相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2007年4月 | メイン | 2007年6月»

2007年05月26日

私の心に残る本 その6
橋本明の『美智子さまの恋文』

天皇陛下にあてて皇后さまがお書きになったとされる2通の手紙。この手紙を通して皇城の時の移ろいが記された著書『美智子さまの恋文』。昭和の世紀から平成にかけた皇室の変貌を、民間初の皇妃となった女性の心中を軸に描かれ、天皇のご学友が見た宮中裏面史ともいうべき内容です。

著者は、共同通信社記者として活躍し、学習院初等科から今上天皇のクラスメートとして交遊を深め、現在も親しい関係にある橋本明さん。2007年3月20日の発売から1か月少しで第5版を数えるなどベストセラー本になっています。今回のこのシリーズでは、私の友人でもある橋本明さんの『美智子さまの恋文』(新潮社)をお届けします。

■ 手紙を通して描かれる決意と懊悩
皇后美智子さまがご成婚前と、皇太子さまをご懐妊中に天皇陛下に出された2通の手紙。これらの手紙の公開は今回が初めて。ここには皇后陛下の静かで深い決意と揺れるお気持ちが、みずみずしいまで美しい日本語で語られています。

橋本明さんは、1940年に学習院初等科入学から1956年、学習院大学政経学部政治学科を卒業するまでご学友として天皇陛下と共に長い時間を過しました。橋本龍太郎さんは、父方の従弟でした。大学卒業後は共同通信社に入社し、ジュネーブ支局長、国際局次長を歴任。現在は、企業の顧問などを務めながらフリージャーナリストとして著書出版・講演活動を行っています。

収録された手紙の一つは、皇后さまがご成婚前の59年3月ごろに書かれたもの。 初めて民間から皇室に入る皇后さまの静かで固い決意が滲む一方、「殿下のお望みに沿いつつ、皇室の中に波紋をたてぬために、私はどうしたら良いのでございましょう」や「“伝統と進歩”というむずかしい課題の前で、いつも私は引き止められ立ち止まって考えてしまいます」とそのひたむきさと懊悩が伝わってきます。

もう1通は、皇太子殿下をご懐妊中の60年1月に書かれた手紙。「私はさしあたって赤ちゃんのことが心がかりでなりません。 手元で育てさせていただくとすれば、それはもう皇后さまのお時代と違う形をとることになってしまいますし…」と出産前の揺れるお気持ちを吐露される一方、「私自身は、心のどこかで、犠牲という言葉は、むしろある意味において幸福につながるニュアンスを持つのではないかと考えてまいりました」と深い省察が綴られています。

■この手紙が明らかにされた背景
この手紙を写した文書(200字詰め原稿用紙62枚)を橋本さんが入手したのは73年のこと。 女性週刊誌に「皇城の人びと」を連載していた作家の北條誠さんが、天皇陛下のご学友でジャーナリストの橋本さんに、本人所有の「美智子さまの手紙」と称する文書の写しを委ねたのがきっかけ。

北条さんは橋本さんに、この手紙の写しは、本物であるか確認できません。将来この写しが本物であるかどうかはあなたにしか証明できないでしょう。どうぞ活用してください、と手紙の写しを橋本さんに託したようです。

その後この手紙は、30年以上も橋本さんの自宅の箪笥にしまわれていました。今回橋本さんは「美智子さまの手紙」を現在の皇室の原点がうかがえる文書として世の中に出す必要性を感じ、手紙公開に踏み切ったといいます。その確認には3ヶ月を要したようです。最終的に御所から、これこそ本物と返事があり出版が実現したのです。

橋本さんが強い思いで取り組んだこの本からは、天皇陛下とご学友でなければ知りえない皇城の中の様子が垣間見られると共に、橋本さんの天皇家に対する深い畏敬の念が感じられます。そして皇室事情に明るい橋本さんが、2通の手紙をもとに戦後の昭和から平成にかけての天皇家の歴史、日本の時代の移り変わりを物語っています。

私が橋本さんと初めてお会いしたのは、ジャパン・バッシングが激しかった80年代後半。私が日本パブリックリレーションズ協会の国際委員長をつとめていた頃のことです。橋本さんも同じ委員会の仲間で、一緒にお仕事をさせて頂きました。以来公私にわたりお付き合いさせていただいています。

橋本さんは多感で多彩な人。何事にも愛でる気持ちを大切にしています。音楽や文化交流にも積極的で、東京室内合唱団団長をつとめたり、私も理事をしている北東亜細亜研究院の理事長(ソウル)。そして日韓談話室の代表世話人など、その活動は多方面にわたっています。

