相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2007年5月 | メイン | 2007年7月»

2007年06月29日

PRパーソンの心得 10 様々な視点を持つ

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

訪問介護大手「コムスン」の介護事業を巡る一連の不正問題や食品加工卸会社ミートホープによる食肉偽装問題など、不祥事が相次いで発生しています。これらは倫理観の欠如は言うまでもなく、消費者や従業員といった、組織を取り巻くパブリック(ステークホルダー)の視点を無視した結果起きた事件であるといえます。今回は「PRパーソンの心得 10 様々な視点を持つ」をお届けします。

■ 物事は様々な影響のもとで動く
『広辞苑』によれば、「視点」とは、「視線が注がれるところ。また、ものを見る立場。観点。」と出ています。視点には、自分の視点、相手の視点、第三者の視点など、様々な視点があり、それぞれの視点で物事を捉えると、ひとつの事象が全く違うものに感じられたり、見えたりします。

先週も書きましたが、人間は一人で生きていけません。人との関わりの中で生きています。一見すると様々な立場の人々がバラバラに動いている様に見えますが、実は互いに影響し合って存在しています。

パブリック・リレーションズの実務家が、個人や組織を取り巻く様々なパブリックとの関わり(リレーションズ)を統合して、目標達成や問題解決に取り組まなければない理由もそこにあります。したがってPRパーソンは、各パブリックの置かれた立場を深く理解し、それぞれが持つ視点で思考する努力をしなければなりません。

物事を多面的に捉えて行動することは自己修正の機会を増やします。そうすることにより、情報発信者と情報受容者の双方が修正しながら相互理解を深める対称性の双方向性コミュニケーションを実現し、結果としてよりスムーズに目標を達成することが可能となります。

■ 冷静な頭脳と温かい心
様々な視点を確保するのに必要となるのは、冷静な頭脳と温かい心。この2つの要素は相反するものに見えますが、実は補完関係にあります。 心ない冷静な思考は、自分本位の独善的な判断を生む傾向をもち、冷静な思考を欠いた温かい心は、感情に突き動かされた衝動的な行動に走りがちです。

冷静な頭脳は、多面的に捉えるべき事柄を適切に認識し、それぞれの立場をありのままに捉えることを可能にします。そして、自分の直感、知識、経験則などをベースにしながらも、それらを過信することなく、適切に判断が下せるようになるのです。これは以前にこのブログで紹介したメタ認知の能力のひとつです。

一方温かい心は、善意や徳といった言葉に置き換えることができます。 温かい心は、相手の気持ちや置かれた立場に感情移入し、相手の利益を常に意識し行動することを可能にします。

先にも述べたコムスンの不正問題では、事業所による訪問介護員人数の虚偽申請による介護報酬不正受給や介護事業所指定の虚偽申請などが発覚しました。自社の利益を追求するあまり、行政を欺き、社内の営業担当には福祉の理念を踏み越えた拡大路線を強要し、介護士には劣悪な環境下での仕事を強いて、福祉に志を抱いて介護の世界に入ってきた若者の良心を著しく傷つけたことの責任はとても重いと思います。

この問題は行政、従業員や介護を必要とする人々の視点を無視した結果起きた悲劇です。こうした結末として、社会からの批判を受け、親会社であるグッドウィルグループは介護事業からの撤退を余儀なくされました。

先にも述べたミートホープによる食肉偽装問題において、もし消費者や業務に携わる従業員の視点があったならば、コスト削減のためにトップ自らの指示による、腐敗寸前の食肉を消毒液で消毒するなどといった常識を逸脱した行為に走ることはなかったでしょう。

このように、相手の視点に立った思考と行動が個人や組織体の自由度を増大させ、 結果として一定の自由度を確保しながら目標達成を可能にするのです。

PRパーソンは、自らがさまざまな視点を持つだけでは不十分です。個人や組織体が相手の視点を欠いた不正や過ちを犯し暴走する場面でも、組織のトップに相手の視点が欠けている事実を伝え、相手の視点の確保のために具体的な処方箋を指し示し行動することを説得しなければなりません。PRパーソンには、インターメディエータとして個人や組織とパブリックとの間に立ち、様々な視点を目標達成のために結びつけることが求められるのです。

