相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2010年8月 | メイン | 2010年10月»

2010年09月30日

スーパー“電気自動車(EV)”の衝撃!
 ?テスラ・モーターカー試乗

こんにちは井之上 喬です。
中秋の名月を挟んで、一気に秋めいてきましたが、体調はいかがですか。

先日、あることで、スポーツタイプ電気自動車(EV)の開発会社、米国シリコン・バレーのベンチャー企業、テスラ・モーターズ社がつくっている、「テスラ・ロードスター」に試乗する機会を得ました。

テスラ・モーターズは2003年に設立。2008年には本格的なスポーツ・カー「テスラ・ロードスター」を発表。自動車業界とは無縁の人たちによって開発されたテスラはたちまち全米はもとより、世界のモーター・ファンを魅了しました。私もそのうちの一人。

今年5月にテスラ社はトヨタと包括提携し注目を集め、トヨタのEV市場参入が話題になりました。

■テスラとの出会い
スーパーEVカー、テスラとの出会いのきっかけは、日本橋のホテルのある夕食会。テスラ・モーターズのアジア・パシフィック統括責任者のKevin Yu氏を知ったことでした。

帰り際に、彼がさりげなく「みていく?」といいました。最初にその言葉の意味が理解できませんでしたが、やがて彼がテスラを乗ってこのホテルに来ていたことが分かりました。

ホテルの玄関に下りていくと、何と長身の彼が運転してきたスーパーEVカーがあったのです。ブルー・メタリックで車高が低く、重量が1.2tと大型乗用車の半分のテスラ。

注目のバッテリーとモーターは車体後ろのトランク・ルームの奥に格納されており、ちょうどミッドシップ・エンジンのような感じです。バッテリーの重さは約450kgと全重量の1/3強は電池。

頭上はオープン・カーのように布製のカバーを手動で脱着でき、座席シート、ドア・ミラーなども全て手動という、なるべく電気を使わない設計思想が伝わってきます。

■最先端を支える日本の技術
数日後、Kevinさんの取りはからいでテスラ・モーターズジャパンのセールス・マネジャーの井尾慎之介さんが、試乗のために車をオフィスまで運んでくれました。9月22日、まさに中秋の名月の昼さがりの午後。

ロードスターは、英ロータスのデザインによる2シーターのオープン・カー。フル充電時にはなんと394キロメートルを走行でき、発進から3.7秒で時速96キロメートルに達する抜群の加速力を誇っています。

地面につきそうな車体、ドライバー・シートに足を折り曲げながら体を滑り込ませると、小さなハンドルで、さながらF1ドライバーになったような気分。

ダッシュボードなどの作りはとてもシンプルで、ギア・チェンジの代わりにP(駐車)、R(後退)、D(ドライブ)、N(ニュートラル)の4つのボタンがあるだけ。

「テスラ・ロードスター」を試乗する筆者(奥)とテスラ・ジャパンの井尾さん(手前)

Dボタンを押して最初は恐る恐るアクセルを踏むと、スーッと音も振動も無くこれまでの車では経験したことのない感覚で動き出しました。

さらにアクセルを踏み込むと一気にグーンと、胸を押さえつけられるほどの想像以上に強烈なG(重力)と加速とを体感できました。

特に、パワー・シフトしたときの加速時のスピードは暴力的で、ポルシェ・ターボと同じ。若いころポルシェで体感したものより数段上の加速感で、高速になるとモーター音も聞こえ、電気自動車のおとなしさは感じさせません。

このパワーの源は、ノート・パソコンなどにも使われているリチウム・イオン電池で日本のパナソニック製。電池を6831個搭載し、走行距離と加速力を飛躍的に高めています。

このような世界最先端のスーパー電気カーの心臓部といわれる重要な部分に、日本の技術が使われていることに誇りを感じました。

アクセルから足を外すと大きく減速。ハイブリッド・カーでも使われているシステムで減速するときに失われるエネルギーを使って充電、走行距離を延ばしているということです。

現在日本には12台ほどのテスラ車が持ち込まれているようです。価格は日本仕様で約1,600万円。また30万円弱で400kmを3時間半で充電できる急速充電器のキットが入手できます。

テスラ・ロードスターは「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象車両となっているようで、数百万円は安くなるようです。2012年には、同じ機能のセダンが約五万ドルで販売される予定され、そのデザインはマセラティに似ています。

また近々に東京青山にショー・ルームもオープンする予定だそうです。ご興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

最近は人の心に衝撃を与えるような出来事にはなかなか出合えません。しかし、いつも大いなる好奇心を持ってまわりの動きを注視することは、とても大切なことです。

パブリック・リレーションズ(PR)に携わる人間としては当然のことですが、皆さんもそんな気持ちを常に持ち続けてはいかがでしょうか。

それにしてもあの強烈な加速感にはいまでもゾクゾクします!