このブログのために、橋本さんは執筆にあたっての自分の熱い思いを語ってくれました。

「戦後の皇室史は日本の近代史そのもので重要な部分。いまの天皇が戦後どのようにたどってきたのか、空白の近代史を読者に伝えたかった」。また、次の時代を担う後輩ジャーナリストに対しては「皇室を理解するための手引書として読んでもらいたい」。最後に橋本さんは、「結婚という最大の出来事を通して、現在の皇太子ご夫妻に問いかけをしたかった」と語りました。

ジャーナリストとしての鋭い視点と自由奔放に生きてきた橋本さんらしい率直な語り口と趣ある豊かな日本語。橋本さんの美しく伝統的で切れ味のいい文章は十分満喫できるものでした。

投稿者 Inoue: 11:48 | トラックバック

2007年05月18日

ケミストリー(Chemistry)
?相手と長く良好な関係を築くベース

‘I have very good chemistry with him(彼とはケミストリーが合うんだ)’

これは、私の会社( http://www.inoue-pr.com/ )が海外クライアントとして初めてインテルと取引をしていた頃の話です。1979年、インテル社の創業者の一人ロバート・ノイス会長が来日した際、彼は私との会話の中でこのように表現しました。

当時の私はまだビジネス英語に慣れていませんでした。そこで私は‘chemistry’を化学と解釈し、集積回路の発明者の一人でもあるノイスさんは電子工学系のサイエンティストなのに、化学系の人だったのかと勘違いしました。後でアメリカ人の友人から‘chemistry’とは、「肌合いが合う」「フィーリングが合う」といった意味で、欧米人が人との交わりの中で大切にしているものだと知りました。

今回は、‘chemistry(ケミストリー)’についてお話します。

■ 良いケミストリーは成功の基
‘chemistry’をOxford のDictionary of Englishで引いてみると、‘The complex emotional and psychological interaction between people(人と人との間で交わされる複雑な感情的、精神的なやりとり)’と出ています。この複雑な感情には同情や共感なども含まれています。‘The chemistry was there between the partners.(パートナー同士の波長が合った)’のように使用されます。

人と人とが交わるとき、自然に話が弾む人や、そうでない人がいます。そこに大きく作用するのがケミストリー。ケミストリーが合うと自然に打ち解けあい、双方が深く理解し強い絆ができます。これまで様々な仕事に関わりましたが、成功した多くの仕事は良好なケミストリーを持つパートナーとのプロジェクトでした。

良いケミストリーを感じる守備範囲は人それぞれ。その人の度量の大きさや懐の深さに比例するようです。誰とでもケミストリーを合わせられる人は、オープン・マインドで楽観的。逆に、心が狭く志向性の強い人は、良いケミストリーを感じる守備範囲も狭いといえます。 

人との関わりの中で良好な関係性を構築・維持するPRパーソンは、良いケミストリーを醸しだす間口を広くしておく必要があります。それには自ら良いケミストリーを発する人になること。相手の共感を得ながら、その心を開く努力をしてみることです。

■ 自ら心を開きケミストリーを育てる
自分が相手に共感していることを態度で示すことは重要なことです。相手と同じ言葉で話す。呼吸を合わせる。積極的に頷く(もっとも、欧米人はあまり頷きませんが)。「Aさんのおっしゃるように」など相手の話を受けて会話を始める。交流をスムーズにするための技術的な話はいろいろありますが、全てに共通しているのは、相手を認めて受け入れる心と態度だと思います。

初対面の場合は、なごやかな雰囲気をつくるために相手の心を開かせることが大切です。そのために自らの心を開いていきます。ここでの力強い味方は、明るい笑顔。明るい笑顔は、場をパッと明るくし、何でも言える気軽な雰囲気を作り出します。

気分が乗ってきたら相手の良いところを見つけ、実際に褒めること。日本人はあまり褒め言葉を口に出しませんが、口に出して自分の気持ちを相手に伝えることが大切です。褒める行為は良好な双方向のコミュニケーションの潤滑油となります。

初めからケミストリーが合う人との出会いは最高ですが、時間をかけてケミストリーを醸成し、深い交流を維持するケースもあります。あるビジネス・パートナーは、人見知りをする気難しいタイプの人でしたが、こちらから心を開いて明るく接したことで、心を開いてくれました。このとき私は、ケミストリーは努力で醸成できることを学びました。

