相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2010年9月 | メイン | 2010年11月»

2010年10月21日

習 近平氏 中央軍事委員会副主席に選出
 ?その知られざる素顔

皆さんこんにちは、井之上喬です。

10月18日、北京で開催されていた中国共産党の第17期中央委員会第5回全体会議(5中全会)で、習近平国家副主席が軍の最高指導機関である中央軍事委員会の副主席に選出されました。

これにより胡錦濤国家主席の後継者となることが内定。軍の人事権を握るこのポストは最高指導者になるための前提条件となるもので、今回の就任により、党(共産党政治局常務委員)、国家、軍の要職を得たことになります。

習近平氏についてはほとんど知られていません.

今回は私の経営する会社、井之上PRの中国ビジネス( 「日本新聞網」www.ribenxinwen.com )パートナーであるアジア通信社徐静波社長から情報の提供を受け、その知られざる素顔に迫りたいと思います。

■青春時代は貧しい農村で過ごした
習近平氏は1953年6月北京に生まれました。原籍は陜西省富平県。習氏の家は代々名声があり、父親の習仲勲は中央政治局委員や周恩来総理のもとで副首相を務めた人。

幼少時代、父の習仲勲とともに左端が近平氏

習近平氏は高級幹部の子弟である「太子党」の代表的な人物といわれていますが、普段の彼は「庶民の心」を持ち合わせているといわれています。それは、彼が7年間にわたって農村で苦しい生活を経験したことと関係があるようです。

習氏が「文化大革命」の嵐の中の15才の時、父は免職・監禁され、習氏自身も中国西部の最貧困地区である陝西省延安市延川県梁家河村の農村で肉体労働に従事することになります。

青春時代の7年間をこの貧しい農村で過ごした習近平氏の言葉には、「私の故郷は梁家河村だ」と彼を育てた苦しい農村生活時代への思いが込められています。

当時、彼が生活した部屋

1974年に共産党に入党、生産大隊の党支部書記を務めます。そして1975年、推薦され北京に戻り清華大学へ入学。

大学入学のため村を離れる送別会で:前列中央

1979年、清華大学工程化学学部を卒業後、中央軍事委員会に配属。そして当時の中国共産党中央政治局委員で国務院副総理、中央軍事委員事務局長であった耿飢の秘書官を務めることになります。

清華大学学生時代の習近平と父

同期生の多くは、現在、中国の各軍区の司令官になっています。計4年間の軍人(制服組ではない)経験を持つ習氏は、現在の中国の中堅指導者の中で唯一の軍人出身者とされています。

■地方を知り尽くした男
1982年、習近平氏は積極的に中南海から農村への移動を希望し、初期には、中国共産党河北省正定県委員会副書記、書記を歴任。32歳のときにアモイ市副市長を務めます。

1986年、アモイ市の副市長であった習近平氏は友人の紹介で8才年下の彭麗媛と出会います。

奥さんの彭麗媛さんと

そして1年半後の88年8月に結婚。ちなみに彭麗媛夫人は現在、人民解放軍総政治部歌舞団団長で昨年11月に来日。女性兵士では最高地位の少将でもあるひと。

軍服姿の彭麗媛夫人

その後、福建省にて、寧徳地委員会書記、福州市委員会書記、福建省委員会副書記、福建省長などの要職につき、同省で20年近い年月を過ごします。

また1998年から2002年には、清華大学人文社会学院に在職大学院生として学び、マルクス主義理論と思想政治教育を専攻。博士号を取得します。

2002年11月、49歳の習近平氏は張徳江(現職副総理)に代わり浙江省委員会書記に抜擢。

彼の在任期間、浙江省を3年連続、GDP伸長率全国一にしたことで、その存在が一躍注目されるに至りました。日本企業との関わりもあったようで、日本にはいい印象を持っているようです。この時期浙江省の国有企業を全国で初めて民営化させるなどその手腕は高く評価されているようです。

2007年3月、元上海市委員会書記陳良宇の汚職事件が発生。中国共産党中央はクリーンなイメージを持つ習近平氏を上海市委員会書記に任命します。上海での半年あまりの間、習氏は民生の理念に注意を払い、民生問題解決の方法を模索し、上海市民から高い評価を得たとされています。

このように自らの希望で地方で働いた習近平氏は、河北省(農村)、福建省(対台湾)、浙江省(経済第一省)、上海市(国際金融センター)でその役職を果たします。

25年間に及ぶ、習近平氏の副県長(副町長)で始まったその経歴は、地方を知り尽くした国家リーダーとしての将来が期待されています。

最後に、前述の徐静波さんが習近平氏の福建省長時代のあるエピソードを明かしてくれました。

それは青春時代、延安市延川県梁家河村で不遇な習氏を我が家に受け入れ、同じ屋根の下で生活を共にし、兄弟のように親切にしてくれた男性が、重い足の病気にかかった時の話です。

