相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2008年9月 | メイン | 2008年11月»

2008年10月25日

『体系パブリック・リレーションズ』を紐解く 3
 ?必須条件となる文章力

こんにちは井之上喬です。
皆さんいかがお過ごしですか?

3週連続して今週も、世界で「パブリック・リレーションズのバイブル」として高い評価を得ている Effective Public Relations (EPR)第9版の邦訳『体系パブリック・リレーションズ』(ピアソン・エデュケーション)をご紹介します。

今回は、第2章の「パブリック・リレーションズの実務家」(井上邦夫訳)の中から、パブリック・リレーションズ(PR)の分野で成功する必須条件として採りあげられている文章能力について紐解きます。

私もかつて実務家に求められる10の能力の3回目で「文章力を伴ったコミュニケーション技術」(06年3/17)について書いています。広報担当者やパブリック・リレーションズの実務家は、様々なリレーションズを通して戦略的に設定された目標や目的を達成していく仕事です。具体的に行動する上で企画書やプレス・リリースの作成など、文章を書くことが要求される場面が数多くあります。したがってプロフェッショナルとして質が高くかつ説得力のある文章は、相手の理解と共感を得るのに有効です。EPRでパブリック・リレーションズの実務家の必須条件として採りあげられていることからも、文章能力の重要さは世界共通のことであるようです。

■文章能力はキャリアの一生を通じて続く
「パブリック・リレーションズの実務家は、様々な状況に対応するため、また自分たちがなすべきことについて外部の期待に応えるために必要な言動パターンを身につけてきた。次の4つの主要な役割が、パブリック・リレーションズの実務の多くを示している」と本書では語っています。それらは「コミュニケーション・テクニシャン」であり、「エキスパート・プリスクライバー」(パブリック・リレーションズの問題に対して処方箋を書く専門家)、「コミュニケーション・ファシリテーター」(まとめ役)、「問題解決ファシリテーター」です。

特にコミュニケーション・テクニシャンには、ニュース・リリースや特集記事の執筆、社内報の執筆と編集、ウェブサイト・コンテンツの作成、ステークホルダー(利害関係者)向けニュースレター、手紙の発送・返信、株主への報告書と年次報告書、スピーチ原稿、パンフレット作成、フィルム・スライドショーの原稿、業界紙の記事企画、企業広告の文案、製品や技術関連資料の作成など広範な業務が紹介されています。そして「職務と責任の組み合わせは組織によって大きく異なるが、パブリック・リレーションズ業務の中心的役割として文章作成スキルの要件はキャリアの一生を通じてずっと続く」と結んでいます。

また、クライアントがパブリック・リレーションズの実務家に求める特性には、ビジネスがどのように機能するかについての理解やコンピュータソフト、ニューメディア・テクノロジーを使いこなすスキル、時事問題に関する知識などが挙げられていますが、「あらゆる調査で常にトップに挙げられる特性は文章作成能力であり、これは他の特性を大きく引き離してナンバーワン」と書かれています。特にメディアに配信するプレス・リリースはメディアの信頼を得たクオリティーを持たなければならないことからも、このことは理解できます。

■文章力低下は日米共通
この第2章を読んでいて、文章能力に関するある米国企業経営者の次のようなコメントが強く印象に残っています。「多くの新卒者の最も弱い分野の1つは文章を書くこと。それはおそらく『愕然とする』類のものであり・・・・」といった内容のもの。これなどは最近、「若者言葉」、「ギャル語」、「バイト敬語」など日本語の乱れの問題として議論を呼んでいるわが国においても、同じように文章能力の低下傾向が見られます。

ネット社会の到来で情報がますます氾濫する中で、e-メールの急速な普及などにより文字表現によるコミュニケーションは以前よりはるかに増えています。パブリック・リレーションズ実務家の活動領域の広がりとともに、ますます文章能力のスキルが問われることになるでしょう。

文末になりますが、パブリック・リレーションズの実務家を目指す人たちに『体系パブリック・リレーションズ』第2章の中にある、次の言葉を贈ります。「パブリック・リレーションズのキャリアの階段を昇り始める前に、まず文章の書き方を学ぶべきである」(64頁)。

投稿者 Inoue: 08:55 | トラックバック

2008年10月18日

『体系パブリック・リレーションズ』を紐解く 2
〜功利主義と義務論

こんにちは井之上喬です。
皆さんいかがお過ごしですか?

