相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2010年1月 | メイン | 2010年3月»

2010年02月22日

私の心に残る本31 『聖書に隠された成功法則』
 ?究極の人生指南書が登場

『聖書に隠された成功法則』 松島 修著


こんにちは、井之上喬です。
みなさん、いかがお過ごしですか?

さて今回は、最近発売されたばかりの松島修さんが書いた、『聖書に隠された成功法則』(2010、サンマーク出版)をご紹介します。著者の松島さんは、日本で最大規模の契約顧客数を誇る投資コンサルタント。有料・無料を合わせて約3万人のメルマガ会員をもち、最近の投資業界で盛んになっているFXを日本にいち早く紹介し、業界では第一人者といわれるビジネスマン。

本書では、松島さんが「聖書」に基づいた「成功法則」を解説しています。人類の大ベストセラーである聖書。2000年の1年間だけを見ても、世界中で配布・販売された数は約6億3300万冊(国際聖書協会)。聖書の解説書は数多くありますが、これまで「神」という存在には深く触れず、何か抽象的な存在に置き換えることで、教養として読み解かれている書籍は少なくありません。

しかし本書の特徴は、聖書解説の王道である神の概念にストレートに言及しつつ、宗教を排除した実践的な成功法則を紹介しているところにあります。著者のビジネス体験や時事的な話題も随所に盛り込まれ、地に足が着いたビジネス書ともいえます。

■自分が「最高の存在」であることを知る
本書が昨今流行の自己啓発や成功哲学に対し、真正面から異議を唱えている点も新鮮で興味深いところです。

松島さんは、人間は神に似せて創造された傑作であり、「人間のステイタスは、神が創造したものの中で、最初から最高の地位にあるのです」と語っています。これは今の限界を突破し、これ以上ないほどの成功を遂げた姿こそが私たちの本来の姿である、という逆転的なセルフイメージですが、ここにこれまでの「成功哲学」書が唱えてきた「自己実現」との根本的な違いあると言います。

「自己実現とは、自分で定めた目標を目指すことです。神実現とは、すでに神があなたに与えている目的に向かって進むことなのです」(31頁)と、自己が設定した目標や理想を強調するあまり、「それに成り得ていない自分」という負のイメージが、成功を困難にさせると説いています。神により与えられた目的に向かって歩まず、自己判断で目標設定し、人が本来進むべき道を進むことなく目標を達成した場合、虚脱感に襲われることがあるとしています。根拠のない自己実現は「諸刃の刀」だと論じているのです。

自己が持ち合わせていないステイタスを獲得するのではなく、「(神から与えられた)本来のステイタスを回復するだけでよい」とするこの生き方を、松島さんは自己実現に対比して「神実現」と表現しています。

成功のコツは、本来の自分の姿を悟り、それと一致した自己実現へ歩みだすこと。松島さんは、これは自己実現ではなく、神実現であるとしています。また、世の中で考えられている1)金持ち→成功→幸福、という実現プロセスは間違いであり、1)幸福→2)成功→3)お金持ち、というプロセスこそが正しいと説きます。

また本書の中で松島さんは、「宗教」と「信仰」の違いに言及し、「聖書は宗教書ではない」と断言しています。そして、これまでの伝統的な聖書解釈から決して逸脱することなく、むしろそれらを大切に保持しながらも、「宗教と信仰は、一見似ていますがまったく異なるものです。宗教と信仰を簡単に分けるとすれば、宗教は人を束縛するものであり、信仰は人を自由にするものです」(199頁)と語っています。

そして信仰とは、神実現の土台となることを受けとめるべきだとしています。つまり、
・人は、それぞれ目的を持って神によって創造された
・人は、神に似せて創られた最高傑作
・人は、神から愛されている

ということを受け止めることだと述べています。
宗教性を排除して、聖書への純粋な信仰を描こうとしているのも興味深い試みといえます。

■タイプ別の成功法則を探る
本書のもう一つの特徴は、中盤で詳しく紹介されている、「4つの生き物」というタイプ別成功法則です。「人それぞれ性格・資質・能力・感性などが違い、成功の道のりも違います。普遍化できる部分もあれば、タイプ別に分けて考えなければいけない部分もあります。」