病気を患っていることを手紙で知り心を痛めた習近平氏は、さっそく鉄道切符を送り、その男性と奥さんを福建省まで呼び寄せ、1カ月半にわたって病気治療に専念させたといいます。

そして最後の2週間は病院から移し2人を自宅に住まわせ、彭麗媛夫人が毎日台所で食事の世話をしたそうです。帰りには生活の足しのためにと数万元の現金を手渡したとされています。

誠実で思いやりのある彼の人柄をはかり知ることができます。

内外でさまざまな問題を抱える中国にあって、習近平氏の手腕に期待が寄せられています。
(写真提供はアジア通信社)


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 09:27 | トラックバック

2010年10月14日

ノーベル賞の光と影
 ?政府は若年研究者育成に積極的取組みを

こんにちは井之上 喬です。

先週は明るいニュースが流れました。ノーベル化学賞を2人の日本人が受賞しました。
北海道大学の鈴木 章名誉教授と米国パデュー大学の根岸英一特別教授。これで日本のノーベル賞受賞者は18人となります。

受賞の理由は「パラジウム触媒を活用する有機合成におけるクロスカップリング反応」だそうです。反応しにくい炭素原子同士をレアメタルのパラジウム触媒で結合する技術を確立。

その応用は、エレクトロニクスでは液晶テレビ、また製薬業界では高血圧症や糖尿病性腎症の治療薬などで行われていて、幅広い分野で不可欠で画期的な手法として高い評価を得ているそうです。

■日本の若手研究者は外へ出よ
各紙にお二人のインタビュー記事が掲載されていますが、10月8日の日本経済新聞のインタビュー記事で印象に残ったところをご紹介しましょう。

鈴木氏は「後進を指導するとき、重箱の隅をつつく研究はするなと強調している。先人の研究をヒントにしてもいいが、まねはいけない。自分で考えることが大切だ」と、また根岸氏は「日本は化学だけでなく電気や自動車など、理学、理工学を基礎とした産業はまだ世界の一流国だ。」

「だがこのままではいけない。私の研究室でも中国人の学生は意欲的で優秀だ。日本の若手研究者には外国に出て、日本がどういう国か見て欲しい。中から見ただけで自分たちを判断すると研究も甘くなり生産性も落ちる。外に出て苦労、苦難を体験するのも必要だ」と語っています。

これらのメッセージからは、研究者は競争の激しい海外に積極的に出て、独創的な技術を磨き、日本や世界の発展に貢献しなければならないという強い願望が感じられます。

しかしその一方で、同じ日本経済新聞8日付けの社会面には「海外研究派遣 ピークの半分に」とする見出で、日本から海外へ飛躍する日本人研究者の減少を驚きの数字で報じています。

これは文部科学省が、日本の国公私立大学や公的研究機関に所属する研究者を対象に調査・発表したもの。海外に1カ月以上滞在する研究者は2009年度で3739人、実にピークだった2000年度の7674人から半減。また1年以上の滞在となるとわずか373人と全体(2000年度)の4.9%に過ぎず、「内向き志向」が強くなったと懸念しています。

先日TV番組で、ある東大名誉教授が今回の受賞について、「この分野は研究者が多く、日本の他の研究者も受賞者と同等なレベルにあった…」とコメントしていました。

自らの研究成果を多くの人に理解してもらうために、積極的に世界に英語で発信するなど、パブリック・リレーションズ(PR)的な手法を身につけることの重要性を感じます。

■教育機関の公的支出、日本は最下位
この9月に経済協力開発機構(OECD)が教育機関への公的支出の国内総生産費(GDP)比に関する調査結果を発表しました。

2007年の幼稚園から大学までの調査では、日本はわずか3.3%。比較可能な主要28カ国中で最下位。

一方で教育費の私費負担割合では日本は33.3%と各国平均の17.4%の約2倍と高い数字を示しています。つまり公的支出の不足を、各家庭が埋め合わせている格好になっています。よく言われていることですが、所得格差が教育格差を生む傾向をデータがはっきり示しています。

民主党政権になってからは、高校の授業料実質無償化や教員増などの政策が実施されており、公的支出は今後増加していくものと考えられていますが、教育に対する日本の取組みはお寒い限りです。

先週、幕張メッセで開催されたコンシューマー・エレクトロニクスの展示会「CEATEC」でのパネルディスカッションでも、こんな発言がパネリストからありました。

「ゆとり教育時代のエンジニアと一生に仕事をする機会が増えてきました。一言で言って円周率3で勉強してきたエンジニアに不安を抱いています。会社でも学校でも、世代を超えて一丸となって新しい教育体制の確立に取組まないと日本は世界に取り残されてしまいます!」。

