相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2009年3月 | メイン | 2009年5月»

2009年04月27日

私の心に残る本25  稲盛和夫の『働き方』

『働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」』 稲盛和夫著 


世界の根幹が揺らぐ混迷の時代にあって、「働くこと」を厭う人や働くことを怖がる人など、働くことに幸せを見出せない人が増えてきています。

今日は、京セラの名誉会長を務める稲盛和夫さん著『働き方』(2009年、三笠書房)をご紹介します。稲盛さんの本は以前このブログで『人生の王道?西郷南洲の教えに学ぶ』(2007年、日経BP社)を紹介しています。亡くなった私の父が鹿児島生まれということもあり、鹿児島出身の稲盛さんには他の人とは違った特別な思いがあります。本書『働き方』では、稲盛さんは「なぜ働くのか」「いかに働くのか」という問いに明るい可能性を示しています。

■ 幸福になる働き方
「『よく生きる』ためには、『よく働くこと』がもっとも大切です」。

稲盛さんは1932年生まれ、中学の受験に失敗したり、結核で死線をさ迷ったり、戦災で自宅を焼かれるなど、若い時に多くの挫折を経験。地元の鹿児島大学工学部を卒業したあと、59年、京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長を務めています。84年には第二電電(現KDDI)を設立すると共に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に貢献した人を顕彰しています。また、若手経営者のための経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成にも力を注いでいます。

稲盛さんは、働くことは生活の糧を得る手段にとどまらず、心を磨き、人間性を高める手段でもあると断言しています。ここでは稲盛さんが新卒で京都のオンボロ会社に勤めていたときのエピソードが挙げられています。はじめは愚痴ばかりこぼしていた稲盛さんですが、それでは人生が始まらないと一念発起。まずは、目の前にある仕事を徹底的にやってみようと決意し、「ど」がつくほど真剣に働いたそうです。

当時稲盛さんはファインセラミックスの開発担当をしていました。実験に打ち込み、次第に素晴らしい実験結果を出せるようになると、それまでの会社に対する愚痴や人生に対する不安はすっかり消えてしまっていたそうです。ここで初めて、艱難続きだった稲盛さんの人生に、一生懸命働いて成果を得る好循環という幸運が舞い込んだといいます。

この経験をもとに稲盛さんは、「働くことは『万病に効く薬』」だとして、「愚直に、まじめに、地道に、誠実に」働けば、神様は絶対に幸福への切符を差し出してくれると述べています。

■「平凡な人」を「非凡な人」に変えるもの
「たとえ身のほど知らずの大きな夢であっても(中略)まずは目標を眼前に掲げることが大切なのです。なぜなら、人間には、夢を本当のものにしてしまう、素晴らしい力があるからです」。

稲盛さんが、「経営の神様」と謳われた松下幸之助さんの講演会に参加した面白い話しが紹介されています。松下さんが唱える「余裕のある経営」の実現について、松下さんは聴衆からその方策について問われたとき、「それは(まず自分自身がそう)思わんとあきまへんなぁ」と応えそのままだまっていたそうです。答にもなっていないようなこの言葉が聴衆の失笑をかったとき、稲盛さんはこの一言に込められた松下さんの万感の思いに、身体中に電撃が走ったといいます。

本気で思えば、やるべき事が見えてくる。それを継続的に地道に行なえば、必ず思いは実現する。稲盛さんは、これは人生における鉄則であると説いています。

「人生つまるところ、『一瞬一瞬の積み重ね』に他なりません。(中略)また、『偉大なこと』も『地味なこと』の積み重ねに他なりません」。

稲盛さんは、継続する力こそが、凡人を非凡人にする力であるとしています。「鈍な人」が愚直に頑張り非凡な人になることも、天才や名人が大きな成果を残すのも、その裏には継続する力があるからだと説いています。

