相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2008年3月 | メイン | 2008年5月»

2008年04月26日

地球温暖化へエコ・イノベーションで立ち向かう
 ?SPEEED箱根研究会

こんにちは井之上喬です。
ゴールデンウイークに入り、皆さんいかがお過ごしですか?

いま地球が壊れかかっています。特にこの数年世界中で、さまざまな異常気象による災害が発生しています。過去半世紀に及ぶ世界における平均気温の上昇の大半は、人的起源の温室効果ガスによるところが大きいとされ、地球温暖化への対応は喫急の課題となっています。

先日地球温暖化をテーマにした特別研究会(SPEEED箱根研究会)が箱根で開催されました。主催者で中心的な役割を果たしているのは東京大学生産技術研究所の山本良一教授。その山本教授のお招きで、週末を利用したこの研究会に長年の友人である元共同通信の橋本明さんと共に参加しました。

■1000年以上も大気を漂うCO2
山本さんは地球温暖化により、地球が危機的状態にあることを長年警鐘し続けているこの分野の第一人者で、SPEEED(Special Project on Eco-Efficiency and Eco-Design)の代表幹事。また環境経営学会や国際グリーン購入学会などの会長も勤め、講演などで東奔西走。福田首相にもさまざまな助言を与えています。昨年秋には自著『温暖化地獄』(ダイヤモンド社)を出版。その内容は多くの関係者を震撼させるもので、「トルコ一国に相当する面積の北極海氷が半年で消滅」するなど、暴走する地球温暖化を告発しています。

この箱根研修会の参加者は、60社を超える電力、電気、自動車、運輸、建設、金融などの日本を代表する企業から送り込まれた精鋭。今年のテーマは「地球温暖化へエコイノベーションで立ち向かうグリーンティピングポイントを越えよう」。2泊3日のプログラム内容も朝8時から、夜9時過ぎまでという過密スケジュールの中、6つのセッションで26の発表と一つのパネル・ディスカッションが行われました。

山本さんは初日のセッションで危機的な地球温暖化の状態を、地球温暖化地獄の1丁目から8丁目に例え、夏期の北極海氷の消滅により1丁目はすでに越えたとしています。ちなみに地獄の2丁目は、2016年頃が予測されているグリーンランド氷床の全面融解。3丁目は、同じく2050年の寒帯における森林の枯死やアマゾン熱帯雨林の枯死と砂漠化などなど。しかし山本さんは最近の気象状況をみていると、これらが早まるかもしれないと警告。

皆さんは私たちが日々の生活や産業活動で排出する二酸化炭素(CO2)が大気中でどのくらい残存しているとお考えですか?シカゴ大学のアーチャー教授によると、大気中に排出された化石燃料起源の二酸化炭素の平均寿命は長く尾を引き、3万年から3.5万年もの間空気中にとどまるとされています。1000年後でも排出量の17-33%が漂い、実に10万年後でも7%が残存するとされています。

山本さんはNASAのハンセン博士の主張を紹介し、このまま何も対策を取らなければ今世紀中に海面の水位の上昇は、5メートル達する可能性があり、東京、ニューヨーク、ロンドン、上海、ムンバイなど世界の主要都市は海面下に水没するとしています。

専門家によると、地球温暖化を放置すれば世界GDPの20%が失われるが、逆に温暖化対策を直ちに行なえば、そのコストはGDPの1%、つまり20分の1ですむと計算されています。

■環境技術とデカプリングで世界をリード
パブリック・リレーションズの専門家の視点で特に興味深かったのは、工藤拓毅さん(日本エネルギー経済研究所)の発表。工藤さんは、日本のエコ・イノベーション戦略をテーマに地球温暖化とエネルギー安全保障について触れ、低炭素化が叫ばれるエネルギー政策では、先進国と発展途上国との立場の違いを乗り越えたバランスのとれた枠組みの構築の必要性を強調。また世界共通の問題として考えた時に、科学者が政府と連携しつついかに社会との対話を深めていくべきかについて語っていたことです。

山本教授が言うように、これまで経済活動では資源エネルギーの消費による二酸化炭素排出が前提。このような構造ではサステナブルつまり持続可能な社会を実現することはできません。そこで新たに経済発展を維持し、資源エネルギーの使用量と二酸化炭素の排出量を減らす処方箋が必要となります。山本さんはこのような考え方をデカップリングとし、これまで同じ方向を向いていたベクトルを分離(デカプリング)させ、異なった方向を向くようにすべきだと訴えています。その実現のためには、革新的な技術革新と新たなビジネスモデルの開発が急がれているといえます。