これまでの一元的な成功哲学では、その手法が当てはまる人も、はずれる人もいましたが、本書では聖書に秘められた4つのタイプを紹介することで、誰もが成功できるタイプ別対応策を伝授しています。

そして、天使(ケルビム・セラフィム)の顔に描かれた1)「獅子」2)「雄牛」3)「人」4)「鷲」の4つの生き物を解説し、チェック・リストによる気質診断などで、楽しみながら自分の資質と才能、成功のためのポイント、陥りやすい罠、対応策などを分析してくれます。

最初の1)の「獅子」タイプは、外交型(リーダーシップ、親分肌、人の中で生き、人の必要を満たそうとする、人の愛を必要とする)。次の2)「雄牛」タイプは、目的志向型(わき目も振らずに目標に向かって直行する、目的達成のために人生をささげ費やす、集中力があるから受験勉強などが得意、目標設定し、達成すると達成感・幸福感を強く感じる)。

また、3)「人」タイプは、内向型(常に自分の内面を深く見つめる、感受性豊か、繊細な神経で周囲に心地よい気遣いができる、心が動揺しやすく、言動が情緒的)。最後の4)「鷲」タイプは、鳥瞰型(高い視点から物事を見る、常に将来的なことを見ながら行動できる、まだ見ぬ未来を予測し期待をする、型にはめられるのが苦手・協調が苦手)。

上記4つの生き物の気質は、人によってさまざまなブレンドがありますが、ほとんどの場合は、どれか一つの気質が色濃く出るようです。本書ではこの4つのタイプの組み合わせやビジネス事例などが書かれています。松島さんは、この4つの気質が統合された姿こそ理想的な人間像であり、その手本がイエス・キリストだと教えています。気質診断は、このURL(http://www.the-status.com/shindan1/)から簡単にチェックできますので試してみてはいかがでしょうか。

斬新な切り口と平易な文体で読者の知的好奇心を刺激する本書は、奥深さと分かりやすさを備えています。たとえば、世間の偽りの成功法則が一見すると聖書と良く似ていますが、その理由として「偽札には独自デザインはありません。それでは誰も騙されないからです。騙すためには、本物のお札に極力似せて作ります」と説明。

正しく見分けるためには偽札を研究するより本物の紙幣をしっかり覚えることが一番有効と薦め、「同様に、私たちが偽の成功法則に騙されないために一番よい防衛策は、本物の聖書に深く触れることです」と本物に触れることの重要性を説いています。

いま国際社会は、環境問題や金融問題、貧富格差、地域紛争、企業倫理の欠如などさまざまな問題に対する回答を模索しています。リーマン・ショックは私たちに、お金儲けに奔走した結果がもたらす人間性喪失の怖さを教えてくれました。松島さんの語る神実現の視点は、それらすべてに対する答えへの共通基盤とも言えるでしょう。

何が正しいのかを見分けていくため、今ほど「本物に触れる」ことが必要な時代はありません。松島さんは「自分だけでなくまわりの人をも幸福にできる人こそが真の成功者です。」と語ります。周りにも成功を波及させていくライフ・スタイルとストラテジーです。これはパブリック・リレーションズ(PR)における、リレーションシップ・マネジメント(良好な関係性の維持)の概念にも共通しています。パブリック・リレーションズを発展させることは、松島さんが提唱する神実現をスムーズに実践していくための大切な手立てとなるでしょう。

個人と社会のあるべき姿を見出すために深い示唆を与えてくれる一冊です。ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

投稿者 Inoue: 10:00 | トラックバック

2010年02月18日

ワシントンのNPBに出席して その2
 ?大雪のトラブルで触れた日本人の心づかい

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

前回、ワシントンDCでのオバマ大統領出席のNational Prayer Breakfast(NPB:大統領朝食会)へ出席したお話はしましたが、降り続く雪でワシントンの首都機能はマヒ。スノーマゲドン(雪最終戦争)といわれる今回の大雪は最終的に111年ぶりとなったようです。