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 10:42 | トラックバック

2010年09月23日

テニーさんとの再会
 ?「バターン死の行進」元米捕虜の願い

こんにちは、井之上喬です。

先日、元米軍兵のレスター・テニー(90歳)さんと7年振りに再会しました。

皆さん、第2次世界大戦中にフィリッピン戦線で起きた、「バターン死の行進」をご存知ですか?

「バターン死の行進」とは、1942年の4月9日、日本軍が総攻撃でフィリピン・バターン半島の米軍基地を占領。降伏した約1万2千人の米軍捕虜と現地人などをあわせた8万人を超える人間を、炎天下約80キロ歩かせ数千人の死者を出したとされる事件。

これら捕虜はその後日本や旧満州に送られ強制労働をさせられ多数が命を落としました。

その中の一人に、レスター・テニー博士(元アリゾナ大学教授)がいました。

テニーさんはこの「バターン死の行進」で、九死に一生を得た翌年、福岡県大牟田の収容所に移送され、三井三池炭鉱で敗戦までの約3年間強制労働に従事しました。

全員写真:2列目右から3番目がテニーさん、その左隣がベティ夫人

■日本の外相として初めて謝罪
テニーさんと初めてお会いしたのは2003年、彼が自署の日本語版上梓のために来日したとき。

米国のPOW(prison of war:戦争捕虜)事務局の依頼で、私の経営するPR会社、井之上PRがパブリック・リレーションズ(PR)の仕事を通して親しくさせていただいたのでした。

テニーさんは、「全米バターン・コレヒドール防衛兵の会」の最後の会長も勤め、米国捕虜の指導者として長年POWメンバーのために尽力してきた人。

今回の来日は、日本政府による米国人元戦争捕虜招聘プログラム(外務省北米第一課)で招待されたものです。

テニーさんとの再会は、私が以前テニーさんと関わりを持っていたことを知った外務省広報文化交流部総合計画課の林禎二課長の取り計らいで実現したのでした。

これまで政府は英国、オーストラリア、オランダの元捕虜を招待してきましたが、米国からの元捕虜招待は初めて。今回は6人の元米兵捕虜とその家族あわせて14人が招かれました。

滞在中、一行は岡田外務大臣(当時)と面会。岡田外相は日本の外務大臣として初めて、非人道的な扱いを受けた元捕虜に対して謝罪しました。

■憎しみは自己破壊を起こす
テニーさんは捕虜時代に、日本軍将校から軍刀で肩を切りつけられたり、数々の虐待を受けたといいます。その時に痛めた膝は今でも後遺症として残っています。

2003年にテニーさんとお会いしたときの彼の話しは今でも心に深く焼き付いています。テニーさんは、次のような魂に触れる話をしてくれました。

戦後彼は、日本や日本人を憎みに憎んだそうです。やがてあるとき、自身の中に自己変革を起こしたといいます。

それは「人を憎むことは、自分を傷つけるだけ」ということ。長年の苦しみの末に、相手を受け入れ、許すことの大切さを学び取ったといいます。

これを境に、テニーさんは日本人を憎むことを止めたとし、それにより自らも救われたと述懐したのでした。

日本政府からの謝罪をとりつけたいま、彼の願いは戦時中にこれら強制労働者を受け入れた60社を超える日本企業から、その道義的責任として謝罪の言葉を得ることとしています。老い先長くない元捕虜にとって、企業からの謝罪はきっと心の癒しになるはず。

手品を披露するテニーさん | いつも一緒のテニー夫妻

会場で偶然に民主党参議院議員の藤田幸久(前民主党国際局長)さんにお会いしました。以前からテニーさんと交流を持ち今回の招聘に尽力されたとのこと。

テニーさんと7年前にお会いしたとき、彼は「紐」を使った手品を披露してくれました。簡単なようで仕掛けが判らない手品。先週開催された、武正外務副大臣(当時)主催のフェアウエル・パーティ会場で、私はこの紐を使った手品をもう一度披露してくれるようテニーさんに頼みました。