投稿者 Inoue: 20:13 | トラックバック

2007年06月22日

私の心に残る本 7
 晴佐久昌英の「恵みのとき 病気になったら」

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

私は、先週から今週にかけての1週間を病院のベッドの上で過ごしました。
検査入院のつもりが、過労のため体調不良を起こしているとわかり、安静を確保するための30年ぶりの入院となりました。

6月17日の日曜日は父の日。息子が私を見舞いに訪れ、一冊の本をプレゼントしてくれました。

本のタイトルは『恵みのとき 病気になったら』(2005年、サンマーク出版)。
この本には、大腿骨腫瘍切除という大きな病を経験した著者の晴佐久昌英さんが一晩で書き上げた一編の詩「病気になったら」とその詩作の背景を語った「泣いてもいいよ」が収められています。今回は「私の心に残る本 7」に、この晴佐久昌英さんの本をご紹介します。

プレゼントの包みをほどくと、その表紙には、白い雲が浮かび小鳥が舞う緑の丘の上を歩く少年の姿が描かれていました。80ページほどの小さな本ですが、カラフルでふんわりとした絵が印象的で、さっそく本を開いてみました。


■ありのままの自分を受け入れる

最初に目に飛び込んできた言葉は、
「病気になったらどんどん泣こう.......
またとないチャンスをもらったのだ
じぶんの弱さをそのまま受け入れるチャンスを」

そこには、ありのままの自分を受け入れれば、自分の中から愛や喜びが自然に溢れ始めるという作者からの強いメッセージがありました。

作者の晴佐久昌英さんは1957年、東京に生まれました。その後上智大学を卒業し、87年、司祭に叙階。 現在、カトリック高円寺教会の司祭を務めています。

彼がこの詩を書くきっかけとなったのは、大腿骨の腫瘍切除という自ら患った病でした。入院していた時に感じた様々な想いを一篇の詩に託したのです。この詩が、ある機関誌に掲載されたのを契機に「病を肯定的に捉えることで心が癒され、安らぎを取り戻した」と各方面から大きな反響を呼びました。やがて、病と闘う人、患者を看病する人、医師や看護士といった病院関係者など、人から人へと伝えられ、全国に広がっていきました。

2003年、彼はこの詩も収録された自身の詩集『だいじょうぶだよ』(女子パウロ会)を出版。それが編集者の目に留まり、この詩だけを載せた本の出版企画が持ち上がり、この本が誕生したのです。

挿絵を描いたのは、森雅之さん。1957年、北海道に生まれ、76年、雑誌「漫波」のなかの『写真物語』でデビュー。96年には『ペッパーミント物語』で第25回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞しています。

その特徴は、柔らかなタッチと豊かな色づかい。少年と少女のキャラクターを使った彼の絵は、まるで晴佐久さんのシンプルな言葉を軽やかなメロディーで包み込むようにぴったりとマッチし、読者の心に深く染み込んできます。


■「病のときは恵みのとき」

「病気になったら 心ゆくまで感動しよう………
忘れていた感謝のこころを取り戻し
この瞬間自分が存在している神秘
見過ごしていた当たり前のことに感動しよう」

これは、この星に生まれた喜びをできるだけ多くの人と分かち合いたいと強く願う著者が、喜びの源は感謝や感動にあると語りかける言葉です。

人はひとりで生きてはいけません。この世に存在する万物との関わりの中で生きています。個人、そして組織体はそれを取り巻く環境(パブリック)との絶え間ないリレーションズ(関係構築)の上に成り立っているのです。全てを受け入れ、自分を取り巻くあらゆる関わりに思いを馳せ、素直に感謝し感動する。この気持ちを大切にして人とつながれば、その人たちとの関係性は必ずや良好なものになるはずです。

作者は最後にこんな言葉を読者に送っています。
「病気は闇の体験ではなく、光の体験だと。涙は敗北ではなく勝利なのだと。どんなにつらい病気になったとしても、人は生まれてきてよかったのだと。『病のときは恵みのとき』」

