相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2007年2月 | メイン | 2007年4月»

2007年03月30日

PRパーソンの心得8 偉大なる常識人であれ

こんにちは、井之上喬です。
オフィス近くの新宿御苑の桜が、ようやく満開になりました。
皆さん、いかがお過ごしですか。

パブリック・リレーションズは人と人との関わりの中で目的を達成していく手法です。PRパーソンにとって重要となるのは、人々が暮らす社会の成り立ちや世の中で起きている事象を知ること。今回は、PRパーソンの心得8として「偉大なる常識人であれ」をお届けします。

■ 常識はパブリックの視点で
『広辞苑』をみると「常識」とは、「普通、一般人が持ち、また、持っているべき知識。専門知識でない一般的知識と共に理解力・判断力・思慮分別などを含む」と記されています。「偉大なる常識人」とは、常識をベースに優れた理解力や判断力を発揮して何かを成し遂げられる人であるといえます。

パブリック・リレーションズは、文字通りパブリック(一般社会)との良好な関係(リレーションズ)を構築・維持する活動の総体です。多様なパブリックとの関係を構築するため、カバーする学問領域は経済学、社会学、経営学、心理学や政治学など20を超えるといわれています。PRパーソンは日頃から、社会のさまざまな事柄をバランスよく知識として蓄積することが必須です。

「偉大なる常識人」であるために必要なこと。それは物事に対する好奇心を大切にすること。そして常にパブリックの視点に立って考えるよう心がけることです。

また、人間としての常識である「世の中の道理」を知ること。またその基準に照らし合わせて物事を理解し吸収することも重要です。民主主義社会における健全なパブリックとは「常識」を投影するもの。PRパーソンが「常識」を知ることはパブリックの視点を確保することになります。「常識」は双方向のコミュニケーションを通してパブリックと相互理解を醸成する上で礎となるものです。

■素早い理解と適切な判断を可能にする
しかし単に知識として幅広く持つだけでは十分とはいえません。プロフェショナルとして自分の関わる分野において造詣を深め専門化させなければなりません。つまり、PRパーソンは、常識を持つスペシャリストとして、所属する組織のトップやクライアントに専門的なアドバイスを行うカウンセラーとしての能力を兼ね備えていなければなりません。

時として所属する組織のトップやクライアントは、適切でない考え方や態度を示すことがあります。その場合にもPRパーソンはカウンセラーとして、誤った方向性の軌道修正をして正しい方向に導くための説得を試みなければなりません。普遍的かつ常識的な裏づけのある提案は相手の共感を得やすく説得力を持ちます。相手をより効果的に納得させることができるのです。

良好な関係構築・維持に継続的にとり組む中で、組織を取り巻く状況は常に変化します。したがってPRパーソンには、潮目を読んでリアルタイムで状況変化に対応することが求められます。自らの常識に照らし合わせることにより、その時点で起きている事象を素早く理解し、適切な判断を瞬時に下すことができます。自分に専門性がない状態で不測の事態が発生した場合でも、より的確に先を予測することができ、速やかに問題解決へ取り組むことができるのです。

幅広い常識を身に付けるためには、物事に対して常に「なぜ」「どうして」という問いを投げかけることです。このような問いかけは、物事の背景や成り立ちを深く知り理解するきっかけを作ってくれます。バラバラに見えていたものが奥深い所で繋がっていたり、複雑に見える事が実はシンプルなものであったりと、一見では理解できない事を知ることになります。人は物事を知り理解する過程を通して、幅広さと奥行きのある知識を自分のものにして独創的な発想の糧として蓄積することができるのです。

「偉大なる常識人」であることは、PRパーソンのみならず、世間一般のビジネス・パーソンにとっても大切なことです。コミュニケーションを通して人との関わり中で大いに常識を身に付けて活用してください。そのことは皆さんの能力を高めるだけでなく、人生をより豊かなものにするでしょう。

