相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2010年11月 | メイン | 2011年1月»

2010年12月24日

奇跡をもたらすクリスマス夜話
 ?あなたはどの物語に感動しましたか?

『聖夜の贈り物』(太田出版)


メリー・クリスマス! 井之上喬です。

きょうはクリスマス・イブです。あちこちの街に色鮮やかなイルミネーションが輝き、私たちの1年の働きを癒してくれるクリスマス。

きょうはそんなクリスマスに、ぴったりの本をご紹介したいと思います。

著者は百田尚樹(ひゃくた・なおき)さん。もともと関西を中心に活動する放送作家ですが、2006年に作家デビューし、本書はその第2作目として2007年に出版されたもの。本のタイトルは『聖夜の贈り物』(太田出版)で、クリスマスに起きた奇跡をオムニバス形式で5つの短編にまとめています。

■女性が主人公の5話
それぞれ40ページ前後でまとめあげられた作品はどれも感動的なものです。

5つの短編集の主人公はいずれも女性。それぞれの人生を背負った女性のハートフルな物語が読者をファンタジーの世界に導いてくれます。

第1話は「魔法の万年筆」。主人公の恵子は長年勤めた会社をリストラされた日にホームレスに出会います。恵子は彼になけなしの財布の中から食べ物とお金をあげます。お返しに貰った不思議な万年筆。「この万年筆で願いを書くと、3つまで願いがかなう」と渡された1本の鉛筆が彼女にもたらしたものは?

第2話「猫」は、ある雨の夜、衰弱していた片目の猫を拾い一緒に生活する雅子。猫の「みーちゃん」と一緒に過ごそうとするクリスマス・イブの夜、派遣先の会社の社長と二人で残業をする羽目になります。
第3話「ケーキ」は、赤ちゃんの時に病院の前に捨てられた真理子は、恋を知ることもなく一生懸命生きてきましたが、20才のときに病院で自分が末期癌であることを知らされます。癌に冒されながらも、死の瀬戸際ですべての人生を生きた真理子の物語です。最後が意外な結末です。

第4話「タクシー」は、沖縄で知り合った男女4人。依子は自分の正体を偽って知り合った男性にしだいに引かれていきます。自己嫌悪に陥り苦しみもがく依子。何年かたったあるクリスマス・イブの夜、依子は酒に酔ってタクシーに乗ります。

第5話「サンタクロース」は、8才で母を病気で亡くし、20才で父を失った和子。結婚を約束した最愛の恋人は事故死します。自分も後追いをしようと死の淵をさまよう和子は、クリスマス・イブの夜にある町でひとりの牧師に出会います。18年後のクリスマス・イブの夜、彼女はその後結婚した夫に、その時に起こったことを初めて告白します。

これら5つの物語はいずれも感動的で、ハッピーエンドで終わっています。男性の作家が主人公の女性をきめ細やかに描いているのも興味深いところですが、女性だけでなく男性が読んでも、読みごたえのある本です。

また、5つの作品どれをとってもテレビ化すると面白そうなものばかり。この中で、どの作品が最も感動させたかひとつだけ選ぶとすると、私にとって心に残ったっ作品は、第3話の「ケーキ」です。

この本を読まれた皆さんはどの作品に最も心を揺さぶられたでしょうか?

■今年もありがとうございました
2010年もいよいよ終わりに近づいています。世界ではいろいろなことがありましたが、皆さんにとって今年はどのような1年だったでしょうか? 

1年間、井之上ブログをご愛顧くださり誠にありがとうございました。来年もさまざまな視点で、パブリック・リレーションズ(PR)をとり上げ、より充実したブログにしていきたいと考えています。
(新春は1月5日発行となります)

それでは良い年をお迎えくださいますよう。

井之上 喬

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 10:08 | トラックバック

2010年12月20日

今こそ、思い切った教育改革を
 ?アジア勢との比較で下位に沈む日本

こんにちは、井之上 喬です。
寒さが一段と厳しくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしですか。

