相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2007年9月 | メイン | 2007年11月»

2007年10月26日

PRパーソンの心得 失敗

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

ボクシングとは思えぬ反則プレーで話題騒然となった内藤大助選手と亀田大毅選手の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ。大毅選手は判定負け。日本ボクシングコミッション(JBC)は、反則を繰り返した大毅選手を1年間の出場停止処分、父史郎トレーナーを無期限のセコンド資格停止処分としました。

その後、父と伴に試合後初めての記者会見に臨んだ大毅選手。頭を丸刈りにした痛々しいまでの大毅選手は無言を貫き、チャンピオン内藤選手への明確な謝罪はありませんでした。そして試合から2週間後の11月26日、亀田家を代表して兄の興毅選手が謝罪会見を行いましたが、そこに大毅選手の姿はありませんでした。18歳という大人になりきれない年頃。彼にとって失敗を認め謝罪する行為は大きな試練だったようです。その苦難を乗り越えることはできませんでした。

■ 問題解決の5つのプロセス
人は誰でも失敗します。しかし失敗は、その時の対応次第つまり事後処理をどのように行なったかで、将来プラスにもマイナスにも働くもの。

例えば2005年に明るみになった松下電器製FF式石油温風機の欠陥問題では、同社はその直後に石油機器(暖房機のみならず、石油給湯機なども含めた)からの完全撤退を決定。その後も徹底したリコール活動を展開。その結果、組織としてのレピュテーション(品格)を一層強固なものにしました。一方、雪印企業グループの例では、失敗時の対策が不十分であったため、その後も不祥事が相次ぎ、グループの解体・再編を余儀なくされました。このように失敗は、その事実にどのように向き合い対処するかで、その後の大きな飛躍にもまた大きな傷にもなり得るのです。

失敗へ適切に対処する過程は、問題解決のステップとよく似ています。心理学者であるジョンソンとゼッタミスタは彼らの著書『クリティカルシンキング』(1997 北大路書房)の中でそのプロセスを5段階に分類しています。

1)問題の存在を認識すること
2)問題の性質をきちんと理解すること
3)目標達成のためのプランを立てること
4)プランを実行してみること
5)実行の結果をチェック(モニタリング)すること

このプロセスで特に精神的な困難を伴うのは 1)の失敗と素直に向き合い、その事実をありのまま認めるプロセスと、4)のプランを実行する段階だと思います。外部からの非難が集中するなか自分の立場を客観的に把握し適切な方向へ自らを修正していくには、強い精神力と目標への高い集中力が要求されます。

一方、同じ過ちを防止する対策を講じるには、原因の究明とともに問題を徹底的に分析することも重要です。そしてプラン実施の際に、その行動から得られるフィードバックに細心の注意を払わなければなりません。このフィードバックを分析することで、実施プランの成否を客観的に知ることができます。

また何よりも全体のプロセスを円滑にするのは、全てを受け入れること。人は失敗すると必ず苦悩や混乱に直面します。しかしそんな時こそ自分をストレスから解放し冷静さを取り戻すことが重要です。全てを受け入れると、不思議にプライドや恐怖心などのストレスから解き放たれ、全体像や取るべき行動が自ずと見えるようになります。

■ 成功者は学習だと捉える
私も20代の駆け出しの頃、ある仕事で大きな失敗をしたことがあります。その頃の私は表面的には謝罪したものの、顧客に心の底からお詫びする事はできませんでした。相手に謝罪する前に、失敗した自分のあまりの情けなさに憤りを感じ、その事実を素直に認めることができなかったからです。その結果、リカバリーのための対応は迅速性を欠いたものとなりました。この失敗は今でも私の心に苦い思い出として残っています。

しかし私は、その経験から多くのことを学びました。まず、失敗した際にその事実から逃避せず冷静に受け入れること。何故このような問題が起きてしまったのか頭を整理して考えること。そして、問題解決のためにスピーディな対応を行なうこと。その際、ひとつの戦略に対し常に複数のシナリオを持つことなどを肝に銘じました。この失敗のおかげで、私は、より大きく成長することができたように感じています。

先日ご紹介した『ビジョナリー・ピープル』に「永続的な成功をおさめている人たち全員に共通しているものがひとつだけあるとすれば、それは、彼らはみな失敗の達人だ、という事実ではないだろうか」とするくだりがあります。

大きな成功を望むほど、失敗のリスクも高まります。成功できない人とできる人の違いは、敗者はそれを失敗と捉え、成功者はそれを学習だと捉える点です。失敗は飛躍のチャンスであることが理解できれば、失敗への恐怖心も払拭され、物事に果敢に挑戦できるようになります。