先日、無事退院しました。ひとりの空間で過ごした時間はとても貴重でした。

ステキな父の日のプレゼント、ありがとう。

投稿者 Inoue: 16:58 | トラックバック

2007年06月15日

世界を席巻するロンドン証券市場AIM
 ?PRのグローバル化にむけて

こんにちは、井之上喬です。
いいよいよ本格的な入梅の季節を迎えましたが、皆さん、いかがお過ごしですか。

世界の金融センター、ロンドン・シティ。いまそのシティの中核をなすロンドン証券取引所の新興企業向け市場AIM(オルタナティブ・インベストメント・マーケット)が世界の注目を集めています。AIMの時価総額は今年3月末時点で約25兆円。日本の3つの新興市場(ジャズダック、マザーズ、ヘラクレス)の時価総額の合計、約20兆円を大きく引き離しています。

昨年そのAIMに、私の経営するPR会社、井之上パブリック・リレーションズのクライアントが日本企業として初めて上場を果たしました。

■ 資金調達もスピードとタイミングの時代
6月4日、東京で初めてAIM上場のためのセミナーが行われ、私も初めて上場を果たした企業の担当PR会社の責任者としてスピーカーに招かれ講演しました。定員70社の枠に170社以上の応募が殺到。セミナーの模様はNHKの夜9時のニュースや新聞、ビジネス誌でも取り上げられるなど、業界での加熱ぶりが伝えられました。

1995年創設のAIM最大の利点は、上場基準の緩やかさ。売上高や利益など過去のデータに基づく上場基準がなく、創業1年未満の企業でも上場可能。それを支えるユニークなシステムが「Nomad(Nominated Adviser)」という指定アドバイザー制度。アドバイザー役となる証券会社(Nomad)に責任を持たせ、Nomadが認めれば上場が可能となる制度です。

現在米国の証券市場は企業改革法などにより規制強化を強めており、世界の企業がAIM上場に向かうトレンドを後押しています。規制を嫌気するロシアや中国など新興国の企業、そして米国企業までもがAIMを目指しています。現在AIMには世界27カ国から1600社以上が上場。年間の資金調達額は300億ドルを超え、米国のナスダックの123億ドルを大幅に上回っています。

AIM創設の背景には、86年サッチャー政権が実施した英国証券市場の大改革「ビッグバン」があります。株式・債券の売買手数料の自由化や外資への取引会員権の開放など、市場に競争原理が導入され、徹底した規制緩和が実現。その結果、ロンドン市場に多くの外国金融機関、なかでも米国や欧州大陸の金融機関が参入し中心的な役割を担っています。

80年代のロンドン市場では、現在の日本のように外資参入に対する懸念が噴出していました。しかし英国金融業界はその状況を逆にチャンスとして捉え、環境整備に徹する形で市場を活性化し、牽引役として英国経済を長期的繁栄に導きました。

上場基準の低さだけで加熱しているように見えるAIM.。しかしAIMでは不祥事に際して担当証券会社(Nomad)へ課せられる罰則規定が厳しく、市場参加者の責任が法の下に追及される制度が整っています。そのため「AIM上場=将来の成長への信頼度向上」の図式が成立し、上場企業のブランド力を高める好循環を生み出しているといえます。

■ 世界の複数都市でリアルタイムのPR
翻って、英国をお手本として96年より金融ビックバンを進めた日本の金融業界は停滞したまま。ライブドアショック以降、新興3市場は急落し安値を更新する銘柄もみられます。日本が金融市場として相対的にその地位を下落させているのは、罰則規定が甘く、投資家保護に気をとられ規制緩和が進まないことが原因といえます。

日本でも不正会計の不祥事を受けて、不正会計防止と投資家・株主保護を目的として、2006年6月に金融商品取引法が成立しました。しかし金融分野をはじめとしあらゆる分野でルール違反を犯した当事者への罰則規定は極めて不十分といえます。昨年の12月に表面化した日興コーディアルグループ不正会計問題や少し前の姉歯耐震強度偽装事件などの例を見ても明白です。