経済協力開発機構(OECD)が12月上旬に世界65の国・地域の15歳男女約47万人を対象に実施した国際学力調査(略称:PISA)の結果を世界同時発表しています。

この学力テストは文章を理解し、利用する力をみる「読解力」、「数学的応用力」、「科学的応用力」の3科目で構成されています。知識の有無よりも、知識をいかに活用するかという能力を調査するのが目的。初めて実施されたのが2000年で、それ以降、3年ごとに実施され今回が4回目となりました。

■なんと初参加の上海が「三冠王」に
今回の調査は、日本では無作為に抽出された約6000人がテストに回答しています。上海のほかシンガポール、ドバイなど8カ国・地域が新たに参加しましたが、中国、インドは「言語が多様なことなどから全国一斉テストの実施は難しい」との理由でOECDの参加要請を断っています。
 
日本は2003年、そして前回2006年といずれも順位を下げ、学力低下が社会的な問題としてメディアに取り上げられたことを憶えている方も多いのではないかと思います。今回「読解力」が前回(2006年)15位から8位に上がりましたが、「数学的応用力」は9位(前回10位)、「科学的応用力」は5位(前回6位)とほぼ横ばい。

この発表を受け、高木文部科学相は「読解力を中心に我が国の生徒の学力は改善傾向にある」(2010年12月8日読売新聞)とコメントしています。今回の結果をみると日本の順位が回復し、教育界の努力が実った感じもしますが、日本はアジア勢との比較で下位に沈み、学力格差は解消しておらず、引き続き真摯な対策が求められます。

■韓国の国際教育都市、チェジュに英国名門校が開校
「白熱教室で話題のハーバード大学でも、昨年の留学生666人のうち日本人はたったの5人だった。韓国42人、中国36人、シンガポール22人、インド20人に比べると大きく水をあけられている。米国への留学生自体、昨年の日本は3万人足らずで、約10万人のインド・中国、約7万人の韓国の後塵を拝している。」と報じているのは週刊ポスト(2010年11月5日号)。

日本からの海外留学生は、2001年の13万人をピークに年々減少傾向にあり、昨年は10万人を割り込んでいます。特に同年に起きた9/11の影響でしょうか、米国への留学生の減少が顕著のようです。

このように日本人の海外留学生の減少傾向や国際学力調査での低迷振りが報道されるなか、韓国ではグローバル化に対応した革新的な取り組みがなされています。

その切り札が、済州(チェジュ)国際教育都市プロジェクト。韓国政府の中核プロジェクトの一つとして位置づけられ、国土海洋部傘下の済州国際自由都市開発センターにより開発が進められています。

韓国政府は、済州島(チェジュ島)を「英語特区」にし、欧米の有名校の誘致を積極的に働き掛けています。ここでの授業は英語で行われ、都市内の公用語も英語。

人口約55万人のチェジュ。韓国の「済州特別自治道」として経済特区にもなっていますが、政府はこの教育プロジェクトに巨額の投資を行うだけでなく、新しい法律の制定や規制の緩和・撤廃により、進出する学校が最高レベルの国際教育を実施できるようさまざまな支援を行っていると聞きます。

そんな中で先日、2011年秋にチェジュに初めて海外キャンパスを開校する、英国の名門私立学校North London Collegiate School(NLCS)の一行が、日本での学校説明会のために来日しました。
 
NLCS UKは、英国で160年にわたり卓越した教育を提供している名門校として知られており、オックスフォードとケンブリッジへの進学率は40%前後で、英国内の名門国際バカロレア(IB)スクールの中でもたびたび首位を獲得しています。

たまたま、NLCSチェジュの来日プログラムを支援したのが私の経営する会社(株式会社井之上パブリックリレーションズ)でした。その戦略性と実行力における彼我の差の違いを間近に見て大きなショックを受けました。

このプロジェクトに限らず、FTA(自由貿易協定)における米国、EUを始めとするさまざまな国や地域との締結やサムソン、現代自動車など韓国企業のグローバルな展開をみていると、その戦略性とパワーには目を見張るものがあります。このエネルギーは一体どこから来るのでしょうか?