パブリック・リレーションズの実務家や広報(PR)担当者は、クライアントや所属する組織が過ちを犯し危機的状態にある時にも、その問題を自分のものと考え、真摯にカウンセリングを提供することが求められます。自らの失敗を糧とし飛躍した経験を適用すれば、実行力の伴った質の高い戦略やシナリオを描くことができるのではないでしょうか。

失敗を成功体験として積み重ね、失敗を恐れず新しい問題に果敢に取り組んでいく。21世紀にはそのような強い個を持ったPRパーソンが求められているのです。

投稿者 Inoue: 19:02 | トラックバック

2007年10月19日

心に残る本 11 『人生の王道  西郷南洲の教えに学ぶ』

人生の王道?西郷南洲の教えに学ぶ


こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。
                    
「かって、とびきり美しく温かい心を持った、ひとりの上質な日本人がいたことを思い起こすのです。それは、西郷隆盛です。日本人が本来持っていた『美しさ』『上質さ』を想起させるのです。」
本の扉を開くと、最初にこのことばが目に飛び込んできました。著者稲盛和夫さんの熱いメッセージです。

今年は西郷隆盛(1827?77年)生誕180年、没後130年にあたる年。先日、鹿児島に生まれ、少年時代より西郷の思想を人生のバックボーンとしてきた京セラ名誉会長、稲盛和夫さんが『人生の王道?西郷南洲の教えに学ぶ』(2007日経BP社)を出版されました。

この本は、西郷が西南戦争(1877年)に立つまでに遺した『南洲翁遺訓』全41条を稲盛さん自らの経営者としての人生に照らし合わせて読み解いた作品。日経ビジネスで大反響を呼んだ連載「敬天愛人 西郷南洲遺訓と我が経営」を大幅に加筆修正して書籍化したもの。今回はこの本をご紹介します。

■ 「敬天愛人」
遺訓24条「道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とす。天は人も我も同一に愛し給うゆえ、我を愛する心を以て人を愛する也」

西郷隆盛は、江戸城無血開城や廃藩置県断行などの政治的難題を見事に解決した明治維新の立役者。新政府で要職に就いた西郷ですが、政府内での意見対立から下野。郷里鹿児島で私学校を創設しその思想や哲学を生徒らに教えました。

1877年その生徒たちが新政府を相手に決起。西郷は不利な状況を承知で生徒らと共に7カ月に渡る西南戦争を戦い、最期の地、鹿児島市城山にたどり着きます。約4週間の戦闘の末、同年9月24日政府軍により被弾し自刃。享年50歳でその生涯を閉じました。

「南洲翁遺訓」(南洲は雅号)にはあるエピソードがありました。幕末に西郷は、官軍と戦い敗れた旧庄内藩(現山形県)に対し、その処罰を藩主と一部藩士のみの謹慎に留め、最後まで徳川家に忠義を尽くした立派な武士として敬意を持って処遇しました。これに感銘を受けた旧庄内藩主・酒井忠篤(さかいただずみ)は、明治に入り即座に薩摩遊学を計画。旧藩士70数名を引き連れ鹿児島を訪問、直接西郷の教えを請うたのでした。「南洲翁遺訓」は、旧庄内藩の有志が西郷から直接聞いた教訓を明治時代に一冊の本にまとめたものでした。

著者の稲盛さんはこの41条におよぶ遺訓を「無私」「試練」「利他」「大儀」「立志」「希望」など、12の章に分けて語っています。その要素は、どれ1つとっても今のリーダーに欠かせない能力や資質。 著者は西郷の思想を通して、相次ぐ不祥事や不気味な事件がメディアを埋め尽くす混迷の時代に、日本が一番必要としているバックボーンとは何かを提示しています。

一番始めに目に飛び込んできた言葉は「敬天愛人」。これは私の執務室にもある書で、聖書の一節「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」に示されている黄金律にも通ずる言葉です。

稲盛さんは「天を敬うとは、自然の道理、人間としての正しい道、すなわち天道をもって善しとせよ、つまり、『人間として正しいことを貫く』ことであり、人を愛するとは、己の欲や私欲をなくし、人を思いやる『利他』の心をもって生きるべしという教えです」と解説しています。

