相互リンクはこちら
バナーをどうぞ



« 2005年12月 | メイン | 2006年2月»

2006年01月27日

地震大国日本における耐震強度偽装問題が日本社会に提示するもの

こんにちは、井之上喬です。早いもので1月も最後の週になりました。

今週は、ライブドアの堀江前社長の逮捕劇から始まり、今朝のニュースのトップを飾った「東横イン」の偽装建築問題など、不祥事のニュースでメディアが埋め尽くされた週となりました。

どうしてこのような不祥事が際限なく噴出するのでしょうか。私にはこの状況が、例えていうならば、人間(とくにバックボーンのない)が内的変化を起こすときに見せる混乱や錯乱が、構造転換をはかる日本社会にも起きているように見えてなりません。

今日は、パブリック・リレーションズの視点で耐震強度偽装問題について考察し、「何が日本に欠けているのか?そして混沌とした日本社会に秩序をもたらす処方箋はあるのか?」皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

1995年1月17日、震度7の地震により6,434人もの尊い命を奪った阪神大震災の悲劇の教訓もむなしく日本を震撼させているこの偽装事件は、昨年11月に国土交通省が耐震強度偽装問題を公表したことで発覚しました。偽装工作は、建築物の構造設計専門家である姉歯秀次元一級建築士が、地震時の圧力を低く入力するなどの方法で構造計算書を偽造した98年にさかのぼります。

偽装隠蔽ルートは設計・施工から販売にいたるまで整えられており、民間の確認検査機関や地方自治体の安易なチェックシステムにより建築確認が出されていたようです。この結果、各地で耐震強度不足のマンション、ホテルが建設・販売されました。今年1月20日までに確認されている偽装物件は18都府県にわたり計95棟とされ、中には震度5弱で倒壊しかねないものもあるとされています。

この事件をとおして、近年日本で続出する様々な不祥事に共通する根本的問題点が浮かび上がってきます。それは、倫理観の不在、自己修正能力の欠如、相手視点の欠落からくる危機管理に対する甘さです。パブリック・リレーションズの生命ともいえるこれらの要素が日本社会で希薄なために、同じ過ちが繰り返されているのではないでしょうか。

本来、建築設計や建設・施工の仕事は、利用者の安全・生命を守る専門家として、自覚と責任を持って従事すべき職業です。しかも日本は世界有数の地震大国。耐震強度不足の建物は人の命を奪うことに直結しかねません。それを認識しながら目先の利益を優先し、問題さえ発覚しなければ不正も良しとする彼らの行動には、倫理観の片鱗も見ることができません。

問題発覚後も、関係者の情報開示に対する消極的な姿勢や度重なるその場しのぎの発言など、彼らはどの程度この問題の重大性を認識しているのでしょうか。また発覚後の関係者による一連の行動は、責任の所在を明らかにして問題解決に向き合うために必要な自己修正能力の欠落をも露呈させています。

それを象徴するのが1月17日に衆院で行われた証人喚問でした。建築主ヒューザーの小嶋進社長は「刑事訴追の恐れがある」として問題の核心部分について証言拒否を繰り返しました。証言した答弁でも問題をはぐらかすなど、自身の保身に終始し、自分の過ちを認めて全貌解明に協力する姿勢は見受けられません。

ひるがえって、この問題は行政側の危機管理の甘さをも露呈しています。このことは行政が国民(相手)の視点に立って行われていないことに起因していると考えています。パブリック・リレーションズの視点で考えると、情報発信者は同時に受容者にもなり、行政従事者は消費者や顧客でもあることが理解できます。相手の視点を持つことにより、節穴だらけの管理体制は容易に排除され、真の国民の求める安心して暮らせる住環境の実現が可能となるのです。

パブリック・リレーションズの視点で見るまでもなく、住宅のような専門的知識が要求される買い物の場合には、顧客が商品の欠陥、それも目に見えない構造的な欠陥を見いだすことは極めて困難といえます。他の自動車(事故を誘発する)や電気製品(感電や火災を誘発)と同様に、欠陥が原因での事故が災害をもたらす場合の製造者責任は極めて重大とみるのが自然です。

補償問題に関して、小嶋社長個人や会社の被害者への補償能力がほとんど期待できないなか、自治体、政府、検査機関が今後どのように対応すべきか国民が注視しています。

現在、耐震偽装や危険な建物の建設・販売に対する罰則は、建築基準法第99条に示される50万円以下の罰金のみです。罰則規定の甘さへの批判が強まり、国土交通省は1月14日、罰金の強化と最大「3年以下」を軸にした懲役刑導入の検討を発表しました。しかし地震大国日本において、住居は住人の生命を預かるものと考えれば、この種の違反には「殺人未遂罪」と、より厳しい罰則が適用されてもおかしくありません。抑止力として機能させるには、より厳しい罰が必要です。

