相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2010年10月 | メイン | 2010年12月»

2010年11月29日

「売れ過ぎてすみません」
 ?販売予測が大幅に外れた理由は

こんにちは、井之上 喬です。

「売れ過ぎてすみません」。これは、11月26日の日経MJ(日経流通新聞)の1面トップの見出しです。

紙面では、販売好調なため供給が追いつかず、販売休止や出荷調整に追い込まれた3つのヒット商品を大きく紹介しています。久々に読者を元気にする内容の記事で溢れていました。

■予想がはずれたヒット商品
1つ目の商品は、日清食品が8月16日に近畿地区限定で発売した「日清カップヌードルごはん」(カップヌードル味とシーフード味の2種)。

出荷数量が当初目標の約2倍となり発売から5日目には販売休止を発表。9月27日にはカップヌードル味のみを販売再開しました。

2つ目はライオンが1月20日に発売した衣料用液体洗剤「トップナノックス」。
従来の液体洗剤の2分の1の量でナノ(10億分の1)メートルレベルまでの汚れを落とすという商品。注文は想定を上回り、エリア特性や販売実績を基に出荷調整したものの一部で欠品もでる人気。

3つ目の商品は、三洋電機が11月11日に発売した「GOPAN(ゴパン)」で米粒をペーストにしてパンを作る世界初のホームベーカリー。

7月に10月からの発売を発表したところ、注文が殺到したため11月に発売を延期。それでも注文数はうなぎ登りで予約受付の一時中止を決めたといいます。

これら3つの商品以外にも「販売休止・発売延期や店頭で品薄になった主な商品」のリストでは次のような商品を紹介しています。

桃屋の調味料「辛らそうで辛くない少し辛いラー油」(発売:09年8月)、永谷園の即席みそ汁「1杯でしじみ70個分のちから」(同09年9月)、ロッテのアイスクリーム「ザクリッチ」(同10年3月)、キャドバリー・ジャパンのガム「ストライド」(同10年5月)、サントリーのビール風味飲料「オールフリー」(同10年8月)、エステーの防虫剤「かおりムシューダ」(同10年8月)。

■ソーシャル・メディアの影響力
普段は、なぜ売れないのか、どうしたら売れるようになるのかと頭を悩ます開発、マーケティング担当者。

日経MJの記事からは、販売予測がものの見事に外れ、大売れしたことに対して各社の担当者が真剣に反省し、その要因について語っている様子はいつもと違い、読んでいて楽しくなります。

「カップヌードルのブランド力が消費者を引き付けた。」(日清食品)、「CM内容も、におい汚れまで落とすナノ洗浄を強調する科学的なものにした。」(ライオン)、「商品の独自性に加えプロモーションの効果が大きかった。」(三洋電機)と、それぞれの担当者はその勝因を分析しています。

そして3つの商品の好調な売れ行きに共通して関係しているのがインターネットやソーシャル・メディアの影響力です。

「エリア限定の希少性もありネット・オークションにも登場。」(日清食品)、「消費者に現品を試してもらい、ブログに載せてもらった。」(ライオン)、「ブログやツイッターでも大きな話題となった。こうした消費者の反応に接したバイヤーが売れると確信し、思った以上の発注につながった。」(三洋電機)という分析のなかに、その影響力を計ることができます。

最近、私の経営する会社(株式会社井之上パブリックリレーションズ)の社員からこんな話を聞きました。

先月、米国パブリック・リレーションズ協会(PRSA)の総会に出席した彼の友人が、「アメリカのPR会社は『プレス・リリースのマルチメディア化』を推進していて、YouTubeやtwitterなどのメソーシャル・ディアを複合的に活用している姿勢には目を見張るものがあった」といった趣旨のことです。

日本においてもメソーシャル・メディアは、特に、BtoCのマーケティングPRにおいて大きな影響力をもつようになりました。

ソーシャル・メディアをパブリック・リレーションズ(PR)の新たなコミュニケーション・ツールとしてもっと研究を深め、PR戦略の構築に活用していくことが、今後、ますます重要となってきます。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 09:34 | トラックバック

2010年11月22日

子供が見なくなった“週刊こどもニュース”
 ?わかりやすく伝えることの難しさ

こんにちは井之上 喬です。

11月22日は二十四節気の1つ小雪(しょうせつ)。「わずかながら雪が降り始めるころ」を意味しますが、これから師走を迎え寒さも日に日に増してきそうです。

この時期は新年度に向けての予算策定のころでもあります。テレビ局でも視聴率や製作費などを勘案し、年内で終了する番組も多いようです。

■16年の長寿番組が打ち切り
その中の一つにNHK総合テレビで日曜日朝8時5分から放送している「週刊こどもニュース」があります。11月17日、NHKはこの番組を12月19日の放送をもって終了すると発表しました。