投稿者 Inoue: 18:29 | トラックバック

2007年03月23日

社会人となるあなたへ
 ?いつでも輝いて、未来を担う存在に

この時期は多くの卒業式を目にします。あなたは社会という新しい世界への旅立ちを前に、自分なりの未来像を描きながら緊張感と期待に胸を膨らませていることと思います。

社会人になるということは、親の庇護から離れて、自らの人生を歩み出すということ。これまであなたは、両親や扶養者の庇護のもとで社会へ出るための勉強や準備を行ってきました。これからはそこで培った知識や経験を生かしながら、自己責任に基づいて自分の未来を切り拓いていかなければなりません。

■自分を知り強い自己を確立
社会生活の中で自分の思い描く道を進むためには、自己を確立させることから始めなければなりません。相手を尊重し、人との関わりの中で自分を成長させることのできる確固たる自分自身を築いてください。

それには、自分という存在を知ること。自分は何者なのかを知ることです。また自分を超えたものの存在を知りその大きな存在に生かされていることを自覚することです。このような意識から私たちの内側には謙虚さや素直な気持ちが生まれます。この大きな存在に身を委ねることで、流れに逆らうことなく、また自分を見失うことのない自分らしい日々を過ごすことができます。

とはいっても、私たちは日々の生活の中で矛盾することや不条理に思えることに出会います。そんな時は、「無駄なことは何ひとつない。人間の人生にはいつも意味がある」と考える。いま直面している事が自分にとってどのような意味を持つのか考えてみることです。

その上でその問題にどう対処するのかを決めていく。自分の力で流れを変えられると判断すれば、果敢に挑戦。 流れに逆らっては本当の目的地へと到達できないと判断すれば、流れに身を任せ、潮目が変わりチャンスが到来するのを待つのです。

その判断を支えるのが高い志。志を高く掲げて生きる心構えが本来の自分を見失わず目標に到達する強さや柔軟性を生み出します。私たちは自分に起きている出来事を志という大きな視点で俯瞰することができれば、自己を強め目の前に立ちはだかる問題の解決へ速やかに平常心で足を進めることができます。

■ 「平和の働き手」となり輝く未来を築く
私たちは独りで生きていくことはできません。人との関わりの中で日々の生活を送っています。いわば社会はその集合体。社会とは人と人とが支えあう仕組みともいえます。ですから社会人になることは、社会に積極的に参加して、支えあう仕組みに貢献できる立場に立つということです。

以前このブログでISR(個人が果たすべき社会的責任)について触れましたが、是非、あなたも自分の職業を通して社会的に貢献する努力をしてください。社会の目線に立ち「今何が必要とされているか、その中で自分には何ができるのか」を常に考えること。自らの人生の中で、社会への貢献が可能となる分野を探求し、自分の生き方と社会貢献を一致させることが理想的な生き方といえます。この世に生を受けた意味が深く理解できるかもしれません。

パブリック・リレーションズへの関心の高まりのなかで、PRの本質とその可能性を理解し、社会に貢献したいと考えてパブリック・リレーションズの道に進む人も増えています。 組織に所属していると、所属する会社の経営トップや上司、あるいは担当するクライアントの意識に左右されることもあります。そのような状況でも目標を見失わないこと。希望を持ち夢を見つづけること。

それを可能にするのが「人間の行動規範」ともいえる、パブリック・リレーションズの手法です。日々の生活の中で、倫理観双方向性コミュニケーション自己修正の3つの要素を自己の行動規範として身に付けてください。そして3つの要素で構成されるパブリック・リレーションズを実践してみてください。あなたが、混迷する日本が今もっとも必要とする、「個の確立された強いリーダー」に成長していくための大きな助けとなると思います。

これからあなたは自分の夢を高々と掲げて歩んでいくことでしょう。混沌とする世界にあって、あなたが新しい世代の「平和の働き手」となり、輝かしい未来を築いていくことができるよう祈っています。

投稿者 Inoue: 16:43 | トラックバック

2007年03月16日

CSR(企業の社会的貢献)、いま求められる貢献とは?

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか?