ワシントンポストなど現地の報道によると、この冬の累積積雪量は140センチに迫ると報じられ、豪雪の影響で5万世帯、19万人が停電の影響を受けたとされています。また連邦政府は連続4日間の業務停止。現地友人のオフィスも月曜日から木曜日までクローズし、12日の金曜日からようやく再開したとのこと。

私は大雪の初日に無事ワシントンを脱出し帰国できましたが、米国での緊急時体験は私にいろいろなことを考える機会を与えてくれました。

■コンピュータ化がもたらす人間疎外
今回のような緊急性の高い状況に身を置いたことで、コンピュータ社会の欠陥を強く感じました。米国は、ホテルの予約、空港への問い合わせ、電車予約など大型のコンシューマー・サービス分野では日本以上にコンピュータ化されています。

つまり顧客から電話を入れると、コンピュータの指示で顧客の要望に答え解決するシステムです。しかし、突発的な事故や問題が発生したとき窓口には人間の応対が必要となります。特に交通機関がマヒした際には、フライト・スケジュールなどのキャンセルや変更は必須。

そのようなときには、通常オペレータが対応することになっていますが、なかなか出てきません。ホテルのコンセルジェに相談しても「相手が出てくるまで待つしかない」と返事が返ってくるばかり。ようやく待って相手を捕まえても、多くの場合その対応は親切なものとはいえません。とくに英語が不自由な外国からの旅行者にとっては不安と心細さを増長させるばかり。

■トラブルの中で触れた日本人の心づかい
今回の大雪では、普段体験することで当たり前に思っていたことのありがたさを改めて感じさせてくれました。それは日本人のきめ細かな心づかいです。

天気予報で予告されていたとおり、雪は、大統領朝食会の翌日2月5日の午後から降りはじめました。その日、午前中のビジネス・ミーティングの後に、「ダレス空港が閉鎖されるかもしれない」と聞かされホテルに戻ってみると、翌日土曜日の私のフライトがキャンセルされ8日(月曜日)に変更になっていることを知ります。

慌てて800番(日本の料金無料0120番)で航空会社を呼び出しても、オペレータにうまくつながりません。コンピュータでしか返事が戻ってきません。部屋の窓の外を見ると雪がだんだん強く降ってきています。何度試みても人間が電話に出てこないのです。「予定の飛行機で帰国できないと、週明け早々から始まる政府系の重要な仕事に出席できなくなる。どうしょう」。そんなことを考えるとだんだんパニック状態に陥ってきます。

そんな中、ワシントン在住で大学の先輩でもある神田幹雄さん(日米文化センター理事長)が心配して電話をかけてきて、日本人が対応してくれる別のトールフリー800の番号を教えてくれました。こちらもコンピュータ対応なのですが、すぐ電話口に日本人女性職員が出てきました。たまたま日本人客からの問い合わせが少なかったからなのでしょうか、何度かけても、日本人オペレータがすぐ電話口に出てくれます。

外資系航空会社ではたらく、日本人職員の親切で、きめ細かく、てきぱきとした対応で問題が処理されていったのです。ニューヨーク行の列車やバスの利用方法や連絡先など、相手の立場を考えながらの対応は素晴らしいものでした。

翌日のニューヨークのJFK空港でも、日本人職員のきめ細かい心づかいには助けられました。緊急時で自動チェックインができず困っていた時に、日本人職員が複雑な切り替えをてきぱきと行なってくれました。北上する雪が、次第に強まっていくケネディ空港で、彼女たちの仕事ぶりは際立ってみえました。平時の時には気がつかないことでも、パニック的な状況のときにそのサービスの違いを見せつけられた感じがします。

今回の旅行で、彼女たち日本人のもつ心づかいや国民性に触れることができました。日本人の接客能力を再認識することになりました。そこで感じたことは、「サービス業先進国の米国は、システムは良いが人間教育がうまくいっていない。お客に接するということがどういうことか分かっていない」ということです。移民国家米国の弱点が見えた思いがします。

