相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2007年10月 | メイン | 2007年12月»

2007年11月30日

PRパーソンの心得 18 世論をリードする

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

個人が社会の様々な現象との関わりを持ち生きる過程で、集団の中に複雑に形成されていく世論。世論は時として、正義を動かし、またある時は悪をも正当化する強大な力を持っています。

パブリック・リレーションズの活動をする上で、世論とどう向き合うのか。常に私たち実務家や広報(PR)担当者にこの問いが突きつけられています。

■ 複雑で常に変化する世論
20世紀を代表する米国のジャーナリスト、ウォルター・リップマンは、1922年出版の Public Opinion (世論)の中で、世論について、「人の集団によって、あるいは集団の下に活動する個人が頭の中に描くイメージ」(『世論』 1987年 岩波文庫 掛川トミ子訳より抜粋)と定義しました。

また1923年同書をベースに記されたパブリック・リレーションズの最初の専門書 Crystalizing Public Opinion (世論の覚醒化)の中では、著者エドワード・バーネイズ(Edward L. Bernays)は、世論について、「複雑で常に変化するもの」と位置づけました。

ジェームズ・グルーニッグ(James E. Grunig)のコミュニケーションの分類に従えば、このバーネイズの考え方は、非対称性の双方向性コミュニケーション。この時期のバーネイズは、社会へ影響力のある人々(インフルエンサー)の発言効果を利用し、新しい考え方をパブリックに浸透させるなど、非対称性の双方向性コミュニケーションを通して説得型のパブリック・リレーションズを行った代表的な実務家とされています。

バーネイズは、パブリック・リレーションズの成功には社会科学に基づいた調査により社会構造や大衆心理を分析し対象(ターゲット)を把握し、その結果得られたターゲットの属性に訴えかける形のPR活動が必要であると説きました。

世論を知る観点からみれば、バーネイズの手法は現在にも通じるものです。しかし情報流通が飛躍的に発達し、一般の人々が容易に複数の情報源を持つことができる現在、説得型のパブリック・リレーションズは機能し難くなっているのも事実です。

むしろ今求められるのは、世の中に有益に働く物事をパブリックに認知してもらう活動。つまり一方的に「それは良い物である」と説得するのではなく、様々なパブリックが既成概念を超えて自ら判断する礎となる様々な情報を提供し、対話の中でパブリックの判断を仰ぎながらリードする活動が求められているのです。

■ 健全なパブリックを維持する
世論をリードする立場にあり、その責務を負う者が肝に銘ずべきことは、誰でも一歩間違えばプロパガンディストになり得るということです。これらは湾岸戦争やイラク戦争の例をみても明らかです。双方向性コミュニケーションによるパブリック・リレーションズに対して、有利な情報を一方的に発信し、煽動的に世論を強引に形成しようとするプロパガンダは、その技術や手法においてパブリック・リレーションズと大きく変わらないからです。

両者を区別するものは倫理観。そして、対等な双方向のコミュニケーションと自分の主張が誤りだと気付いた場合、即座に自己修正できる環境です。加えて、何が最善で最良かを常にウォッチすること。その過程で組織が誤った方向に暴走していると判断したときには、強い意思を持って進言し、それを抑止する役割を果たさなければなりません。

私は、70年代後半から80年代にかけて、インテル社やアップル社と関わり、革新的技術を集積したマイクロ・プロセッサや個人でも操作できるパーソナルコンピュータの登場により、手書き文化の日本でどうすればキーボード文化を導入、普及できるか考え、奔走しました。また80年代から90年代は、日米間に横たわる数々の摩擦(通信、半導体、自動車)にも関係し、如何に世論がマスメディアの影響を受けやすいか専門家として身をもって体験しました。

現在、ネット上の3D仮想世界と呼ばれるメタバース、セカンドライフの日本での普及に取り組んでいますが、これまでのインターネットと異なる3次元空間が社会にどのような形で受け入れられるのが最善なのか、パブリックからのフィードバックをもとに日々スタッフと意見交換をしています。

