相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2007年3月 | メイン | 2007年5月»

2007年04月28日

自己修正を精緻にする「メタ認知」

こんにちは、井之上喬です。
いよいよゴールデン・ウィークに入りました。
みなさん、いかがお過ごしですか。


私の提唱する自己修正モデルは、倫理観を判断基準とし、双方向性を持ったコミュニケーションを通して特定されたパブリックへ情報発信し、主体(個人や組織体)と客体(パブリック)双方の変容を促がす活動です。この際、主体が自己修正機能を持つことでより深いレベルでの修正が可能となります。その修正を確実なものとするのが「メタ認知」。今回は「メタ認知」についてお話します。

■ ソクラテスも探求した認知の概念
「メタ認知」は、心理学、哲学に用いられる概念。自分の思考、記憶、判断について別の次元から主体的に内省することです。メタとは、「上位の」「より高次の」あるいは「?を超えた」を意味する接頭辞。 また、認知とは、自分自身を取り巻くさまざまな環境を認識し行われる知的活動の全般を指します。

メタ認知の歴史的源流は紀元前5世紀。ギリシャのソクラテスまでさかのぼります。彼は「産婆術」という問答法を発案。若い弟子たちに対して質問することにより、「 自分がよく知っているつもりでいたことについて、実は無知であった」 と気づかせようとしました(無知の知)。今から2500年前、既に問答を通して「真の知」を生み出すメタ認知の概念がソクラテスにより説かれていたとは驚きです。

心理学の分野でメタ認知という用語が使われ始めたのは1960年代。子供の記憶に関する発達研究において概念化が進みました。その後70年代、発達研究で著名なフレイヴェルやブラウンの研究によりメタ認知という概念が急速に広まりました。

フレイヴェルは彼の論文「メタ認知と認知的モニタリング(Metacognition and cognitive monitoring)」でメタ認知を次のように定義しています。
「メタ認知とは、具体的な目標や目的に従い、認知の過程における認知の対象あるいはデータに関して、積極的にモニターし、その結果、修正を行い、望む効果を得られるように構築することを指している」(湯川良三、石田裕久訳)

■ メタ認知は「鳥の目」、「神の目」
フレイヴェルはメタ認知を知識と活動の二つに分類。それぞれをメタ認知的知識とメタ認知的活動と名づけました。メタ認知的知識とは、メタ認知の過程やその結果に影響を与える、メタ認知を行うプロセスにおいてベースとなる知識です。一方、メタ認知的活動とは、メタ認知を行う過程における行為です。

メタ認知的知識は普段あまり意識しない知識です。しかし、思うように物事が進まないと感じるとき、メタ認知的知識が誤っている可能性があります。例えばメタ認知的知識を持っている人で「自分は常に正しい判断を下すことができる」と考える人が、ある判断に対し周囲の賛同を得られない場合、「私は間違っていない。周囲の人が間違っている」と思い込んでしまう可能性があります。従って、目的を効率よく達成するためだけではなく、失敗の原因などを正しく見極めるためにも正確なメタ認知的知識を持つことが極めて重要となります。

これに対してメタ認知的活動は、計画、モニタリング(監視)、評価、コントロール(制御・修正)というプロセスを通して行われます。ネルソンとナレンズは認知的活動がメタレベルと対象レベルの2つのレベル間の情報の交換や流通により行われるとしました。

メタレベルの自分が気づきや評価などのメタ認知的知識を対象レベルの自分から吸い上げることでモニタリングします。そしてメタレベルの自分が問題に関する判断を行ない、対象レベルの自分をコントロールするというプロセスです。

例えば、ビジネス現場で目標売上げ100%を達成するといった目標を立てた場合、計画立案し、マーケティングや営業活動をモニタリングしながらその計画を実施します。その結果達成率が80%しか得られなかった場合、モニタリングにより問題点を把握、評価し、その結果、マーケティングの方向性とターゲットの絞り込みに問題があると判断すれば、これらの点について検討を加え具体的に計画修正を行ないます。

この機能を倫理観をベースとしたパブリック・リレーションズにおける自己修正に適用すると、自己修正がより正確かつ有効に行なわれます。メタ(上位)のレベルから対象レベル(自分自身の行動、考え方、知識の量、特性・欠点など)を眺めることで、客観的な視点が確保されます。この客観的な視点で倫理観というメタ認知的知識を判断や評価のベースに位置づけ、「必要に応じて自己の深い部分で自らを修正」することが可能となってくるのです。