「今の自分の仕事に、もっと前向きに、できれば無我夢中になるまで打ち込んでみてください。そうすれば必ず、苦難や挫折を克服することができるばかりか、想像もしなかったような新しい未来が開けてくるはずです」。

目標を掲げることや、継続する力を持つことは、PRパーソンにとっても極めて大切なことだと思います。パブリック・リレーションズ(PR)の手法を会社や組織に導入しようとするとき、今までにない目標を掲げ、成果を得られるまで忍耐強く継続的に活動することが求められるからです。

平易に記された本書には、稲盛さんの知恵や次世代を担う若い人たちへの温かいメッセージが沢山詰まっています。200ページほどの読みやすい本。ゴールデンウィークに読んでみてはいかがでしょうか?

投稿者 Inoue: 09:16 | トラックバック

2009年04月20日

『体系パブリック・リレーションズ』を紐解く 11
 ?PRの歴史的発展 その1

こんにちは井之上喬です。
皆さんいかがお過ごしですか?

今週は、『体系パブリック・リレーションズ』Effective Public Relations (EPR)第9版の邦訳:ピアソン・エデュケーション)をご紹介します。EPRは米国で半世紀以上のロングセラーを記録するパブリック・リレーションズ(PR)のバイブル的な本で私も日本語版の翻訳メンバーに加わり昨年9月に発売されました。

20世紀初頭に米国で登場・体系化されたとされるパブリック・リレーションズ。今回は、第4章の「パブリック・リレーションズの歴史的発展」(井上邦夫訳)の中から1回目はブリック・リレーションズの起源から18世紀のアメリカ合衆国の独立までを紹介します。

本章の冒頭には「パブリック・リレーションズの進化の過程を学習すると、その機能、長所、短所を洞察する力が増す。残念ながら、多くの実務家は自分のミッションであるパブリック・リレーションズの歴史的意義を把握していないため、社会における位置や意義を十分に理解していない。そればかりか、パブリック・リレーションズの歴史と発展がどのようにつながっているかも理解していない。」と実務家の歴史認識の浅さが指摘され、「公表されている歴史は、目新しさや数人の多彩な個性を強調し、複雑でドラマチックな物語をあまりにも単純化し過ぎているきらいがある。しかし、パブリック・リレーションズの歴史的背景を理解することは、今日の専門的実務に不可欠なことである。」と語られています。
論語に収められた孔子の「温故知新」を想起しますが、歴史を知ることで新しい何かが見えてくるはずです。このテーマについて今後数回に分けて紐解いていきます。

■紀元前1800年の農業公報
本書では「見識や行動に影響を及ぼすような伝達手法は、最も古い文明にまでその起源を遡ることができる。考古学者はイラクで、紀元前1800年当時の農民に対して、作付け方法、灌漑方法、野ネズミの撃退法、作物の収穫方法を伝える農業公報を発見した。パブリック・リレーションズの初歩的な要素も、古代インドの王のスパイに関する記述に見られる。スパイの仕事には、諜報活動の他にも、王に民衆の意見を常に知らせること、王が民衆の間で擁護されること、王政に好意的な噂を流すことなども含まれていた。」とその起源を紹介。

また、ギリシャの理論家は、世論という用語こそ特に用いなかったものの、民意の重要性について記述していたといいます。ローマ時代の政治用語と中世期の著述に見られる特定のフレーズや考えは、現代の世論の概念と関連をもち、ローマ人はvox populi, vox Dei「民の声は神の声」という表現を新しく創りだしたと本書で述べています。

英国においても、パブリック・リレーションズの手法は何世紀も前から使われており、歴代王は大法官を「王の良心の番人」として側に仕えさせたとしています。このことから王でさえ、政府と民衆の間の対話や調整を促進するため、第三者の必要性を認識していたことが察せられます。それは、教会、商人、職人についても同様だったようです。プロパガンダという用語は17世紀にカトリック教会が「信条を布教するための宣教院」を設立したときに生まれたと述べられています。