近年CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)が注目されています。 一般的にCSRとは、企業が社会的責任を積極的に果たすことで、企業利益を追及すると同時に地球環境の保全や社会全体の持続的な成長を可能にする取り組みを指します。

企業の社会的責任(Social Responsibility)の概念は1920年代、欧米の教会を中心に行われた、武器やギャンブルなどに関わる企業への不買運動や投資抑制運動が原点であるといわれています。

日本では70年代、公害問題を契機に企業の社会的責任が注目され、80年代のバブル期には利益還元策としてメセナ(芸術・文化支援活動)が盛んに行われました。21世紀を迎えると、地球規模での深刻な環境問題やエンロンやワールドコムなど相次ぐ不祥事による企業統治や企業倫理の重要性が盛んに叫ばれるようになりました。近年この流れを受けて企業におけるCSRへの関心が高まり、本格的取り組みをおこなう企業が増加しています。

■ 本業を活かした社会貢献
このように企業の社会への関わり方は時代と共に変化しています。マーケティングの世界的権威、フィリップ・コトラー(Philip Kotler)は、その著 Corporate Social Responsibility (JohnWily&Sons, Inc. 2005)でCSRを次のように定義しています。

「企業の社会的責任は、経営資源を投入した自主的なビジネス活動を通して、地域社会の発展のために取り組むべき責務である」

つまりコトラーは、CSRは企業が本業を活かしその枠組みの中で自主的に実現すべき社会貢献であるとしています。さらにコトラーは、CSRの手法を6つのカテゴリーに分類。広範囲で曖昧になりがちなCSRを明確に示し、効果的な活動の実施を促しています。

1.社会問題の認知度をあげる活動
2.社会問題に関連したマーケティング
3.コーポレート・ソーシャル・マーケティング
4.コーポレート・フィランソロピー
5.地域社会へのボランティア活動
6.社会的責任を果たす事業活動 
  (以上、翻訳井之上喬)

一方、CSRの概念と共に登場したSRI(Socially Responsible Investing: 社会的責任投資)。SRIは、社会的責任を果たす企業に投資する発想から生まれた投資方法。現在のSRIは、財務的評価に加え社会や環境への貢献度を積極的に評価し投資することを指します。なお、CSRとSRIの詳しい記述は紙面の都合により割愛しますが、拙著『パブリック・リレーションズ』に詳述してあります。

■ CSRで壊れいく地球を救う
今年に入り、NYのベンチャー投資家である私の友人、ピエール・デュポン氏が、クリーン・エネルギーだけに投資対象を絞ったベンチャー・ファンドを立ち上げました。先日来日し、日本の関連するベンチャー企業経営者や大手企業のクリーン・エネルギー関係者と積極的に会合を持ちました。

彼の活動は、今後、地球環境保全分野のビジネスが注目されるなかで、そのトレンドを先取りするものであり、環境保全のための社会貢献活動であるとも言えます。まさにデュポン氏の活動は、本業を通して社会に貢献する理想的なCSRであるともいえます。滞在中に、この分野で活躍する日本の関係者と意見交換する彼の表情は本当に輝いていました。

この数年、環境悪化に起因するとみられる異常気象が世界中で相次いで報道されています。地球温暖化や資源枯渇など、地球環境の破壊は悪化の様相を呈しています。10億という単位の巨大な人口を抱える中国やインドの経済活動の活発化は、地球資源の消費や大気に甚大な影響を与えているといえます。地球環境の破壊が想像を絶するスピードで進行する中、企業や組織は持続可能な発展を地球規模で考え、自主的な環境経営活動を強いられる状況に追い込まれています。

効果的なCSRを行うには、様々な要素を統合し問題解決に向けて包括的かつ継続的に取り組む、パブリック・リレーションズ的な発想が必要となります。そこでの実務家の役割は、組織体とパブリックとの間に立つインターメディエータとして、組織体に対して正しい活動を行う支援を提供することにあります。

また、企業や組織が個人の集合体であることを考えれば、個人もCSR的な意識や発想を持ち自主的に行動することが求められます。私達の住む美しい地球を救うのは、この星からたくさんの恵みを享受している私たち自身であるべきです。

有史以来、人類が繁栄を謳歌し続けるのか、または滅び行くのか、その分水嶺にある21世紀。私達はCSR的な活動を個人の問題として捉え、一人ひとりが努力しなければならない時代に生きていることを認識しなければなりません。

投稿者 Inoue: 21:35 | トラックバック

2007年03月09日

映画『ボビー』
ロバート・F・ケネディ、混沌のなかで希望を与えた一人の男

こんにちわ、井之上喬です。皆さんいかがお過ごしですか?