私は、韓国の徴兵制にその秘密があるのではないかと最近考えるようになりました。兵役に服する間、すべての若者が戦略的思考とスピード感を養う教育を受けているのではないでしょうか。ちょうど、NHKで「坂の上の雲」が放送されていますが、明治時代、ひとつの目的に向かって進む日本の姿を見る思いすらします。

ちなみに、この9月に経済協力開発機構(OECD)から「教育機関への公的支出の国内総生産費(GDP)比」に関する調査結果が発表されています。2007年の幼稚園から大学までの調査では、日本はわずか3.3%。比較可能な主要28カ国中で最下位です。

いま国際教育への抜本的対策が日本に迫られていますが、政府の強い指導力とスピードを伴った実行力こそが求められています。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 10:05 | トラックバック

2010年12月13日

企業の社会貢献活動(CSR) のいろいろ
 ?地方企業のユニークな取り組み

こんにちは井之上 喬です。

明治神宮のイチョウの木もすっかり黄色い葉を落とし、冬の気配が感じられるようになりました。

みなさんは忘年会真っ盛りといったところでしょうか。今回はその主役の1つ、焼酎に関する話題です。

「下町のナポレオン いいちこ」。このブランドを知っていて愛飲している方も多いのではないかと思います。

「いいちこ」は、大分県宇佐市に本社を置く三和酒類株式会社の商品で、1979年に本格100%大麦の乙類焼酎として製品化。 飲みやすく、さわやかな飲み口が支持され1980年代の焼酎ブームの火付け役ともなった商品です。

■ブームが去っても継続させる
そんなブームの真っただ中で関係者は、「ブームが去ってからも“いいちこ”を指名してもらえるようなイメージづくりをしよう」と考え、始めたのが地下鉄などでよく目にする大判ポスターの展開と「季刊iichiko」という冊子の発刊だったそうです。

ポスターの第1号は1984年でしたが、季刊iichikoの創刊は1986年。東京芸術大学教授の河北秀也氏が監修し、当初から「金は出すが口は出さない」の精神で始まったものが今でも継続されているようです。

最新のポスターは、古代遺跡のピラミッドの前に季節柄、赤いリボンを付けた、いいちこのボトルがあまり目立つことなく配置され、メッセージとして「忘れられた文明を想う」の一言がMerry Christmasとともに書かれています。

季節の風景の中に、いいちこのボトルが1本。風景に溶け込むように表現されているこのポスターのシリーズを駅で目にするのが通勤の楽しみになっています。

一方、季刊iichikoのほうは、優れた「哲学研究」の発表の場を作ることを目的に創刊され、2008年秋号で創刊100号を迎えました。

100号のタイトルは「ホスピタリティ文化学 ホスピタリティビジネスと源氏物語」で、東京芸術大学の山本哲士氏やビジネス界から福原義春氏、小林陽太郎氏などが寄稿しています。

ちなみに107号は「太宰治101」(写真:定価1575円)のタイトルで、さまざまな太宰論の展開と連載記事、そしてカラー特集として文化技術としての江戸指物を紹介しています。

太宰治101


表紙のデザインから色使いまで、関係者のこだわりが強く感じられる出色の1冊です。是非、機会があったら手にしてみてはいかがでしょうか。

■目立たなくても優れた分野に光を当てよう
四半世紀にわたって行われている、三和酒類の取り組みは、商品のイメージ作りからスタートし、企業の文化活動、社会貢献活動(CSR)として長きにわたって継続している好例の1つではないかと思います。

そして哲学という地味な分野に光を当て続けていることに敬意を表したいと思います。ますます軽薄化する世の中にあって、日本には文化、芸術など多くの分野で目立たないが優れた業績を残している方々がまだまだ沢山いると確信しています。

日本企業には若手の育成も含め、このようなあまり目立つことのない、しかし意義深い分野にも目を向け、より多くの企業が何らかの支援を行うことのできる企業文化の醸成が渇望されています。

12月上旬に日本経済新聞社が、投資家、消費者・取引先、従業員、潜在能力そして社会の5つの視点から企業を評価する、恒例の総合企業ランキングを発表していました。上位にはキヤノン、ホンダ、武田薬品、NTTドコモ、KDDIなどの大手企業が名を連ねています。

