相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2010年7月 | メイン | 2010年9月»

2010年08月30日

民主党代表選挙
 ?ノブレス・オブリージュの精神で

こんにちは井之上 喬です。

小沢一郎前民主党幹事長が8月26日、民主党代表選挙への出馬を表明しました。9月14日に予定されている投票に向けて民主党はあわただしい動きをみせています。

急激な円高・株安、経済不安など、日本はさまざまな問題を抱えています。そんな中、多くの国民が3ヶ月前に「政治とカネ」や「普天間基地問題」などで責任をとって辞任した、小沢氏の出馬に強い戸惑いを見せています。

■党を二分する戦い
小沢氏の立候補の理由は、マニフェストが不履行状態にあることと、円高への政府の対応や緊急的な経済対策がうまくとられていないからとされています。

共同通信の直近の調査(8/27-28実施)によると、民主党の代表になってほしい候補者で菅氏69.9%、小沢氏が15.6%と菅氏が大きくリード。政治とカネの問題を抱える小沢氏への世論の厳しい目が感じられます。

今回の代表選の最大の争点は、菅首相の「衆議院議員選挙で掲げたマニフェストを現実に即して柔軟に修正していきたい」とする考えと、「マニフェストは国民との契約、全てを実行すべき」とする小沢前幹事長の主張がどのように受け入れられるかです。

確かに一般的に選挙で掲げるマニフェストは有権者との間の契約書のようなもの。選挙後にそのマニフェストを簡単に破ることは、国民への詐欺といわれても致し方ないところもあります。

選挙後のひと波乱も予想されています。とりわけ小沢グループが敗北すれば、自民党の一部グループと新党を結成し、政界再編が起きるのではないかと取り沙汰されてるからです。小沢氏は党の分裂覚悟で戦おうとしているのでしょうか。

■ノブレス・オブリージュの精神
民主党の代表選挙では双方の厳しい応酬が予想されますが、その結果党が崩壊したり解体されることがあってはなりません。

今回の代表選は、2008年に行われた米大統領選の前哨戦である民主党大統領候補指名獲得を争う予備選を想起させます。

オバマ氏とヒラリー・クリントン氏との激烈な争いはメディアを通じて全世界に流れました。

しかし、日本の代表選挙と比べものにならないほどの誹謗合戦があったにもかかわらず、選挙でオバマ氏が勝利すると個人の遺恨を乗り越えて、ヒラリーは党の一員としてオバマへの全面サポートを表明したのです。

日本の代表選挙でも、どんなに激しい戦いをしても、だれが当選しても、敗者には、ひとたび選出された代表と新政権をサポートする姿勢が強く求められます。民主主義国家では主役は政治家ではなく国民であるからです。

国民の幸せや国民の利益は、個人的な感情に優先させなければなりません。

まさに、「ノブレス・オブリージュ」(高貴な身分に生まれたものとして自覚すべき責務=選ばれた人の責務)の精神が求められているのです。

いま重要なことは、日常の国民生活や経済活動に支障が出ないように具体的な政策を実施すること。今の日本にはこれらが政局によって停滞することは許されません。

考えてみると、1982年11月の中曽根政権誕生から現在まで、実に日本の首相が17人、この1年だけでも2人の首相が変わっています。企業で社長がこれほど交代したら、とっくに倒産。この構造を放置し続ける体力は今の日本にはありません。

代表選挙では、国民のために正々堂々と戦ってもらいたいものです。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 09:19 | トラックバック

2010年08月23日

有給休暇消化率で最下位のニッポン
 ?求められる質の追求

こんにちは井之上 喬です。
先日愛媛県弓削島での休暇を終え、仕事に復帰しました。
8月23日は24節季のうちの処暑(しょしょ)。

「暑さがやむ」の意味で、朝夕は涼風が感じられる初秋のころをさすそうですが、まだまだ日中は残暑が厳しいですね。夏休みはどのように過ごされましたか。

日本では、まとめて休みをとる習慣がまだまだ一般的に普及していないことから、ゴールデンウィーク、夏休み(お盆休み)、そして年末年始と、全国的にある程度まとめて休みが取れる機会がつくられています。

しかし休みが集中することになり、観光ビジネスの側面で捉えると決して効率がいいとはいえません。

■有給休暇消化率最下位
休みと言えば、ロイターと調査会社イプソスが8月上旬に発表した「有給休暇を使い切る国別ランキング」には興味深い数字が載っていました。

この調査は、24カ国の約1万2500人を対象に実施、有給休暇を使い切る労働者の割合を国別にまとめたもの。

さてランキングですが、1位はフランスで何と89%、次いでアルゼンチンが80%で続きハンガリー78%、英国とスペインが77%でこれがベスト5、70%以上の国はサウジアラビア、ドイツ、ベルギー、トルコ、インドネシアと続いています。