稲盛さんは西郷の思想を象徴するこの言葉「敬天愛人」を京セラの社是としてきたといっています。京セラの創業期、稲盛氏は経営経験のない若干27歳のベンチャー企業経営者として悩みぬいた結果、「人間として正しい道を貫くこと」を全ての物事の判断基準に据えることを決心。その時目に入ったのが、当時オフィスとして間借りしていた宮木電気の社長から贈られた「敬天愛人」の書。そしてこのとき稲盛さんは、「敬天愛人」を社是に掲げることを心に決めたといいます。

この言葉はインターメディエータとして様々な難題に立ち向かい、相互の利益を実現させる役割を持つパブリック・リレーションズの実務家にも心に刻んでもらいたいものです。明確な行動基準を持つことで、どのような状況でも柔軟な対応と速やかな判断を促し、必要とあらば自らを修正することを容易にすると思われるからです。

■ 美しく温かい心をもった、上質な日本人
西郷は、旧庄内藩に対する降伏時の処置や負け戦を承知で生徒の気持ちを重んじ共に戦ったその行動に見られるように「徳」だけでなく「仁」も重んじた人でした。

遺訓39条で西郷は、才識(才能と識見)と仁徳の大切さに触れています。その言葉を要約すれば、真心があれば世の中を動かし素早く行動でき、才識があれば広く治めることができるから、才識と真心が一体となったとき、全てはうまくいくということです。

稲盛さんは、現在の人は才識ばかりを求めがちであるが、至誠の心がなければ目先の利益に気を取られ、継続的な成功を収めることは不可能だと付け加えています。

このバランスは次世代を担うリーダーに不可欠な要素です。私は頻発する一連の不祥事の根本的な問題解決も、至誠の心つまり倫理観を個人や組織の内部に育てること無しには有り得ないと考えています。

私の父も鹿児島出身。数年前に私は父の故郷鹿児島の市内にある、城山から程遠くない西郷隆盛が祀られている南洲神社を訪れました。境内には隆盛を始め桐野利秋、村田新八ら西南戦争を戦い志半ばで逝った2000を超える志士たちの墓地があります(写真)。その中で聳え立つ西郷隆盛の巨大な墓石とその背後の墓石群を目の前にしたとき、その強烈なエネルギーに圧倒されたのを今でも鮮明に覚えています。


京セラ、KDDIを創業し継続的な成功を収めてきた稲盛さんが、世情の乱れを危惧し、西郷の精神を再び世に広めたいと記された本書。そこで強調されているのは、「南洲翁遺訓」に示される精神的な豊かさや美徳、そして品格を取り戻すことの重要性です。

とびきり美しく温かい心もった上質な日本人、西郷隆盛が百数十年の時を超えて語りかける言葉は、私たちの心の奥に響くものばかりです。一度手にとってみてはいかがでしょうか。

投稿者 Inoue: 18:19 | トラックバック

2007年10月13日

自己のバックグラウンドと向き合う
 ?より包括的なPRの実現のためにすべきこと

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

パブリック・リレーションズが学問として体系化されている米国では、業界で活躍するほとんどの人がパブリック・リレーションズ(コミュニケーションやジャーナリズムの学科を含む)の専門教育を受けてPRの世界に入ってきます。

しかし日本にはPRの専門教育機関がないため、専門的な教育を受けずにこの世界へ入るのが通常のパターン。広報(PR)が専門職として確立されていない日本の組織体では、多くの場合、PR(広報)担当者にはジョブローテーションとして営業や総務部などいろいろな職種を経験した人が就任しているのが実情。一方、PR会社の実務家は、広告を含むマーケティングや新聞記者、雑誌編集などのメディアあるいは一般的な企画や営業職からこの世界に入るケースが多いようです。

■ 自らのポジショニングを知る
どのバックグランドを持つにせよ、これまでの自分の主要な経験を生かすことの重要性は言うまでもありません。しかしその殻に閉じこもってしまうと活動範囲が狭くなります。そこで自分に足りない要素を補う必要性が出てきます。

そのとき肝心なのは、パブリック・リレーションズを体系的に捉え、自らのポジショニングを確認すること。そして自分のバックグラウンドを生かせるのは何処か、そして補強すべき点は何処かを知ることです。

広告やマーケティングのバックグランドを持つ人の場合、スポンサー(クライアント)を優先しすぎる傾向があります。実務家は、クライアントと意見が異なる場合も、専門家として意見を進言すべき立場にあることを肝に銘じ、現場に臨む必要があります。そのためにフィーを頂いているのですから。また、メディア・リレーションズはPRの中核的な競争力です。その活動を成功させるために、メディアと意識レベルを同じにする努力を怠ってはなりません。