とはいっても良いケミストリーを生む努力をした結果、どうしても相手と合わないと感じる場合もあります。その時は潔く諦めて退却するべきです。

プロジェクトを計画し実施するのは人間。ギクシャクした雰囲気の下で仕事をするのはつらいものです。また良好でない人間関係の下でのプロジェクトは、活動そのものが停滞し、成果を得られない可能性も大きくなります。必要とあらば退却する勇気を持つ。これは、様々な決断を迫られるパブリック・リレーションズの実務家に求められる資質のひとつです。

ケミストリーが合う人と仕事をしていると心身共に充実し、幸福感に満たされます。一生、そのような相手と仕事をするのが理想的ですが、ビジネスの現場で自らの土台をつくらなければならない大事な時期には、意識的にそのような環境に身をおくべきです。良いケミストリーに囲まれて仕事をすることは、あなたの潜在能力をも引き出し、成長の大きな原動力となるでしょう。

投稿者 Inoue: 21:19 | トラックバック

2007年05月11日

五月病を軽やかに乗り越えて

こんにちは、井之上喬です。
夏のようなお天気が続いていますが、皆さん、いかがお過ごしですか。

4月から入学や入社、新しい配属先など、新しい環境で勉学や仕事を始めた方も多いと思います。それから1ヶ月。5月は新しい生活に抱いていた大きな夢と期待と現実との乖離に戸惑いを感じたり、毎日の生活に追われ自分を見失いがちになる時期かもしれません。そこで今回は五月病の克服法についてお話します。

五月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生などに特に見られ、新しい環境への期待とその環境に適応出来ないジレンマからくるストレスによる症状であるといわれています。5月の連休明けに起こる事が多いことで命名された五月病の特徴的な症状は、無気力、不安感、焦りなどです。

■ 自分を内観する
人間とは本来、輝く存在です。落ち込んでいたり、ネガティブな思いが頭の中を駆け巡るそんな時は、自分の状態を非常事態と捉えて、本来の自分つまり自分の心の状態を平常心に戻す努力をすることが必要です。

一人になって自分を内観する時間を持つこと。仕事が忙しくても、早く切り上げて帰宅するのもいいでしょう。ひとりになれる時間と空間を作り、静かに自分に問いかけます。そして抱えている問題を全て洗い出し、自分が落ち込んでしまった原因を探ります。

客観的に、今どのような状態に置かれているのか、自分の中の問題は何なのか。いつごろから、どんなことが原因で落ち込んでしまったのかなどを思い出してみるのです。このとき、すべてのプロセスをノートに書いてみると、混沌とした自分の考えや気持ちがクリアになります。そして、これまで自分の心や頭の中に充満していた不安や焦りが不思議に洗い流されていくはずです。

■ 逆境を乗り越える強い個
全てを書き出したら、その情報を元に、本当は何を望んでいたのか、何を目標としていたのかをクリアにしていきます。そして明確なゴールを新たに掲げるのです。そこで重要となるのは、その目標をなぜ達成したいのか、目標の裏にある自分の本心を明らかにすることです。

例えば、「パブリック・リレーションズのプロフェッショナルになりたい」という目標を掲げた理由として「よりより社会づくりに貢献したいから」「国際舞台で活躍したいから」「社会を変革する担い手になりたいから」などが考えられます。

掲げた目標を裏付ける理由や動機づけは、自分自身の本質や人生の指針と合致しているので、この部分を明確にすると、目標達成に対する自己の信念が強まります。そして逆境に遭遇したとき強い心の支えとなってくれます。

また目標に到達する上で大切なのは、集中と弛緩のメリハリと、ポジティブな思考、そして自分に対する信頼です。

自分の能力を十分に発揮している人は、高い集中力でスピーディに仕事をする一方、自分を解放する時間を上手にとっているものです。そして、困難な事態が発生しても落ち込まず、必要とあらば自らを速やかに修正し、ミスを成果でカバーするポジティブな思考と取り組み態度で難局を乗り切っていくように心がけるのです。何事も経験です。これらの経験はあとで自分の肥やしになります。物事を悲観的に考えることはありません。

このような明るくメリハリのある環境に身を置くと、人や情報も自然に集まってきます。結果として目標達成が容易になります。そして目標を達成していく中で、自分への信頼感が高まっていき、逆境を乗り越える強い個が構築されていくのです。

人生は山あり谷あり。谷に陥った時に自分がどうのように動いたかで、その後に到達する山の大きさや高さも決まるように思います。自分を見失うことは決して悪いことではありません。自分を見失ったことから目を背けようとすることが問題なのです。

