相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2007年12月 | メイン | 2008年2月»

2008年01月26日

PRパーソンの心得 20 対話する力

こんにちは、井之上喬です。
このところ寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしですか。

対話とは、双方が良い方向に向かう新しい展開を生み出すコミュニケーション。世界で絶えない紛争や不祥事などは、充分な「対話」が不足していることによって起きる歪みが顕在化したものであるといえます。

■ 対話・理解・和解
対話とは、双方が自らの考えを明らかにし、互いの違いを自覚し、各々が新たな考えや立場を形成していくプロセスです。

対話には、お互いの働きかけ、つまり双方向のコミュニケーションが欠かせません。しかし、表面的な情報のやり取りでは不十分です。そこに必要なのは、先入観を取り払って心を開き、相手の視点に立って傾聴すること。そして得た情報を自分の中で咀嚼し、何らかのアクションを起こすことです。

パブリック・リレーションズの実務家や広報(PR)担当者に求められる対話力には、クライアントや組織のトップ、それらを取り巻くパブリックとの対話に加え、彼らの考えや立場を深く理解し、当事者が建設的な対話を行なえる環境を整えることも含まれます。そして、対話がどのように目標に結びつくのか、何を生み出せるかを予測しながら環境を創出することが重要となります。

私の所属するある会のアニュアル・ミーティングにイスラエルとパレスチナの代表がときどき出席することがあります。彼らが試みていることは、各15名ぐらいの人たちが同じ部屋で数日間生活を共にし、終日自分たちのこれまでの体験を話し合うことです。家族が殺された話、理不尽な仕打ちを受けた話など徹底的な対話をします。やがて両者は、お互いが被害者の立場だけではなく加害者でもあることを理解するようになるといいます。立場は違っても大切な人を失うことは相手も同じ。その痛みが共有できると両者は、如何に戦争や紛争が意味のないことであるかを認識し、和解による平和を希求する気持ちが強まるそうです。

対話を通して大きな問題を解決する場合は時間と忍耐力が必要となります。このイスラエルとパレスチナの人たちの試みから学ぶものは、ダイアローグ(対話)を通して互いが影響を与え合うことで双方に変化をもたらし、相互理解のなかで歩み寄り和解することです。

■ 対話が世界を変える
1990年、私はソビエト連邦からロシアに変わる間際の激動のモスクワでGlobal Dialogueという新しい企業体を訪れました。当時のソビエトは、ゴルバチョフ大統領主導のペレストロイカの真っ只中。多くの国民が自由主義(資本主義)に夢と憧れを持っていました。

そんな中で、民主主義の国からやってきた私と共産主義の下に暮らす人間が出会ったのです。最初は互いが違和感を持ちながらコミュニケーションをはかっていました。相手はもとより、私にも言論統制される特異な環境に身をおく人とのやり取りに先入観があったのかもしれません。

しかし話し始めると、彼はモスクワ工科大学出身でコンピュータの世界に精通。私の会社のクライアントであった、アップル社やインテル社など共通の話題をきっかけに、いつの間にか互いの気持ちは和み本音で語り合うようになっていました。彼との対話のなかで、旧体制の問題や将来への期待と不安など、改革の狭間で悩む一人の人間の姿をみることができました。

共通の価値観や文化的基盤のない環境では、対話そのものが成立しないこともあります。しかし相手とのコミュニケーションを通して、小さな共通点をも見逃すことなく互いが変化し対話が進展することもあります。

対話は対等な関係における対称性をもったコミュニケーション行為といえます。それゆえ対話を深めることは、自己修正を行う環境を醸成することになります。継続的に良好に推移している関係を注意深く分析してみると、そこには深いレベルでの対話が実践されていることがわかります。

私たちPRパーソンは、対話の力と対話を促す努力によって社会に大きな変化をもたらすことができます。毎日一つでもいい。皆さんがその第一歩となる対話を築くことができたら、5年後10年後の世界は大きく変わっていくことでしょう。

投稿者 Inoue: 11:46 | トラックバック

2008年01月19日

心に残る本 淵田美津雄自叙伝
 ?戦争と平和、人生を2度生き切った男

真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝



こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか?