“ボビー”の愛称で米国民に愛されたロバート・F・ケネディ(1925-1968)。私は先日、映画『ボビー』を観に映画館へ足を運びました。『ボビー』は1968年6月5日、アメリカ最後の希望といわれた男ロバート・F・ケネディ司法長官が凶弾に倒れるまでの一日を、彼に希望を託した22人の人生を通して描いた作品です。

■対立が衝突を生んだ60年代
ボビーは、アイルランド系移民4世。成功した実業家でアイルランド系カトリックの指導者でもあるジョセフ・P・ケネディ(Joseph P. Kennedy, Sr.)の7人目の子供です。48年にハーバード大学卒業後、ヴァージニア大学ロー・スクールで学位を取得。60年兄ジョン・F・ケネディ(1917-1963)の第35代米大統領就任に伴い司法長官に就任。キューバへのソ連のミサイル配備に対し、米国が海上封鎖で応じたキューバ危機では、その決着に大きく貢献したとされています。

60年代の米国は、対外的にはキューバ危機やベトナム戦争など共産圏との対立を軸に混迷を極めた時期。また国内では公民権運動が活発化し、人種差別や性差別など多くの軋轢に苦しんだ時代でした。加えて、兄のジョン、マルコムX(1925-1965)、マーティン・ルーサー・キングJr.(1929-1968)と、次世代を担うべきリーダーが次々に暗殺され、国民に大きな悲しみと喪失感をもたらしました。

そんな中の68年3月17日、ロバート・F・ケネディは暗殺された兄ジョン・F・ケネディの遺志を継ぎ、非暴力を掲げて米国大統領選に出馬を決意します。

ケネディ大統領暗殺の翌年64年、ニューヨーク州上院議員に当選。続いて68年、ボビーは民主党から次期大統領選へ立候補しました。彼はリベラルな理想主義を貫きベトナム戦争からの離脱を選挙公約に掲げ、民主党の予備選挙へ臨みます。

68年6月5日、ボビーはカリフォルニア州の予備選に勝利。運命の地となる、ロサンゼルスの「アンバサダー・ホテル」で勝利演説を行い、そこに集った人々から大絶賛を浴びました。しかし彼はその直後、同ホテルの調理場を抜けて帰る途中、パレスチナ人の若者に至近距離から狙撃されてしまうのです。一度は救急車で病院に収容されますが、翌日、42歳でその短すぎる生涯を閉じました。

■「私たちは、皆、幸せを希求する同胞である」
映画『ボビー』は、暗殺事件の現場となった「アンバサダー・ホテル」を舞台に、そこに居合わせた22人の日常生活や心の葛藤を描いたドラマ。22ものキャラクターが交錯し、複雑な部分もあります。しかしクライマックスで、全ての登場人物が、ボビーの死の場面に関係していることを知り、その死がアメリカに何をもたらしたのか気付かせてくれます。アメリカは、彼の死と共に「未来への希望の光」を失ったのです。

脚本と監督はエミリオ・エステベス。彼は『地獄の黙示録』で有名な俳優マーティン・シーンを父に、チャーリー・シーンを弟にもつ俳優一家の出身。エステベスは83年の『アウトサイダー』や85年の『セントエルモスファイアー』で俳優として頭角を現しました。その後彼は、脚本、監督、制作の世界に進出し、数々の作品を手がけています。

眼を見張るのは、その豪華な俳優陣。『羊たちの沈黙』のアンソニー・ホプキンスやデミ・ムーアはこの作品のテーマに即座に賛同し、低い出演料で契約したといいます。他にもシャロン・ストーン、イライジャ・ウッドやリンジー・ローハンなどベテランや今をときめく若手俳優が数多く出演。これらの豪華キャストは、当時の混迷する米国の社会背景と二重写しの現在の米国社会の「紛争解決への模索」が彼らの自らの出演を促した結果といえなくはありません。