今週は先週に続いて、米国で半世紀以上の-ロングセラーを記録する Effective Public Relations 第9版の邦訳『体系パブリック・リレーションズ』(9月20日発売:ピアソン・エデュケーション)をご紹介します。

今回は、第5章の「倫理とプロフェッショナリズム」(伊吹勇亮訳)の中の「功利主義」と「義務論」について紐解きます。善と悪は倫理における普遍的なテーマですが、同書では功利主義と義務論は、倫理的な意思決定における道徳哲学の2つのアプローチとし、組織体の意思決定の倫理について、パブリック・リレーションズ(PR)の専門家が経営トップに評価と助言を行う上で役立つものとしています。

■「最大多数のための最大幸福」
皆さんは上のタイトルを時々耳にしたことがあると思います。これは功利主義を端的に表す言葉です。ジェレミー・ベンサムが創始し、その後教え子のジョン・スチュアート・ミルが継承した功利主義は、意思決定の利益を最大多数のために最大化しそれ以外の人々に及ぶ悪の帰結を最小化しょうとする。この種の哲学が協調するのは、パブリックに善を提供すること、あるいは社会の最大多数に提供することであると論じられています。

カトリップらは、「功利主義的観点から行動の道徳性を判断する場合、パブリック・リレーションズの専門家はいずれの選択肢が最大多数に最大量の善を生み出すかを判断して選択肢全体から考慮し、実務家は正の成果を最大化し、負の成果または危害を最小化する選択肢を採用する。」と記述しています。

カトリップらは、功利主義は通常のビジネス上の倫理的な意思決定で最も一般的なアプローチとしながらも、その有用性の限界も指摘しています。つまり、功利主義においては最大多数が幸福であっても少数派は不幸な現状を意図的または気付かずに正当化されるとし、多数派を常に優先すると、組織体は市民やステークホルダーから始まる変化に対応できなくなると論じています。

確かに、新しい秩序や枠組みが形成されるときには少数の意見に始まりやがて多数に拡大します。功利主義に走りすぎるとそのような芽を摘んでしまうことになるという恐れを孕んでいます。

■「正しいことをせよ」
一方、この反対に義務論が位置します。上の言葉は義務論を端的に説明することば。ドイツの哲学者イマニュエル・カントによって確立させた倫理。カトリップやシャノン・ボーウェンらは、「義務論の倫理は、予測された成果に基づく道徳的決定をベースにするのではなく、道徳原則そのものに焦点を絞る」ものとしています。また「このアプローチは、倫理は、成果ではなく義務によって導くことを維持するため、『非結果主義』とも呼ばれる。」と論じています。

カトリップやボーウェンらは、義務論は我々の道徳的義務が正しい行動の道を示すことであるとし、複雑な状況の中で、何が正しいのかをどのように知ればいいのか問いかけ、倫理的に何が正しいかを決定する方法は、絶対義務として知られる義務の意思決定基準により明らかになるとしています。

そして絶対義務には、カントの言うところの人間の「意図するもの」、つまり決断時に影響を及ぼす潜在的な意思、そして他者への尊厳と敬意を測る2つの側面があると論じています。義務論では、「善意」以外の動機は堕落と見なすために、善意が意思決定における唯一の真の指針であると論じています。

これらをまとめると、義務論において倫理的であることは、善意と他人に対する尊厳や敬意に基づく道徳上の義務を果たし、相互利益を実現することであるといえます。

こうしてみてみると、アメリカ(欧米)の倫理には、功利主義と義務論という道徳哲学における2つのアプローチが補完関係をなしているといえます。わかりやすく解説すると、最大多数のための幸福からこぼれ落ちた人々に善意の手を差し伸べるということになります。

ちなみに、この5章の共著者であるシャノン・ボーウェン教授は2007年の2月、メリーランド大学教授時代に、私を同大学院の授業に招いて下さり「自己修正モデル」について米国初の講義を行うチャンスを下さった人。米国を代表する、パブリック・リレーションズ倫理研究の第一人者です。

このところ、内外でさまざまな不祥事や問題が続発しています。そこには経営トップにこうした倫理観が希薄なことが窺えます。倫理観のないガバナンスやコンプライアンスは名ばかりのものでしかありません。

こうした時代にあってパブリック・リレーションズの実務家には、その根底に揺るぐことのないバックボーン(倫理観)が強く求められているといえます。

投稿者 Inoue: 09:44 | トラックバック

2008年10月11日

『体系パブリック・リレーションズ』を紐解く 1
 ?オープン・システムとクローズド・システム

こんにちは井之上喬です。
皆さんいかがお過ごしですか?