壇上で出席者にカタコトの日本語を交え楽しそうに披露する陽気なテニーさん。その姿は平和の使者そのものでした。

(写真提供は、上段と下段左はJTBの内田喜久さん、同右は外務省の黒澤 華子さんによる)


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 11:21 | トラックバック

2010年09月16日

菅氏が民主党代表に再選
 ?求められる強力なリーダーシップ

こんにちは井之上 喬です。

9月14日、民主党代表選挙が臨時党大会で行われ、菅直人首相が小沢一郎前幹事長を大差で破り、再選されました。9月1日に告示された、2人の激しい戦いは最終的に菅氏が制しました。

国会議員など3つのグループによる、ポイント制で行われた投票結果は、国会議員が菅氏、小沢氏それぞれ412(206票)、400(200票)、同じく地方議員は、菅氏60(1360票)、小沢氏40(927票)また、党員・サポーターでは、菅氏249、小沢氏51となり、合計は菅氏が721ポイントに対し小沢氏は491ポイントと数字の上では菅氏の圧勝に終わりました。

しかしよく分析すると、党員・サポーター票については「総取り制」のために、ポイント差では菅氏が小沢氏の約5倍であったのに対し、得票差では1.5倍(約6対4)。全体の得票数でも、「政治とカネ」の逆風の中で6対4と小沢氏が善戦していたことが判ります。

■「日替わり弁当」のリーダー交代
民主党代表選は98年4月の結党以来、今回の菅氏再選までの12年5カ月の間で、7回行われたことになります。

国政選挙の敗北やスキャンダルに巻き込まれたり、また任期途中に代表が辞任するなどその変遷のさまをみていると、民主党と自民党には共通点がみられます。

日本を変えるにはまず、日本の政治風土を変えることが必定といえます。

それにしても、日本の首相はなぜ日替わり弁当のようにころころ変わるのでしょうか。

新代表が選出される前の9月12日の朝日新聞(朝刊)には、次のような見出しで欧米の有識者が日本の首相交代の頻度の異常さを憂慮していることを報じています。

「短命政権 世界も憂慮:日本の指導者交代にめまい 首相の権限弱い」とするヘッドラインで、「経済大国日本の機能不全は、世界にとっても好ましい事態ではないとの思いが広がっている」としています。

そして、日本研究の大家とされるオックスフォード大学のアーサー・ストックウイン名誉教授の、「昨年の政権交代は日本の民主主義にとって非常によい転機だった。私個人としては2人のどちらが勝てば良いとはいえない。問題は選挙後に握手できるかどうかだ」とそのコメントを紹介し、選挙後に菅、小沢両陣営が分裂することなく挙党態勢で、国政にあたるべきことを論じています。

■緊急経済対策を
さっそく菅氏勝利のニュースを受け、東京外国為替市場では円が急騰。NY市場では一時、1995年5月末以来の1ドル82円台に突入しました。

新政権にとって最優先課題は、円高、株安など日本経済を弱体化させている環境を早急に変える緊急経済対策。

成長戦略を策定し、その実行に弾みをつけることは言うまでもありませんが、「雇用の確保」のためにも日本企業の競争力強化のための政・官・民が一体となった対応が強く求められています。

とくに、日本の産業を支えている中小企業への金融支援などは待ったなし。お金は、人間の体でいえば血液。しかしながら日銀がいくら通貨量を増やしても、経済環境が劣悪な中で、これら中小企業へ資金が回らなければ企業生命に支障をきたすことは明白です。

企業生命を維持するための思い切った方策を早急に講じるなど、政治の強いリーダーシップが期待されています。

今回の民主党代表選で感じたことは、個人や組織体にとって、イメージがいかに重要であるかということです。

小沢氏の敗因は、長年にわたって醸成されてきた「小沢一郎」のブランドが、「政治とカネ」、「密室を好む古い体質」、「剛腕」などのマイナス・イメージにあったといえます。

多くの国民は、連日報道されるニュースでその人を理解しようとします。メディアを意識し過ぎポピュリズムに走ることは避けなければなりませんが、自分のイメージはメディアを通して形成されていることを自覚することもリーダーにとっては大切なことといえます。

パブリック・リレーションズ(PR)はそのソリューションを提供することができるのです。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 11:08 | トラックバック

2010年09月06日

ホットな夏の話題
 ?「クラウド」を巡るM&Aの勝者は?