このような企業評価では大手企業が対象になることが多いですが、今回取り上げた三和酒類のように地方の企業でも、継続的に独自のCSRを実施している企業が少なからずあることを忘れてはならないと思います。

しかし日本企業のCSRへの取り組みは、まだまだ社会の一員として欧米企業に比べ遅れをとっているといえます。

パブリック・リレーションズ(PR)活動では、良好な関係構築のために継続し続けることが重要です。それが企業のレピュテーション(評判/品格)の向上にも繋がっていくからです。

企業を取り巻く環境は激変していますが、骨太な社会貢献活動が継続できるようPRの立場から微力ながらこれからも貢献していきたいと考えています。

ちなみに“いいちこ”とは、大分県の方言で「いい(よい)」を意味する言葉だそうです。皆さん今夜はロックにしますか、それとも・・・。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 10:00 | トラックバック

2010年12月06日

カレル・ウォルフレンの日本政治へのアドバイス
 ?山縣有朋が作り上げた官僚システム

皆さんこんにちは井之上喬です。

カレル・ヴァン・ウォルフレン アムステルダム大学名誉教授(69歳)。オランダのロッテルダム生まれの国際ジャーナリストでもあり、オランダの高級紙「NRCハンデルスプラッド」の東アジア特派員として30年近く日本に滞在。日本の社会や政治を見つめてきた人です。

同氏の日本での著作は多数ありますが、その中で日本社会の仕組みを批判も込めて分析した『日本/権力の構造の謎』(早川書房)は、世界10カ国で翻訳され、日本研究の必読文献として知られています。

また日本社会の問題を鋭く分析した、『人間を幸福にしない日本というシステム』(毎日新聞社)は33万部超のベストセラー。その他、『民は愚かに保て?日本/官僚、大新聞の本音』(小学館)、『日本人だけが知らないアメリカ「世界支配」の終わり』(徳間書店)、『アメリカと共に沈みゆく自由社会』(徳間書店)など多数の著書があります。外国人で数少ない日本政治の研究家。

これまでウォルフレンさんとは、私もメンバーの外人記者クラブ(FCCJ:日本外国特派員協会)ですれ違っても話をすることはありませんでしたが、今回の参議院議員会館で開催された講演会を前に、民主党の藤田幸久参議院議員の紹介で四谷の私のオフィスでお会いしました。久しぶりでみるウォルフレンさんは、病で右手が少し不自由のようでしたがその頑丈な体はエネルギーに充ち溢れていました。

今回の講演会は、鳩山由紀夫前首相の呼びかけで実現したようで、テーマは、「民主党の政権担当能力を妨げた内なる構造と外からの力」。英語が堪能な藤田さんが通訳をかつて出られ1時間半にわたり講演が行われました。

私も出席させていただきましたが、彼の講演の中には特筆すべきポイントがいくつかありました。

■山縣有朋による官僚統治
ウォルフレンさんは、日本の政治システムの特異性について、明治の元勲山県有朋(1838-1922)により、選挙で選出された政治家の活動を妨害する官僚機構が作り上げられたとし、第2次大戦を経た今もこれが日本の政治を動かしていると解説しています。

彼は、日本は真の民主主義政治のために有朋がつくったこの伝統を壊さなければならない。有朋が行ったことは、選挙で選ばれた人たちによる政治ではなく、選挙で選ばれない官僚が日本をマネージ(統治)するシステムを機能させることであったと断言。

ウォルフレンさんは今春、「中央公論」(4月号)に「日本政治再生を巡る権力闘争の謎」という論文を発表。この中で日本の検察制度や記者クラブ制度などに対する批判を展開し、現在生じつつある事象の本質を以下のように記しています。

「いま日本はきわめて重要な時期にある。真の民主主義をこの国で実現できるかどうかは、これからの数年にかかっている。」とし、「…国際社会で、真に独立した国家たらんとする民主党の理念を打ち砕こうとするのは、国内勢力ばかりではない。アメリカ政府もまたしかりである。」