東京では、ロンドンのような国際金融都市を目指し、日本橋から東京証券取引所のある兜町をカバーするエリアに新しい金融街をつくる構想もあるようです。しかし日本の金融市場の再生は、ハード面だけでなく、法整備や市場参加者の倫理観など、ソフト面をどれだけ充実できるかにかかっているのではないでしょうか。

ソフト面を充実させる上でベースとなるのは、「人間の行動規範」ともいえるパブリック・リレーションズの概念、つまり倫理観双方向性コミュニケーション自己修正の3要素です。

資金調達もスピードとタイミングが鍵を握る時代。日本企業にはこれまで、まず国内の事業を固めてから世界へ事業拡大するという1つの構図がありましたが、インターネット時代の今日、ベンチャー企業でも最初から世界市場を視野に捉え事業展開できるようになりました。それに伴いPRの活動も必然的にグローバル化することを強いられています。PRの実務家にはこれらに対応できるスキルが要求されています。

日本企業初のAIM上場のケースでは、地元のPR会社と提携してロンドン、東京の2都市でリアルタイムのPRを実施しています。顧客企業が迅速にビジネス展開を行えるようPR会社として適切に対応しなければなりません。そのためには、常日頃、現地PR会社との提携を含めたグローバルな対応が即座に行える準備を整えておく必要があります。

日本経済は継続的な回復基調を続けるものの、日本企業にはいまひとつ活力溢れる力強さが見られません。日本経済の牽引役としてベンチャー企業の活躍を世界の舞台で支援するものPRパーソンの大きな役割です。

国際PRをおこなうPRパーソンに求められるのは、英語力、世界に通用する国際ビジネスの知識、国際的なメディアの知識、さまざまな人脈です。一人でも多くのPRパーソンが日頃からスキルを鍛錬し、世界を視座に競争力を発揮できる企業の育成に一翼を担える実務家として活躍することを願っています。

投稿者 Inoue: 18:53 | トラックバック

2007年06月08日

PRパーソンの心得 9 戦略家(ストラテジスト)

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

“Strategist(戦略家)”は、米国PR協会(PRSA)の会員向けの機関紙のタイトル。 毎日の活動の中で継続的に目標を達成するPRパーソンは、常に戦略を構想し、実行する能力と人間的な力量が求められます。そこで今回は「PRパーソンの心得 9 戦略家(ストラテジスト)」をお届けします。

■ 戦略=パブリック・リレーションズ
『広辞苑』によれば「戦略」とは、「各種の戦闘を統合し、戦争を全局的に運用する方法」としています。その方法を実践に用いて成果を残すのが戦略家といえます。

中国最古の優れた兵書、「孫子の兵法」には天の時、地の利、人の和ということばがあります。つまり何か行動を起すときにはタイミングが重要で、合理的に己と敵そして環境を観察して戦略的に勝利(成果)を追求する方法が説かれていて、パブリック・リレーションズの専門家に強く求められる要素といえます。

一方日本では、二刀流を創設し兵法の道を説いた宮本武蔵が『五輪の書』で、兵法を学ぶ者の能力を9つ挙げています。

第1に、正しい道を志すこと。第2に、鍛錬すること。第3に、幅広く物事に触れること。第4に、さまざまな職業に必要となる資質や能力を知ること。第5に、物事の利害損失を知ること。第6に、鑑識眼をもつこと。第7に、洞察力を持つこと。第8に、細やかなところに気付く心。第9に、無駄なことをしないこと。

これまで、フランス革命(1789)後のフランスをまとめ帝政を築き、数々の戦いに勝利しヨーロッパを席巻したナポレノン・ボナパルトや勝海舟との政治交渉により江戸城無血開城の偉業を成し遂げた西郷隆盛など、天才的戦略家は数多く現れましたが、武蔵の示したこれらの能力はどれも、優れた戦略家に共通しているといえます。

このように戦略は、戦いに勝つための手法として発達しましたが、現在では経営論や人生論など様々な分野に応用されています。

私は少年時代から、心のどこかに「戦略家」という言葉が眠っているのを感じていました。初めて気付いたのは中学生の頃。私の義兄(一番上の姉の夫)の近い親戚に真珠湾攻撃で指揮をとった参謀がいたことを知りました。私はその参謀についての話を義兄から聞き、戦略がもつ大きな可能性に興奮し、強い好奇心をかきたてられました。