こんにちは井之上 喬です。

今回は“ホット”な話題を取り上げてみました。

9月に入っても全国的気な猛暑記録が続く日本列島。気象庁の異常気象分析検討会は9月3日、日本列島はこの夏、30年に1度の異常気象だとの見解を発表しました。

産業界での最近のホットな話題はと言えば「クラウド」ではないでしょうか。

新聞の見出しにも頻繁に登場するクラウドの元来の意味は雲(cloud)ですが、インターネットをベースとしたこのコンピュータの利用形態は、クラウド・コンピューティングを指しています。

より具体的には、クラウドはデータを自分のパソコンや携帯端末ではなく、インターネット上に保存する使い方やサービス。

■急成長するクラウド市場
日本経済新聞によるとクラウド・コンピューティングとは、「企業などがインターネット経由で業務に必要なソフトやサービスを利用できる仕組み。顧客管理や生産管理のIT(情報技術)投資抑制につながる。情報漏れなどの安全上のリスクを指摘する声もあるが、コスト削減を優先する企業間で利用が広がっている」と解説しています。

なぜそれほどホットになっているのかと言えば、市場が急成長の見通しがあるとされているからです。

米国の調査会社ガートナーによれば、2010年の世界のクラウド分野の市場規模は前年比17%増の683億ドルで、IT全体の伸び率見込み5%程度に比較すると群を抜く成長率。

さらに2014年には1,488億ドルと2009年に比べ約2.5倍の市場規模に拡大すると予測しています。ハイテク関連の企業がこぞって飛びつく理由もそのあたりにあるのは理解できるところですね。

このホットな市場での覇権争いも急で、米国のハイテク企業を中心にクラウド絡みのM&A(企業の買収・合併)が活発化しています。

最近の動きの中で注目したのが半導体世界トップ企業インテルによるインターネット・セキュリティ大手マカフィの買収と、高性能ストレージ開発企業3PAR(スリーパー)を巡る、ヒューレット・パッカード(HP)とデルの争奪戦です。

インテルはこれまでにも様々な分野での企業買収を行っていますが、今回のマカフィー買収は買収金額が約76億8000万ドル(約6,500億円)という大型案件。

業界筋は、パソコン向けCPU(中央演算処理装置)でトップのインテルが「なぜセキュリティソフト会社を手に入れたのか?」注目しています。

その背景にはインターネットへの接続端末が多様化しており、パソコンだけの時代から携帯電話や多機能の携帯端末などに移っているという現実があるからでしょうか。

パソコン集中から事業の多角化を図りたいインテルのビジネス戦略が、今回のマカフィー買収にはっきりと見て取れます。

もう一つの3PARを巡るHPとデルの買収合戦は、最終的にはデルの買収断念で決着しましたが、買収合戦騒動期間の3PARの株価は、買収発表前の10ドル足らずから買収提示額の引き上げ合戦の結果、買収価格のプレミアム(上乗せ分)は約240%まで跳ね上がりました。

■ここでも日本は立ち遅れるのか?
この2つの案件だけでなくトムソン・ロイターの発表では、8月のM&Aの世界規模は2,672億ドルとなり8月としては99年以来の高水準を記録したそうです。クラウドの普及をにらんだM&Aは今後も活発化しそうです。

そんな中、9月3日に総務省は国の情報システムの運用費を2020年に半減させる目標を掲げ、そのための検討委員会を設置したとの報道がありました。

それによると中央官庁が持つシステムの数は2,059あり、大型汎用機(メーン・フレーム)の運用費などを含む年間の運用費は約3,900億円にのぼるとのこと。

この状況をクラウド技術などの活用でコスト半減しようというもので、米国などに比べ取り組みが大幅に遅れたものの、政府はようやくその重い腰を上げました。

クラウドを支えるデータセンター向け基幹装置のある外資系企業のCEOは、「2010年の売上は好調。皆さんは中国向けがけん引していると考えているが、最も好調なのは米国向けだ」。

「米国はクラウドへの積極投資を行っている。日本もやっと重い腰を上げたようだが、ハイテク業界の動きは想像以上に早く、今回、来日したのも日本が政府、企業を含め立ち遅れてほしくないからだ」と語っていました。

パブリック・リレーションズ(PR)業界でもこの動きは見過ごすことはできませんね。私もいま「クラウドPR」のソリューション開発の真っ最中です(笑い)。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 09:19 | トラックバック