■米国では逆境と変化の中で誕生
本書によると米国におけるパブリック・リレーションズの始まりは、愛国者の草の根運動派と商業に携わる有産階級のトーリー党の間で権力をかけて戦った独立戦争が発端であると記されています。ハミルトン率いる商人の有産階級派とジェファーソン率いる入植者と農民部隊の間の紛争、ジャクソン率いる農耕辺境開拓者とニコラス・ビドル率いる金融勢力の間の紛争、そして流血激しい南北戦争においても市民の支持を得るための取り組みは見られたと記され、米国におけるパブリック・リレーションズは、まさに逆境と変化の中で誕生したとしています。

また本書は、米国においてパブリシティを利用した、募金活動、社会運動の推進、新規事業の促進、土地の販売、芸能界のスターづくりは、国の歴史よりも古いとしています。米国人のプロモーションに対する才能は、初めて東海岸へ入植した17世紀まで遡ることができるようです。この大陸での、おそらく最初の組織的な募金活動の取り組みは、1641年に創立間もないハーバード大学がスポンサーとなり、3人の伝道者を英国へ「募金行脚」に派遣したものであるといいます。彼らは英国に到着すると、今日では当然必要とされる募金活動用の説明書を準備していなかったことに気づき、ハーバード大へ知らせることになります。この要請に応えて、『ニューイングランドの最初の果実』が生まれたのです。これは大半がマサチューセッツ州で執筆されたものが1643年にロンドンで印刷され、その後、続々と作成されるパブリック・リレーションズのパンフレットや説明書の最初の例となったのです。

アメリカ合衆国建国の父の一人としても知られ、政治家、著作家、政治哲学者のサミュエル・アダムス(Samuel Adams、1722 - 1803年)は本書で、「多くの人間は理性よりも感覚によって導かれる」という仮定のもとで、常にまず世論を喚起し、誘導したとされます。彼はこの方法を直観的に知っていた人で、同志とともに行ったその行為は、「…ペンを使い、演壇や説教台、舞台イベント、シンボル、情報、そして政治組織を利用した。」と記述されています。

こうして仲間の独立論者とともに、これらプロパガンダ推進派は、世論を動かす革新的手法をいくつも開発し、実践していきます。彼らは行動を実行に移すための組織として「自由の子」(Sons of Liberty)を 1766年にボストンで組織。1775年にはキャンペーン情報を流すための組織として「通信委員会」(Committees of Correspondence)を設置。視認性に優れ感情を喚起するシンボルマークや覚えやすい端的なスローガンを使用したことなどが本書で紹介されています。

多くの人の認識以上に、現代のパブリック・リレーションズ(PR)の実務パターンに当時の手法が受け継がれていることに驚かされます。
「…パブリック・リレーションズの歴史的背景を理解することは、今日の専門的実務に不可欠なこと…」と著者の言葉を冒頭に記しましたが、皆さんはどのような感想をもたれたでしょうか。

投稿者 Inoue: 09:30 | トラックバック

2009年04月13日

一年ぶりの授業再開
〜「パブリック・リレーションズ特論」

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

「覚醒した次世代リーダーのために」。私は2004年から早稲田大学で、パブリック・リレーションズの理論を中心とした「パブリック・リレーションズ概論」と実践中心の「パブリック・リレーションズ特論」の二つの授業を行っています。この春から、一年間休校させていただいたこれらの授業が一年ぶりに再開しました。今月から始まった前期授業は、「パブリック・リレーションズ特論」でゼミ形式の授業。先日一年ぶりに教室で受講生と再会し、楽しい90分を過ごすことができました。

■半年の授業に2年分のエネルギーを注ぐ若者達
学部間の垣根を越えた「オープン教育センター」で行なわれるこの授業は受講者の所属学部も理工学部から文学部までさまざま。前期の「特論」はパブリック・リレーションズ(PR)の理論を学ぶ「概論」の実践編。