大学卒業後パブリック・リレーションズの世界に入り、ヤマハの当時の社長で中興の祖、川上源一さんに出会ったことで、少年の頃に感じた興奮が甦りました。彼は、絶妙のタイミングと采配でヤマハのビジネス基盤を強固に築き上げ全世界に展開した天才戦略家。その卓越した経営手腕と戦略家の持つ閃き、切れ味には驚嘆したものです。

彼の経営手法は、様々なリレーションズを構築・維持しながら全てを統合し目標を達成するパブリック・リレーションズそのものだったのです。

こうして私がこの世界でストラテジスト(戦略家)を志し、PRの仕事に没頭していた80年代初頭、日米通信摩擦が激化するなかで高崎望さんに出会いました。高崎さんは日本の通信政策の実質的なドラフトを描いた人で、彼の飛びぬけた才能は、常に全方位を見ながら潮目を読んで臨機応変に対応する力と目標達成のためには昼夜を問わず集中を持続させる並外れた体力と精神力にありました。

■ 21世紀の戦略は平和の道具
戦略を構想し実行するプロセスはPRのライフサイクルモデルに当てはめることができます。

まず、孫子が「彼(敵)を知り己(自ら)を知れば、勝乃(すなわ)ち殆(あや)うからず、地(環境)を知り天(天の巡り)をしれば、勝乃ち窮せず」と説くように、現状分析を徹底的に行います。そして人・モノ・カネ・情報・時間といった利用可能なリソース、市場環境、クライアントや所属組織の強みと弱みなどを把握。その情報を基に明確な目標を掲げ、ターゲットを設定します。そして自らの強みを生かしながら目的達成を実現するメカニズムを見極め、戦略を描いていきます。

戦略を構想する上で大切なのは統合力シナリオ作成能力。取り巻く環境の変化やリスクなどを全て考慮し、因果関係に基づいて慎重に未来を予測。設定したターゲットとの双方向性コミュニケーションを通して、自己満足に陥らない相手の視点を考慮した戦略立案が重要です。

戦略の実行においては戦略家の人間的な力量がその結果に大きく作用します。その力はリーダーシップに必要な能力と重なります。状況変化に対応しリアルタイムで戦略を自ら軌道修正できるフレキシビリティとスピード、行動力。また、戦略遂行の推進力となるポジティブ思考と集中力も不可欠です。

そして理想主義に基づく徹底した現実主義であること。70年代後半から80年代にインテル社やアップル社などのベンチャー企業と関わりましたが、これらの経営者は壮大な夢と状況を客観的に把握する冷徹な目を同時に持っていました。日本人は情緒的になりがち。なかなか優れた戦略家を輩出できないのも、ここに原因があるかもしれません。

戦いに勝つ戦法として発達した戦略。しかし2500年前に著された「孫子の兵法」には、最良の勝利の形は戦わずして勝つこと。互いの納得の上で平和裏に問題を解決することの重要性が既に説かれています。

現在65億もの人口を抱える地球。情報が飛び交い人々の価値観が多種多様化する中、もはや勝ち負けという単純な問題の解決法では機能しなくなりました。紛争が絶えず環境破壊で地球の生命さえ危ぶまれる時代に生きるPRパーソンは、継続的に問題解決に取り組む戦略的なソリューションの提供者でなければなりません。PRを実践する私たちはストラテジストとして、戦略を平和的な目的達成のために使わなければならないと心に深く刻み行動しなければならないのです。

投稿者 Inoue: 18:31 | トラックバック

2007年06月01日

松岡利勝農水相の死に想うこと

5月28日、松岡利勝農水相が自らの命を絶ちました。現職閣僚の自殺は戦後初めてとのこと。その日は参院決算委員会で、入札談合事件で理事らが逮捕された農林水産省所管の独立行政法人「緑資源機構」の関連団体と松岡農水相の関連について質疑が予定されていました。