逆に、ジャーナリズムのバックグランドを持つ人の場合、メディア・リレーションズに偏ってしまう傾向があります。パブリック・リレーションズにはガバメント・リレーションズやインベスター・リレーションズなど、他に様々なリレーションズ活動があり、それらを統合して取り組む重要性を認識して行動するよう心がけるべきです。

また、ジャーナリズム特有の批判的精神の行き過ぎに気を付けること。批判ばかりでは物事は滞ってしまいます。物事をポジティブに捉え、クライアントとパブリックのWINWIN環境創出がインターメディエーターとしてのPR実務家の役割。バランスを取りながらクライアントや組織に倫理的な行為を促し目標を達成させることが大切なのです。


■ より大きなステージへ
私の経験を少しお話したいと思います。
大学卒業後に就職したヤマハを退社独立しこの世界に入りましたが、最初の取引先となったヤマハの仕事で、音楽普及のための様々なプロジェクトをプロデュースしたり、新製品開発のための市場調査や製品キャンペーンを行ないました。こうしたマーケティング要素の強い仕事を経験していくなか、ジャーナリズムの要素を強化したいと考え始め、その実現に知恵を絞りました。

そして1973年、メディアへの活動を充実させるため、社内に活字媒体でいう編集機能を持たせ、別会社としてラジオやテレビの制作機能を持つ番組制作会社、「PMC(Pacific Music Corporation)」を設立しました。

活字における最初の仕事は、読売新聞社発行のムック、『オーディオ・カタログ』の編集・制作。この雑誌と書籍を併せた媒体ムックはいまでこそ一般的なメディアになっていますが、当時はまだ先駆け。読売新聞社が、他の新聞社に先んじて発行したこの「ムック」の第二作目、『オーディオ・カタログ』は我々の持ち込み企画としてその編集・制作をまかされたのです。

ちなみに第一作目の「メイド・イン・USAカタログ」(1975年)は、当時、「平凡パンチ」の編集長として名声をあげ、その後「ポパイ」や「ブルータス」など多くの若者雑誌の編集長として出版界を席巻していた鬼才、木滑良久さんによる企画編集。当時の若者が熱狂的に求めたアメリカ文化(特にカルフォルニア)を衣料から住宅に至るまで幅広く紹介し、世のカタログブームに火をつけた歴史的な媒体でした。

そしてオーディオ・ブームに乗った私達の『オーディオ・カタログ』(1976年)は、その第二弾として翌年に発行。また表紙のスーパー・リアリズムのカラフルなイラストはアートポスターとして発売され、さまざまな雑誌に紹介されるなど『オーディオ・カタログ』(写真左)は高い評価を得ることができました。


1978年、同じ読売で三菱電機のビジネス本『ここにナポレオンの辞書がある』(佐藤公偉著:写真右)の企画・編集を手がけました。同書は、進藤貞和社長(当時)のもとで「重電の三菱から家電の三菱」へと変革を急ぐ三菱電機のニュー・イメージを内外に示し、社員の意識改革を促す一助となりました。

一方、電波メディアにおいて先に紹介したPMCは、1979年、FM東京をキーステーションとする全国ネットのラジオ番組「アメリカ音楽地図」を制作。当時の三菱自動車の新製品「ミラージュ」に乗りスタッフがアメリカを横断。現地のFM局やビッグ・アーティストを紹介するという、ラジオ局最大の新しいタイプの番組でした。日本に米国のFMブームを巻き起こし、番組はその後10年以上も続くことになります。

またテレビ番組では、その頃若者の間で人気の高かった、アート映像と音楽を組み合わせた番組、「日立サウンドブレイク」(東京12チャンネル)の海外編を手がけました。取材先も米国、英国にとどまらず、エジプトや、当時政情不安のジャマイカ(日本のTVクルーとしては初めて)など、企画の面白さで取材先を自由に決定し取材クルーを送り込んでいました。

このような媒体制作を通してメディアの視点を自分の中に取り込み、メディアと同じ意識レベルを維持するよう努めたものです。

これらのプロジェクトの成功は、何よりも私に大きな自信を与えてくれました。そしてこの時期に経験したことが土台となり、その後のインテルやアップル社との出会いに繋がったのではないかと思います。

自己のバックグラウンドを生かし、弱い部分を補強する努力を重ねていくことにより、幅広く奥行きの深いパブリック・リレーションズが実現できます。そして高い技術を身につけることで、専門家としてより大きなステージで活躍することも可能となるはずです。