米国でロングセラーを記録する Effective Public Relations 第9版の邦訳『体系パブリックリレーションズ』が9月20日に発売されました。20世紀を代表するパブリック・リレーションズの研究者スコット・カトリップ、アラン・センター、グレン・ブルームによる同書はパブリック・リレーションズのテキストブックとも言われ、米国でも多くの学生が利用しています。

今回は、カトリップ氏らが、生命体の永続性をテーマにした生態学から進化したシステム論をパブリック・リレーションズに応用して唱えたコンセプト「オープン・システムとクローズト・システム」を紐解いてみます。

■ 壁が障害となるクローズド・システム
システムとはある境界を持ち、他のシステムと相互作用しながらその境界内の時間軸で目的を達成・維持し、永続しようとする一連の単位です。

パブリック・リレーションズ(PR)という枠組みでシステムを考えると、パブリック・リレーションズにおける一連のシステムに含まれるのは、組織体(クライアントまたは所属する組織)とパブリックです。カトリップ氏らはパブリックを「組織体が相互に利益を享受し永続的関係性を確立・維持すべき人々」と定義しています。

カトリップ氏らは、組織体を1つのシステム、さまざまなパブリックを抱合した1つのシステムと捉え、システムの相互関係の在り方により、クローズド・システムとオープン・システムという2種類のシステムに分類しました。

クローズド・システムにおける特徴は、対応型。クローズド・システムには、情報の流通はあまりなく外部とのコミュニケーションは一方的。このシステムには自らを変えるという発想はなく、このタイプの組織は対象(ターゲット)となるパブリックを変えようと行動します。組織利益を優先し一方的な視点で外部の状況を把握するので、環境変化に追いつけずに危機に陥りやすいのもこのタイプです。

カトリップ氏らは、批判した雑誌社のインタビューに応じなかった企業や、BSE(狂牛病)の証拠提出の後もその事実を否定し続けたアメリカの牛肉業界等を例に取り上げ、クローズド・システムを説明しています。そして彼らは、パブリックを考慮せず問題処理に消極的である閉鎖的な状況を作り出している、組織とパブリックの間の壁が、組織繁栄にとって大きな障害となると言及しています。

■ 生き残りに必要なオープン・システム
システムの究極の目的は生き残ること。生存のために恒常的な変化を続ける状態をホメオスタシス、生き残るために内部構造や目標達成プロセスを変化させることをモルフォジェネシスといいます。情報流通が双方向で、外部の変化と共に内部も変化していくホメオスタシスとモルフォジェネシスが継続的に機能しているシステムをオープン・システムといいます。

オープン・システムの特徴は、積極型。このシステムを採用する組織は、対称性の双方向性コミュニケーションを通した相互利益に基づく相互変化が可能です。このタイプの組織は、パブリックの変化に敏感に反応し、その変化に積極的に適応しようと行動するので、問題発生を未然に防ぐことができます。また、実際に問題が発生しても、その窮地から新たなWINWIN環境を作り出し、更なる飛躍に役立てることが可能となります。

カトリップ氏らは、オープン・システムを問題回避や問題解決を効果的に行なえるモデルと位置づけています。そしてカトリップ氏らは、積極的に問題に直面して解決したカルフォルニアのピスタチオ協会やデジタルリサーチ社等の例を挙げて、組織の生存と繁栄において、相互利益の視点に立ち、パブリックと能動的に関わり自らを変化させる事の重要性を論じています。

日本の社会には、リスクを取らずに現状維持に終始する企業、問題を先送りにして不祥事を起こしている企業など、クローズド・システム的な企業が未だ多く存在します。しかし情報流通網が複雑に絡み合う21世紀に、組織が閉鎖的であることはもやは不可能です。