わずか2週間足らずで本人も含めて3人が自殺し、それぞれの死にも憶測が広がっています。
どうして彼はこのような形で死を選択しなければならなかったのでしょうか。

■ 倫理観・対話・自己修正の欠落
松岡農水相は衆院熊本3区選出。1990年、衆院選に立候補し初当選。05年に6選を果たし、昨年9月の安倍内閣発足時に「農政の豊かな知識と経験」を評価され、農林水産大臣に就任。

しかし就任当初から疑惑が続出。その中身は、資金管理団体の事務所費・光熱水費問題、政治資金収支報告書記載漏れ問題、緑資源機構の談合事件などさまざまです。

疑惑の渦中にいた松岡氏の足跡をたどると、日本で繰り返される不祥事の根本的な原因との共通点が浮かび上ります。つまり、あらゆる問題について互いが自由に論じ合い、倫理観に沿って行動し、間違いがあればそれを素直に認め、修正するというパブリック・リレーションズ的な社会的機能の欠落が垣間見られます。


緑資源機構の談合事件では、松岡氏が林道の官製談合問題で摘発された「緑資源機構」の受注業者から多額の政治献金を受けていたことが判明。これにより中央省庁、外郭団体、公益法人、関連企業に族議員が絡む癒着の構造が明るみになりました。これはいわゆる国民の税金が政治家に還流するシステム。この事件への関与が事実ならば、国民を代表し国家の平和と繁栄のために活動すべき政治家として、倫理に反する大きな問題といえます。

一方国会における、松岡氏の事務所の光熱水道費問題(ナントカ還元水問題)で野党は情報開示を要求。しかし松岡氏は国会での質疑に対し「開示は現行制度が予定していない。差し控えさせていただきたい」と答弁。終始逃げの姿勢で説明責任を果たそうとの姿勢は見られませんでした。
このように情報開示への努力もない、双方向性コミュニケーションを欠いた姿勢では国民からの理解を得られるはずもなく、批判と疑惑は強まるばかりでした。

これらの疑惑が彼の死にどのように影響したのかは明らかではありません。もし何かの関連があるならば、過ちを認め事実を明らかにし、自らを修正し新たな道を進むこともできたと思います。それが、国民の期待を担う政治家として果たすべき責任であったはずです。

■ 組織に追従する個の弱さ
一連の報道を見ていると、責任を果たすことなく死を選択してしまった裏には、検察の捜査、世論や野党からの激しい批判によるプレッシャー、そして選挙を目前に控え、政府の方針により辞任できず、身動きが取れなくなったとのではないかとされています。

自分が間違いに気づき「自らが修正しようと試みても所属する組織がそれを許さない」そんな状況下で組織の利益を優先すると、必ずといっていいほど良からぬ結果を招きます。

今回の問題の根は深いところにあるといわれていますが、たとえ組織が歪んだ方向へ暴走しても、個が強ければ周囲に惑わされず、自分がとるべき行動がどのようなものなのか明確にできたはずです。また、自らが命を絶つことで周囲へ与える影響の大きさを考え、真摯に襟をただし再出発することも可能であったのではないかと思います。

本来人間は弱いものです。失敗を認め自己修正を受け入れる社会の実現が望まれています。

今回のケースは、混沌としたいまの時代にあって強い個を発揮し、自分の進むべき道を進むために必要な「人間の行動規範」とも言えるパブリック・リレーションズのベースが個の中に備わっていなかったために起きた悲劇であるといえます。

28日の松岡氏の自殺に続いて翌日早朝、緑資源機構の前身の森林開発公団理事であった山崎進一氏が自宅マンション6階から身を投げました。問題を自ら解決することなしに自分の命を捨て、この世を閉じることほど悲しいことはありません。

90年の松岡氏がはじめて総選挙で初当選したときの喜びの映像がニュース番組で流れていました。日本の農業の発展に尽くす彼の強い決意と希望に満ちた表情が画面いっぱいに伝わっていました。あれから17年、彼の上にこのような悲劇的な結末が待ち受けていたことを誰が想像したでしょうか。

最後に、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

投稿者 Inoue: 19:51 | トラックバック