パブリック・リレーションズ(PR)は人間力を強化します。海外でたくましく仕事に従事する日本人の力強さを感じました。こうした人たちがパブリック・リレーションズを身につけると日本は強力になるにちがいないと考えながら米国を後にしたのでした。

投稿者 Inoue: 17:00 | トラックバック

2010年02月11日

ワシントンのNPBに出席して
〜オバマ大統領のモチベーション

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

先週出張で、ニューヨークとワシントンDCを訪問しました。訪問の主目的は、ワシントンDCでのNational Prayer Breakfast(NPB:大統領朝食会)への出席。昨年1月ワシントンで行なわれた、オバマ大統領就任式でテレビから伝わってきた寒さは厳しいものでしたが、現地ワシントンでは88年ぶりの豪雪の直前。東京では体験できない厳しい寒さでした。

NPBは毎年米国大統領出席のもとで行なわれるもので、世界平和を祈る目的で毎年2月に開かれています。今年はオバマ大統領、ミシェル夫人に続き、バイデン副大統領、ヒラリー・クリントン国務長官、マレン統合参謀本部議長など米国政府の要人や上下両院議員、海外からはスペインやフィージーの首相や政府要人、議会関係者、宗教指導者など約140カ国から3000名を越える人が招かれました。

■覚醒するリーダーに触れて
NPBは1953年、アイゼンハワー大統領の時代に、上下両院議員を中心に党派を超えて始められたもので、当時のPresidential Prayer Breakfastの名称は現在の名称に変更。発足時は議会関係者が中心で、党派を超えた連邦議員の個人的な交友を深める目的で始められたようですが、やがて世界各国に広がり、宗教や民族、政治体制を越えた個人のつながりを深めるための朝食会として定着しています。
毎年2月第1週に行なわれるこの行事への出席は私にとって今回が3度目。大統領朝食会の前後にはさまざまな食事会があります。NPBでは着席するテーブルが毎回異なる関係もあり、新しい友人に出会えるのも楽しみのひとつです。
オバマ大統領は席上、「人にしてもらいたいことを、人にしてあげる」ことの必要性を説きました。また「米国は礼節を取り戻す必要がある。祈りは私たちを高慢から守り、我々の心を謙遜にしてくれる」と語り、「成功した時にこそ謙遜になり祈ることが必要」と祈ることの大切さを説いていました。

また「(私の)政策を問題にしてもいいが、動機(motivation)を問題にしないでほしい」。たとえ政策が異なっていてもMotivationが同じであれば相手を受け入ることができるはず、と訴えました。物事を成し遂げるためには目標達成のためのモチベーションが重要となります。国内で医療年金や雇用問題、増税問題など多くの問題を抱えるオバマ大統領が苦悩の中で目標に向かって突き進んでいこうとする強い信念を感じ取ることができました。

また「我々を隔てているのをみるのではなく、互いの共通点を見つけよう」。そしてYou see face of God in enemiesと敵の中にこそ神を見ることができると説いたアブラハム・リンカーン(1809-1865).の言葉を引用。双方が共存できる方法を考えることを訴えました。9/11事件しても、テロの非人道性を叫ぶと同時に、「彼らがなぜ攻撃したのかを考えなければならない」とも語ったのです。相手の視点に立つことの重要性が伝わってきます。

オバマ大統領は最近起こっている数々の問題に対して、「我々は貧困や諸問題に直面しても、日常化したものに無神経になりやすい。自分の快適な空間(comfort zone)から飛び出し、求められているものに答える必要があるのではないか」と、自分の中に閉じこもらず外に目を向け行動することを促しました。

■リーダーが持つべき謙遜さ
オバマ大統領のスピーチに先立ってヒラリー・クリントン国務長官のスピーチがありました。ヒラリーは1993年から出席しているようで、「1953年のアイゼンハワー大統領が出席した最初の朝食会は、わずか200名ですべて男性。それが今では世界百数十カ国から多くの女性も出席する会になった」と喜びを表わしました。