ほぼ隔週に行う半年間の変則授業の理由は、授業外でグループ分けされた受講生がそれぞれのテーマで企画を立案し、プレゼンテーションの準備をするからです。毎年この授業を受講する学生は、授業のない日もグループで教室や学校近くの仲間の下宿先に集まり、徹夜も含め50-60時間をプラン作成のために費やします。だから特論には本当にスキルを習得する明確な意思を持った人たちが集まっています。

この授業で学生たちは、半年間の授業(2クレジット)に対し2年分(8クレジット)相当の時間を費やします。毎年、眠たい目をこすりながら、時間に遅れないように授業に参加する受講生の姿勢には心を打たれます。パブリック・リレーションズのプランニング経験がない学生の目が回を重ねるごとに輝きを増し、グループの結束力が強まっていく姿は感動的でさえあります。

■ 講師は第一線のジャーナリスト
「特論」では授業の中で、現役で活躍するジャーナリストを講師にお招きしています。今年は、朝日新聞の山田厚史さん(アエラ・シニアライター・元編集委員)とNHKの高木徹さん(スペシャル番組部ディレクター)です。

山田さんは朝日を代表する正統派ジャーナリスト。問題の本質に迫るその鋭い切り口と筆力には定評があります。新聞、雑誌にとどまらずTVにも顔を出しています。また高木さんは、ボスニア戦争を題材にした『戦争広告代理店』著者。最近放送された「沸騰都市」の制作担当ディレクターで、シリーズの一つ「シンガポール編」はまさに圧巻。

豊富な経験を持つお二人の授業で、直接指導を受けることに学生たちは大きな期待で胸を膨らませています。

この授業には、他大学の学生も受け入れており、立教大学や日本女子大などの学生も受講しています。激動の社会にあって、次世代を担う確かなバックボーンと強い個をもったリーダーの育成が急がれています。今年もこの授業を通して、受講生の皆さんがどのように成長していくのか今から楽しみです。

投稿者 Inoue: 09:23 | トラックバック

2009年04月06日

迷走する政治 2
 ?外国メディアの日本批判

こんにちは、井之上喬です。
やっと桜の満開を迎えた関東地方ですが、みなさん、いかがお過ごしですか?

いま日本の政治にこれまでにない赤信号がともっています。
先日ある閣僚経験者と夕食を共にしました。話題は現在の日本の政治の迷走。日本が直面している政治の危機的状態をどうすれば脱却できるのかといったことでした。今の日本には、麻生さんや小沢さんを比較しその優劣を論じる悠長な状況はありません。

日本の政治は、奈良・平安時代の律令政治から鎌倉時代、武家政治に移行し江戸末期まで続きますが、明治維新以降長きにわたって官僚主導政治が続いています。このパラダイムは第二次大戦後も大きく変わっていません。今回は、迷走する政治の現状についてさまざまな視点から見ていきたいと思います。

■外国メディアもあきれる日本
日本の政治の迷走ぶりをみて、海外メディアが日本の政治家に対し手厳しい批判記事を掲載しています。米国政治のオピニオンリーダー紙、ワシントンポスト(2009年2月2日付)はショッキングな記事を書いています。ある日本人学者のコメントを引用し、日本はすでに「ゆでがえる」。熱い湯に入れられた蛙は熱さに驚き、飛び出てくるが、ゆっくりと水を煮立たせると、蛙は飛び出す力を失いゆであがる。問題は、すでに蛙が煮立った湯の中にいることだと書かれています。