2005年12月、イランのパブリック・リレーションズの研究機関に招かれテヘランで講演した際、国際的な場で初めて自己修正とメタ認知の関係性についてしゃべったことがあります。会場からのメタ認知についての熱心な質問に対して、「メタ認知は鳥瞰するという意味合いにおいて『鳥の目』ともいえるが、神の目ともいえる」と述べたとき、満員の場内は大きくどよめきました。信仰心の篤いイランの人たちにとって、メタ認知は強い好奇の対象となったのです。

私は昨年11月、東京で開かれた日本広報学会「第12回研究発表大会」で、この概念を「メタ認知を適用した自己修正機能の重要性」と題して正式に発表しました。混沌とした世界にあって今求められているのは、個人や組織体が自らを正しい方向へと導くことのできる確かな手法だと思います。

21世紀型のパブリック・リレーションズにおいて、自己の立場を認識して互いの違いを認め、修正する行為は極めて重要です。メタ認知を適用した自己修正は多文化・グローバル社会での異なる個人や集団による相互の良好な関係の構築・維持のために必要不可欠な機能といえます。

投稿者 Inoue: 09:23 | トラックバック

2007年04月20日

私の心に残る本 その5 ジャン・ジオノの『木を植えた男』

地球規模の自然環境破壊による深刻な問題が噴出するいま、私たちにとって環境保全の重要性は容易に理解できます。しかし今から半世紀も前に、自然の大切さを理解し、中でも人間の営みで不可欠な森林をテーマとした作品があります。
     
それはジャン・ジオノの『木を植えた男』。1987年、アカデミー映画賞でカナダの著名な映像作家フレデリック・バックがてがけたアニメーション映画『木を植えた男』が短編映画賞を獲得。その映像のすばらしさで話題になりました。私はつい先日、その書籍版に出会いました。

今回は、わたしの心に残る本 その5として『木を植えた男』の書籍版(1992、フレデリック・バック絵 寺岡 襄訳、あすなろ書房)をご紹介します。

■ たった一人で世界を変える
舞台はフランスの山岳地帯。たった一人で強風吹き荒れる土地で黙々とどんぐりを植え続け、香り豊かな風そよぐ森林を甦らせた男がいました。これは、30年間にわたり、荒地に木を植え続けた男に出会ったある若者の目を通して、その男の軌跡と森が再生していく姿を美しく繊細に描いた物語です。

この作品の著者ジャン・ジオノ(Jean Giono,1895-1970)は、1895年フランスのプロヴァンス地方、マノスクに生まれました。16歳で国立割引銀行マノスク支店に就職。1914年、第一次世界大戦に出征した後、29年に発表した処女小説『丘』がアンドレ・ジイドに認められたのを機に作家活動を開始。代表作には『世界の歌』『喜びは永遠に残る』などがあります。

この作品「木を植えた男」は、はじめに53年、「リーダーズ・ダイジェスト」誌から「これまでに出会った最も偉大な人物」の執筆依頼を受けて書かれましたが、フィクションであったことから同誌には掲載されませんでした。しかし翌年米ヴォーグ誌が英語版「木を植えた男」を掲載。ジオノの斬新な考えはたちまち世界を魅了しました。今では少なくとも12ヶ国語に翻訳されています。

彼が生涯を過ごしたプロヴァンス地方は、アルプス山脈から冷たい北風が吹きおろす、厳しい気候の土地。 自然の中で育ったジオノは、若い頃から自然とのふれあい、樹木の重要性を理解していました。本作品は、彼が幼少のころ父親と一緒にどんぐりの木を植えた体験をもとに書かれたと言われています。

■ 強い信念、深い理解そして勇気
たった一人で偉大な変化をもたれせた要因は3つ。強い信念と行動。土地と樹木に対する深い理解。絶望に立ち向かう勇気。

妻と子供を失った孤独なブフィエが抱いた強い思い。それは荒涼とした不毛の土地に樹木という伴侶を育てたいという思いでした。土地と樹木を知り尽くしていた彼は、人生という限られた時間の中で、彼の思いを成就させるためにこの地に生命という種を植え付けることを決心します。

1年かけて植えた楓(かえで)の木が全滅したとき、ブフィエは絶望の淵に立ちながらも夢を捨てませんでした。彼はそれでも毎日丁寧に種を植え続け、30年という年月を通して不毛の地を幸いの地へと再生させていったのです。

