相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2007年6月 | メイン | 2007年8月»

2007年07月27日

29日は参院選、まずは投票所へ行きましょう

2007年7月29日は参議院選挙の投票日。今回は12年に1度の「亥年(いどし)選挙」。参院選と地方統一選挙が同じ年に実施されます。7月22日現在での期日前投票は約400万票で、前回比53.58%増と出足は好調な様子。このまま推移すれば1000万票に届くのではとの見方もでています。投票率が下回れば、組織票が有利に働くといわれる選挙戦。今回の参院選で、日本の政治に変化を求めるには55%以上の投票率が必要といわれています。

■ 投票はより良い国づくりへの国民の責務
憲法学的にみれば、投票という行為は参政権の行使の一形態。 参政権は国民として国政に参加することが認められる権利です。

古代ギリシャでプラトンは、人間には理想国家を構築する力があるとし、また少なくともより良い国家を構築することができると示しています。

現代に解釈すれば、私たち(国民=有権者)は、投票行為を通して国民の代表を国政に送り、有権者はより良い社会の実現のために行動しなければならないのです。 私たちは、国政をつかさどる代表者を選出する選挙において、投票することでより良い国づくりへの責任と義務を負っているのです。つまり、投票することは国民としての責務。投票しないことは、社会の一員としての自らの責務を放棄することを意味します。

福田赳夫元首相(総理在職期間:1976‐78)は、日本国民のガバナビリィティ(被統治能力)の低さを嘆き、「政治家を生んでいるのは国民であり、政治のレベルは国民のレベルを投影している」といった主旨のことばを残しています。質の高い政治を確保するには国民の高い関心が不可欠。その関心度が端的に現れる数字が投票率です。

2005年に行われたドイツ連邦議会選挙における投票率は77.7%。今年6月のフランス国民議会(下院)選挙の投票率は約60%、今年4月に行われた大統領選挙の決選投票に至っては投票率85%以上を記録。このように成熟した国家では選挙民の意識の高さが見て取れます。

しかし日本における参院選での投票率は、過去10年間60%を超えたことはなく、低調なのが現状。国民の政治的無関心さを露呈しています。

■ 1票の重み、発言力を行使する
日本の政治状況をみると、不祥事が相次いで発覚。国民は政治に対して嫌悪感や無力感を抱いています。これらは最近の選挙における投票率低下の原因となっています。この結果、投票しないことで国民を顧みない政治家を議会に送る結果を生み出しているのも事実。

投票行動をとらない場合、私達はその結果に対しても責任を持たなければなりません。現行の政治に不満や要求があるならば、まずは投票に行くこと。自ら行動を起こすことが大切なのです。

たとえ理想の候補者がいない場合でも、次善の策をとり投票すること。ここで諦めてしまっては、そのつけは将来必ず自分自身そして子孫の生活に跳ね返ってきます。

また「1票では、何も変えられない」と考えるのも誤り。100万人の有権者のうち30万人の人が何かを変えようと投票行動をとれば、それは想像を超える大きな力となりうるのです。そのときは単なる100万票分の1票ではないということです。

これまでメディアは、国民が「政治」を自律的に理解し、判断できる材料を情報発信する立場にありながら、これまで投票を喚起するような報道を積極的に展開してきませんでした。しかし今回の選挙では、メディアも読者・視聴者に投票に行くよう積極的に呼びかけています。国民の政治への関心と参加性を高めるため、より深みのあるパブック・リレーションズの手法の導入が求められているといえます。

バブル経済崩壊後の10数年、民間ではコスト削減やリストラなど血のにじむような努力が重ねられて経営の効率化が図られてきました。しかし政界や公的機関の分野ではその努力が適切に払われているとはいい難い状況です。現在日本の債務残高は1000兆円を超えています。この国を未来につなぐために、何か行動を起こさなければなりません。

イギリスの思想家エドマンド・バークは、「変革の手段を持たない国家は、自己保存の手段も持たない」といっています。日本政治の変革の第一歩として、国民が市民としての責務を果たす。つまり、国民の一人ひとりが参政権という責務を自覚し、投票に行くことから始めるべきではないでしょうか。

投票日は7月29日。期日前投票(不在者投票)も以前に比べれば非常に簡易となりました。皆さん、投票所に足を運び、日本の未来のために一票を投じましょう。

投稿者 Inoue: 19:02 | トラックバック

2007年07月20日

魂に触れるハワイアン

海の日は毎年恒例のナレオパーティ。新高輪プリンスホテル「飛天」の間の螺旋スロープを下りればそこは別世界。今年、第11回目を迎えるこのハワイアン・パーティに約700人のお客さまをお迎えし、華やかにその幕が開けられました。