そして出席者全員に向かって、「これまでこのNPBには大統領夫人として、また知事として、上院議員そして国務長官として出席してきたが、私たちはそれぞれ政策や理念が異なっていても、ビジョンや許しや愛に対する思いは同じはず」と語りかけました。またリーダーの果たすべき責任について、最近起きた「ハイチ地震では多くのグローバル・リーダーが試されている。私たちリーダーには問題解決の責任がある」と訴えかけました。

最後に、94年にマザー・テレサがNPBに出席した時のことを話してくれました。サンダル履きの小柄なマザー・テレサはそのスピーチの中で、当時出席していたクリントン大統領に向かい、「世界平和を祈るために私たちは集っているのに、人工堕胎を認めるあなた(大統領)には平和を語る資格はない」と夫クリントン大統領を叱責したエピソードを紹介。

マザーはスピーチのあとヒラリー夫人に呼びかけ、ワシントンに「子供の家」を一緒に建設することを提案したそうです。ヒラリーはこれを受け入れ、翌年の95年6月に孤児院「マザーテレサ・ホーム」がワシントンにオープン。ヒラリーによると、その間マザーはベトナム、カンボジアなど、マザーの出向く先どこからでも矢継ぎ早の電話をかけてきて進捗状況を聞いてきたそうです。マザー・テレサの偉大さを感じさせる話でした。

この話は朝食会の後に話題となりました。偶然に94年の朝食会に出席していた人が、マザー・テレサのあとのクリントン大統領のスピーチの一部を話してくれました。大統領はこのマザーの強い叱責で、「誰かがバスケットの試合で見事にシュートしたあとに、自分が隅でドリブルしているみたいだ」と、自分の存在がいかに小さなものであるのか、その気持ちを出席者の前で素直に明かしたといいます。自分の非を認めることができるリーダー像をみる思いがします。

大統領朝食会のあと5日の昼から強い雪が降り始めました。ワシントンの空港のフライトが全てキャンセルされたことを知り、一日予定を早め、大急ぎで荷造りをしてホテルをチェックアウト。ワシントンのユニオン・ステーションで、間一髪で電車に飛び乗り無事ニューヨークに到着し、銀世界のJFK空港を後に帰国の途に着くことができました。

パブリック・リレーションズ(PR)は個人や組織体と社会の間のインターメディエータ(仲介者)。複雑化する世界をしっかりつなぎ、目的達成のために良好な関係構築を行う手法です。世界平和のための道具として使われるよう祈りたいと思います。

投稿者 Inoue: 15:50 | トラックバック

2010年02月01日

『体系パブリック・リレーションズ』を紐解く 20
 ?プレスとの協働のためのガイドライン

こんにちは、井之上喬です。
もうじき立春。春の足音が聞こえる時節になりましたが
皆さんいかがお過ごしですか?

今週は、『体系パブリック・リレーションズ』Effective Public Relations (EPR)第9版の邦訳:ピアソン・エデュケーション)をご紹介します。EPRは米国で半世紀以上のロングセラーを記録するパブリック・リレーションズ(PR)のバイブル的な本で、日本語翻訳メンバーには私も加わりました。

今回は、第10章「メディアとメディア・リレーションズ」(井上邦夫訳)の中から「プレスとの協働のためのガイドライン」を紹介していきます。メディア・リレーションズはパブリック・リレーションズのコア・コンピタンスです。メディアとの良好な関係性をいかに構築していくかは、パブリック・リレーションズの実務家にとって世界共通の課題。このガイドラインはこの課題に対して大いに示唆を与えてくれています。以前このブログで「良好なメディア・リレーションズのためのガイドライン」についてお話ししたことがありますが、その続編的な内容となります。

■10項目のプレス対応ガイドライン
本書で、元CBSニュース記者で長くカウンセラーを務めているチェスター・バーガーは報道機関について「しばしば不公平で、理不尽で、悪いことがある。しかし、彼らは我々の友ではないにしても、国家の最大の友であり、我々はそれに感謝しなければならない」と語っています。また彼は、健全なパブリック・リレーションズの実践の原則に基づき、プレス対応のためのガイドラインを以下のように提案しています。