今年の7月に開催されるG8洞爺湖サミットでは、地球温暖化危機を回避するために必要な低炭素、循環型共生社会の実現のために、新たな思想と枠組みが必要とされています。日本が国際的なリーダーシップがとれるかどうか注目が集まっています。

太古の昔から人類は大自然の脅威に対しては無力な存在でした。しかし石油文明を手にした人類は、成長という飽くなき欲望の果てに自然の秩序を破壊しつくそうとしています。

江戸時代、循環型社会を実践してきた日本には、世界をリードするさまざまな環境技術が蓄積されています。しかしながら、1992年のリオデジャネイロで開かれた「国連環境会議」をスタートとし、日本主導で進められた京都議定書の発効(2005年2月)から3年の年月が経ったいま、米国や日本の対応はEUなどと比べ大きく遅れをとり、いま世界はさまざまな試練に直面しています。

地球的規模の新しい変革をスムーズに行なうには、多様な視点を持ったパブリックとの関係構築を行なうパブリック・リレーションズが不可欠となります。危機的な状態の中で、実務家に寄せられる期待と課せられた責任は大きいのです

投稿者 Inoue: 23:32 | トラックバック

2008年04月19日

人間教育を軸に世界をリードするビジネススクール、
IESE(イエセ) ?MBAの新しい潮流

こんにちは、井之上喬です。
みなさん、いかがお過ごしですか。

いま世界のさまざまな事象に変化が起きています。長期化するイラク戦争、米国のサブプライムローン問題に端を発した世界金融不安を見ても分かるように、いまやこれまで機能してきた米国のシステムが世界全体をリードすることは困難になってきています。

さまざまな分野で新しいシステムが模索される中、50年間にわたり世界の経済界に大きく貢献してきた、スペイン発のビジネススクールがあります。それはIESE(イエセ)経営大学院。1958年創立の同校は、1964年にハーバード大学と提携。ヨーロッパでは初の2年制MBAコースを創設しました。

■ 物事の裏には必ず人間がいる
IESE(イエセ)経営大学院の本拠地はスペインのバルセロナ。ナバラ大学に設置された経営大学院です。その拠点は世界各地にあり、マドリード、ニューヨーク、ベルリンなどにはキャンパスを有しています。

イエセ経営大学院の評価は高く、エコノミスト誌のMBA世界ランキングでは2年続けて(2005年、2006年)1位を獲得しているのをはじめとし、欧米の経済・経営誌のランキングでは、常に上位に位置。特にビジネスケース作成において定評があり、その実績はアメリカでも広く知られています。先日そのイエセ経営大学院のメンバーが来日。日本工業倶楽部で同校創設50周年を記念するセミナーが開かれました。私も長年の友人でイエセと関わりの深い、地球ボランティア協会専務理事の稲畑誠三さんから誘われ参加。

なぜスペインから世界的なビジネススクールが生まれたのか不思議に感じるかもしれません。講演会でまだ40代後半のエネルギーに満ち溢れたカナルス学長は、「世界で一番の影響力を持つ学校となる」ことを目標に事業を展開してきたと述べました。

なんといってもこのビジネススクールで特徴的なのは、人間に焦点を当てた教育姿勢です。IESE(イエセ)が掲げるミッションは、「教育を通じで社会の発展に貢献する」ことです。そのミッションの軸にあるのは、世界で展開されている物事の裏には人間がいるという思想。どのような時にもぶれない規準を与えてくれる、あらゆる経営判断にもその背後にある基準に倫理的判断を加える。それがイエセの教育哲学といえます。

その高い評価は、人を軸に、特に人格や倫理的な側面を重んじてカリキュラムを作成し、ビジネス上の問題の分析能力と意思決定のスキルの向上は無論、人格的に覚醒されたリーダー育成に成功していることからきているのだと思います。

■ 成功に必要な3つの要素
グローバル化の中で大きな問題となるのは地域ごとの多様性。IESE(イエセ)ではプログラムの中で、地域ごとにおける文化的社会的な差異を学習できるよう、 教授陣を23カ国から迎えています。また、ビジネスとの直接的なつながりを重視した同校のインターナショナル・アドバイザリー・ボードは、ボーイングやエリクソン、マイクロソフトといった世界的な企業のCEOや最高経営幹部で構成されています。

今回来日したメンバーのひとりゲマワット(Pankaj Ghemawat)教授は、ハーバード・ビジネススクール時代、最年少教授として若干31才で就任(1991年)した俊英。同教授は、2007年に自著 Redefining Global Strategy を発表(邦訳書は2009年2月発売予定)。グローバル化する世界に必要な枠組みと実践に必要な取り組みを紹介しています。彼は同書で、これからのビジネスの成功は、「多様性への適用と多様性の抱合、そして多様性の活用」というグローバル時代に重要な3つの要素のバランスからもたらされると述べています。