カトリップ氏らは、「パブリック・リレーションズの業務は、端的に言えば、組織を取り巻く環境に合わせて調整・適応できるように組織体を支援することにある」といっています。つまりパブリック・リレーションズの実務家の役割とは、組織体の将来像を見据えて、組織をオープン・システムの状態に導き維持することにあるという意味です。

このセクションを読むと、日本における閉鎖性を打開する鍵がパブリック・リレーションズの理論と実務にあることが再確認できるように思います。是非手にとって読んでみてください。

投稿者 Inoue: 09:40 | トラックバック

2008年10月04日

私の心に残る本 19 『トゥイーの日記』
 ベトナム帰還兵の手から祖国に戻った、
  北ベトナム従軍女性医師の日記

トゥイーの日記

こんにちは、井之上喬です。
10月に入り、紅葉の便りが各地から聞かれるようになりました。皆さんいかがお過ごしですか?
                     

『トゥイーの日記』(訳者:高橋和泉、経済界刊)は、ベトナム戦争の戦場に散った北ベトナムの若い従軍女性医師の日記。著者はダン・トゥイー・チャム。原作となるこの日記は、ベトナム戦争に赴いたアメリカ兵フレッド・ホワイトハーストが、戦場で殺された北ベトナムの従軍女性医師が書き綴ったものを米国に持ち帰り、彼女の死から35年を経てトゥイーの母の手に戻されたものです。

ハノイの病院で医者をやっていた父と薬学者で大学講師の母を両親に持トゥイーは、ハノイ医科大学を卒業後、あえて南ベトナムの激戦地で勤務する道を選びます。1960年代から75年までの約15年にわたって繰り広げられたベトナム戦争の真っただ中、1966年12月、トゥイーはホーチミン・ルートを3ヵ月間歩き続け、目的地の南北非武装地帯であるクアンガイ省に到着。軍医として野戦病院で働いたのでした。

■米国に日記を持ち帰った米兵ホワイトハースト
本の序文で、1973年ピューリッアー賞を受賞したジャーナリスト、フランシス・フィッツジェラルドが語っているように、1970年、ベトナム戦争当時、軍の情報部に所属する若き日のホワイトハーストの任務は、収集した資料を調査し、軍事的価値のないものに関しては処分することでした。ある日、彼は、通訳のグェン・チュン・ヒュー軍曹とともに燃えさかるドラム缶の中に必要のない資料を投げ入れていると、突然「フレッドそれは焼くな。それ自体が炎を出している。」というヒューの言葉に、ホワイトハーストはおどろきながらも、厚紙の表紙で綴じられたノートと、さらに、もう一冊のノートを保管しておくことにしたのでした。

その夜、ヒューはそのノートに書かれた日記の一節をホワイトハーストに読み聞かせます。海軍将校の息子で、ベトナム志願兵でもあったホワイトハーストは、「人間対人間として、わたしは彼女と恋に落ちた」と後に述べたように、その日記に心を奪われました。そして、軍の任務を終え、1972年ベトナムを去るとき、彼は軍規に反して日記を家に持ち帰ったのです。そして、その日記は彼の書類整理棚に置かれることになりました。彼は、しばしば日記をトゥイーの家族へ送りたいと考えていましたが、家族を探し出す当てはありませんでした。

やがて彼は「日記が出版できれば、家族が見つかるかもしれない」と考え、ベトナム人を妻に持ち、ベトナム退役軍人でもある彼の弟ロブに日記を渡したのでした。ベトナム語を理解していたロブにより、翻訳作業も進み日記を家族のもとに返す目的を兄弟は共有することになります。

2005年6月、母の手に届けられた日記はすぐに出版され、ベトナムでは空前のヒット作になりました。5000部以上売れる本がほとんどないベトナムで、43万部を売り上げる大ヒットとなりました。ベトナム戦争を知らない若い世代(全人口の3分の2)の心に強く訴えたのです。2005年8月、2人の兄弟が家族に会いにハノイを訪問しました。空港では、ジャーナリストを含む多くの人々が彼らを迎えました。ファン・ヴァン・カイ首相(当時)もその一人。彼らは一躍有名人になっていたといいます。