そして、「…民主党政権発足後の日本で起こりつつある変化には、実は大半の日本人が考えている以上に大きな意味がある、と筆者は感じている。」と政権交代の歴史的な意義について高い評価を下しています。

ウォルフレンさんはさらに、日本の政治システムの内部には、普通は許容されても、過剰となるとたちまち作用する免疫システムが備わっており、この免疫システムの一角を担うのが、メディアと二人三脚で動く日本の検察である、としています。つまり、記者クラブ制を維持するメディアがスポークスマンの役割を果たしていることへの問題点を論じました。

また彼は、小沢氏は自民党を離党しこのシステムを変えようとしたが、「以前から予想したとおり小沢一郎が総理になることは許されていない」と免疫システムがブロックする仕組みを語り、ワシントンからの力も加わって「彼が何か悪行をしたということではないのに、小沢一郎が現在のシステムに対する脅威であるということで抵抗が起きている」と鋭い分析を行っています。

日本の伝統的なメディアには、こうした問題を扱う意識がないと指摘。以前、小沢氏に「何故メディアに訴えないのか?」と聞いたところ、答えは「メディアが取り上げてくれない」だった、としています。

■制御不能の米軍産複合体と日本の今後の対応
ウォルフレンさんは、民主党政権も初めは独自路線をとろうとし、鳩山氏の首相就任時には、私も喝采を送ったが、日本の自ら舵取りをしない独立性の欠如は、新たな国際情勢の下でより深刻化していると指摘。「日米関係ほど異常な関係はない」と米国との対等な関係改善を求めています。

一方で、「米国のジャパン・ハンドラー達は未熟な日本外交に興味を持っていない」と分析。「日本外交は発展途上中であり、現状では中国は日本をまともに扱わないだろう」と日本の自立を求めています。

そのような中で、「米国の最も重要な外交・安全保障の諸機関は、制御不能と化した」とし、毎年日本の国家予算(一般会計)に匹敵する予算を使う軍産複合体の台頭と自己増殖に懸念を表明。自己保存のために世界中に1000箇所以上の基地を配備している強大な米国の軍事力の脅威についても警鐘を鳴らしています。

また民主党政権についても、「その誕生時から、内外の政治環境が最善であっても、政権運営が難しい国内の負の政治構造と文化を継承していた」と自民党時代からの負の遺産にどのように対処すべきかが課題、としています。

また「日本のメディアはこうした問題をまともに取り扱う仕組みと場を持っておらず、政策について論じるメディアの伝統がない」とし、「結果として派閥政治ばかり報じることになる」と厳しく批判。

日中関係については、ワシントンは日本が中国と親密になることを望んでおらず、こうした中でも、米国は、敵とみる国を包囲するために、以前よりも日本を必要としている、と米国が日本との関係強化を望んでいることを強調しました。

最後の質疑応答では、今後民主党政権がやるべきことについては:

1)中国との関係改善

2)これまで、ワシントンに対して、民主党ははっきり言ってこなかったが、日本が独立したいと表明するべきである(ドイツは50年たって米と対等になった)。恥ずべきことではない。

3)菅氏には、全体を把握しているアドバイザーが必要である。

4)ワシントンに対して、新しいことをやろうとすると、メディアが障害になるのではないだろうか?

5)ASEAN諸国との協調は大切。

といった答えが返ってきました。

現在彼の本拠地はアムステルダムですが、東京にも仕事場を持ちオランダと日本を行ったり来たりの生活。いまもフリーランスで「フォーリン・アフェアーズ」や「インターナショナル・ヘラルド・トリビューン」などに寄稿。講演活動も行っています。

ウォルフレンさんは、「米国がリーダーシップを持っているというのは幻想にすぎない」とし、米国を「かつては秩序と安全を維持する存在だったが、今は混乱をもたらす存在」とヨーロッパ人のDNAが言わせているのでしょうか、米国に対しては手厳しく語っています。

来年1月には日本で、小沢一郎氏をテーマに新刊本を上梓する予定のようです。

ウォルフレンさんと「日本の問題は、パブリック・リレーションズ(PR)力の問題」と日頃の持論を展開したら、「まさにその通り」と答えが返ってきました。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 09:56 | トラックバック