時代に先駆けて開発された優秀な技術や新しいモデルを社会に導入するためのパブリック・リレーションズの活動は、PR活動が与える世論への影響力の大きさと、その活動を担う専門家としての責務の重さを私に教えてくれました。そこで学んだことは、「パブリックは常に変化する」ということでした。

そして私達が認識しておくべきことは、パブリックはいつも健全な状態にあるわけではないということです。現在、朝日新聞(夕刊)が自戒を込めた連載読み物、「新聞と戦争」は、パブリックに最大の影響力を持つメディアの社会的責任の重大さについて多くの示唆を与えています。

PRの実務家や広報(PR)担当者は、パブリック・リレーションズがパブリックを健全な最良の方向へと導く手段として機能させる責務を負っています。皆さんが将来、高い意識と強い個に支えられた主体性のある専門家として、世論をリードする存在へと成長し活躍されることを心より願っています。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'


好評発売中の『パブリック・リレーションズ』
(井之上喬著:日本評論社)第3刷が発刊されました!


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,

投稿者 Inoue: 19:56 | トラックバック

2007年11月24日

PRパーソンの心得 17 最後まで諦めない

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですが。

物事を成し遂げようとする時、最後まで諦めない態度は、成功者における大きな共通点といえます。これは、複雑な問題を解決し組織を成功に導かなければならないPRパーソンにとっても身につけるべき姿勢です。

松下幸之助さんは「私はかつて失敗したことがない」といったそうです。彼にとって失敗とは、逆境に立たされたとき挫折し途中でやめてしまうことを意味していました。何かうまくいかない時があってもそれを失敗と捉えず、最後まで、つまり最終的に成功するまでやり抜けば、それは失敗とはならないということです。

■ 立ち止まって内観する
とはいっても成功までの道のりには、挫折してしまいそうな苦境に立たされることもしばしばあります。どんな心構えで逆境に立ち向かえばよいのでしょうか。

何かうまくいかないとき、私たちはその責任を外部に求めがちです。しかし、環境や人に責任を転嫁しても、取り巻く状況が好転するわけではありません。

危機的状況でなすべき事は、まず自己への問いかけです。初心に回帰し、自分が本当に目指していたものは何かを確認します。そして、自ら作り出した現状に身動きが取れなくなっていることを素直に認識すること。

更に、真の目標に照らし合わせて、本当に解決しなければならない根源的な問題を明らかにすること。 大切なことは、直面する問題をネガティブなものとして遠ざけるのではなく、将来成功をもたらしてくれるであろう問題として、ポジティブに寄り添ってみること。時間の許す限りあらゆる視点から問題を眺めてみるのです。

その過程はパブリック・リレーションズライフサイクル・モデルを用いて行なうことができます。そして「問題の原因は何か」「目標を修正すべきか」「持てるリソースはどれだけあるか」「最悪の状態になっても乗り切る方法はあるのか」「そのために持つべき戦略とシナリオは何か」などを分析・検討していきます。 

■ 成功への意識を集中させる
やるべきことが決まったら、改めて成功をイメージし意識を集中させ、とにかくやってみることです。そして行動に対するフィードバックを注意深く観察します。その過程で問題が生じたときでも、逃げることなく問題の原因究明と自分の中の恐怖心に向き合い、直面する問題を素直に受け入れること。そして必要な修正を加えながら歩み続けるのです。

問題を受け入れ行動しフィードバックを確認する過程を粘り強く繰り返すことで、失敗をも糧とし、目標に向かって前進することができます。こうして問題に向き合うことで、自分が目的とする方向に向かっていることが実感できるようになります。

人は誰でも志を高く掲げて物事をなし遂げようとするとき、多くの困難に遭遇します。しかし危機やそれがもたらす恐怖に押しつぶされてしまうようでは、この混迷の時代を切り抜け新しい次代を担うことはできません。

どのような状況に直面しても、自分が信じることを最後まで諦めずやり抜いて欲しいと思うのです。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'


好評発売中の『パブリック・リレーションズ』
(井之上喬著:日本評論社)第3刷が発刊されました!