まさにこれまでの経済的成長を基盤としたビジネス・モデルから、新しい価値観を持ち合わせたグローバルビジネスの成功モデルに必要とされる概念を提示しているといえます。

1学年210名を受け入れるイエセ経営大学院は、毎年日本から十数人が企業から派遣され学んでいるようです。

急速にグローバル化する21世紀。これらの新しい取り組みは、組織体が目標達成のために機能することを求められるパブリック・リレーションズの取り組み姿勢でもあるともいえます。深刻化する環境破壊、食糧危機、民族紛争などその解決には多様性の抱合なしで世界は立ち行きません。それを可能とするのは人間の意志です。人間の意志を有効に機能させ世界をリードできるシステムが今求められています。
IESEの試みもそのひとつ。セミナーに参加してヨーロッパ型の成功を目の当たりにし、脱アメリカ型の潮流がビジネスの世界でも確実に始まっていることを再認識した気がします。

投稿者 Inoue: 21:52 | トラックバック

2008年04月11日

心に残る本 15  大川従道の『非まじめ牧師のジョーク集』

非まじめ牧師のジョーク集


こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。
                       
                     
笑いは動物のなかで人間にしかできない行為です。 先日、笑いに焦点を当てて書かれた本を戴きました。それは『非まじめ牧師のジョーク集』(2007年、朝日新聞社)。手にとってみると、これがなかなか面白い。ページをめくる度に「クスッ」と笑いがこぼれてくるのです。

しかも各ストーリーの中で物事の核心がみごとに突かれています。中にはドイツやアメリカ、イギリスなど様々な民族性を取り上げたジョークもあります。 本書は、読み進むうちに世界の常識も勉強できるコンパクトで役に立つ本です。

■「恵みのツケと罪のツケ」
本書の著者は、会員1000名以上を擁する大和カルバリーチャペルの大川従道牧師。大川牧師は、説教の冒頭で、必ずといっていい程ジョークを連発。この本には彼の素直な気持ちで表現されたジョークが63の話にまとめられています。

大川牧師は、どうしてここまで笑いを大切にするのでしょう。初めて集った人でも人間の壁を越えてひとつになることができる。大川牧師は、笑いにはそんな力があるからだといいます。どんな状況にある人でも笑いで救われる。これは本当のこと。全てのこだわりから解き放たれた瞬間、人は笑います。人間的な枠組みを超えた印しが笑いそのものなのです。

面白かったのは、「孫もマゴマゴ」という箇所。「恵みのツケと罪のツケ」のたとえ話です。中近東のある場所に「お代は、あなたのお孫さんにツケられます」と張り紙をしたバーがありました。そこに一人の男が訪れ、心行くまでお酒を楽しみます。

バーを出るときその男は、「代金は孫にツケといてくれ」といいます。するとバーの店主は「100ドル戴きます」と来ました。そのわけを尋ねると、「ええ、今夜の代金はお孫さんに付けさせていただきましたが、これはあなたの祖父様の分です」とやりかえされたというジョークです。

旧約聖書では、「私を愛し、私の戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至る。しかし、罪は父の罪の子に報いて、3、4代に及ぼす(出エジプト記 20:5-6)」と記されています。
このように大川牧師は、軽やかな笑いを挟みながら、私たちに人生の正しい道とは何かを教えてくれています。

■「互いの違いを楽しみなさい」
「理想的なヨーロッパ人」も思わず笑いがこぼれました。これは欧州のそれぞれの国民性をジョークにしたもの。「ドイツ人のようにユーモアがあり、イギリス人のように料理が上手で、フランス人のように運転が静かで、イタリア人のように規律正しく、….」と永遠に続くジョークです。

これはお互いのイメージを全て裏返しに表現したジョーク。このジョークは互いを笑い合うためのもの。 大川牧師は、「他人を茶化すときには自分も笑いの対象にすべき」として、お互いを笑う時にはまずは自らを笑う事から始めようといっています。

私たちがパブリック・リレーションズの活動を通して様々な人とコミュニケーションをする場合でも、ジョークが弛緩剤になることはよくあること。大笑いで互いを笑い合えたら、双方の相違点からくる違和感など吹き飛んでしまうのは確かです。大川牧師の「互いの違いを楽しみなさい」とする言葉を心に留めておき、どんな時でもジョークが言える余裕を持ちたいものです。