■ 癒しの空間、ナレオパーティ
私のバンド「ナレオウェイブ」の出演は序盤の2番手。今回は“Twilight in Hawaii”、“Wave”、“My Little Glass Shack in Kealakekuai, Hawaii”、“Sweet Someone”を演奏しました。

3曲目では、私の教え子である政経学部4年生の森田江美さんも所属する早稲田大学ハワイ民族舞踊研究会によるフラダンスとのコラボが実現。27人のフラガールが、しなやかで躍動感あふれる踊りを披露しました。1年ほど前からプロの先生による指導を得た成果もあり、その急成長ぶりに感嘆。

昨年上映された映画『フラガール』の影響で、ハワイアン・ミュージックやフラダンスが再びブームを呼んでいます。今回のパーティに参加してくれた私の教え子や新社会人の方々も癒しの音楽ハワイアンをとても気に入ってくれた様子。

癒しのハワイアンといって私の頭に浮かぶのはケアリイ・レイシェル(Keali’i Reichel)。沖縄のグループBEGINの「涙そうそう」のカバー曲で、日本でも最近注目されるようになった世界的なアーティストです。

■ 魂の歌 ケアリイ・レイシェル
マウイ島出身のケアリイは、17歳からチャント(詠唱)を独学で学び、19才で自身のフラ団体(halau)を結成。ハワイの伝統と文化をしっかり押さえた彼の歌声は、ハワイの自然のように美しく澄みわたり、様々なメッセージを私たちの心に刻みます。

1995年リリースの彼のデビューアルバム、“Kawaipunahele”は当時全米ヒットチャートのトップにいたマドンナを抜いて第1位を獲得し、ハワイアンとして空前の大ヒットを記録。2006年には来日し東京国際フォーラムで東京フィルハーモニー交響楽団とのコラボレーションを実現しています。

ケアリイとの出会いはいまから4?5年前。 ナレオの先輩から頂いたオムニバスCDに収録されていました。あいにく参加アーティストのカードを紛失してしまい、彼が誰であるのか、また曲名すら判りませんでした。ただその伸びのある声と穏やかで美しい旋律が気に入り、車のBGMとして楽しんでいました。


こうして数年が経過。昨年ホノルルに立ち寄った際、地元のタクシードライバーにこのアーティストのイメージを伝えると、「それはケアリイ・レイシェルに違いない」とのこと。私は即座に地元のレコードショップで彼のCDを10枚ほど購入したのです。

帰国後、購入したCDを5?6枚探したところでギブアップ。10枚ものCDが私の車のトランクで半年眠ることとなりました。今春、自宅のCDを整理していると、オムニバスCDのカードがひょっこり出てきました。そのカードから、その曲がケアリイの“Meke A Ka Pu'uuwai”であると判明。早速CDを探索すると2005年リリースの“Keali'i Reichel Collection One KAMAHIWA”に同曲が納められていました。まるで顔を知らないペンフレンドと初めて会ったような感動的な出会いでした。

全体をグリーンのトーンで精緻に仕上げられたこのアルバムは、過去の彼のアルバムから選曲したCD2枚組のベスト・コンピレーション。彼の母に捧げられた歌で始まるこのアルバムでは、トラディショナル・ハワイアンからポップスのカバー曲までケアリイの幅広いサウンドを堪能できます。

私の一番のお気に入りは、あの何年もかかって捜した“Mele A Ka Pu'uwai”。敬愛する師への贈り物として書かれたこの歌には、師への深い愛情と師の導きに対する感謝の気持ちが込められています。

1枚目の4曲目にあるノリのいい“Ipo Lei Momi”には、話題のウクレレ・アーティスト、ジェイク・シマブクロが参加。次の5曲目には沖縄ソング「涙そうそう」のカバー曲“Ka Nohona Pili Kai”が収められています。どの曲も魂に語りかけるように奏でられ、乾いたアコースティック・ギターの音とケアリイの声に、心がスーッと洗われていくようです。


癒しの空間、ナレオパーティの会場には、拙著『パブリック・リレーションズ』の出版責任者であった日本評論社の守屋さんも駆けつけてくれました。今回、同社より小林正巳著『ウクレレ快読本』(2007年、日本評論社)が出版されました。同書は、ウクレレの奏法だけでなくウクレレの歴史や奏者の横顔などを詳細に紹介。練習用CD付きのこの本は、ジェイク・シマブクロも推薦。