1. 組織体の利害ではなく、パブリックの利害の観点に立って話す。
2. ニュースを読みやすく利用しやすくする。
3. 引用されたくない発言は、話してはいけない。
4. 最初に最も重要な事実を述べる。
5. 記者と言い争いをしない。冷静さを失わない。
6. 質問のなかに攻撃的な言葉や不快な単語が含まれていたら、
  それを繰り返さず、さらに否定してもいけない。
7. 記者が直接的な質問をしたら、同様に直接的に返答する。
8. スポークスパーソンが質問に対する回答を知らないときは、
  端的に「私は知らないが、調べて回答しましょう」と言う。
9. たとえ傷つくとしても真実を述べる。
10.記者にニュースだと思わせることができない限り、記者会見を
  開いてはいけない。

私の会社(井之上パブリックリレーションズ)の業務にも「スポークス・パーソンのためのメディア・トレーニング」プログラムがあり、そのテキストには上記と共通する内容が盛られています。どれも大事なことですが、私は特に「真実を述べる」ことが何にもまして重要だと思っています。

この点について本書では「悪いニュースはすぐに消滅する、メディアはそれを見逃すだろう、と一瞬でも考えてはいけない。(中略)実務家は、そのニュースや報道される方法についてコントロールできる余地を残さないだけでなく、防衛的であってはならず、事実を隠蔽しようとしたとか、メディアに暴露されたといった嫌疑をかけられないようにしなくてはいけない。」

そして、「これは最も難しい。なぜならば、実務家の仕事は悪いニュースをメディアから締め出すことだと見ている経営トップの人々を納得させなければならないからである」と記しています。

また、ガイドラインの最初に列挙されている、「組織体の利害ではなく、パブリックの利害の観点に立って話す」こともこれからのパブリック・リレーションズにとって重要なことです。なぜならこれからの組織体は、その活動がパブリックにも受け入れられることが求められており、実務家はクライアントの利害だけを近視眼的に考えて行動することは許されないからです。これらに共通するものは「倫理観」といえます。

■メディアに精通した経営トップが求められる時代
また、本書では実務家がニュース・メディアのジャーナリストと良好な関係性を構築し、維持していくためには何よりも相手から信頼されることが重要であるとアドバイスしています。

しかし実際に私たち実務家のもつ情報の一部には秘匿義務が課せられていたり、また個人情報保護のため、あるいは、競合するビジネス環境における情報の財産的価値のために開示できないケースも多々あります。

この点に関しては報道機関の情報ニーズと実務家との関係は対立する関係でもあります。こうした環境の中でジャーナリストの信頼を得ていくことは並大抵なことではありません。スポークス・パーソンとして、あるいはメディア・リレーションズのマネジャーとして活動するすべての人々にはメディア・トレーニングが必要だと本書は語っています。

一方で人々に報道機関との付き合い方を教えていることが背徳行為だとの非難が彼らからあがっています。こうした声に対して本書ではロジャー・エールスがジャーナリズム・セミナーで述べた次のようなコメントを載せています。

「我々は常に真実を述べるようにクライアントに助言する。しかしながら、私を最も困惑させることは、あなた方(ジャーナリスト)はジャーナリズム・スクールで質問する方法を学んでいる一方で、それらの質問の答えかたを学ぼうとする人々の権利について否定することである」。エールスのこの言葉には大いに納得できるものがあります。

メディア・トレーニングを行う意義について本書は「我々の自由社会は自由な報道が中心的役割を果たすため、メディアに精通した経営トップが求められる時代なのである。報道機関と直接対応する経営陣を助けるために準備されるメディア・トレーニングは、パブリック・リレーションズ部門の責任であり、良好なメディア・リレーションズを構築して維持するための不可欠な投資となる」と結んでいます。

ほとんどの人は、鳩山首相やオバマ大統領と会ったことがありませんが、彼らがどういう人物なのか私たちは知っています。それは新聞、TV、雑誌などのディアを通して知っているからです。メディア・リレーションズの重要性はここにあります。そして健全なメディアを支える基盤は「倫理観」なのです。

投稿者 Inoue: 09:41 | トラックバック