地球規模の自然環境破壊による深刻な問題が噴出するいま、この作品が放つメッセージは私たちの心に強く訴えかけます。

ジオノは、その生涯に30冊以上の小説、エッセイ、映画シナリオ等を手がけました。彼は、自然の大切さ、心の豊かさをテーマにする作品を多く残し、1970年、マノスクでこの世を去りました。

この本を読むうちに私のなかにあることが想起されました。殆んど知られていない話ですが、何年か前、フジモリ元ペルー大統領が東京滞在中に私に語ってくれたことがありました。農業の専門家であった彼が大統領在任中、ペルー全土に100万本の植樹を行なった話です。かっての農業工学者としての熱い情熱と信念が、テロや経済恐慌と戦っていた最中でも途切れることなく生きつづけていたことに感動したときのことでした。

この本と別に、同じあすなろ書房から絵本としても出版されています。またパイオニアLDCから『「木を植えた男」他/フレデリック・バック作品集』DVD版が発売されています。本書と合わせてご覧になってみてはいかがでしょうか。

この本は、一人の男が起こした奇跡を目の当たりにして、人間の信念と崇高さに深い感動を与えるとともに、自分の夢に向かって一歩踏み出す勇気をも与えてくれます。

私は常日頃、一人の人間の持つ力と影響力の大きさについて考え、パブリック・リレーションズに携わるPRパーソンに求められる個の強化を訴えています。この本は、ひとりの人間の不屈の精神と魂の偉大さを私たちに語りかけています。

「たった一人の男が、その肉体と精神をぎりぎりに切りつめ、荒れ果てた地を、カナンの地(幸いの地)としてよみがえらせたことを思うとき、わたしはやはり、人間のすばらしさをたたえずにはいられない」

投稿者 Inoue: 19:53 | トラックバック

2007年04月13日

河島博さんの死を悼んで
 ?2人のワンマン経営者に仕えた偉大なテクノクラート

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか?

先日、ダイエーで取締役社長室長をやっておられた佐藤純さんから連絡がありました。元ダイエー副会長で元日本楽器製造(現ヤマハ)社長の河島博さんが亡くなったとの知らせでした。ここ何年間か体調を崩し、一線から退いていた河島さん。最愛の妻、タミ子夫人を失い49日を待たずにその後を追うように急逝した河島さんの訃報に、驚きを禁じ得ませんでした。

■ 46歳の若さでヤマハ社長に大抜擢
河島博さんとの初めての出会いは1977年。第4代ヤマハ(日本楽器)社長川上源一さんの後継社長として就任の時。私がヤマハを辞め、PR会社をスタートさせて10年足らずの駆け出しの30代前半のことでした。

その年、46歳にして河島さんはヤマハの社長に抜擢されました。当時46歳の社長就任は大企業では異例の人事として世間で騒がれました。河島さんは、当時ホンダの本田宗一郎さんの後継者として2代目の社長(現在同社の最高顧問)であった河島喜好さんの実弟。兄弟でライバル会社、ホンダとヤマハの社長となった二人はメディアの注目も集め、とても輝いていました。

日本が高度成長に沸く60年代、ヤマハを世界ブランドに仕立てた川上源一という天才的経営者のもと、実に多彩な人材が輩出されました。その筆頭が河島博でした。66年に河島さんは同社の米国現地法人ヤマハ・インターナショナル・コーポレーション(以下YIC)の上級副社長兼ジェネラル・マネジャー就任のために渡米、その後72年に社長就任。ヤマハグループ企業で川上源一氏以外に始めて社長に就任したのです。

1960年、ソニーやYKKが米国進出した同じ年、ヤマハは楽器とヤマハ発動機のオートバイを統合販売する米国の拠点としてロサンゼルスにYICを設立。河島さんが米国赴任する66年までに米国現地法人を持つ日本メーカーはわずか十数社程度。河島さんは日本で培ったヤマハ的なソフト・ハード両面を押さえた立体的な経営手法とアメリカの合理性を統合し、中・長期戦略に基づく徹底した現地化戦略を展開し、在任中の6年間で売上げを約10倍にする実績を挙げています。「現地生産」や「用途開発」など日本企業現地化の「モデル」を作り上げたとも言われています。

米国での輝かしい成功を収めた河島さんは、74年、本社常務として帰国。その2年後専務へと昇進。77年 1月には第5代社長に46才の若さで大抜擢されました。アメリカ経験の長い河島さんはパブリック・リレーションズへの理解がありました。