ここで問題です、日本そしてお隣り韓国は? 韓国は53%で21位、そして日本は33%で最下位となっています。

調査会社は、「所得の高低に関わらず世界の労働者の約3分の2が有給休暇を使い切っている」「年齢別では50歳以下の若い人が使い切る人が多く、経営幹部クラスでは60%が使い切っていなかった」そうです。なんとなくわかる気がします。

また、「有給休暇を使い切らない理由はさまざまだろうが、仕事に対する義務感の強さが主な理由だろう」と分析していますが、皆さんはどう思いますか。

■読書で自分のバランスをとる
休暇はその休みの量(長さ)だけでなく、質の問題としても考えたいものです。いつも残業で忙しい人は家族サービスに徹することも大切かと思いますが、せっかくの休みですからたまには自分のためにも大切な時間を使うことも1つの考え方ではないでしょうか。
そんな時間を読書に費やすのもいいですね。

パブリック・リレーションズ(PR)に携わる人間として、日常的にさまざまな膨大な量の情報に接していますが、はたして自分のためにその情報がどれだけ生かされているのか考えてみるのもよい機会かもしれません。

先日、会社近くの新宿の大手書店を訪れました。各階のゆったりとした静かなスペースにはお目当ての本を探す多くの人が目につきました。この書店ではベストセラー本の紹介、話題の本の紹介に加え、特設企画コーナーも設けてあります。

活字離れが言われて久しいですが、こうした場所に行くと私も含め日本人は本当に本が好きなんだなあと実感できます。読書を通して、ともすれば見失いがちな自分自身を取り戻すことは大切なことだと思います。

ちなみに2010年は「国民読書年」だそうですが、皆さんご存知でしたか?

政府は2010年を「国民読書年」と定め、政官民が協力し、国をあげて様々なイベントも企画され、あらゆる努力を重ねていくことが宣言されています。

政府広報は、「近年は、学校での『朝の10分間読書運動』が浸透したり、学校だけでなく家庭、地域全体で読書を推進する『読書のまちづくり』が広がったりするなど、読書に対する国民意識が再び高まりを見せています」。とし、国が教育現場や社会での読書運動を強力に推進しようとしていることを感じることができます。

ちなみに8月20日までの1カ月は「雑誌愛読月間」。先日電車の中で、1つの中刷り広告が目に飛び込んできました。

キャッチコピーは「先生!雑誌を教科書にしてください。」。おもわず笑いがこみあげてきました。

時間が空いたら書店や図書館でお気に入りの1冊を探してみるのはいかがでしょうか。至福のときをみつけることができるかもしれません。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 09:34 | トラックバック

2010年08月16日

終戦記念日に思う
 ?戦争には終わりはない

こんにちは、井之上 喬です。

私は毎年夏のこの時期に、亡き母のふるさと愛媛県弓削島を訪ねます。真っ青な空に、光り輝く太陽、エメラルド色の海。そんな弓削島で今年も8月15日の終戦記念日を迎えています。

米軍による、日本全土を襲った大空襲や広島・長崎の原爆、そして圧倒的な敵の物量の前になすすべもない日本軍。敗走する日本軍が降伏のチャンスを見誤る中、「生きて、虜囚の辱めを受けるな」とする過酷な戦陣訓は、丸腰状態の「万歳攻撃」により多くの若者の命を奪いました。

■遅すぎる国家賠償
戦後65年経ったいま、新たに民間人被害者による国家賠償請求の動きが出てきています。

8月15日付けの朝日新聞は、大戦末期の空襲の被害者(本人および遺族)で構成された、初の全国組織である「全国空襲被害者連絡協議会」(全空襲連)が14日に結成されたことを報じています。

同紙はまた、これまで、旧軍人・軍属とその遺族には国家補償理念に基づいて総額約50兆円の恩給や年金が支給されてきたが、民間人の空襲被害者については、これまでの訴訟などで戦争で受けた損害を国民は等しく受忍しなければならないと援護措置が講じられるべきことを論じています。

そして同紙は、世界大戦で同じように被害を受けた欧州各国が被害者保障制度を整備していることにもふれ、被害を我慢させる、差別的な日本の戦後保障政策は真の民主主義国家とはいえないとしています。

しかしこれら戦争犠牲者に対する賠償は、完全に賠償し得るものではありません。

■憎しみの連鎖
戦争によるあらゆる犠牲者に終戦はあるのでしょうか?

南方のジャングルで凄惨な体験をし、シベリアの強制収用所から生還した兵士。また、太平洋戦争に巻き込まれ、2000万人が犠牲になったといわれるアジアの国々の人たち。この人たちの心の傷は癒えているのでしょうか?