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,

投稿者 Inoue: 11:13 | トラックバック

2007年11月16日

PRパーソンの心得 16 説得力

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

自分という存在が他者と関わるとき、意見の相違が生じ物事が前に進まなくなることはよくあることです。そんなとき必要となるのが、説得力。説得力を持ち合わせるかどうかで、事の成否は大きく分かれます。

■ 相手を受け入れた「無私の心」
説得とは、ある事柄について、自分を介して相手に立場や意見の相違を乗り越えて歩み寄ってもらい、互いの納得の上で合意を得るプロセスです。

パブリック・リレーションズの実務家や組織に所属する広報(PR)担当者は、クライアントや所属する組織のトップと意見が分かれたときにはカウンセリングを通して、軌道修正を行ない正しい方向に導くための説得を試みなければなりません。また、パブリック(ステークホルダー)の動向に賛同できない場合、その動向を修正するようなメッセージを発信することでパブリックを説得しなければなりません。

説得力をもつ主張とは、一体どのようなものでしょうか。

まず、何を伝えたいかを明確にすること。そして、決断や行動の基準となる確固たる価値観に基づいた主張を展開すること。判断基準が明確であることが相手に伝わると、相手に安心感を与えます。説得には、言葉だけでなく、時には身振りや手振りを交えることも重要な要素となります。しかし、どのような説得でも相手を受け入れ、認める心がないと成功しません。

相手を動かすのは無私の心。組織体であれば、まず何がその組織にとって重要なのかを最優先にしなければなりません。自分の利益や目先の利益を考えず、時代や世論など取り巻く環境を考え、相手を考え、そして未来を予測した上でどんな選択肢が最良であるかを熟慮すること。 この真摯な姿勢が人の心を動かし、その主張が説得力を持つようになるのです。

また相手との隔たりが大きい場合には、説得に時間を要することもあります。その際は、潮目が変わるのを待ちながら忍耐強く説得を行なうこと。メッセージが相手に伝わるまで、相手との対話を繰り返し、じっくりと双方向のコミュニケーションを行なう努力を重ねることです。

■ 隆盛/海舟 会談にみる説得力
西郷隆盛と勝海舟が成し遂げた江戸城無血開城。この偉業も、幕府陸軍総裁の勝と官軍参謀の西郷という相反する立場の人間が、無私の心で日本の将来を見据え、何が最良の結果をもたらすのか深く考え、真摯に向き合った2人の説得の成果です。

1868年1月、鳥羽伏見の戦いが始まり、3月初旬には官軍は江戸に到着。2人の話し合いの翌日3月15日には官軍による江戸城総攻撃が予定されていました。しかし2人は江戸を戦火にさらさないために総攻撃を中止すべく最後まで忍耐強く互いの説得を試みました。

最終的に勝は西郷に,官軍が将軍徳川慶喜を助命し徳川家に対し寛大な処置を行うならば、幕府側は抵抗せず江戸城を明け渡すと申し入れました。そこで西郷は勝の申し出を受け入れるよう朝廷を説得することを約束。この説得の末、江戸の町が火の海になることなく江戸城開城を実現させたのです。

元来日本人にとって相手を説得する能力はそれほど高くありません。その一つの要因として、島国でハイコンテクスト・カルチャーの日本では、欧米と異なり、コミュニケーション方法に言葉や身振りを交え相手を説得する必要性がなかったことが考えられます。

説得という行為には他者の心を動かす何かがなければなりません。だからこそ、真摯に向き合い無私の心で相手を説得することが前提条件となります。受容という双方が新しい境地にたどり着くことで、自らの存在をとおして他者と関わる意味も増すのではないかと思います。コミュニケーションの専門家でもあるPRパーソンの存在意義もまた、そこにあるのではないでしょうか。


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'


好評発売中の『パブリック・リレーションズ』
(井之上喬著:日本評論社)第3刷が発刊されました!


