして流れるなど、改めて多くの日本人の共感を呼び起しました。

今年はその坂本九の生誕70周年、そして「上を向いて歩こう」(作詞:永六輔 作曲:中村八大)が発表されて50年の節目を迎えるそうです。

ご存知のようにこの歌は、日本国内で愛されただけではなく「SUKIYAKI」として世界70カ国で発売され、1963年6月には日本の曲として初めてビルボード第1位を記録、世界的な大ヒットになりいまでも世界中のアーティストに歌い続けられている名曲。

震災後の多くの反響にこたえ、EMIミュージックは7月13日に「上を向いて歩こう」発売50周年記念でCDシングルとミュージック・テープを発売するとのこと。このCDには、上を向いて歩こう、見上げてごらん夜の星をなど4曲が収録されるそうです。

また、7月16日公開のスタジオジブリの映画「コクリコ坂より」の挿入歌としても、上を向いて歩こうが使われるほか、坂本九関連のDVDや書籍の出版も予定されているようです。

1985年に起きた日本航空123便の御巣鷹山墜落事故に巻き込まれていなければ、今でも70歳の現役歌手として心に染み入る、美しい歌声が聴けたかもしれないと思うと残念です。

■最後のスペースシャトル
最近の空や宇宙にまつわる話題として節目を迎えたのが、現地時間の7月8日に打ち上げられたスペースシャトル「アトランティス」。

今回の飛行を最後に宇宙開発のシンボルであったスペースシャトルは30年の歴史に幕を閉じることになります。

1981年4月12日にケネディ宇宙センターから打ち上げられたスペースシャトル第1号機「コロンビア」は、米国の宇宙開発の威信をかけた開発であり、奇しくもこの日は旧ソビエト連邦のガガーリンが史上初の有人宇宙飛行に成功してからちょうど20年目だったのだから面白いですね。

その後スペースシャトルは、宇宙開発の象徴として毛利衛さんをはじめ向井千秋さん、若田光一さん、土井隆雄さん、野口聡一さん、星出彰彦さん、そして山崎直子さんと7人の日本人を宇宙に導いたのは記憶に新しいところ。

しかし、1986年のチャレンジャー、2003年のコロンビアと2度の悲劇に見舞われ安全性とともに打ち上げ費用の高さ、そして老朽化により今回の飛行が最後になりました。

坂本九生誕70年、上を向いて歩こう発売50年、そしてスペースシャトルが30年。これからもさまざまな分野でその時代を創り出す人やモノは出現することでしょう。

パブリック・リレーションズ(PR)に携わるものとして、このような注目されるトピックや時代の潮目をタイムリーに見極め、それをいかに強いメッセージとして発信していくか、鋭い感性を常に磨きたいものです。

たまには帰宅途中に、遠い夜空を仰ぎ見るのはいかがでしょうか。新たな発見があるかも知れません。


――――――――――――――――――――――――――
井之上パブリックリレーションズ(井之上PR)は5月12日に地方自治体など公的機関向けに「ツイッターマニュアル」を無償で提供することを発表しました。ご興味のある公的機関の皆様は是非、お問い合わせください。詳しい情報はWebサイトでご覧になれます。

            ◇

日本パブリックリレーションズ研究所(JPRI)では、東日本大震災で風評被害の深刻な影響を受けた観光業界、とりわけ自治体観光局や観光関連団体に対し、「風評被害を避けるための情報発信方法」の無料相談を5月25日より開始しました。詳しい情報はWebサイトでどうぞ。

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…
FacebookTwitter始めました!
━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 10:29 | トラックバック

2011年07月04日

産学連携モデル:「株式会社を教室に」
 ?大学発ベンチャー企業の進化形

皆さんこんにちは、井之上 喬です。

先週、知人の登大遊さん(ソフトイーサ株式会社代表取締役会長)から自社社屋購入に伴い、本社営業部を移転する旨の通知を受けました。登さんは、VPN ソフトウェア「SoftEther」 (ソフトイーサ)の開発者で2004年4月に筑波大学発のベンチャー企業ソフトイーサを立ち上げた若き経営者。

現在同大学院在籍中の登さんが筑波大(第三学群情報学類)に入学したのが2003年4月ですから、丁度入学1年後の大学2年生になりたての時に会社を設立したことになります。

新進気鋭な若手起業家によるベンチャー企業の発展は、新規事業の創造や雇用拡大につながるばかりでなく、日本経済や産業の活性化に不可欠なことです。私のこうした思いもあり、登さんからの通知に事業発展の様子が窺われ、大変嬉しく思いました。

■「大学発ベンチャー1000社計画」発表から10年
1980年代からみられるように米国シリコンバレーやボストン地域などでは、大学をスピンアウトしたベンチャーが次々と成功を収める一方、日本においても先端的な技術をベースとする大学発ベンチャーに対する期待が高まってきました。