週刊こどもニュースは1994年(平成6年)4月に放送を開始。16年以上続いてきた長寿番組。

小学校高学年から中学生を主な対象に、1週間に起きた時事ニュースをお父さん、お母さんと子ども3人の家族が、さまざまなニュース現場の取材も含めわかりやすく解説する番組で、初代のお父さん役は現在ジャーナリストとして、また時事解説で数々の著作を出版し活躍している池上 彰さん。

番組の中には「世の中まとめて1週間」や「今週のハテナ?」などのコーナーがあり、さまざまな図表や模型を使った解説は子供だけでなく大人にも非常にわかりやすく説明されています。ある意味でニュース解説のお手本的な番組、と評価する業界関係者も多いようです。

番組終了の理由としてNHKは、「こどもニュースと言いながら、実際の視聴率は高齢者が圧倒的に多い」と発表しています。

しかし業界では、それまでの土曜日の夕方6時過ぎからの放送時間を今年から日曜日朝8時台に移動したことで、テレビ朝日系列で子供に人気の「仮面ライダー」に視聴率を奪われていたのではないか、というのが理由とされています。加えて、丁寧な番組作りによる制作時間や製作費の増加なども中止の理由とする見方も多いようです。

後継番組としては、2011年1月15日(土曜日)から家族で見られる新しいニュース解説番組「ニュース深読み」をスタートさせるそうです。誰にでもわかりやすく、のコンセプトは継続してもらいものです。

■PR会社、腕の見せどころ
パブリック・リレーションズ(PR)においても、B2CであれB2Bであれ最終的なターゲットに、PR会社としての多様な視点と客観性を持った説明をし、そのための簡潔明瞭な資料の作成は重要といえます。

特に外資系のIT関係企業の場合はきめ細かな配慮が必要となります。具体的には、まず英語などから日本語への翻訳などの品質管理の問題です。

多用される専門用語の扱いや文章の長さなど、日本のメディアを通し最終ターゲットに的確にメッセージを伝えるためのさまざまな難題が待ち受けています。

そこで腕の見せどころとなるのがPR会社です。

私が経営する井之上PR(www.inoue-pr.com)は、専門用語が頻繁に使われる、半導体、ソフトウェア、ITサービスなど多くの外資系ハイテク関連のクライアントの日本市場向けのPRサポートも多く手掛けています。

プレス・リリースや記者向けの資料などを作成する場合はいかにわかりやすく、コンパクトに情報を入れ込むかに傾注しています。

スタッフにはメディア経験者もおり、記者が情報を目にしたとき、それらをどのように受けとり感じるかを、多くの経験によって的確に捉えアドバイスしています。

また、クライアント企業のスポークス・パーソンに対しては、記者との基本的な対応と訴えたいメッセージを有効に発信する、インタビューのシミュレーションを含めたメディア・トレーニング実施プログラムも提供しています。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 09:20 | トラックバック

2010年11月11日

ひとつの書

こんにちは、井之上 喬です。

秋の気配も強まり、東京はようやく紅葉の季節を迎えています。今日はそんな秋にふさわしい一遍の詩を皆さんにご紹介したいと思います。

オリジナルは墨書き(写真)。ある母と娘の心温まる関係を独特の筆使いで書き表した作品です。

写真

[クリックすると写真を拡大]

■ある秋の朝

いそがしいのに
来てくれたの
ありがとう


元氣でしたよ
ありがとう


あゝ
おいしかった


ありがとう


お散歩
きもち
よかった


ありがと


楽しかった
うれしかった
ありがとう
ご苦労さま
ありがと


秋の朝たくさんの 
ありがとうの
ことばをのこし
母は逝った


りつ子




この詩から、秋の日の朝に亡くなった年老いた母を思慕する娘の姿が目に浮かんできます。
そして、すべてをわかりあっている親子の心の交流を感じとることができます。

■母と娘
この作品との出会いは、ある偶然がもたらしたものでした。

日頃お世話になっている、麹町にある、古川貞二郎(東京都社会福祉協議会会長:元内閣官房副長官)さんのオフィスにお邪魔した時のこと。

あるとき古川さんの部屋の壁際のサイドボードの上に、さりげなく置かれていたこの書に、暫くのあいだ目がくぎづけになりました。その独特な筆使いと、書かれた詩の内容に心を打たれたのです。

「作者は誰だろう?」と思い、文末に署名されている「りつ子」さんのことを古川さんに尋ねました。古川さんから、「私の家内です」と答えが返ってきました。この作品の作者は古川夫人の古川理津子さん。

理津子夫人の母親の名前は森下ナイ子さん。5人きょうだいの末っ子理津子さんは幼少のころ父を失います。フイリッピンで民間企業の工場の責任者であったお父様は、日本軍の敗走とともにルソン島の山の中に社員とその家族を連れて逃げるものの、重い足の風土病で動くことができず、終戦直前に自決したそうです。