当ブログで2月にご紹介したボビーの息子、ロバート・ケネディJr。私は98年、彼が「日米アースアクセス委員会1998第一回環境セッション」出席のために来日した際、コミティ・メンバーの一人としてお世話する機会を得ました。

滞在中、父の日本での足跡を確かめるように、父ロバートの講演した早稲田大学を訪問したり、ケネディの影響を受け政治の世界に入った小渕恵三(当時外務大臣)元首相と面会するなど、父親と見間違えるほどの風貌で知的かつ精力的に振舞っていました。父親からは、その風貌だけではなく、社会奉仕を重んずる精神も受け継いだようです。


写真:外務省に、小渕恵三外務大臣(当時)を訪ねて。ロバート・F・ケネディJrと夫人のメアリー・リチャードソン。左端は筆者。


父と同じくハーバード大学を卒業した、弁護士でもある彼は、環境保護運動の指導者としてハドソン川の環境保全で活躍。その後も大学で教鞭をとる傍ら、様々な市民運動に参加しています。

ベトナム反戦運動の高まりの中で、国内外で衝突が繰り返された60年代。当時の世相は、イラク侵攻問題で迷走する現在の米国の状況と酷似しています。今年2月10日、民主党のバラク・オバマ上院議員が、2008年次期米大統領選へ出馬表明しました。彼が出馬表明演説で、アメリカは様々な違いをのり超えてアメリカ合衆国であると語った姿は、リーダー不在の米国で、対立を批判し、心を一つに和解を求めたボビーの姿と重なり、とても印象的でした。

インターメディエーターとして当事者の間に立ち、根気強く対話を促し、相互理解を醸成することは、パブリック・リレーションズの実務家に課せられた役割です。この映画を観て、対話を通した平和的解決手法が世界的に求められていること実感すると共に、私たち実務家が果たすべき責務の大きさを痛感しました。

映画の最後、ボビーとその周辺の人々が狙撃を受けたシーンのバックに流れたボビーのスピーチが、いまでも私の耳に残っています。それは彼の死の2ヶ月前、68年4月5日にボビーがクリーブランド(オハイオ州)で行った演説です。
 
「アブラハム・リンカーンがいうように、自由な国では、不満を武力に訴えても成功しません。そのような手段はやがて大義を失いつけが回ってきます。....中略 ....(幸せを希求する)共通の絆によって、私たちは、皆、同胞であることに気付きます。私たちは、自らの傷を癒し、もう一度、真の兄弟になるための努力を始めることができるのです。」
(“On the Mindless Menace of Violence”より抜粋 井之上喬訳)

投稿者 Inoue: 21:21 | トラックバック

2007年03月02日

私の心に残る本 その4
バーネイズの Propaganda (プロパガンダ)

こんにちは、井之上喬です。
3月に入り、春らしい季節となりましたが、皆さんいかがお過ごしですか。

「プロパガンダ」。 現在この言葉は、虚偽や欺瞞、扇動など、悪いイメージで使用されています。しかしこの言葉の起源は17世紀。宗教的な用語として使用され、伝道や福音宣教といった崇高な目的を持つ言葉として使われていました。このような良好なイメージを持つプロパガンダが第一次世界大戦を境に、歴史の流れの中で歪曲化されだした1920年代、プロパガンダのイメージ回復を試みた一人のパブリック・リレーションズの実務家がいました。

その名は、エドワード・バーネイズ(Edward L. Bernays,1891?1995)。以前、彼の軌跡を「パブリック・リレーションズの巨星シリーズ2.」でご紹介しました。バーネイズは20世紀初頭から95年に103歳で亡くなるまで、その生涯をパブリック・リレーションズに捧げ、パブリック・リレーションズを初めて理論体系化した実務家です。今日は、彼の代表作 Propaganda をご紹介します。