今年は早稲田大学創立125周年の年。大きな節目の年に行われたナレオパーティも無事に幕を閉じました。去年はバンドのメンバーの八木潔さんが急逝しました。今年は彼の娘さん、春日さんが私たちと彼との思い出の曲“Wave”(ボサノバ)をステージでシェアしてくれました。この曲では生前の彼の電気ウクレレ・ソロはスチールギター担当の北原忠一さんが弾きました。娘さんの唄は私たちの想いとともに天国の八木さんの魂に届いたでしょうか….。

投稿者 Inoue: 20:11 | トラックバック

2007年07月13日

PRパーソンの心得 11 バランス感覚

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

ミートホープの食肉偽装やJR西日本脱線事故などの不祥事は、利益と安全性のバランスを完全に無視した結果おきた事件。バランス感覚を失うと、個人や組織体は、その全体性や方向性を見失い、深刻な問題を引き起こします。

■ バランス感覚が目標達成を左右する
『広辞苑』によればバランスとは、「つりあい。均衡。」と出ています。バランス感覚とは、時間軸や空間軸などさまざまな座標軸の間で釣り合いをとる能力のことです。

パブリック・リレーションズの実務家としていろいろなバランス感覚が求められます。なかでも目的に対して自らのポジショニングを明確にし、ターゲット(パブリック)と良好な関係性を築く上で大切な、「全体と部分」「現在と未来」「自己主張と協調性」などは重要な要素といえます。

これらのバランス感覚のなかで「全体と部分」では、部分的なせめぎ合いばかりに固執せず、プロジェクトの全体像や方向性に沿って次の行動を見極める能力が求められます。

PRプランの計画・実施段階では常に環境が変化します。PRパーソンには、全体像が変容する中で潮目を読みながらシナリオや個々のタスクを速やかに修正する能力が求められます。最短での目標達成を試みるPRの実務家には、木を見て森を見ずではなく、木も森も同時に見る複眼思考が重要な能力となります。

「現在と未来」のバランス感覚は、過去をベースにしっかりと現在に身を置きながら明確な未来像を持つことです。

時間軸で複数の視点を持つと、未来を見据えながら現在に全力投球することができます。
結果として個人や組織体の継続的な繁栄が可能となります。目先の利益ばかりを優先せず、研究機関の設立やCSR(企業の社会的責任)の展開など未来に備えた先行投資は、現在と未来のバランス感覚が取れている好例といえます。

「自己主張と協調性」のバランス感覚は、組織の存続に必要な協調性を考慮に入れながら建設的に自己主張する能力です。この感覚には相手の心理や意図に共感を示す姿勢と自分の意思を伝える能力が必要です。

このバランスが欠落すると、倫理を省みず自らの利益追求に終始する一方向的な行動に陥りがちです。このバランス感覚は、対称性の双方向性コミュニケーションを実現し、相互理解の下でのパブリック・リレーションズを行う上で重要な感覚となります。

このようにバランス感覚を持つことは、個人や組織体の掲げた目標達成をスムーズにすると共に、継続的な成功と繁栄を可能にするのです。

■ バランス感覚で迅速なレスポンス
バランスのとれた行動をとるときには、全体的な方向性を持つことが必要です。つまり戦略という判断基準をしっかりと持つこと。戦略がなければ、個々と全体の関連性が見えなくなり最適なバランスを失います。

一方、戦略という指針を持つことで部分的には損失に見えるものでも、プロジェクト全体にプラスに働くと判断すれば、速やかに新しいものを採り入れたり、不必要なものを切り捨てることも可能となります。

また、状況を客観的に俯瞰するメタ認知も重要な要素。メタ認知により自己と他者のポジショニングをさまざまな座標軸で正確に把握することは、バランスの取れた的確なレスポンスをおこなう前提となります。

これまでバランス感覚の大切さを述べてきましたが、その感覚が生かされるのは、「当事者が何をしたいか?」という意思を決定する瞬間です。

「何ができるのか?」という客観的な視点は大切です。しかし「その状況下で自分は何をすべきなのか?」を決断・実行する推進力は主観を伴う意思から生まれます。ですから、バランス感覚に固執しすぎず個人や組織の意思を決定に反映させる努力が求められます。

PR実務家は、カウンセラーとして常にクライアントの半歩先を考え、組織のトップやクライアントにアドバイスを提供しなければなりません。それには、変化を把握し速やかに対応する力が求められます。バランス感覚を磨くだけでなく、その能力を問題に対し即座にレスポンスできる能力へと進化させていかなければならないのです。