このように大川牧師は、時にはおやじ風のジョークも交えながら、本当に大切なものは何かを私たちに語りかけています。150ページ足らずの薄い本ですが、春の温かい日差しを浴びながら、この本をゆっくりと味わってみてはいかがでしょうか。あなたの顔もいつの間にか笑顔になっていることでしょう。

投稿者 Inoue: 21:31 | トラックバック

2008年04月04日

PRパーソンの心得 22 灯台のような光を放つ人

こんにちは、井之上喬です。
みなさん、いかがお過ごしですか。今年も4月を迎えました。満開の桜に囲まれ、新社会人として巣立つ人。あるいは新しい職場でスタートを切る人も多いかと思います。

早いもので、井之上ブログも今号で創刊3周年を迎えます。2005年4月、当時はまだブロガーの数も限られていました。今は誰でもブログを書く時代。個人発信型のサイトが社会の隅々にまで普及しています。

情報過多の時代。人々は溢れる情報の中で混乱し、「どの方向に向かって前進すればいいのか」自らを見失っているようにみえます。そのような時にも状況に揺さぶられず、最良の方向を示すことのできる人とはどのような人なのでしょう。

■「風が吹けば桶屋が儲かる」
「風が吹けば桶屋が儲かる」とは、風が吹いたら、その効果の連鎖の結果、桶屋が繁盛するという意味。ある事柄から思わぬ結果が生じるというたとえ話です。この思わぬ結果を先んじて読むことができれば、波のように押し寄せる変化の中でも、先を見据え前進することが可能となります。

変化を読む場合、リアルタイムでできるだけ生の情報を様々な角度から収集することに注力すべきです。縦軸としては、例えば企業状況などの現象的な情報、横軸は、その背景や周辺情報などの状況的な情報、これらの縦横に渡るきめ細かい情報を収集すること。これで物事を俯瞰する素地が整います。

そして、この情報氾濫の時代には、データをどう読むかが事態の明暗を分けます。その基本は意外にシンプルです。私心を無くして物事を素直に見据えてみること。集めた情報を当事者の個人や組織、そして、それを取り巻くパブリック全体の視点で俯瞰してみることです。感覚が研ぎ澄まされ、頭の中に蓄積された情報と張り巡らされたアンテナが動き出します。ここで様々な角度から原因を眺め、導かれる結果について知恵を働かせてイメージしてみます。すると、データには見えないものが見えてきます。風が吹いたときに、思いもよらない事象のつながりや解決法、そしてその行方が連鎖の結果みえてくるはずです。

■ 自分の羅針盤を持つ
混乱の中でも動じることなく正しい道を見極める。これを一貫して行なうには確固たるベースがどうしても必要です。そのために自分なりの羅針盤を手に入れること。

良心や倫理観といった判断基準。これらはどのような行動をとる場合にも私たちに大いなる英知を与えてくれます。ここに志という逆境にもぶれない強い目的意識をプラスする。これらの要素をバックボーンとして自らの中に持ち、自分を律する強さと一貫性を築いていかなければなりません。

また同時に大切なのは公の意識。「自分がどんなことで社会に貢献できるか」という事を自分なりに追求して考える事。そして自分の立場でできることを実行していくことです。

PRパーソンで言うなら、クライアントや所属する組織とそれらを取り巻くパブリックの利に資するような解を求め続ける。そしてそれぞれのパブリックに対して何が適切であるかを真摯に考え、それを形にすることです。これは社会をより良い方向にリードしていくことと同義で、PRパーソンの使命でもあります。つまりPRパーソンには、個人や組織体が適切な方向へ導くサポートを提供することで社会をリードしていくことが求められるのです。

ドイツの詩人ゲーテの言葉、「人々のあるべき姿を見て接し、彼らがなりうる姿になるのを助けてあげなさい」という意識。PRパーソンにはこのような心構えが必要なのだと思います。

いま世界は混乱のなかにあります。迷い続けている私たちを導くために、暗闇に輝き続ける灯台のような光。いま社会に必要なのはこのような光を放つ存在です。皆さんには、社会との関わりの中で常に鍛錬し、自分の周囲が揺らいだとき彼らに正しい位置を指し示すことのできる、灯台の光のような存在になって欲しいと願っています。

3年間にわたり、160回のブログを発行させていただきました。様々なテーマを皆さんとシェアできたことを非常に嬉しく思います。今後ともパブリック・リレーションズに関わる問題や時事問題など、皆さんと一緒に考え、将来を見つめて行きたいと思っています。今後ともご愛読の程、よろしくお願いします。

投稿者 Inoue: 20:29 | トラックバック