そして、戦争の悲惨さを終戦記念日のたびに見聞きする私たちにも終戦があるのでしょうか?戦争は、誰もが傷つく非人間的な行為。

戦争体験が、風化しないように、メディアは毎年さまざまな報道をしています。私たちすべての日本人には、戦争の、そして原爆の悲惨さを後世に伝え、2度とおろかな失敗を繰り返さないために「戦争」と戦い、いかなる「戦争」をも排除しなければなりません。

パブリック・リレーションズ(PR)の実務家として、この問題が過去の日本の問題としてだけではなく、現在の世界が抱える問題や社会の問題、組織体の問題、そして個人の問題として捉えていくべきだと強く感じています。

日本が真のコミュニケーションを通して、自らの意思や望みを相手に伝え、互いに修正し合い、相互理解により成熟した国家になることを希望してやみません。また、そう実現できることを信じたいと思います。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 09:25 | トラックバック

2010年08月09日

65年目の広島、長崎
 ?核戦争の恐怖を訴えることのできる唯一の国

こんにちは井之上 喬です。

早いもので8月、葉月です。
Wikipediaによると、葉月の由来は諸説あるようで、木の葉が紅葉して落ちる月「葉落ち月」「葉月」であるという説から、稲の穂が張る「穂張り月(ほはりづき)」という説や、雁が初めて来る「初来月(はつきづき)」とする説。そして南方からの台風が多く来る「南風月(はえづき)」といった説など諸説があるようです。
季節の移り変わりは日本の自然の美しさの源泉、そして日本文化の基礎ですから先人の感性に触れる機会はなくしたくないものです。

■国連事務総長、米国駐日大使などが初参加
毎年のことですが盛夏の8月に思い起こすのは戦争と平和のことです。
6日には広島に、そして9日には長崎に原子爆弾が投下された原爆の日を迎えます。

被爆後65年を迎えた今年は、広島での平和祈念式典には初めて国連の潘事務総長、原爆投下国の米国のルース駐日大使。また核を保有する英国のフィッツトン駐日臨時大使、フランスのプノー駐日臨時大使が参列しました。

本日9日に行われた長崎での式典にも、初参加となる英・仏・イスラエルの代表を含め32カ国が出席しました。

この背景には、米国オバマ大統領が昨年4月にプラハで掲げた「核なき世界」の実現に向けた世界各国の機運が高まっていると見ることもできます。

広島で潘国連事務総長は、「核兵器が存在する限り、私たちは核の影におびえて暮らすことになる。核兵器のない世界という夢を実現しましょう」と世界に呼び掛けました。

しかし、現実に目を向けると地球上には現在2万発を超える核兵器が存在するといわれており、今回の広島の平和記念式典への米国駐日大使の参列に対して、米国内で謝罪は無用との批判もあるようです。

広島、長崎に原爆を投下したことで第2次世界大戦の終戦を早め、多くの命を救えた、とする考えが米国内に根強い歴史観として存在しているのも事実です。

パブリック・リレーションズ(PR)先進国の米国のこと、悪魔の爆弾といわれる原爆で多くの無辜(むこ)の市民をも巻き添えにした良心の呵責から、その正当性をPR技法を使い徹底して国民や国際社会に訴えたとしても不思議ではありません。

一方、この核なき世界を目指す国際的な機運の高まりは、唯一の被爆国である日本にとって主導的役割を果たす絶好の機会でもあります。

日本政府は今こそ菅首相を筆頭に、核なき世界の実現に向け主導的役割を担う時だと思います。そのためにはパブリック・リレーションズ手法を駆使し、いま核の傘にある日本が今後どのように国際社会に訴えていくのか、その戦略が求められています。

■日本政府は世界平和の動きに敏感な対応を
広島原爆の日の前日である8月5日の日本経済新聞朝刊に「クラスター弾の全廃をめざせ」という社説がありました。

核兵器のような非人道的な大量破壊兵器とされる、クラスター爆弾の使用や製造を禁止する国際条約に108カ国が署名し、日本を含む38カ国が締結し条約が発効したとする内容でした。

社説によると今回の禁止条約は、クラスター爆弾廃絶を求めるNGO、ノルウェー政府や有志国が中心となり3年半で発効にこぎつけたとのこと。

その意義は大きいと思いますが、禁止条約には米国、ロシア、中国、イスラエル、インドなどが未加盟で、非加盟国のクラスター爆弾の保有数は世界全体の80%から90%に上るとの見方も出ているようです。

11月には第1回の締結国会議が開催予定。日本政府は米国やロシアなどに早期の条約締結を求めるべきである、と社説は訴えています。

終戦から65年、平和ボケといわれ続けるニッポン。戦争のない世界を実現するために国民一人ひとりが考え、それぞれの立場で実行することが必要だと思います。

パブリック・リレーションズはこうした動きを加速させることができます。

いつの時代も戦争は、規模の大小を問わず、子供や女性、お年寄りなど弱者をも巻き込み多くの犠牲を伴います。

私は小学校2年(昭和27年)ごろ、広島の爆心地に近いところに1年ほど住んでいました。クラスの友達にケロイド症の人が何人かいましたが、彼らはいまどうしているでしょうか。

暑い夏のこの貴重なひと時、原爆犠牲者に思いをはせ平和について改めて考えてみたいと思いました。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*


メルマガ登録の方はこちらをクリックしてください。

http://inoueblog.com/archives/m/06.html


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..

投稿者 Inoue: 10:28 | トラックバック