■トゥイー・チャムの生きた時代
ダン・トゥイー・チャムの日記は、テト攻勢から2ヵ月後の1968年4月8日に始まっています。ベトナム中部クアンガイ省の山岳地帯にある野戦病院への派遣には難色を示されるほど小柄なトゥイーが南ベトナムに行ったのは、愛国心とともに、彼女が16歳のときから愛していた「M」と呼ばれる男性のためでもありました。Mはベトナム中部でゲリラ戦に加わり、その後南ベトナム解放戦線で土木工兵隊の隊長兼行政主任で英雄的な評判を得ていたようです。

1965年の春、アメリカの最初の戦闘部隊がベトナムにやってきた2ヵ月後、第3海兵隊上陸部隊がクアンガイに派遣され、米軍による北ベトナム正規軍とゲリラ部隊に対する猛攻撃が開始されました。

米軍は「アメリカ海兵隊は、ベトコンをかくまっているあらゆる村や部落を躊躇せず即刻破壊する」と書かれたビラを村に撒いていました。やがて世界を震撼させる事件が起きます。1968年3月16日、第11軽歩兵旅団からの小隊がクアンガイ省北部のソンミ村に入り、老人と女性と子どもたち504名を溝の中の一箇所に集め、銃で撃ち殺したのです。この出来事は1年以上も隠され、ソンミの虐殺として知られるようになりました。

1969年4月2日、診療所の近くが襲撃され、患者と診療所の職員たちは、そこから立ち去ることを余儀なくさせられました。1970年6月2日、仮設診療所が爆撃されたときには、5名が命を落とします。12日再度爆撃されたときは、密告者が居場所を明かしたにちがいないと考えます。その翌日、トゥイーを含めた女性医師3名と重症を負った男性5名を除き、全員がそこを立ち去ります。診療所に勤める党の政治委員は、彼女たちと一緒に残ろうとせず逃げてしまったのです。

6月20日はトゥイーの日記が終わった最後の日。夕食用に、たった1杯の米しか残っていないという状況下で、トゥイーは自分たちが見捨てられたのではないかと案じながら、助けを求めるために同僚の若い女性2名を送り出します。

死が迫りくる最後に、トゥイーは日記の中でこう書いています。「今まで誰もかえって来ない。2回目の爆撃をうけてから10日近くたっている。(中略)この危険な地域から私たちを避難させるためきっとすぐ迎えに戻ると約束して出て行った。それ以来、私たちは1分1秒を数えるように待っている。朝になれば昼を待ち、昼になれば夕刻を待つ。2日、3日・・・9日が過ぎたのに誰も戻ってこないなんて!残っている者たちの頭の中でグルグルまわっている。どうして?なぜ誰も戻ってこないのだろう?何か問題が起こったのだろうか?」

「みんなが私たちをこんなところに見捨てて行くはずないじゃないか?この問いかけに答えてくれる人は誰もいない。(中略)私は、小さな声で詩の一節を口ずさんでいた。『今、目の前に広がる果てしない海と空 ホーおじさん、私たちの不安をわかってくれますか・・・・・・』そう、私はいつまでも幼い子どもではないのだ。この試練の中、経験を積み、大人になったのだ。それなのになぜ、こんなにも母さんの手をこれほどいとおしく求めるのか?自分自身を見つめなさい。孤独な時は自分の手を握り、愛を注ぎ、力を与え、そして目の前の険しい道を乗り越えていきなさい。」

彼女の日記はそこで終わっています。その後、アメリカ軍が再度攻めてきます。そして数日後、地元のフレ族という少数民族が、額に弾丸を撃ち込まれて死亡している彼女の遺体を発見するのです。

序文にもあるように、「これは、戦争の記録ではない、過酷な状況でも、希望を捨てずに、人生を生き切ったひとりの女性の話である」。トゥイー・チャムの遺志を継ぐために、彼女の名を冠した奨学金設立や病院設立などの人道活動が広がっているといいます。

トゥイーとは面識もなく、偶然に日記を見つけたアメリカ兵フレッド・ホワイトハース。同書の終わりにフレッド・ホワイトハーストは年老いたトゥイーの母親に2通の感動的な手紙を書き送っています。是非手にして読まれることをお勧めします。

投稿者 Inoue: 08:50 | トラックバック