是非、自らの問題を直視して、その問題解決に向けて何か行動を起こしてみてください。今までとは違った新しい世界が拓けてくることでしょう。

投稿者 Inoue: 16:52 | トラックバック

2007年05月04日

私の心のふるさと、都立立川高等学校

五月の輝く陽光と新緑の美しいこの季節。私は毎年この時期になると想いだす場所があります。

それは私の母校、都立立川高等学校。中央線立川駅から南に歩いて5分ほどの距離にある、この学校の当時のシンボルマークは豊かな緑に包まれた広い校庭と、3階建ての校舎の上にある天文台でした。

新宿区の中学校(西戸山中学)を卒業した私は、実家が三鷹に引越したことを契機に高校進学では立川高校を選びました。多摩川の清流と緑に囲まれた自然の中のこの学校は、知り合いが誰もいない不安な15才の少年を明るく迎え入れてくれました。

立川高校は、1901年創立の府立二中を前身とする都立高校。多摩地区に位置するこの高校は、地元では親しみを込めて「立高」と呼ばれています。 また、現在に至るまで東京都知事(鈴木俊一さん)を始め、とりわけ多摩地区の多くの自治体の首長を輩出してきたことから「市町村長学校」とも呼ばれているようです。

■ 校風は「文武両道」、「質実剛健」
当時の校風といえば、「文武両道」、「質実剛健」。そこには、自由で闊達な風土をもち、勉強を強制されることなく、自分が目指したい道を一心に突き進める環境がありました。

水泳に青春をかけていた私の思いだす母校の風景は、豊かな緑とまぶしい太陽にきらめくプールの水しぶきです。水泳部の屋外練習は3月20日ごろからが始まりますが、本格的に水のなかで練習がスタートするのは5月の初旬。新緑に映えた水面はキラキラ輝いていました。

そこで過ごした3年間、たくさんの友人と巡り合い、共に青春時代を過ごしました。その関係はさながら兄弟のようなもの。全国から集まった大学の友人とはまた違った人間関係がそこにはありました。特に公立の高校は地域性が強く、その地域の持つ風土や文化を共有する仲間とは、ふるさとを同じくする特別な関係にあるといえます。

■ 友情で、人生はより輝く
4月のある日、立川のホテルで、3年ぶりに学年同窓会が開かれました。そこに集まったのは150人ほどの同期の卒業生と、当時の担当教師。いまや70代後半から80代となった先生方もその年を感じさせることなく元気な顔を見せてくれました。

数年ごとに開かれる同窓会とは別に、同窓生が2ヶ月に一度スナックバーに集まります。現在は新宿のとあるバー。最近はリタイアした人も出てきて、仕事から解放され益々自由に語り合えるようになりました。そこは会った瞬間、時空を超えて45年前の青春時代にタイムスリップしてしまう。そんな空間。

スナックバーには、自由豪快な校風を反映して個性豊かな友人たちが集います。インテリアデザイン界で今や大御所となったスーパーポテトを主宰する杉本貴志君、大蔵省時代審議官として活躍した中井省君(現ロッテ製菓役員)、唯一3年間同じクラス仲間で日本経済新聞時代コラムニストとして活躍、いまでも時事問題に健筆を振るう田勢康弘君(現在早稲田大学院教授)、同じバスケット部仲間の青梅市長の竹内俊夫君と日野市長の馬場弘融君、最近同窓会にあまり顔を出さなくなったNTTドコモ社長の中村維夫君、手作りのケフィアヨーグルトを広めているケフィア倶楽部代表の佐藤ゆき子さん、そして高校入試で当時の東京都のアチーブメント・テストに900満点中895点のトップで立高に入学した、水泳部仲間でカメラマンの小川智夫君など、活躍する分野も色とりどり。

高校の友人は、同じ土地から卒業後それぞれの道に巣立っていきます。将来への希望と夢を共有する仲間ともいえます。私にとって様々な分野に羽ばたいた仲間たちとのふれあいは、パブリック・リレーションズの実務家としての信念と夢を大いに刺激してくれました。

パブリック・リレーションズを政治の世界に持ち込んだといわれる、第3代米国大統領トーマス・ジェファーソン(Thomas Jefferson,1743-1826)は言っています。

「友情は、試練の時だけでなく、人生の輝ける時にも大切なものです。そして、慈悲に溢れた友情を授かることで、人生はより輝くのです」

互いによく笑い、よく語り合う、いつまでも変わらない友情、その豊かな実りに感謝して。

投稿者 Inoue: 18:51 | トラックバック