お母様は、戦後郷里の千葉で5人の子供を女手ひとつで育て上げ、2005年11月に95才でその生涯を終えます。

夫人はそんな母親との交流を一遍の詩にし、自らの筆で書に残したのでした。2007年秋、銀座のある書展に出品されたこの作品はいま、夫の貞二郎さんのオフィスに飾られています。

この書から、苦労を重ねた年老いた母への想いと、最後まで娘を気遣う母の深い愛情を感じとることができます。

そして、子供たちのために生涯を生きた母への娘からの「ありがとう」のことばが込められているように感じます。人生の苦しみや喜び、強い「きずな」で結ばれた、母と娘だけがわかりあっているであろう美しいひと時を感じさせてくれます。

人生最後のしずかな出来事をさりげなく語りつくした素晴らしい詩(うた)です。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 09:56 | トラックバック

2010年11月04日

短い秋を絵画で楽しみませんか?
 〜色あせないゴッホの作品、没後120年の鮮烈なメッセージ

こんにちは井之上 喬です。

台風と木枯らしが一緒に来るような異常気象の日本列島、一気に冬になってしまいそうですが、短い秋を満喫していますでしょうか。
秋といえば食欲の秋、スポーツの秋、そして芸術の秋、と何をするにも良い季節ですね。

今回は芸術の秋です。今年の1月25日号のブログでは「ルノワール展」について触れましたが、今回は10月末に「ゴッホ展」に足を運んでみました。

■展覧会好きな日本人
まずは展覧会を見に行った直後の日本経済新聞朝刊に、日本人の美術展に関するクイックサーベイ記事を見つけました。興味深い調査結果でしたので紹介します。

その記事には、いま美術展が活気づいているとし、特に2010年はモネ、ルノワールといった印象派、ゴッホ、セザンヌといったポスト印象派に関する企画展の当たり年だそうで、「印象派年」とささやかれるほどと分析しています。

20歳から60歳代の男女1000人を対象にしたインターネット調査によれば、「過去半年の間に美術展を見に行ったか?」との問いに対して31%の人が「見に行った」と答えており、この数字は予想より高い数字で日本人の展覧会好きがうかがえるとしています。確かに3人に1人の割合は、多いような気がします。

ITの進化でデジタル・コンテンツが氾濫するなか、アナログの象徴ともいえる絵画への探求が心の癒しを求める人たちのなかで強まっているのでしょうか。

また、「最も見たい作家は?」との問いに対しては、トップ5にゴッホ、モネ、ピカソ、ルノワール、ダリが並び、その後にレオナルド・ダ・ビンチ、シャガール、東山魁夷の名前が挙がっていました。こうしてみると海外の作家に人気が集まっていますが、皆さんが好きな作家は含まれていますか?

調査結果で興味深かったのは、「入場料と最も見たい美術品は?」の質問。入場料についての答えでは、1,000円未満が56%、1,000円から1,500円未満が37%とこの2つが圧倒的で、手ごろな料金で素晴らしい芸術作品に親しみたいという正直な気持ちが現れています。

また、「見たい美術品は?」に対する答えは、西洋絵画が39%でトップ、続いて写真14%、日本画10%、仏像8%、工芸品7%となっており予想通り西洋絵画の人気は高いのですが、写真、日本画そして仏像などとさまざまな芸術分野に興味が広まっている様子がうかがえます。

■ゴッホの凝縮された10年を展示
東京・六本木の国立新美術館で10月1日から12月20日まで「没後120年 ゴッホ展?こうして私はゴッホになった」が開催されています。

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853年?1890年)は、前述の日本経済新聞のリサーチ結果でもわかるように日本での人気も高くこれまでも数多くの展示が行われています。

私がゴッホの絵と最初に出会ったのが、今から35年ほど前のアムステルダムの「ファン・ゴッホ美術館」。それまで美術本でしか見なかったゴッホの鮮やかな色彩と力強い絵を目の当たりにし衝撃を受けたものです。

ゴッホは本格的に画家を志望してから自ら命を絶つまでのわずか10年間で、約2000点の作品を残しているとされていますが、今回の国立新美術館での展示では、ゴッホがいかにゴッホ流のスタイルを追求し続けたかに焦点を当てています。

またゴッホの代表作だけではなくクロード・モネやポール・ゴーギャンなどゴッホに影響を与えた作家や、ゴッホの大胆な色彩表現に影響を与えた歌川広重などの浮世絵、関連資料など123点が展示。

今回の展示の中で私が印象に残った作品は「アイリス」です。ゴッホが37才で亡くなる約2か月前の5月に描いた静物画です。鮮やかなレモンイエローの背景の中から、紫のアイリスの花束が浮き上がって見える見事な作品。