全く同感です。中国やインドなど巨大な新興国が台頭する中、今こそ崩壊した日本の教育の復興に取り組み、個が強い、人間力のある人材の養成が求められています。

政府の強い指導力が望まれるところです。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 09:24 | トラックバック

2010年10月07日

早稲田大学、後期授業スタート
?これまで1000名の学生が受講、社会で活躍

こんにちは、井之上喬です。

先週、早稲田大学で私が教べんを執る二つの授業がスタートしました。

一つは2004年にスタートした、学部間の垣根を越えたオープン教育センターの「パブリック・リレーションズ概論?次世代のリーダーのために」、もうひとつは大学院公共経営研究科で昨年から始まったパブリック・リレーションズ(PR)講座(春学期/秋学期)です。

写真左「PR概論を教えている法学部校舎(8号館)」 写真右「パブリック・リレーションズBを教えている公共経営研究科校舎(26号館)」

PRの基本を教える学際授業「パブリック・リレーションズ概論」は、パブリック・リレーションズの理論を中心とした授業で、ケース・スタディも交え、幅広く奥行きの深いパブリック・リレーションズを包括的に学ぶことができます。

パブリック・リレーションズとは何か、なぜ今必要とされているのか、また米国で誕生したその発展史や戦後GHQにより導入されたパブリック・リレーションズがなぜ日本で育たなかったのかなどの歴史的考察も加えた授業です。

ちなみに前期は、実践寄りの「パブリック・リレーションズ特論」をゼミ形式で教えていますが、この「特論」は「概論」受講者が履修できます。

■これまで1000人を輩出
「概論」のゲスト講師は毎回多彩で、企業経営者(国内/外資系)、企業の広報責任者、政府高官など各方面で活躍されているかたがた。

総合大学では初の講座としてスタートしたこの授業は、04年のスタート時は定員94名のクラスでしたが、現在は200名を超える受講生が参加。今年は235名のクラスになりました(2008年は休講)。

大教室ですが、できるだけ多くの人に参加してもらいたいと考え、思い切って応募者全員を受け入れるようにしています。

毎回、受講生の熱気を感じさせる授業で使用する教室は、数年前に新築した法学部の校舎。扇型の教室は全体が見渡せ広さを感じさせない快適な教室。

一人でも多くの学生を世に送り出したいとの思いで始めたこの授業も、これまで1000名を超える学生がこの授業を受け社会で活躍しています。

■ウオートン・スクールとのビデオ授業も
一方、大学院公共経営研究科でのPR講座は少人数のゼミ形式。同研究科科長の縣公一郎と授業内容を相談させていただき本年から始めています。

春学期と秋学期の2つのコースで、春学期は理論中心の授業に対し秋学期は事例・実践中心の授業。

実務上直面している課題や成果をもとにディスカッションを行い、個々の受講生によるライフサイクル・モデルをベースにしたプレゼンテーションも計画されています。

また特別授業として、米国ペンシルバニア大学ウオートン・スクール(MBA)の学生とのビデオ・カンファレンスによるケース研究も行う予定です。

厳しさを増す組織体経営にあって、間口が広く奥行きの深いリレーションシップ・マネジメントであるパブリック・リレーションズが、如何に経営の中枢に組み込まれるべきかを理解できるような授業にしたいと考えています。

このブログでも繰り返し述べていることですが、グローバル社会で、日本が安定的発展を遂げるには「次世代リーダー」の育成が不可欠。

パブリック・リレーションズの理論と技術を習得し実践することは「自立した強い個」を育み、リーダーとしての素地を築くことを可能とします。

アメリカでパブリック・リレーションズの実務家は現在20万人を超えています。日本で広報に携わる人の数は1万数千人と極端に少なく、そのほとんどは大学で正規の教育を受けていないのが現状。

また多くは組織体のジョブ・ローテーションに組み込まれ、一部を除いて広報の仕事に腰掛的に携わっているのが現状。これでは世界と戦えるはずはありません。

この授業を通して、パブリック・リレーションズの持つダイナミズムを学び、しっかりしたカリキュラムに基づき専門教育を受けたパブリック・リレーションズの実務家が一人でも多く誕生することを期待しています。

「パブリック・リレーションズ(PR)とは、個人や組織体が最短距離で目的を達成
する、『倫理観』に支えられた『自己修正』と『双方向性コミュニケーション』をベースとしたリレーションズ(関係構築)活動である」

これから受講生たちがどのように成長していくのか楽しみにしています。この授業で学んだことが将来それぞれの人生で生かされ、役立つものとなっていくことを願ってやみません。

受講生の皆さん、そしてTAの三加茂くん佐藤さん、これからよろしく!

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 09:11 | トラックバック