この事件の真相はいまだ明らかになっていません。閉鎖に追い込まれたホテル。すでに解体工事が始まっている建物。そして倒壊の恐怖におびえながら将来の展望も見えず暮らす人々。まったく気の毒としか言いようがありません。被害者のためにも、そして今後同様の事件が繰り返されないためにも、国や行政は徹底的に真相を究明して責任の所在を明らかにし、早急に対応策を講じなければなりません。

先にも述べたとおり、今回の不祥事もパブリック・リレーションズの概念がことごとく欠落していたため起きてしまった事件であったといえます。パブリック・リレーションズの手法が日本社会に根付いていれば、業界活性化への試みが逆に手抜きの温床にならずに済んだのではないかと考えると非常に残念です。

再生後の日本の進むべき方向を明確なものとするには、社会において核となるバックボーンが不可欠となります。そのバックボーンとは倫理観にほかなりません。そして、どのような変化にもリアルタイムで対応できるパブリック・リレーションズこそ一連の不祥事の処方箋といえます。パブリック・リレーションズを日本社会に導入することにより、希望のある未来へ確実に近づけるのではないかと確信しています。

投稿者 Inoue: 23:00 | トラックバック

2006年01月20日

「ディーガン」との出会い

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

今日は少しリラックスした趣味の話しをしたいと思います。

皆さんはディーガンという楽器名を聞いたことがありますか?「ディーガン(Deagan)」は世界の名器といわれるヴァイブラフォン(ヴァイブ:ビブラホンともいう)のブランドです。ディーガンを製造するJC. Deagan社は、John Calhoun Deagan(1851?1934)によって1880年にシカゴで設立され、1978年までヴァイブ、マリンバ、チャイム、グロッケンなどの打楽器メーカーとして世界にその名を馳せた会社です。

私は2000年10月、米国PR協会(PRSA)と国際PR協会(IPRA)共催のワールド・コングレスに出席するためにシカゴを訪れました。シカゴ訪問のもう一つの目的は学生時代から憧れていたディーガンを購入することにありました。現在はもう製造されていないディーガンを、訪米前に偶然中古のインターネット・サイトでみつけたのを機に買いに行くことにしたのです。

コングレスの後にレンタカーで3時間かけシカゴ郊外の指定された場所を目指しました。道に迷いながらやっと目的地に着くと、なんと目の前には “Deagan Tower”の看板をビル屋上に掲げた赤レンガ造りの建物が立っていました。1920年代、シカゴのアルカポネの時代を彷彿とさせるデザインの小さな3階建ての建物は、外壁もボロボロでまるで小さな廃屋のようでした。

ビルの脇の雑草が茂る駐車場に車を止めて正面玄関の前に立つと、入り口は朽ちたシャッターが降りていて、半分開いた脇の木戸を開け恐る恐る中に入ってみると、一階は真っ暗。かすかに差し込む外光を手がかりに薄暗い狭い石段を登り2階までたどりつくと、突き当たりに小さなオフィスがありました。

にこやかに出てきたこのビルの住人(?)はDeagan専門の修理屋さんで、ディーガンが事業をたたんだ後、30年近くにわたって世界中のDeaganユーザーのために修理専門のサービスを提供している50代後半のおじさんでした。40年ほど前に南米から移住してDeagan社に入社したその主人は、名門Deagan社の閉鎖後もその場所に残り、いまなお世界中で使用している愛好者が困らないように修理業を始める決心をしたそうです。

その主人の案内で、がらんとした高い天井の土間が広がる部屋に入りました。そこには補修を終えて商品展示されているDeaganや新品のMusser(ムッサー:別の米国ブランド)などのヴァイブが無秩序に置かれていました。埃にまみれたうす汚れた壁には往年のミルト・ジャクソンの大きな白黒の写真パネルが昔のままの状態で掛けられていました。往時の栄光の時代に想いを馳せながら、目指すヴァイブの前に立ったとき、タイム・スリップしたような、言葉には表せない気持ちと共に体が震えてきました。

学生時代ハワイアンバンドでヴァイブを演奏していた私にとって、音色の全く違う黄金色をしたディーガンは、時々番組出演で訪問したNHKやTBSなどの放送局でしか使われていない崇高な楽器でした。当時(60年代)のプロのヴァイブ奏者でも殆んどはSaitoやKossといった国産のヴァイブを使い、高価なディーガンはまさに手の届かない名器だったのです。