投稿者 Inoue: 19:31 | トラックバック

2007年07月06日

私の心に残る本 8 加藤仁の『社長の椅子が泣いている』

ホンダとヤマハ。戦後の高度成長期に世界的に成長した2つの企業において、1970年代に兄弟揃って実力で経営トップに就任した河島喜好さん(ホンダ2代目社長)とその弟、博さん。弟の河島博さんが亡くなって3ヶ月がたちました。

今から1年ほど前、彼の半生を描いた長編、『社長の椅子が泣いている』(2006 講談社)が出版されました。河島博さんは強烈な個性をもつ2人の経営者の下でその類まれな経営手腕を発揮したビジネスマン。戦後の高度成長からバブル崩壊へと激しく変化する時代を駆け抜けた偉大なテクノクラートでした。

その波乱万丈たる人生を描いたのは、サラリーマンの定年後の生きざまを描く作家として知られるノンフィクション作家の加藤仁。

■その誠実を貫いた人生
この本は彼が初めて書き下ろした長編。彼の緻密な取材と巧みな人間描写により、作品からは、時代に翻弄されながらも誠実に生き抜いた一人の経営者の悲哀が伝わってきます。

河島さんは戦後まもなくヤマハ(日本楽器製造)に入社し、ビジネスマンとして頭角を現しました。米国の現地法人に派遣された際は、6年半で売り上げを9倍に拡張。帰国後、46歳の若さで本社社長に抜擢。就任後3年で過去最高の経常利益を達成しながらも当時会長であった川上源一によるワンマン体制の下、世襲問題という日本の古い経営体質の闇が彼を直撃。河島さんは、社長解任の役員会決議による突然の社長更迭という悲劇に見舞われました。

しかし相手の度重なる理不尽な対応にも、河島さんは一切マスメディアに口を開くことはありませんでした。それには兄である喜好氏の「沈黙は金」とのアドバイスもあったといいます。激しい動揺と落胆を自らの胸の内に秘めて、沈黙の姿勢を貫き続けたその姿からは河島さんの苦悩がにじみ出ています。

1960年代から80年代にかけて、彼の鋭敏なビジネスセンスによって経営トップへの階段を上る場面では、その時代背景が細かく描かれ、日本企業が高度成長期と共に世界で躍進する姿が生き生きと描かれています。
 
河島さんはその後、ダイエーの中内功氏に請われ同社の副社長に就任。財務状況が悪化していたダイエーを奇跡のV字改革に導き、倒産したリッカーの再建も成し遂げました。しかし、中内社長のワンマン体制の下で世襲問題が浮上。任期満了の退社といえども、河島さんは悲劇の再来を避けるように自らダイエーを後にして彼のビジネス人生に幕を下ろします。

■ドラマよりもドラマチック
河島さんは、企業を取り巻くパブリック全体を視野に入れながら経営状況を把握し戦略構築することに長けた人でした。パブリック・リレーションズにも理解を示し、当時からアメリカ的な合理性と戦略性のあるグローバルな企業経営を展開した数少ない経営者でした。

著者の加藤氏がこだわったのは「河島氏の仕事をきっちり描くこと」。加藤氏は3年近くかけて100人以上の関係者に会い、事実確認をベースに丁寧な取材を行っています。

その上で加藤氏は本書のあとがきに「(河島氏は)会社のあるべき姿について、横並びの発想をするのではなく、もがき、のたうちまわり、手探りながら、河島氏の独自性ある構想を打ち出そうとしていた」「戦後の企業社会から生まれた最良のサラリーマン経営者の一人であることは疑いない」と記しています。

本書では河島さんが経験した悲劇だけでなく、河島さんのビジネスマンとしての才覚や真摯な仕事ぶりなどが精緻に描き出されています。戦後日本が奇跡的な復興と経済成長を遂げていくなか、時代を生きた一人の経営者の記録として、また企業を取り巻く人間模様を描いたドラマとしても十分に楽しめる良書です。

全身全霊で理想の経営を考え、やるべき仕事に情熱をもって取り組んだ河島博さん。河島さんを語るとき、その悲劇的なビジネス人生に焦点が当てられがちです。しかしヤマハ社長を辞任してからの河島さんと身近に接することができた私にとって、スピードと躍動感溢れる彼の卓越した経営感覚と時代を超越した経営手法は実に輝きを放っていました。

500ページに及ぶ本書は、経営書よりも経営を物語り、ドラマよりもドラマチックに読者を魅了します。

この7月から新たに社長の椅子に座った人も多くいます。こうした人たちにも一読をお薦めします。

この本を通して、河島さんが私たちに残してくれたその真摯な生きざまに触れていただければ嬉しく思います。

投稿者 Inoue: 19:40 | トラックバック