それぞれの色が激しく競いながらお互いを鮮やかに強め合うアイリス。そのなかで、一部の花が、彼のその後を予兆させるかのように、腰が折れ瓶の下にしなり落ちているさまがとても印象的でした。120年の歳月により紫や黄色は多少色あせているかもしれませんが、作品自体の魅力は変わらないと思いました。

パブリック・リレーションズ(PR)でも、メッセージングは非常に重要な役割を果たします。それぞれのターゲットにいかにメッセージを的確に伝えるか、このあたりは芸術作品に似ているとも言えます。

他にもすばらしい作品が盛りだくさんです。ちょっと時間を調整して足を運んでみてはいかがでしょうか。ちなみに入場料は、当日1,500円、前売1,300円です。
この日は大いに納得して家路につきました。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*

メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。
http://inoueblog.com/archives/m/06.html

*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 10:00 | トラックバック

2010年11月01日

生態系保全に向けた新戦略目標
 ?2010年度DEVNET贈賞式から

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

私が常任理事を務める国連開発計画NPO法人日本DEVNET協会(JDA:以下DEVNET)は、国際機関DEVNET ASSOCIATION(本部:ローマ)の一員として日本で2003年に発足しました。

■DEVNET賞
2005年度からは「DEVNET賞」を設け、各年度に発展途上国の産業・技術支援、社会・文化支援、人材開発、情報交流、女性の社会的活動・起業支援などの分野で継続的な活動の成果を挙げた個人、団体、組織を表彰してきました。

これまでDEVNET賞は、第1回目(2005年度)の長谷部グループを皮切りに、2007年度は山梨日立建機株式会社と社団法人産業関係研究所、2008年度は京セラ株式会社佐倉ソーラーセンターと医療法人徳州会、インドネシアの病院、そして2009年度はリコーグループの「生物多様性を保全するための生態系保全」活動とそれぞれが受賞しています(2006年度は該当無し)。

2010年度DEVNET賞は、セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市、碓井稔社長)の途上国に向けた環境保全支援事業の功績に対し授与を決定し、10月25日、日本外国人特派員協会(FCCJ)において贈賞式を催しました。
同社ホームページ(http://www.epson.jp/osirase/2010/101026.htm)を参照。

今回の贈賞決定について浜田泰三選考委員長(早稲田大学名誉教授)は、大きく次の2つのポイントを挙げています。ひとつは、アグロフォレストリーによる森林再生活動で、もうひとつは個々の事情を考慮した人材育成援助(国際奨学金制度)。

インドネシアでセイコーエプソンが取り組んだアグロフォレストリー方式による植林は、ドリアンやミカンなど、数種類の果樹をマホガニーの間に植えるというもので、その地域で生活する40世帯の農家が穀物の収穫に併せて森林の世話も行い、賃金を得られるよう配慮され、農家の生活向上に直接結びついています。

■自然との共生
セイコーエプソンは、当時国連事務総長であったコフィー・アナン氏が1999年の世界経済フォーラムにおいて企業へ提唱したイニシアチブである国連グローバルコンパクト(The United Nations Global Compact)へいち早く参画するなどグループ企業あげて環境保全活動など積極的なCSR(企業の社会的責任)を行っている企業です。

このブログでもご紹介しましたが、本年10月18日?29日の間、名古屋に世界の代表が集まり、国際生物多様性の保全を話し合う第10回締約国会議(COP10)が開催されました。

世界3大環境NGOの1つ「コンサベーション・インターナショナル」(CI)の副理事長、俳優のハリソン・フォードも途中参加したCOP10。

COP10は30日未明、難航を極めた遺伝資源の利用とその利益配分を定めた「名古屋議定書」と2020に向けた世界の生態系保全の新戦略目標(愛知ターゲット)を採択して閉幕しました。

2011年から2050年までの長期目標について「自然との共生」を掲げるこの愛知ターゲットは、日本の独自提案として提出されたものですが、欧州連合(EU)などから「我々には、自然とともに生きるという考えはない」との異論が出て、継続協議となっていた事項です。

日本の提案により2050年に向け、大きなスローガンが掲げられることとなりました。セイコーエプソンも同社の「環境ビジョン2050」のなかで2050年に向けて商品とサービスのライフサイクルにわたるCO2排出を10分の1にすることを目指し、併せて生態系の一員として地域社会とともに生物多様性の修復と保全を行なうとしています。

しかし、セイコーエプソンのように生態系保全に向けた確としたビジョンをもって行動している企業が他にもありながら、そうした企業の存在や活動は一般社会であまり知られていません。日本にとって環境分野は国際的に落ち込んでいる地位を復活させる絶好の舞台ともなります。

日本国内だけでなく、国際社会においてその活動に対する理解と認知を高めていくためには戦略的で継続的なパブリック・リレーションズ(PR)が不可欠となります。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 10:08 | トラックバック