ディーガンのヴァイブを楽器として世に広めたのはライオネル・ハンプトン(1908?2002)でした。10代でドラム奏者としてデビューしたハンプトンはルイ・アームストロングのアドバイスによってヴァイブ奏者に転向し、30年代に入りベニー・グッドマンやルイ・アームストロングと共にスイング・ジャズ全盛のアメリカで活躍しました。

その後、世界の新しいジャズ・シーンを切り拓いたモダン・ジャズ・カルテット(MJQ)のミルト・ジャクソン(1923?99)がヴァイブ奏者としての地位を不動のものにしました。ライオネル・ハンプトンのヴァイブはどちらかというと野生的。それに対してミルト・ジャクソンのヴァイブの響きは軽妙にして知的で繊細。私が師と崇めるミルト・ジャクソンは、バラードでもブルースでも自在にその技を披露する誰もがあこがれるヴァイブ奏者でした。今も、ミルト・ジャクソンのヴァイブの音色は色あせることなく恒久の輝きを放っています。しかしあの繊細なタッチと芳醇な音も、この名器なしには生まれなかったことでしょう。

そんなことを考えながら、その場で目に入った一台のオーバーホールされたDeaganに目がとまりました。裏に製造番号の入った1925年製のその楽器は、鍵盤やパイプに使われていた金属素材が現在のヴァイブと比べ異なり、重量があり、マレット(先端に細い毛糸を丸く巻き上げたスティック棒)で鍵盤を叩くと音の深さや艶が往年のプレーヤーのレコードで聞く音そのものでした。

その楽器を選ぶのにそれほど時間はかかりませんでした。25年製Deaganを注文した後、主人から幸運にも当時(1920年代)の貴重なカタログをいただくことができました。ページをめくると、所々に紹介される専属アーテイストたちの写真はまるで音を奏でているようで、そこにアル・カポネ時代の華やいだシカゴを見出すことができました。

ディーガン社は1978年にチャイム(ベル)とグロッケン事業をヤマハに売却し親子三代にわたった栄光のときをきざみ終えたのです。

その晩はベッドの上で、いろいろなことを考えました。その日体験したことや学生時代の演奏旅行のこと、75年もの間いろいろな人の手に渡りさまざまな人生を眺めてきたであろう私の新しい楽器“Deagan”のこと。多くのことに想いを馳せ、心が躍り、興奮で眠れないほどの一夜を過ごしました。

パブリック・リレーションズの仕事はある意味ではタフで、ときにはストレスがたまる仕事です。誰にでもストレス解消法がありますが、私にとって、親しい仲間とヴァイブ演奏をするときは間違いなく、至福のときなのです。

投稿者 Inoue: 21:32 | トラックバック

2006年01月13日

マーコムの専門家、早稲田大学亀井昭宏教授と
元サントリー広報部長、小玉武さんを授業に迎えて。

こんにちは、井之上喬です。
皆さん、いかがお過ごしですか。

これまで「パブリック・リレーションズ 概論」の授業では、パブリック・リレーションズの幅広さや奥深さを実感してもらうため、社会の各方面で活躍するゲスト・スピーカーをお招きして、学生の立場では普段触れることのできないお話しを直接語りかけていただきました。

今日は、私のこの授業の立ち上げにもご協力いただいた二人の先生をご紹介したいと思います。早稲田大学商学部教授の亀井昭宏さんと早稲田大学教育学部講師(同大学参与)の小玉武さんです。

特に亀井教授には、2004年度からスタートした二つの授業、「パブリック・リレーションズ概論」「パブリック・リレーションズ特論」の実現に当授業の担当教授として多大なご支援をいただきました。スタート以来、毎セメスターに亀井教授に「マーケティング・コミュニケーション」について講義いただいています。亀井先生は広告論、マーケティング・コミュニケーション(マーコム)の専門家であり、日本広告学会の会長を務められたこともあるアカデミック界の重鎮といえる方です。

授業の中では、「インターネットの普及により誰もが情報発信者になり得る時代が到来しており、双方向性コミュニケーションによるターゲットとの相互理解の重要性が一層高まっている。その実践には、常に相手の視点を押さえた行動が求められる」と語ってくれました。

また、ネット社会において、組織体におけるパブリック・リレーションズ部門の役割として、ブランド構築による企業価値向上の重視性を採り上げ、そのためには組織体の経営理念やビジョンを明確に掲げ、ターゲット(一般社会・パブリック)に浸透させていく活動に力を注ぐべきであり、その有効な手段として、影響力のある人たちとの対話(インフルエンサー・リレーションズ)の重要性を指摘されました。