「トラトラトラ(我奇襲ニ成功セリ)」。1941年12月8日、日本軍による真珠湾奇襲攻撃の成功を機上から打電したのは淵田美津雄。真珠湾攻撃で斬新な戦略を構想し、空母艦隊による第1次攻撃隊を指揮した男です。

本書は第2次世界大戦における名指揮官と名を馳せた淵田が晩年に書き残した自叙伝「夏は近い」を中田整一氏の編纂で初めて活字化されたもの。そこに描き出されているのは、凛とした冴え渡る知性と卓越した行動力、そして人間として温かみを持ち合わせた男の生きた戦争と平和です。真珠湾攻撃から66年、その壮絶な一生が精緻に自らの言葉で明らかにされます。

■ 全てを目撃した、ただ一人の男。
本書は6部からなり、淵田の生い立ち、真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦の戦略の失敗と大敗、占領下での日本、キリスト教への回心という構成で展開します。

奈良県の山に囲まれた小さな村で幼少を過ごした淵田少年が、大海原を駆け巡る海軍兵に憧れ、大志を胸に軍人へと成長。1920年代から空軍の重要性に気づき飛行将校を志願。1941年には空戦隊参謀から2度目の空母赤城飛行隊長へと就任。真珠湾攻撃の戦略構想に関わることになります。 

そして真珠湾攻撃における第1次攻撃隊を360機を率いて指揮します。その後マレー沖海戦勝利のあと、日本が大敗したミッドウェー海戦では、病に倒れ作戦に参加できなかったことを悔やみつつ、沈没する空母から九死に一生を得ました。史上名高いレイテ湾突入作戦を、連合艦隊参謀として構想。広島、長崎では原爆投下された翌日には爆心地入りし被害調査を実施。そして戦艦「ミズーリ」号での降伏調印式に出席し、戦争の終焉を見届けました。淵田は、戦争の始まりと終わりを目撃したただひとりの男となったのです。

淵田に一貫していたのは柔軟性のある合理的な戦略。具体的には母艦航空兵力の集団攻撃とその統一指揮や相手の意表をつく心理戦でした。

1930年ロンドン海軍軍縮条約で日本に許された大型巡洋艦や潜水艦の軍備制限は、対米69.7%。そこで日本は航空兵力増強と航空母艦数の拡充へ方針転換。開戦当初の空母保有は、日本が10隻、米国、英国共に8隻と、日本は米英を凌ぐ空母艦隊を保有していたのでした。

真珠湾攻撃の折、赤城を旗艦とした独立した6隻による空母艦隊(南雲艦隊)を編成したのは日本だけ。これまでの索敵偵察や戦艦部隊の補助的な攻撃力としてではなく世界に先んじて空母主力の発想を実現した淵田の構想による勝利でした。にも拘らず日露戦争以来の日本海軍の戦艦への執着や司令官の縄張り意識が原因で、南雲艦隊は2分割され、その後の戦いの中で、合理的かつ立体的に戦局全体を統一指揮する戦略構想ができぬまま時が経過していきます。一方で米軍は、マレー沖海戦で淵田の率いる航空攻撃隊(南雲艦隊)により戦艦が壊滅。空母の重要性を認識した米国は即座にその増強に注力し、正確な情報収集と空母を中心とする陸海空からの統合的な反撃でその後勝利を収めていきます。

戦略構想の場面や戦闘シーン、ミズーリ号上での調印式での憤りなど、淵田の心情と見た者にしか語れない情景が迫力を持って静かに、みずみずしく、そして率直に描き出されています。

■ 信じて仕えるひたむきな姿勢
天皇の象徴化と公職失職。戦後淵田が体験したのは、精神的支柱を失った深い喪失感でした。裸一貫で戻った郷里で、山で木を切り出し独力で住み家を建設、孤独感と自己との対峙を強いられながら農業を始めるのでした。

そんな時、米国での日本人捕虜収容所の実態調査で耳にしたある米国人少女の話が彼の心を揺さぶります。それは、フィリピンで日本兵に殺された宣教師であった彼女の両親が、「父よ、彼らを許したまえ」と祈り殉教したことを知り、敵をも愛する心を実践する看護師として日本人に献身的に奉仕した事実でした。

後に淵田は聖書の中の1節に「父よ、彼らを許したまえ、その為す処を知らざればなり(ルカ23・34)」を見出し愕然とします。その場でキリスト教への回心を決意。その日1950年2月26日を自ら第2の誕生日とし、平和の伝道者として憎しみの連鎖を断ち切るための新しい道を突き進みます。

受洗後の52年から引退する67年まで、淵田は日米を中心に世界各地で伝道活動を精力的に展開します。日本への復讐を誓ったドゥーリトル爆撃隊(真珠湾攻撃の反撃のため1942年4月東京初空襲を敢行)捕虜兵や米太平洋艦隊司令長官であったニミッツ元帥とも友好の再開を果たします。