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,

投稿者 Inoue: 18:51 | トラックバック

2007年11月09日

PRパーソンの心得 15 チームワーク

こんにちは、井之上喬です。
紅葉が楽しめる季節になりました。皆さん、いかがお過ごしですか。

パブリック・リレーションズのプロジェクトは通常チームを編成して行なわれます。一人の個人として強い個性を発揮できても他者と協働しチームワークを発揮させることができなければ大きなプロジェクトを成功させることはできません。

■ 考えを同じにする
チームワークを機能させるために必要なことは考えを同じにすること。明確な目標や方針を掲げ、プロジェクトの実施スケジュール、仕事の役割分担など、大きな事柄から細かい点まで全てを明確化し共有することです。

特に大切なことは、チームの掲げる価値観や目的意識を各メンバーに納得してもらい共有すること。互いが納得して行なう活動には自主性が生まれ、各メンバーの活動がひとつの目的へと有機的につながり、大きな相乗効果が期待できます。

それを機能させるのは「報連相(ほうれんそう)」つまり報告・連絡・相談という双方向のコミュニケーション。毎日のコミュニケーションを確実に行なうことで、チームリーダーや各メンバーが、プロジェクトを取り巻く情報をリアルタイムに様々な視点で収集し、必要な修正を行なうことができます。

このような環境が整っているチームは、すばやく行動できるのが特徴。臨機応変に行動することができるので、最良のタイミングでプランを実施していくことが可能となります。また、問題が発生した場合もその影響を最小限に抑えることができます。

■ 他者に対する敬意
プロジェクト遂行には異なった性質を持つ人間が集まりチームを結成し、一つの目標を達成しなければなりません。チーム運営において一番難しいのは、互いのアイデンティティを認めながら交じり合い一つの成果を生み出すことかもしれません。

違いを認め合いながら、密接に交じり合うことを可能にするのは、他者に対する敬意。相手を尊重する態度は互いの信頼感を醸成し、ポジティブな環境を作り出し、目標達成をスムーズにします。

しかしチーム内でメンバーの協調を図っても、どうしてもケミストリー(肌合い)が合わないケースもあります。その時は思い切ってメンバーの組み合わせを変えてしまうこと。肌合いの合わない者が一緒に働く環境ではエネルギーを消耗してしまい、果を上げるどころではなくなってしまいます。

チームワークを機能させる上でのPRパーソンの役割の一つは、その環境づくり。各メンバーが最大限の能力を発揮できる良好な環境を醸成することです。状況が刻一刻と変わる中で複雑な問題を解決しなければならないパブリック・リレーションズにおいて、プロジェクト完了まで気を緩めることは許されません。様々な視点をもち、細心な注意を払いながらチームはプロジェクトを完遂させなければなりません。

チームワークを機能させ一つの目標に向かっていく考え方は、地球上に在るものが共生していく姿勢につながっているような気がします。

しっかりとした強い個を持ち主体的に行動し、多様性を抱合しながら互いのアイデンティティを尊重し認め合うことができた時、私たちは繁栄という共通の目標に向かって歩み始めることができるのです。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'


好評発売中の『パブリック・リレーションズ』
(井之上喬著:日本評論社)第3刷が発刊されました!


*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,

投稿者 Inoue: 17:36 | トラックバック

2007年11月03日

社会貢献活動を支える熱い思いと使命感
 ?DEVNET賞贈呈式から

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

私が理事を務める国連開発計画NPO法人日本DEVNET協会(JDA:以下DEVNET)は、国際機関DEVNET ASSOCIATION(本部:ローマ)の一員。同協会は2005年度より「DEVNET賞」を設け、各年度に国際活動の場で著しく貢献した個人や組織の功績を称え顕彰しています。先日、その贈呈式と祝賀パーティが開催されました。

■ 情報交流ネットワークで問題解決
同協会は、会長を務められる片方善治さんが2004年より活動を開始。今年7月、内閣府からNPO法人として認可を受け、技術開発交流と女性活動支援を軸に様々な活動を展開しています。