グローバル化が急速に進展する中、企業や国家に求められているのは包括的なパブリック・リレーションズを扱うことのできる専門家です。次世代を担える質の高い専門家が多く出てくることを心から願っています。

投稿者 Inoue: 11:28 | トラックバック

2007年10月05日

後期の「パブリック・リレーションズ概論」の授業開始
 ?覚醒した次世代リーダーのために

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

私は早稲田大学で、パブリック・リレーションズの理論を中心とした「概論」と実践中心の「特論」の二つの授業を行っています。前期授業の特論は、7月下旬に実施した「パブリック・リレーションズ特論」の伊豆・川奈での合宿を最後に修了しました。それから2ヵ月あまり。今月から、後期授業の「パブリック・リレーションズ概論?次世代のリーダーのために」が始まりました。

■ 知識は経験の礎
後期の概論の授業は、パブリック・リレーションズの理論習得がテーマ。ユニークなゲストによる講義を交えながら、パブリック・リレーションズとは何かに始まり、何故いま日本が必要としているのか、パブリック・リレーションズの歴史や組織・社会におけるその機能と役割を概観していきます。

今回定員230名のクラス(第4期生)には250人を越える生徒さんが集まってくれました。学部間の垣根を越えたオープン教育センターで行なわれるこの授業。受講者の所属学部も理工学部から文学部までさまざま。前期の特論を修了した生徒や以前の受講者で、海外留学した生徒なども帰国し、久しぶりに元気な顔を見せてくれました。

経験は年月をかけなければ体得できないもの。しかしパブリック・リレーションズの理論は、その場で体系的に把握し自分の知識として習得することができます。ここに理論を学ぶ素晴らしさがあります。そしてこの知識は、様々なキャリアパスを築いていく上で確固たる礎(ベース)として機能し、経験と共にさらに自己の中に深く根付いていきます。

特にパブリック・リレーションズの分野で活躍したいと思っている人にとっては、スタート地点から、自ら関わる活動がパブリック・リレーションズのどの部分に位置するのかを把握できるため、一つひとつの経験を取りこぼすことなく、自分の中に蓄積することができます。

■ PRの真髄には人生のヒントがある
概論の授業では、「パブリック・リレーションズとは何か」について理論とは異なった実践的な角度からも見つめることができるよう、今回も多彩なゲスト講師を迎える予定です。

資生堂の社長時代、不振にあえぐ同社で「逆ピラミッド型組織」を提唱し社内改革を成功させ、現在政府の教育再生会議で教育改革にも取り組む、池田守男(同社相談役)さん。そして、中央と地方で豊富な政治経験を持ち、マニュフェスト選挙の導入に力を入れる早稲田大学院公共経営研究科教授の北川正恭さん。サントリー元広報部長(早稲田大学参与)で、『洋酒天国とその時代』(2007、筑摩書房)の著者小玉武さん。いつもこの授業をサポートしてくださっている亀井昭宏商学部教授にはマーケティング・コミュニケーションについてご講義いただきます。

また海外からは、故盛田昭夫氏が会長時代にSONYに在籍し、携帯検索エンジンのプラットフォーム開発会社をシリコンバレーのベンチャー企業として立ち上げた、Mobile Content Networks, Inc.(MCN)社長兼CEOのマーク・ブックマン(Marc Bookman)さんなどユニークな個性や豊富な経験を持つ方ばかり。

今年4年目に突入するパブリック・リレーションズの講義。その成果はこの授業から巣立った生徒さんが、メディア、商社、金融、自動車、行政などあらゆる分野に巣立っていったことです。そして学問だけでなく、将来パブリック・リレーションズ(広報)の実践を極めたいと、PR業界に進路を選択する受講者も年々増えています。

この講義が契機となり大学でPR研究会が設立されたことも大きな変化です。今年早稲田大学は125周年を迎え、その記念事業として様々な活動を展開しています。学生グループで、その渉外を担当するのは、この授業から巣立った生徒さん。パブリック・リレーションズの精神を理解する人たちがさまざまな場面で活躍しはじめていることを大変嬉しく思います。

先行きが不透明で不安定なこの世の中にあって、次世代を担う確かなバックボーンと強い個をもったリーダーが一層求められています。講義の中で受講生の皆さんが、パブリック・リレーションズの真髄に触れることで、その重要性に目覚め、自立した個を確立するきっかけや自分なりの道を発見するヒントを見つけてくだされば幸いです。そして、今年もこの授業から覚醒した次世代を担うリーダーが多く誕生することを願っています。

投稿者 Inoue: 17:48 | トラックバック