当時、取締役広報部長であった佐野雄志(故人)さんの直轄のプロジェクトに従事していた私は、河島さんの社長就任後初の外国メディアによる単独インタビューをアレンジしました。米国ビジネス誌FORTUNEの記者、Chanさんを浜松に同行し、社長室で初めてお会いしたときの河島さんの紅潮した顔は今でも強く印象に残っています。

就任後、同社の経営体制・収益体質を刷新の結果、3年で業績を回復し、3年目の決算では過去最高の経常利益を達成させました。しかし後継者問題に起因する当時の川上源一会長との確執が原因となり、80年6月、本人のアメリカ出張中に突然社長を解任されたのです。社長在任の期間はわずか3年あまりでした。3年目の決算数字は、河島解任後10年を経ても塗り替えられることはありませんでした。

■ 奇跡的なダイエーのV字回復
その後82年、河島さんはダイエーの中内功さんに請われダイエーの副社長に就任。ヤマハ時代、前述の広報部長の佐野さん(79年に48才で急逝)と2人3脚の深い信頼関係結ばれ、広報を経営の中枢に組み込み積極経営を行なっていた河島さんは、佐野さんと親交のあった私を「プロデュースN」というダイエー再生の為の外部ブレーン集団(6名)の一人に起用しました。それが縁で河島さんとは定期的にお会いするようになり、以来さまざまな私の会社の海外クライアント企業のCEOとのビジネス・ミーティングに快く応じてくれました。

そこで私が触れたのは抜群の経営感覚と、スピード感溢れるアメリカ流合理主義。経営危機に陥り有利子負債7千億円を抱え、約65億円の赤字会社を3年で黒字化。数百社におよぶ子会社の経営安定化を実現し、不可能に見えたダイエーのV字回復を見事に実現したのです。2001年、ダイエー再建のために社長に就任した高木邦夫さんは、このV字回復時の河島プロジェクトの中心メンバーのひとりでした。

加藤仁著の『社長の椅子が泣いている』(講談社、2006)によれば、その経営スタイルとは総合立体的経営だったとされています。内容を要約すれば、社会的責任や国際情勢に気を配りながらヒト・モノ・カネを有機的に活用し、様々な交流を通して従業員や取引先、株主など組織を取り巻くパブリック全てが利益を享受できるような経営でした。河島さんはまさに理想的なパブリック・リレーションズを80年代の日本で実践していたともいえます。

87年、河島さんは中内社長の要請を受け、倒産企業・リッカーの社長に就任し、同社の再建に着手。債務536億円をわずか5年で返済し、93年の売上高は350億円とピーク時の6割にまで回復させ、社長の椅子を後にしました。しかし残念ながらリッカーは、有利子負債が膨らんだダイエーの資本・債務再編のため中内社長の一存で同社傘下に吸収。そして97年河島さんの任期満了によりダイエー副会長を退任しました。ダイエーの経営危機が叫ばれ始めたのはその1年後。その後ダイエーは2004年10月には産業再生機構入りし、解体への道を辿っていくことになります。

強烈な個性を放つ2人のワンマン社長に仕えた河島さん。彼は結果を残しながらも、世襲という問題の前に2度にわたって同様な経験をしました。その要因には、株主本位の経営が行われる以前の日本的経営があったといえるでしょう。

河島さんは生前よく「私はテクノクラート(専門知識をもって組織運営する技術官僚)」といっていました。ダイエー時代は、ヤマハでの苦い経験がトラウマとなっていたのか、多くのメディアからの取材申し入れを断り続け、一切メディアに登場することはありませんでした。その意味で、当時の河島さんはメディア価値の最も高い人物の一人でした。

河島さんの構築したビジネスモデルは、グローバル企業のCEOに求められる経営戦略構築とその遂行における迅速な意思決定プロセスなど、現在でも優れた企業経営のなかに多く見いだすことができます。河島さんとの出会いとその後の交流をとおして、身近にその独自の経営観に触れることができ、私にとってビジネス人生のなかで貴重なものとなっています。

最後にお話したのは昨年の秋。電話の向こうで、体調がすぐれないので回復したらゆっくり会いましょうと弾んだ声が返ってきました。

出棺のとき河島さんの顔はとても安らかでした。その時流れていたベートーベンの「月光」が、いつも太陽の影となって生きた彼の人生を象徴しているかのようでとても印象的でした。多くのヤマハ、ダイエー関係者参列のもと、実兄の喜好さんや子供達に囲まれた荘厳なお別れでした。

河島さん、これまでいろいろありがとうございました。あなたのことは今後も永久に語り続けられることでしょう。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

投稿者 Inoue: 20:21 | トラックバック

2007年04月06日

井之上ブログ 開設2周年

皆さんこんにちは。お花見は楽しまれましたか?