二人目は、元サントリー広報部長の小玉武さんを講師にお招きしました。小玉さんとは、私が(社)日本パブリックリレーションズ協会で国際委員長を務めていた時期に一緒に活動させていただきました。1964年にサントリーがはじめて広報部門(広報室)を設置したときから足掛け20数年にわたって広報畑を歩まれた方です。またTBSブリタニカの取締役出版局長として「ニューズウイークジャパン(日本語版)」の立ち上げに関わったり、文化事業部長としてサントリーホールを中核とした文化活動を統括するなど、広報エキスパートとして当時サントリーの社長・会長であった佐治敬三さんを幅広くサポートし、サントリー広報の黄金時代を築かれた方です。

今回は「組織と広報」と題して企業広報の現状についてお話しいただきました。講義では、情報技術の発達に伴い組織体と個人、情報の発信者と受け手の関係がますます複雑・多様化しており、改めて広報部門の位置づけが問われている現状を語ってくれました。そして企業広報の存在意義として、企業の広報部門が経営に直結した広報を担うべきであると話してくれました。

また危機発生時の対応が結果を左右するクライシス・コミュニケーションにおいて、スペシャリストが対応すべきであり、社内での有能な人材育成と外部専門家からのアドバイスを採り入れる体制づくりが急務であるとお話しされていたのがとても印象的でした。

パブリック・リレーションズを成功に導くには理論と実践の両輪が必要です。マーケティング・コミュニケーションの分野で長年にわたり活躍される専門家や日本の企業広報の現場での豊富な経験を持つ方からのお話しは、学際(学部間の垣根を越えた)授業に参加した学生にとって得がたいものであったと思います。

パブリック・リレーションズを実践する現場では、目標を見失わない一貫性とリアルタイム性をもって状況変化に対応できる柔軟性が同時に必要となることを改めて確認する貴重な授業であったと思います。

亀井先生、小玉さん、ありがとうございました。今後のますますのご活躍を心よりお祈りしています。

投稿者 Inoue: 21:00 | トラックバック

2006年01月06日

明けましておめでとうございます。
 ?この春に新しい本を出版します

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
皆さん、お正月をどう過ごされましたか?
私は正月休みを利用して、この3月に発刊する本の執筆をしていました。仕事に追われてやっと脱稿、ほっとしているところです。

昨年は、続発する不祥事から身を守るための危機管理意識や株価の回復、日常化する企業買収(M&A)の影響を受けたIRへの関心の高まりなどがみられました。また9月の衆議院選挙で脚光を浴びたPR(会社)が注目され、PR・広報業界にとって躍動的な一年でした。

2001年には30年に及ぶ実践をとおして得た知識や経験の集大成として、『入門 パブリックリレーションズ』をPHP研究所より出版(編著)しましたが、今回の本のタイトルは『パブリック・リレーションズ』で、内容も大幅に改訂しました。出版社は、「できれば20?30年と愛読される息の長い本にしたい」と考え、日本評論社にお願いすることになりました。

この本は、最短距離で目標を達成する手法であるパブリック・リレーションズの幅広さや奥行きの深さとその概念を解かりやすく解説しています。日本の現状認識を深めるため、パブリック・リレーションズが登場・発展したアメリカにおける歴史や概念を紹介するとともに、GHQによる戦後の日本への導入の経緯やその後日本でなぜ普及が遅れたかを解説し、パブリック・リレーションズを概観します。

また米国企業のCEOが如何にパブリック・リレーションズを重要視しているか、そして日本を代表する企業経営者がどのような企業広報の現状認識や将来展望を抱いているのか、アンケート調査をとおして紹介しています。

この本はあらゆる問題に対して、確かな技法で戦略的なソリューションを提供できるパブリック・リレーションズの基本概念を丁寧に紹介したうえで、現場に応用できるよう、危機管理やIR、CSR、報道分析など、実践に必要となる技術や分析手法を明らかにすると共に具体的なケースも紹介。

日本は2005年、景気の回復基調を維持したものの、政治・経済・社会が抱える未解決の問題は山積しており、今後もどのような問題が噴出するのか予測困難な不安定な状態にあります。また急速に進むグローバル化の中で世界は激しく変化しており、組織体には常にスピーディな対応が求められています。

『パブリック・リレーションズ』は、PR後発国である韓国や中国が急速にキャッチ・アップしつつある現状にあって、今後日本がどのような総合的な対応をなすべきかについても提示しています。

この本が、企業や公共団体など組織体のトップや広報部門、教育現場に携わる方々そしてパブリック・リレーションズを現在勉強している学生、パブリック・リレーションズに興味のある皆さんなど、一人でも多くの方の手にとっていただくことによってパブリック・リレーションズが広く認知され、日本の社会システムに導入されていくことを強く願っています。

今年も皆さんにとって良い一年となりますように。

投稿者 Inoue: 19:00 | トラックバック