引退後は、自叙伝の執筆活動に取り組みますが、完成前の1976年5月30日、糖尿病の合併症により74歳でこの世を去りました。その膨大な資料には中田整一も圧倒されたといいます。

淵田はまた名文家と呼ばれていたようです。日本軍の敗戦色濃いレイテ作戦で、神風特攻隊編成に反対した連合艦隊淵田航空参謀が、上官から請われて書かれ特攻隊員に下達された感状(特攻隊員を送る言葉)があります。「・・・悠久の大儀に殉ず。忠烈萬性に燦たり」。漢学の素養が遺憾なく発揮されている彼のこの言葉は、参謀長の草加龍之介中将をうならせるほどでした。

その人生で、いつも何かを信じひたむきに仕える姿勢を貫いた淵田。戦後「地球上の人類は1つ」と信じ生きた淵田からの平和へのメッセージは、紛争の絶えない21世紀の私たちの住む地球へ警鐘を鳴らしています。

400ページの厚い本ですが、現代と違った漢字使いも面白く一気に読み進められます。20世紀を生きた偉大な戦略家の一生に触れてみてはいかがでしょうか。

投稿者 Inoue: 11:28 | トラックバック

2008年01月11日

PRパーソンの心得19 兆候を読みとる

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

未曾有の天変地異、エネルギー・食糧不安、紛争や頻発するテロ活動など、地球規模で様々な問題が噴出しています。前号でもお話したように、世界は今、待ったなしの状況です。

一方で、人間が地球規模で動き回るこの時代。一つの場所で起きた事象が世界中に影響を及ぼし、変化が更なる変化を連鎖的に呼び、いったい次に何が起こるのかが益々読みづらくなってきているのも事実です。

しかしただ何もせずに手をこまねいているばかりでは、状況を好転させることはできません。私たちは来るべき変化の兆候を読みとり、未来への準備をしなければなりません。今、読みづらきを読むことがPRパーソンに求められているのです。

■「風が吹けば桶屋が儲かる」
「風が吹けば桶屋が儲かる」とは、日本に古くからあることわざ。ある事象が起きると、次々と異なった事象が引き起こされ、結果としてバタフライ効果のように思わぬ所に思わぬ影響が出ることの例えです。

兆候を精緻に読み取るには、個々の情報だけでは決して得られないもの、つまり各情報間の連環から生じる新たな情報やそこから推測できる因果関係を導き出すことが重要となります。

現象面での定量的な情報ばかりに気を取られていては、その奥に潜む関連性を見出すことは困難です。風が吹いたら、その風がどこで発生し、どの方向にどの程度吹いたかという事実情報だけではなく、風がなぜ発生したのか、その背景や構造、そして特徴、傾向など、事象の定性的な情報収集と分析にもエネルギーを注ぐべきです。

現代のマスメディアによる情報過多時代には、データを正しく読み取ることの難しさも正確な予測を行う上で妨げとなる要素となります。これには、さまざまな視点を持って異なる情報源からのデータ収集を行い、これらのデータに分析を加え予測の正確性を高めなければなりません。また、信頼性の高い情報を選別する直感力も必要となるでしょう。

これらのプロセスは、予測される新しい課題や問題を抽出し、その対応策を考え実施するイッシュー・マネジメントと同様です。先に紹介した、風と桶屋のことわざで考えるならば、特徴的なことは、係わる全てのパブリックを考慮に入れながら、その事象の原因や因果関係などを統合的に捉えて兆候を読み取る点。つまり、定量、定性的に、さまざまな視点を加えた3次元的な物事の捉え方で立体的に未来を予測する点です。

■ 混迷の時代に先を読む
将来、企業に財政的な負担がかかるような課題や問題を扱う場合、広報担当者やPR会社の実務家はトップやクライアントとの間に意見の相違が生じるケースが出てきます。そのような場合にもカウンセラーとしての役割を担うPRパーソンは、それぞれのパブリックにとって何が適切であるかを焦点に据え、必要とあらば異なった意見を進言しなければなりません。

そのためには何が必要か。パブリックを深く理解すること。内部はもとより外部のネットワークを持つこと。何らかの形でソリューションを導き出す力。それらを相手に伝え説得する能力。自分の立場からできることを即座に実行する行動力です。このような指導者に求められる高度な能力を日々磨いておくことで、説得力を持ったアドバイスが可能となるのです。

混迷の時代に先を読むことにはリスクが伴います。誤った予測に対するリスク回避には、フレキシブルな修正環境を作ること。状況が変化し、予測と進展状況がずれた場合にも潔く修正を行ない、戦略を最適化することでそのリスクを最小限に抑えることができます。