また、英フィナンシャル・タイムズ紙は2月25日の社説で、「日本の危機は政治がマヒしているせいで悪化している」と指摘。日本はすぐに総選挙を実施して、意思決定できる政府をつくるべきだと訴えています。そして「(中略)慢性的な輸出依存により、世界の需要が衰えると経済が止まってしまった」と日本経済の現状を分析。こうした状況に麻生政権は、不十分な対応を続けていると批判(Asahi.com:ロンドン尾形聡彦)しています。
一方、米誌ニューズ・ウィーク(アジア版、3月9日号)は「Headless in Tokyo:アタマのない東京」という見出しで長文記事を掲載。中川昭一財務・金融担当相(当時)の先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)での二日酔い会見写真と相次ぎ辞任した4人の日本の首相らの写真を並べ、「日本はグローバル・ビジネス、文化、テクノロジーにおける大国であるにもかかわらず、バナナ共和国(banana republic)のように運営されている」と指摘しています。「バナナ共和国」とは一般的に政情不安定な小国をいい皮肉られた表現。

そして米紙ワシントン・ポスト(3月25日付)は、麻生首相への支持率が下がる中、小沢一郎・民主党代表の公設秘書の起訴により小沢氏が首相の椅子を得る可能性が薄くなったとし、彼に期待していた国民は落胆していると報道。また90%以上の国民が現在の政治を不満に感じていると、「汚職を嫌って自民党を離党した小沢氏」の去就について報道しています。

■しがらみ政治から脱する
世襲問題については、米紙ニューヨーク・タイムズ(3月15日付)は次男を後継指名した小泉純一郎元首相を批判。政界の世襲は戦後日本のダイナミズムを喪失させている。日本社会をより硬直化させ民主主義が弱体化する兆候かもしれないと分析。またブルンバーグ・ニュースのコラムニストのWilliam Pesek氏は、「数々の深刻な構造問題を抱えているとはいえ、能力に応じてリーダーを選べば、日本は潜在力を発揮して、将来的には再び成長の果実を得ることになると思われる。だが、能力ではなく、「生まれ」で首相ポストが決まり、新しい意見が力を得ない日本政治の現在のありようのままでは、先は真っ暗だ。」(3月19日)と世襲化した日本の政治のありようを厳しく批判。有能な政治家を発掘・育成する環境づくりが急がれています。

日本や英国、デンマーク、スウェーデンなどは皇室と政治が切り離されています。しかし、北朝鮮の金正日一族をはじめ、パキスタンのブット一族やインドネシアのスカルノ一族など、途上国の多くの政治のトップが世襲制で継承されている事実を知るにつけ、日本政界のレベルがその域を脱し得ない危惧を持つことを禁じ得ません。もちろん世襲議員の中にも秀逸な人はいますが、小泉首相以降、日本では安倍晋三氏、福田康夫氏、そして現在の麻生太郎氏の4人の首相はすべて世襲政治家。

しかし政治家としての資質や能力があっても、資金のない有能な新人が政界に進出するためには、政治家個人への有効な支援システムを考える必要があります。私が夕食を共にした前述の政治家は、本人の経験として、「最近後援会等の会費の支払はクレジット・カードで処理できるようになったが、米国の大統領選で使われたような、インターネットでのワンクリック献金は難しい」と指摘しています。会費納入と異なり、クレジット会社が不特定多数の相手に対する処理に消極的なことがその理由にあるようです。また日本では寄付金に対する税控除も受けられません。

日本は世襲や企業など特定の組織との既得権益を排除し、利害関係のない政治家を育てなければなりません。以前このブログで紹介した、司馬遼太郎が蘭医学者、緒方洪庵について語っているくだりがあります。「人のため」に生きた彼の生涯を示し、志の大切さやその高い志を共有することで、大きなうねりを起こすことができるとしています。身を持って教えようとした洪庵の精神。使命感と志を持つことの重要性が語られています。

パブリック・リレーションズ(PR)の手法で語るならば、「国民を幸せにする」これが政治家としての大目標のはずです。この究極の目標に向かって政治家個人個人がどのような行動をとるべきかいま強く問われています。かつて主要閣僚として政治の中枢にいたこの政治家は、何かを心に期したように、静かにしかし力強くその場を離れていきました。

投稿者 Inoue: 09:40 | トラックバック