■崇高なイメージからの変遷
Propaganda が出版されたのは1928年。この本は、バーネイズのパブリック・リレーションズ初の専門書 Clystalizing Public Opinion (世論の覚醒化、1923年)の出版の5年後のことでした。当時、本来の「プロパガンダ」の持つ崇高なイメージが急降下し、欺瞞や扇動という悪いイメージへ転換していった時期でした。

第一次世界大戦時、米国政府は参戦を正当化するための説得型の世論形成活動を大々的に展開しました。その結果、戦後、批評家やジャーナリストは、これらの活動に対して批判を始めたのです。彼らは、強引に世論形成を行なう手法を「プロパガンダ」と呼び、彼らの記事にこの用語が頻繁に使用されるようになりました。

Propaganda の第1章でバーネイズは、民主主義社会を運営する効果的手法を「新しいプロパガンダ」と呼び、パブリック・リレーションズの新しい形であると提唱。民主主義社会では、「確固たる倫理観をもつ強いリーダーにより社会が運営されなければならない」と倫理観の重要性を述べています。第2章では「プロパガンダ」の言葉の成立とその変遷を紹介。心理学者フロイトの甥でもあるバーネイズは第3章で、人の心に入る手法を心理学的な観点から捉え、具体的に述べています。

そして4章から11章までは、「企業とパブリック」「プロパガンダと政治的リーダーシップ」「プロパガンダと教育」など、倫理を伴う本来のプロパガンダの機能を分野別に記しています。

■ バーネイズから私達が学ぶもの
同書が出版された28年は世界大恐慌に突入する前の年です。この頃はパブリック・リレーションズの黄金期とも言われる急成長期。第一次世界大戦時の政府による世論形成活動を通して、多くの実務家が政府機関や民間に輩出された時期でもありました。大戦後の好景気で巨大化した企業への懸念が高まるなか、同書は全米で大論争を巻き起こします。

双方向の概念が生まれたばかりの20年代、バーネイズの提唱する手法は、情報流通は双方向でも、相手を説得・同意させる非対称性の双方向性コミュニケーションの形態をとっていました。ジャーナリストや批評家の批判はここに集中したのです。

しかしバーネイズが Clystalizing Public OpinionPropaganda を通して、倫理の必要性を強調していたことを見逃してはなりません。彼は、その手法の使い手が確固たる倫理を持つことにより、良いものを伝播する本来のプロパガンダが実現できると信じていたのです。

それ故、ナチスの宣伝担当相(Minister for Public Enlightenment and Propaganda)ヨゼフ・ゲッベルス(Joseph Goebbels,1897-1945)が、倫理を欠いたユダヤ人排斥情宣活動のために Clystalizing Public Opinion を参考にした事実は、バーネイズにとって想定外のことだったに違いありません。

プロパガンダの現代的な意味は、前にもこのブログでご紹介したとおり、情報の流通が一方向で、情報発信者が自己を正当化し強引に他人の意見に影響を及ぼすための活動です。この現代的意味を見ても、バーネイズによるプロパガンダのイメージ回復のための努力は、残念ながら失敗に終わったといえます。

「PRは社会的貢献そのものである」と語ったバーネイズが、「良いものを伝播する」と、本来の意味を持つプロパガンダへの深い思いと共に、その崩壊する軌跡をどのような気持ちで見ていたのでしょうか。

この本のなかで、バーネイズが私達に送っているメッセージは強烈です。ここから私たちは何を学ばなければならないのでしょうか。

それは、パブリック・リレーションズは強大な影響力を持っているということ。また、パブリック・リレーションズが個人や組織体にとって、どのような状況にあっても有効に利用できる、普遍的な手法であるということです。

私達は、パブリック・リレーションズを社会の持続的繁栄と世界平和の道具として使用しなければなりません。そしてこの手法を扱う個人や組織体には、強固な理性と倫理が求められているのです。

残念ながら日本語訳は出版されていませんが、2005年に発行された英語の復刻版Propaganda (2005,Ig Publishing)はネット上などで比較的容易に入手できるようです。一度手にとってみてはいかがでしょうか。

投稿者 Inoue: 19:56 | トラックバック