こうした背景の中で、経済産業省は大学の「知」を事業のコアとする大学発ベンチャー企業の創出を促進するため、2001年5月に「大学発ベンチャー1000社計画」を発表。産学官一体となった大学発ベンチャーへの支援策を講じることになりました。

計画が発表されて10年経ちますが、経済産業省の「平成19年度(2007年)大学発ベンチャー基礎調査」(平成20年8月)にその成長ぶりを見ることができます。

それによると2007年度末時点で1,773社の大学発ベンチャーが活動中で、それらの売上高合計は約2,800億円、雇用者数で約23,000人。間接効果を含む経済波及効果では、売上高5,100億円、雇用者数36,000人と推計されています。

しかし、米国シリコンバレーに代表されるようなベンチャー企業を取り巻く環境とは異なり、日本の大学発ベンチャーが直面する課題としては「人材の確保・育成」、「資金調達」、「販路開拓」の3点が挙げられています。

これらの課題は「大学発ベンチャー基礎調査」を開始した2002年度以降一貫したもので、大学発ベンチャーがさらなる発展を遂げていくための障壁となっています。

■大学生の取締役と社員で会社経営
一方、大学教育では昨今の厳しい雇用情勢などを踏まえ、大学生の社会的、職業的な自立に関する指導(キャリアガイダンス)が推進されています。

このような中、名古屋産業大学(愛知県尾張旭市、伊藤雅一学長)が極めてユニークな事業モデルを発表しました。同大学の取り組みは今後の産学協力関係に多くの示唆を与えています。

名古屋産業大学は、全国でも唯一、環境情報ビジネス学部の設置校。

これは私の経営する会社、井之上パブリックリレーションズ(井之上PR)が関わった事例でもありますが、名古屋産業大学は5月中旬に東京で記者会見を開催。これまでの環境ビジネス分野のインターンシップ制をさらに発展させた、「株式会社名古屋産業大学グリーン・ソーシャルビジネス」(以下、名産大GSB)の設立を発表しました。

名産大GSBでは、3年次以降の大学生が同社の取締役や社員となって経営企画、営業部門、業務管理部門など企業経営全般に主体的に関わり、CO2削減をテーマに環境ビジネスを実践していくもので、大学生は所定の単位を取得できます。ベンチャーとインターンシップを組み合わせた事業スキームといえます。

このスキームは新たなソーシャル・ビジネスモデルとして現在、特許申請中。

また事業活動から生じる事業収益は、CO2濃度測定局(場所)の拡大とこれに基づく環境教育の普及など低炭素社会への貢献と学生支援に還元されるとのことです。

平成28年度には、取締役全員が学生により構成されるとし、同社の経営は学生の自治と責任において運営されることを目指しています。

先日、私の会社に伊藤学長が訪れ、名産大GSBの代表取締役の立場から同社の今後の活動計画などについて話し合いました。

この新たなソーシャル・ビジネスモデルを開発した伊藤さんは、優れた教育者としてばかりでなく、コミュニケーション能力に秀で、起業家的な創造力や実行力を持ち合わせた特異な方で、とりわけ環境ビジネス分野で即戦力となる人材育成に熱意を示されていました。

東日本大震災以降、日本経済の成長を牽引する重要な戦略分野として、グリーン・イノベーションによる新たな環境にフォーカスした市場開拓と雇用創出が期待されています。

しかしながら、7月3日の朝日新聞一面トップに大きく掲載された「大卒2割進路未定」にみられるように、不安定な立場にいる卒業生は、少なくとも8万6,153人にのぼる(朝日新聞と河合塾の共同調査)とされています。

こうした環境の中で、名産大GSBのソーシャル・ビジネスモデルはまさに時流にそったものといえ今後の動向が注目されるところです。

超就職氷河期といわれる一方、少子化により大学間の受験生獲得競争が激化する今日、こうした分野でもパブリック・リレーションズ(PR)の役割が強く求められています。

――――――――――――――――――――――――――
井之上パブリックリレーションズ(井之上PR)は5月12日に地方自治体など公的機関向けに「ツイッターマニュアル」を無償で提供することを発表しました。ご興味のある公的機関の皆様は是非、お問い合わせください。詳しい情報はWebサイトでご覧になれます。

            ◇

日本パブリックリレーションズ研究所(JPRI)では、東日本大震災で風評被害の深刻な影響を受けた観光業界、とりわけ自治体観光局や観光関連団体に対し、「風評被害を避けるための情報発信方法」の無料相談を5月25日より開始しました。詳しい情報はWebサイトでどうぞ。

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…
FacebookTwitter始めました!
━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 10:10 | トラックバック