パブリック・リレーションズは「個人や組織体が最短距離で目的を達成する手法」。この考え方をできるだけ多くの皆さんと共有し、その輪を広げていくこと。これが井之上ブログを開設した目的です。読者の皆さんに支えられ、この号で2周年を迎えることができました。まことにありがとうございます。

■ PR理論を学んだ専門家が増加
パブリック・リレーションズを取り巻く環境はこの2年で大きく変わり、ますます追い風になっています。

財界では、頻発する不祥事による組織体の危機を未然に防ぐ危機管理への注目が高まっています。また、時価会計やキャッシュフロー会計の導入、M&A(企業の買収・合併)の活発化によりインベスター・リレーションズ(IR)やコーポレート・ブランディングの重要性が認識されるようなりました。

政界では、安倍政権の下、官邸機能強化の一環として、首相補佐官(広報担当)を設置し広報体制が拡充されたことを受けて、広報やPRについての関心が急速に高まりメディアへの露出度が格段に増えました。

私は、PRの専門家育成が火急であるとの強い問題意識から、3年前より早稲田大学で教鞭をとっています。その受講者の中からPR会社や企業の広報担当者としての道を選ぶ人も出てきています。PR会社へ就業する受講生は、3年前には2人でしたが、今年度は6人へと確実に増加しています。

企業広報の担当者の道を選んだ人の中でも特に印象的だったのは、日本女子大学から単位交換制度を利用して「パブリック・リレーションズ 概論」を受講した学生です。広報担当者1名だけのある大手グローバル企業の採用枠へ、1400倍の倍率という難関を突破し、見事に採用を勝ち得たのです。このように今後、本格的にPRの理論を学んだプロフェッショナルが輩出されていくことでしょう。

一方、PR業界のプロフェッショナル育成も着実に進んでいます。今年9月より社団法人日本パブリックリレーションズ協会( http://www.prsj.or.jp/ )主催による「PRプランナー資格認定制度」がスタートします。

これは基本的な広報知識からパブリック・リレーションズのプロフェッショナルに求められる実務的な知識とスキルまでを評価認定する試験制度です。PR・広報に従事する実務家に対しプロフェッショナルとしての自覚を促し、業界全体のレベル向上をはかり、日本社会へのパブリック・リレーションズの導入を加速させることを主眼においています。

■ PRは世界平和と繁栄のキー・ファクター
日本を視座にパブリック・リレーションズの果たす役割を考えたときに、パブリック・リレーションズの実務家は、民間レベルにおいては日本企業のグローバル化を手助けする戦略やソリューションを提供し、国家レベルでは国際社会へ向けた強力な情報発信の担い手とならなければなりません。

これらの人材を育てるには確固たるバックボーンを自らの中に確立する教育が不可欠です。

3月30日の朝日新聞に「政府の教育再生会議は学校再生分科会(第一分科学会)で―「道徳の時間」を国語や算数などと同じ「教科」に格上げし、「徳育」(仮称)とするよう提言する方針を決めた―と報じられました。「我が国が培ってきた倫理観や規範意識を子供たちが確実に身につける」と提言された道徳教育。こうした状況に対して主査の白石教授は、「戦前の修身のように先祖返りするのではなく、全体主義になったり、右になったりするわけではない」と強調していますが、その内容は未だ明確に示されてはいません。

パブリック・リレーションズは倫理観を判断基準として、双方向のコミュニケーションを行い、自己修正を図っていく手法。私は、このパブリック・リレーションズを通して「人間の行動規範」を示し、人格のバックボーンとなりうる手法を道徳教育の枠組みのなかに組み込むことが可能ではないかと考えています。道徳教育へのパブリック・リレーションズ導入については後日このブログお話したいと思います。

いま世界は混沌としています。パブリック・リレーションズに対する社会的要請の高まりのなかで、PRパーソンには、グローバルな視座を持ち、内外の諸活動を通して世界の平和と繁栄に寄与することが強く期待されています。

このブログでは、そのような役割を担う実務家や広報担当者、そして将来その道に進みたいと考えている人々に必要な情報や心構えなどを提供していきたいと考えています。

これからも多くのことを皆さんと共有していきたいと思います。また、皆さんの身近にPRに関心を持っている方がおられたら是非このブログをご紹介ください。

今後とも井之上ブログにご期待いただくと共にご支援くださいますようお願い申し上げます。

投稿者 Inoue: 21:23 | トラックバック