設立の由来は、1986年。ガリ元国連事務総長らがDEVNET ASSOCIATION をローマに設立。DEVNETとは、Development-Networkを縮めた言葉。そこには情報交流ネットワークを活用し世界が抱える問題解決に貢献しようとの思いが秘められています。現在の参加国は100カ国。約50万社の中小企業が参画。

石田晴久(東京大学名誉教授、工学博士)さんが選考委員長を務める「DEVNET賞」には2つのカテゴリーがあります。技術開発とその支援・普及の業績を称えるTIPS(Technological Information Promotion System:情報支援システム)賞と女性の企業活動や社会活動とその支援・普及の業績を顕彰するWINNER(Women into the New Network for Entrepreneurial Reinforcement:女性起業家支援ネットワーク)賞です。

■ 現地への熱い思いと使命感
2007年度TIPS賞は、山梨日立建機の雨宮清さんが受賞。同社の社長でもある雨宮さんは1994年のカンボジア視察中、現地で地雷被害を受けた母子の悲惨な姿に遭遇し、対人地雷除去機の開発を決心。建設機械をベースに安全な地雷除去機の研究に没頭。ロータリーカッタ式の地雷除去機の開発に成功しました。99年カンボジアで試作機の稼動テストを行い、現地地雷処理機関で絶大な評価を受けました。

雨宮さんは平和な豊かな大地を取り戻すことで人々の自立、自活が達成されると考え、同機械を耕作機としても利用できるよう改良。これまで同機械はカンボジアを始め、アフガニスタン、タイ、ベトナムなどで使用され、現在52台の除去機がこれらの地域で稼動中です。

更に現地で教育訓練や農地開発などの活動と連携。地雷原から耕作地への転換を実現しました。現在ニカラグアでは跡地にオレンジやコーヒーが栽培され、カンボジアでは学校が設立され、現地の人々の生活を支えています。

そして今年度のWINNER賞は社団法人産業関係研究所の川本貴美枝さんへ贈られました。川本さんは、国際平和基金団体でアフリカにおける砂漠化防止や食料安定供給のための植林事業、井戸掘削業に従事。また現在、モンゴルでの救援プロジェクトの一環として貧困にあえぐ子供のための「大地の家」建設などを積極的に推進。長期的に現地で孤児の教育活動を行う女性指導者と共に奉仕活動を展開しています。

川本さんの話の中でとても感動的だったことは、何年か前の冬、モンゴルで大寒波のために200万頭に及ぶ家畜が死亡したとき、首都ウランバートルの街のマンホールや警察の留置所にはホームレスの孤児であふれかえっていたそうです。そんな逆境のなかでも子供達の輝く目を見たときに「この子達を何とかしたい。彼らの住む家を作ってあげたい」との思いが彼女の心を揺さぶったといいます。それ以来この「大地の家」の建設活動に奔走しています。

これら2つの活動に共通するのは、現地の人々の視点に立った活動を真摯にそして継続的に行なっているという点です。援助や奉仕活動には様々な難問や困難に立ち向かう粘り強さが要求されます。お二人の受賞のスピーチからは、現地の子供たちや人々を救いたいとの強い思いが使命感となり、多くの難関を乗り越えるエネルギーとなったことを感じとることができました。そして何かを成し遂げた人には、それぞれの動機が志となって困難にも打ち勝つ原動力となっているようです。

大学の授業でも感じることですが、最近NPOやNGOでの国際活動を志望する若者が増えてきたように思います。しかし今回受賞した市民レベルでの支援活動は一般にはあまり知られていません。継続的に成果を収めるには、日本国内や現地だけでなく、世界に活動状況をリアルタイムで発信し、認知度を高めるパブリック・リレーションズの活動が非常に重要となります。

このような賞を通して、貢献度の高い活動に対する認知度が向上し、世界へ貢献したいと考える、高い志と使命感を持つ人々が一人でも多く輩出されることを願っています。

投稿者 Inoue: 12:11 | トラックバック