いま世界は混迷を極めています。PRパーソンには、どのような状態においても、強い個を軸に変化の兆候を敏感に読み取り、自らの役割を果たせる環境を創出し、ソリューションを提供することが求められています。大切なことは、個人が確固とした信念の下に日々行動することなのです。

投稿者 Inoue: 18:44 | トラックバック

2008年01月04日

岐路に立つ世界

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。

皆さんはお正月をどのように過ごされましたか?私は自宅でTVをみたり、友人に久しぶりに会ったり、ゆっくりした正月を過ごしました。

■ 壊れ行く地球
この数年、日本を始め世界中を襲う集中豪雨、ハリケーン、干ばつ、高温化、氷河崩落など異常気象が起きています。原因は二酸化炭素(CO2)など、温室効果ガスによるものとされ、その削減に向けて数々の国際会議で真剣に討議されています。特に、ブラジル、ロシア、インド、中国などBRICSでの開発の勢いは森林伐採、CO2排出に更なる勢いをつけています。

いま誰もが地球が危険な状態あることを知っています。地球が支えうる限界をすでに超えたとする学者もこの危機的状態に強い警鐘を鳴らしています。

朝日新聞の新年3日の社説には、「地球の温暖化は今、核兵器と同じように人類の脅威となっている….」と断じていますが、核は人間がコントロール可能。でも環境は恐らく一度壊れたら人間の手で回復できるのかどうか誰も予測できません。

異常気象で、東京に集中豪雨が襲い地盤が緩みきっているとき、関東大地震規模の震災が起きたことを想像するだけでぞーっとします。

人間は不思議です。痛さを感じ、初めて怖さを知るようです。地球温暖化問題が政治課題として国際社会で取り上げられたのは20年前の1988年、カナダのトロントで開かれた国際会議。当時は、将来環境破壊が起こることを誰もが頭では理解していましたが、有効な対策はとられませんでした。現実的なものとなったいま、これまで問題解決に消極的であった米国、カナダ、オーストラリア、そして日本までもが目の色を変え本気で対処しようとしています。

問題解決法はあるのでしょうか?多くの原因は石油化学依存から来ています。電気や動力の多くが石油エネルギーでまかなわれています。一刻も早く脱石油を目指さなければなりません。

そのための代替エネルギーの開発も急がれます。原油価格が1バレル100ドル時代にあって環境は熟しています。日本の省エネ技術のレベルは世界で最高水準。風力、太陽光、バイオガス、燃料電池、水素燃料、潮力発電などなど、地域や国、そして民間企業や自治体、大学を始めとする各種研究機関などが力をあわせて問題解決に当たれば、その成果を世界がエンジョイすることは夢ではありません。

ある意味で、逆境の中で日本の技術と知恵が発揮でき、世界を新しい科学技術でリードできるかもしれません。

■ PRパーソンにできること
さてこうした事態に、PRパーソンはどのような行動をとるべきなのでしょうか? 
企業の広報担当者やPR実務家は、自らの企業やクライアントに対し少しでもこれらの問題を解決しうる環境技術の有無についてチェックし、リスト化します。次いでそれらの技術・ノウハウが他社の技術と比べ、どのレベルにあるのか内外の知恵を駆使し分析します。

そしてその技術が本業の延長線上にあるのかどうかを知り、本業であれば社内での注意を喚起しドライブをかけます。眠っている技術であれば製品化への再検討を促し、現在顧客によって利用されているものであればそれらの技術・製品に光を当て内外にきめ細かくPRすることも重要です。

自社は全く関係がなければ、他社のこれらの新技術(新製品)を積極的に導入・利用し、企業の環境問題に対する真剣な取り組を内外に示すことも大切なことだと思います。

いま地球が壊れている。待ったなしの状態です。私達は環境問題を解決し、子孫のためにも地球を蘇らせ、再び青く美しい地球として後世に引き継いでいかなければなりません。

混沌とした時代、PR実務家の役割は今後ますます拡がることでしょう。
私達専門家には、自分たちの帰属する職場やクライアントに対して、世の中をより良い方向に持っていくための役割がきっとあるはずです。たとえ小さなことでも、その考え方が周りを刺激し大きなうねりを作り出すことができます。

もちろん、日々の業務を着実に遂行することは大切なことですが、そうした思いを常に意識し持ち続けることによって少しずつ車輪が動き出していくことに気づくはずです。

今年も皆さんと一緒にパブリック・リレーションズを考えていきたいと思います。

投稿者 Inoue: 19:26 | トラックバック